« 前略、二宮くんはショーケンとは違うわけで、キタローともちがうわけでエライところに配置されてしまったわけで、きらきらはドタバタなわけで・・・。 | トップページ | またしても擬似人格役ですがそれが何か?(福田麻由子) »

2007年1月13日 (土)

私は宇宙に二度行く。(菅野美穂)

向井千秋の物語である。女の一代記だが向井さんはまだ存命なので特別編だ。今回は菅野と森迫永依が演じているが、実は向井千秋の独身時代の内藤千秋は中山忍も演じている。ドラマ『弟』(テレビ朝日04)で石原裕次郎の入院した慶應病院の外科医が内藤千秋だったからである。

趣味の多い医者なんかろくなもんじゃないと思うのだが、二回も宇宙に行かれたとなればもう文句も言えない。好きにしてくれよーと脱帽するしかないのである。

二回目に宇宙で「宙がえり何度もできる無重力」という上の句を詠んで下の句を募集したところ15万句も寄せられて句集もでている。宇宙短歌百人一首 -「宙がえり何度もできる無重力下の句選集- ヤマハミュージックメディアである。どんな下の句があったかというと「湯舟でくるりわが子の宇宙」(東京都・坂本一郎様・向井千秋賞)「乗せてあげたい寝たきりの父」(東京都・清水綾子様・宇宙開発事業団理事長賞)などである。まあ、キッドなら「面白いからずっとそのまま」とつけたい。

で、『女の一代記・特別編・向井千秋~夢を宇宙に追いかけた人~』(フジテレビ070112PM9~)原作・向井万起男、脚本・折戸伸弘、演出・鈴木雅之を見た。ま、超人である。群馬県館林に生まれたかばん屋の娘が外科医を経て宇宙飛行士になるのである。それは宝くじで三億円を当てるより難しい。こういう人間離れした人を演じるのはやはり菅野美穂なのだな。富江なのだから、たとえチャレンジャーに乗っていても復活できたのにと思わせる風格がある。それ以外はもうひとつのドラマだったが。

もう少し、宇宙というものを味わえるドラマにして欲しかったなぁ。船なのだ、板子一枚向こうは地獄なのである。死ととなりあわせの栄光なのである。なぜ、人は宇宙に行くのかとかももっともっと宣伝してよかったのではないか。千秋を宇宙に上げるために使った金額とか、宇宙の軍事利用が日本にとってどれほど大切かとか。もう、いい加減、夢のような宇宙の話はいいのではないか。

原子力研究所では核兵器開発の基礎研究をしているのであり、宇宙開発機構は大陸間弾道弾の基礎研究をしているのである。それは秘密でもなんでもないだろう。とっとと二つを結び合わせて北朝鮮や中国を威嚇する体制作りに移行するべきではないのか。とキッドは妄想いたします。

いや、キッドも宇宙には行ってみたかった子供の一人だからくやしくていちゃもんつけてるだけなんですけどね。いいなーっ。医師になれるだけの頭脳と宇宙飛行士になれるだけの体力。そして実際に宇宙に行ける実行力とツキ。うらやましい。

ジェンダーの問題はさておき、初ということで言えばまた「女性で初の月面散歩」の栄誉が残っているよ。と若き乙女たちには言っておきたいなぁ。月行きの再開はいつなのかなぁ。そして月面都市、スペースコロニー、そしてガンダムは・・・。

ともかく、日本人で初めて二回宇宙飛行した人になるためには頑固で、こわいものしらず、勉強ができて、満腹の後に栄養ドリンクを飲むほどの消化吸収力があり、ぐるぐる回転するのが好きで、死体を解剖することができ、一度じゃなく、二度行かなければならぬという決意があり、ちょび髭でヘルメットヘアの夫(石黒賢)を持ち、自分が選ばれないと泣くほどの負けん気があり、サボーターを一生懸命やり、お母さん(吉行和子)が手打ちうどんを作ってくれて、小学生時代はグリーンのランドセルを背負い(欲しい)、加藤ローサのような妹(加藤ローサ)がいることなのだなあ。

それにしても「地球の重力(引力)」の描写のためにチャレンジャーをはじめとして万年筆やらうどんやら、本人やらがやたらと落ちる描写を重ねるのだが、受験シーズン、こんなに縁起の悪いドラマもなかったのではないか。

21世紀だというのにそんなことを言っているキッドはいけない子なのです。なんだか、悪口めいたレビューですがキッドは宇宙飛行士を心の底から尊敬しています。今夜も少年宇宙飛行士になった夢を見るでしょう。ああ、少年が宇宙飛行士になるのはいつのことなのでしょうか。やっぱり、宇宙戦争のさなかなんでしょうねぇ。

日曜日に見る予定のテレビ『華麗なる一族』(TBSテレビ)お待たせしましたアンナ様。

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 前略、二宮くんはショーケンとは違うわけで、キタローともちがうわけでエライところに配置されてしまったわけで、きらきらはドタバタなわけで・・・。 | トップページ | またしても擬似人格役ですがそれが何か?(福田麻由子) »

コメント

風邪はどうですか?自分も宇宙の話は好きでした。UFOの話も大好きなので月面に宇宙人の基地があるとかUFOが無数に飛んでいたなんて聞くとワクワクします。今度のコスチュームは宇宙ものにしますか?

投稿: お気楽 | 2007年1月13日 (土) 16時25分

✞✞エコエコアザラク✞✞お気楽様、いらっしゃいませ✞✞エコエコザメラク✞✞

風邪はかなり楽になってきました。
昔のように直ったーって感じがしないのがじいやの証拠です。

青菅野に加えて赤菅野のサービスありがとうございました。
特にあの尼さんっていうか、白いゴム頭巾の菅野に
萌えだったのでうれしさ100倍です。(明らかに変態)

ねえ、宇宙少年のためにもっと
宇宙シーンのサービスは必要ですよね。

コロンビアやディスカバリーの絵も
もっと見たかったのにねーっ。
とキッドは思いました。

月面には宇宙人の基地はたくさんあると考えています。
特に裏側に。

投稿: キッド | 2007年1月13日 (土) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私は宇宙に二度行く。(菅野美穂):

» 向井千秋〜夢を宇宙に追いかけた人〜 [テレビお気楽日記]
向井さんはすごいんだねぇ!!心臓外科医でもあったのね。才能がある人はすごいなぁ!! チャレンジャー号の爆発事故は確かに衝撃だったろうな・・・。その後だったんだね・・・。2回も宇宙に行ってたとは・・・。遺書も書くよね。 しかし、なぜアポロ計画は終ってしまっ....... [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 16時16分

» 華麗なる一族 キムタクの存在感が凄いです・・・ [ミィの「今日の気になる話題」]
華麗なる一族、けっこう重いお話ですが、評判どおり引き込まれる面白さです!ただ・・... [続きを読む]

受信: 2007年1月30日 (火) 00時30分

« 前略、二宮くんはショーケンとは違うわけで、キタローともちがうわけでエライところに配置されてしまったわけで、きらきらはドタバタなわけで・・・。 | トップページ | またしても擬似人格役ですがそれが何か?(福田麻由子) »