« もげまして、もげのためのもげによるもげのもげ、モゲナラ・・・。(北川景子)VS私は・・・欺いた。(加賀美早紀) | トップページ | 修羅の世界に咲いた一輪の花・・・散りとても・・・。(貫地谷しほり) »

2007年12月16日 (日)

超心配性のオレとしては拳銃の暴発だけが気がかりでした・・・変形したら危険です。(岡田准一)VS引鉄を引くのは誰?(声・吉野裕行)

今回の「ガンダム00」とあの事件とをリンクさせて考える・・・あるいは考えてしまうのが「SP」の主役なのである。

会員制スポーツクラブの責任者は想定外の出来事と口を拭うだろうし・・・まさにそれが一般常識かもしれない。

しかし・・・「散弾銃の許可状況と国内の自殺者数そして病的な妄想患者の傾向・・・それらを統合すれば事件はいつ起きてもおかしくない・・・いわば地震のようなもの」という考察は可能。

それに対して耐震構造にしておくような経費を使うかどうかという問題だな。

答えはノーなのであろう。もちろん・・・コピーキャットについての考察を考えると・・・一難去ってまた一難という考慮も可能なのだが・・・とりあえず確率的にプールはしばらく安全と考えてもいい。

連鎖反応で次々と墜落という可能性もあるのだが・・・飛行機が墜落した後はこれで当分墜ちないなと比較的楽観的に飛行機に乗る・・・キッドはそういう性分。

で、『SP・第七回・Ⅲ-3』(フジテレビ071215PM1110~)脚本・金城一紀、総監督・本広克行を見た。久しぶりに念を押しておくがキッドにとって世界は妄想の産物である。その証拠にキッドが死ねば世界は消滅する・・・少なくともキッドにとっては・・・なのである。もちろん・・・死後の世界がない証拠はどこにもないが・・・もしもあった場合にはその場で考えてみるしかないしな。

もちろん・・・多くの人間はそれを知っていると思うが・・・キッドもそんなこと考えてもみなかった時期というものがあり・・・知らないかもしれない人に一応言っておきたい。

ま・・・これだけ丁寧に説明しても・・・戯言と言われればソレまででございます。

とにかくこのドラマは登場人物たちの妄想で構成されている。

今回の妄想的な最大の見せ場は主人公・井上薫(岡田)の妄想・・・未来予測と言ってもいい・・・による警備車輌の爆破による警護対象者および警護担当者の死亡のシーンである。・・・騙されることに敏感な人は「またウソかよっ」と怒り出す場面であるが・・・これあくまで手法ですよ・・・という演出にそろそろなっている。ま・・・親切にするとなると妄想シーンはモノクロにするとか・・・お面になっているとか・・・極彩色になっているとか・・・ぶっさんがナイナイ岡村になっているとか・・・いろいろあるかもしれないが・・・それはそれで洒落の通じない人に「ふざけるなっ」と怒られる可能性があるのだな。

「殺されるとわかっている人をみすみす殺させるなんて絶対絶対いけない」という狂信者にとっては実に後味の悪い展開の今回だが・・・「つづく」の文字さえ・・・微妙だった。キッドは死刑に反対ではないし、戦争で人が死ぬのは当然だというタイプだし、今食べている牛さんの命と人間の命は差別しない主義なので大橋が死ぬことにそれほどのショックはないのだが・・・それがショックな人のためにつづきもしないのにつづくなのか・・・と考えたりもします。・・・まあ・・・ああいう演出をしておいて次回・・・大橋は殺されませんでしたという後日談を付け加えるとしたら・・・ダサイとはちょっぴり思っちゃったりなんかしてみたりしてーっ。・・・もう遠まわしのイヤミはいいよ。

さて・・・そういう意味でもう一つの妄想は尾形総一郎係長(堤真一)の・・・法を犯したリスクをリスクと感じない権力者が金主である以上・・・警護対象は死んだも同然・・・という妄想(可能性の追求といってもいい)である。

岡田の妄想は妄想として描かれるのに堤の妄想は妄想として描かれないので不親切である。

小説で言うと一人称で書かれる小説が三人称で書かれる小説と交互にスイッチングされる状態・・・ある意味・・・読みにくいという問題がありますが・・・要するにそれはお茶の間の理解度も格差があるという問題でございます。

そこで・・・キッドとしては尾形の妄想も妄想しておく。

「ボクのお金をもっともっと増やしてね」という麻田総理大臣(山本圭)・・・財テクマシーンの大橋(片桐仁)は「ちょっと悪いことしますけど・・・」・・・麻田「なんのこと・・・?・・・ボクはお金が欲しいだけ・・・」・・・大橋「かしこまりーっ」・・・マネーロンダリング発覚・・・大橋は警護対象に・・・麻田「バレないと思うけど・・・あいつは信用できないからなぁ・・・」・・・ジョン(多田淳之介)「おまかせくださいよ」・・・ポールとジョージ任務失敗・・・麻田「ダメじゃん」ジョン「ハハハ、次は確実ですよ」・・・車の爆破失敗・・・麻田「ダメダメじゃん・・・」ジョン「ちょっとSPがアタリですね・・・」麻田「そうなんだ・・・たまにバカみたいにムダに使えるタイプっているからなー・・・わかった・・・電話しておく」・・・警視総監「ハッ・・・なるほど・・・そういうダンドリになりますか・・・ハッ・・・それはもう・・・いかようにも・・・ハッ・・・まあ、仕事をしなければ失敗しない・・・というのはこの社会の鉄則ですから・・・ハッ・・・そのように指示いたします・・・ハッ・・・借りだなんてとんでもございません・・・ハッ・・・それではよしなに・・・」・・・理事官(飯田基祐)「警護は終了だ・・・」

「あんたらはみんな人殺しだ・・・」の一言をかみ殺す尾形。

すれ違う警備車輌とジョンとリンゴ(日下部そう)の暗殺部隊・・・。

自宅に帰宅する・・・大橋・・・ついに家族に逢えたのだ。妻「あなた・・・大丈夫なの?」娘「パパ、お帰りー」大橋「ははは、明日から国外逃亡だっ・・・とにかく・・・今日はゆっくり寝たいんだ・・・」・・・深夜・・・侵入したジョンとリンゴは大橋の妻と娘を絞殺後、夫を揮発性の薬物で失神させ、絶対に逃げられない状態に配置・・・ジョン「追い詰められて・・・一家心中か・・・」リンゴ「リアリジュムでちゅよね」ジョン「まあなー・・・もうすぐクリスマスなのになー・・・」火災炎上・・・焼け跡からは三体の焼死体が発見される・・・大島由香里アナウンサー「寝室が激しく炎上しており警察は夫による無理心中の疑いもあるとして・・・」

尾形「オレも人殺しか・・・」(備品に八つ当たり)

井上「・・・ダメですよ・・・銃弾入ってなくても拳銃投げちゃ・・・」

笹本(真木よう子)「・・・銃身とか曲がったらどうするんですかっ」

石田(神尾佑)「・・・(ちょっと妄想して顔を赤らめる)・・・」

山本(松尾諭)「メシ行きますか・・・」

で、『機動戦士ガンダム00・第11回・アレルヤ』(TBSテレビ071215PM6~)脚本・黒田洋介、監督・水島精二を見た。

本筋とはやや違うところに視点をチェンジする演出。今回はユニオンのトップファイター・グラハム中尉とその仲間たちの紹介である。二人のフラッグファイターはメイスン准尉にダッチ曹長・・・オランダ系黒人か・・・曹長・・・曹長は階級としてなんか好きだ・・・。

日本では沙慈がスパニッシュ・ママのために日本料理を披露。

モラリア共和国ではとってつけた王女とSBの黒幕が経済援助談合中。

そして・・・前回の裸にされたことは「忘れよう」と務めるティエリア16才である。

今回の主役はアレルヤ・・・自分を生み出した人革連の非人道的兵器システム・・・超兵養成所破壊作戦を進言する。

自分を生み出した場所を・・・仲間とともに葬る・・・テロリストだから・・・狂信者だから・・・二重人格だから・・・不安定な人間に散弾銃を渡しても危ないのに・・・まして・・・ガンダムなどは・・・ああ・・・貴重な超兵が・・・あまりにもタイムリーな展開に・・・「ニコロボ」スタッフなら放送自粛もありうる内容だったな・・・ま・・・多くの人はそんな妄想は抱かないのかもしれない・・・下手な妄想・・・休むに似たりということであるな・・・。

何人殺してもお酒は二十歳になってから・・・世界標準かよっ。

関連するキッドのブログ『先週の土曜日のレビュー

『ちりとてちん・11-6・第66回』・・・出たーっ。タイムワーブワザ・・・しかも修行時代を2年スルーかよ・・・とばすなーっ。しかも・・・優等生のA子に逢ったのはこれが最後って・・・サトメグにどんな転落人生を遅らせるつもりなんだーっ。悪い男にだまされて・・・インタビュアーなのに「別に・・・」って言って・・・酒と薬に溺れてAVに出たりして・・・まさか・・・上沼になってしまうとか・・・ないない・・・。それはそれとして四草(加藤虎ノ介)・・・人気出たな。→11-5

月曜日に見る予定のテレビ『ガリレオ』(フジテレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« もげまして、もげのためのもげによるもげのもげ、モゲナラ・・・。(北川景子)VS私は・・・欺いた。(加賀美早紀) | トップページ | 修羅の世界に咲いた一輪の花・・・散りとても・・・。(貫地谷しほり) »

コメント

キッドさん、こんばんは。
ぶっさんがナイナイ岡村になっているとか、にも吹きましたけど、
妄想劇には完敗ですヾ(≧▽≦)ノぶワハハハハハ!

投稿: mana | 2007年12月16日 (日) 22時45分

|||-_||シャンプーブロー~mana様、いらっしゃいませ~トリートメント|||-_||

妄想抜きでも面白い回は
妄想も冴えまくります。
人間は刺激に弱いんですよね。

レビュー的にはつまらない回に
面白い妄想が降りてくると
バランスがいいのでございますが・・・。

今回はかなりハイプロウな展開。
しかし・・・描ききらない点は
ちょっと不親切です。

シャンプーして・・・流さないみたいな
・・・感じ?

投稿: キッド | 2007年12月21日 (金) 06時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/9432592

この記事へのトラックバック一覧です: 超心配性のオレとしては拳銃の暴発だけが気がかりでした・・・変形したら危険です。(岡田准一)VS引鉄を引くのは誰?(声・吉野裕行):

» SP警視庁警備部警護課第四係 第7話 絶対命令 [レベル999のマニアな講義]
内容大橋が、不審者に狙われたため、滞在ホテルの変更を決めた尾形。部下たちは、あわただしく対応しはじめる。そのころ、ジョンとリンゴは、移送先のホテルを特定。地下駐車場の警護車両に爆発物を仕掛ける。そんななか、巡回中の井上は、駐車場で何かに気付くが、偶然、...... [続きを読む]

受信: 2007年12月16日 (日) 22時36分

» 『SP』 第7話 [美容師は見た…]
大橋を別のホテルへ移動…地下駐車場で突然飛び出して来たスーツの男(変装したジョン)。ここで石田さんがどうかなっちゃうのかと思ってドキドキしましたわぁ。なのに…急いで大橋を車内へ押し込む山本の動きに笑えて(≧∇≦)ノ彡バンバン!今回のセリフは「返して下さい!僕の千円... [続きを読む]

受信: 2007年12月16日 (日) 22時46分

» SP 第7話:特別警護を完遂せよ [あるがまま・・・]
ん?これで完結?( ´д`)ホエ? 今回のお話は・・・ 井上と尾形が、ポールとジョージを確保。 だが、彼らが大橋を狙ったという証拠はなく警護増員は認められないため、 危険を犯してでも警護を強化できる小規模ホテルへ移動することを余儀なくされる。 しかし、その移動車に発信機を付けた犯行グループのジョンとリンゴは、 不敵にパイプ爆弾を作るのだった。新しいホテルに到着、大橋はその狭さに不満顔だが、 井上たちは目に見えない危険を感じ厳重な警護体制をとる。 そしてその井上らの姿に、大橋の中で今までとは違う感情が... [続きを読む]

受信: 2007年12月16日 (日) 22時52分

» 《SP(エスピー)警視庁警備部警備課第四係》#07 [まぁ、お茶でも]
オーシャンパークホテル 3313号室前。マルタイの移動があるため地下駐車場に普通車両が運び込まれた。 [続きを読む]

受信: 2007年12月17日 (月) 00時18分

» SP(エスピー) 第7話 「特別警護を完遂せよ」 [テレビお気楽日記]
警護しやすい小さめのホテルに大橋(片桐仁)を移動させることになる尾形(堤真一)たち。オーシャンパークホテルの駐車場で車の前に飛び出し倒れ込むジョン(多田淳之介)。その間にリンゴ(日下部そう)が発信機を取り付けるのでした。 ... [続きを読む]

受信: 2007年12月17日 (月) 00時40分

» SP 第7話 [アンナdiary]
大橋(片桐仁)の警護が解除された。今回は、堤真一さんがメッチャかっこ良かった。殺されるとわかっているような人間が目の前にいる。 知らないふりをして、立ち去れと言うのですか!そうだよな〜でも、上からの命令だから仕方ない。やりきれない思いでつづくのでした。。。えっと、中途半端な終わり方でなんだかスッキリしないけど。。。 ... [続きを読む]

受信: 2007年12月17日 (月) 00時47分

» 「SP」(Episode 3-3:「特別警護を完遂せよ」) [鉄火丼のつれづれ日記]
12月15日に放送された「SP」は、前々回、前回の続きで、井上(岡田准一)らが大橋(片桐 仁)を連れて、今までいたホテルよりも小さいホテルサンセット東京に移動する、というところから話は始まる。正直に言って、鉄火丼は「今回のラストはすごく[?]だった。」と思っている。... [続きを読む]

受信: 2007年12月17日 (月) 01時01分

» 「機動戦士ガンダム00」第11話 [日々“是”精進!]
♯11「アレルヤ」辛くも人革連によるガンダム鹵獲作戦を退けた、刹那たちソレスタルビーイング。作戦のミスをとがめるよう、スメラギに食って掛かるティエリアだったが、それは自らガンダムナドレの姿を晒してしまった苛立ちからでもあった。その戦闘中、敵パイロットであ...... [続きを読む]

受信: 2007年12月17日 (月) 06時05分

» SP 第7話 [エリのささやき]
ありゃ?警護を解いて・・これで終わり?大橋どうなるの? [続きを読む]

受信: 2007年12月17日 (月) 14時01分

» SP 第7話(Ⅲ-3) [シャブリの気になったもの]
SP 第7話(Ⅲ-3) フジテレビ 2007/12/15 (土) 23:10~ 「特別警護を完遂せよ」     ★はじめに    フフフ・・キツツキ作戦か・・   警護を解除、虚しいなぁ・・・ 尾形の辛さを、部下達が黙って見守る・・ 嫌な話だったけれど、最後は良い見せ方だった。 テ... [続きを読む]

受信: 2007年12月17日 (月) 14時13分

» SP 第7回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『特別警護を完遂せよ』 [続きを読む]

受信: 2007年12月17日 (月) 17時07分

» SP 警視庁警備部警護課第四係 Episode Ⅲ‐3 [特撮警備隊3バるカんベース~ハッハッハッ!そのレビューは、日本じゃ二番目だな。じゃ、一番目は?~]
「私から、仕事を奪わないで下さい…殺されるとわかっているような人間が目の前にいるのに、知らないふりをして立ち去れというんですか!」 漢・尾形の生真面目人生ここにあり!! つーか、マルタイを放置するバッドエンディングもあるとは思わなかった… 予告を見る限り... [続きを読む]

受信: 2007年12月17日 (月) 18時46分

» 機動戦士ガンダム00 #11 アレルヤ [特撮警備隊3バるカんベース~ハッハッハッ!そのレビューは、日本じゃ二番目だな。じゃ、一番目は?~]
SPにしろガンダムにしろ今週の土曜日は、重くて切ないな… それでも両方ともエンターテイメントになってるのは流石だなと思うけど。 今週のアレルヤ語録。 「引き金くらい感情で引け!  己のエゴで引け! 無慈悲のままにッ!」 かつて、無慈悲な計画の犠牲になったア... [続きを読む]

受信: 2007年12月17日 (月) 18時48分

» ・フジ「SP 警視庁警備部警護課第四係」第7話 [たまちゃんのドラマページ]
2007年12月15日(土)23時10分から、沖縄テレビで、「SP 警視庁警備部警護課第四係」第7話(「特別警護を完遂せよ」)が、放送されました。(今回は「EpisodeⅢ−3(3−3)」) 沖縄で見ております(笑)。で、記事書いて書き込もうとしたら、失敗!?...... [続きを読む]

受信: 2007年12月17日 (月) 20時15分

» 『SP(警視庁警備部警護課第四係)』EpisodeIII-3(第7回)「特別警護を完遂せよ」メモ [つれづれなる・・・日記?]
あいも変わらずのSPです。次のエピソードに期待しますわ。 [続きを読む]

受信: 2007年12月17日 (月) 22時32分

» 【ドラマ感想】SP 警視庁警備部警護課第四係 第7話「特別警... [読書とジャンプ]
「よう 正義の特撮ヒーロー」「何だよ 地味で女にもてないジェームスボンド」前回までの粗筋が長すぎって思われる方が多いようですが、私にとっては密かにありがたいです。最初の数分過ぎたあたりで、「やべっ!今日SPある日だった!( ̄□ ̄;)!!」って飛び起きる...... [続きを読む]

受信: 2007年12月18日 (火) 18時58分

» 事件はビッグサイトで起きるんだ!(SP〜警視庁警備部警護課第四係#7) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『SP〜警視庁警備部警護課第四係』書き直せ〜 {{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ〜〜〜〜〜 の庶務係・原川@平田敦子が44歳だったとはもっと若いと思った(爆)ジョン@多田淳之介とリンゴ@日下部そうの下手な芝居にまんまと騙されて、車に発信機を付けられちゃった(爆)...... [続きを読む]

受信: 2007年12月18日 (火) 19時54分

« もげまして、もげのためのもげによるもげのもげ、モゲナラ・・・。(北川景子)VS私は・・・欺いた。(加賀美早紀) | トップページ | 修羅の世界に咲いた一輪の花・・・散りとても・・・。(貫地谷しほり) »