« 寄せ書きかっ。(大後寿々花)おめぇのパンないからぁ(末永遥)ちょっと待ったっです(深田恭子) | トップページ | 冷静・・・器用・・・傲慢・・・必要とされる条件だ(山下智久)いらない人間はいるのね(戸田恵梨香) »

2008年7月31日 (木)

自己犠牲が正義の父親と自己中心が正義の姉・・・私の遺伝子は彷徨うのです。(志田未来)

さあ・・・例によっていい感じになってきた。

「ゴンゾウ」12.5↘10.4↗12.0↘10.5↘10.3%

「正義の味方」  13.2↘10.1↘*8.7↗*9.4%

「ゴンゾウ」と「正義」のダンス。「レッドカーペット」がある以上・・・「ゴンゾウ」がリードしなければ・・・「正義」のステップには限界があるのである。NHKの再現ドラマもあなどれないし・・・。

今週の「ゴンゾウ」は「幻の拳銃・乙(イカズチ)」の「幻の五丁目」をめぐり・・・「ゴンゾウ」の自殺未遂のトラウマ開示・・・そして「復活・本仮屋ユイカ刑事」が「三輪ひとみ」のタレコミで「日本青空クラブ」を捜索・・・と刑事ドラマみたいな展開です・・・刑事ドラマだっ。もう少し知りたい方はコチラへ→エリお嬢様のゴンゾウまこお嬢様のゴンゾウikasama4様のゴンゾウ

で、『正義の味方・第四話』(日本テレビ080730PM10~)原作・聖千秋、脚本・関えり香、演出・阿部雄一を見た。主題歌は奥村初音の「ホントはね」なのであるが・・・原作の設定が微妙に変更されているために・・・ひょっとしたら姉の設定もいじるつもりなのでは・・・と感じさせる「ホントは・・・優しい姉でした」展開である。脚本家もチェンジして・・・超人的な槇子様(山田優)の影が薄まり・・・妹に頼りきるちょっとダメな姉の匂いさえ感じさせた今回。おいおい・・・日和ったかっ。もう・・・本当に打たれ弱いな。

「良妻賢母」のイメージは人によって変わる。たとえばキッドはピアスなんかしてる女の子は良妻賢母にはなれないと感じる。だってあれは自傷行為なので・・・しかしだ。鼻の両側にリングをぶら下げようが、ヘソの周囲が貴金属だらけだろうが・・・現実には良妻賢母は存在するのだ。ただ・・・おしゃれな良妻賢母なだけなのである。もちろん背中に観音様背負った良妻賢母がいてもいいのである。だから付け爪でデコ爪でお茶をたしなんでも良妻賢母にはなれるのでございます。そういう時代なのでございますよ。お気楽様ーっ

それでは・・・良妻賢母とは何なのだろう。

キッドの母はとにかく・・・外面がいいタイプだった。専業主婦で町内会ではすぐに役員になり、PTAでは会長になり、社会を明るくする運動、防災運動、防犯運動もう・・・とにかく・・・そういう地域活動が大好きなのである。それにくらべて家事はとことん苦手だった。もちろん・・・まったくやらないわけではないのだが・・・いかに手を抜くかに神経を集中するあまり・・・実際に手を動かさないタイプである。だから・・・地域住民の冠婚葬祭で母と関わりのない人がいないほどの面倒見の良さと家庭内における面倒くさがり屋のギャップにキッドはめまいを感じるのである。

言うなれば・・・他人の葬儀を仕切るために・・・葬儀屋ではないのです・・・自分の家の夕飯の買い物に行かないタイプなのである。そして素麺ゆでてラップをかけ市販のつゆが冷蔵庫にあります・・・とメモを残し・・・斎場にいそいそと出かけていくのです。・・・キッドはとにかく・・・なんか違うよなあ・・・と思うのだが・・・少なくとも地域住民は母を良妻賢母的人物と見ていることは間違いないのだった。

今回・・・槇子は・・・「結婚相手」と定めた直紀(向井理)に「望ましい結婚相手である」と思い込ませるために全力をふりしぼる。

プロポーズがしたくなるデートスポットを容子(志田未来)にリサーチさせ、下見に行かせ、プロポーズがしたくなるお弁当を料理の腕だけはいい容子に作らせる・・・重いから職場まで出前をさせるのである。

こういう槇子様の態度を・・・破滅的だとか・・・いつかボロが出るとか・・・考えることは優しいのだが・・・超人というものはそんな甘いものではないのである。

なにしろ・・・多くの人が望む「世界が自分中心で回ったらいいのになあ・・・」という願望を「世界は自分を中心に回っている」槇子様の信念が粉砕してしまうからだ。

今回・・・槇子様の父・五郎(佐野史郎)は・・・リストラしなければならない人事部という職責と・・・「他人に奉仕する奴隷根性」がリンクし・・・「退職願」を書くという気の迷いを発症するわけだが・・・こういうことはよくあることだ・・・拡大解釈すれば・・・自殺なんてこの極端な例にすぎない。

「良妻賢母」と対になるのは「いい子」である。

田中家では・・・槇子様は「いい子ナンバーワン」である。もちろん・・・容子はそうは思わないのだが・・・圧倒的な「いい子」が存在する以上・・・これは仕方ないのである。はっきり言ってひがみ根性のなせるワザである。

普通の人間は・・・ダンス教室の教師が教え子にわいせつな行為をしてしまったりするわけである。これを一言でいえば「どこでもいい子じゃいられない」ということになる。

ある意味、悪魔のような母親(田中好子)にとって「いい子」である以上・・・それ以外では「いい子」ではいられなくなるということを槇子様は否定しないのだった。

だから・・・たとえば職場では適当に「いい子」なのである。上司の命令に従いたくないときは従わないし・・・従う必要があるときは従うのである。先輩にも後輩にもけして「いい顔」ばかりは見せない。そして・・・「結婚式で父親が無職と紹介されることは断固阻止」するのである・・・そのためには父親の職場に怒鳴り込むことも辞さないのだった。

そして・・・現在は・・・直紀とその両親に出力全開で「いい顔」みせつけるのである。

こういう・・・生き方の出来ない人は・・・槇子様の生き様をつい否定したくなるものだ。

「ブリっ子」とか言っちゃうのである。「ブリっ子」といえば松田聖子の代名詞だが・・・松田聖子とくらべて・・・そういう人生を否定した人々の負けっぷりは実に如実なものなのではないだろうか・・・。

「可愛い子ぶって」とか「優等生ぶって」なんていう言葉が「敗者の戯言」「負け犬の遠吠え」であることは99%確実なのである。

そんなこと言うヒマあったら自分を磨け・・・そして自分の大切な人にはいつもいい顔見せる努力を怠るな・・・このドラマはいつもそう語りかけています。

少女マンガで言うと大島弓子の「水枕羽枕」(1984)はこういう話である。大人っぽい姉と子供っぽい妹・・・妹はいつも姉に反発を感じる。たとえば・・・カーテンの色。姉はブルーのカーテンがいいと言い、妹はピンクのカーテンを主張する。しかし・・・姉がやがて嫁ぐ日・・・ブルーのカーテンの中で目を覚ました妹は海の中に潜んでいるような甘美な夢を見る・・・という趣向です。

まあ・・・姉妹物語という古典的要素(テーマ)に対するひとつの系列(ジャンル)の中に・・・「正義の味方」と「水枕羽枕」はしっかりと位置付けられると考えます。

関連するキッドのブログ『第三話のレビュー

金曜日に見る予定のテレビ『魔王』(TBSテレビ)『ロト6で3億2千万円当てた男』(テレビ朝日)『ウォーキン☆バタフライ』(テレビ東京)『打撃天使ルリ』(テレビ朝日)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 寄せ書きかっ。(大後寿々花)おめぇのパンないからぁ(末永遥)ちょっと待ったっです(深田恭子) | トップページ | 冷静・・・器用・・・傲慢・・・必要とされる条件だ(山下智久)いらない人間はいるのね(戸田恵梨香) »

コメント

キッドさん、おはようございます~♪♪

愛しさのつれづれでかきならす六弦に
不器用な指が絡んで震えてる

ヤマトはこの歌好きなのですが、
考えても考えても意味が解りません。
恋人のことが愛しくて六弦をかきならす。
何故六弦だけなのか。
そしてそこの
側にいるであろう恋人の指が。
なぜどうしたらその指に絡むんだろう。
弦ってけっこうあたると痛いし・・・
どういうシュチュエーションなのだ!?

関係のないことを失礼しました。

ミュールの音は確かに・・・
ヤマトはミュールというものは履きませんが、
カッポカッポさせて闊歩されると(洒落)、
なんだか頭がよろしくなさそうに見えますよね。
そりゃー槇子様も怒鳴り散らします。

「綺麗な夜景の中プロポーズをする男子」
ヤマトにとってはツチノコレベルです。
未確認飛行物体っていうか・・・。
でも実際友人も何名か結婚して出産もしてるし、
きっとドラマ以外でも存在するのですね。

ヤマトはこれからまた一日中屋外で泳いできます。
よく晴れてるし。
支度して行ってきマンモス。

投稿: ヤマト | 2008年8月 3日 (日) 07時34分

shine☆*⋄◊✧◇✧◊⋄*ヤマト様、いらっしゃいませ*⋄◊✧◇✧◊⋄*☆shine

ヤマト様・・・
マジツッコミでなんなのですが・・・
その場合の六弦とは
高い方のE弦ではなく
ギターの六弦全部ということでは
・・・・・・ないでしょうかーっ。

かき鳴らすとなるとーっ。
不器用な指がもつれてからんではさまっちゃうと
なるとーっ。

まさに「つよがり」ではなくてーっ。
「なみだめ」状態にーっ。

そして・・・側には恋人いないのではーっ。
会いたいのに会ってもらえなくて
淋しくギター弾いている男の歌なのではーっ。

それ カッポレ カッポレ

ふふふ・・・
まさに絵に描いたような
人生の墓場の入り口でしたな。
いや・・・キッドの時代は
そう申しましたぞ。
結婚は人生の墓場・・・。
今、思うと幸せな時代でしたなーっ。
結婚するのが当たり前という・・・。

ヤマト様ーっ。
捨て鉢になってはいけませんぞーっ。
未確認飛行物体も
ふと気を抜いたときに
目撃したりするものでございます。

泳ぐのですな。
このクソ暑いのに
太陽とお友達になるのですな。
凛と構えたクロールなのですなーっ。
UVケアをお忘れなくなくーっ。

焼いていいのはハタチまでですぞー。

投稿: キッド | 2008年8月 3日 (日) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/22687665

この記事へのトラックバック一覧です: 自己犠牲が正義の父親と自己中心が正義の姉・・・私の遺伝子は彷徨うのです。(志田未来):

» 正義の味方 第4話 「プロポーズ大作戦」 [テレビお気楽日記]
五郎(佐野史郎)の浮気を疑う容子(志田未来)。夏休みの旅行も乗り気じゃない態度。 [続きを読む]

受信: 2008年7月31日 (木) 21時47分

» 正義の味方 第4回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『プロポーズ大作戦』 [続きを読む]

受信: 2008年7月31日 (木) 23時16分

» 「正義の味方」悪事女王さま4熊子の間違い弁当で大成功する幸運女王さまの一喝でリストラ回避の悪運 [オールマイティにコメンテート]
「正義の味方」第4話はプロポーズ大作戦と称して槇子が容子に直紀との結婚話が上手くいくように色々な作戦を容子に命令するが、一方で五郎が浮気?をしているのではという疑惑が浮上し中田家崩壊の危機を迎えるシーンがメインだった。... [続きを読む]

受信: 2008年7月31日 (木) 23時23分

» 「正義の味方」第四話 〜我を犠牲にし他人に尽くす事、故に正義の父親〜 [混沌と勇気日記。 〜乱れし報道を伝えふ、勇ましき者〜]
五郎(佐野史郎)と若い女の怪しげなシーンを目撃した容子(志田未来)が心配を募らせる中、槇子(山田優)の職場では直紀(向井理)が海外転勤するとの噂が流れる。海外赴任がきっかけで結婚する男が多いと知った槇子は、直紀から、近々大事な話があると告げられ、すぐさま作戦を立てる。それは、男がプロポーズしたくなるレストランに直紀を誘うこと。容子が打ち明ける五郎の浮気疑惑を一蹴した槇子は、すぐに素敵なレストランの調査を命じた。  五郎のことが頭から離れない容子は、学校でも友達に相談したが、五郎のことを良く知る... [続きを読む]

受信: 2008年8月 1日 (金) 03時04分

» 「正義の味方」第4話 [日々“是”精進!]
第4話容子が父の五郎の浮気疑惑に心配を募らせる中、良川の海外転勤の噂が槇子の耳に入る。海外赴任がきっかけで結婚する男性が多いと知った槇子は良川にプロポーズさせるチャンスと考え、プロポーズしたくなるようなすてきなレストランを探せと容子に指示。さらに、良川...... [続きを読む]

受信: 2008年8月 1日 (金) 06時40分

» 正義の味方 ♯04 [乙女千感ヤマト]
おっそ!!!おうちのパソコンおっそ!!!光なのにおっそ!!!これストレスたまるな [続きを読む]

受信: 2008年8月 2日 (土) 12時21分

» 正義の味方 第4話 [シャブリの気になったもの]
正義の味方 第4話 日本テレビ 2008/07/30 (水) 22:00~ 「プロポーズ大作戦」     ★はじめに   BGMの口笛がいいよね♪ どこで槇子の悪事が転じて世のためになるのかと思ったら、 ガムテープだったとは。 春子が包もうとしたときから展開は読めたけど、 意外... [続きを読む]

受信: 2008年8月 2日 (土) 22時44分

» 「正義の味方」(第4話:「プロポーズ大作戦」) [鉄火丼のつれづれ日記]
7月30日に放送された「正義の味方」(第4話)は、五郎(佐野史郎)の浮気騒動が中心となって話は進んでいく。鉄火丼は今回の話を見ていると「槇子(山田 優)の悪女っぷりはいつもよりも抑え気味だったかな…?」という印象を受けたのだが、あるシーンを見た時にそれは根こそぎ吹き飛ばされた、と感じている。その“あるシーン”とは…?... [続きを読む]

受信: 2008年8月 4日 (月) 01時18分

« 寄せ書きかっ。(大後寿々花)おめぇのパンないからぁ(末永遥)ちょっと待ったっです(深田恭子) | トップページ | 冷静・・・器用・・・傲慢・・・必要とされる条件だ(山下智久)いらない人間はいるのね(戸田恵梨香) »