« モロボシ・ダンVSキケロのジョー。 | トップページ | 好きな女の子の水着を着用してみること。それが青春。 »

2006年8月23日 (水)

降伏しましょう。私たちは女なんだから。(成海璃子)

8月15日を過ぎておめおめと沖縄戦なのであるが、沖縄といえば常夏なのでイメージ的には許されるかなあ。もちろん、来年の8月15日に向けてスタートが切られたと考えれば、まことに艶やかな戦争番組ラインナップであるともいえる。

キャスティングがキッド的には豪華である。主演が成海璃子(反骨アナーキスト・男女平等論者)、ライバルに市川由衣(お国のため優等生)、おとぼけにサエコ(貧乏・夢見る少女)、グズに岩田さゆり(ドジでノロマなカメ)でおまけにお姉さん(長谷川京子)がついてくる。助産婦であり従軍看護婦であるハセキョーは裸身をさらし、配役的に必然の椎名桔平と命のリレー、末期のセックスを敢行するが、願い虚しく味方の銃弾に倒れるというお粗末。もちろん、勇敢な市川が真っ先に死亡するのもお約束の展開である。

基本的に内地から来た日本軍、極悪非道。現地の沖縄県人、優柔不断。敵の米軍兵士、人道主義という設定である。1970年代くらいの歴史観であろうか。もちろん、戦後の沖縄県の苦難、軍と民間の戦後保障の差別を考えれば致し方ないとも言える。ただし、2006年にはこの歴史観は通用しない。しつこいようだが、現代戦は総力戦である。職業軍人と民間人の戦死を差別するようでは勝利できないと断言しておく。そうしたことも含めて法的整備は急がねばならない。護憲の皆さんはそういうことに勢力を注いでもらいたい。

で、『終戦記念特別ドラマ・ひめゆり隊と同じ戦火を生きた少女の記録・最後のナイチンゲール』(日本テレビ060822PM9~)企画・遊川和彦、脚本・武田樹里、演出・猪俣隆一を見た。1945年3月26日、沖縄攻略作戦氷山(アイスバーグ)により連合国(主に米軍)は沖縄上陸を開始する。4月1日には沖縄本島嘉手納海岸に上陸。沖縄本島を分断し、たちまち北部、中部の飛行場を占領する。攻略部隊は史上空前の大艦隊、艦船1213隻、護衛空母艦載機564機、総員45万人である。さらに空母6隻の米機動部隊と空母4隻の英機動部隊がこれを支援するという物量作戦の極みである。

これに対し、帝国守備軍は牛島満中将の陸軍8万6000、現地召集兵2万5000、太田実の海軍1万名であり、正攻法での勝機は見出せず、敵を引き込んでゲリラ戦を行う決定を下し、南部に防御網を構築した。しかし、各地で圧倒的な敵兵力により戦線は寸断され、作戦命令も次々に変更を行う稚拙なものとなった。

この頃、成海璃子たちは学徒看護婦隊として前線に投入されるのである。九州からは陸海軍あわせておよそ2000機の特攻機が出撃したが、ほとんど戦果も残さず撃滅され、4月6日には戦艦大和を主体とする海上特攻作戦を開始。大和を沖縄で浮き砲台とする奇策であったが、大和は出航翌日、沖縄にたどり着くこともできず、空母6隻に袋叩きにされて大爆発、転覆、沈没した。

日本軍は奇襲による抵抗でそれなりに戦果をあげるが、米軍は着々と支配地を広げ、その途中には村ぐるみの全員虐殺なども行っている。軍・民間の区別などないのだから、当然である。日本軍の強要、村民の自主的選択と様々な要因で民間人の自決もあいつぐ。成海璃子の家族はこの頃自決。後退してきた娘に屍を発見されるのだ。4月21日には北部がほぼ占領され、米軍は上陸した重戦車を盾に南下を開始する。日本軍は夜襲を仕掛けるが、撃退され、次々に防御陣地を失っていく。4月下旬から5月5日まで陸軍は戦力を集中して反攻に転ずるが、すべての戦闘に敗退し、首里に篭城することになる。

すでに全島に安全な場所はなく、一寸刻みの空襲、艦砲射撃が非占領地区に行われ、市川由衣が爆撃で生き埋めになり死亡したのはこの頃と思われる。5月31日には首里が完全占領され、日本軍は南へ南へと民間人を巻き込みながら敗走していくのである。すでに看護して送り届ける後方はなく、学徒看護隊には解散命令が下る。6月13日には「沖縄県民かく戦えり、県民に対し後世特別のご配慮賜らんことを」と電文を残した海軍・太田司令官が豊見城村で自決。岩田さゆりが機銃掃射で足を負傷したのはこの頃であろう。6月23日には陸軍・牛島司令官が自決した。

日本軍9万4000、住民9万4000、米軍1万2000が死んで6月下旬には沖縄戦はほぼ終結した。ちなみに上陸部隊司令官バックナー中将も戦死している。その頃、南の崖っぷちに追い込まれた住民たちの多くは投身自殺、しかし、成海璃子は断固投降する。その後、本土では一億玉砕もせず、無条件降伏、昭和天皇は天寿を全うするのだから、正解である。死んで花実が咲くものか、なのである。

「なんくるないさ~」と死んでいく老人を植木等が、市川を死地に追いやる中尉殿を斉藤洋介が、ハセキョー射殺の森少尉を泉谷しげるが、戦場出産を見守る山崎軍曹を柄本明がそれぞれ淡々と演じている。今を生きるものはあやまちがくりかえされないように奮励努力しなければならない。黙祷。

関連するキッドのブログ『ここはアメリカ地獄なのか?(森山未來)』

木曜日に見る予定のテレビ『メントーズ』(NHK教育)

|

« モロボシ・ダンVSキケロのジョー。 | トップページ | 好きな女の子の水着を着用してみること。それが青春。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/3178141

この記事へのトラックバック一覧です: 降伏しましょう。私たちは女なんだから。(成海璃子):

« モロボシ・ダンVSキケロのジョー。 | トップページ | 好きな女の子の水着を着用してみること。それが青春。 »