« そしたらねー(美津子)そしたらねー(もこみち)じゃあまたね(美代子) | トップページ | 今日は毛糸のパンツなんですーっ。(加藤あい) »

2007年1月17日 (水)

イケテル感じもあればイケテナイ感じもあるっていうか。(釈由美子)

ああ、またこんなエロスパムのターゲットになりやすいタイトルにしてしまいました。自業自得っていうのですよね。哀しいおタクのサガなのです。それにしてもオタクがオレはオタクじゃないなんて言うなんてちょっとねと思いました。まだ、そういう時代かっ。

前回、書き忘れたが、釈が堺雅人に言われる「逃げる場所なんてあるのかな」は「逃げる場所はありませんよ」(「七人の弁護士」06テレビ朝日)→「おゆきなさい」(「スカイハイ」03テレビ朝日)との関連があるとおタクは感じる。ちなみに「スカイハイ」の第一回ゲストは堺(と吉野きみ佳・現・公佳)である。

そうですよ。こういうチマチマ感は受け入れられない人には受け入れられないのですよーっ。

で、『ヒミツの花園・第二話』(フジテレビ070116PM1015~)脚本・永田優子、演出・小松隆志を見た。釈由美子マニアとしては釈の役柄が脱皮をはかろうとしているようでうれしくもあり、哀しくもあるドラマなのだな。釈は病的なほどに頭のいい女の子なのだが、それが外見的に伝わらないという天性の魅力を持っている。それは一種の悲しみをともなっているので、なんともいえない存在感をかもしだしている。犬なら思わずひろっていきたくなるタイプである。そんな子が普通にバカな女の子を演じるのは・・・どうなのだろう。

もちろん、普通でない(平均値より優れているという意味で)彼女の魅力が発する部分もある。たとえば、原稿に水をこぼして追い出されるシーンのとほほな表情。もう理屈抜きで萌えるのである。しかし、大筋は違う。キッドとしては彼女が「やめたがっている」理由がとても説明不足に感じる。それはありがちな底の浅い理由でありすぎる。「誕生日にいつも仕事をしているほど忙しいから」なのである。・・・違うんじゃないか。いや、違う理由であってほしい。職場に凶悪な宇宙人がいるからぐらいの理由であって欲しいのである。・・・そりゃ、無理だろ。

まあ、このむずがゆさを説明するのはむずかしい。ある意味、子供にいつまでも子供でいてほしいと願う親みたいな気持ちだからな。

この脚本家はおタクとコレクターを同一のものと考えているようだが、そういう人間には表現しきれない魅力を釈が持っていることは確かだと思う。整った顔立ちでスタイルが良くて頭がいい。きっといじめられたはずである。そういうことを抜きにしてキャラクターは造形できないと思う。最近のスキャンダルだってなんとなく人間離れしていたのである。

そう。キッドは釈には非人間的な何かを期待してしまうのであり、ありきたりな喜怒哀楽を演じさせようとするこのドラマが時々つらくなるのである。

「女子高生が何故泣いてるのか分からなかったけれど待っている人がいるんだから」というセリフは悪くないのだが、このセリフを言う人が「仕事をやめたくなる」のは別の理由があるはずだと思うのである。

そういう意味で普通の人を演じることのできる真矢みきにはすべてがフィットしている。ファッション雑誌から月刊石仏に移動することも、実在しない女性を恋敵として認知していることも、尊敬されていない部下に尊敬されていると思い込んでいることもすべて納得できる展開だ。もちろん、演技力の差であると言ってしまえばそれまでだが、男役のタカラジェンヌだから普通でないように見えて、真矢は普通なのである。

四兄弟は儀式をする。それはあうんの呼吸で展開する。儀式であるから、終了の合図とともに終る。彼らは一心同体なので声をそろえて笑う。それは基本的に嘲笑である。そこには重大な秘密があるはずであり、タイトルがヒミツなのだから、当然なのだが、キッドが怖れるのは大したヒミツじゃなかったらどうしよう・・・ということなのだな。

そのヒミツが変な釈を生かすものであってほしいと思う。そのヒミツが釈をフツーにしようというものなら、そんなことはしないで・・・と思うのである。もちろん、フツーにならないと生き残れない世界ではある。20%はそういう数字だ。しかし、フツーでないことが魅力的な人がフツーになったときに何もかもなくしてしまう可能性もあるのである。キッドは10~15%でいいじゃないかと思う。それでもうしばらく変な釈が楽しめるなら。ま、それが気楽な視聴者というものだから。

ああ、今日もまた伝わりにくい文章になっている。「フランソワがオレンジペコにてんてんてんというニュアンス」ぐらい思わせぶりな文章である。まだまだ不調なのだなぁ。

とにかく、釈由美子がウルトラセブンに変身しようとしたことは素晴らしかったのです。

つまり、イケテル釈由美子もあればイケテナイ釈由美子もあるのです。

それにしても本郷奏多は魚が好き。池田鉄洋は変なものが好き。要潤は女が好きだとすると。寺島進とそういう関係になるのはやはり堺なのか。いや、堺は「絵」が好きということか。杉本みすず(のだめのフルート=松岡璃奈子)はレギュラーだったのかっ。

関連するキッドのブログ「第一回のレビュー

木曜日に見る予定のテレビ『きらきら研修医』(TBSテレビ)深夜の『恋する日曜日』も夏帆だから見るだろう。

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

Hcinhawaii0020 H☆Cまこ☆ミキちゃんとローディーのろーじー様が地下倉庫で深夜の密会?!・・・ってまたガセかよ。まこ☆ミキ「ろーじーさん、ご苦労様デス」ろーじー「水槽を作れっていうから、何かと思ったらサメ飼うの?」まこ☆ミキ「サメの養殖デス。ミキはかま&ぼこというかまぼこメーカーをたちあげました。かまぼこの中にはまこが入っていると気がついたからデス。はぅーん」ろーじー「・・・・・」

|

« そしたらねー(美津子)そしたらねー(もこみち)じゃあまたね(美代子) | トップページ | 今日は毛糸のパンツなんですーっ。(加藤あい) »

コメント

キッドさん、こんばんは!
軽い軽いと思いつつ何となく楽しめるのは寺島さんのギャップがかなりいけてるからかな?
それに4兄弟結構年も離れているし顔は全然似てないし、本当の兄弟なのかしら?ただオタクの修と繊細そうな陽が心情的にどこか共通の匂いがありますよね。でも顔が似てなさすぎだわ(笑)
釈ちゃん@夏世はダメダメでしたね~~。存在感が軽すぎるのですがこの透明感が何を着ても上手い具合に萌えにつながったんですが・・これがもう少しど迫力になったら逆に怖いしね。この辺のバランスがいいのでしょうか。
ウルトラセブンだったのね・・どうもその辺は苦手分野です。そうそう「ジュワ」と言ってくれたらマイナスがプラスに転じたかもしれません・・だってね^^

まこ☆ミキちゃんってばかまぼこのメーカー?経営手腕を楽しみにしてます・・^^売れるといいね。だってまこさんの名が入ってるもん♪さっそく30本予約するわね♪

投稿: かりん | 2007年1月17日 (水) 18時53分

このドラマを見てるとついつい対抗意識を燃やしてしまいます。
釈さんはイマイチ物足りないとこがありますね。
まぁその不足分を4兄弟&田中さんがキッチリとカバーしてくれてますけどね。


ちなみにH☆Cではこんな感じですかね。

私は人物担当↓
http://www7a.biglobe.ne.jp/~dessin-ikasama/ikasama/illust/2007/dimg/g002.gif

キッドさんは背景・妄想担当↓
http://www7a.biglobe.ne.jp/~dessin-ikasama/ikasama/illust/2007/dimg/g003.gif

ads(あず)さんは企画・構想担当↓
http://www7a.biglobe.ne.jp/~dessin-ikasama/ikasama/illust/2007/dimg/g004.gif

そしてお気楽さんは営業・宣伝担当↓
http://www7a.biglobe.ne.jp/~dessin-ikasama/ikasama/illust/2007/dimg/g005.gif

しっかり分業体制が整っています(笑)

投稿: ikasama4 | 2007年1月17日 (水) 19時44分

✿❀✿❀✿かりん☆スー様、いらっしゃいませ✿❀✿❀✿

これが新卒で・・・つまり22~23才ぐらいの
設定ならまだ分かるのです。
いや、本当にバカですから。
でも、釈の年代で出版社にもぐりこめた
となるとあのぐらいバカのためには
情実入社、父親が作家だとか重役だとか
の必要があるのです。

その点だけが
今のところ、この脚本のだめなところ。

すると、笑いがとれてるのは演出のアドリブなのかな
とも思えてきます。

脚本家は「アテプリ」などもやっているのですが
「2000年」のヤングシナリオ大賞受賞者で
ここまでは先輩作家との共同作業。
経歴とあわせて考えると
初の連続ドラマ一本立ちになるこの作品。
釈の役に自分を投影しているとも思え、
そりゃ、ダメだと妄想したりします。

かなりイケテル部分もあるので
イケテナイ部分を修正できるかどうか
正念場だと思うのですよね。

四兄弟も寺島さん、真矢さんも
問題なく描かれているのに
なぜ釈だけが浮く部分があるのかを
考えてキッドはいろいろ邪推しているのです。

キッドは実は釈はウルトラセブンで
松島さんと四兄弟が地球侵略を狙う宇宙人だったというのが
ヒミツだといいなぁと思っています。・・・ないない。

まこ様は女子高生ビジネスをしようとするのですが
いや、変な商売ではなくて
あきたらすぐにやめてしまうという妄想になっています。
キッドはかりん様の
個人的趣味はフィギュアスケート。
ただし、オリンピック級。
真央「かりんさんが出てきたら怖いですね」
美姫「かりんさんには勝てないですよー」
ぐらいに。
でも寒がりだから大会には出場しないと。
ちなみにかりん様はまこ様とは違い
平成財閥のいくつかの企業を
実際に経営しているスーパー女子高生なのです。
妄想ですから。

最新の設定ではかりん様、高校二年生、
アンナ様とまこ様は高校一年生らしい。
腹違いなので年子というわけではなく、
アンナ様とまこ様のどちらがお姉さんなのか不明ですが
どうやら、かりん様は長女みたいです。
もちろん、他にも兄弟姉妹がいるかもなのですが。

今、父親候補としてちーず様男装版を考えています。
そうなると母親はちーず様なのですが
おそらく継母です。

今、かなり華麗の影響が妄想に入り込んでいるので
ちょっと仮妄想にしています。


投稿: キッド | 2007年1月17日 (水) 21時00分

こんばんは!∩`・◇・)敬礼♪
キッドさん、お風邪の方は大丈夫でしょうか? 今、釈ちゃんが1.2.3に出ています(笑) 

なんとも盛り上がらない冬ドラマですね(涙) のだめで盛り上がっていた頃が懐かしいです(笑)

せめてジュワっと言ってほしかった釈ちゃんですが、どこぞにライダーアイテムがおいてあったら要潤君との絡みも楽しかったかもしれないですよね(笑)

このドラマはまずは最後まで見届けたいと思います! 真矢さんが意外といい味がでているので(笑)

投稿: タイガーです(o`・ω・)ゞ 敬礼♪ | 2007年1月17日 (水) 21時09分

✥✥✥ピーポ✥✥✥ikasama4様、いらっしゃいませ✥✥✥ピーポ✥✥✥

いま、ココログはメンテあけで
大混雑中なのです。
釈さんのキャラクター設定がもう一つ甘く、
主役なのに・・・。
ちょっとイライラしますね。

キッドはこのドラマで
「お荷物小荷物」(1970朝日放送・中山千夏主演)を
思い出すのです。
VTRが残っていないので記憶の中だけの作品なのですが
男ばかりの五人兄弟のところに
沖縄の女の子が女中にやってきてウーマンリブする
ストーリー(第二部ではアイヌの女の子だった)です。

ナンセンスのテイストもあって
なかなかおしゃれなドラマでした。

「ランチの女王」よりも「お荷物小荷物」を
もう少し研究できるといいのになぁと思います。
ま、そういう映像資料を現場がいかに軽視していたかの
結果でもあるんですが。
逆に今は安易に流用しすぎの面もあって
微妙な問題なんですけど。
「風林火山」ぐらいに楽しめてもいい素材なだけに
ちょっと不満なのです。

ふふふ、ついにお気楽社長はなんでもありに
なってきましたね。
前から浮くキャラではあったのですが
羽根突きの羽根から、玉乗りの玉を経て
ついにアドバルーン。

お気楽様だと何でもできるのに。
ちーずさんや、みのむしさんだと
心の中でストップがかかるのは
キッドは実は
女性恐怖症なのかと思う今日この頃です。

でも、少しずつ妄想は進んでいます。

投稿: キッド | 2007年1月17日 (水) 21時20分

(*^-^)ゞ~タイガー様、いらっしゃいませ~(o`・ω・)ゞ

おかげさまで、かなり回復してきました。
もっともいつもどっか悪いので
ピンピンはしてないんですけど。

ザ・ベストハウス123(フジテレビ)ですね。
釈ちゃんはカキ氷で「知覚過敏なんです」「(順位づけの番組なのに)どっちでもいいんじゃないかな」などと快調にコメント。
まあ、元々、ワンギャルですからねーっ。

なんか、カラフルな衣装でした。
もちろん、女優は役を演じるのですが
素より魅力的になってこその役なので
キッドは「ヒミツの花園」の脚本には
少し不満なのです。
いえ、ほんのちょっぴりなのですが。

今期のドラマは「風林火山」がすごく
楽しいです。
日曜日は「邦画」の二本立て気分です。

月はレガッタワーもこみち。
火はヒミツ。
水はハケン。
木は・・・・・・・・。
金は・・・・・・・・。
土は女王。
というのがレギュラーなのですが
日曜日は二階建てにするか、
華麗が終るまでは華麗で行くか迷っています。

次男の修にはもっともっと
自信を持っておタクをやってもらいたい
というのがヒミツに対する第二の注文です。

真矢、寺島の踊るコンビは
最後は幸せになるのかな・・・と予想しています。

投稿: キッド | 2007年1月17日 (水) 22時08分

キッドさん、こんばんは♪
とうとうミキ先輩は水槽でサメを飼い、H☆Cスタッフは片岡4兄弟に対抗し…今回は「ヒミツの花園」レビューでH☆Cの活躍が見られるのでしょうか??楽しみデス!

実は個人的に釈さん「危険なアネキ」の看護師役から好きなのです。
あの顔とスタイルは憧れます~!!
個人的萌えは航お兄ちゃんの翠でした。^^:

投稿: | 2007年1月17日 (水) 23時22分

☆☆✫ポイント✫☆☆翠様、いらっしゃいませ☆☆✫イラスト✫☆☆

キッドは背景担当で航(堺雅人=鳴海先生=山南敬助)に
なぞらえられており
ちょっと恐縮でございます。
なにしろ、堺さんは趣味が苔の栽培です。
じじむさーっ。
なのでじいやにはピッタリ。

顔立ちは違うのですが
ちょっと故・沖雅也さんのような印象があり
お願いだから・・・と思うことがあります。

っていうか、なんか、釈さんと
堺さんて
似てるんだなーっ。
もしも二人が結婚したら似たもの夫婦なのになーっ。

などと思うのです。(妄想)

早稲田中退の堺さんと学習院短大卒の釈さん。
なんか、合ってるんだなーっ。
このドラマは二人のラブコメになるのかなぁ。
みすずはなんのために出てきているのだ。

しかも、みすずの彼氏は陽の友達?

印象薄いのでみんな気がつかないのではないか。

今のところ、のほほんとしたところと
釈のとほほの顔しか
ほめるところのないドラマですが
キッドはもう少しつきあうつもり。

一応、いろいろフリをしているみたいだし・・・。
でも、フリが分かりにくいんだよなぁ。

ちょっと心配になってくるドラマ。
演出はオーソドックスなので
脚本がちょっともたついているという印象が
しつこいようだけど強いのです。
がんばれーっとはげましたくなります。

ミキちゃんはしばらくサメネタが続くかも。
会議室で話題の次の衣装が何か
決まるまで・・・。
水槽は四男が水族館に行ったのと一応からんでいます。

かりん様はシーズンなのでスキーかスケートネタと
考えていたのですが寒がりなので考え中。

ボーカルレッスンの先生を誰にしようか
考えています。
ミマムさんが歌の先生。
akiさんがダンスの先生。
というのも考えたのですが。

どこかで妄想会議を開きたいのですが
中々、スケジュールがとれないのです。

今回のドラマ、強力な華麗や大河を覗き
パッとしないという声もありますが
キッドとしてはどれもそこそこ魅力的で
・・・ま、それがパッとしないってことなのかもしれませんが。
結局、どれも見てしまうので・・・。
木曜日がどれか一本になると楽なんですけど。

投稿: キッド | 2007年1月18日 (木) 01時36分

がっさんは、頼まれた事は何も考えずホイホイとやる人なので、私的にはあの言動は辻褄が合ってると納得できてます。あぁ、そんなあたしも何も考えず、目の前の事を文句言いながら受け入れてしまうタイプなのデ~ス、にゃは♪

ミキは、お魚さんて水さえあれば生きていられるのかと
思ってましたヨ・・・
淡水???海水???博多淡海なら知ってますが、何か?
ちょうど、かまぼこが食べたいと思ってたので、
急いでろーじーさんにサメと水槽を調達してもらえて
うれしいデ~ス☆
サメの餌は伯方の塩で、いいデスか?
えっ、違うの?さば?
よっしゃ、プッチ☆翠ちゃんを誘って今度はサバの
捕獲に行ってくるどーーー!サバダバサバダバ~♪

投稿: まこ | 2007年1月18日 (木) 10時49分

キッドさん、初めまして。
「お荷物小荷物 カムイ編(?)」は幼稚園児ぐらいの時に放送していたんですよ、たしか、、。小さかったのであまり見せてもらえずにいて、確かお宅を丁寧に拝見している俳優の渡辺さんも出演されてましたよね。タイトルの語呂が好きだったのと、中山千夏さんが階段をよく転げ落ちていたような記憶があります。
誰も周囲に覚えている人がいなくて、記憶違いかと思っていましたがよかったです。在ったんですね。


 

投稿: べりひ | 2007年1月18日 (木) 22時23分

●choco●まこ☆ミキ様、いらっしゃいませ●choco●

まこ様、そうなんですけどねーっ。
いやいや、引き受けるのだけれど
仕事はきっちりやりとげるという設定だったのに、
新人でない編集者が売れっ子の担当作家のことを
何も知らないで出向くなんて
ことは・・・ありえないと思うのですよーっ。
そこだけがひっかかるのですーっ。

フリーならありえるんですよーっ。
できない仕事を引き受けちゃうのは日常茶飯事。
そう、木曜日の仲間さんのライターみたいに。
それは生活が不安定だからーっ。
寺島さんが今期、出まくるのも
仕事が来たらやるっきゃないーっ
と思うからです。たぶん・・・。

ま、そこそこ面白いからいいんですけどーっ。

ミキお嬢様。
なにやら包装紙が
大量に届きました。
この「H☆C かま☆ぼこ」
というのは何なのでございましょう。

それから地下室での電力消費量が
異常に大きくなっているのですが・・・。

あの鍵がかかった部屋で何を
おやりになっているんですか・・・。

あ、もう、いない。

投稿: キッド | 2007年1月18日 (木) 23時48分

☼☼☼~べりひ様、いらっしゃいませ~☼☼☼

「お荷物小荷物・カムイ編」(71~72)には
渡辺篤志さんが四男滝沢智役で出演していました。
当時の資料は中山千夏さんのファンサイトで
ごらんになれますよ。
こちらです。

http://www12.plala.or.jp/chinachist/index.html

TVドラマを選択。
お荷物小荷物・カムイ編を選択。
でたどり着きます。

投稿: キッド | 2007年1月19日 (金) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/4962715

この記事へのトラックバック一覧です: イケテル感じもあればイケテナイ感じもあるっていうか。(釈由美子):

» ヒミツの花園 第2話:仕事をナメるな!お前はクビだ! [あるがまま・・・]
みんな、おかし過ぎ!。゚( ゚^∀^゚)σ゚。キャハハハ   何が1番おかしかったって、兄弟の乱闘シーンで、けんかをとめようとした航が 2回も突き飛ばされたシーン見て、声出して笑ってもーた!長男、弱過ぎっ!(笑) いちいち、商品名だの値段だのを言いいながら、修の宝物を破壊する(ふりをする)智の キレっぷりも最高だし、それにいちいち動揺する修のヲタっぷりも笑かす、笑かす! んで、1番冷静なのが、末っ�... [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 10時42分

» ヒミツの花園 第2話「仕事をナメるな!お前はクビだ!」 [オタク戦隊3バるカん]
1話見てないけど、ものすごいキャストの豪華さ、(いや、特撮好きにとってはってことで)、そしてウルトラアイ見たさに視聴。 ヤベェ、面白い!! なるほど、なんとなく理解した!! 要するにあの4兄弟が少女マンガ描いてるけど、それはヒミツなわけですね? それぞれ仕事... [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 12時20分

» 「ヒミツの花園」の話2 [のらさんのうだうだ日和]
「ヒミツの花園」 〔オフシャルサイト〕 第2話・「仕事をナメるな!お前はクビだ!」(視聴率13.1%、平均視聴率13.90%)ストーリーの方はやっつけっぽく、数々の謎も謎のままで。なので、冒頭で4兄弟の設定を披露していたのでオイラなりに文章にしてみました!長男・片岡航(堺雅人)33歳。趣味:絵画、一人旅、クラシック音楽観賞、サボテンの水遣り。(背の高いサボテンも低いサボテンも両方ともレイチェル?)人間、... [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 13時23分

» ヒミツの花園〜第2話・忍法アラベスク! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
ヒミツの花園、第2話ですが、このドラマは結構面白いです。華麗なる一族などに比べれば、出演者もそう豪華ではないですが、コミカルな中にリアリティもそれなりにある気はします。 ファッション雑誌が休刊になり、突然少女漫画担当になった釈由美子ですが、今回も花園ゆり子こと4兄弟に振り回されるわけです。(ヒミツの花園、第2回感想、以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 14時51分

» 「ヒミツの花園」第二回 [トリ猫家族]
 ん〜何かぬるい展開っていうか・・・これって連ドラでやる意味があるのかしら・・?という疑問がふと涌いてしまった2回目。  オープニングは四兄弟の趣味の紹介。 長男航(堺雅人)の部屋はアトリエ風、油絵の道具と山歩きアイテムが 置いてある。観葉植物やサボテン...... [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 16時52分

» ヒミツの花園 第2話 〜釈由美子 変身するか?〜 [くつろぎ日記]
男が描いた少女マンガに女の子が感情移入できると思いますか? [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 18時11分

» ヒミツの花園 第2話 仕事をナるな!お前はクビだ! [レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞドラマレジェンド(o`・ω・)ゞ]
今回はキャスト陣に注目してみました! なんだかのだめに出演の方がヒミツの花園に出演されているようですね(*^-^)ゞ 敬礼♪ ヒミツの花園では杉本みすず役? 松岡璃奈子(プロフィール) ・・・彼女は・・・ 「のだめカンタービレ」では鈴木萌役、のだめオーケストラ... [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 18時41分

» 漫画家達の棲む塔(ヒミツの花園#2) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『ヒミツの花園』真矢ねーさんは、過去に花園ゆり子と仕事上のトラブルを起こしたのだと思ってたら、昔の男(▼▼メ)が仕事(花園ゆり子)を選んだって事だったのね(笑)花園ゆり子の正体を知れば、誤解は解けるのだろうけど (* ̄m ̄)ぷっ月刊石仏の編集部は、定年間近....... [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 20時17分

» 『ヒミツの花園』 第2回 「あなたクビです」 メモ [つれづれなる・・・日記?]
1話完結型の話?じゃないと思ってたんですが、今回に関してはあんまり先へのフリはなかったように感じました。 [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 20時22分

» ヒミツの花園 Story#02 [日々雑用]
あなたクビです!?:今回は次男・片岡修(池田鉄洋)のご機 [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 21時00分

» ヒミツの花園 第二話 [ちょっと変な話]
●キャスト 月山夏世/釈由美子 片岡航/堺雅人 片岡修/池田鉄洋 片岡智/要潤 片岡陽/本郷奏多 田中一郎/寺島進 川村亮子/真矢みき ●主題歌 Baby Don't Cry/安室奈美恵 ¥1,050 Amazon.co.jp ●あらすじ 花園ゆり子の仕事場へ打ち合わせに訪れた夏世だが... [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 23時20分

» ヒミツの花園(1月16日) [今日感]
なんだか、ダラリダラリと話が進展しないな~と思ってたら、 [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 23時47分

» ヒミツの花園 第2話「仕事をナメるな!お前はクビだ!」 [TV雑記]
第2話です。 なるほど、女性漫画家が多い雑誌の編集部だと朝9時出社なのか。 女性漫画家は家族に合わせて生活時間帯が決まってる……へぇ~へぇ~。 [続きを読む]

受信: 2007年1月18日 (木) 11時50分

» 《ヒミツの花園》☆#02 [まぁ、お茶でも]
謎の多い花園ゆり子。担当者以外は、それが、4兄弟の作になることを知らされていなかった [続きを読む]

受信: 2007年1月19日 (金) 00時40分

» ヒミツの花園 第二回 「花園ゆり子ってイケてる感じ!」 [The Glory Day]
初回より面白かったです。主演は釈ちゃんじゃなくて「花園ゆり子」ですよね タイトル通り。四兄弟ともちょっと変わってはいるけど言っている事は正しい し。真矢さんや編集長でさえもナイスキャラ。がんばれ釈ちゃん押されてる よ!... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 18時37分

« そしたらねー(美津子)そしたらねー(もこみち)じゃあまたね(美代子) | トップページ | 今日は毛糸のパンツなんですーっ。(加藤あい) »