« 目を閉じたら口の中に肉団子が・・・もぐもぐ。(仲間由紀恵)VS・・・こうして私の幼少期の記憶は改変されたのです。(黒川智花) | トップページ | コーラサワーどんだけ炭酸なんだっ!VS抜いたのに発砲しないプレイよ。(真木よう子)VS私には何もない。(弁護士・加藤あい) »

2007年11月10日 (土)

魚肉ソーセージ丸かじり。(相武紗季)VSもげっ。(北川景子)VS私はヒミツの女。(加賀美早紀)

月曜日に蒼井そらがそして金曜日は及川奈央がゲスト女優として登場。特筆しておく。

「歌姫」の主人公は記憶を失った長瀬智也だが、「ULTRASEVEN X」の主人公は記憶を失ったウルトラセブンである。特筆しておく。

「モップガール」の主題歌はERIKAだが、音楽は吉川慶である。吉川慶はエラ嫁→プロポーズ大作戦→探偵学園Q→ここと2007年各シーズンの音楽を担当してきた。特筆しておく。

なんとなく特筆という言葉を使いたかったのだな。・・・もげっ。

で、『歌姫・第五回』(TBSテレビ071109PM9~)脚本・サタケミキオ、演出・坪井敏雄を見た。今回は鈴(相武紗季)が大活躍だった。魚肉ソーセージを食いちぎり、太郎(長瀬)が陶器の破片で指を切ったので指をしゃぶって殺菌消毒。そして二十歳になったのでおまんが主役の誕生パーティーなのであった。そして、太郎と鈴でたろたろりんりんりーんっなのであった。・・・以上・・・おいおい・・・だってそれがすべてなんだもーん・・・。

もうちょっと知りたい人はコチラへ→まこ☆ミキお嬢様の歌姫・何するがじゃ!

で、『モップガール・第5回』(テレビ朝日・071109PM1115~)原作・加藤実秋、脚本・荒井修子、演出・片山修を見た。絶好調である。前回はかなり変化球で・・・いい人の命を救えない・・・というバッドエンド・・・。主人公・長谷川桃子(北川)は気がふさぐのである。

それを吹き払うためにバッティング・センターへ・・・。もう、いきなり、ウザ桃の可愛さ爆発である。「全然打てない」・・・そこで・・・憧れの「女性にナイフで刺された」プロレスラー棚橋と遭遇。見惚れて・・・投球(推定球速80km/h)に気がつかず、棚橋が「危ないっ」と叫ぶがしゃがみこんでよけようとしたので顔面に直撃・・・気絶である。実はこれは伏線である。

おでこを赤くして目覚めると自宅(矢場荘)のベッド。同居中の日奈(浅見れいな)に「仕事をやめたい・・・」とこぼす。すべては・・・先週を引きずっているのだった。

職場には葬儀コーディネーターの二枚目・篠田(北村栄基)が来ている。同僚の環(渡辺夏菜)も先輩の片岡(池津祥子)も二枚目には好意を寄せている。東社長(佐藤二郎)は面倒見が良くて・・・二枚目の世話を焼いているのだった。

「最初は出来なくて当然」が口癖の優しい社長なのだ。

用具の手入れをしている桃子はうっかり鉄パイプを倒して「危ないっ」と叫ぶ。しかし、しゃがみこんだ朗(高岡蒼甫)の頭を直撃。ここで大友(谷原章介)が「そういう時は危ないじゃなくて、よけろって言うのだ」とアドバイス・・・ま、実際は同じですけどね。普通の人は叫ばれたら固まる・・・と思います。しかし、これがまた伏線なのだった。伏線でもそこそこ笑いをとる。・・・脚本ができるようになっているのである。好みにもよるが真柴あずきより荒井修子の方が練れているとキッドが思うポイントである。とにかく・・・まんべんなく笑いのポイントが散りばめられている。

そこへ、今回のメインゲスト・一匹狼の葬儀屋・大津(橋本さとし)が登場。レゲエだかヒップホップだか微妙なスタイル・・・ラッパーだった。桃「オヤジギャグ」ですね。「ラップだ」・・・桃「オヤジラップですか」・・・うーん・・・素晴らしい。

ちなみに東社長と大津は幼馴染。東社長はリーゼントのロックンローラー、大津は竹の子族である。竹の子→ラッパーという変遷がわかりやすいのだった。

今回、片岡がジュリアナ東京女であることも判明。朝牛で赤いボディコンで夜霧のハウスマヌカンなのであった。つまり・・・若者の流行年代尽くしなのである。ちなみに結婚歴三回(触れてはいけない)の片岡は「新婚さんいらっしゃい」に出場した経験があるらしくイエスノー枕を所有しているのだった。

やがて・・・事件発生。大津が死亡し・・・凶器と目される鉄パイプには東の指紋。しかも二人がいるところをお好み焼き屋のオヤジが目撃していた・・・。

東を取り調べのために連行しにくる横内警部補(マギー)と濃紺(棒)の女王様・里美(花形綾沙)・・・急浮上だな。

そして・・・大津の遺品である・・・何故か東とおそろいのアクセサリーに触れた桃はタイムリープ。・・・今回の「もげっ」は朝のベッド。歴史の改変スタートである。

やがて・・・明らかになる大津と東と早世した二人の初恋の人・楓(三田由奈)の物語。楓は「けんかをやめて」の河合奈保子(80年代アイドル)モードである。アクセサリーの石は隕石をみっつに割ったもの・・・三人の友情の証なのだった。しかし、楓は夭折。そして・・・大津は楓の意志で散骨を主張、東は楓の両親のために普通の葬儀を主張し・・・ケンカになって現在に至ったのである・・・いい話だ。

なんとか・・・事件を未然に防ごうとする桃。しかし・・・大津は耳を貸さない。そこへ大友がやってくる。大友「パー子がっ」桃「私は林家ペーパーの奥さんじゃありませんーっ」大友「クルクルパーのパー子だよっ」・・・素晴らしい。

例によって大友を巻き込む桃。桃が東に・・・大友が大津に張り付く作戦に出るが・・・大友はモニカ(伊)ではなくてリンリン(中)とのデートに走るのだった。

ついに衝突する東と大津。そして頭上からは鉄パイプが・・・「危ないっ」と叫ぶ桃。しかし、パイプは二人の間に落下・・・二人にケガはなかった・・・。

一度は事故だったと思った桃だが・・・ここで伏線に思い当たる・・・「危ない」と言っただけではパイプはさけられない・・・真犯人が他にいる・・・なのだった。くりかえしの歴史でも高岡蒼甫を鉄パイプで直撃・・・念入りな前フリだったのだった。

ここで・・・リンリンから裏事情を聞き込んだ大友が合流。「やくざの組織が闇の死体を葬儀に紛れ込ませて火葬」という裏ビジネスを明らかにする。真犯人はやっぱりの二枚目・篠田だった。オーソドックスでいいと思う。濃紺(棒)の女王様のフェニックス作戦は・・・スローまでやりきったのは演出の勝利だな。もうスレスレだったけどな。面白いのだが・・・悪乗りがやや心配になってきた。「きらきら研修医」に退行してはダメーっ。

葬儀社のメンバーの過去をいろいろと知った桃・・・なんだか・・・やっと一員になったような気分になる。そして・・・先週の出来事から解放されたようだ。しかし、調子に乗ってテレビのインタビューに答えたため・・・父親(本田博太郎)に葬儀社に勤めていることが発覚してしまうのだった。

とにかく・・・うざ桃、かわいいよ。うざ桃なのだった。

で、『ULTRASEVEN X・第六回』脚本・小林雄次、監督・梶研吾を見た。記憶を失う前のジン(ウルトラセブン)を知るアリサ(及川奈央)・・・。ジンには「星を見るのが好きな恋人」がいたらしい・・・。そしてエレア(加賀美早紀)にはジンに隠している秘密があるらしい。Xのサブストーリーが緩やかに展開した今回・・・。メインストーリーは平凡な日常に鬱屈した不適応者のタカオ(唐橋充)が昇天するだけというやや稀薄な展開。

もちろん・・・超絶的に進化した宇宙生命体に寄生され、憧れの宇宙旅行の切符を手に入れた幸運な男の話でもいいが・・・日常に退屈してしまう男が・・・基本的には無限に続く宇宙空間の単調な移動に退屈を感じないとはとても思えないので・・・ウルトラセブンがエールを贈る意味が解らないのだのな・・・まあ、キッドが宇宙にロマンを感じないつまらない男だというだけかもしれませんが・・・。

とにかく・・・超宇宙生命体の実態の描きこみが足りないので・・・とても浅薄なストーリーに感じました。要するに神のような宇宙人に資源として調達された哀れな男の話であったようなのです。人がどこから来てどこへ行くのか・・・もちろん・・・闇から生まれ闇に帰るに決まっているじゃありませんか。

まあ・・・ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアの名作中の名作「ビームしておくれ、ふるさとへ」(短編集『故郷から10000光年』収録)の亜流のひとつとしてメモしておくことにする。まあ・・・パクリとしてはあまりいただけないテイストですが・・・。

この後・・・宇宙に出たタカオが望郷の念にかられるところまで描くと名作になると思いますけどね。

関連するキッドのブログ『先週の金曜日のレビュー

『ちりとてちん・6-5・第35回』喜代美の唯一の必殺技「徒然草」攻撃炸裂。一日中机にかじりつくなんて好きじゃなきゃできない・・・しかし・・・喜代美のすべてを知るお茶の間的にはほとんど説得力ないところがまたシビレるポイントです・・・。兄さん・・・あなたは騙されている。→6-4

日曜日に見る予定のテレビ『風林火山』(NHK総合)『トリック・劇場版』(テレビ朝日)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 目を閉じたら口の中に肉団子が・・・もぐもぐ。(仲間由紀恵)VS・・・こうして私の幼少期の記憶は改変されたのです。(黒川智花) | トップページ | コーラサワーどんだけ炭酸なんだっ!VS抜いたのに発砲しないプレイよ。(真木よう子)VS私には何もない。(弁護士・加藤あい) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/8850221

この記事へのトラックバック一覧です: 魚肉ソーセージ丸かじり。(相武紗季)VSもげっ。(北川景子)VS私はヒミツの女。(加賀美早紀):

» モップガール 第5話 「容疑者・東社長の謎を追え!!」 [テレビお気楽日記]
今回は東社長(佐藤二朗)が幼馴染でライバルの大津(橋本さとし)を殺してしまった疑いで逮捕される話。フリーの葬儀コーディネーターなんてあるの? [続きを読む]

受信: 2007年11月10日 (土) 11時37分

» モップガール EP.5「容疑者・東社長の謎を追え!!」 [TV雑記]
このドラマの最大の貢献者は誰だろう? そんな疑問がオープニングを見て浮かぶ。 何故そんな疑問がOPを見てる時に浮かんだのかというと……。 この文字を見たから 「稲川素子事務所」...... [続きを読む]

受信: 2007年11月10日 (土) 15時29分

» モップガール 第5回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『容疑者・東社長の謎を追え!!』 [続きを読む]

受信: 2007年11月10日 (土) 15時57分

» 歌姫 第5話:妹から好きな女に変わる時 [あるがまま・・・]
何するがじゃ!o(≧ヘ≦o)くぅっ せっかく太郎ちゃんが鈴に大事な話があるっちゅーて待ち合わせとったがに…{/face_z/} あの押しの強い謎の女@小池栄子は何者?予告によると、太郎ちゃんの過去を 知る人物のようですねー。ったくぅ、せっかく鈴と太郎ちゃんがいい感じに なってきたゆーに{/ee_2/}それにしても、太郎は鈴に何を話すつもりじゃったんやろ? 今更ながら、鈴の太郎への気持ちに気付いた勝男さん。得意げに「びっくりするなよ」 なんて言いながら浜子さんや泉さんに言いよったけど、気付くの遅い!... [続きを読む]

受信: 2007年11月10日 (土) 16時59分

» 便秘と同じ2週分(モップガール#4・5) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『モップガール』長谷川桃子が2週間便秘のようなので、2週分まとめてレビュー(爆)東社長@佐藤二朗さんによると、便秘は万病の元で、出るものが出ないある種のジレンマ・愛・喜び・悲しみ・2人の憎しみが内包されたグローバリゼーションなんだそうで・・・バンガッテ出....... [続きを読む]

受信: 2007年11月10日 (土) 18時04分

» 『モップガール』EP:5「容疑者・東社長の謎を追え!!」メモ [つれづれなる・・・日記?]
祝!谷原さんご子息ご誕生。 元々連れ子がいたわけですが、谷原さんのお子様としては初。 もう、親ばか全開らしいですが・・・。 [続きを読む]

受信: 2007年11月10日 (土) 21時36分

» モップガール 第五話 [ちょっと変な話]
●キャスト 北川景子 谷原章介 他~ ●原作 モップガール/加藤 実秋 ¥1,470 Amazon.co.jp ●主題歌 Destination Nowhere(初回生産限定盤)(DVD付) ¥1,418 Amazon.co.jp ●あらすじ ある日、葬儀コーディネーター・大津が、「リトル・エンジェ... [続きを読む]

受信: 2007年11月10日 (土) 21時44分

» 「モップガール」第五話 〜誰にだって物の後悔と謝罪がある〜 [混沌と勇気日記。 〜破滅の世界に打ち砕く勇姿を持て〜]
 ある日、格安葬儀で同業者の邪魔をし続ける葬儀コーディネーター・大津和明(橋本さとし)が、「リトル・エンジェルズ」を訪ねてきた。なんと、大津は「リトル・エンジェルズ」が担当するはずだった葬儀を横取りしたという。その横暴ぶりに激怒した社長の東(佐藤二朗)は、大津を連れて外へ。その後、顔を負傷して戻ってくる。桃子(北川景子)らは傷の理由を尋ねるが、東は「何でもない」という。ところがその夜、警部補の横内(マギー)と里美(花形綾沙)が、大津和明殺害の容疑で、東に任意同行を求めにやって来た! 東は殺害現場近く... [続きを読む]

受信: 2007年11月10日 (土) 21時51分

» 「歌姫」第五回 [トリ猫家族]
 太郎(長瀬智也)の「鈴はワシの恋人」発言に喜びが隠せない鈴(相武紗季)。 なのに、「ジェームスがおらんかったき、ついその場をしのぐために出たとっさの言葉っちゅーか・・深い意味はないっちゅーか・・・」としなくてもいいフォローをする太郎。 「けんど嬉しかっ....... [続きを読む]

受信: 2007年11月10日 (土) 22時08分

» 《歌姫》#05 [まぁ、お茶でも]
姉の泉の連れ合い晋吉が、クロワッサンに、鈴と太郎が恋人同士かと聞かれ、笑いながらそんなことないと答えたから、たまりません。すっかり有頂天になって、初めからまた鈴にアタックする気... [続きを読む]

受信: 2007年11月11日 (日) 04時49分

» 《モップガール》EP★05 [まぁ、お茶でも]
リトルエンジェルの社長東が、大津殺害容疑で、逮捕された。 東の意思でなくなった大津の葬儀を執り行うことになった。また遺品整理を言われた桃子は、いつも過去へ戻るとは限らないと、言いながら車 ... [続きを読む]

受信: 2007年11月11日 (日) 05時15分

» 「モップガール」第5話 [日々“是”精進!]
EP:5ある日、格安葬儀で同業者の邪魔をし続ける葬儀コーディネーター・大津和明が、「リトル・エンジェルズ」を訪ねてきた。なんと、大津は「リトル・エンジェルズ」が担当するはずだった葬儀を横取りしたという。その横暴ぶりに激怒した社長の東は、大津を連れて外へ行く...... [続きを読む]

受信: 2007年11月11日 (日) 05時36分

» モップガール 第五回 [The Glory Day]
うん、今週もいいお話で良かった! 先週のちょっと切なくほろ苦い物語とは、 打って変わった暖かいお話もまたいい。二朗さんは勿論、環ちゃんや里美刑事 の登場シーンが増えたのは嬉しい・・・でも大友さんとの掛け合いが少な かったのは悲すぅ~い。... [続きを読む]

受信: 2007年11月11日 (日) 09時57分

» 『モップガール』 第5話 [美容師は見た…]
「葬儀は、ぼられると思ってる」と大友が言ってましたけど…はい、そう思ってます。葬儀屋さんは儲かるでしょう(笑)東社長の幼馴染みであり、葬儀屋ライバルであるラップ社長・大津(橋本さとし)。「地道で実直なうちの社長とは正反対」と言う大友・谷原さんは、橋本さんとは... [続きを読む]

受信: 2007年11月12日 (月) 00時26分

« 目を閉じたら口の中に肉団子が・・・もぐもぐ。(仲間由紀恵)VS・・・こうして私の幼少期の記憶は改変されたのです。(黒川智花) | トップページ | コーラサワーどんだけ炭酸なんだっ!VS抜いたのに発砲しないプレイよ。(真木よう子)VS私には何もない。(弁護士・加藤あい) »