« 顔色を観て胸の内を察する・・・これ観察なり(宮﨑あおい)俺は医者だ・・・友達がいる(竹野内豊) | トップページ | さくらよ(真矢みき)ゆりよ(原田佳奈)女装(小池徹平)中3(大後寿々花)オーロラ姫!(深田恭子) »

2008年8月 5日 (火)

どろろーっどろろーっどろろーっ(妻夫木聡)へへっ(柴咲コウ)・・・もげっ(北川景子)

ふふふ・・・「チェーンソウ」・・・「ターザン」と来て・・・「麻酔なしの手術」である。

「太陽と海の教室」の主人公が自分が見た映画のワンシーンを思い出してヒーローになりきる・・・ドタバタコメディーであることは間違いない。はっきりいって・・・主人公の語る言葉に感動したりしてはいけないのである。あれはちょっと頭のおかしくなった海外赴任の中年男が口からでまかせを言っているだけなのだ。

このセットでいくと「死霊のはらわた」→「ターザン」→「ブラックホーク・ダウン」とかだな。

「ターザン」はオリジナルではなくて・・・その手のアクション映画かもしれない。「シベリア超特急」にもあるネタだからな・・・。

ともかく・・・このドラマは一人の頭のおかしな人間にふりまわされて周囲の人間がひどい目にあう話として見ないと見るに耐えない作品と化しつつあるよね。

もう・・・「どろろ」の方が100倍面白いし。

本題に入る前に恒例の週末の視聴率チェック。「ロト6反町」↗*8.0%(あげたーっ小沢真珠人気か・・・渋谷武尊かも・・・)、「阿久悠物語」15.9%(ざんげの値打ちもなくもない)、「魔王」↗10.9%(微上げだーっ、カード2枚分?)、「ルリ」↘*7.4%(もう、下げたーバカバカしさ不足)、「恋空」*5.6%(脚本家が15.6%の間違いではないかと自分の目を疑ったらしい)、「ヤスコとケンジ」↗12.9%(乱闘抜きでも微上げ・・・下手なアクションよりベタなストーリーだ・・・なんだとぉこらぁ)、「33分探偵」12.2%(ネタドラマ好きって・・・いるのね)、「海猿」13.1%、「原爆」12.7%、「帽子」11.6%(防衛・反戦・追悼のはざまのヤスケン・・・ステキ)、「篤姫」↘24.6%(井伊直弼笑いすぎ)、「Tomorrow」↘10.3%(よく踏みとどまった~)、「ジュラⅢ」15.1%(ケータイは未消化です)、ついでに「あんとーなつ」↘*9.0%(怪談ものなのに~)、「太陽と海の教室」↘12.7%、「どろろ」15.6%・・・以上。

で、『太陽と海の教室・第三話』(フジテレビ080804PM9~)脚本・坂元裕二、演出・谷村政樹を見た。ふふふ、好意的な記事をお求めのあなたはテンメイ様のレビューを推奨します・・・気が遠くなるほど賞賛してますぞ~。ちなみに冒頭で名もなき教師・櫻井(織田裕二)が述べる「散叙式」とは文章研究家の五十嵐力による文章の分類形式の話で・・・まあ・・・どうでもいい話だが・・・そのどうでもよさ加減を述べるために説明しておく。

五十嵐は「文章組織の形式」を五つに分類した。

①追歩式 経験したことを次から次へと書いていく

②散叙式 主題に沿ったことを羅列して書いていく

③頭括式 主題を最初に書く

④尾括式 主題を最後に書く

⑤双括式 主題を最初と最後に書く

つまり・・・「文章にはパターンがある」という話である。

もちろん・・・これは趣味の問題であるので・・・あまり意味のない分類であるが研究家というものはつい・・・こういうことをしてみたくなるものなのだ。

たとえば「主題」のない文章というものがある。この場合はすべて①ということになる。そういう場合にこの文章に「無題」とタイトルをつけるとたちまち③になってしまう。

基本的にタイトルのある文章はすべて③である。タイトルは「主題」だからである。ちなみにタイトルは英語でテーマ(主題)はドイツ語だ。意味は同じである。

「経験をありのまま書く」というと①になるのだが・・・実際に経験をありのまま書くなどと言うことは不可能である。文章は基本的にダイジェスト(現実の省略)だからである。

すると主題とは究極のダイジェストということになる。つまり①というのは全体が主題の文章と言い換えることもできるのである。

「北川景子」という主題で②散叙式にチャレンジしてみよう。③にならないためにノンタイトルである。

「北川景子はもげっと言う。北川景子は「モップガール」で主役だったのだ。北川景子は美少女戦士セーラーマーズである。北川景子は間宮兄弟と交際していた本間夕美。北川景子はどう見ても無理な展開の太陽と海の教室で言わなくてもいいお礼を言わされてなんだかなあである・・・」

けして④ではないのである。あくまで②です。

まあ・・・基本的に研究者というのは学者バカですから・・・仕方ないよな。

そんなことをテストに出される若者はかわいそうと言えばかわいそうだ。

しかし・・・現実というものは理想とは違う。

たとえば・・・ドタバタの世界には神も仏もないのが基本である。

そのために善人ほどひどい目に会うのが普通だ。そうなると悪魔がいることになってしまうので・・・善人はひどい目に遭うがそれが善人だからではない。という注釈が必要になる。このあたりのニュアンスは奥深いとも言えるし底浅いとも言えるのだ。

今回・・・ターゲットは英二(山本裕典)である。彼は四人兄弟の長男で母子家庭だったのだが・・・母が病気で長期療養のために離島で入院中であり・・・受験生でありながら幼い弟妹の面倒を見なければならない。・・・まあ・・・少女マンガでは古典ですな。大島弓子の「ヨハネが好き」の世界です。最近では「山田太郎ものがたり」がこの亜流でしょう。

そんな・・・英二は主人公が「麻酔抜きの手術(しかも釣り針で簡易消毒で素人で)」をやりたいがために受験勉強に専念できるように配慮した学校側の良識を超えて重傷を負わされてしまうのです。もう・・・主役のためには脇役は何をされても構わない世界の出来事です。

もちろん・・・テンメイ様の指摘する通り・・・ガリバー=小人族にとっては怪獣の物語です。ゴジラが通り過ぎた後に残された負傷者は己の不幸を嘆くしかないのですが・・・実はこの物語の主人公が人間である以上・・・文句は言えるのです。しかし、相手は命の恩人でもあるのです・・・このやりきれなさ・・・たまりませんね。

もちろん・・・主人公のゴジラに魅力を感じればゴジラ映画はこれ以上なく面白い。キッドはこのドラマの怪獣的存在にちっとも魅力を感じないので・・・とても残念な感じになっています。いや・・・本家ゴジラを熱愛している反動かもしれませんが。

たとえば「悲惨な現場を写メしていた日本人がいたから・・・現代の日本の子供たちはひどい教育を受けている」という論理。「さらわれて洗脳されて少年兵士とされる少年のいる」別の国とくらべて・・・本当にそうだと言えるのでしょうか。

いつだって旅の恥はかきすてるものですし・・・そうしないものもたまにいる。これは教育の問題ではなくて・・・人間の本性の問題なのでは・・・? あるいは各個人のモラル格差とかね。少なくとも・・・北京五輪のために報道規制をして・・・気に入らない奴は殴ってよしのとある国家よりは日本の子供たちがおおむねめぐまれているのは確実なのではないでしょうか。

そのあたりの土台があやふやなので・・・ものすごく茶番劇になっちゃってるんですけど。

今週の詩人。

ちょっとチクッとするよ・・・ウンチもらしちゃうかもよ

ありが島でありがとう・・・なんちゃって

散叙式の叙は叙々園の叙な

花畑を荒らすなら・・・俺を轢いていけ・・・みんな見てるーっ?

まあ、ある意味最高だな。脚本家・・・ひょっとして発狂しているのではないのか。

関連するキッドのブログ「第二話のレビュー

で。『月曜ゴールデン2008・どろろ(2007年)』(TBSテレビ080804PM9~)原作・手塚治虫、脚本・NAKA雅MURA(他)、監督・塩田明彦を見た。どろろとは泥棒の幼児語と原作者は語っている。巨匠だが・・・非常にアンバランスな性格だった手塚の変態性が色濃く出た作品で・・・もちろん不人気だった。しかし・・・当然・・・熱狂的な支持者がいるのである。監督は「月光の囁き」というストレートに変態の作品でデビューしているし、成功とは言えないが「ギブス」、成功といえる「黄泉がえり」など・・・ある意味変態畑一筋の人である。「黄泉がえり」が変態だと思わない人はこの作品の主題が「死者との愛」であることを失念しているのだろう。で・・・どろろである。もう・・・ハマったとしか言いようがない仕上がりである。

この映画の批判として考えられるのは・・・①舞台が室町時代ではなくなっている。②どろろが子役でない。という二点がある。

①については歴史はすべてファンタジーである。②については柴咲コウは見事にリボンの騎士のサファイヤ的な要素である女の子でありながら男の子というどろろの存在を演じきっている。

この二つの回答で充分であろう。

とにかく・・・アクションについては申し分ない出来で・・・百鬼丸(妻夫木)VS醍醐景光(中井貴一)もどろろVS百鬼丸も圧巻だった。・・・それはどうかな。

少年・百鬼丸を演じた鈴木宗太郎、少女・どろろを演じた橋本くるみ。

妖怪にたぶらかされる侍・杉本哲太、たぶらかす妖女・土屋アンナもいい。

どろろの生い立ち編がかなりあっさりなのが残念だが・・・母・お自夜(麻生久美子)はいい味出していた。

思わぬヒットで第二部・第三部が決まってしまったわけだが・・・ある意味・・・原作以上に完結してしまった作品だけに・・・ちょっと続きは心配だ。

しかし・・・どろろが女になる日が来ると思うと・・・ゾクゾクするのである。

とにかく多宝丸(瑛太)と和解してしまったわけだが・・・キャスティング的には妻夫木・瑛太・どろろの三角関係でもゴージャスだな。

そして・・・その日は・・・キャストは体当たりで演技に挑み・・・監督も充分変態気質を発揮して・・・成人指定になっちゃう勢いを見せてもらいたいのだなあ。

ああ・・・ドキドキします。

ちなみに脚本家は谷村美月が天才少女を演じる「神様のパズル」の脚本を担当している。

関連するキッドのブログ『妖怪大戦争

水曜日に見る予定のテレビ『ゴンゾウ・伝説の刑事』(テレビ朝日)『正義の味方』(日本テレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 顔色を観て胸の内を察する・・・これ観察なり(宮﨑あおい)俺は医者だ・・・友達がいる(竹野内豊) | トップページ | さくらよ(真矢みき)ゆりよ(原田佳奈)女装(小池徹平)中3(大後寿々花)オーロラ姫!(深田恭子) »

コメント

こんばんは night これはまた極端なレビューですねsign01
正直言って、2年近くかなりのやり取りを
交わして来た僕でさえ、コメントし辛いですよ (^^ゞ
言いたい事は沢山あって、色々下書きして
みるんだけど、消すしかない状態。
今回目立ってた北川景子virgoも顔をくもらせるでしょう。。
               
そこで、代わりに1つだけ質問させてください。
作者としてのキッドさんを、誰かがこんな文体で
語ったら、例のフライングキックは出ないんですか♪shine

投稿: テンメイ | 2008年8月 6日 (水) 01時44分

yacht○-○)))テンメイ様、いらっしゃいませ。○-○)))bicycle

ふふふ・・・たとえば視聴率*1%はほぼ百万人です。
するとこのドラマはざっと1200万人が見ています。
キッドが現役の時には一週間で
関係番組の合計が100%を超えることもあるので
そうなるとのべ一億人が見ているわけです。

そうなると・・・もう意見というものは
おそろしく枝分れして
ものすごい罵詈雑言も届きます。
まあ・・・そういうものは基本的に黙殺です。
実は・・・キッドが凶暴なのは
現場ではある程度知られていたので
めんとむかって意見を言う人は少なかったのですけど。

ですから・・・この程度の
評論は許されるべきだと考えています。

もちろん・・・ほめて伸ばすのも批評ですが
けなしてけなして立ち上がらせるのも批評ですからね。

今回で言えば
「秋葉原通り魔」は「格差社会が生み出した」的論理が
キッドの逆鱗にふれました。

「写メ人間」は「偏差値教育が生み出した」と
はっきり主人公が語る青春ドラマなんて・・・
ものすごくムカムカします。

「ゲームやマンガ」が「殺人鬼」を作るなんていう論理を
創作家は口にすべきではないのです。
もちろん・・・言論封殺的批評である・・・
という矛盾はありますけどね。

今回で言えば・・・
少年は主人公の助言のために
瀕死の重傷を負うのです。
結果オーライだからって・・・
主人公が反省の色も見せないのは
ほとんど犯罪です。

もちろん・・・この悪魔的行為が
断罪される顛末・・・
あるいはブラックユーモアなら問題はありません。

ですから・・・
キッドはブラックユーモアとして
批評を展開してみたのです。

もちろん・・・絵空事の中から
理想の解釈を生み出した
テンメイ様と立場の違いは打ち出したつもりですが
びっくり仰天なされたとしたら
それはすまないことだと思いますぞ。

その場合は・・・夏の太陽のせいにいたします。
まあ・・・密林周囲・・・今日は雷雨でしたけど。

投稿: キッド | 2008年8月 6日 (水) 03時19分

キッドさん、こんばんは。

「どろろ」面白かったですね。

昨年、映画館で見て以来ですが、やっぱり妻夫木くんがかっこいい!ただ昨年はきれい!と見とれながらももしPちゃんが演ったらどうかしらと、妄想していたんですが、今回はそれはなかったですね。藍沢先生にぞっこんLOVEだからかな?そういえば昨年見たときも「プロ大」がはじまる前だったわね。うーん、私ってひどいわね。

今回、柴崎コウさんをすごいなあと思いましたね。顔とかどろで汚れて汚いのに、気にならないのです。あの役が出来るのって彼女だけかも・・・

>思わぬヒットで第二部・第三部が決まってしまったわけだが・・・ある意味・・・原作以上に完結してしまった作品だけに・・・ちょっと続きは心配だ。

そうなんですよね。きれいに終わってると思います。

成人指定は・・・まあ、私は見られますけど・・・

投稿: youko | 2008年8月 6日 (水) 23時31分

fuji♢♦~山~♦♢youko様、いらっしゃいませ♢♦~P~♦♢♦♢bell

ふふふ・・・キッドは
もうどろろ最高ーっと
お茶の間で絶叫しましたぞーっ。

まあ・・・贅沢を言うと
特撮部分で・・・もう一つと
思う部分もありますが・・・
ヒット前の予算・・・ということと
やはりアニメ的な要素ということを
考えますと・・・
これはこれでベストなのかもしれない・・・
と考えたりもいたしました。

ふふふ・・・山P版の百鬼丸ですか・・・
そうなると・・・どろろのキャスティングは
相当に困難そうですな・・・。

柴崎システムなら・・・戸田恵梨香はありかな。
そうでないと志田未来、多部未華子、大後寿々花の
なんちゃって高校生トリオの誰かか・・・
さもなくばザ・オーディションか・・・
そうなると応募者殺到でしょうな。

まあ・・・シリーズとしては
成人指定はギャグとしても・・・
水木しげるとか
白土三平とか
そういう別の味付けとか
手塚マンガ・・・火の鳥シリーズの
ニュアンスとかを導入する手もありますが・・・
とにかく・・・お手並み拝見・・・
すごく楽しみなのでございます。

投稿: キッド | 2008年8月 7日 (木) 05時47分

キッドさん、こんにちは~♪♪

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

今自宅で優雅にモーツアルト聴いています。
紅茶飲んでトイレ×6回くらい人間ポンプ。
そんな生活も明日までです。
ヤマトはOLさんにリターンします。
家事付きのOLさんに・・・。
できんのかよ掃除洗濯炊事にOL・・・。
どんだけ働き者だよ。

柴崎コウさんは
始終表情筋をぐにゃぐにゃよく動かして
チョーヘン顔連発でしたが・・・
可愛いのですよね。
もう文句付け所無し、
男の子の女の子が可愛いのでした。
可愛い女の子は男の子のフリしても
ヘン顔連発でも
なんだかよく解らない太鼓叩いていても
可愛い・・・(*@д@*)
柴崎さんって実はCGなの??実在するの??

ヤマトが夢中でPCと向かい合っていると
ダンナサマが
「テロの計画は順調?」
と訊ねてくるのですが、
その度に「うん、いいかんじだよ」とか返すので、
そのうちヤマトの家の前には
パトカーが巡回しだし
乗用車が張り込みしだすかもしれませぬ。

投稿: ヤマト | 2009年1月13日 (火) 10時28分

shine☆*⋄◊✧◇✧◊⋄*ヤマト様、いらっしゃいませ*⋄◊✧◇✧◊⋄*☆shine

ねずみ年記事ですがうし年あけましておめでとうございます。

ふふふ。主婦でOL・・・この形態は
過渡期というか・・・
人間という種族の群れのあり方のねじれのようなもの。

共稼ぎと専業主婦の格差社会が
よりハードになっていくかもしれません。

まあ・・・よく働きよく遊び・・・だといいですな。

働いて働いて湯のみ茶碗はかけている
というのは哀愁漂いますがーっ。

そういう現実の苦味をふっとばす
エンターティメント。
これはやはり変態でないとだめなのですなーっ。
少なくともキッドにはーっ。

コミックで
無理矢理どろろを裸にした百鬼丸が
「・・・どろろ・・・お前・・・」
ポッと顔を赤らめる(斜線)どろろ・・・。

このシーンははうぅぅんで萌え萌え~なので
ございます。
核弾頭搭載ザク級の萌え度がございます。

もう・・・柴咲コウはこういう役を
やらせたら天下一ですな。
もうホゲホゲタラタラホゲタラポン
でございますよ。

藤田淑子の歌うどろろの歌を柴咲でリメイクすれば
いいのに・・・。

ふふふ・・・テロリストは
すぐそこにいる誰かですからな。

危機はひざの上で眠っているものですからな。

ヤマト様ご一家が
幸せな2009年をお過ごしになられるよう
キッドは祈りを奉げますぞ。

投稿: キッド | 2009年1月13日 (火) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/22804416

この記事へのトラックバック一覧です: どろろーっどろろーっどろろーっ(妻夫木聡)へへっ(柴咲コウ)・・・もげっ(北川景子):

» 太陽と海の教室 第3話 「死ぬな!お兄ちゃんまさかの船上大手術」 [テレビお気楽日記]
成績が落ちている英二(山本裕典)に手紙を渡してほしいと神谷理事長(小日向文世)に頼まれる若葉(北川景子)。凛久(北乃きい)たちと家を訪ねてみると弟たちの面倒をみている英二。自分の子供じゃなかったのね。父親は事故死し、母親は離島で入院したらしい。無理矢理な設定だな....... [続きを読む]

受信: 2008年8月 5日 (火) 23時58分

» 世界に導く言葉と海~『太陽と海の教室』第3話 [テンメイのRUN&BIKE]
 ある時ね 学校もない小さな村で 道案内をしてくれる男の子に会ったの  その子の [続きを読む]

受信: 2008年8月 6日 (水) 01時35分

» 《太陽と海の教室》#03 [まぁ、お茶でも]
お兄ちゃん私たちがいると、勉強のじゃまなの。 英二の成績がじり貧まで落ちて、学校の偏差値が上がらないことに弱った理事長が、英二に手紙を書いた。それを副担任に届けるように言われた。 母親が、胸の病気で、ずっと入院してしまい、英二はひとりで幼い弟妹の面倒を見ていた。 ... [続きを読む]

受信: 2008年8月 6日 (水) 06時16分

» 太陽と海の教室 第3話 [アンナdiary]
今回は英二(山本裕典)の回。。。と言うか、若葉の回?(苦笑)先週脱落寸前だったけど、今回見てて。。。朔太郎が言いたいことって 何なのかが?ぼんやり見えてきたような気もする。 若葉が言うように、自分勝手な古めかしい正義感をふりかざして みんなを混乱させている感じもするんだけど(苦笑) ... [続きを読む]

受信: 2008年8月 6日 (水) 06時52分

» 太陽と海の教室 第3話 [渡る世間は愚痴ばかり]
ようやくドラマらしくなってきました。 目をつむるシーンもごく自然な感じだったし(笑) [続きを読む]

受信: 2008年8月 6日 (水) 07時28分

» 太陽と海の教室 (山本裕典さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆山本裕典さん(のつもり)山本裕典さんは、毎週月曜よる9時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『太陽と海の教室』に川辺英二 役で出演しています。一昨日は第3話が放送されました。... [続きを読む]

受信: 2008年8月 6日 (水) 14時14分

» 太陽と海の教室 第3話 [エリのささやき]
珍しくうざくなかった(爆) ありがとうはマハドゥサニ。海の向こうの言葉は鳥になった気分。 [続きを読む]

受信: 2008年8月 6日 (水) 17時52分

» 『太陽と海の教室』 第3話 [美容師は見た…]
子供って、うんちやおならって言葉が好きなんですよね~。どうして?(^_^;)「お兄ちゃん達ヘンだね。何か分からないものを計算してるの?」子供からの鋭い質問です!言い返せない秀才2人の大和と羽菜。トマトをどうにかしたくて計算しますが…「この計算じゃ、トマトが宇宙に... [続きを読む]

受信: 2008年8月 6日 (水) 22時23分

» 観ました、「どろろ」 [オヨメ千感ヤマト]
どろろ(柴崎コウさん)が可愛らしかったー(*@∀@*)!!!数々の場面が大量にカ [続きを読む]

受信: 2009年1月12日 (月) 20時19分

« 顔色を観て胸の内を察する・・・これ観察なり(宮﨑あおい)俺は医者だ・・・友達がいる(竹野内豊) | トップページ | さくらよ(真矢みき)ゆりよ(原田佳奈)女装(小池徹平)中3(大後寿々花)オーロラ姫!(深田恭子) »