« 理由があっても暴力をふるうことは許されない世界に一人(堀北真希) | トップページ | 経済特区エリア日本への道(観月ありさ)二週連続犯人は女(清水美沙) »

2008年11月19日 (水)

真犯人その1です(城田優)仮面がかぶれない症候群です(吉田里琴)セクシーボイス姉にパコか!(上戸彩)

コスプレしているのでジェシカ=村川絵梨は「ROOKIES」の八木塔子のイメージよりも「ニコロボ」の姉のイメージだったな。やはり・・・ジャージとか制服は七難隠すのだな。

とにかく・・・「バチスタ」が原作オチを先出しというウルトラ展開で盛り上がったのか・・・またしても火曜日のドラマ対決は順位変動である。

①「チー・バチ」↗13.2% ②「セレ貧」↘11.4% ③「オマイガ!! 」↘*6.6%(可愛い試聴率キター)

で、『セレブと貧乏太郎・第6回』(フジテレビ081118~)脚本・田中一彦、演出・北川学を見た。前回とうってかわってコネタよりもゲストによる一発展開である。

ニセ・アリスとししてジェシカ(村川)が登場。そのブランド名が「ラブ・ジェシカ」でコネタのかけらもない分りやすさだ。少しもひねらない二番煎じネーミングって・・・。

どこぞの国(アルム公国)のプリンセス・クララ(アヤカ・ウィルソン・・・パコと魔法の絵本のパコ)の社交界レビュー用ドレスの公開コンペティションである。

そして・・・一般の人気とか・・・専門家の意見とかを一切無視して・・・本人が選ぶドレスが最高というセレブな展開である。

このためにアリスが利用したのは・・・①素直になれという太郎(上地雄輔)のアドバイス ②太郎の娘の亡母の形見を仕立て直した幸子(国仲涼子)の屈折した愛情 ③そしてお姫さまはローリング・ストーンズがお好き・・・だった。

まあ・・・今時、「Satisfaction」もクソもないだろうと思うのだった。

私、ロックはダメなのストレートよなのである。

もりあがらないことおびただしい。ここはキッスだろう・・・同じだっ。

どっちにしたってここのお客には「なにそれ~」じゃん。

じゃ、クイーンの『ウイ・ウイル・ロック・ユー(We Will Rock You)』で・・・だから同じだってば。

とにかく・・・素直になって・・・昔の恋人・後藤田司(柏原崇)に寄り添うアリス(上戸)・・・。

それを見つめる太郎は複雑な気持ちに・・・。そんな太郎を思う幸子って・・・。

それにしても陽子(キムラ緑子)、静(上野なつひ)、まなみ(中山恵)のラブ・アリス・バカ・トリオ・・・来週・・・おめおめと再就職なのか。

郡司(風間杜夫)がザ・ローリング・ストーンズをかけるのは理にかなっているけどね。世代でございますからね。壇ノ浦夜枕合戦記ほどに。

田舎くさいジェシカの金髪をチェックしたいあなたはコチラへ→お気楽様のセレブと貧乏太郎

で、『オーマイ・ガール!! ・第六話』(日本テレビ081118PM10~)脚本・武田有起、演出・吉野洋を見た。今さらなのだが・・・この物語は二つの要素で出来ている・・・①小説家を夢見る雑誌記者が義理の姉の娘を預けられる子育て日記 ②実力派美少女子役スターがスター女優の隠し子であることを隠し義理の叔父に預けられる話である。

これはある意味「まぜると危険な組合せ」なのではないか・・・と思う。

もちろん・・・面白くすることはできる。そのためには叔父の耕太郎(速水もこみち)がコメディーもこなせる実力派で・・・姪の杏が天才的な演技力の美少女である必要がある。

しかし・・・後者はともかく・・・前者はなーっ・・・。

ポイントは「耕太郎が義理の姉を憎んでいる」ことへの共感なのだが・・・お茶の間の知ることができるのは「女優業に専念していて両親の葬式に帰ってこなかった」という過去だけである。それじゃあ・・・耕太郎の屈折している気持ちを・・・耕太郎は表現できないのである。

さて・・・吉田里琴(よしだりこ)は1999年生まれの9歳である。ドラマでは6歳の桜井杏を演じているのだが・・・いくら名優でもこの年齢の三歳差は大きいぞ・・・どうしても・・・学校はどうしたって思うからな。このあたりも・・・企画そのものに問題ありなのである。

たとえば・・・風間杜夫は1940年代生まれの子役スター出身である。大人になって二枚目スターになり・・・現在では執事を演じるまでになっている。

そうなる間に消え去った同世代俳優ははいてすてるほどいるのである。

女優でいえば・・・杉田かおるは1960年代生まれを代表する子役スターで・・・安達祐実は1980年代生まれを代表する子役スターと言える。

杉田かおるには「パパと呼ばないで」(1972・当時7歳)のチー坊役があり・・・天才子役と呼ばれるのだが・・・相手役は当時・絶大な人気の石立鉄男である。

安達祐実には「家なき子」(1994・当時13歳)のすず役があり・・・天才子役と呼ぶなら金をくれなのだが・・・シリアスな内容で田中好子・内藤剛志・京本政樹など名実を伴った脇役陣がガッチリとフォローをしている。

両方とも日本テレビのヒットドラマである。

しかし・・・このドラマは・・・明らかに・・・吉田里琴が・・・主演のもこみちや・・・ヒロインの加藤ローサを演技的にフォローしまくってます・・・どうしろって言うんだよ。

これは・・・日本テレビの職場シリーズと日本テレビの子役シリーズを合体して・・・もう訳のわからないものになっているとしか・・・言えないのです。

毎回・・・一度は泣けるシーンを作ることでなんとか面目をたもってきたドラマですが・・・。

今回は無軌道な母親のために・・・傷心の杏を・・・耕太郎が「お前の母親は嫌いだが・・・お前と出会わせてくれたことには感謝している」と慰めるのがそこ。

・・・無理だ・・・泣けませ~ん。

うんとね・・・もっと義理の姉(りょう)と耕太郎の・・・血がつながらないことによるすれちがいのエピソードを積み重ねないとね・・・それで・・・憎んでるけど(心の底では愛しているが耕太郎はバカなので気がつかない)という形にしておかないと・・・ダメなのです。

同時に・・・杏は・・・仕事はきっちりやるが・・・終ると抜け殻にするか・・・ガラスの仮面のようなドロドロした演出にしないと・・・実力の出しようがないのです。少し・・・おっとりとした演出に偏りましたな。ま・・・企画のダメさをよくカバーしているとも言えますけど。

CLUB・Rico会員レビューはコチラへ→お気楽様シャブリ様ikasama4様

で、『チーム・バチスタの栄光・第6回』(フジテレビ)原作・海堂尊、脚本・後藤法子、演出・植田尚を見た。白鳥(仲村トオル)「犯人はお前だ・・・」でほぼ原作通りの犯人は麻酔科医の氷室(城田)・・・おいおい・・・終っちゃったよ・・・と思うと「ここからはドラマオリジナルで他にも犯人いるという展開です」と説明する氷室だった。

すると・・・大友(釈由美子)・・・嘘泣きか・・・。

第一の犯行手口と釈由美子マスク装着を確認したいあなたはコチラへ→お気楽様のチーム・バチスタの栄光

原作読んじゃってるけどもう予想のつかなくなったあなたはコチラへ→まこお嬢様のチーム・バチスタの栄光

関連するキッドのブログ『先週の火曜日のレビュー

木曜日に見る予定のテレビ『七瀬ふたたび』(NHK総合)『夢をかなえるゾウ』(日本テレビ)『風のガーデン』(フジテレビ)『小児救命』(テレビ朝日)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 理由があっても暴力をふるうことは許されない世界に一人(堀北真希) | トップページ | 経済特区エリア日本への道(観月ありさ)二週連続犯人は女(清水美沙) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/25479839

この記事へのトラックバック一覧です: 真犯人その1です(城田優)仮面がかぶれない症候群です(吉田里琴)セクシーボイス姉にパコか!(上戸彩):

» オー!マイ・ガール!! 第6話 [シャブリの気になったもの]
オー!マイ・ガール!! 第6話 日本テレビ 2008/11/18(火) 22:00~ 「ママが帰ってくる!?嘘とホントのプレゼント」   仮記事   ★はじめに   あれこれあって、それでなくても忙しい火曜日。 ちょこっと感想とコネタに触れるだけにとどめま... [続きを読む]

受信: 2008年11月19日 (水) 18時45分

» オー!マイ・ガール!! 第6話 [渡る世間は愚痴ばかり]
一言 [続きを読む]

受信: 2008年11月19日 (水) 19時05分

» セレブと貧乏太郎 第6話 自分に素直に。。。。 [レベル999のマニアな講義]
『ニセアリス大爆発』内容父・總一郎が倒れたと聞き、NYに向かったアリス(上戸彩)であったが、すでに、、宇宙訓練のためにロシアへ旅立ったあとだった。そこに継母・真紀子(若村麻由美)が現れ、總一郎が引退し、美田園ホールディングスの実権を握ったことを告げられ...... [続きを読む]

受信: 2008年11月19日 (水) 19時13分

» オー!マイ・ガール!! 第6話 「ママが帰ってくる!?嘘とホントのプレゼント」 [テレビお気楽日記]
杏(吉田里琴)と暮らしていることが菅原編集長(古田新太)にバレてしまうも、遠い親戚だと誤魔化す耕太郎(速水もこみち)。 [続きを読む]

受信: 2008年11月19日 (水) 19時39分

» セレブと貧乏太郎 第6回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『ニセアリス大爆発』 [続きを読む]

受信: 2008年11月20日 (木) 19時33分

» 「オー・マイ・ガール」6 ☆☆ [ドラマでポン!]
エー??杏ちゃんって6才??入学前??今更知って衝撃でした。でも納得。そりゃ見た目よりも切実に保護者必要ですね。ノゾムくんとのやりとりも、小さな子をイジメてるんじゃないんだ。園児同士なんだ!そうは見えないけど。みたまんま3,4年生だとばかり思っていたも...... [続きを読む]

受信: 2008年11月23日 (日) 17時35分

« 理由があっても暴力をふるうことは許されない世界に一人(堀北真希) | トップページ | 経済特区エリア日本への道(観月ありさ)二週連続犯人は女(清水美沙) »