« 新庄高史の妻だから妻なのだ~。(大塚寧々)結婚しない男ですが・・・何か。(藤木直人) | トップページ | これは・・・ネズミ爆弾?(宮﨑あおい)・・・ただの玩具だよぅ。(堺雅人) »

2008年5月25日 (日)

よしなっ・・・お嬢さんは嫌がってるじゃねえか。(仲間由紀恵)VSふっ・・・貧・・・。(仲里依紗)

土曜の夜のヤンキーナイトが女子バレー北京ロード初戦で途切れ・・・深夜ではオタッキーが立ち上がる。

サッカー、バレー、大地震に挟まれた「ごくせん」・・・それでもわが道を行くのか・・・王道中の王道展開である。

ま・・・「塚地武雅の裸の大将」や「藤谷美紀の山村美紗サスペンス」もかぶって・・・ものすごい攻撃だっ。

はたして・・・升毅・小嶋陽菜のゲスト父娘はナイスアシストできたのかっ。お気楽様には合コンの相手メンバーもサービスしてもらいたかったよーっ。

で、『ごくせん・第6回』(日本テレビ080524PM9~)原作・森本梢子、脚本・横田理恵、演出・大谷太郎を見た。かって・・・「コムサDEとんねるず」という番組があって・・・テント形式でその日限りのテーマパークを開催するという企画でした・・・その中で「チンピラに絡まれて困っているお嬢様を助けるヒーローになれるアトラクション」という設定がありました。

これは・・・夜道で「へへへ・・・いいじゃねえか」とチンピラ(ホスト)にからまれて「やめて~」と叫ぶお嬢様(ホスト)をヒーロー(ゲスト)が「よしなっ」と止めに入ってチンピラをコテンパンにするとチンピラは「ちくしょう・・・おぼえてやがれっ」と逃げ・・・ヒーローは「お嬢さん・・・お怪我はありませんでしたか・・・」と決めることができるというものです。

お客様がカップルならば・・・お嬢様役をゲストができるオプションつきです。

まあ・・・このようにこういう状況(シチュエーション)は・・・古典なのです。

企画というものは「日常生活の模倣(パクリ)」によって成立しますが、このように日常的になったフィクションの模倣によっても成立するわけです。

もちろん・・・簡単に模倣ができる状況というものは「手垢のついたもの」ですが・・・たとえば暮れに「第9」を演奏することを「またかよっ」と思う人(反感)よりも・・・「今年もそんな季節か・・・」と遠い目をする人(共感)が多ければ・・・それは魅力的な企画となるわけです。

まあ・・・いわゆるひとつの「水戸黄門」の強さの秘密でございます。

人間はつねに「ないものねだり」をしますから・・・「珍しいもの」を求めると同時に・・・「なつかしいもの」を求めるのです。

それは・・・大地震で・・・失われた家族を・・・偲んで・・・涙にくれる人々を見ると了解できます。

そういう意味で今回のごくせんは・・・「お嬢さんをチンピラから救うヒーロー」のパロディーとして成立しています。

一方・・・ヤンクミ(仲間)が行こうとしていた映画は「富夫と樹里江と」で校医(小泉孝太郎)が忘れる洋書は「ロミオとジュリエット」なので・・・今回はロミジュリもからんできます。

この場合は「お嬢さん」をジュリエットにすればいいわけです。

そうなると「不良少年とお嬢さん」という古典的ロミジュリパターンが浮上します。これは「泥だらけの純情」から「たったひとつの恋」まで・・・もうひとつのジャンルです。

そして・・・こうなると・・・父と病気の娘と男の子の三角関係という古典は直結です。まあ・・・「世界の中心で・・・」なんたらかんたらです。

さあ・・・組合せ終了です。

今回はお遊びとして・・・合コンヴァージョンがついています。

「お嬢さんの集団がチンピラに絡まれて困っているとヒーローの集団がチンピラを撃退・・・でもヒーローもチンピラ」というお笑いです。

さて・・・結末・・・「娘を心配するあまり・・・男の子との交際を反対する父親・・・しかし・・・娘のピンチを男の子は体を張って守る・・・」というもの。

ただし・・・「よしなっ・・・いやがってるじゃねえかっ」はヤンクミが持って行きます。

これは「あたしのかわいい生徒に手を出すやつはタダじゃおかねえ」という「ごくせん」の決まり手に合流していくのです。

まあ・・・こんだけ・・・スジの割れた話を・・・のほほんと楽しめる・・・それが一般大衆というものなのでございますな。

で、『ハチワンダイバー・第四回』(フジテレビ080524PM1110~)原作・柴田ヨクサル、脚本・古家和尚、演出・を見た。先週のすえ(仲)のおっぱい争奪戦から突然エンジンのかかってきたこのドラマ。やはり・・・ゲスト・大杉漣の存在感の賜物でしょうか。

今回の対戦相手は劇中マンガ「なるぞうくん」の著者・文字山(劇団ひとり)で・・・将棋の駒と会話のできる・・・妄想力のかなりあるキャラです。得意技は穴熊。

そして・・・「将棋はストーリーを支配したものが勝つゲーム」と断言します。

しかも・・・「オレのストーリーは起承転転転結なのだっ」と言うのです。ちなみに・・・起承転の状態で有利だったのは主人公(溝端淳平)なので・・・転(文字山有利)・・・転(主人公有利)と・・・自ら敗北宣言をしている・・・という考え方もできます。

ともかく・・・歩はナルゾーくん、飛車はヒーちゃんと・・・人格を持った駒に攻め立てられる・・・主人公(ハチワンくんのキャラを確認したい方はコチラへ→お気楽様のハチワンダイバー)・・・そしてそれをひたすら見守るヒロインそよ・・・。

この対決のわけの分らない存在感は・・・圧巻です。同時にそれは主人公とヒロインの並々ならぬ存在感の成長につながっている模様。

このドラマには里花(安田美沙子)も登場するのですが・・・正念場と言えるでしょう。ほとんどセリフもなく・・・いるだけで存在感を増していくそよに対して・・・ヴェテランの域に入りつつあるグラドル女優としては・・・心の底から・・・役にのめりこんでいく必要があるでしょう。

少なくとも・・・みさき(木下優樹菜)と同じレベルの演技では問題外になってしまいます。

ノイローゼになるくらい・・・里花の役に没頭する必要があると思います。

そうです・・・このドラマは・・・仲と木下と安田のおっぱいを賭けた女の戦いでもあるのです・・・なんじゃぁぁぁぁそりゃぁぁぁぁぁっ。

ちなみにキッドは「ゾー」のコレクターとして・・・「なるぞうくん」は収納いたしました。「ゾー」の世界は深い・・・戦国時代なら「服部半蔵」・・・幕末なら「岡田以蔵」・・・アジア的規模なら「玄奘三蔵(法師)」・・・若大将なら「加山雄三」・・・国会議員なら「タイゾーくん」・・・語尾に「ゾー」がつくだけで・・・なんだか・・・まともな人とは思えなくなる感性は確かに存在します。ちなみに・・・キッドの人生の師匠の一人は南川泰三(放送作家)でした。

関連するキッドのブログ『先週の土曜日のレビュー

月曜日に見る予定のテレビ『CHANGE』(フジテレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 新庄高史の妻だから妻なのだ~。(大塚寧々)結婚しない男ですが・・・何か。(藤木直人) | トップページ | これは・・・ネズミ爆弾?(宮﨑あおい)・・・ただの玩具だよぅ。(堺雅人) »

コメント

ハチワン面白くなってきました。
菅田の書いたハチワンくんはあのままマンガに登場してもいいけど確実に悪役になりそうな予感ですね。
安田と木下っていうとサーカスかと思っちゃいますね。
でもおっぱい対決なんて仲さんの足元にも
及びませんよ。

投稿: みのむし | 2008年5月26日 (月) 16時36分

*simple*life*みのむし様、いらっしゃいませ*simple*life*bud

でございますねえ。
まあ・・・今回は盤上のキャラたちが
面白さを加速していたわけですが・・・。

ハチワンくんはこっそりロボとして登場させてしまいそう。

そよはメイドにもならないわけですが・・・
じいやは・・・
対戦を見つめるそよの眼差しに
なんとなく・・・好感をもってきた感じです。
一体なんのために・・・
これが謎のところがよろしいのです。

ふふふ・・・盤上再現視聴・・・。
楽しそうですな。

棋譜を使ったレビューなども楽しそうですが
・・・これ以上・・・時間がなく残念です。

安田大サーカス・・・木下大サーカス
さすがはマジシャン・・・
お目が高い・・・。

仲さんの胸元にもおよばないのでするるる。

投稿: キッド | 2008年5月27日 (火) 04時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/21165683

この記事へのトラックバック一覧です: よしなっ・・・お嬢さんは嫌がってるじゃねえか。(仲間由紀恵)VSふっ・・・貧・・・。(仲里依紗):

» ごくせん 第6話:初恋…大切な人を守りぬけ [あるがまま・・・]
やるじゃねぇか、倉!(●≧ω≦)っ))`ω゜)コノコノォ!!! ファンの人にはごめんなさいだけど、主要メンバーの中では、 「ちょっとこの子には萌えないわ〜{/hiyo_shock2/}」てなタイプの倉木くんだったけど、 今回、早希ちゃんを必死で守ろうとする姿にちょっとうるうる〜{/face_naki/} あのヨリ目がちに見えるお目々さえも、愛らしく思えてくるから不思議〜(笑)。 それにしても早希ちゃん{/ee_3/}あんたが勝手に倉を誘って外出したんだから その辺はちゃんとお父さんに説明しろよ〜{... [続きを読む]

受信: 2008年5月25日 (日) 20時32分

» ごくせん(3) 第6話 クラの恋 [レベル999のマニアな講義]
『初恋…大切な人を守りぬけ』内容中間テストも終わり、気が緩みかねないと猿渡教頭(生瀬勝久)から注意された教師たち。そんななか、3Dの連中は、合コン番長・神谷により、合コンが決まる!しかし、、、倉木悟は乗り気じゃない。。。後をつけてみると。校医の夏目(小...... [続きを読む]

受信: 2008年5月25日 (日) 21時01分

» ごくせん 第6回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『初恋…大切な人を守りぬけ』 [続きを読む]

受信: 2008年5月25日 (日) 21時58分

» ごくせん3 第6話「初恋・・・大切な人を守りぬけ」 [Happy☆Lucky]
第6話「初恋・・・大切な人を守りぬけ」 [続きを読む]

受信: 2008年5月25日 (日) 22時18分

» ごくせん 第6話 「初恋…大切な人を守りぬけ」 [テレビお気楽日記]
夏目(小泉孝太郎)「実は僕、はじめて逢ったときから山口先生のことが、す・す・すいやせん。お嬢、起きてください。」 [続きを読む]

受信: 2008年5月26日 (月) 00時12分

» 【ごくせん】と高視聴率 [見取り八段・実0段]
今期、一番のバケモノ視聴率ドラマである「ごくせん」。初回の視聴率は何と26.4%。2話も24.8%とだんだん落ちては行くものの、相変わらず高視聴率を保っている。高視聴率を期待された月9「CHANGE」や、同じく高校生を描いた「ROOKIES」と、よく比較されている...... [続きを読む]

受信: 2008年5月26日 (月) 02時35分

» ハチワンダイバー 第4話 [超特撮艦隊3バるカんX~GOLD LUSH~]
「見えた?見えたね?」 「あんた妖怪か!」 対戦相手は妖怪・なるぞうくん。 でも次週の対戦相手は本物の妖怪ですから!!(失礼すぎ 己の人生を賭けた勝負。 文字山ジローが勝てば、菅田はアシスタントから漫画家への道を目指すことに。 菅田が勝てば、ジローの連載マ... [続きを読む]

受信: 2008年5月26日 (月) 04時45分

» ごくせん 第6話 [るりりんのお散歩雑記]
このドラマのHPで公開されているスピンオフの動画が お気に入り♪ [続きを読む]

受信: 2008年5月26日 (月) 09時20分

» ハチワンダイバー 四話 [Simple*Life]
今度の真剣師は漫画家、文字山ジロー(劇団ひとり) 彼に将棋の何がわかるんだ!と問いかける菅田 そして将棋のことを何パーセント分かってるんだというと 文字山は言う。 「何パーセントだって?面白いことを言うな。そうだな・・・5%くらいか 将棋は奥が深い1...... [続きを読む]

受信: 2008年5月26日 (月) 16時30分

» 「ごくせん」2008学期授業6お願いですこいつらの外見ではなく内面を観てやってください! [オールマイティにコメンテート]
「ごくせん」第6話は病院に入院している美少女に一目ぼれした倉木が美少女と接するようになって入院中の美少女を治療に前向きになるが、病院を抜け出した事でその責任を問われて処分対象となる。翌日美少女が謝りたいと連絡して約束の場所へ向かうが、不良グループに囲まれ...... [続きを読む]

受信: 2008年5月26日 (月) 21時10分

« 新庄高史の妻だから妻なのだ~。(大塚寧々)結婚しない男ですが・・・何か。(藤木直人) | トップページ | これは・・・ネズミ爆弾?(宮﨑あおい)・・・ただの玩具だよぅ。(堺雅人) »