« 黒くなってやるっ!(永井大)VSこのかませ犬がっ。(伊原剛志) | トップページ | お酌しちゃうぞっ。家来手懐けちゃうぞっ。押しかけちゃったぞっ。だってオ・シ・タ・イ申し上げておりますからーっ。(前田亜季) »

2007年9月23日 (日)

私は神様・・・それとも女王様?・・・今日はここまで。(成海璃子)VSサービスっ。サービスっ。(堀北真希)

いっそのこと、「おらおらおら」(小池栄子)VS「そこだけはひっぱらないで」(温水洋一)でもよかったのだが・・・夏ドラマのフィナーレとして「受験の神様」の最終回には「花君」のような「山壁」のような「わた教」のような「2時間ドラマ」のような「出るトコ出ましょ」をぶつけてきたのだった。日テレVSフジ・・・久しぶりに萌えたなっ。

いっそのこと「ああ~果てしない夢を追い続け~」(堀北真希)でもよかったのだな。

いや、いっそのこと「スカートめくられましたーっ」(堀北)「めくりましたーっ」(近藤正臣)でもよかった・・・まきまきサービスとどまることを知らずかーっ。

で、『受験の神様・最終回』(日本テレビ・070922PM9~)脚本・福間正浩、演出・岩本仁志を見た。ドラマはもちろん、フィクションである。フィクションとは虚構であり、ウソだ。で、エンターティメントとしてはウソで楽しんでもらう。その時、リアルっぽさは要求される場合がある。「本当かと思った」というぐらいに迫真性があるのは娯楽の重要な要素である。

しかし、人が何を本当と感じるかは・・・非常に難しい。

たとえば、醜いものは美しいものの気持ちを想像するしかない。美しいものも醜いものの気持ちは分からない。小学校受験をするものとしないものもお互いのことはよくわからない。合格のものと不合格のものも・・・。というように相互不信の世界である。

それをウソで言いくるめるのがドラマである。

この時、思い切った手法にファンタジーというものがある。

もう、いきなり、ウソなのである。もちろん、ファンタジーを最初からフィクションと強烈に主張するフィクションと感じるにはある程度の知性や教養が必要だ。キッドはなんかはまだ仮面ライダーは実話ではないかと信じているフシがあるのである。場合によってはガンダムも・・・アニメだろっ。

ともかく、テレビの霊能者を半信半疑やなかば本気で信じる人や、宗教団体で信仰する人や、この世にはファンタジーの世界が実在するというおバカさんは多いのである。

で、さじ加減は難しいのだが。

夢枕や、道子の超常現象などはっきりとファンタジーのノリをみせておき、重要な登場人物であるはずの、道子の両親や、広の母親を登場させない言い訳にしている気配があったのである。

それなのに最終回は妙にリアルっぽいのである。まず、ハーバード大学を蹴って友達(石橋杏奈)との高校生活を選ぶ道子・・・焼く肉食べて「早田のバカヤローっ」って叫ぶ道子。広の合格が不安な道子・・・もう、人間・道子万歳である。

なんだかなあなのである。

結局・・・お茶を濁したのだ・・・。受験は格差社会の象徴だ。敗者は激しい憎悪を持つ。そして社会全体には敗北感が漂う・・・そういうリアルを包み隠すために・・・道子がリアルになったのである。

ここまで来たら・・・道子は神秘的な存在でよかったのではないか。最後が補欠合格オチなので・・・道子は「バカヤロー」って言う必要はなかったのである。そのために「最初の不合格者になってしまって・・・」という広の問いかけを「あなたはくやしくないの・・・」と道子に問いなおさせているのではなかったのか。「私は口惜しい」と続けるのがミステイクなのである。

神として「選んだ児童はかならず合格させる」路線をくずしてはいけないとキッドは思う。そうでないと他の様々な問題が露呈します。

これは「夢オチ」がタブーなのとおなじように「本当オチ」で辻褄があわないのである。

ま・・・固い話はいいか。面白ければな。

それにしても泣き虫だった広が受験に落ちて泣かないとは・・・ファンタジーだぜ。

ま、「早田にあやまる」親子はちょっとコミカルでした。

最後は「私を甲子園に連れてって」(広の初恋の相手・福地亜紗美)「タッチかよ・・・ま、高校はエスカレーターで・・・」ぐらい計算高い広でもよかったのにな・・・。だって受験は所詮、弱肉強食。いかにきれいごとにまとめようと三人そろっての合格はファンタジーなのである。っていうか、関係者、全員合格だし・・・。

そのくせ・・・勝とうが負けようが人生という旅は続く・・・ってまとめりゃいいっていものじゃないだろう。

ま、堀北真希と小薗江愛理のパンチラ対決はちゃんと見せた愛理が萌え~。・・・おいおい、限界突破したいのか。ただ、それだけなのかーっ。夏ドラマはここまで。しかし、鉄オタで視聴率を取り損なっているのに・・・「出るトコ」の遠藤憲一にすべての責任を帰するつもりか・・・。

記憶に残る鉄オタ・・・敗残の記憶。スタンダップの山P。ダンドリの国分太一、特急田中の田中・・・鉄オタが楽しいのはタモリ倶楽部のレベルなんですけどーっ。ま、いいかーっ。

夏ドラマの最終回の最終回のレビューだっていうのに・・・グダグダ・・・いつもだろっ。

関連するキッドのブログ『第9話のレビュー

裏番組の『出るトコ出ましょ!』は原作・稲光伸二、脚本・石原武龍・末安正子、演出・小林和宏。女子高生制服マニアの弁護士(谷原章介)と借金苦の女子高生(堀北)のほのぼのサスペンス。・・・どんなジャンルじゃっ。六角精児が堀北を催眠ガスで気絶させたり、山谷初男と佐藤仁美の食堂家族がオムライスにグリンピースを乗せて一発逆転したり、まきまきが緊縛されたり・・・デブのハイヒールマニアのデブ(川平慈英)がウインクしたり、まきまきの母が山村紅葉だったり、半海一晃がチンピラ、松澤一之がチンピラの上、升毅がチンピラの特上だったり、「花君」のカンナ(桐谷美玲)が麻里子だったり、みんなで「おだまりっ」って言ったり・・・まきまきがチャイナドレスで「大都会」熱唱したり、なんか・・・楽しかった。谷原って近藤がルーツなのか・・・とふと思う。

月曜日に見る予定のテレビ『バットマン』(日本テレビ)・・・リターンズもやってくれよ。

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 黒くなってやるっ!(永井大)VSこのかませ犬がっ。(伊原剛志) | トップページ | お酌しちゃうぞっ。家来手懐けちゃうぞっ。押しかけちゃったぞっ。だってオ・シ・タ・イ申し上げておりますからーっ。(前田亜季) »

コメント

最後くらいはとちゃんとリアルタイムで見てみましたが
裏のほうをしっかり見ればよかったかなぁ?
とちょっと後悔してます。
まきまきのサービス精神には頭がさがりますね!

投稿: みのむし | 2007年9月23日 (日) 20時51分

渡辺裕之ではない吹替えの『バットマン/リターンズ』が観たいですぅ。新録してほすぃ。

投稿: 幻灯機 | 2007年9月23日 (日) 21時47分

おはようございます~
夏ドラマもおわりましたね~
今期もお世話になりました。
「受験の神様」、フレンチ王子が落ちるとかって
ベタな決着かと思ったら全員合格・・・
多分合格した人の再現フィルムだったのかもしれません・・
普通の人になっちゃった道子はちょっとアレですが・・
逆に道子の高校生活編SPで見てみたいです(笑
秋ドラマでもどうぞよろしくお願いします~
まだ何を見るかチェックしてないけど~

投稿: きこり | 2007年9月24日 (月) 07時19分

神様は結局ギリギリ神様だったようです。
広が補欠合格してなかったら眠れなかったですよね(笑
で、神様が人間になる日がきて終わったのね。

鉄オタって、こうやってみるとみんなジャニーズ?
しかしPちゃまの鉄オタだけは本当にかわいくて印象に
残っています。知的にまとめたヲタっぷりでしたよ。
ヲタにもいろんな種類があることを最近知ったばかり。
遠藤さんの鉄はキモ系でしたよねえ(笑
「出るトコ」は人気がありましたね。
連ドラになったら谷原さん、弾けて楽しいかも。

投稿: エリ | 2007年9月24日 (月) 10時27分

*simple*life*みのむし様、いらっしゃいませ*simple*life*

まあ、「受験」も「出るトコ」も
すげぇぇぇぇぇぇっていうドラマでは
なかったけれど
「受験」はファンタスティックコメディーとして
「出るトコ」はラブコメとして
まあまあだったと思っています。

「出るトコ」は若手女優で二時間ミステリーの
シリーズ展開を試験中なのだと思いますが
まだ、もう少し工夫が必要かな。

ミステリーファンは「終着駅」見るだろうし。

ただし、まきまきはがんばったっと思います。

成海璃子にとってはコメディーを
こういう形であてられてちょっと難しいことに
なったかな。
ムッツリボケってわかりづらいパターンだからな。
とじいやは思いましたっ。るるる。

投稿: キッド | 2007年9月25日 (火) 15時32分

マジックランタン~幻灯機(すいか好き)様、いらっしゃいませ~マジックランタン

ふふふ、字幕スーパーでございましたな。

ビギンズの番宣展開だったようです。

キッドはリターンズのキャットウーマンに萌え~
なのですが・・・。

ファーストはまあ、ティムの怪奇趣味炸裂が
まあ、そそりますよね。

ジャック・ニコルソンも最後の快演という感じですし。

ま、リターンズのベンギンもいいのですが。

コレクターとしては
新作・吹き替えも魅力ですけれどねーっ。

ま、ファーストだと、ジョーカーを誰がやるかが
すべてですけどね。
キッドは意外と山ちゃんとかにチャレンジしてもらいたい。

投稿: キッド | 2007年9月25日 (火) 15時40分

❆❆ネコハネコ❆❆きこり様、いらっしゃいませ❆❆ネコデネコ❆❆

にゃっ。キコリ様、最近、お出かけできなくて
すみませんにゃ。
この夏は家人が転んで骨折したりして
バタバタしてました。

夏ドラマはすごいにゃ・・・
というものもなく
ひどすぎ・・・
というものもなく・・・
あたりさわりのない展開ですが
『受験』はその象徴・・・。
全員不合格にならず・・・
受験しない組は応援モード。
そんなぁぁぁぁぁ
きれいごとでぇぇぇぇぇ
どうするぅぅぅぅぅぅぅぅぅ。

とひそかにキッドが燃えていたことは内緒ですにぉ。

道子の高校生スペシャルはもう
絶対見たいのです。
っていうか、もっと子供にスポットあてれば
毎年できるのに・・・。
それにしても・・・猛暑に厚着ロケ。
子役たち・・・ご苦労様でしたにゃあ・・・。

秋ドラマは一応、ガリレオ、ジョシデカ、SPの
ミステリもどきと
ちりとてちん・・・
このあたりかなあ・・・。

こちらこそ、よろしくお願いいたしますにょ。

投稿: キッド | 2007年9月25日 (火) 15時52分

✿❀✿❀✿かりん☆スー☆エリ様、いらっしゃいませ✿❀✿❀✿

そうなんでございます。
焼肉パーティーのあたりが境界線だったのですよね。
リアル空間とファンタジーゾーンの
結局「全員合格」の神話を崩さないのなら
ファンタジーゾーンに留まっていて
よかったのにとじいやは思いますです。

ま、ひと夏のファンタジーとしては
キャンプ、文化祭、お葬式と
イベント盛り沢山でまあまあだったかなあ・・・。

キッドはキャスティングの不満が最後まで
ぬぐえませんでした。

ふふふ、山Pの鉄オタは山P少年時代の
終・・・を感じさせましたな。
キッドはああ「池袋」のあの子の少年時代が
終った・・・って感じましたね。

ふふふ、かってオタはアニメオタで
デブでキモイでアキハバラが・・・定番でしたが・・・。

修行を必要とするすべてのアーティストは
実はおタクなのですね。

当然、ミュージシャン、デザイナー、ライター
といった知的なアーティストは
基本的におタクですし
当然、マッスルなおタクもいるし
イケメンのおタクもいるのです。

キッドはおタクという言葉の流通する
半世紀近く前からおタクでしたが
スポーツマンでイケメンでライダーで
ロックンローラーだったので
「オレはおタクだっ」
って言うと
「どこがだっ」
とツッコマれていたものでございます。

世間は無知蒙昧でございますからな。


投稿: キッド | 2007年9月25日 (火) 16時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/8075369

この記事へのトラックバック一覧です: 私は神様・・・それとも女王様?・・・今日はここまで。(成海璃子)VSサービスっ。サービスっ。(堀北真希):

» 受験の神様 最終回 [Simple*Life]
を見た。 2度ほど・・いや。3度ほど裏番組に浮気をしてしまって 全部ちゃんと見たわけじゃないけど、最後はきっちりとしめて くれましたね。 いよいよ。受験の日家族もそれぞれの思いを胸に受験に 挑む・・・ 義嗣と、恵は希望校に合格するが、広だけは不合格 そ...... [続きを読む]

受信: 2007年9月23日 (日) 20時43分

» 「受験の神様」最後授業合格はゴールと勘違いしていませんか?合格はスタートラインです!今クールはここまで [オールマイティにコメンテート]
「受験の神様」最終話は広たちが受験に挑み合否の発表と道子の今後のシーンが描かれていた。 [続きを読む]

受信: 2007年9月23日 (日) 22時10分

» 受験の神様 最終回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『運命の合格発表!衝撃と感動のラストへ』 [続きを読む]

受信: 2007年9月23日 (日) 23時35分

» 「受験の神様」最終回 [トリ猫家族]
 ついに受験当日を迎えた広(長島弘宣)たち・・ 脇の子役さん達も一生懸命ベストをつくしますよ〜 義嗣(森本龍太郎)と同じ中学を受験するフレンチ王子はわざと義嗣のえんぴつを落として 「縁起わる!」と捨てセリフを残して去っていく。  恵美(小薗江愛理)と同じ....... [続きを読む]

受信: 2007年9月24日 (月) 07時31分

» 受験の神様 最終回 [塩ひとつまみ]
いよいよやってきた入試の日。 広たちはそれぞれの受験校の教室で 今まで道子に習ったことを思い出しながら 試験に挑みました。 結果は― 義嗣、合格。恵美、合格。 でも広は…。 「早田のばかやろ〜〜っ!」って ... [続きを読む]

受信: 2007年9月24日 (月) 14時59分

» 受験の神様 最終話「運命の合格発表!衝撃と感動のラストへ」 [TV雑記]
花君が終わって夏ドラマ終了の気分になり(苦笑) 山壁が終わって「まだ終わってなかったか」と思い。 まだ一つ残っていたか(苦笑) それにしても結局最後まで「主題歌と森崎博之のためのドラマ」だったなあ(苦笑) それにしても、最後にBBQをするシーン。 テレビ前で「受験票燃やすなーっ」「丸めないと風で飛んで火事の原因になるだろーっ」と半ば怒りにも似た感情で怒鳴ってしまった。 本当に山口さん、DASH村で何を学んできたんだ。 一度松岡さんにアウトドアを学んできなさい。 ...... [続きを読む]

受信: 2007年9月29日 (土) 11時31分

» 《受験の神様》☆最終話 [まぁ、お茶でも]
受験日、前日。家族も、当人たちも神経が立って、落ちる、すべる、類の言葉も禁句だった。 2月1日。試験の日が来てしまった。勇は広を激励し、保護者用の控え室に行った。 [続きを読む]

受信: 2007年9月30日 (日) 04時33分

« 黒くなってやるっ!(永井大)VSこのかませ犬がっ。(伊原剛志) | トップページ | お酌しちゃうぞっ。家来手懐けちゃうぞっ。押しかけちゃったぞっ。だってオ・シ・タ・イ申し上げておりますからーっ。(前田亜季) »