« ひょっとこちょいな私ですがばんがります。もげっ。(北川景子)VS私を・・・信じて。(加賀美早紀) | トップページ | 天と地とで挟み撃つのでござりまする。(山本勘助)VS乱心法張剣の術じゃっ。(Gackt) »

2007年12月 9日 (日)

悪の匂いがするのです。(岡田准一)VS天使は中性なのか両性具有なのか。それは徳と悪徳?

天使といえば「ドリ☆アゲ」の児玉清だが・・・死後の世界の創作はフィクションの基本中の基本。基本的に最も信じられる事実・・・人間はいつか死ぬということに対しての未来予測である。ほぼ確実にその時、自分は消滅するのだが・・・そうではないかもしれない・・・という空想がそそるのである。

単純にこの空想の魅力は「死の恐怖」からの逃避と「定かでないものへの好奇心」の追求という両輪に支えられている。

まあ・・・死ぬと児玉清に会えるかもしれない・・・という空想に喜びを見出す人はどれほどパネルアタックを愛していることか・・・計り知れない。

キッドはそれほどではないので・・・加藤あいと志田未来という逸材を無駄使いしているドラマにしか・・・見えないのである。

で、『機動戦士ガンダム00・第10回・ガンダム鹵獲作戦』(TBSテレビ071208PM6~)脚本・黒田洋介、演出・榎本明広を見た。いきなりラブコメ展開である。沙慈とルイスのセブンティーンな守備・攻撃にルイスのママがモンスターペアレンツモードで参入・・・。この通俗的な世界の上空でガンダム鹵獲作戦進行中なのであるが・・・これはオーソドックスな「すぐそこにある危機」という演出。しかし・・・すぐにあらすじに入るのでピンとこない子供も多いのではないだろうか。

人革連はおそらく中国がロシアとインドを併合した国家だと思われる。ロシア系のセルゲイが有能らしいのに出世コースから外れているのがその証拠だ。そのセルゲイに下された命令は「ガンダムの情報入手」である。人革連が世界同時革新(世界征服の事・・・昔は世界同時革命と言ったりした)を敢行するために次世代兵器を欲っするからだ。

セルゲイは「ガンダム鹵獲作戦」を立案し・・・実行する。①索敵・・・通信装置に対する障害を逆利用して敵拠点を探知。 ②敵戦力を模索しながら奇襲により戦力の分散を促す ③敵の位置の秘匿を意図する分散行動に乗じて戦力を集中。④敵主力を牽制しつつ、孤立した敵を包囲、ガンダムを鹵獲。

そして・・・ついに捕獲されてしまうアレルヤのキュリオス・・・なのだが・・・とにかく・・・ナノマシーン干渉はアレルヤと鉄人桃子の間で発生していたらしい。

ガンダムをほぼ無傷で手に入れたセルゲイなのだが・・・どう考えても危険だろ。

そこへ駆けつけたティエリアのヴァーチェ・・・キュリオスの捕獲を知ると補給艦ごと殲滅を決断。しかし、鉄人桃子にはばまれる。接近され、重武装ゆえの鈍重さに次々と武装解除される失態である。

そして奥の手を出すのだった。「自分で脱ぐっ」のであった。ハダカになったヴァーチェはナドレとなる。ナドレ(ネィティブアメリカンの伝承的アンドロギュノス)は赤い髪を振り乱し・・・もげっ・・・なのであった。すごいイメージだな。レイプされそうになった魔女かっ。

思わぬ隠し技に部隊は殲滅の危機に。

一方・・・目覚めたアレルヤは凶暴な人格ハレルヤが覚醒・・・どうやら・・・人革連の施設で虐待された過去があるらしく・・・その攻撃性は残忍なレベルに・・・。

輸送艦を内部から切り刻み撃破。退却中の鉄人セルゲイ機と鉄人桃子の退路を遮る。

洗脳の強い若手パイロットの鉄人はセルゲイを逃すために盾となろうとするが・・・ハレルヤは殺戮に暗い喜びを感じつつ敵を嬲り殺す。

うーん・・・ちょっと素敵。

戦力は合流し危機を脱したSB部隊だが・・・「予定にないのに脱いじゃったぁぁぁぁ」と自我が崩壊したティエリア。「二重人格の人が悪魔みたいでこわいよ。こわいよー。シクシク」と絶望するアレルヤ。「私・・・またミスしちゃったの。もうしなと誓ったのに・・・えーん、えーん」と幼児退行する指揮官・・・大丈夫か・・・SB・・・。

影の実力者は「なんたる失態」とちょっと憤激するのだがさらに影の影の実力者は・・・「まあ・・・滅びるのも一つの方向性だし・・・」と他人事なのであった。

とにかく・・・ガンダムマイスターたちはちょっぴりダメ人間集団らしい・・・。

で、『SP・第六回・Ⅲ-2』(フジテレビ071208PM1110~)脚本・金城一紀、総監督・本広克行を見た。基本的には「韓国でハイライトを売っているのか」と言われてもポールとジョージは無視すれば良かったと思うのだが・・・ドラマだからな・・・。

プールのシャワーを飲んだりする人ばかりじゃないが皮膚から浸透する薬物を使用するとしても・・・ってぶっさんの妄想かよっ・・・まあ・・・事件を未然に防ぐ・・・危機の見せ方としてはギリギリの手法だが・・・結局・・・ターゲットを狙うプロのヒットマンは排除するのではなく・・・消滅させる必要があるのであり・・・法務大臣が・・・刑法に基づく死刑の執行に躊躇するような国ではもはや・・・テロリストはやりたい放題ってことですよね。

もちろん・・・秘密警察は恐ろしい・・・しかし・・・敵工作員がもっと恐ろしいとしたら・・・人が人間である限り・・・この矛盾からは逃れられないのだな。

このドラマはリアルとロマンの間でもがいているのだな。エレベーターの中の格闘は小柄なぶっさんに有利なわけだが・・・あえて廊下に・・・一般市民を巻き込む怖れはあったのだが・・・とにかく・・・いつか・・・手錠を携帯しないことが仇になってぶっさんは殉職する・・・というフリは充分だな。だってあそこにジョンとかリンゴが参戦したら確実にアウトでしょう。

だから・・・無防備相手に四人・・・護衛付に二人・・・という作戦の矛盾が・・・ま・・・ドラマだからな・・・。

ここでも「すぐそこにある危機」の演出・・・ボーリング場にテロリスト、釣堀にテロリスト、ホテルのロビーに公安である。雰囲気はいいのだがなあ・・・なんか・・・残念な展開。あらすじ多いし・・・結局・・・完全版をDVDで楽しんでねっ・・・というビジネスなのか。ま、キッドもレビューしていなければ最終回まで録画して・・・まとめ見するけどな。

書~き~直せ~と言われたら書~き~直~し~ま~す~と答えるべきだと思う人はコチラへ→ikasama4様のSP

関連するキッドのブログ『先週の土曜日のレビュー

『ちりとてちん・10-6第60回』ある意味で区切りの回である。おかしな人間が一生懸命生きている・・・そのいじらしさが落語の本質・・・かどうかは別として・・・強い母の力に守られすぎて・・・せせこましい人間になってしまった若狭の本当の冒険はここからちりとてちんなのであった。一方・・・色恋のぬめぬめ感を一手に引き受ける上沼ナレ・・・。もはやグロテスクのレベルに達していて・・・実はこのドラマは怪談なのかもしれないとぞ思う今日この頃・・・。とにかく若狭は修行に励めよっ。それにしても→ライオン丸・・・いやさ、土佐屋尊建(波岡一喜)・・・またチンピラか・・・またしてもや・ま・し・た~なのかーっ。10-5

月曜日に見る予定のテレビ『ガリレオ』(フジテレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« ひょっとこちょいな私ですがばんがります。もげっ。(北川景子)VS私を・・・信じて。(加賀美早紀) | トップページ | 天と地とで挟み撃つのでござりまする。(山本勘助)VS乱心法張剣の術じゃっ。(Gackt) »

コメント

警護課第4係の最大の敵は
テロリストや見えない敵ではなく
原川さんではないかという事に最近気付きました(笑)

あの威圧感は圧巻ですねぇ。

やっぱ井上は前言撤回して
大橋さんに株の買い方を学んだ方がいいかもしれないですね(苦笑)

投稿: ikasama4 | 2007年12月 9日 (日) 23時52分

「SP・・先生・・ドラマってこんなものなんですか」(麗)
「ゴボっ、大都芸能なんて、そんなものよ」
「ほやけんど、あのボーリング。
 真ん中から投げたら⑥⑦スプリット、
 取れまへんがなぁ~」(小次郎)
「ええんかの~、ほんなもんで」(正典)
「フフフ・・そんな事より、
 あなた方は、まだA子の恐ろしさに気付いてないの?
 ・・・A子、なんて怖い子なの」
「先生、私はどうしたら・・」(B子)

あの雷のシーン、車の故障(工作)で舞台に間に合わなかった月影劇団を、なぜか思い出した次第。
気になるのは、土曜スタパで貫地谷嬢が上沼さんに出演して欲しいと言っていたこと。
ああ、止めてくれ~~

投稿: シャブリ | 2007年12月10日 (月) 00時35分

✥✥✥ピーポ✥✥✥ikasama4様、いらっしゃいませ✥✥✥ピーポ✥✥✥

レスが遅くてすみません。
ものすごいⅢ-3になっていました・・・。
まあ・・・エンターティメントとしては
やりすぎの展開ですが
欲を言えば・・・
きっちり死体となった警護対象・大橋を
見せるべきだったと思いますが・・・。

ここまでの間抜けな展開は
すべてこのオチを見せるためだったのか・・・。

それとも黒幕の怖さを見せるためだったのか・・・。

それにしても公務員の限界オチとは・・・。
キッドは自首して
拘置所警護という
展開もありだったかな・・・
と思いましたよ。

投稿: キッド | 2007年12月16日 (日) 02時53分

▯▯black rabbit▯▯シャブリ様、いらっしゃいませ▯▯black rabbit▯▯

ふふふ・・・SPは
Ⅲ-3でものすごいことに
なっていますが
その前夜の
佐世保の事件が
面白すぎて
いろいろな意味でこわいオチに
なってましたね。

ちりとてちんは
またしてもタイムワープワザ。

一挙に2年かよ・・・。

未だに若狭のアンチヒロインぶりは
凄まじいですが・・・。

ワープして上沼になっている
悪夢だけは。・゚・(ノД`)・゚・。 ヤメテー!

投稿: キッド | 2007年12月16日 (日) 02時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/9327299

この記事へのトラックバック一覧です: 悪の匂いがするのです。(岡田准一)VS天使は中性なのか両性具有なのか。それは徳と悪徳?:

» SP 第6回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『暗殺者を確保せよ』 [続きを読む]

受信: 2007年12月 9日 (日) 22時05分

» SP 第6話 [エリのささやき]
どうしても分からなかった点がひとつ。 [続きを読む]

受信: 2007年12月 9日 (日) 22時05分

» SP(エスピー) 第6話 「暗殺者を確保せよ」 [テレビお気楽日記]
急にパソコンを買ってこいと言い出す大橋(片桐仁)。絵里(真木よう子)が出掛けるとオレンジジュースをこぼして着替えに行き、部屋を抜け出してしまうのでした。 [続きを読む]

受信: 2007年12月 9日 (日) 22時10分

» SP 第6話:暗殺者を確保せよ [あるがまま・・・]
アイゴ〜!オーw( ̄Д ̄*)マイ(* ̄Д ̄)∂ガット!! せっかくヨンさまもどきの韓国人に変装したのに、ハイライトのせいで バレてやんの{/face2_full_m/} やたらジョージの喫煙シーンがあったのは、ここに繋がってたのか〜(笑)。 でもね、いくら井上からハイライト突っ込みをされたとしても 無視すればいいのに、何であんな狭いとこで襲い掛かったんだろ? また変装してチェックインしなおせば良かったのに、あまりの 進展の無さに仕事を焦ったのか?何だか、おまぬけだ事・・・{/rabi_lose/... [続きを読む]

受信: 2007年12月 9日 (日) 22時16分

» 『SP』 第6話 [美容師は見た…]
「切っても殺しても事件にならないものって何~んだ」と言う井上に、山本は解らず「ちょっと、答え教えてくれよ~」(^_^;)ヤッパリ「毒見しますか?」と嬉しそうに訊く山本に「いいよ~!」と大橋。これは勿論NOの「いいよ」です(笑)大橋はジュースをわざとこぼし「着替えてくる... [続きを読む]

受信: 2007年12月 9日 (日) 22時54分

» 井上薫の壮大なる妄想(SP〜警視庁警備部警護課第四係#6) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『SP〜警視庁警備部警護課第四係』「切っても殺しても事件にならないものって、な〜んだ?」今週は毒味ができず、ちょっとがっかりな山本@松尾諭wわざとジュースをこぼし、大橋正次@片桐仁(ラーメンズ)は逃走書き直せ〜 {{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ〜〜〜〜〜 庶務...... [続きを読む]

受信: 2007年12月 9日 (日) 23時43分

» SP 警視庁警備部警護課第四係 第6話 [渡る世間は愚痴ばかり]
身辺警護にSPも交代制ならば殺し屋さんも交代制(笑) [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 00時02分

» SP 警視庁警備部警護課第四係 第6話 [渡る世間は愚痴ばかり]
身辺警護にSPも交代制ならば殺し屋さんも交代制(笑) [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 00時11分

» 「SP」(Episode 3-2:「暗殺者を確保せよ」) [鉄火丼のつれづれ日記]
12月8日の「SP」は前回の続きで、井上(岡田准一)らが引き続き大橋(片桐 仁)の警護に当たる、というものだ。今回は前回からの続きであったものの、いい話であったと鉄火丼は思っている。中でも、印象に残ったシーンは2つあるが、その2つとは…?... [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 01時03分

» SP 第6話 [アンナdiary]
2話から見れていない私(ほとんど見てないじゃん・笑) ついていけるのか?心配だったけど、どうも他のブロガーさんの感想を見ると 話が進展していないようで、イライラしている模様(笑) 初回しか見ていないので、話が進展していないなんて思わずに見れました(爆) でも、ストーリーが良くわかりません(笑) ... [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 01時23分

» 【ドラマ感想】SP 警視庁警備部警護課第四係 第6話 [読書とジャンプ]
尾形係長と井上が会話して、テロリストと格闘して………………………………とにもかくにも同じ画面にいるだけで 満足しちゃう罠!(笑)「ターゲットがいい人キャラになる前に早く殺しちゃってぇなぁ」「あなたを死なせるようなことは絶対にしません。約束します。」よく...... [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 07時47分

» ・フジ「SP 警視庁警備部警護課第四係」第6話 [たまちゃんのドラマページ]
2007年12月8日(土)23時10分から、フジテレビで、「SP 警視庁警備部警護課第四係」第6話(「暗殺者を確保せよ」)が、放送されました。(今回は「EpisodeⅢ−2(3−2)」) いやー!堤さんが、良かったよ。堤さんファンの私は、出演シーンが多くて、大...... [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 10時55分

» 片桐仁さんの似顔絵。「SP(エスピー)」第6話 [「ボブ吉」デビューへの道。]
●「SP SECURITY POLICE 警視庁警備部警護課第四係」第6話 「暗殺者を確保せよ」 あの「なぞなぞ」って、意味あったんスね。 「切っても殺しても、事件にならないものって、な〜んだ?」 「いくらモノを盗っても、警察に捕まらない職業、な〜んだ?」 カメラマンとか、漁師とか、呑気に考えてる 場合じゃなかった(笑) いくら事件が起きても、いくら状況証拠が揃ってても それを「テロ」とは認めないという、隠ぺい体質、 事勿れ主義を、作者が皮肉ったものですね。 それ以前に警察ってところは、何かが... [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 12時51分

» 「SP 警視庁警備部警護課第四係」第六回 [トリ猫家族]
 第一回からのあらすじ、毎回流してくれなくてもいいよ・・ しかも長いし!その分、本編やってくれた方がいいわぁ〜  さて、朝の勤務交代の時にすかさず山本(松尾諭)に 「切っても殺しても事件にならないものってな〜んだ?」なぞなぞを出す井上(岡田准一)。 「o...... [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 13時15分

» 「機動戦士ガンダム00」第10話 [日々“是”精進!]
♯10「ガンダム鹵獲作戦」プトレマイオスのクルーで、作戦の立案や指揮を担当する”戦術予報士”のスメラギは、執拗な人革連の追撃に苦悩する・・・。「ガンダムナドレ、目標を消滅させる!!!」ヴァーチェの覚醒とハレルヤの目覚め。翻弄されるガンダム。アレルヤとソー...... [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 16時13分

» ドラマ『SP』#6 [Cold in Summer]
土曜23:10-  11月3日〜 フジテレビ系「SP」 ・総監督 本広克行(「踊る大捜査線」)  ・脚本  金城一紀(直木賞作家・「フライ・ダディ・フライ」) 間が空いた上に、なんと最初の10分くらい観れなかった。゚(゚´Д`゚)゜。ウァ...... [続きを読む]

受信: 2007年12月13日 (木) 16時45分

« ひょっとこちょいな私ですがばんがります。もげっ。(北川景子)VS私を・・・信じて。(加賀美早紀) | トップページ | 天と地とで挟み撃つのでござりまする。(山本勘助)VS乱心法張剣の術じゃっ。(Gackt) »