« 私を甲子園に連れてって。(佐藤隆太)だめぇぇぇ(多部未華子)まったあり(仲里依紗) | トップページ | 邪魔する奴はぶちのめせ!(織田裕二)岡田将生(18)北乃きい(17)吉高由里子(20)冨浦智嗣(17)鍵本輝(18)谷村美月(18)大政絢(17)黒瀬真奈美(16)前田敦子(17)・・・北川景子(21) »

2008年7月21日 (月)

女の出る幕なし・・・てかっ(宮﨑あおい)俺は医者だ・・・イメトレしている(竹野内豊)

ふふふ・・・オーソドックスな日曜劇場・・・やればできるのになぜやらなかったのだ・・・。

まあ・・・結局・・・木村拓哉とか・・・竹野内豊とかは・・・確立した二枚目スターなのだよな。だから明石家さんまとか織田裕二のような三枚目的なスターと違い・・・デタラメな構成が許されないということなのだ。意欲的な試みとメチャクチャは紙一重で・・・その気になればどこまでも・・・ダメになっていくのである。

そういうことに対してプロデューサークラスのスタッフは無自覚になってはいけないということなのです。

まあ・・・何が当たるかわからないから・・・やるだけなんだよ・・・と開き直られたらそれまでですが。

まあ・・・寝ぼけて親を殺す子供だってたまにはいますしね。なんだってあるっちゃぁありますよ。

で、『Tomorrow~陽はまたのぼる~・第3回』(TBSテレビ080720PM9~)脚本・篠崎絵里子、演出・川嶋龍太郎を見た。「明日になれば陽はまたのぼる」のだが、こういう当たり前のことを言って・・・「確かにそうだよなあ・・・」と妙に感心することが人間にはある。なぜなら人間はとりとめない生き物で・・・いつもいつも「当然のこと」を考えているわけではないからだ。で・・・とにかく・・・そういう「ごく自然な話」を「歌」にすることが可能なのである。同じように「ドラマ」もできる。「明日になれば陽はまたのぼる」ようなドラマだ。で・・・頭の悪いものは「そんな普通のことではドラマとして面白くない」と考えるのだ。

ここが・・・「まちがい」のポイントなのである。「とんでもないこと」が「面白い」という「当たり前」がわかってないのである。つまり「当たり前のことが面白い」という「とんでもないこと」の方がレベルが高いということだ。

「医者が患者を治す」という・・・とても当たり前のことを描いて・・・「不思議と面白い」・・・そういう到達点を目指すべきなのだ。それができるのが「プロ」なのである。

少なくとも・・・この作品は・・・「ありえないカップルの珍騒動」や「ありえない夫婦のドタバタ」や「ありえない年の差カップルのメチャクチャ」よりもずっと面白いとキッドは思う。

この調子でお願いします。

キッドは病院にはほとんど行かないが・・・キッドの周囲は「お医者さん」が大好きである。

「風邪をひいた」「腰が痛い」「頭が痛い」「熱が出た」「足が痛い」と言っては医者に行く。

もちろん・・・悪いことではないのだが・・・その度に国庫からお金が出て行くのである。

で・・・今回は「人工透析」である。国庫の負担はほぼ100%である。

なぜかと言うと・・・「患者」に負担させるには「酷」な病状というものがあるからだ。

「コード・ブルー」の第一話にも人工透析の必要な患者が登場した。週に三回・・・健康な人間なら腎臓が処理する血液の濾過を機械に委ねなければならない。そういう不幸は確率的な問題であって誰にも起り得ることである。で・・・たまたま・・・当たった人は嘆くしかない。年若い患者は人生に絶望し・・・リストカット・・・自殺未遂の結果・・・右腕が壊疽を発症し・・・右腕切断に至る。ただ・・・嘆いたり・・・ただ・・・生きているだけでも・・・時には人は残酷な運命にめぐり合うのである。

そういう意味で・・・こういう「患者」の負担を軽減するために・・・「費用」を国庫(税金です)が負担するのは・・・実に合理的だし・・・善意にあふれている。

もちろん・・・「不健康なのは自己責任」という考え方もあるだろうし・・・「透析の必要な患者」と同じように「残酷な運命」に遇いながら「自己負担」となっている「病状」もいくらでもある。

このあたりが「政治」の難しいところだ。

・・・どこまでいっても「不公平」はなくならない。しかし・・・現場で常にそれを「目指そう」という気持ちをなくしてはならない。

もちろん・・・そういう理想を求める人間ばかりではない。大分県の教育者なら身に覚えのあることである。・・・まあ・・・余談ですが。

とにかく「商売」の「基本」は「料金先払い」である。もちろん・・・「信用のある人々」は「レストラン」で「食券」を買ったりしないのである。それどころか・・・「小海老のカクテル」「ポタージュスープ」「季節のサラダ」「ヒラメのムニエル」「フィレ・ステーキ」に「食前酒」「白ワイン」「赤ホイン」を飲んで「コーヒー」に「アイスクリーム」と「季節のフルーツ」でディナーを締めくくってもカードしか出さなかったりする。しかし・・・「信用のない人」は「ざるそば」を食べるのにも「食券」を買う必要があるのだ。

で・・・「病人」は基本的に「信用のない人」である。たまに治療しても死んだりする。そうすると死者からは「お金」がいただけないことはよくあるのである。

これは「商売人」にとってはひどい話である。

「ほぼ食い逃げ」だ。

そこへ・・・「透析」という「ビジネスチャンス」がやってくる。なにしろ・・・「お勘定」は「国庫負担」なのである。もう・・・「透析」をどれだけしても「とりっぱぐれ」がないのである。

キッドの密林は三方が病院に囲まれている。北と南の病院には透析センターがない。東の病院には透析センターがある。驚くべきことに北と南は築30年以上のボロビルだが・・・東はガラス張りのキラキラした建物で・・・しかも・・・左右に新病棟を新築中なのである。

もう・・・儲かっちゃって儲かっちゃって笑いが止まらない東の病院経営者なのだ。

ちなみに院長は元・極道である。

まあ・・・要するに・・・医療もビジネスにすぎないということなのだ。

だから・・・経営コンサルタントで脳外科医の遠藤(緒川たまき)の言うことは正論この上なしなのである。もちろん・・・こんなボロい商売に競争はつきものなのだ。しかし・・・市民病院などというものは立地条件などでかなり恵まれている場合があり、新規参入しても充分に勝算はあるわけである。

周辺の古参の透析センターとしては死活問題なのだ。

これが極道の経営だったりすると・・・とんでもないトラブルになったりする。

「市民病院の透析で患者が死んだ・・・」などという怪文書が駅前で配られたりするのである。

そういう危惧さえあるのに・・・遠藤に対してくってかかるナース愛子(菅野美穂)・・・。

「一般の患者さんを追い出して・・・儲かるから透析するなんて許せないっ」

ふふふ・・・そうですよね。透析患者ばかりが病人じゃないわけですから。しかし・・・愛子・・・先週・・・妹(黒川智花)の命を助けてもらった恩人に対して・・・まあ・・・自由平等平和博愛主義者に義理もへったくれもないですけど。

そしてかえす刀でドクター航平(竹野内)に「あんたもなんか言ってよ」なのである。

だから・・・航平も妹の命助けた恩人だから・・・ま、いいか。そんなナース愛子がステキだっ。わがままでいい。・・・だって実際に困っている患者さんだっているんだものね。

ともかく・・・外科医・航平・・・透析センター担当(仮)である。

探偵学園Q(陣内孝則)に依頼していた調査結果が出るまでは・・・正体不明の男・航平をおいそれと活用するわけにはいかないのだ・・・と言っているワリには「稼ぎ頭」部門に抜擢してるぞ・・・まあ・・・遠藤も人の子・・・夜中にトイレに行けない美少年と過去のある二枚目ドクターには甘いらしい。

そして・・・今宵の悩める患者はペンキ職人(ベンガル)である。もちろん・・・ドクター航平は患者として出会う前に運命の出会いをして・・・ペンキ塗りたてのベンチに座ります。すぐにクリーニング店に走らないと・・・。

そして・・・患者の理由ありの息子(塩谷瞬=ハリケンレッド・・・「トップセールス」からここだが10月からはドラマ8の「七瀬ふたたび」で予知能力者・恒夫役・・・七瀬(蓮佛美沙子)である・・・それは・・・どうだろう)にも出会うのである。

ペンキ屋の息子とペンキ屋は仲のいい親子だった。運動会で二人三脚をしたことがある。母親ゆずりなのか足の速い息子に対して父親は鈍足である。結果は最下位の一歩手前。息子は「父ちゃんのせいじゃないよ」と父親をかばった・・・。父親の宝物のような思い出だ。そんなある日・・・母親が腎臓病になった。夫は妻に腎臓をひとつプレゼントした。すると今度は父親が腎臓病になった。互いを気遣うあまりギクシャクする夫婦。少年には理解できない大人の機微で夫婦は別れた。何もそんなことで・・・と思う人もいるかもしれないが・・・そこには性の不一致とかいろいろあるわけです。

ともかく・・・別れの理由を知らないペンキ屋の息子には父親が母と自分を捨てたとしか思えない。そして母はほどなく病死し・・・少年の心には父への怨みだけが残る。

しかし・・・成人した息子に送金を続ける父親。そしてわざわざ足を運んで返金する息子。

草臥れ果てた父親の腎臓はいよいよ危険な状態になり・・・循環器にも余病が併発する。

この状況を変えるには腎臓の生体移植が有効である。

もちろん・・・その施設も専門医も市民病院にはない。

外科医への復帰を目指し・・・寝る間を惜しんでイメージ・トレーニングをする航平。その姿を見た愛子は反省して・・・患者のための奉仕活動を開始する。

親子関係の修復である。愛子が息子を探し出し、航平が「病歴」を洗い出して・・・「ペンキ職人夫婦の秘密」を探り当てる。

航平「お父さんはお母さんに腎臓を贈った・・・それは愛だ・・・と思う」

息子「おやじ・・・おれの腎臓もらってくれよ・・・それが・・・愛だから」

一件落着である。

結局・・・専門病院で移植手術をすることにしたペンキ屋親子。去って行く姿はまるで二人三脚をしているようだった・・・。

遠藤「・・・他の病院のために営業して・・・どうするの・・・」

航平「でも・・・人助けは・・・気持ちいいじゃないですか・・・僕は医者としてベストを尽くしただけです」

遠藤「・・・あなたが・・・殺した患者の家族にも同じことを言えるかしら・・・くそ生意気なナースの愛子の母親・・・あなた・・・医療ミスで殺してるわよ・・・」

航平「・・・え・・・そんな・・・運命のめぐりあわせが・・・ドラマだからですか・・・」(つづく)

Hcinhawaii0422 ごっこガーデン・市民病院の短い廊下セット。まこああーっ・・・せっかく第二の握手を二人で決めたのに・・・二人の共同作業で患者さんに幸せをプレゼントしたのに・・・二人の運命には何が待っているのデスかーっ。でも・・・この手を離さなければ・・・時間は止まるの・・・明日になっても陽はのぼらないんじゃーぁぁぁぁぁアンナいいお話だったぴょん。息子が一瞬山P先輩に見えたことはエリ姉ちゃんには秘密だぴょんのかえるぴょんエリ足が早くてイケメン・・・ベンガルパパ・・・本当に血がつながっているのか疑問でスー。患者は生かさず殺さず・・・しぼりとるだけしぼる・・・ビジネスとしてはそれが正解ですyon・・・でも患者は金のなる木じゃないのでスーみのむし親子の秘密と母と好きな人の秘密・・・秘密るるるでもドロドロじゃないるるる・・・愛子甘いよ愛子・・・遠藤正解だよ遠藤るるる・・・まこちゃん・・・握手長いよ握手

Hcinhawaii0423 ごっこガーデン・市民病院屋上セット。お気楽外科は成功しても感謝されるだけ・・・失敗したら裁判とかでお金とられて割にあわないよね。いい話すぎて本文でツッコミなしよ。ねえ・・・まこちゃん・・・廊下で5時間屋上で5時間って・・・そろそろ・・・お仕事に行ってよmariイメージ・トレーニングって・・・医龍を思い出しましたよ。10人は殺さないと1人前になれないという伝説の外科医界・・・航平の腕前も医療ミスの真相も・・・まだまだ秘密なのでしょうちーず実は・・・優しい遠藤・・・家出の理由を隠していた父親・・・医療ミスを背負う覚悟を決めた航平・・・しかし・・・そのチャンスをくれた愛子は・・・死なせてしまった患者の娘だった・・・ああ・・・素敵なあらすじです

Hcinhawaii0424 ごっこガーデン・市民病院付属海水浴場。くうTomorrowはサボリですがお弁当は毎日つくってる・・・新しい冷蔵庫を買ったことを報告しておくよっやっとコード・ブルーのレビューが完成するともう・・・Tomorrowに・・・でもとりあえず海水浴は楽しむ・・・クラゲには注意してーっシャブリ落ち着いてきたTomorrow・・・相変わらずのコード・ブルー・・・アップ順が不規則になりますって・・・せっかく・・・医者モードできたのに・・・海水浴って・・・太陽と海の教室セットかと思いましたよっikasama4これは・・・ひょっとして新しい水着のおねだりプレッシャー・・・?・・・まこさんの予想がズバリ当たった・・・医療ミスをした医者と・・・患者の家族・・・だった・・・航平と愛子・・・「真相を知ったもの」と「真相を知らないもの」・・・悩ましいところです・・・ここでエドさんが出番でしょうか?

関連するキッドのブログ『第二話のレビュー

で、『篤姫・第29回』(NHK総合080720PM8~)原作・宮尾登美子、脚本・田渕久美子、演出・岡田健を見た。気がつけば・・・前半戦をかなり越えて・・・後半に突入している大河ドラマ。篤姫のほぼ歴史的事実を淡々とおいかけてお茶の間のハートをゲットである。そして・・・いよいよ・・・今回から天璋院篇の開幕である。明治維新(1868)まで残り十年。一体・・・何を見せてくれ・・・何を見せてくれないのか・・・ドキドキである。例によってシナリオに沿ったレビューはikasama4様を推奨します。今回は総天然色・井伊直弼書下ろし全身イラストに月照スケッチの二大付録。かわいいなおすけファンにはたまらない魅力。島津斉彬逝去により・・・風雲急を告げる薩摩の小松帯刀・・・京都の西郷吉之助・・・そして将軍逝去により・・・大奥にも波紋が広がり・・・大老井伊と新将軍の義母・篤姫との間に電撃が走る・・・盛りだくさんの今回をあますところなく全網羅でございます。

Atuhime1858d で・・・今・・・TBSラジオを聴き・・・「太陽と海の教室」をながら見しながら・・・妄想しているわけだが・・・深夜0時からの「バツラジ」に岡田ひとみが「夏休みの宿題の工作について」語るゲスト出演するからオンエア・同時録音してくれないかと事務所・社長の内田くんが電話してきたのである。・・・高校生かっ。で・・・キッドはAMラジオをタイマー録音するシステムはないので・・・目覚まし時計をかけて・・・ラジカセにテープをセットしてスタンバイしているのである・・・小学生かっ。・・・まあ・・・ダチは大切にしないとな。・・・この体制で妄想できるところが・・・実力というものなのだ・・・自慢できることなのかっ。

京都の夜・・・西郷の脳裏には眼に映る朧月が・・・意味のない光として宿っていた。主君・島津斉彬の逝去が・・・西郷吉之助から理性を奪っている。すべての計画・・・すべての実践・・・何もかもが虚しくなってしまったのである。悲嘆にくれる江戸の篤姫と同じように・・・愛するものを失った西郷の虚無への同化は深い。

優しい眼で見つめ・・・時には激しく・・・時には繊細に・・・西郷の心と体から・・・官能の限りを引き出したあの方がもう・・・この世にいない・・・西郷はその現実を想起するたびにブルッと全身を振るわせる。

己が院の庭にある池のほとりで・・・しゃがみこんだ西郷の後姿を・・・痛ましげに見つめているのは月照である。月照は僧衣にこもる熱気を風にさらしながら・・・呼吸をはかっていた。西郷の心に明滅する・・・生と死の呼吸。その傾斜は徐々に死に向っている。

情死は心のありふれた姿だ。愛が生の源であるならば・・・愛の喪失が死に直結することは真理なのである。

しかし・・・すべては理にすぎない。明と暗。生と死。和と乱。すべては同じものの裏と表である。心もまた理である以上・・・時と場を得れば・・・逆流は可能なのである。西郷の懊悩に寄り添い・・・息をあわせる月照は気を研ぎ澄ませる。

月照が息を吸い・・・息を吐く。西郷が死を乞い生にすがりつかれる。スー・・・ハー・・・スー・・・ハー・・・スー。

刹那・・・月照は怪鳥のように空を舞い西郷を背後から襲う。月照の気をためた両の掌は一瞬にして西郷の股間の男のものを握りしめた。

驚異的な速度で怒張する西郷・・・その瞳に生の光が漲る。

「活じゃ・・・吉之助・・・生きよ・・・」

月照は西郷の精をしぼりだしながら呪いをかけた。

その頃・・・篤姫は江戸城本丸の屋上の瓦屋根の上にいた。

くぐり衆の忍び装束である。

そのやや・・・下方に古風な黒装束のくのいちが一人。お志賀であった。

殺気をあわせながら・・・篤姫は・・・お志賀をいなすように囁く。

「お志賀・・・そこもとは・・・彦根の草であったか・・・」

お志賀は顔を伏せたまま・・・じりじりと移動する。上方の篤姫を中心にした円を描いている。

「いかにも・・・公方様・・・亡き後は・・・お役御免にございます・・・」

「・・・何が望みじゃ・・・」

「公方様は・・・御台所を庇って・・・お命を落としたとか・・・ならば・・・御台所にも付け入る隙がある・・・ということでございましょう・・・術者として・・・賭けてみたいと思いまする」

・・・家定の死を連想させることがお志賀の手管であった。篤姫の心の乱れを察することもなく・・・お志賀はその一瞬に賭けたのだ。

篤姫の周囲に折鶴が浮かんだ。四方八方から漆黒の折鶴が篤姫に殺到する。月光に浮かぶその気配を篤姫は見切っていた。折鶴はすべてが直線的に飛び去り・・・その交錯した軌跡を気配もなく・・・篤姫はかわしていた・・・。

お志賀は忍び刀に手をかけたが・・・その場を動かなかった。篤姫は手を振った。

「さらばじゃ・・・」

「おさらばでございます・・・」

お志賀は音もなく飛んだ。篤姫の気は・・・すでに背後に移っていた。背後で気配を窺っていたもう一人の忍びはすでに戦意を失っている。

「井伊か・・・そちは逃がさぬ・・・」

「・・・ふふふ・・・さすがでございますな・・・公方様が身を滅ぼす甲斐があったというもの」

「ほざいておれ・・・」

篤姫はすでに邪眼を解放していた・・・しかし・・・その表情が曇る・・・。

赤忍者の頭領・井伊直弼はからかうように体をゆすった・・・。

月光に照らされたその顔に・・・眼はなかった・・・。

「・・・井伊・・・御主は・・・」

「ふふふ・・・眼のないものに・・・邪眼は効きませぬぞ」

篤姫の顔に朱が昇った。必殺のくぐり十字手裏剣が撃ち放たれる。

その軌道から逃れるように・・・井伊は虚空に飛ぶ。井伊は笑っていた。そのまま・・・凧に乗ったようである。

「ははははは・・・天璋院様・・・もうしばらく・・・勝負を楽しみましょうぞ・・・この直弼・・・両の目を失った分は・・・よき思いをしなければ・・・あまりに情けないことでございましょう・・・天下をしばし・・・おあずけくだされませ」

「うぬ・・・天耳通か・・・化け物め・・・」

篤姫は虚空に消える井伊を睨みながら・・・唇を噛んだ。(つづく)

火曜日に見る予定のテレビ『モンスターぺアレント』『シバトラ』(フジテレビ)『学校じゃ教えられない!』(日本テレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 私を甲子園に連れてって。(佐藤隆太)だめぇぇぇ(多部未華子)まったあり(仲里依紗) | トップページ | 邪魔する奴はぶちのめせ!(織田裕二)岡田将生(18)北乃きい(17)吉高由里子(20)冨浦智嗣(17)鍵本輝(18)谷村美月(18)大政絢(17)黒瀬真奈美(16)前田敦子(17)・・・北川景子(21) »

コメント

今年の夏のドラマは雰囲気的に
ビキニではなくてスクール水着が似合いそうな感じがしますねぇ。

という事であれば
イラストの編集が簡単に済みそうです(; ̄∀ ̄)ゞ

今回のポイントは人工透析
てっきりよくこの局で報道してた
病気腎移植が出てくるかなと思ったりしたんですが
そこまでネタのごり押しはなかったみたいです(; ̄∀ ̄)ゞ


そして篤姫
寿桂尼が見事にハマってます( ̄ー ̄)b

そして天耳通ときましたかぁ。

そんな直弼を倒す遣い手の業が気になってきますねぇ。

となるとその遣い手は
篤姫より天耳通対策として
どのような手ほどきを受けるのかってとこも気になりますねぇ。

西郷さんはどうも月照はんによって
不死の身体になったような(; ̄∀ ̄)


さて、そろそろ久光でも
作ってくるかなε≡≡ヘ( ゚∀゚)ノ

投稿: ikasama4 | 2008年7月23日 (水) 00時20分

今度こそ、この握手した手を絶対に洗わないので
ごじゃりまするぅ~!!!
んと、次は市民病院屋上セットに移動なのですネ。
航平先生をお待たせしてなるものですか、急げ~~~run
うわっちょちょ・・・全力疾走したら柵に激突するとこやったやんけ~bearing
てか、また手ぇついてもうた・・・
って、ペンキ塗り立てやんかーーーっ!
この手はどげんしたら綺麗になるとですかーーーっ!crying
こんな手じゃ、次に握手してもらうチャンスがあっても
恥かしくて出せないでごじゃりまするでそうろう・・・shock

投稿: まこ | 2008年7月23日 (水) 11時49分

うむ、病院経営とはそのようなことを視野に入れるのだということを
はっきりと教えてくれた今週話でした。
でも透析するのは痛そうでかわいそうなのでした。

まこちゃまの握手を見て幸せな気持ちになったのに・・
あららペンキですかあ><
でも大丈夫、じいやさまが何とかしてくれるyon♪
次のチャンスをお待ちなされ~☆

投稿: エリ | 2008年7月23日 (水) 18時30分

pencil✥✥✥ピーポ✥✥✥ikasama4様、いらっしゃいませ✥✥✥ピーポ✥✥✥pencil

真夏日・・・熱帯夜・・・真夏日・・・熱帯夜・・・
ゼイゼイでございます。

お嬢様方の水着姿でせめて
妄想清涼感を味わいたい今日この頃です。

とりあえず・・・
航平ドクターにできるのは
外科的な応急手当のようですね。
ある意味、救命です。

まだ・・・完全に非が航平にあるとは
思えない含みを残した展開ですが・・・
愛子は許すことのできる性格に
なっている・・・というべき描写はできていて
まあ・・・みんないい人最終回に
なるのでは・・・。
キッドは日曜劇場はそうあるべきだと考えます。

一方・・・風雲急を告げる篤姫裏世界。

魔人・西郷への道は開かれつつあるようです。
まあ・・・かなり明朗活発な魔人になるのでしょう。

一方・・・もう・・・ikasama4様の
イラスト効果としか思えない
かってない濃いキャラの井伊直弼。
もう・・・なんか
ゾクゾクするのぉ・・・キャラになってきました。

桜田門外で「やませ」の術は
使えないので・・・

おそらく・・・慶喜が
シェリー夫人を
読んでいたことが伏線に
なるような気がします。

もちろん・・・篤姫も
工夫をこらすでしょうが
その辺はどうなるのか・・・
未だ不明でございます。

久光書下ろし・・・楽しみです。

しつこいようですが・・・
くれぐれもマイペースでお願いします。

投稿: キッド | 2008年7月23日 (水) 23時37分

cute●no choco●まこ☆ミキ様、いらっしゃいませ●no choco●cute

まこお嬢様ーっ。

お手手を汚させてしまうとは・・・。
じいやの管理不行き届き・・・。
万死に値しまするーっ。
切腹いたす覚悟。

ザク・・・グフ・・・ふっかーつ!

お嬢様、ただ今ろーじー様の
→コチラ商会に連絡しまして
「ペンキヨゴレガスグオチール弱酸性」
をおとりよせしますので
しばらくご辛抱くださりませーっ。

投稿: キッド | 2008年7月23日 (水) 23時41分

ribbon✿❀✿❀✿かりん☆スー☆エリ様、いらっしゃいませ✿❀✿❀✿ribbon

透析を若い頃からしている
人を知っていますが・・・
それは・・・ご苦労なことなのでございます。

少なくとも・・・透析の国庫負担は
じいやはステキな政策だと思いますです。

しかし・・・すべてのものに
限界はございますから・・・
地球には食料が不足していないのに
餓えに苦しむ人々がいて
儲けのために
食料を投機の対象にする人々がいる。
平成財閥も食糧援助問題にとりくみつつ
つい儲けてしまう・・・宿命でございます・・・。

苦しむものは楽に・・・
報われないものに幸あれと・・・
ただただ祈る日々でございます。

投稿: キッド | 2008年7月23日 (水) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/22453446

この記事へのトラックバック一覧です: 女の出る幕なし・・・てかっ(宮﨑あおい)俺は医者だ・・・イメトレしている(竹野内豊):

» 篤姫 第29話 「天璋院篤姫」 [渡る世間は愚痴ばかり]
真相を知らされた篤姫は すっかり塞ぎ込んでしまい部屋に篭ったまま。 [続きを読む]

受信: 2008年7月21日 (月) 23時43分

» Tomorrow−陽はまたのぼる− 第3話:暴かれた医療ミス [あるがまま・・・]
やっぱり…ガ━( ̄⊥ ̄lll)━ンッ!! 航平さんが医療ミスで死なせてしまった患者さんは、やっぱり愛子の 母親だったんですねー。 お互いに何で気付かなかったのかちょっと不思議〜{/ase/} まぁ、病院側が揉み消したらしいから、愛子姉妹は担当の医者の 名前を知らされてないのかもしんないし、航平にしても田中という よくある苗字なので、まさかそうとは思ってもなかったんだと思っておこう{/face_nika/} でもな〜、せっかく医者に復帰したのに・・・ このまま黙ってるのも辛いだろうし、言えば言った... [続きを読む]

受信: 2008年7月21日 (月) 23時43分

» Tomorrow〜陽はまたのぼる〜 第3話 「暴かれた医療ミス」 [テレビお気楽日記]
ペンキ職人の村上(ベンガル)が息子の真一(塩谷瞬)から就職祝のお金を突っ返されるのを目撃する航平(竹野内豊)。そのあと倒れてしまうが、いつものことだと行ってしまうのでした。 [続きを読む]

受信: 2008年7月21日 (月) 23時48分

» 大河ドラマ:篤姫第29話「天璋院篤姫」 [山南飛龍の徒然日記]
最愛の夫を亡くした篤姫。その影響が色濃くでた回でしたね。憔悴しきった篤姫の姿は、今更ながら家定様が亡くなった事を再認識させられます。前回の放送で、あえて最期を描かずに篤姫と私達視聴者を同じ心境になるよう描かれていましたが、そのせいでしょうか。静かに、そ...... [続きを読む]

受信: 2008年7月21日 (月) 23時52分

» 篤姫・第29話 [ブルー・カフェ]
ひこねのよいにゃんこのおはなし (ひこにゃん絵本)もへろんサンライズ出版このアイテムの詳細を見る みんなの「アイドル」カステラ将軍がおっ死んでしまって、早1週間・・・(ドラマ的にはもっと日数が経っているけど)というワケで本日からは「彦根のひこにゃ〜にゃ」こと絶対安政の大獄「なおすけ」をクローズアップしてみたいと思います!!{/hiyoko_thunder/} なおすけは昔「徳川家重」だったとか、「毛利元就」の家臣だったとか「信濃のコロンボ」だったとか、この際ど〜でもヨロシイ!なぜなら「ひこにゃ〜に... [続きを読む]

受信: 2008年7月22日 (火) 00時06分

» Tomorrow 第3話 [アンナdiary]
今回は、いいお話だった〜 思わず涙出てしまいましたよ。 死んじゃったら、もう二度と会えないんだから。。。生きていれば会える。 村上親子の後姿にホロリ。そして、航平が医療ミスで死なせてしまったのは愛子の母親だった!... [続きを読む]

受信: 2008年7月22日 (火) 00時57分

» 【篤姫】第二十九回 [見取り八段・実0段]
責められても恨まれても仕方がないのじゃ家定の薨去を知り、悲しみに暮れる篤姫だったが、義母である天寿院も側室・お志賀の方も、まだ誰もその事を知らされずにいた。しかし、お志賀は、何か感づいている。風邪で伏せっていると言う事にしていた篤姫の元にお志賀が見舞い...... [続きを読む]

受信: 2008年7月22日 (火) 03時35分

» 落飾(篤姫・29話) [朝凪、夕凪]
前回、予告の時点で、本寿院の怒る様子が怖かったので・・・録画を見るのに躊躇したのですが・・・。 [続きを読む]

受信: 2008年7月22日 (火) 06時05分

» 篤姫 2008/07/20 第29話「天璋院篤姫」 [piyomarimoのよろよろ日乗]
「なぜお泣きになるのですか?」「悲しいからだよう!」なんか楽しくなくなりましたorz家定回想シーンはこれからも多くなりそうじゃな。・黙って涙を流し続ける篤姫(下に落ちる涙が白くたって気にしない)・仏間・自分を責める篤姫・西郷どん、月照に後追いを止められる(BL...... [続きを読む]

受信: 2008年7月22日 (火) 06時50分

» Tomorrow-陽はまたのぼる- 第3話 [エリのささやき]
航平の過去の医療ミスが愛子の母だということがわかりました。航平、ショ〜〜〜ック・・・。 [続きを読む]

受信: 2008年7月22日 (火) 06時56分

» 西郷の誤算!! [函館 Glass Life]
いよいよ天璋院の誕生ですね{/kirakira/} 天璋院VS井伊直弼VS薩摩の戦いが始まるのです{/v/} いくら家定の遺言とは云え、井伊直弼が家茂の後見に 天璋院を認める筈がありません{/cat_6/} 表立って無視は出来ないでしょうが、これからも家定 の遺言を骨抜きにする筈です。 そうでなければ大老として権力を振るう事など出来な いのですから… 直弼が暗殺される桜田門外の変までの天璋院と直弼の 駆け引きは見応えがあるかも知れませんね{/kuri_1/} 薩摩でも主導権争いが始まりました{/... [続きを読む]

受信: 2008年7月22日 (火) 09時52分

» 《Tomorrow》#03 [まぁ、お茶でも]
決心をして市民病院再建のためにまた医師に戻った航平。 副市長は、院長に頼まれて航平の過去を調べた。 市役所から病院へ向かう途中で、買い物をした航平は、携帯が鳴ったのでベンチに荷物を置いて自分も座った。ペンキ塗りの仕事中の村上は、航平を怒鳴りつけた。そこへ、バイクで乗り付けた若者が父親面するなと封筒を放り投げて走り去った。 村上は突然倒れた。いつものことだからと、航平の手を振り払った。 ... [続きを読む]

受信: 2008年7月23日 (水) 08時40分

» Tomorrow 陽はまたのぼる 第3話 [シャブリの気になったもの]
Tomorrow 陽はまたのぼる 第3話 TBSテレビ 2008/07/20(日) 21:00~ 「暴かれた医療ミス」     ★はじめに   登場人物、さすがに落ち着いてきた。立て込んでいるので手短に一言。   ベンガルのペンキ屋さん。一所懸命働いてきたんですね。 親の心、子知らず。+... [続きを読む]

受信: 2008年7月24日 (木) 09時39分

« 私を甲子園に連れてって。(佐藤隆太)だめぇぇぇ(多部未華子)まったあり(仲里依紗) | トップページ | 邪魔する奴はぶちのめせ!(織田裕二)岡田将生(18)北乃きい(17)吉高由里子(20)冨浦智嗣(17)鍵本輝(18)谷村美月(18)大政絢(17)黒瀬真奈美(16)前田敦子(17)・・・北川景子(21) »