« いろいろあるけど笑顔でスルー(観月ありさ)OLにっぽんってこってす(阿部サダヲ) | トップページ | 愛しい人には本名で呼ばれたい(戸田恵梨香)流星の絆的危ない橋(二宮和也)妹にぶたれる喜び(錦戸亮) »

2008年12月12日 (金)

心臓マッサージ1時間五千円なんです!(小西真奈美)風のガーデンで天使にお別れ(神木隆之介)七瀬ふたたび荼毘(蓮佛美沙子)

報道にケンカ売りましたー・・・「たらいまわしってなんだよ・・・現状理解して言ってんのかよ・・・助かる命ならこっちだって助けたいんだよー」宣言です。まあ・・・多数決とると医師<患者、医師<国民なので仕方ないんですけどね。

ど深夜の「夢をかなえるゾウ」↘*3.3%の倍を確保した「小児救命」↗*6.6%・・・「七瀬ふたたび」↗*6.2%はおよばず・・・最終回なのにね。

一方、「風のガーデン」↘15.2%は・・・山を過ぎましたか・・・。余命いくばくもない息子の夢をかなえてやりたい父・・・余命いくばくもない父の茶番にだまされたフリをする息子・・・なんていう・・・猿芝居ですが・・・堪能です。

で、『七瀬ふたたび・最終回』(NHK総合081211PM8~)原作・筒井康隆、脚本・伴一彦、演出・吉川邦夫を見た。ようやく・・・終ってくれました。

今回のドラマの主張

①「未知能力」は誰にでもある

②昔の人間は言葉で分かり合えたので未知能力は潜在化した

③今の人間は分かり合おうとしないので未知能力が発現

④殺さなければ殺される

・・・以上です。

妄想補完版最終回「私たちは時々つながっている」・・・七瀬(蓮佛)たち未知能力者(テレパス、サイコキネシスト、タイムリーパー、透視者、予知者などの総称)を利用して世界征服をたくらむNPO法人「パクス・シエンティア」は超未知能力者である七瀬を最大獲得目標にして手段を選ばぬ活動を開始するのであった。・・・恐ろしいことである。

七瀬は覚醒した。世界が七瀬に流入し・・・七瀬が世界に流出する。世界と一体となった七瀬は消失し・・・そして世界も消失した。

その白濁した世界から・・・七瀬は自分を再構成した。七瀬はパクスシエンティアの東京本部で実体化する。

パクスシエンティアの触手の一つである佐倉(光石研)は恐怖を感じた。

七瀬は未知なる心の手で佐倉の脳にタッチした。「なぜここに」「僥倖」「警備員は」「恩師の娘を入手」「世界平和の実現」「クラスアップ」「反省」「歓喜」「心を防備」「麻酔銃」「説得」「てごめ」「処女なのか」「やわ肌」「確保」「人払い」「床の上で」「押し倒す」「歓迎のあいさつ」「万歳」「しかし」「一筋縄では」「たかが小娘」「出世」「勝って兜の緒をしめよ」

七瀬は佐倉の脳に命じた。「あなたは風にゆれる柳になりなさい」

佐倉は風にゆれる柳になった。七瀬は佐倉の脳にある情報を読み取った。

「末端・・・組織の中枢のことは・・・何もしらない・・・小者・・・?・・・すると・・・中枢にいるのは・・・私と同じ・・・アクティブ・テレパシスト・・・可能性は高い」

七瀬の心に怯えを伴った闘志が芽生えた。

闇に潜む好敵手は一瞬・・・七瀬の心をとらえた・・・自分を包み込んで去っていた七瀬のぬくもりの不快さを感じる。好敵手は口元を幽かに歪めた。

真弓瑠璃(柳原可奈子)は言った。「きっと七瀬は私が自分のことそんなにデブじゃないって時々思ってることを知ったのだわ」・・・増田店長(北村総一郎)は慰めた。「いいじゃないの・・・デブなら誰だってそう思うことはあるさ」

ヘンリー(郭智博)は朗(宮坂健太)と街に出た。お腹がすいたからだ。ノコノコなので仕方ないのだ。痩せたマリオのような警官A(徳井優)は驚いてジャンプした。

一番大人で一番知的な漁藤子(水野美紀)は学者バカなのでいかにも怪しいジャーナリスト大野(堀内正美・・・多岐川版の岩淵)を信用する。ウカウカである。

今時・・・国際的なジャーナリストのネットワークがなにほどの力があると言うのだろう。

なにしろ・・・相手は・・・一国の警察機関を制御しうる組織なのである。

まして・・・世界とつながることのできる七瀬にマス・メディアもインターネットもまったく必要ないのだ。

もちろん・・・七瀬は周知である。しかし・・・敵をおびき出す餌として・・・自分の体を使うために・・・湖畔でのインタビューを承諾する。

七瀬は未知なる心の手で大野の脳にタッチした。「なぜここに」「僥倖」「美人だ」「処女なのか」「腋の下」「嗅ぎたい」「スクープ」「名声」「シリーズ展開」「ギャラ」「カニしゃぶ」「圧力」「報告」「待ち伏せ」「それほどすごいのか」「ゴシップ」「グラビア」「霊能力」「細木」「美輪」「北条」「サバイバル」「ご利益」「へその穴」「嗅ぎたい」「小娘」「転ばぬ先の杖」

七瀬は落胆した。大野は明らかに好敵手ではない。好敵手は用心深い。ゲームを楽しむ気がないのか・・・。

その時藤子が別の未来軸の藤子にスイッチした。藤子は被弾していた。

七瀬は驚愕した。好敵手は・・・時間軸も統合している可能性がある。もしも・・・そうならば七瀬は釈迦のてのひらで踊る孫悟空である。

藤子「遡行・・・藤子不二雄・・・峰藤子・・・藤峰子・・・最近フジテレビのおよびがない・・・刑事雪乃さんはやらないの?・・・」

西尾(今井朋彦)「透視能力者は現在を生きている・・・未来の夢をちょっぴり見るお前には負けられないのだ」岩渕(塩谷瞬)「ここで撃てない奴を演じておけばお人好しの二枚目役がくるかもしれないんだよ・・・オレはイロモノじゃないんだ」西尾「どうせこんなドラマ黒歴史だけどな」

ヘンリーと朗は警官隊に包囲されていた。

七瀬は実体を消去できなかった。好敵手のプレッシャーを感じる。

「私を実体化させたまま・・・殺す気か」

その時・・・岩渕は最後の力を振り絞った。愛する男の痛みが七瀬を混乱させる。

「恒介さん・・・ヘンリー・・・朗・・・藤子・・・みんな・・・あわてないで」

「ヘンリー・・・撃たれた・・・警官Aに撃たれた・・・七瀬さん・・・私はあなたの崇拝・・・」

「七瀬・・・七瀬・・・一回・・・やりた」

「踊る大・・・青島さ・・・」

「お姉ちゃん・・・お姉ちゃん・・・ボク・・・なぜか勃起しちゃったよお」

その時・・・好敵手は七瀬の背後に実体化した・・・発砲寸前に実体化し・・・発砲後に虚体化する・・・好敵手は小心者だった。

「撃たれた・・・私撃たれた・・・手を伸ばせ・・・届け・・・警官たちの心まで・・・最後の力をふりしぼる・・・あなたたちは・・・サボテンの花になりなさい・・・」

警官たちはサボテンの花になった。

高村刑事(市川亀治郎)「七瀬が朗に入ったか・・・それでヘンリーがキスされてうれしいかどうかは別として・・・あるいは・・・趣味によっては萌えか・・・」

朗「私は七瀬であり朗なのです・・・そしてヘンリーです」

色彩設計が狙いなのか失敗なのかよくわからない草むら。

七瀬「二人のラブロマンスを描きたかったんだって・・・」

岩渕「冗談じゃないで大失敗したのに・・・懲りないのかな・・・」

七瀬「とにかく・・・これでまた・・・やっぱりSFは・・・って言われるわね」

いつだって いつだって 君を困らせてばかりで

ただ黙って 君笑って 僕を許してくれる

甘えるのもほどほどにしてもらいたい。

で、『小児救命・第8回』(テレビ朝日081211PM9~)脚本・龍居由佳里、演出・片山修を見た。今シーズンは通しで脚本を書く作家が結構いて・・・それなりに明暗を分けている。視聴率という一つの指標で言えば「風のガーデン」の倉本、「流星の絆」の宮藤がホッと一息で・・・「イノラヴ」の浅野、「バチスタ」の後藤、「SCANDAL」の井上がハラハラ、「OLにっぽん」の中園が傷だらけで「小児救命」の龍居が血まみれといった感じなのだが・・・「小児救命」はそれほどひどいドラマではないのである。

テーマも充分にリアルで重いものだし・・・その展開も悪くない。ただし・・・ドラマとしてはそれだけでは魅力的なものにならない・・・と言う問題もあるし・・・なにしろ・・・裏が「渡る世間は鬼ばかり」↗14.9%なのである。

善悪の狭間にある人情ものでは勝てないという計算が必要なのである。で・・・医者=善、患者(の家族を含む)=悪の構図になってしまうとこれがまたつらいのだな。

きっと・・・誰か一人・・・あの人のパフォーマンスを見たい・・・と思えるキャラがいればよかったのだが・・・不在である。

その結果・・・みんながひたすらに「がんばるしかない世界」を延々と続けているような按配になっている。実は・・・それはそれで面白いのだが・・・その面白さが伝わりにくいのである。

なぜなら・・・エピソードが分断されているし・・・それがスピーディーでないという矛盾をかかえているのである。

今回のエピソードは次のようになっている。

①名波医師(藤原一裕)の患者だった亜美(大森絢音)が手術で失明

②クリニックの経営(赤字問題)についての宇宙(小西)と狩矢(塚本高史)の応酬

③赤字問題にともなう看護師たちの待遇改善要求

④赤字問題にともなう小暮救命士(勝地涼)の進退問題

⑤赤字問題にともなう宇宙の父(大杉漣)への借金申し込み

⑥真柴医師(田実陽子)の成長

⑦樋口医師(山口紗弥加)の心情

⑧柾医師の実子が水難事故で危篤状態のままたらいまわし

・・・である。この中に・・・片桐医師(苗木優子)の主婦であり母でもある悩み、赤池医師(渡辺えり)の軽いツッコミなど・・・もうあふれんばかりなのである。

そこに亜美の母親(横山めぐみ)だの柾医師の妻(秋本奈緒美)だのも乱入なのである。

・・・これはある意味豪華です。そして・・・相当・・・しぼりきれません。

たとえば・・・失明して落胆する亜美を宇宙がピアノを弾かせて笑顔にさせる。これでもう充分オチなのですが・・・その後で柾医師の息子を全員集合で緊急救命・・・さらに柾医師が目玉を落としそうな熱演で感激・・・その上・・・たらいまわし批判で殺到する取材に宇宙が医師の立場で「たらいまわしって言うな!」の大演説。

もう・・・内容的にはかなり過激にはみ出しているのですが・・・どうやら・・・お茶の間にはその熱意がつたわっていない模様・・・一言で言えば・・・メリハリ不足です。誰かーっ・・・ろくでなしをやってくれるといいと思います。

何ひとつ欠けても 駄目なんだよ

今きみと ともにいる この場所が好き

生きてれば 会えるだろう

いつかまたここで

って気持ちはわかりますけれど。

で、『風のガーデン・第十話』(フジテレビ081211PM10~)脚本・倉本聰、演出・宮本理江子を見た。十話タイトルのユーフォルビアはトウダイソウだが・・・それはロウソク灯す燭台に似ているからである。クリスマスでお馴染みのポインセチアはこの一種である。ポイセチアには「祝福」と「情熱」という二つの側面がある。

貞三(緒形拳)は黄色い花のユーフォルビアアムジラッサに「乙女の祈り」という花言葉をつけるのですが・・・乙女の祈りは・・・祝福と情熱に満ちているのでしょう。

あの世の先輩である二神(奥田瑛二)は「花園のような安楽な世界」へ貞美(中井貴一)を誘います。

この花園の清らかなイメージと・・・登場人物たちの生臭い息遣いがメリハリです。

そして・・・イノセントを代表するのが永遠童子・岳(神木)・・・幼女に悪戯したり幼女を殺害したりすることもなく・・・清らかに生きているのです。

そして・・・それに順ずるのが・・・仮想乙女・ルイ(黒木メイサ)ということになるでしょう。

もちろん・・・不倫の過去を持つルイは清らかとはいえないのですが花としてそれが自然なお年頃でもあります。

生臭い人生を送ってきた貞美は岳やルイに安らぎを求めています。

それはある意味おこがましいことですが・・・かってはそれを怒った貞三も自身が看護婦との色恋沙汰の過去を持つ親子二代のナース食いなのでもう許しまくるのです。

もちろん・・・貞美は貞三に「ルイの花嫁衣裳が見たかった」などとほざくのですがそれもまたある種の社交辞令で・・・貞美はただ安らぎたいのです。

しかし・・・生臭いメンバーや、フィナーレにイヴェントを用意したい脚本家としては・・・その結婚式を実現せずにはいられないのです。

ここで・・・①実際の恋愛を描いていくという方法もあるのですが・・・貞美の本心を考えると・・・それは躊躇するしそんな時間もないということで②偽装結婚でいいじゃないかということになります。

まあ・・・どうして・・・岳は天使ガブリエルとあえてお別れをしなければならないのか・・・とピンとこない人も多いでしょうが・・・そういう障害を永遠童子が抱えていることを貞三もルイも承知しているということです。それでも・・・岳は来週はそれなりに出番を確保するでしょう。

厳かな「死」と生臭い「生」の狭間を永遠童子は生きているからです。

さて・・・貞三、ルイ、岳の貞美の安らぐ三人の反対側に・・・生臭い三人が配置されています。

一人は長年の愛人・妙子(伊藤蘭)、最後の愛人・茜(平原綾香)、そして最初の愛人・エリカ(石田えり)です。彼女たちはある意味・・・見捨てられたという立場でそれぞれにコミカルなのですが・・・今回はエリカがその立場を充分に発揮します。本当は「昔の愛人として・・・最後の女として・・・甘い抱擁を交わしたい気持ちが充分」なのですが・・・貞美にはこれっぽっちもその気がないというのが微笑ましいのですね。

来週は妙子もがんばって女の意地を見せてもらいたいところです。

まあ・・・まもなく貞美が行くつもりの天国の妻がどういう目でこれを見ているか・・・を考えますとまた爆笑ですがね。

ラジオから流れる茜の『カンパニュラの恋(日本語詞)』は『ノクターン(英語詞)』とくらべるとかなり生臭いのがポイントです。

Love true love それは ただひとつ

あなたに捧げる愛

Love true love いつか 私が愛した 

あなたの声を忘れられる日はくるの?

・・・でございますからね。

そういう生と死の中間に立つのが石山修(平野勇樹)・・・。道化役に描かれていますが彼こそは貞美の若き日の生臭さの象徴です。若さの持つ素晴らしさを・・・彼は本当には知らない。けれども・・・彼が初夜に恵まれますようにと心から祈りたい今日この頃です。

彼こそはノクターンで歌われる貞美のsoul mate(魂の友だち)に違いないのですから。・・・おいおい。

さあ・・・貞美と貞三のどっちが長生き競争も最終コーナーを曲がったようです。

すごい・・・デッドヒートだなあ・・・。

関連するキッドのブログ『先週の木曜日のレビュー

土曜日に見る予定のテレビ『ブラッディ・マンデイ』(TBSテレビ)『おとり捜査官北見志穂』(テレビ朝日)『南沢奈央の赤い糸』(フジテレビ)『トンスラ』(日本テレビ)『アグリー・ベティ』(NHK総合)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« いろいろあるけど笑顔でスルー(観月ありさ)OLにっぽんってこってす(阿部サダヲ) | トップページ | 愛しい人には本名で呼ばれたい(戸田恵梨香)流星の絆的危ない橋(二宮和也)妹にぶたれる喜び(錦戸亮) »

コメント

生物都市になってみんなでぱらいそさいくだ。
もちろん世界中に人間の数だけ十字架のような光が林立しているのでしょうか。終劇。

消臭の殿の鼻はデカいなぁ……。

投稿: 幻灯機 | 2008年12月12日 (金) 22時47分

movie✪マジックランタン✪~幻灯機様、いらっしゃいませ~✪マジックランタン✪movie

なんて言うか・・・相性ってものもあるのでしょうが
この脚本家にだけは七瀬ふたたびに
触ってほしくなかったのですが
案の定な結果に・・・。

センス・オブ・ワンダーから
一番ほど遠いのだな・・・。

それから洗練されたロマンチックも
苦手な脚本家なんですよね。

かってはそこそこおしゃれだったんだけど
もはや・・・泥臭い感じが
加齢臭を感じさせますな。

殿と柳原なんかはそこそこ大胆に
はまった感じがするだけに
二人を殺さなかったり
朗を殺さなかったり
殺伐さも中途半端でした・・・。

もう・・・生きている間に七瀬の映像化は
ないかな・・・という予知を感じました。
でうす様ーっ。
オカズにしたよーっ。

投稿: キッド | 2008年12月13日 (土) 00時07分

99年位から邦ドラを見るようになった感じなんですが そうだわ、七瀬の脚本家さん、仰せの通り、成る程 With Love(ほほほ)とかね。。一作品も個人的にヒットしてなかったかも。例えば七瀬が岩淵に最期、キスをするシーンなんかも、いきなり、するんじゃなくて、女は先ず抱擁だろーと思った。女心 分かってないタイプのエセロマンチスト?なんでしょうか。
あと、筒井さんで育った時代の人間だったはずなんだけど、もう一度読まないとと思いました。意味分かり難かったってこってす。てか、七瀬はダレに撃たれたんだ?

風のガーデンは アタくしも堪能しました。花や景色が相変わらず美しいですが 二神が呼びかける夢と言うダークサイドの演出なんか挿入されていて、こんなに好感度の高い貞美に必ずしも甘々でないのが嘘臭くなくてよいですね。願わくばカンパニュラの恋に相応しい結末を。 

投稿: Juellie | 2008年12月13日 (土) 13時12分

scorpius★C9H13NO3~Juellie様、いらっしゃいませ~★瞳孔拡大中sagittarius

ピンクというかソフトポルノというか
成人指定の映画の出身なのが
少し・・・仇となっていると妄想するのですが
下世話が生きていないといか
ロマンチックが嘘くさいというか
・・・はずしてます。

たぶん・・・本人は
職人仕事をしているつもりで
微妙にズレてしまっていることへの
修正が効いていないと思われます。

まあ・・・もうそこまで
いいたくないのですが
本当に七瀬だけは勘弁と言う気分で
ワンシーズンだったので・・・。
なんとなく恋人をヤクザに
監禁された気分は味わえましたけど・・・。

演出も思わせぶりばかりで
ひどかったですね。
七瀬を誰が撃ったのか?
どころか撃たれたのかどうかも不明でしたよ。

同日・・・風のガーデンが
なければ
家庭用ゲーム機に逃避したくなる
ところです。

まさに・・・こちらは心が洗われる展開でございます。

こちらも・・・女は濡れる・・・とか
下世話さは格別なのですが・・・
キャスティングパワーで押し切るのですな。
つまり「しみじみ愛を語る」には
それなりの人じゃないと・・・
ドラマなんだから・・・ということでございましょう。

さあ・・・来週は荘厳に終るのか・・・
愛人大集合ですごいことになるのか・・・
どっちでも面白くなりそうなところが
すご腕の証明ですな。

投稿: キッド | 2008年12月13日 (土) 21時19分

「小児救命」はマスコミを悪意の象徴のように描きますが
それって自らの局の報道姿勢も含まれてるんですよねと
聞いてみたくなる今日この頃。

「風のガーデン」では言葉にしなくとも
伝わってくる親子の思い

さりげない会話のひとつひとつに愛を感じます。

その一方、色々言葉にして言ってるけど
何も伝わってこない「七瀬」ちゃんが不憫です。

賞味期限切れで生臭いどころか
腐敗臭がしてくるようで。

それに比べたら
修に絡む石田えりさんの台詞回しは新鮮です(笑)


何にしても描きたい芯がしっかりしているのは
見ていても安心が出来ます( ̄▽ ̄)

投稿: ikasama4 | 2008年12月14日 (日) 18時16分

pencil✥✥✥ピーポ✥✥✥ikasama4様、いらっしゃいませ✥✥✥ピーポ✥✥✥pencil

まあ・・・一方を聞いて沙汰するな
という篤姫の教えを
報道機関が忘れた時から
終焉は始まるのでございますね。

少なくとも日テレフジテレビラインと
TBSテレ朝ラインは
いつもまっこう対立意見を
戦わせてもらいたい。

片方が中国万歳なら片方はアメリカ万歳
片方が改正賛成なら片方が反対
そうであれば
NHKやテレビ東京が
どっちでもないよう・・・をやっても
バランスとれるというものです。

ところが今や人道的に右へならえで
ございます。
大政翼賛会かっ・・・と思うことしばしです。

まあ七瀬→風は
よくできたサイクルでした。
心の穢れ・・・洗う。
このくりかえしの木曜日。
来週は心が真っ白になりそうです。

石田えり・・・最高です。

「風のガーデン」を
最低線として・・・
来年のドラマ陣には励んでもらいたいと思います。

特に・・・銭ゲバとか・・・。

投稿: キッド | 2008年12月15日 (月) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/26132440

この記事へのトラックバック一覧です: 心臓マッサージ1時間五千円なんです!(小西真奈美)風のガーデンで天使にお別れ(神木隆之介)七瀬ふたたび荼毘(蓮佛美沙子):

» 小児救命 第8話 実情 [レベル999のマニアな講義]
『最終章…緊急オペ女医の決断』内容啓翠会において、内田亜美(大森絢音)の脳腫瘍の手術がはじまった。森崎院長(名高達男)柾(陣内孝則)らは、何とか、視力を残そうとするが、、。。母・篤子(横山めぐみ)父・宏樹(デビット伊東)の祈りもむなしく、失明。命には代...... [続きを読む]

受信: 2008年12月12日 (金) 18時15分

» 【七瀬ふたたび】第10話 最終回と統括感想 [見取り八段・実0段]
恒介は七瀬の心を感じていました。居場所が解ったと言う事ですか?違います。恒介の中に七瀬がいたんです。藤子は言う。私たちは私たちが住むこの世界の事を一体どれくらい解っているんだろう。人間の心も同じ。心は確かにあって、それを感じる事はできる。繋がっているの...... [続きを読む]

受信: 2008年12月12日 (金) 21時49分

» 「七瀬ふたたび」最終回 [日々“是”精進!]
最終回「祈り」七瀬たちは藤子の亡き祖母の家に身を隠していた。藤子はパクス・シエンティアに戦いを挑むため組織の実態を告発しようと考え、フリージャーナリストの大野に会いに行く。待ち合わせ場所に到着した藤子に高村刑事からの電話が入る。それは警察が七瀬とヘンリ...... [続きを読む]

受信: 2008年12月13日 (土) 06時58分

» 七瀬ふたたび 最終話 [渡る世間は愚痴ばかり]
終わった後に思った事。 [続きを読む]

受信: 2008年12月13日 (土) 09時17分

» 小児救命 第8話:最終章…緊急オペ女医の決断 [あるがまま・・・]
うんうん、そうだね・・・(┯_┯)うるる まるで、揚げ足取りのようにたらい回しとして、今回の事を報道するマスコミ。 不躾にマイクを向ける報道陣に、医療現場の実情や、医師の思いを語る宇宙。 これこそが、このドラマが伝えたかったテーマなんでしょうねー{/face_cry/} そして、患者の事を思うあまりに経営難の青空クリニック・・・ 診察の事を思えば、医療器具もいいのを揃えたいだろうし、 スタッフの事を思えば、充分なお給料をあげたいし。 たとえ、院長である宇宙が無償で働いて、貯金を切り崩してるといって... [続きを読む]

受信: 2008年12月13日 (土) 12時05分

» 「医者のモラルの問題」と片付ける人々。 [ぷにっと囲碁!なブログ]
■同調する方々がこんなに。 いまさらだけど、二階経産大臣の「医者のモラル」発言について。 「政治の立場で申し上げるなら、何よりも医者のモラルの問題だと思いますよ。  忙しいだの 、人が足りないだのというのは言い訳にすぎない 」 この動画の3分6秒あたり。 …この二階発言と同じく、救急受け入れ問題を「医師のモラルの問題」と思っている人間が、あまりにも大勢いる…という事に、何度もため息をついてしまう自分がいた。 受け入れ拒否をする病院相次ぐ|みっちゃんのブログ ht... [続きを読む]

受信: 2008年12月15日 (月) 09時41分

« いろいろあるけど笑顔でスルー(観月ありさ)OLにっぽんってこってす(阿部サダヲ) | トップページ | 愛しい人には本名で呼ばれたい(戸田恵梨香)流星の絆的危ない橋(二宮和也)妹にぶたれる喜び(錦戸亮) »