« 先は長いの。(三津谷葉子)ケータイ捜査官には負けたくない。(真木よう子) | トップページ | 薔薇・・・(上野樹里)百合ですって言っちゃったりなんかしちゃったりして~(広川太一郎) »

2008年4月 4日 (金)

なぜオレのタマを崇めないのだ?(中山優馬)世界で一番安全な不時着。(上戸彩)

さて・・・木曜日は「ラストフレンズ」という・・・シンデレラVS雑草の激突する・・・謎のドラマがあるわけだが・・・一足先にNHKが木曜時代劇を木曜現代劇に換えてきたのである。

「ベストセラー」を「ジャニーズ」で・・・というミもフタもない展開である。

しかも・・・中学一年の男の子の友情物語である・・・腐女子でショタなのである。

こんな変態の物語を・・・それは違うだろう・・・堂々とゴールデンで・・・NHKのなみなみならぬ決意というか下心が窺えるのだな。

一方・・・長澤シンデレラまさみの相方である大塚スペシャルちひろをほぼ主役に据えた「アテプリSP」・・・とにかくあんぱんち様出演作なのでレビューしないわけにはいかないのでございます。

で、『バッテリー・第一話』(NHK総合080403PM8~)原作・あさのあつこ、脚本・相良敦子、演出・清水一彦を見た。小学校六年の最後の春休み・・・原田巧(中山)は岡山の田舎に引っ越してきたのだった。まあ・・・中山はギリギリ・・・小学生に見えなくはない。次回は中学生なので・・・違和感は減少するだろう。

小学校の野球大会で・・・巧の剛速球を目撃した永倉豪(高田翔)は巧に一目惚れ・・・その巧が近所に引っ越してくると知り・・・もうなんだかいてもたってもいられないほど興奮してしまうのだが・・・小学生なので・・・ストーカーになっても大丈夫なのである。

ちなみに豪はキャッチャーなのである。野球ではピッチャー(投手)とキャッチャー(捕手)のペアのことをバッテリーといいます。

豪の願いはただひとつ・・・「巧の剛速球をキャッチしてみたい」・・・ということだ。

ちなみに剛速球をとれないのはピッチャーのコントロールが悪い場合もあるが・・・この場合はあまりに巧のストレートが早いので・・・キャッチャーが恐怖を感じるからなのである。

しかし・・・ボールをキャッチするからキャッチャーなのであり・・・キャッチャーとしてはすごいタマほどキャッチしたいものなのだ。もう・・・ズバーンとズシーンとメリメリッと受け止めたいのである。

さて・・・巧は・・・少し・・・心に鬱屈を抱えている・・・。口うるさい上に・・・野球嫌いな母親(斉藤由貴)をもてあましているし・・・体の弱い弟・青波(森本慎太郎)がちょっと面倒くさいのである。もちろん・・・母親に「くそババアだまってろっ」とか弟に「お前・・・うざいよ」とかは言ったりしないのだが・・・一歩間違えば言いそうなムードなのだ。

それは「オレのタマは最高なんだ・・・」と信じているからなのだ。

そして・・・「野球がこの世で最高の真理なんだ・・・」と知っているからなのである。

豪は愛するものの勘で巧の心理を読み取り・・・とにかく一回だけでも捕らせてくれと泣きつくのである。

巧「しょうがねえな・・・一回だけだぞ」

豪「う・・・捕れそうなのに・・・お願い・・・もう一回だけ・・・ね・・・ねぇぇぇぇぇ」

巧「お前には無理なんだよ」

豪「そんな・・・寂しいこと言うなよ・・・お前だって捕ってもらいたいくせに・・・」

・・・いかにも腐女子が好みそうな展開である。

そして・・・ついに豪は巧をキャッチ・・・。ところが・・・豪は進学校に進学するために・・・巧とはバッテリーを組めないと宣言する。

豪「私・・・あなたのこと・・・世界で一番愛している・・・だけど・・・住む世界が違うのよ・・・」

巧「何だよ・・・それ・・・?」

・・・なのである。

もちろん・・・それでは話が進まないので・・・豪は教育ママを振り切り・・・巧と同じ中学に進むことにするのだった。

豪「あんなものみせられたら・・・ママの言うことなんて・・・聞いてられないよ」

巧「もう・・・お前を離さない・・・」

・・・まあ・・・とにかく・・・矢島繭(宮崎香蓮)とか・・・伊藤春菜(梶原ひかり)とか・・・女子の出番はあまりなさそうな・・・スタートなのだった。

・・・おじいちゃん(石橋蓮司)がおじいちゃんだけに・・・オタマとかの使用は差し控えてもらいたいものだ・・・映画「牛頭」を見ていない人にはわかりません・・・。

亀ちゃんがガイドしていたのだからもっとストレートに楽しみたい方はコチラへ→エリお嬢様のバッテリー

関連するキッドのブログ『タッチ

で、『アテンションプリーズスペシャル オーストラリア・シドニー編』(フジテレビ080403PM0930~)原案・上條逸雄、脚本・今井雅子、演出・佐藤祐市を見た。・・・なんていうか・・・可もなく不可もない・・・お手本のような・・・スペシャルドラマなのだった。

美咲洋子(上戸彩)と若村弥生(相武紗季)と関山有紀(大塚ちひろ)の同期生キャビンアテンダントの友情と成長の物語・・・。

美咲は生意気な後輩・上野(清水由紀)に煽られて発奮・・・若村と関山を引きずりまわすが・・・若村は家庭の事情・・・関山は恋愛関係で・・・悩んでいた・・・。

そこで・・・お互いを傷つけることに・・・しかし・・・スケジュールが合わなかったのか・・・回想シーンしかなかった中原(錦戸亮)との遠距離恋愛で美咲も悩んでいたのだった。

そこで仲直り・・・ついでに堤(小泉孝太郎)が関山にプロポーズしたりするのだった。

最後・・・ちょっとした故障による・・・スリリングな展開があって・・・「命懸けのビジネス」をアピール・・・そして・・・見事に成長したトリオの実力を見せ付ける・・・である。

視聴率が13.3%というのは微妙だが・・・海外ロケが楽しい人たちがいるので・・・続きはあるかもしれない・・・。「のだめ」と「アテプリ」・・・そして「P大作戦」・・・フジテレビのドラマスペシャル・・・海外編・・・だらけであるな・・・。まあ・・・そういうコンテンツ作りがお家芸なのかも・・・しれません。

あんぱんち様探しに熱中したあなたはコチラへ→アンナお嬢様のアテンションプリーズSP

でもやはり見つからなかったあなたはコチラへ→まこお嬢様のアテンションプリーズSP

関連するキッドのブログ『アテンションプリーズ』『アテンションプリーズ最終回

土曜日に見る予定のテレビ『SPスペシャルアンコール特別編』・・・新撮プラス総集編なのか・・・あこぎだな・・・『ロス:タイム:ライフ』(フジテレビ)『2クール』(日本テレビ)『東京フレンズ The Movie』(TBSテレビ)・・・土曜日は新枠登場なのか・・・。

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 先は長いの。(三津谷葉子)ケータイ捜査官には負けたくない。(真木よう子) | トップページ | 薔薇・・・(上野樹里)百合ですって言っちゃったりなんかしちゃったりして~(広川太一郎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/12262428

この記事へのトラックバック一覧です: なぜオレのタマを崇めないのだ?(中山優馬)世界で一番安全な不時着。(上戸彩):

» バッテリー 第1話 [エリのささやき]
あさのあつこさんのベストセラー「バッテリー」がドラマ化。 [続きを読む]

受信: 2008年4月 4日 (金) 16時31分

» アテンションプリーズSP〜オーストラリア・シドニー編 [あるがまま・・・]
あの破天荒CAが帰って来た!! コアラもあきれる…南半球で3人娘が大暴走!! さよなら三神教官…涙の別れ アテンションプリーズSP〜オーストラリア・シドニー編 連続ドラマ「アテンションプリーズ」のスペシャル第2弾。 シドニーを舞台に、国際線の経験も積んだ客室乗務員の主人公の奮闘を描く。 洋子は同期の弥生や関山らとともに国際線の客室乗務員として活躍していた。 フライトを終えた洋子たちは"ブームアップ委員会"のメンバーに選ばれたことを知る。 会社を挙げてイメージアップに取り組むために、客室乗務員からも... [続きを読む]

受信: 2008年4月 4日 (金) 17時38分

» 「アテンションプリーズ」スペシャル〜オーストラリア・シドニー編〜 [日々“是”精進!]
「アテンションプリーズ」スペシャルを拝見しました前回のハワイスペシャル編に続いてのスペシャル第2弾は、オーストラリア・シドニー編!美咲洋子は、同期の若村弥生や関山有紀らとともに国際線のCAとして活躍していた。フライトを終えた洋子たちは、ブームアップ委員...... [続きを読む]

受信: 2008年4月 4日 (金) 17時50分

» 上戸彩・相武紗季・大塚ちひろと1つの画面に収まった(アテプリSPパート2) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『アテンションプリーズスペシャル〜オーストラリア・シドニー編』2006年 大阪またドラマに出ちゃった(笑)「アテプリ」エキストラレポバッチリ!?出演してました(アテンションプリーズ#9)搭乗も登場もしました(アテンションプリーズ#11最終回)2007年 ハワイ・ホノル...... [続きを読む]

受信: 2008年4月 6日 (日) 20時44分

« 先は長いの。(三津谷葉子)ケータイ捜査官には負けたくない。(真木よう子) | トップページ | 薔薇・・・(上野樹里)百合ですって言っちゃったりなんかしちゃったりして~(広川太一郎) »