« ・・・おいで、バカ。(今井蛍★★★) | トップページ | 一番気持ちのええことはSEXやなかった。(加賀美早紀) »

2006年8月19日 (土)

女はわからんが向こうは男を知っている。

勝っちゃった。キューバに勝った。勝っちゃった。ホームで相手は主力故障中だけど、勝ちは勝ちだ。何よりも大山加奈が大活躍である。同級生荒木絵里香もがんばった。木村沙織の女の子走りサーブも健在だ。これで大山未希もいればまるで下北沢成徳軍団だ。いや、東レアローズ軍団だ。バレーボールではなく、ついつい彼女たちに見とれてしまうのだが、やはり勝ってこそ魅力倍増なのだな。

『本当にあったアタックNO.1』では「おまえはハートが腐っている」と菊間コーチ(八王子実践)が相変わらず女の子を泣かせ続ける。実の娘も厳しく指導したのか。反動なのか。それとも親バカだったのか。だが、狩野舞子は泣きすぎ、故障しすぎ、甘すぎだけれど逸材なのでもう少し大切に取り扱うべきだったな。オグラはスポーツ応援団としては一流だが、政治は認識力がなさすぎなのであやまっちゃえばいいのに。「私にはわかりません」の後に「でもギャラもらっちゃってどーもすみません」と続けるだけで印象良くなると思います。

かならずしもレイプをとりあげることに異論はないのだが『タイヨウのうた』にはいらなかったのではと思う。少年院帰りの犯罪者→クスリの売人勧誘→断ると恋人をレイプという図式をここに持ち込むのは安易としか思えない。しかもお手軽に未遂でクリアはいただけない。とってつけたようなバンド展開も不要。じっくりと沢尻エリカと山田孝之の『ある愛の詩』を見せればいいのである。

で、『金曜ロードショー・ROCK YOU(2001米映画)』(日本テレビ060818PM0903~)脚本・監督・ブライアン・ヘルゲランド、翻訳・岸田恵子、日本語版演出・木村絵理子を見た。っていうか、結局、女子バレーも本アタもタイヨウも見ちゃったのだなあ。でも、メインはやっぱり、これだなあ。今の日本人にもっとも必要なもの。守るべきものは守る。断固たる決意。この映画鑑賞を小学校の必須にするべきなんだ。周囲の全員が反対しても「俺はやる」決意。侍たるものと騎士たるもの。その本質は同じであってほしいものよ。

エドワード黒太子が颯爽と登場し、チョーサーがブラブラさせながらブラブラしているので14世紀、日本でいえば南北朝時代の中世ヨーロッパが舞台である。その頃からクイーンの『ウイ・ウイル・ロック・ユー(We Will Rock You)』は名曲だったのだなあ。ブライアン・メイは何歳になるんだ。サッカーだろうが、格闘技だろうが、家電だろうが、飲料水だろうが、この曲が流れれば燃えるのさ。青春の炎がめらめらとね。

大胆な編集で物議をかもすこの枠だが、今回はデビッド・ボーイが軽く処理されている。でも、ま、いいじゃないか。日本語訳はなかなかにいい感じだと思うぞ。「本当に愛があれば負けられるはずよ」「愛しているなら勝って優勝して」美女のわがままにふりまわされることこそ男の生きがいですものね。ま、そういうタフな男は稀有なんですが。

「女につられて馬に乗ったまま神の家に入り込む」生れついての貴族ではないから武芸に秀でていても儀礼に欠けるという主人公の葛藤を暗黙の了解とするかどうかで編集意見の分かれるところですが、まあ、これだけ単純な物語ですから、いいだろうと判断したわけでしょうけれど、この国の人々の理解力は日に日に弱体化していますからね。これでも話が通じない恐怖はありますね。生まれついての騎士でないから、愛を伝えるのももどかしく、親子の名乗りをあげるのももどかしく、戦うことももどかしい主人公の心を汲んであげられない観客。いるとしたらなんてバカなんだ。

略奪、強姦、殺戮は「昔ながらの罪だ。人間は変わらんよ」と生まれついての騎士は言う。その悪辣な所業は目を覆うばかり、しかし、悪こそが正義、秩序を維持するのは我なりとその言葉に耳を傾ければ彼もまた愛すべきキャラクター。みごとな悪役っぷりでした。

「きらびやかな言葉はいらない。クライマックスはありのままで」と山寺宏一チョーサー(カンタベリー物語の著者)が語るほどの王道のクライマックス。そして『ウイ・アー・ザ・チャンピオン(We Are The Campion)』である。「強く信じれば何でもできる。お前の足はお前の行く先を知っているのだ」という言葉に従うものだけが栄光に輝くことができるのだ。

アナハイムの新素材開発技術者か、ナイキの回し者か、いえいえ、鍛冶屋の未亡人ケイトは『タイタス』の娘、レイプされ口から血を吐くラヴィニアです。ローラ・フレイザーです。美女ジョスリン(シャニン・サモン)の「おっぱいは小さかった」と言い切るのですが、あんただって・・・。いえ、好きです。愛してます。

日曜日見る予定のテレビ『超どうぶつ奇想天外!夏休み㊙自由研究SP』(TBSテレビ)と『ドラマスペシャル・昭和を生きた爆笑王林家三平ものがたり』(テレビ東京)どっちかで・・・。

|

« ・・・おいで、バカ。(今井蛍★★★) | トップページ | 一番気持ちのええことはSEXやなかった。(加賀美早紀) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/3118801

この記事へのトラックバック一覧です: 女はわからんが向こうは男を知っている。:

« ・・・おいで、バカ。(今井蛍★★★) | トップページ | 一番気持ちのええことはSEXやなかった。(加賀美早紀) »