« 大人になったらずっと一人ぼっちなんだと思ってました。(釈由美子) | トップページ | 前略、二宮くんはショーケンとは違うわけで、キタローともちがうわけでエライところに配置されてしまったわけで、きらきらはドタバタなわけで・・・。 »

2007年1月11日 (木)

焼きソバパンを買ってくるのですーっ。(加藤あい)

あやしいキノコに独占されていた加藤あいが連続ドラマに復帰である。去年、一年、何をしておったのだと思うのだが、・・・ま、いいか。

で、「やまとなでしこ」とか「anego」とか働く女性を分かりやすく描く脚本家は「プリマダム」以来でここ。anegoでは脇役だった派遣社員を主役に据えるところが嗅覚である。就職不況とは別の意味の労働者不遇時代を織り込んでいく気配。

ようやく、微妙にかぶってきたな。働く女の主役が二人。釈VS篠原・加藤あい連合軍である。・・・そりゃ、まともに勝負できないだろう。当然、変化球VS直球の勝負になるのだな。

で、『ハケンの品格』(日本テレビ070110PM10~)脚本・中園ミホ、演出・南雲聖一を見た。主題歌は中島美嘉「見えない星」である。anegoからは板谷由夏がついてきている。前回の篠原の恋のライバル。今回も正社員VSハケンとライバル関係に配置されている。あと、一回発見したら定番といいたい。

一応、松方部長である。

なにしろ、篠原涼子と加藤あいなので、もう充分と言う感じなのか、男性陣は小泉孝太郎と大泉洋である。それはもう大泉小泉でそろえましたとつっこんでもらいたいだけなのだろうなと思える緩いキャスティング。もちろん、勝地涼(永遠の仔のモウルね)も立派に成長した姿を見せているのだが。

で、充分だったようである。篠原涼子は時給3000円の超できるハケン。加藤あいはアパート保持に必至の根性パシリ。そしてどこかぬるめの正社員の皆さん。抜かりなく、皮肉も散りばめられ、笑わせようとしなくても笑うしかない毒もあり、視聴率18.2%の好発進である。ま、冒頭の怪しい海外ロケが必要だったのか、どうかは謎だが・・・。タンゴ、タンギージョ。アレグリアス。・・・なるほど、これは花よりタンゴ・・・なのか。

ま、毎週、篠原がどんな資格を繰り出してくるのか資格マニア必見なのですかーっ。そしてハケンと正社員の人口比率がこれからのOLドラマ(死語)に影響を与えるのですねーっ。一度も社員になったことのないキッドにはすべて夢の物語なんですけれどもーっ。とにかく、加藤あい禁断症状が回避されてよかったーっ。

うーん、なかなかに大はずししてこない冬ドラマ。全部視聴するのは無理だろう。どーするんだーっ。今夜なんか、仲間と研修医と二宮くんだし、非常に消しがたい展開なのだにゃー。う、思わず猫に・・・。

金曜日に見る予定のテレビ『向井千秋・夢を宇宙に追いかけた人』(フジテレビ)うわーっ、いきなり『花より男子2』から離脱かーっ。だって菅野なんだもん。

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 大人になったらずっと一人ぼっちなんだと思ってました。(釈由美子) | トップページ | 前略、二宮くんはショーケンとは違うわけで、キタローともちがうわけでエライところに配置されてしまったわけで、きらきらはドタバタなわけで・・・。 »

コメント

キッドさん、こんばんは。
そして、遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

なんか、コメントできるのかどうかわからなかったので、ここに、「白虎隊」の感想を書かせていただきますね。

タイトルになかったので、ああ、キッドさんはレビューなしなんだ、と嘆いていましたら、あるではないですか。おまけにPちゃんのこともお褒めいただいて、ありがとうございます。

で、肝心のドラマですが、うーん、とうなるしかないですね。とにかく長い、第一夜なんかはちょっと退屈したくらいで、峰治の母しげのセリフとかがしつこいし、なんとかしてくれーって感じでした。全体に焦点がぼけてて冗長な感じでしたね。深みがないというか、奥行きがないというか、うーん、と思っていたら、キッドさんの文章を読んで、あーそうかと納得いたしました。

>そういう現実を知らぬものの哀れさを演じてこそ、白虎隊の物語には意義が見えてくるはずである。
>アームストロング砲と250年前の大砲の差異がどれほどのものであったのかの説明ぐらいは必要だったと思う。そういう滑稽さが白虎隊の肝なのだから。

こういうのをきちんと描いて、そのうえでのいろいろプラスだと思うのよね。きちんと描いてくれてたら、峰治の生き方ももっと浮かびあってくると思うのよね。キャストはほんといいのになあ。

まあ、Pファンとすれば、峰治が良かったしね。Pちゃんにしか峰治は演じられなかったと思いました。生きることを決意してからはもうかっこいいのってないわ。そういう意味では満足です。
現代版で最後をどうまとめるんだろうと心配だったんですが、コメディータッチでまとめていて感心しました。新太郎の「いつまで続くかわからないですが、」には笑いました。

映像的にはきれいだったと思うので、余分なところはカットして、補うところは薬師丸さんのナレーションとCGの図などでカバーして、2時間くらいにまとめれば面白いものになるんじゃないかと、思ったりもするのですが、どうかしら。

加藤あいちゃんも好きですか?守備範囲、ひろいですね。あいちゃんとはIWGPで共演させていただきました。7年前になるんですね。なつかしかったりして、といってもそのころはPちゃんのPの字も知りませんでしたが。

菅野みほちゃんも好きですわ。

では、また、ぼちぼちおじゃまさせていただきますわね。

投稿: youko | 2007年1月11日 (木) 23時02分

♢♦~山~♦♢youko様、いらっしゃいませ♢♦~P~♦♢

コメントは現在承認制度に移行中です。
ご迷惑をおかけしてすみません。
記事更新の際に公開しますので
最高で一日ぐらい表示されないことがあります。
一日に100件くらい
ギャンブルやエロのスパムコメントが
つくのでこういう措置をとらざるをえなくなりました。
良心的なコメンテーターの皆さんには
不便をおかけして申し訳ないです。

白虎隊への不満はまだまだあるのですが
山Pを始めとする演者の皆さんは
良かったと思います。

特に最後の現代における山Pは
過去編の内容の不完全さを
補うセリフになっていました。
まさにこの世界の平和は
「いつまで続くかわかりませんが」
なのでした。

歴史はある意味虚構なので
「本当はこうだった」というのもウソなのです。
しかし、心から愛した男性が
死んでうれしかった・・・。
というような文脈で
何かを語ろうとすれば
どうしてそうなのかの
説明は不可欠。

そういう説明抜きで
表現をぶつけると
前衛芸術ならいいけれど
エンターティメントとしては失格だと
キッドは思っています。

自害組で一人生き残る人は
「腕を負傷していて浅手となり
失神したのだが蘇生した」
という矛盾に満ちた
記録が残されています。

この矛盾こそが
「生き残ってしまった」者の苦悶に他なりません。

それなのに自害の場面では
お互いを刺しあう場面などがあり、
あいまいに描かれています。

切腹は武士にとって
大切な作法。
作法にのっとって
手順通りにおこなえば
死ねるものなのです。

それができない状態であれば
あの仲間たちですから
介錯が可能だったわけで
生存者は
「死」を選択しなかったことは明白。

それが「恥」となってしまう文化。
そのために生じる記録の矛盾。
こういう点をきっちりと描かずして
「命」について語るのは
ちゃんちゃらおかしいとキッドはおもうのです。

キッドはあらゆる女優・男優がストライク・ゾーンという
多情の信用できない性格なのですが
加藤あいは「こけし」の人ですから
特に愛情深いです。

菅野さんはご存知ないかもしれませんが
映画「エコエコアザラク」では
サタン(ルシファー)に乗っ取られて消滅する魔女。
映画「富江」では初代富江と
エキセントリック中のエキセントリックを演じているため
熱愛しておりますの。

投稿: キッド | 2007年1月12日 (金) 17時51分

キッドさん、こんばんは♪
加藤あいちゃん、去年は仙崎大輔にプロポーズされていた以外は見かけませんでしたね~^^:
それはさておき、期待した以上に楽しめました♪
今のところ一番、次回も見たいと思えたドラマです。^^
篠原涼子さんのクールな役は、ツボにハマってしまうのです(笑

投稿: | 2007年1月12日 (金) 21時01分

☆☆✫ポイント✫☆☆翠様、いらっしゃいませ☆☆✫イラスト✫☆☆

キッドはずーっとフリーターでしたから
時給についてはうるさいです。
世の中には自分の立場に胡坐をかく人と
相手の立場を思いやる人がいるのですが
前者の人たちには苦労させられる場合もあります。
何もこっちはお前と遊びでつきあうのまで
ギャラにいれてるつもりはないんだよーっと
ムカムカっとくることも度々です。
こういう場合、時給換算は役に立つのです。
ギャラ÷(仕事での拘束時間+おつきあい拘束時間)で
5000円を切るようならやめるのです。
ええ、キッドは時給5000円をきったことはありませんとも。
ただし、おいしいものを食べた時は
拘束時間に入れないことにしています。
ああ、人間関係まで金に換算するなんて
キッドはどす黒い・・・。

投稿: キッド | 2007年1月12日 (金) 22時24分

水10は女性を主体にしているドラマですが
いつも出演者が男女の年代のバランスがとれているのも
安定感があっていいですね。

その安定感には留まらず
もしかしたら「世にも奇妙な物語」でも十分にいけるような物語と
そんな濃いキャラを主人公・篠原さんの演技力と
時計からのカメラアングルといった挑戦的な演出等々

つくる人達の力の入れ具合を感じますね。

稲森いずみさんのポジションは釈さんが継承されるようですが
もしかしたら
篠原さんのポジションは加藤あいさんが継承されるのではと
思う今日この頃です(笑)

投稿: ikasama4 | 2007年1月12日 (金) 23時11分

✥✥✥ピーポ✥✥✥ikasama4様、いらっしゃいませ✥✥✥ピーポ✥✥✥

思い出しますね。2005年春ドラマの
負け犬戦争を「曲がり角の彼女」の稲森いずみ。
「anego」の篠原涼子。
「離婚弁護士Ⅱ」の天海祐希。

今回は「華麗」「ハケン」「演歌」で激突です。
ああ、この対決から
この三本もおとせないんだよなぁ。

そういう意味で釈ちゃんはのほほんと
別扱いでお願いしたい。

ま、華麗にはハセキョー、吹石、稲森の
激突もあるわけですが・・・。

ああ、重厚なのか、重厚なんだろうな華麗。


投稿: キッド | 2007年1月12日 (金) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焼きソバパンを買ってくるのですーっ。(加藤あい):

» ハケンの品格 第1話 「働く事は生きること…スーパー派遣登場」 [テレビお気楽日記]
丸の内の食品会社に派遣されている子が雑用しかさせてくれないと辞めてしまう。大晦日にバイトをクビになっていた森美雪(加藤あい)はどんな仕事でもしますとマネージャーの一ツ木(安田顕)に必死にお願いして、そこの会社で面談する事に・・・。... [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 19時17分

» ハケンの品格 第1話 「働く事は生きること・・・スーパー派遣登場!」 [レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞドラマレジェンド(o`・ω・)ゞ]
ハケンの品格!こちらもついに始まりました!ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ   私自身、独身の時は派遣社員を経験していましたので、こちらのドラマは非常に楽しみにо(ж>▽<)y ☆   そして篠原涼子さんが主演と言うことで、さらに楽しみにしていました!ヽ(^◇^*)/ ワーイ  ?... [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 19時35分

» ハケンの品格 第1話:働く事は生きること…スーパー派遣登場 [あるがまま・・・]
う〜ん、ミステリアス( ̄○ ̄ ̄;;)ポカァン 無表情な篠涼がこぇ〜よぉ〜{/kaeru_shock2/}もうちょっとかわいげがあっても 良さそうなもんだけど・・・この会社での3ヶ月の間に、この人も少しは 人格が変わるのかな?それとも春子と関わる事によって、周囲の人達が成長してく話? しかし、いくらお年寄りに席を譲る為のは言え、見知らぬ人のネクタイをいきなり 掴むってどうよ?(笑)話し掛けられても返事もしない割には言い... [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 20時30分

» 時給3000円のとっくり VS くるくるパーマ(ハケンの品格#1) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『ハケンの品格』スペイン・アンダルシアとは名ばかりで、稲川素子事務所フル動員篠原涼子よりDoCoMo加藤のおバカ話を楽しめというのか?タクシーが事故を起こし、全く傷ついていないのに廃車になるって、ご都合主義もいいかげんにせいw全然笑わなかった大前が、お茶を飲み....... [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 20時36分

» ハケンの品格・第1話 [あずスタ]
派遣社員として働く女性から支持を受けそうなドラマ「ハケンの品格」がスタートしました。 [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 22時17分

» ハケンの品格 第1話 [渡る世間は愚痴ばかり]
凄いなぁ。 時給3000円やてΣ( ̄д ̄;ノ)ノ [続きを読む]

受信: 2007年1月12日 (金) 00時35分

» 《ハケンの品格》★#01 [まぁ、お茶でも]
就職できなかった美雪が、アパートを追い出されると、ハケン会社に押しかけた。そこで出会った、スーパーハケン”春子”に影響を受けて、・・育っていくのでしょうか [続きを読む]

受信: 2007年1月12日 (金) 02時01分

» ハケンの品格 第一回「働く事は生きること…スーパー派遣登場」 [TV雑記]
くるくるパーマ(笑) 「くるくるパーマは私の上司じゃありません!」が今回一番残った言葉でした。 [続きを読む]

受信: 2007年1月12日 (金) 12時52分

» 「ハケンの品格」第一回 [トリ猫家族]
 ん〜どうでしょう・・・ドラマっぽいドラマっちゃ〜そうなんだけど・・ 何か主人公のキャラが「女王の教室」の阿久津真矢を思い出すな〜 でも、おもしろかったですけどね。  さて、このドラマには2人の派遣社員の姿が描かれる。 就職浪人で切羽詰って派遣会社に登....... [続きを読む]

受信: 2007年1月12日 (金) 16時56分

» ハケンの品格 第一話 [ちょっと変な話]
●キャスト 大前春子/篠原涼子 森美雪/加藤あい 里中賢介/小泉孝太郎 東海林武/大泉洋 桐島敏郎/松方弘樹 ●主題歌 見えない星/中島美嘉 ¥1,223 Amazon.co.jp ●あらすじ 老舗の食品会社「S&F]に新設されたマーケティング課。人員は主任の里中、新人... [続きを読む]

受信: 2007年1月12日 (金) 21時01分

» 「ハケンの品格」第一話 〜貴様は派遣を“人間として見ている”か?〜 [混沌と勇気日記。 〜壊れ逝く混沌の世界、汝は見届ける勇気は〜]
第一話:「働くことは生きること…スーパー派遣登場」 丸の内にある老舗の食品会社<S&F>。 同期入社の里中賢介(小泉孝太郎)と東海林武(大泉洋)は新年早々、共に辞令を受ける。 東海林は花形部署の販売二課主任に昇進し、一方賢介は新設のマーケティング課の主任に昇進した。 しかし、顔には出さなかったものの、営業部の隅の物置のような場所に新設されたその課に配属された賢介は、 帰りのバスのシートで、前に老婆が立... [続きを読む]

受信: 2007年1月12日 (金) 23時52分

» 『ハケンの品格』 第1回 「働く事は生きること…スーパー派遣登場」 [つれづれなる・・・日記?]
当然、派遣のいいところもあるけど、どこまで、現実にそって汚い部分が描けるか。 それが描けないと・・。と思っております。 [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 06時24分

» ハケンの品格 第1話 [くつろぎ日記]
あなたたちは派遣を人だと思っているんですか。 [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 18時06分

» ハケンの品格 第3話 [ミィの「今日の気になる話題」]
ハケンの品格第3話、回を追うごとにハケンが素晴らしい就業形態に思えてきます・・・... [続きを読む]

受信: 2007年2月 1日 (木) 20時29分

« 大人になったらずっと一人ぼっちなんだと思ってました。(釈由美子) | トップページ | 前略、二宮くんはショーケンとは違うわけで、キタローともちがうわけでエライところに配置されてしまったわけで、きらきらはドタバタなわけで・・・。 »