« ラブ・ハンターとお呼びください!(深田恭子)愛の狩人かっ!(谷原章介) | トップページ | ・・・今度はがんばれよ・・・・(山下智久)・・・聞こえてませんよ(比嘉愛味) »

2008年7月17日 (木)

私にもどす黒い血が流れているのです・・・姉妹だから。(志田未来)

さあ・・・ダンスが始まったのかな?

「ゴンゾウ」12.5↘10.4↗12.0

「正義の味方」  13.2↘10.1

・・・ふふふ・・・「レッドカーペット」15.9%「バカな中学生のニュース」12.6%「村上弘明の森村誠一」11.5%・・・水10はきつい感じになってるのね。やはり火10と水10はチェンジした方が・・・まあ・・・いいか。

「ゴンゾウ」もそこそこ面白い・・・まあ・・・「ちりとてちん」だか「風林火山」だか「Around40」だかわからない展開です。今回は父親に蒸発された娘に邑野みあ登場。もう21歳かあ・・・。『先生知らないの?』(1998)の生徒役でデビューだから・・・もう10年。息の長い女優になれるかどうか・・・スタートラインに立ちました。1話で死亡の前田亜季は23歳でほぼ同期。薄倖という点ではかぶるが・・・意外と棲み分け可能なタイプだと思う。間にいるのは木南晴夏22歳だが・・・そろそろ見たいぞ。「学校!」で出番作ってくれ。

ゴンゾウの伝説を知りたい方はコチラへ→ikasama4様のゴンゾウ

ゴンゾウの佐久マーくんがエロ~いと思う方はコチラへ→まこお嬢様のゴンゾウ

ゴンゾウはともかくお昼は塩むすびを食べたいあなたはコチラへ→エリお嬢様のゴンゾウ

で、『正義の味方・第二回』(日本テレビ080716PM10~)原作・聖千秋、脚本・旺季志ずか、演出・中島悟を見た。たとえば・・・自分の欲望に弱い人はエリートとは言えない・・・と一般の人は考えるだろう。欲望に負ける・・・という発想である。しかし・・・実際のエリートとは欲望に忠実なものなのである。「勉強したい」から「勉強ができる」・・・「いいスタイルになりたい」から「ダイエットできる」・・・「きれいになりたい」から「おしゃれできる」のだ。もちろん・・・凡人にとっては・・・そんな奴は「嫌な奴」なのでいじめたりするわけである。しかし・・・ドラマの中では・・・手が届かない。その「イヤさ」は「モンスターペアレント」に登場する理不尽な「親たち」より・・・さらに「イヤな感じ」ではないのだろうか。

そういう意味で「悪魔なのに正義の味方」である姉・槇子(山田優)の「魅力」は伝わりにくいのかもしれない。しかし・・・連続で見ていると・・・きっと・・・人々は・・・「自分の中に潜む槇子」に気がつくはずである。そして・・・その「正々堂々さ」・・・主に自分の欲望に対してだが・・・その「可憐さ」・・・もちろん自分の欲望に対してだ・・・その「清々しさ」・・・圧倒的に自分の欲望に対しての・・・キュートさに染まるはずである。

もちろん・・・最後まで・・・「都合がいいことが許せない」・・・現実に不運を感じるばかりの人々はこれに気がつかない可能性はある。でも・・・そういう人は世の中の本当の面白さを知らないで人生を過ごすことになると思う。

たとえば・・・「親とケンカしてバスジャックしちゃう14才」は困ったものだが・・・そういうことをやらかしちゃう奴が現実にいるということは面白いことなのだ。その証拠にニュースになってスポンサーがついているのである。

だから・・・「嫌な上司に雑巾しぼりのお茶を入れる」→「そのお茶が甘露である」→「上司は下痢をする」→「職場から消えてもらいたいので入院をすすめる」→「上司が入院するとガンが発覚」→「早期発見で寿命が延びる」→「上司の奥様に感謝される」・・・というような槇子様の欲望に忠実なだけだけど世の為、人の為になるということは素晴らしいことなのだ。

もちろん・・・「惚れた相手をモノにするために手段を選ばない」というのも・・・欲望に忠実なだけだ。そして・・・欲望は相互に矛盾することもある。

偶然の出会いを演出。つまり努力である。

妹の容子(志田)を自分の召使にするために・・・努力を惜しまなかったからこそ・・・できるワザである。そういう意味では欲望に忠実というのは「がんばりやさん」の別名なのである。最近・・・凡人たちは「必死さ」をバカにするのであるが・・・槇子様は生れてからずっと自分の欲望の実現に必死なのだ。

それは容子が友達の姉が「妹のためにホットケーキを焼いてくれた」という出来事に腰を抜かして驚愕するほど徹底していたのである。

・・・ちなみに「優しい友人の姉」を演じるのは映画「学校の怪談」(1995)で姉よりかわいい妹を演じた米澤史織である。ちなみに彼女は「学校の怪談3」で前田亜季と共演している。

①惚れた相手・エリートの良川(向井理)の趣味であるクラシックコンサートの隣の席を容子に確保させる→睡眠欲に負け爆睡→仕事に疲れているのだなあと同情される

②惚れた相手・エリートの良川の趣味である世界の不幸な子供たちの写真展で待ち伏せ→お気に入りの靴を壊され憤怒で号泣→子供たちの哀れさに涙していると誤解され感動させる

③惚れた相手・エリートの良川の趣味である海岸のゴミ拾い奉仕活動に参加→ゴミを捨てた人々に八つ当たり→正義感に惚れ惚れ・・・なのである。

この娘を育て上げた母(田中好子)は夫(佐野史郎)を完全制御しているのだが・・・自分がいつまでも宝物であれば・・・釣った魚にエサはやらない・・・という諺は意味不明なのである。つまり・・・魅力的である努力を怠らないのである。そして・・・娘(主に長女)はその母の教えを忠実に守る・・・良い子なのだ。

「原子力」も所詮はエネルギーなのだ。一瞬で10万人を殺すこともできるしお風呂もわかせるのである。「欲望」もまた同じだ・・・とこのドラマは示唆しているのである。

ついに・・・恋人同士になった・・・良川と槇子。二人が容子にボートをこがせることに違和感を感じる人は多いかもしれない。良川はいい人なのに・・・なんで・・・妹をこき使うのか・・・。

しかし・・・良川の眼にはこう見えている・・・ああ・・・妹の容子ちゃんはお姉ちゃんが大好きなんだなあ・・・一緒にデートについてきたりして・・・しかも・・・お姉ちゃんのためにはりきってボートをこいで・・・いやいや・・・ボートを漕ぐのって楽しいからなあ・・・とにかく・・・邪魔するのは悪いから・・・好きなだけ・・・ボートを漕がしてあげようね・・・。

もちろん・・・妹の深層心理はその通りなのである。いかにも・・・表層意識では・・・お姉ちゃんは困ったものだと・・・ぼやいていも・・・心の底では・・・お姉ちゃん大好きーっと叫んでいるのである。

さて・・・自己矛盾を抱えながら・・・姉の欲望の強さに辟易し・・・嫁に行ってもらいたいと思うあまり・・・本当は善人すぎる良川を犠牲にした・・・容子・・・母→姉そして母→妹に流れる自分の血の濃さにそろそろ気がついたのである。しかし・・・罪悪感を持ってしまうあたりがまだまだなのだ。

もちろん・・・鉄オタの父の血も流れているのだが・・・。

そんな容子の前に・・・お姉ちゃんには何度もされたかもしれないビンタをする謎の女・知佳(西内まりや「ニコラ」の専属モデル)登場である。・・・人気の男子・陸(本郷奏多)の彼女を自称するのだ。

さて・・・ついでに・・・高校の容子のお友達も紹介しておこう。

大きい方・・・小松響子(中村静香)・・・鼻の下のホクロは右側。小さい方・・・島崎麻衣(志村玲奈)・・・鼻の下のホクロは左側。ちなみに「たらこ・たらこ・たらこ」でおなじみキグルミの元メンバーだ。

まあ・・・とにかく・・・「正義の味方」は・・・夏のドラマの中で一番奥深いとキッドは考えている。それは「わがまま」とか「欲深い」とか「自己中心的」とか・・・そういう言葉に対しての悪意は・・・怠け者の言い訳・・・負け犬の遠吠えにすぎないのだという哲学を含んでいるからだ。

関連するキッドのブログ『第一話のレビュー

金曜日に見る予定のテレビ『魔王』(TBSテレビ)『ロト6で3億2千万円当てた男』(テレビ朝日)『ウォーキン☆バタフライ』(テレビ東京)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« ラブ・ハンターとお呼びください!(深田恭子)愛の狩人かっ!(谷原章介) | トップページ | ・・・今度はがんばれよ・・・・(山下智久)・・・聞こえてませんよ(比嘉愛味) »

コメント

キッドさん、こんばんは。

2話、見ましたわ。私は「シバトラ」(2話は面白かったのです)「ヤスコとケンジ」の方が好きですけど、結構面白かったです。

私は基本、自分の気持ちには正直だと思うけど、他のことでは結構うそつきだったりします。人に言えない秘密もあるしね。まあ、たいしたことではないのですが。だから、雷は怖いです。あれは神の怒りだから、。

だから、まき子嬢は好きです。あれだけ、きっぱり正直だと、ほんとすがすがしいですわ。

次回、覚えてたら見ますね。暑さのせいですぐ忘れるので、、、はい、歳のせいもありますね。

投稿: youko | 2008年7月17日 (木) 20時55分

キッドさん、こんにちは~♪♪

今回も面白かったですね。

面白いドラマは
レビューのUPが
ものすごく
早くなるんだなあ・・・
とヤマトは
新たな自分を知りました。

いつもコメント長文なので、
今回は短くしておきます。
夏バテ気味だし。

では、第3話も楽しみですねsign03

投稿: ヤマト | 2008年7月18日 (金) 13時01分

fuji♢♦~山~♦♢youko様、いらっしゃいませ♢♦~P~♦♢♦♢bell

ふふふ・・・雷神は万国共通でございますからね。

日本では稲光というように
お米とも縁が深いのです。
お米の神様と雷神様は仲良しなんですよね。

西欧では主神であるゼウスやジュピターは
雷の使い手です。
太陽神アポロンよりも格上。
このあたりが西洋人の攻撃性を示している・・・
とキッドは思います。

日本では主神はアマテラスで太陽ですからね。

次がスサノオでこれは風と雨の神。

雷神となると・・・菅原道真の怨霊という
悪魔級の扱いです。

このあたりの
皮肉が
このドラマには満ち満ちているとキッドは
妄想しています。

太陽や風雨がナンボのもんじゃい。
一撃必殺の雑巾茶くらわしてやるっ!
でございますから・・・。

投稿: キッド | 2008年7月19日 (土) 06時07分

shine☆*⋄◊✧◇✧◊⋄*ヤマト様、いらっしゃいませ*⋄◊✧◇✧◊⋄*☆shine

キッドも大満足でございます。

ヤマト様のレビューアップのスピードにも
驚天動地でございます。
よほど先にコメントしようと思いましたが
年寄りは形を崩すことに
抵抗があるのでやめておきました。

エライ、エライ・・・と思いましたぞ。

キッドはすでに完全に夏バテです。
冬の寒さも厳しいですが
知的作業にはそれほど影響せず・・・。
夏の暑さはストレートに脳に来ます。
もう酸素が不足しているような気分です。
ああ・・・夏になると
金魚たちが
プカプカと浮くのだな。
クーラー付け忘れて
熱射病で死ぬのだな。
ぽにょなどというもので
キッドの罪悪感に火をつけおって
ジブリめ~。

それに対し・・・四季を通じて
タイピングの速度が一定であろう槇子様。
ひれ伏します。

では、第三話もお楽しみにsign03sign01

投稿: キッド | 2008年7月19日 (土) 06時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/22357952

この記事へのトラックバック一覧です: 私にもどす黒い血が流れているのです・・・姉妹だから。(志田未来):

» 正義の味方 ♯02 [乙女千感ヤマト]
今回も槇子様(山田優さん)はお美しゅうございました。前回より素敵なドレスをお召し [続きを読む]

受信: 2008年7月17日 (木) 13時28分

» 正義の味方 第2話 [シャブリの気になったもの]
正義の味方 第2話 日本テレビ 2008/07/16 (水) 22:00~ 「姉が恋すりゃ地獄の日々」     ★はじめに   やっと、自称、陸の彼女・まりや(森山知佳)登場。 森山知佳ちゃんって、夏帆ちゃんみたいだね。   数々の槇子の失敗や行為が、どう勘違いされるのか楽しみ... [続きを読む]

受信: 2008年7月17日 (木) 13時42分

» 「正義の味方」第2話 [日々“是”精進!]
第2話直紀に関する情報を集めるよう槇子に命じられた容子は、すぐに住所や趣味などを調べて報告。直紀がクラシックコンサートに行くと知った容子は槙子に命じられた通り、何とか隣の席のチケットを入手して槇子に手渡す。ところが、そのコンサートで槇子は直紀の隣でよだ...... [続きを読む]

受信: 2008年7月17日 (木) 14時20分

» 正義の味方 第2話 「姉が恋すりゃ地獄の日々」 [テレビお気楽日記]
槙子(山田優)の指示で良川直紀(向井理)のストーカーをする容子(志田未来)。郵便物あさっちゃだめでしょ。 [続きを読む]

受信: 2008年7月17日 (木) 17時00分

» 正義の味方 第2話 姉の恋人をゲットせよ! [レベル999のマニアな講義]
『姉が恋すりゃ地獄の日々』内容姉・槇子が恋した。。。同じ政務省に勤める良川直紀。そこで、石狩熊子・妹・容子は、情報収集を命じられる。住所や趣味を調べていく容子。そんなある日のこと。クラシックコンサートに行くことを知り苦しみながらも、隣の席をゲット!が、...... [続きを読む]

受信: 2008年7月17日 (木) 17時41分

» 正義の味方 第2回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『姉が恋すりゃ地獄の日々』 [続きを読む]

受信: 2008年7月17日 (木) 19時21分

» 姉のあやつり人形(正義の味方#2) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『正義の味方』  スタッフブログ「私の運命の人。。。」政務省勤務の美しい人の皮をかぶった恐ろしい悪魔・中田槇子@山田優の恋の奴隷に指名されたのは、神奈川県青葉区いずみの町2-6-1 オークウッドコート1405号室在住の東大経済学部出身で政務省勤務のシーカヤックが得...... [続きを読む]

受信: 2008年7月17日 (木) 23時17分

» 「正義の味方」悪事女王さま2毒を持って病名判明・・・しかもそれがキッカケで彼氏ゲットの悪運に妹成す術なし [オールマイティにコメンテート]
「正義の味方」第2話はターゲットとして狙ったエリートの直紀と付き合うために容子に身辺調査をさせる槇子は容子に命令してありとあらゆる手段で直紀をゲットしようと悪事を企む一方で課長には毒も盛る悪事を企てるがこれがまたも幸運を呼んでしまうシーンがメインだった。... [続きを読む]

受信: 2008年7月17日 (木) 23時21分

» 「正義の味方」第弐話 〜我には、彼奴の血が混じっているかもしれぬ〜 [混沌と勇気日記。 〜新たなる勇ましき無秩序の世界〜]
恋のお膳立てをするよう槇子(山田優)に命じられた容子(志田未来)は、さっそく直紀(向井理)の身辺調査をするため尾行を開始し、その住所、趣味などを調べ上げる。そして、さらに情報を得ようとマンション内の直紀のポストを覗こうとした容子は、突然同じ学校の岡本陸(本郷奏多)に肩を叩かれる。陸はなんと直紀と同じマンションの、しかも隣の部屋に住んでいるという。しかも槇子の付けたあだ名“石狩熊子”で呼ばれた容子は、自分の行動を見られたこともあり、恥ずかしさで一杯だった。 まもなく尾行調査のかいもあって、直紀が... [続きを読む]

受信: 2008年7月19日 (土) 02時38分

» 正義の味方(7月16日) [今日感]
いや~おもしろい。ストーリー動向ではなく、槇子と容子の表情を中心にした演技にw [続きを読む]

受信: 2008年7月19日 (土) 11時15分

» 正義の味方 (山田優さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆山田優さん(のつもり)山田優さんは、毎週水曜よる10時日本テレビ系列にて放送されている連続ドラマ『正義の味方』に中田槇子 役で出演しています。今週は第2話が放送されました。 [続きを読む]

受信: 2008年7月19日 (土) 17時12分

« ラブ・ハンターとお呼びください!(深田恭子)愛の狩人かっ!(谷原章介) | トップページ | ・・・今度はがんばれよ・・・・(山下智久)・・・聞こえてませんよ(比嘉愛味) »