« 私は広末涼子・・・時の流れを越えて未来からやってきた・・・泡にまみれてよ~。よし、行くぞっ。 | トップページ | パパは私に「ママは超新星で爆発しちゃった・・・」とお話してくれました。(八木優希) »

2008年1月14日 (月)

おいどんもおはんも禁じられた遊びをしているのでごわす・・・。(宮崎あおい)

・・・結局、去年の後半はずーっと大河ドラマをレビューし続けたのだが・・・できれば今年はもう少しスルーしたい・・・と思うものの・・・見てしまうと・・・これがなかなかにいいので・・・困るのである。ケータイ刑事姉妹の嫁姑の頃までは静かにしていたいのに・・・。

結局・・・調所(平幹二郎)と心が通じ合っていたのは・・・篤姫(宮崎)だけ・・・という・・・まあ・・・ヒロインに都合のいい展開なのだが・・・これがいい・・・心を鬼にして悪を為すものは・・・その秘め事を誰かに・・・せめて一人だけでもいいから・・・わかっていてもらいたい・・・それが賢く幼顔の姫であったら・・・調所・・・死んでも悔いなどありもはん・・・なのですね。

そして・・・幼い姫は桜島の見える丘に心尽くしのお墓を作ってあげる・・・もう「禁じられた遊び」のメロディーが妄想脳内に響き渡る展開です。

で、『篤姫・第二回』(NHK総合・080113PM9~)原作・宮尾登美子、脚本・田渕久美子、演出・佐藤峰世を見た。例によってシナリオにそったレビューはikasama4様を推奨します。今回は調所一族をいい加減に薩摩の人々は赦免してあげればいいのに嘆願書つきです。

実は今回はマップを作ろうと思ったのだが・・・土曜日があまりにも猛攻撃だったのでタイムリミットになってしまった。去年は九州はほとんど無関係の歴史的展開だったので・・・実は作ろうと思えば作れるのであるが・・・加減がまだ難しい。これから・・・歴史は薩摩と京都と江戸で展開していくのだが・・・長州と土佐もどうしても視野にいれねばならずにはいられないだろうし・・・マップに乗せるイラストのキャスティングもごにょごょなのである。まあ・・・坂本竜馬がオレ様なのでお龍はあの方とか・・・徳川家定が航兄なので篤姫はあの方とかは決まっているのですが・・・。

さて・・・今回は「戯れのお墓」の妄想である。前フリで「禁じられた遊び」と書いたけれど、映画「禁じられた遊び」(1952)である。もう・・・50年も前の話なので・・・うかつに通じるとは思えない。ルネ・クレマンのこの珠玉の名作に触れないで一生を過ごす人も多いだろう・・・フランス人なら想像もつかないが・・・日本人ならありうる。第二次世界大戦・・・ヨーロッパの戦場で独軍戦闘機の機銃掃射で両親を失ったポーレットと農家の少年ミシェルの淡い小さな恋のメロディー・・・死んだ子犬のために墓を作った二人は・・・密かなお墓ごっこに興じていくのだ。そして、そこに流れるのがギターの名曲「禁じられた遊び」である。

それなのに・・・お若い方にはアニメ「ローゼンメイデン」(2004)のオープニング主題歌であるALIPROJECTの「禁じられた遊び」を連想される恐れはあるのだ。

薔薇の首輪つなげて 銀の鎖くわえて
今宵もひとり果てる あなたが憎らしい
跪いてお嘗めよ 苦い愛の雫を
天使に施す青いドレサージュ

それでは・・・違うのである。

また・・・逆に山口百恵の「禁じられた遊び」(1973)を連想する人もいるかもしれない。

恐くない 恐くない
あなたとだったら 何でも出来る

離れない 離れない
あなたとだったら 何処でも行ける

惜しくない 惜しくない
あなたが望めば 何でも捨てる

それも・・・ちょっと違うのである。

もちろん・・・「禁じられた遊び」の日本語歌詞は後付なので・・・何種類かあるのだが・・・。

十字架たてて 花をかざり
二人きりで 遊んだ日の
忘れられぬ あの思い出
胸にひそめて

これを連想してもらわないと意味ないのである。篤姫は後の小松帯刀(瑛太)と二人・・・。十字架の代わりに簪をたてて・・・愛しいものの生を偲ぶ・・・名場面です。

島津の悪い御殿様ぶりに対して・・・ただの悪い家老ではなかった調所の汚名挽回の物語の完結ですからーっ。

もっとも・・・「ローゼンメイデン版」でも

そして わたしの目を塞いだら
誰よりやさしく 名前を呼んで
その時知るでしょう 永遠の意味を

なんていう続きがあって・・・そこそこ意味通じるところが・・・「禁じられた遊び」という言葉に秘められた連鎖の面白いところなのです。

まあ・・・ジェネレーション・ギャップというものは根性で克服しないといけないものだというキッドの信念を申し上げたかったのでございますよ。

調所の悪事の象徴である「偽造貨幣」を形見として託された篤姫・・・埋めちゃうのかよっ・・・とツッコミ入れないで・・・その天真爛漫さに萌えるポイントなのです。

さて・・・今回・・・調所は悪玉を装った善玉として描かれるわけですが・・・そのためにお由羅様(涼風真世)の呪詛調伏についてはきっぱりと「知らない」宣言しているのです。しかし・・・なにしろ・・・広郷は養子とはいえ・・・藤原北家・藤原調所恒親の末裔・・・。巨根伝説の魔人・道鏡と呪術合戦を繰り広げ、勝利した魔の一族でございますからね。簡単には信用できません・・・。呪詛調伏はお手のものだったはず・・・。そうでなければ密貿易の首領として・・・悪党どもを束ねられないでしょうからね・・・。もちろん・・・自殺後も反魂の術によってしばらくは・・・薩摩を影から支配していたはず・・・。くのいちにして魔女のお由羅様が・・・政変の後もなんなく生き延び・・・さらには久光の母として天寿を全うしていることがさもありなん・・・なのである・・・だからぁ・・・そーゆーこと言うからぁ・・・調所の汚名挽回ができないんだろうが・・・。・・・だって面白いんだもーん。

魔人・調所「ふふふ・・・我が身は滅びても鬼道をもって薩摩を守護せり」

魔姫・由羅「ほほほ・・・我が身にこもりし調所様の怨念・・・久光めが見事継ぎましょうぞ・・・。憎き江戸幕府を必ずや消滅させてごらんにいれまする・・・・」

・・・っていう感じ? 平幹と涼風なら・・・簡単に妄想できます。

関連するキッドのブログ『第一回のレビュー

火曜日に見る予定のテレビ『貧乏男子 ポンビーメン』(日本テレビ)・・・『ハチクロ』『あしたの・・・』(フジテレビ)『キューティーハニー』(テレビ東京)・・・も、もう火曜日ですか・・・。

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 私は広末涼子・・・時の流れを越えて未来からやってきた・・・泡にまみれてよ~。よし、行くぞっ。 | トップページ | パパは私に「ママは超新星で爆発しちゃった・・・」とお話してくれました。(八木優希) »

コメント

たしかに航兄が出てますので
月山にも出て欲しいとこですが
この時代だと「人斬り・修羅雪姫」として活躍しそうな気がします(笑)

「禁じられた遊び」

今回のドラマの話と結構あってる感じがしますね。


でもって、魔人ですかぁ。

もしかしたら加納随天の生まれ変わりかもしれませんね(笑)

まぁ実は伴氏の流れを汲む肝付氏とも
考えられなくはないですね。

まぁはっきり言えるのはこの当時
薩摩には暗躍する鬼がたくさんいたって事なんでしょう。

投稿: ikasama4 | 2008年1月15日 (火) 00時43分

✥✥✥ピーポ✥✥✥ikasama4様、いらっしゃいませ✥✥✥ピーポ✥✥✥

去年は戦国魂爆発でしたが・・・。

今回は好きな役者の連打に
ちょっと離脱不可能になっております。

人物の対比も王道で気持ちいいし
なかなかによどみない序盤ですね。

西郷どんの扱いもなかなか理にかなっている。

小松がずーっと片思いをしていくかと
思うと・・・
宮崎あおいの小悪魔ぶりが
ものすごいインパクトでございます。

まさにスッピンの魔術師です。

それにしても・・・平幹を相手に
堂々たる役者ぶり・・・。
宮崎あおいをチョイスした時というものの
恐ろしさを感じますね。

それとは別に・・・
調伏調伏と飛び交う
まじない用語・・・そそります。
妄想爆発です。

ああ・・・イギリスとの一戦は
華々しくやってくれるのかしら。

どどーんとやってもらいたいのです・・・。
・・・気が早すぎでした。

投稿: キッド | 2008年1月16日 (水) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/9888477

この記事へのトラックバック一覧です: おいどんもおはんも禁じられた遊びをしているのでごわす・・・。(宮崎あおい):

» 篤姫 第2回 調所、最期の役割 [レベル999のマニアな講義]
内容今和泉島津家当主・忠剛の努力と自宅謹慎により、財政危機は去り、お取りつぶしの危機は脱した。そして、薩摩本家もまた調所広郷による財政改革も終わろうとしていた。だが、藩士、領民たちへの締め付けにより苦しむ人々の憎しみは、調所を重用する藩主・斉興、側室・...... [続きを読む]

受信: 2008年1月14日 (月) 23時17分

» 薔薇のない花屋 第1話 [渡る世間は愚痴ばかり]
キタ━━(゚∀゚)━━!!! キタ━━(゚∀゚)━━!!! キタ━━(゚∀゚)━━!!! キタ━━(゚∀゚)━━!!! キタ━━(゚∀゚)━━!!! [続きを読む]

受信: 2008年1月14日 (月) 23時37分

» 篤姫 第2話 「桜島の誓い」 [渡る世間は愚痴ばかり]
斉彬の助力により、抜け荷に贋金作りと 薩摩藩の不正の証拠を握った老中・阿部 [続きを読む]

受信: 2008年1月14日 (月) 23時52分

» 「篤姫」第二回「桜島の誓い」 [つれづれ さくら日和]
「お由羅騒動勃発」と言うような話だったように思いますが、今回のサブタイトルは「桜島の誓い」。 於一が、藩で起きた悪事の全てを背負って自害した調所の仮の墓を桜島が見える場所に作るのですが、その時於一が心の中で感じ、誓ったこと、と言うことなんでしょうね。 自分に与えられた役割、そして覚悟、天命。 誰かの罪を被り一生を終えることなど、天が望むわけがない。 同じ藩の者同士が対立し、争うことなども。 そういう憤りが、若い於一のこれからの何か原動力に繋がっていくんですね。    私の心は私のもの。    ... [続きを読む]

受信: 2008年1月15日 (火) 01時09分

» 明治維新の礎・調所広郷!! [函館 Glass Life]
於一の父、忠剛は何とか藩からの処分を免れました{/hamster_2/} 当時は貧困の恨みが、藩主・島津斉興や側室・お由羅 に向かっていたのです{/dododo/} とりわけ調所広郷には風当たりが相当強かったでしょうね。 呪詛により島津斉彬の子供が四人も亡くなるとは、偶然を 通り越しています。 おそらく毒殺されたに間違いないでしょうね{/kuri_5/} 斉彬擁立派がいきり立つのも仕方ありません{/etc_fire/} 質素倹約と年貢の取立てと密貿易で500万両の借金を 返したのですから、調所広郷... [続きを読む]

受信: 2008年1月15日 (火) 08時09分

» 篤姫〜第2回・役割! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
篤姫ですが、冒頭で調所広郷(平幹二朗)の財政建て直しについて解説されます。調所は巨額の負債を抱える薩摩藩財政をあらゆる手段を使って建て直すわけですが、その中に250年分割返済まであります。これは事実上の踏み倒しで、幕藩体制継続していたら未だに完済していないことになります。(大河ドラマ篤姫、第2話・桜島の誓い、感想以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2008年1月15日 (火) 16時03分

» 篤姫#2 [MEICHIKUえんため・ぶろぐ]
今回は18:00からのBS-hiで見ました。同じ番組が異なるチャンネルで時間がずれて放送されているというのはありがたい所ですね。(WOWOWをはじめ、他局の裏番組に応じて、今後も視聴時間を選んでいくことになるが、基本はBS-hiのつもりです。) まだ始まったばかりということ..... [続きを読む]

受信: 2008年1月15日 (火) 22時30分

» 「篤姫」第2回 [日々“是”精進!]
第二回「桜島の誓い」於一の父の忠剛はひたすらに謹慎し、家政の改革に励むことで藩からの処分を何とか免れる。家老の調所による藩財政の再建は着実に進み、借金も完済した。だが一方で、藩士や農民たちの生活は困窮を極め、吉之助や正助ら若い藩士たちの間では、調所を重...... [続きを読む]

受信: 2008年1月16日 (水) 06時17分

« 私は広末涼子・・・時の流れを越えて未来からやってきた・・・泡にまみれてよ~。よし、行くぞっ。 | トップページ | パパは私に「ママは超新星で爆発しちゃった・・・」とお話してくれました。(八木優希) »