« あの人だって犠牲者なんだ・・・。(木村拓哉) | トップページ | ・・・出して、出してっ。(釈由美子) »

2007年3月13日 (火)

・・・やめよっか・・・よう、がんばったね。(速水もこみち)

プリンを残してもらって「いつまっでん、子供やないけ」でも良かったのだが、方言聞き取りに自信がなかったので・・・このセリフをタイトルに・・・いや・・・それだけでまた泣いてしまいそうだーっ。

どっちなんだっ。「苦しくても少しでも永く」なのか「限りある命少しでも楽に」なのか。そんな問題に答えられますかっての。

こんな気持ち上手く言えたことがないやいやい・・・です。二度あることは三度ある。で、三度目の正直。小学生以来、言葉の欺瞞性について考えるとつい思い出すこのことわざの、整合性の例として「二度ガンになったら三度ガンになる」「三度目は死に至るガン」というフレーズが・・・何を言っているんだ。

とにかく、もはや、レビュー不要の展開です。見ればわかるだろーっ。

で、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン・第十話』(フジテレビ070312PM9~)原作・リリー・フランキー、脚本・大島里美、演出・久保田哲史を見た。『HEY!HEY!HEY!』にコブクロが登場。軽く笑わせた後で、『蕾』を歌う。そして「世界が滅びるよりもこわいこと」についてのマーくんのモノローグが始まった。最後の晩餐。「オカンがいなくなる。オカンがいなくなる。オカンがいなくなる。そんなことありえない」というマーくんの願いを神様が聞き入れないことを誰もが知っている。知らないものは幸せだ。人間であることの幸福。生きていると知ること。人間であることの不幸。いつか死ぬと知ること。その中間にある。愛しいものの喪失。しつこいようだがまさに神は与え奪うのである。そして、「蕾」のオープニング挿入。そうか、後半、もうガンガン行きますよ。宣言なのだな。ガーンッ(byまこ様)

そして闘病生活が始まった。オトン(泉谷しげる)がやってくる。「今度はもうダメかもしれんな」「養毛剤で毛が生えたのに・・・」「個室に移されたらおしまいだ」オトンしどろもどろである。そして、今回は早々に退散。関係ないが「拝啓、父上様」の納会のシーンで薄いBGMとして流れていたのは「春夏秋冬」だったのだ。もう、関係ない話でもしてないと身が持たない。変わりにオバン(浅田美代子)が登場。今回、恐怖でダメマーくんに逆行しかかるマーくんを「しっかりせんね、オカンをささえんね」と叱咤激励するオバンだった。オカンとボクと、時々オトン、そんでもってオバンなのだった。

どんな仕事だろうと、肉親がこういう状態で仕事はつらいのだが、特に頭脳労働はつらいのである。いや、切り替えることのできる人はいるのだろうが、たとえば、オカンが死ぬかもしれんという時に笑点のネタなんか考えていると自分が自分でなくなるような気がするぞ。ビンポンパンポーン。九州からお越しのマーくん。オカンが正面ロビーでご臨終です・・・笑えるかーっ。いや、作家だけでなく、落語家だってつらいだろうけれど。で、マーくん、仕事が手につかない。アユタじゃなかった鳴沢(平岡祐太)やさしくフォロー。締め切りを延ばすように他社にかけあい、もはやマネージャーである。さらにはまなみ(香椎由宇)にも連絡を。故郷の旅館で働くまなみ。・・・旅館持ち直したのか?

「10時だから遅刻しないでよ」と電話で念を押すオカン(倍賞美津子)。しかし、目覚ましは七時にセットされていた。本人告知をせずに身内への病状説明。「スキルス性ですでに転移が進行中。手遅れのガン」なのだった。人間は「死ぬ」と宣告されたら気が狂うおそれがあるのだが、今はガンガン告知する傾向がある。ま、それだけ周囲が気を使う余裕がなくなっているのだとも考えられる。それでも正解はないだろう。「助からない」と言うべきか。「胃潰瘍だって」と言うべきか。このドラマではオカンがカマをかけマーくんがひっかかるという展開で処理。それでもオカンは一瞬、気が遠くなる。

一縷の望みをかけて抗がん剤治療の開始。副作用が激しくオカンを襲う。苦悶するオカン。もう、マーくんには耐えられない。治療と治療の狭間のつかの間の安息。プリンをもらってもマーくんはうれしくならないのである。ダメージで病人のようになるオカン。・・・病人だった。

腹ペコトリオがマーくんをなぐさめようとするがマーくんの心はそれを受け入れる余裕がない。「オカンは大丈夫」は気休めにはならない。オカンは死ぬのだ。「何が分かる・・・」バカボン(柄本佑)がこわいほどの表情を。パパ明を彷彿とさせるシーン。マーくんをそこまで苦しめるオカンへの嫉妬にも見えるほどだが。・・・マーくんはオカンの準備する葬儀のあれこれに・・・。

ついにダメマーくんか。看病拒否状態へ。オバンがたたいて気合を入れる。どんなに苦しい時もあんたを笑顔で支えたオカン・・・。今度はあんたの・・・涙でキーボードが見えません。

すっかり身を固める決心をした特別出演の先輩・手塚(石黒賢)に「たとえ、1%でも可能性があるなら、治療を続けさせたい。でも・・・」無言で肩をだく先輩。

二度目の抗がん剤治療。苦悶する母。そして「もう、やめたか・・・」作り笑いをするマーくんはもはや頷くことしかできない。「ええよ・・・」・・・・・・・・・・・・・・。

まなみがかけつける。指にはオカンが授けた指輪が・・・。「マーくんがくじけそうになったら少しでいいからよりかからせてあげてほしいのです。そうして二人で一緒にいられたら、人生は何があっても大丈夫ですから」・・・遺言か。遺言なのか。もうどうしようもなくつづくである。

関連するキッドのブログ『第9話のレビュー

まさに聖書なのだな。来世はないとも断言できないし、あるとも断言できない。しかし、オカンはまたマーくんを生んでほしいし、マーくんはオカンから生まれてきてほしい。死後の世界を信じようと信じまいと、早かろうと遅かろうと必ず来る別れ。「孫の顔を見るまで死ねない」という言葉は残される子供の孤独を案ずるがゆえの心の発露なのである。孤(幼くして親のない状態)になるがゆえに独(年老いて子のない状態)にならないようにと。しかし、まあ、孤独でも死ぬまでは生きていくしかないのだが。親子であることの空気のような幸を思い出させるこのドラマがとてもとてもつらかろうとも。

恒例の週末の視聴率チェック。「わるいやつら」↗10.1%(しみじみ悪かったのだけどなぁ)、「花より男子2」↘21.9%(とにかく最後は満載の模様)、「只野」↗14.2%(東京タワーとの4位争い継続中)、「演歌の女王」↘*7.7%(この視聴率があるのが不思議なほどの出来だからなぁ)、「ハゲタカ」↗*6.7%(意外と苦戦であるがマネーゲームは地味といえば地味だから)、「風林火山」↗19.9%(ミツの画像挿入分微上げか?)、「華麗なる一族」↗24.9%(首位奪回。アンナ様、もう大丈夫でございますーっ)、以上。

水曜日に見る予定のテレビ『ハケンの品格・最終回』(日本テレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« あの人だって犠牲者なんだ・・・。(木村拓哉) | トップページ | ・・・出して、出してっ。(釈由美子) »

コメント

え~~~~~~HEY!HEY!HEY!にコブクロ出たん?
蕾歌ったん?あーーーーーーー見たかった。
悲しい。。。しょぼりんこ。
昨日から泣きっぱなし。
泣きすぎて今朝の私の目はウルトラマン!チュワッチュ!
恒例の視聴率ありがとう♪
来週の月曜日は華麗+タワーで泣き崩れて
五木ひろしのような目になってるかもぉ(T_T)

投稿: アンナ | 2007年3月13日 (火) 14時03分

マー君の心情を察して
締め切りを延ばしてくれるなんて、
鳴沢はホント、最後までええヤツです。
とは言え「週刊」テレビジャーナルが
「月刊」テレビジャーナルになってしまわないか
俺はそれが心配で心配で・・。^^;
どのブログを見ても涙涙涙ですねー。
このドラマは名作だと思うのに、
視聴率がモコミチ・・じゃなくてイマイチなのは
ちょっとアレ?!って感じですね。
実はメーター故障してるとか?!マサカ

投稿: ろーじー | 2007年3月13日 (火) 20時26分

キッドさん、こんばんは~♪♪

いつものところからこんばんは
その??です。

ヤマトは、
「東京タワー~第10話」を
観ている間、
ずっと心のガクブルが
マグニチュード3弱を記録、

まなみちゃん登場で、
マグニチュード7強を記録しました。

でもその揺れは、恐怖のガクブルではなく、
心の、涙腺を刺激する部分のガクブルな
揺れなわけで・・・
揺れの質まで変化させる女の子。

やっぱり女の子っていいなあ。
画に華が咲く。なんか空気がほんわかする。
綺麗で白くて柔らかそうで。
もちろん、まなみちゃんとおかんとまー君の
今までのいろいろを含めての
涙だったのですが。

あんまりタイプじゃないとか言っておいてー
女子の気持ちは秋の空。
うわぁ季節はずれ。
今冬から春に移行真っ最中。

もこみち君のダッフルコートいいな。
どこのだろう、いいな。

日付の過ぎた招待状てー
それは人間関係にヒビが入るのではー??
お気をつけてー(@▲@;)!!!

投稿: ヤマト | 2007年3月13日 (火) 22時07分

長篠の戦いで信長が披露した
三段構えの鉄砲のように
涙が乾く暇も与えてくれません(;▽;)

母に生きて欲しいと願う事と
母を楽にしてあげたいと願う事
前者はその過程に苦しみ
後者はその結果に苦しむ

えらく極端な理論になってしまいましたが
どちらを選んだとしても誰にもボクは責められません。


今期は外見に重きを置いたドラマの評判がイイようで
ちょっとなんか残念な気がしますねェ。

投稿: ikasama4 | 2007年3月13日 (火) 22時53分

きっと、マー君も、どうして言いか判らなくなっているんですね。だから、オカンを死なせないために、オカンを頑張らせて、しまった。辛かっただろうなぁ。

投稿: mari | 2007年3月13日 (火) 23時34分

☁Building☁アンナ☆ラン様いらっしゃいませ☁Building☁

そうなのでございます。
基本的にはコブクロの大きい方(黒田)が
デカイ。というトークネタでした。
まあ、蕾は小さい方(小渕)の楽曲なので
バランスよかったと思います・・・何がじゃ。

来週はいろいろな意味で泣けるのは確実でございますね。
卒業式シーズンですから。
華麗なる一族からの卒業・・・。
オカンとマーくんからの卒業・・・。
内容はともかく、
共に過ごした人々と別れるのは・・・。
泣けること間違いなしなのでございます。

ウルトラマン→五木ひろし
チュワッチ→ヘヘイヘイなのでございます。
消え残る街灯りなのでございます。
女は待ってる・・・なのです。
古過ぎる・・・。

お嬢様、じいやにあわせてくれているのですかーっ。

投稿: キッド | 2007年3月14日 (水) 00時15分

☎aiko☎~ろーじー様、いらっしゃいませ~☎aiko☎

「テレビ四季報」になってしまったらこわいです。
厚さ三倍だし、
番組表、未定だらけだし。
打ち切られたときにバレバレだし・・・。

九時ドラマが日曜以外、苦戦しているので
もはや、ドラマを九時に見るという習慣が
薄れているのかもしれません。

じいやは時々、みんなドラマとか
見なさすぎだよな~と思うのですが
あんたは見すぎっ
と言われるのが確実なので黙っておりますです。

いや、母の死を真っ向から
扱うとなるとこんなもんかなとも思いますね。
やはりそれはこわいこわいこわいことですから・・・。

投稿: キッド | 2007年3月14日 (水) 00時22分

☆*⋄◊✧◇✧◊⋄*ヤマト様、いらっしゃいませ*⋄◊✧◇✧◊⋄*☆

シーッ。
それはあのアレですから。
それ、見なかったことにするつもりですから。
もう、謝るとかそういう次元のお相手ではないので
もうひたすらシカトするつもりですから。
えーっ、知らなかったーっ。
と郵便屋さんのせいにしてしまう気持ち満々なのですからーっ。
たとえバレバレでもーっ。
そうするしかないのデスノート。

まなみちゃんについて方向転換よかったデス。
キッドの弟子の一人が
ちょっとまなみちゃんに似ているので
まなみちゃんにはもっともっと人気になってもらいたいのです。
するとキッドはまなみちゃんに似ている子知ってると
自慢できますからーっ。
そんで自慢ついでに見せびらかそうとすると
「どこかじゃーっ」
とツッコミを入れられるのもほぼ確定なのですが。

どうしてみんな基準がきびしいのでございましょう。
キッドにはミムラと吹石一恵の区別も
喜多嶋舞と仲間由紀恵の区別も
白石美帆と中山忍の区別も
メーテルと森雪の区別も
クラリスともののけ姫の区別も
つかないのでございますよーっ。

でもザクIとザクⅡの違いは分かります。

投稿: キッド | 2007年3月14日 (水) 00時39分

✥✥✥ピーポ✥✥✥ikasama4様、いらっしゃいませ✥✥✥ピーポ✥✥✥

放てーっ。
ダダーン。
放てーっ。
タダーン。
放てーっ。
タダーン。
と突撃むなしく散華する武田騎馬軍団のように
涙に濡れるのですねーっ。
「真田、山縣お主たちも散ったか、ワシも今行く」
今回、大河がそこまでいかなくて残念です。

ついでにスパムではねられてしまう
大河レビューへのコメントをこちらに残しておきます。

ikasama4様、こんばんは。

ミツ(貫地谷しほり)が画像で登場。
普通の動画回想(セリフあり)なら20%越えたのにーっ。
と激しく反応するキッドでございます。

それにしても晴信。やや善玉に偏りすぎかしら。
たとえば裏切りそそのかしお見捨て批判(福島の件)してますが
戦国の常套手段ですし、後の晴信の得意技。
父殺しはしないけれど父を密偵あつかいだし、
義信は・・・するわけですし、
信濃では大量虐殺の根切りも実行するし・・・。
戦国武将としては当然の非情の持ち主なんだけどなっ。

ま、主役仮死状態なので
代理善玉として当座をしのぐ展開とは思いますけれど。
主役復帰後はちょい悪の晴信を見たいキッドなのでございます。

・・・画像とか、動画とかがまずいのでしょうか?
ちょい悪?

難しいです。

さあ、全泣き選手権に王手ですね。
優勝確実か。
なお、アンナ様も達成した場合は
華麗の成績次第で審査になる模様。

投稿: キッド | 2007年3月14日 (水) 00時51分

❁~✾~❁~~✾mari様、いらっしゃいませ✾~~❁~✾~❁

告知するか、しないか。
治療するか、しないか。
延命措置をどうするか。

これらの問題には答えられないキッドです。
ああ、どうすればいいのですかーっ。

もうなりゆきにまかせます。
だからマーくんが
ダメマーくんでも
責められませーん。

それはそうと最近、mari様へのTBがはれません。
前も一度はれなくなったので
回復してくれるといいのですけど。
キッドがはれないのは
ココログ相手の時が多いのですよね。
スパムはどんどんくるのに・・・。

投稿: キッド | 2007年3月14日 (水) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/5671539

この記事へのトラックバック一覧です: ・・・やめよっか・・・よう、がんばったね。(速水もこみち):

» 東京タワー 第10話「最期の選択」 [Happy☆Lucky]
第10話「最期の選択」 [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 09時41分

» 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第10章:最期の選択 [あるがまま・・・]
つらかねぇ(_ _;)。。。ウゥ、、、 今回は冒頭からマーくんのナレに泣かされそうに・・・ つか最初から最後までうるうるしっぱなしやき・・・{/face_naki/} もう2度とこの部屋には帰ってこれないと覚悟してるかのようなオカンに泣き、 諦めないマーくんに泣き、そして諦めそうになっていくマーくんに泣き、 そんなマーくんを励ます香苗おばちゃんに泣き、そして辛い辛い抗がん治療に 耐えるオカンに泣き、耐え... [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 15時03分

» 【東京タワー】第10話 [見取り八段・実0段]
じゃあ、ちょいと行ってきます。光が差す明るい部屋を振り返る。息子と2人で暮らした部屋。そうして、オカンは東京タワーの見える病院に入っていった。ずっと一緒におったけん。考えられんのよ。おらんことなるなんて。手塚は黙って肩を抱いてくれた。抗ガン剤治療で苦し...... [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 17時25分

» 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第10話 「最期の選択」 [テレビお気楽日記]
まさか、HEY!HEY!HEY!で、すでに泣いた人はいないでしょうね? オカン(倍賞美津子)の白髪を染めてあげるシーンは・・・切なかねー。部屋をきれいに掃除するオカン。朝はキチンと起きる事。ゴジラの餌をやる事。動物はしゃべれんけぇ、ちゃんと面倒みなきゃいけ....... [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 17時29分

» 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」第10話 [fool's aspirin]
あぁ〜、なんでオープニングが「蕾」なのっ?! もう最初っから泣いてしまうじゃないかぃっ! ガンが胃に転移してしまったオカン。 オカンがいなくなってしまうことは、 マー君にとって1999年に恐怖の大王が降りて来ることよりも 現実味のない辛いこと。 少しでも可能性があるなら、治って欲しいから…その一心で、 オカンの身体には負担をかけることになる抗ガン剤治療の道を選ぶ。 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ リリー・フランキー ... [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 17時52分

» 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第10話 選択 [レベル999のマニアな講義]
内容入院した。だが、もう手術が出来ない状態のオカン。たとえ、少しの可能性でもと抗ガン剤治療の選択をする。しかし、雅也の選択は、オカンに苦しめてしまっていた。。。。もうダメかもしれないオカン。それに悩む雅也。だが、選択した抗ガン剤治療もまたオカンを苦しめ...... [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 18時49分

» 東京タワー オカンとボクと、時々オトン ・第10話 [めざせ生活向上!]
東京タワー オカンとボクと、時々オトン ・第10話 鳴沢もすっかりチーム・オカンのメンバー。 みんなと一緒に飯食っちゃってますよー。 オトンの... [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 19時53分

» 東京タワー(3月12日) [今日感]
オ、オ、オープニング・テーマでコブクロが・・・・{%naku_a%} [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 20時21分

» 月9ドラマ「東京タワー」 第10話 [多数に埋もれる日記]
オカンとの生活もあとわずか。 先週の放送は、佐々木まなみ(香椎由宇)が実家に帰ってしまいましたね。 第10話「最期の選択」 栄子(倍賞美津子)が通っている病院で… [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 20時24分

» 「東京タワー~オカンとボクと、時々オトン~」シンクロリンクwith原作その⑩ [乙女千感ヤマト]
自分で読み返してみても、4日連続で記事がダークな内容になっており、いかんなぁ、も [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 21時21分

» 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン #10 [たっくんママのひとりごと]
蕾 (初回限定盤)(DVD付)コブクロ 小渕健太郎 来週は、涙なくしては見れない雰囲気が・・・(´∩ω∩`) うぅ・・・。 今週は淡々とドラマが進みました。日付とエピソードの羅列。 一歩一歩、ラストへと進む感じが哀しい。抗癌治療があんなに苦しいなんて。そして、その苦しさをマー君の為に耐えようとするオカンの健気さが・・・... [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 23時12分

» 《東京タワー オカンとボクと時々オトン》#10 [まぁ、お茶でも]
マー君が一番恐れていたこと。仕事も手につかず、上の空で、ひたすら、病人である、オカンを頑張らしてしまった。辛い辛い抗がん剤の治療を選択したマー君。オカンの病気で一話を引っ張るのは、ひどいなぁと思った。 ... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 00時16分

» 東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン 第10章「最期の選択」 [TV雑記]
あと、二回。 「最期」の「選択」……よーし心置きなく泣くか! [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 12時28分

» 東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜(第10話) [オレメデア]
オカン(倍賞美津子)のガンは胃に転移. 雅也(速水もこみち)には,自分がいなくなったあとのことを話し始めた. 手術をすれば治ると雅也(速水もこみち)は励ますけれど,どこか力がなさそうに感じる… ----(PR)---------- リンクサービスのお知らせ オレメデアに,あなたのブ...... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 15時15分

» 東京タワー10オカン切ないなぁ・・。 [ぱるぷんて海の家]
朝はキチンと起きること。 仕事の人に迷惑かけないこと。 ゴジラの餌をやること オカンに何かあったらタンスの小箱を開けること。 そう言い残して、オカンは入院する・・・。 始まっていきなり流れるコブクロの曲。 早くも涙も流れるのでした・・・。 オカンの背....... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 19時36分

» 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン・第10話 [あずスタ]
泣かせるよ、全く・・・。 [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木) 02時45分

» 「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」(第10話:「最期の選択」) [鉄火丼のつれづれ日記]
今回の「東京タワー」は、マー君(速水もこみち)が、オカン(倍賞美津子)の病名が胃ガンであるということを知ってしまうところから始まる。今回のエピソードの冒頭で、マー君が少年時代にノストラダムスの大予言の絵本を見たことを思い出すシーンがあったが、流れていたナレーションを鉄火丼が聞いたとき…? そして、オカンが抗ガン剤治療を受けるシーンでは、あまりに痛ましすぎて…?... [続きを読む]

受信: 2007年3月17日 (土) 16時04分

« あの人だって犠牲者なんだ・・・。(木村拓哉) | トップページ | ・・・出して、出してっ。(釈由美子) »