« やりたいときにはやればいい。(佐藤隆太) | トップページ | うお座の恋愛運は星みっつ・・・(木村拓哉)お風呂に入ってすぐ寝る!(深津絵里) »

2008年7月 7日 (月)

俺は医者だ・・・資格はない・・・(竹野内豊)突然陽炎のように(宮﨑あおい)

・・・さて・・・「篤姫」と「Tomorrow~陽はまたのぼる」の二本立てである。

・・・これはかなりハードでございますっ。

とにかく・・・「Tomorrow」は「ハタチの変人」「佐々木夫婦喧嘩」「猟奇的な筋立て」と三本続いた大失敗にくらべたら・・・ものすごくまともなドラマである。

まあ・・・現場では・・・何か・・・すごいことをしたい・・・と思いついたり・・・思い込んだり・・・思いつめたりするのだが・・・それが変な方向にいくということはありえる。しかし・・・仏の顔も三度まで・・・なので・・・さすがに普通に作る気になったらしい。

素晴らしいこと・・・というのはいつもすぐ側にあるものなのだ。もしも・・・また変な方にいきたくなったら・・・日曜劇場のスタッフはモーリス・メーテルリンクの「青い鳥」を読むべきだと思う。

で、『Tomorrow~陽はまたのぼる~・第一回』(TBSテレビ080706PM9~)脚本・篠崎絵里子、演出・山室大輔を見た。「家族~妻の不在・夫の不在~」(2006年・テレビ朝日)以来の竹野内豊である。この時は妻・石田ゆり子でした。

竹野内の相手役(ヒロイン)を連続ドラマでふりかえると・・・「輪舞曲」チェ・ジウ、「瑠璃の島」成海璃子、「人間の証明」夏川結衣、「ヤンキー母校に帰る」相葉雅紀・・・じゃなかったSAYAKA、「サイコドクター」市川実日子、「できちゃった結婚」広末涼子、「真夏のメリークリスマス」中谷美紀、「氷の世界」松嶋菜々子・・・まあ、前世紀に入ったのでこのあたりにしておくか・・・なんていうか・・・バラエテイーに富んでいるよなあ・・・。

で・・・今回は菅野美穂なのである。菅野はここのところ・・・「働きマン」で失恋、「わたしたちの教科書」で離婚、「あいのうた」で自殺未遂、「愛し君へ」で死別・・・もういいか・・・とにかくろくでもない人生の役ばかりを演じてきたのだった。なぜだ・・・なぜなんだ。

ともかく・・・今回もバツイチである。そして・・・竹野内は元医者の市役所職員というある意味・・・ドロップアウトしたポジションなのであった。このあたりの設定が考えようによってはちょっと危険な匂いがする。・・・つまり・・・狙いすぎている・・・ということなのだが・・・ともかく・・・第一回は・・・なんとか・・・逃げ切った・・・。

「深刻な社会問題」がテーマである。キッドは「氷の世界」の竹野内と・・・「あいのうた」の菅野をあえてあげたのだが・・・それはこの二人が「普通の人」役だったからだ。今回は「普通の人」が「普通でない世界に巻きこまれていく」というスタイルが適切だと思うからである。

さて・・・今回のドラマのもう一人のキーパーソンは遠藤紗綾(緒川たまき)ということになるだろう。とにかく・・・美貌の女優なのに・・・「トリビアの泉」で「ウソつき・・・」と締めるぐらいしか露出がなかった不思議なポジションである。映画「静かな生活」(1995)からほとんど変わらぬ美貌なのもなんとなくスーパーナチュラルなのである。恐ろしいのでこれ以上の言及はさける。

よって・・・「深刻な社会問題」については脳外科医でありながら・・・米国で「経営」を学んできたという遠藤がエキセントリックに撒き散らしていけばいいと思う。

もちろん・・・国家が犯しつつある医療制度のミスを・・・医者で経営コンサルタントの遠藤と・・・元・医師で地方公務員である市民窓口課の森山(竹野内)がタッグを組んで・・・悪戦苦闘するというのは問題ない。

ただし・・・森山の過去の記憶や・・・再生の問題などはよほどの計算がない限り・・・かなりムダな要素になるだろう。

少なくとも・・・「変な医療制度のせいで医者が犠牲になる」という遠藤の言葉が森山の過去にリンクしていなければ・・・ということです。単なる医療ミスだと・・・ドクター・コトーには負けると思うので。つまり・・・主人公の情けなさでです。ああいう・・・情けない役は北の国出身の鬼太郎にまかせておけばいいのです。

もちろん・・・竹野内も挫折した男は得意分野ですが・・・もう・・・そういうのはいいのではないでしょうか。しかし・・・まあ・・・とにかく・・・もう挫折しているのでそれ以上は言いませんが・・・このポイントは程々がいいと思うのでございます。

さて・・・「地方行政」の問題です。舞台となるのは伊豆地方を思わせる海辺の地方都市・西山室市(架空です)・・・夏祭りの準備に忙しい市民たちですが・・・活気にはとぼしい。どんつく祭りなのに凛々しくないのです。ちょっと恥ずかしい巨大なナニも見当たらないようですし・・・。かってリゾート開発計画に乗らなかった後悔というようなものが市民の間に漂っています。

しかし・・・人々の暮らしは平穏そうにみえていた・・・。

市役所で大学生の妹(黒川智花)のために戸籍謄本をとりにきた愛子(菅野)と市役所の職員・森山との出会いも出会いがしらの衝突というトーストをくわえていてもいいぐらいののどかさです。

森山はスクーターで通勤。愛子は自転車で来訪。二人の経済格差・・・エコ格差も微々たるものです。

挫折した市役所職員(37)とバツイチの看護婦(30)。ロマンスの発生としては手頃でございます。

しかし・・・この時・・・二人の女の闖入者が・・・二人の運命を大きく変えようとしていたのです。

一人は・・・1999年・・・森山の運命が大きく変わった8年ほど前にこの街を出て行った安田涼子(大沢あかね)・・・美容師だった彼女は妊娠9ヶ月・・・一人で出産するために産み場所を求めて故郷に帰ってきたのでした。

森山は涼子の母親・早苗(松田美由紀)とは顔見知りですが、彼の挫折の前に街を出て行ったために涼子とは面識がありません。

市の招いた客の歓迎のために駅に出向いた森山は電話ボックスで倒れ苦しむ涼子とともに救急車に乗りこむ羽目になります。

そこで・・・平穏に見えた市民生活が実は破綻の寸前にあることの兆しが見え始めるのです。

その象徴が涼子の運ばれた「市民病院」で・・・森山と愛子は偶然の再会をします。

しかし・・・それが単なる偶然ではなく・・・運命だったことが明らかになっていきます。

①「病院は涼子受け入れを拒否する」

理由は担当する産婦人科医の不在です。内科医の片岡(田中実)は「30分で産婦人科医が到着する」と食い下がる看護婦の愛子に「その30分の間に何かあったら責任とれるのか・・・賠償金1億円払えるのか」と情けないことを言います。

しかし・・・ここに市民病院の建て直しのために「市」が招聘した経営感覚のある医師・遠藤が到着し・・・応急処置を受け入れてもらえるのです。

②「救命はするが分娩はさせない」

家出同然に故郷を捨て未婚の妊婦として帰郷した涼子は・・・分娩の病院が未決定でした。都会には身元の不確かな女性を出産させるような産婦人科は皆無だからです。しかし、それは故郷に帰っても同じことでした。涼子は母親に顔向けが出来ず・・・家に帰ることができず・・・公衆電話で出産させてくれる産婦人科を捜すうちにストレス性胃炎を発症し倒れたのでした。

③「市民病院には負債が30億円ある」

原因は医師不足でした。我が国の厚労省はこの春まで「医師は偏在している」という言い方でこの問題を処理してきました。それは「CHANGE」のレビューの中でも簡単に触れましたが「大都市や・・・特定の専門課・・・そして特定の病院などに医師が偏って存在しているだけで医師の絶対数が不足しているわけではない」ということです。

医師も職業で・・・本人は労働者ですから・・・待遇がいいのはうれしいにきまっています。

偏るのは待遇がいいところにあつまるからで・・・自然の理です。

そのために待遇の悪いところに人材が不足する・・・これはある意味困った問題です。

そして・・・厚労省としては待遇の悪さを改善すればいいだけの話として・・・この問題を放置してきたのですが・・・この夏・・・厚労相は「もはや医師不足だ」と前言を翻したのです。ようするに無策だったということです。

④「少子化だから小児科は儲からないし、難しい病気も多いので面倒だ・・・子供を失った親はすごく怒るし、裁判になったりする・・・まして出産はさらに危険である。だからお金持ち相手の専門病院に特化するしか地方の病院は生き残れない」

市の要請で病院再建を依頼された遠藤はこう宣言し・・・病院関係者を唖然とさせます。

親の代から市民病院の看護婦である愛子には聞き捨てならないセリフだ。

「じゃあ・・・商店街の店(開業医)で不足でデパート(大学病院)では贅沢・・・だから地元のスーパー(市民病院)で間に合わせている患者さん(顧客)はどうすればいいんですか」

愛子に喧嘩を売られた遠藤は眼光するどく「じゃ、あんたはホームレス相手に無料奉仕で看護師さんでもやってればあ・・・」とやりこめるのだった。

まあ・・・優秀な看護師の確保は経営戦略的にも重要ですから・・・この発言はどうかとも思いますけどね。

とにかく・・・医師不足で・・・患者を受け入れられず・・・ベッドはガラガラ・・・設備の維持だけで病院は赤字の連続。当然・・・医師への待遇は改善されず・・・医師不足と・・・悪循環に拍車はかかるのである。

人情紙風船である。

もちろん・・・経済は生き物であるから・・・景気がいいときも悪いときもある。そして景気のいい場所もあれば悪い場所もあるのである。工夫でピンチをチャンスに変えることは可能なのだ。楽天だってAクラスになれるのだ。

こうして・・・余所者のドクター遠藤と・・・地元のナース愛子の勝負は開始されたのだった。

この時点では・・・市役所職員である森山は遠藤のお手伝いにしかすぎない。

さて・・・祭りの夜・・・どんつく様のナニが怒張しすぎたのか爆発事故が発生する。

商工会議所の主催とはいえ・・・市役所が無関係であるはずはなく・・・その責任の所在問題も大変なはずだが・・・とにかく・・・負傷者多数の大惨事なのだ。

街を彷徨っていた涼子も爆発に巻き込まれ重傷・・・お守りを目印に森山が発見し・・・またしても市民病院へ・・・。

病院はてんてこまい・・・涼子は気道熱傷で呼吸不全に陥るが・・・医師がいないのである。愛子は気道を確保するために禁断のメスを握ってしまう。この決断で命をとりとめる・・・涼子・・・しかし・・・遠藤がそれを発見・・・「看護婦が医療行為をするなんて許されない・・・」・・・そこで森山がついに腕をまくり桜吹雪を・・・「俺がやった・・・俺は医者だ」と仮面をとるのだった。

脳の損傷治療と帝王切開出産の同時手術展開で母子の命を救う遠藤・森山・愛子・その他チーム。

提供ベースで事故現場での母親の悲痛な叫びはひどかったが・・・熱傷でしゃべれなくなった娘と母親の・・・お守りでつながれた再会の演出は巧である。

これにより・・・ヒロイン看護婦のルール無視、八年のブランクを感じさせない主人公の手際のよさは不問にふされるらしい。

静けさを取り戻した病院の廊下で震え始める愛子。火事場のバカ力が喪失したのである。

その手をやさしく握りしめる森山・・・。もう愛し合ったも同然なのであった。

遠藤VS愛子・森山の構図が浮上してきました。

ここで・・・やめておけばいいのに・・・「俺には資格がない」で引くのか。まあ・・・おそらく心情的なもので・・・医師免許がないわけではないと思いますけどね。

まあ・・・それは普通にやってもいいのだが・・・日曜劇場のここまでの失敗はこの引きの強引さに一因があると思うので・・・ちょっとドキドキします。初回視聴率は16.8%と猟奇的な最終回*7.2%と比較すればまずまずでしたけどね。(つづく)

Hcinhawaii0403 ごっこガーデン・どんつく祭りセット。お気楽竹野内さんは格好いいよね。瓦礫の下から救い出すところは救助犬みたいだけどね。どんつく祭りのアレはどこかなあ?」ちーずあらすじ的にはとてもよかったのです。正しいものと正しいものがぶつかりあう・・・それもまたドラマなのです。どちらがより正しいのか・・・見守りたい・・・シャブリ「平成財閥医師団長シャブリとしては気になる医療制度問題。掘り下げが肝心なのですけれども。吉田里琴が幼少の七海(黒川智花)らしき人なのでありました。救急隊員は誰が誰やらなのでありましたーっみのむしこれはマジに面白い・・・マジオモ。Tをとったらオモロー。近所の病院・・・診療科目がどんどん減少しています・・・マジ恐るるるそろそろぽぎゃぁぁぁんといきマスかーっ?!このりんごあめ食べ終わるまで待ってネ・・・

Hcinhawaii0404 ごっこガーデン・市民病院の長い廊下セット。mari航平が救えなかった人は誰・・・航平の大切な人だったのかしら・・・でも病院で泣いていたのが愛子の妹だとしたら・・・航平は愛子のママの愛人・・・そんな・・・それはそうとしてまこちゃんずっとスタンバイしてますよikasama4まだ新型竹野内ロイドはシルエット段階なのです・・・将軍の寿命が尽きるので・・・ご遺影が急務だったのです・・・ともかく大阪の市民病院の赤字342億円・・・ぶっこきーっ・・・です

Hcinhawaii0405 ごっこガーデン・市民病院の短い廊下セット。まこひえー・・・じいやが・・・お呼びしたのですか・・・お忙しいところをすみません・・・もう・・・大好きデス・・・Σ(=∇=ノノヒィッッー!!で震えがとまりまセーン・・・医師免許って有効期限はないのデスでございマスでありまヤンスか?・・・もう少しほのぼのになったらよろしいかと存知たてまつかどまつ十姉妹・・・エリヤンキー先生でも・・・瑠璃の島のお医者さんでも・・・双子のドクターでもなかった・・・でも航平はもう一度医者になってほしいのyon・・・それはそうと・・・まこちゃん・・・大人しい人に・・・なってまスーアンナ本当だぴょん・・・でももうすぐドクターにカムバッグ~とか言い出すぴょん。金にならないので小児科なくすなんてダーの啓太が許しませんぴょんぴょん

関連するキッドのブログ『家族~妻の不在・夫の不在~

で、『篤姫・第27回』(NHK総合080706PM8~)原作・宮尾登美子、脚本・田渕久美子、演出・堀切園健太郎を見た。怒涛の純愛ドラマである。もう・・・泣かせやがる夫婦日本一大賞決定であるな。例によってシナリオにそったレビューはikasama4様を推奨します。今回は・・・家定書下ろしイラストついに登場。笑わせてくれる将軍から・・・涙涙の将軍へと華麗なる変身を遂げた家定(池の鯉ではない)・・・。その憂いを含んだ微笑を見事に切り取ったすばらしい出来の作品に仕上がっておりましたーっ。来週の視聴率は・・・どんなことになってしまうのかーっ。龍馬はいつになったら出番がくるのかーっ。

Atuhime1858b さて・・・ついに1858年に突入。今から150年前ですぞーっ。分りやすい区切りの年です・・・。この年・・・家定は・・・。そして・・・大老・井伊直弼誕生でございます。ほぼ同時に島津斉彬も・・・。これは赤忍者大活躍の年だったということなのです。しかし・・・天才くのいち・篤姫がついていながら・・・なぜこんなことに・・・妄想してまいりましょう。

徳川幕府の大名家はおよそ・・・四種類に分かれる。将軍家に連なる徳川御三家などの特別な親藩。一橋はより将軍家の家族に近い存在だが・・・紀州徳川家などもこれに含まれる。それに順ずるのが松平春嶽などの親藩である。そして・・・井伊直弼などの譜代大名。さらに薩摩藩などの外様大名である。徳川封建制は将軍家による軍事独裁でもあり・・・緩やかな連合国家でもあった。

攘夷か開国かで分かれた天皇家と将軍家。

一橋か紀州かで分かれた親藩・外様連合と譜代・直参連合。

幕末の権力闘争は貿易の利蓮をめぐる闘争だが・・・倒幕維新に至る闘争の複雑さは・・・この攘夷・開国・尊王・佐幕の政治方針が複雑に組み合わさることによって敵と味方の判別不能な泥試合になっていく。尊王攘夷と開国佐幕の争いが尊王開国に帰着する不思議さをあるものは絶妙と感じ・・・あるものは面妖と感じるのだろう。

二律背反はこの世の常なのである。

江戸城大奥・・・御台所の間。人払いをした幾島は篤姫と対峙していた。

幾島「では・・・姫は・・・薩摩を裏切るとおっしゃるのでごわすか」

篤姫「・・・・・・」

幾島「薩摩の大殿のお気持ちを踏みにじりますのか・・・」

篤姫「・・・島津の父は・・・私に賭けたのじゃ。私に託されたのは・・・島津一国の未来ではない・・・この大八嶋の命運じゃ・・・」

幾島「なんと・・・恐れ多いことを・・・幾島には・・・とんと合点できませぬ」

篤姫「島津の父は・・・きっとわかってくださる・・・老いては子に従えという理をな・・・」

幾島「それは・・・思いあがりと申すものでございまする・・・姫は・・・あくまで手駒・・・」

篤姫「・・・戦国時代なら・・・他家に嫁いだ姫として実家に殉ずることも・・・あるだろう・・・しかし・・・わらわは・・・将軍家の妻じゃ・・・薩摩一国のことではなく・・・すべての国の未来に対する責任が生じておる・・・」

幾島「なんと・・・大言壮語を・・・家定にたぶらかされただけではないですか・・・」

篤姫「・・・ふふふ・・・幾島・・・女の道は一本道なのじゃ・・・愛も政治もひとつに融合して萌えるのじゃ・・・」

幾島「・・・幾島には・・・分りませぬ・・・」

家定が宵の口から・・・大奥に渡り・・・御台所と過ごして数刻。

決意を秘めた幾島は大奥の燈籠のともる回廊に出た。ただ一人・・・音もなく・・・廊下をすべる。

公方寝所の手前に差し掛かったとき・・・ようやく行く手をさえぎる人影があらわれた。

「・・・滝山殿か・・・」

「幾島殿・・・なりませぬぞ・・・」

「滝山・・・命が惜しければそこを退け・・・」

「ふ・・・くのいち相手に命の駆け引きなど・・・むべないことを・・・」

「そうか・・・では・・・冥府に行くがよい・・・伊賀のくのいちなど・・・この藤原の忍びの奥義を受け・・・薩摩くぐりの秘儀をきわめた幾島の敵ではなかったことを・・・閻魔に申し伝えるがよかろう・・・」

言い終わる前に必殺のくぐり棒手裏剣が滝山の顔面を射抜く。眉間を割られた滝山はのけぞるが・・・それはすでに・・・人形だった。

「・・・む・・・陽炎の術か・・・味なことよ」

その言葉の終らぬうちに幾島には伊賀十字打ちの八方手裏剣が襲い掛かる。しかし・・・手裏剣は虚しく廊下に十字の印を残しただけである。

すでに・・・廊下に人影はない。

瓦を突き破り組み合った幾島と滝山は大奥回廊の屋根から庭園へと落下する。

幾島はましら落しを仕掛けるが自分の腕の中にあるのが人形と知ると身を交わす。

滝山の人形は地面に落ちると爆散する。

「微塵がくれとは古風な・・・そこじゃ・・・」

小刀を構えた幾島は今度こそ滝山の本体の背後を突いた。滝山はギダンの術の間合いでそれをかわす。幾島が突く。滝山がかわす。激しく移動しながら・・・滝山はついに防戦一方となった。滝山の息は乱れつつあった。幾島の攻撃。滝山の防御。一方的な攻防の終わりが近付いていた。

(もはや・・・これまでか・・・さすがは・・・天下の幾島殿じゃ・・・)

滝山が覚悟を決めた刹那・・・幾島の殺気が消失した。

滝山が跳躍して振り返ると・・・松の木に張られた一本の縄に足をとられ逆さづりになった幾島が目に入った。

縄をあやつるのは・・・篤姫だった。

「幾島・・・もうよい・・・」

「姫様・・・」

自害を図った幾島の小刀が・・・その喉仏に到達するよりはやく・・・篤姫の邪眼が幾島を捉えていた。

「幾島・・・もうよいのだ・・・幾島・・・すまぬ・・・幾島・・・わらわは・・・徳川の妻・・・そして・・・お前は・・・わらわの忠実な老女・・・幾島・・・逆らってはならぬ」

幾島は・・・恍惚とした表情を浮かべ・・・逆さになったまま・・・頷いた。

その手から小刀が落ち・・・庭の池に水音と波紋を残した・・・。(つづく)

関連するキッドのブログ『第26話のレビュー

火曜日に見る予定のテレビ『モンスターぺアレント』『シバトラ』(フジテレビ)『カウラ捕虜収容所からの大脱走・トイレットペーパーって言うな』(日本テレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« やりたいときにはやればいい。(佐藤隆太) | トップページ | うお座の恋愛運は星みっつ・・・(木村拓哉)お風呂に入ってすぐ寝る!(深津絵里) »

コメント

端役さんは、もうどうにもこうにも
┌|≧∇≦|┘└|≧∇≦|┐┌|≧∇≦|┘
確かに菅野さんはこんな役どころばかりなんですねー。
列挙されてみて、あらためて再認識です。
医療問題は啓太にお任せしましょう・・。
あ!倒れちゃった!!

投稿: シャブリぴょん | 2008年7月 7日 (月) 21時46分

次から次へ描きたいものがやってきます。
私はヤブの外科医さんみたいに
5人いっぺんに描く事が出来ませんので(; ̄∀ ̄)ゞ

とりあえず「家族~妻の不在・夫の不在~」の頃に
描いたやつで( ・∀・)っドウゾ↓
http://www7a.biglobe.ne.jp/~dessin-ikasama/ikasama/illust/2007/img/img0031.jpg

これでまこ御嬢様には間に合わして頂きたいです(笑)


TBSはこの手の市民病院に関する報道は
結構丁寧にされている部分がありますからねぇ。

そうしたとこを上手く生かしていって欲しいです。

もちろんどこぞのドラマみたいに理想論には
走ってほしくないですが

一方で竹野内さんにはそれが許してもらえれる
魅力があるような気がします。

これが主役の「性能の差」ってやつでしょうか(笑)

で、一方の大河は
びっくりするまでに「家族」ネタで
ここまで見せていて全く違和感を感じさせないのが
スゴイですねぇ。

これも役者さんの実力のなせる業でしょうかね。

そしてドラマ同様
幾島と滝山の対決、しびれますねぇ。

そして家定が次の将軍を慶福にした理由。

これって見方を変えれば
篤姫によって慶福を傀儡として政治を動かす事が
出来るのではないかと同時に

公家の勢力を抑えることが出来る
と考えたとすれば、この後の展開を考えると
面白い事になりそうです。


ちなみに某の子飼いの密偵の報告によれば
8月10日「桜田門外の変」で勝海舟
8月17日「皇女和宮」で和宮
8月31日「疑惑の懐剣」で坂本龍馬が
初登場するようでございます(  ̄ノ∇ ̄)

投稿: ikasama4 | 2008年7月 8日 (火) 00時31分

ま、まこちゃま・・遠めに見るとお手をするワンちゃんみたいでかわいいデスーっ♪
緊張のあまりヤンキー早口言葉の舌をかんじゃったのね。
ヤンキー先生、ステキでした。
冒頭を見逃してしまって状況を混乱したけど
もう一度お医者様になってまこちゃまと一緒に病院を建て直せばいいのデス♪
TBSの人は青い鳥を読んで幸せはすぐ隣に、数字は普通の中にあったことを知ればいいのデス♪

投稿: エリ | 2008年7月 8日 (火) 07時41分

ぶはーーーっ!すーはーすーはーwobbly
だっ、誰か酸素を・・・・・・
もちつけ!あたしの心臓・・・・・・・・・・・・

ふぅ~、やっと落ち着いたでごじゃります。
愛しの竹野内さまが目の前に参上たてまつりたまわられ
この手を握り締められまつりそうろうした日にゃ
口から心臓が飛び出しそうになりもうして、
どげんかなるかと思いましたでごじゃりますぅ~lovely

この手は一生洗いません事でございますでそうろうなのデスheart02

では、ごきげんよう・・・しゃなりしゃなり・・・どてっ
いてっ!あっ、手ぇついてもーた!cryingちっannoy

投稿: まこ | 2008年7月 8日 (火) 15時29分

▯▯black rabbit▯▯シャブリ様、いらっしゃいませ▯▯black rabbit▯▯

新ドラマのラッシュ・・・
それは新たなる登場人物のラッシュ・・・
でございますからねえ・・・。
お疲れ様でございます。

キッドは「CHANGE」が残り一回だから
そこを越えると
「CHANGE」「コードブルー」「Tomorrow」
のローテーションが終る・・・
それだけが今のスケジュールで・・・
希望に思うこと。

まさに・・・来たタマを打つ・・・
そういう心境になっておりますーっ。

まあ・・・菅野は
「富江」で「イグアナの娘」だから
ずーっと・・・ですけどね。

投稿: キッド | 2008年7月 9日 (水) 04時28分

✥✥✥ピーポ✥✥✥ikasama4様、いらっしゃいませ✥✥✥ピーポ✥✥✥pencil

お疲れ様です。
マイペースでお願いします。
「家族」型竹野内ロイドの
設計図ありがとうございました。
じいや・・・
ikasama4画伯のアトリエは
全部捜索していたと思っていたのですが・・・
これを見落としていたようです。
・・・家宅不法侵入罪かっ。

「Tomorrow」は
とにかく・・・ベーシックな部分は

竹野内豊
菅野、緒川、黒川のトリオ
医龍2のお二人
でできあがっていると思うので
地方再生や
医療再生を
じっくりと描いてもらいたいと考えます。

それができなくなっている
現場の問題もあるけどなあ・・・。

一方・・・大河ドラマは
実にホームドラマの極地を
堂々と演出している。
来週以後も・・・
きっと「手」を持っている感じがいたします。

ついにくのいち対決が実現。

次の流れは科学忍者と赤忍者の
長い戦いになりそうです。

御台所親政がどうなるか・・・
ちょっと様子見です。
安政の大獄の黒い部分に
徳川の妻として篤姫が
からんできたりすると
のけぞりますけど・・・。

ううん・・・夏休みは
お盆前に鉄平の父で
お盆にはマキマキで
夏休み最後の日に千秋先輩ですか・・・。
宿題たまっていそう・・・。

投稿: キッド | 2008年7月 9日 (水) 04時43分

✿❀✿❀✿かりん☆スー☆エリ様、いらっしゃいませ✿❀✿❀✿ribbon

そうでございましょう。
じいやも遠目でまこ様を見ていて
そのいたいけなさに
思わず落涙いたしました。
はらはら・・・(じいやバカ)

とにかく・・・
じいやは
ホカベンの脚本の人
日曜劇場のスタッフ
そして・・・フジテレビの外部の人
が・・・ドラマを
いつも暗礁にのりあげさせる根源
だと考えますので
もう・・・まこ様のダーリンが
ひどい目にあわなければよいと・・・
ドキドキしているのでございますよ。

もう・・・ふつうが一番なんでございます。

投稿: キッド | 2008年7月 9日 (水) 04時49分

cute●no choco●まこ☆ミキ様、いらっしゃいませ●no choco●cute

お嬢様ーっ・・・お気を確かに・・・。
竹野内様・・・お帰りになりましたぞ。

おみやげにまこ様印の
かまぼこをお渡ししましたが・・・
大丈夫でございましょうか。

お嬢様との2ショット記念撮影は
パネルにしてお部屋に
お飾りしておきました。

とにかく・・・夏ドラマ・・・
お嬢様も心ゆくまで
お楽しみくださりますように。

まずはまずまずの視聴率でのスタート。
じいやホッといたしましたぞーっ。

投稿: キッド | 2008年7月 9日 (水) 05時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/22126175

この記事へのトラックバック一覧です: 俺は医者だ・・・資格はない・・・(竹野内豊)突然陽炎のように(宮﨑あおい):

» Tomorrow 一話 [Simple*Life]
スピードとテンポ、カット割りでガンガン見せていくフジテレビ スローモーションとワンカットでじっくりと見せていくTBS っていう感じですね。 地味に面白い!(どういう意味やねん!) しかもこちらはさびれた病院の再建、しかも医者は 自信を失っている。 考...... [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 18時18分

» Tomorrow 第1話 「医療は人か金か!?」 [テレビお気楽日記]
これもドクターものか・・・と思ったら航平(竹野内豊)は8年前に医者を辞め、今は市役所の職員。 [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 19時37分

» Tomorrow 第1話:医療は人か金か!? [あるがまま・・・]
30億円の赤字って…Σ(=∇=ノノヒィッッー!! 0が何個か数える気にもならないデス{/z1/} 幼稚園や保育園の保育料や、給食費を払わない人が話題になってますが 医療費を払わない人も多いんですってよ〜奥さま{/ee_3/} 医療の設備や機器類も、いちいち高そうですもんねー{/ase/} この病院を再生していくお話なのか・・・ 今後、その再生を巡って 遠藤先生 {/v/} 航平&愛子 がガチで勝負{/eq_1/} ここにも、啓太総理に視察に来てほしい(笑)。 てか、愛子が患者にメスを入れたのは... [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 20時26分

» Tomorrow -陽はまたのぼる-  第1話 [エリのささやき]
医療ものが続きましたね。金がからむと医龍を思い出します。 [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 20時31分

» 篤姫 第27話 「徳川の妻」 [渡る世間は愚痴ばかり]
「どちらにもつかぬですと?!」 [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 20時33分

» 篤姫 2008/07/06 第27話「徳川の妻」 [piyomarimoのよろよろ日乗]
誰が大老になろうと知ったことか!家定さんの残された時間が問題!というわけで、今回のおさらいです。・篤姫の決意に怒る幾島・滝山、嘆願書への署名をお願いするも、篤姫は保留・遊ぶ家定、またもや自害をほのめかす本寿院……「元気な嫁」発言・お渡り五目並べ……嘆願...... [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 20時44分

» Tomorrow 第1話 [アンナdiary]
岸部一徳と志賀廣太郎さんが出てるから、一瞬「医龍」を見ているような 錯覚に陥りました(笑)菅野美穂さんが熱演してましたね。患者さんを何とか助けたい思いが伝わってきた。 [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 21時06分

» 篤姫・第27話 [ブルー・カフェ]
「篤姫」オリジナルサウンドトラック吉俣良ポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る まず、みなさまにひとつお詫びを・・・先週、今回でカステラ将軍が「ご退場」というように書きましたが、もう一週ありましたね。ほんとスンマセン{/dogeza/} そんなワケで、いよいよ来週「幕末薄っすい知識倶楽部」にてカステラ将軍「特別追悼企画」を組みたいと思います。どうやら「桃太郎」も「ご退場」のような兆しなんですが、ま、それはそれとして・・・ごにょごにょ。 でですね、「心に残った上様『ナイスエピソード』ベスト3」とかや... [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 21時12分

» Tomorrow 陽はまたのぼる 第1話 [シャブリの気になったもの]
Tomorrow 陽はまたのぼる 第1話 TBSテレビ 2008/07/06(日) 21:00~ (15分拡大) 「医療は人か金か!?」     ★はじめに   登場44人か・・・。学園物じゃないのにキツイな、この人数は。 端役さんはほとんど救急隊員だろうけど、マスクしているから、 誰だかさ... [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 21時40分

» Tomorrow 第1話 [塩ひとつまみ]
市民病院にやってきた医師・遠藤(緒川たまき)が お金があるセレブ相手の病院にすると言い出したり 岸部一徳さんや志賀廣太郎さんが 病院に関... [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 22時45分

» 家定の決断!! [函館 Glass Life]
将軍継嗣と同じく、一橋・紀州に分かれて今度は大老就任 をめぐって両派の綱引きが始まりました{/v/} 井伊直弼か松平慶永か、両派から賛同を求められる篤姫、 両名と対面することに… 有力諸侯を加えて政治をするべきと主張する慶永{/fuki_oshirase/} 将軍家中心、言ってみれば今までの幕府の形を続けたい直 弼{/fuki_oshirase/} 政治体制の争いなのです{/hiyo_oro/} 盛者必衰、強い者はいつか滅びるのです。 永遠なものなどこの世に存在する筈かありません。 長年続いてきた体... [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 23時23分

» 『Tomorrow』 第1話 [美容師は見た…]
え?お医者さんじゃないんですか?竹野内君。。。市役所勤務の森山航平(竹野内豊)は、医者であった8年前に何かあったようです。現在の姿にビックリしましたよ~(^_^;)脳外科医・遠藤紗綾役の緒川たまきさん。あまりお見かけしないお顔ですが、綺麗なのは勿論、声が魅力的。... [続きを読む]

受信: 2008年7月 8日 (火) 00時22分

» 「篤姫」第27回 [日々“是”精進!]
 第二十七回「徳川の妻」篤姫は、父の斉彬を裏切ることになっても自分が納得するまでは慶喜と慶福のどちらにも味方しないことを決めた。そんな折、井伊を大老に推すための嘆願書を持参した滝山は、篤姫に賛同を求める。幾島は断固拒否するよう篤姫に要求。しかし篤姫は即...... [続きを読む]

受信: 2008年7月 8日 (火) 17時03分

» Tommorrow ・第1話 [めざせ生活向上!]
Tommorrow ・第1話。 森山航平(竹野内豊)は8年前まで外科医だった。あることが原因で医師の仕事に絶望し、公務員へ転職。... [続きを読む]

受信: 2008年7月 8日 (火) 19時58分

« やりたいときにはやればいい。(佐藤隆太) | トップページ | うお座の恋愛運は星みっつ・・・(木村拓哉)お風呂に入ってすぐ寝る!(深津絵里) »