« 浮浪児たちの東京で。 | トップページ | 加地千尋VS佐藤栞菜。子供たちの戦争。 »

2006年6月13日 (火)

うわあ、絶対絶命になってしまった。

なんということだ。こんなに面白くしてしまっていいのか。

このあと、クロアチアにも、ブラジルにも勝つということか。

それとも憲法九条を変えないと日本は敵陣にシュートを決めることができないのか。

で、『2006FIFAワールドカップ日本対オーストラリア』(NHK総合PM0950~)中継スタッフお疲れ、を見た。皆さん、生きてますか。前半26分、中村俊輔のマジックマッシュルームシュートが決まってから、長いもやもやを経て、84分ケーヒル、89分ケーヒル、90分アロウィーシと悪夢のような10分間。確実に何人かは召された気がします。

悲鳴、絶叫、阿鼻叫喚が確実に日本列島から巻き起こっていたはず。

ジーコは笑っていたのに。選手たちも元気に飛び回っていたのに。もう、最後は全員半泣きだった。キッドも半泣きだ。そりゃ泣くわな。

最初の失点、川口はあきらかに判断ミスだったが責められんね。本番に弱いメンバー集めすぎた模様。後半は全員足に来ていたし、もう、ピンチの連続。しかし、苦しいのはオーストラリアも同じだったのでは。・・・しかし。面白さではもうこれ以上ない構成である。

ここから予選突破のドラマが始まるのだからな。でも、そんなに面白くしなくてもいいんですよ。・・・と息も絶え絶えに言いたい。

明らかにパフォーマンスが上の日本が惨敗したのだ。本当に勝負事は分からないねえ。

これから五日間、長すぎるぞ。でも奇跡を信じるしかないではないか。っていうか、今、頭真っ白なんですけど。

木曜日(水曜深夜)に見るテレビ『乙女屋雑貨店』(再放送・NHK総合)

|

« 浮浪児たちの東京で。 | トップページ | 加地千尋VS佐藤栞菜。子供たちの戦争。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うわあ、絶対絶命になってしまった。:

« 浮浪児たちの東京で。 | トップページ | 加地千尋VS佐藤栞菜。子供たちの戦争。 »