« 天使のように冷酷に悪魔のような情熱で一瞬を愛します(堀北真希)イノセント・ラヴ的着地点(内田有紀) | トップページ | 悲惨な戦争を避けられないなんてバカみたいという愚かさ(ビートたけし) »

2008年12月24日 (水)

ちゅどーんか?・・・ちゅどーんっだったのか!(上戸彩)・・・ですよね。(釈由美子)

秋ドラマもほぼ終わりである。

火曜日のドラマ対決は①「チーム・バチスタの栄光」↗16.5% ②「セレブと貧乏太郎」↗14.3%でフィニッシュ。

「イノセント・ラヴ」の最終回は15.1%、ちなみに篤姫VS和宮の直接対決は「宮崎あおいの初恋」*6.7%で堀北真希の圧勝だった。三億事件ものとしては三流以下の企画だし、アイドル映画としても三流の出来なのでこれはある程度仕方のないことでしょう。ついでに「波乗りレストラン(まとめて再)」が*7.1%は失笑です。

暫定的ですが秋の連続ドラマの平均視聴率順位は・・・

①流星の絆16.3%(原作・東野圭吾・脚本・クドカン)

②風のガーデン15.7%(倉本聰)

③イノセント・ラヴ13.5%(浅野妙子)

④チーム・バチスタの栄光13.2%(原作・海堂尊・脚本・後藤法子)

⑤SCANDAL13.1%(井上由美子)

となり・・・作家混合チームがやはりトライアル的なので一般的には面白みにかけるという結果となりました。まあ実力というのは作家の力量がすべてではございませんが、作家が実力を発揮できる状況というものもございますしね。

女流の大攻勢の中・・・クドカンと倉本さんがんばった・・・とも言えます。

で、『セレブと貧乏太郎・最終回(15分拡大)』(フジテレビ081223PM9~)脚本・田中一彦、演出・松田秀知を見た。平均視聴率では僅差で「SCANDAL」に敗れた男組混合チームである。一言でいうとグズグズでした。資産家のお嬢様で天才アーティストのアリス(上戸)と貧乏な男寡の太郎(上地雄輔)の恋という・・・これ以上なくありえない設定でドタバタを一話完結で・・・というのなら複数作家もありだとは思いますが・・・それぞれが三角関係をかかえ・・・アリスに昔の恋人・後藤田(柏原崇)、太郎に幼馴染の幸子(国仲涼子)がいる・・・その気持ちが微妙に揺れ動くというのではある程度、筋の通った話にならないとグダグダ感は否めません。

まあ・・・基本的に小学校の一クラスの話なんですね。

太郎の周囲には男子児童(山下真司など商店街チーム)が集まり、アリスの周囲には女子児童(会社チーム)が集まる。アリスは優等生で同じ優等生仲間である後藤田が「好き」なのだが・・・クラス全体でよってたかって優等生カップルの仲を裂き・・・落ちこぼれの太郎とアリスの凸凹カップルを作る・・・というただそれだけの話。

まあ・・・アリスには選択権があるので優等生が落ちこぼれを好きになることだってあるという展開は一応女性視点。そして・・・クラスで二番目にかわいい幸子にも好かれ、アリスにも好かれる太郎は落ちこぼれだけど人気者という小学生ならではポジションで男性たちにも夢を与えられるという計算です。

なにしろ小学生のやることですから・・・そんなバカなの連続ですが・・・そういうことで呆れているとドタバタは楽しめませんからね。

今回のドタバタは①詐欺的ビジネスでのし上がった男が商店街チームや会社チームがお膳立てした「伝説の財宝オークション」というスティングにまんまとひっかかり全財産を恵まれない子供たち・・・つまりクラスのみんな・・・に寄付してガチョ~ン ②花火の爆発事故でとなりの街までちょどーんと吹っ飛ばされた太郎が死体行方不明のまま行われる通夜の席にのこのこと現れてハラホレヒレハレ~ ③たまごかけごはんがあればごちそうはおよびでない・・・およびでないね・・・こりゃまた失礼しましたーっ。

・・・以上の三本立てでした。まあ・・・詐欺の設備投資とか・・・損害賠償とか・・・旅客機の飛行経路とか・・・商店街の女将さん不足とか・・・風間杜夫(執事)と平田満(ロリコン親父)は銀ちゃんとヤスなのにっ!だとか・・・様々な疑問を気にしていてはとても見続けられないドラマだったということは言えるでしょう。

まあ・・・そんなバカな同級生たちとお別れする小学校の卒業式にもそれなりに寂しさがあるというのが人間心理の絢だとしてもーっ。

でもクリスマスのミニスカサンタはかわいいよねというあなたはコチラへ→お気楽様のセレブと貧乏太郎

で、『チーム・バチスタの栄光・最終回』(フジテレビ081223PM10~)原作・脚本(前述)、演出・植田尚を見た。まあ・・・お茶の間はどう考えるか微妙だが・・・結局・・・殺人犯は全員サイコパス(人格障害者)だオチである。

仕事に疲れたので患者を殺した麻酔医・氷室(城田優)、自分の生きがいを壊されたので氷室を殺した外科医・酒井(鈴木裕樹)、娘が病死した鬱憤を無関係の患者にぶつけた外科医・垣谷(鶴見辰吾)・・・みんなぶっこわれています。

まあ・・・放置しておけば死を免れない病人は手術室に入ったら運を天にまかせるしかない・・・というのが結論です。

医師たちは皆「患者さんの命は助かったり助からなかったりするもんだし」と思っているしナース・大友直美(釈)も「ですよね~」と同意するのである。

・・・あれぇ・・・そんなミもフタもないこと言っていいのかなあ。いい話だったじゃない。医者なんておかしいのが多いから私たち役人がキッチリしめなきゃダメだって話でしょ。そんでほら病院のワンセットで連続ドラマは作れるって話だし予算縮小にはもってこいでしょ。原作だってあれだよね。怪しい人間をいっぱい用意するのだって結構手間のかかることなのにさぁ。真犯人一人が見つかってチャンチャンじゃ経済的じゃないしコストパフォーマンスに問題があるわけよ。それをこの人も犯人だった。この人も犯人だったってやっていけばすごいリーズナブルっこと。これってすごいことだよね。もうさ・・・なんでもありってことだもんね。これからの時代、高度成長はのぞめないわけだから節約できるところは節約しないとさ。すべてが成り立たないってことなのよ。わかるかなぁ?・・・ほぼ100円ショップで100円のものしか買わないオレ(仲村トオル)が言うんだからまちがいないんだよねえ。

怪文書の犯人は脅迫とか業務妨害の罪に問われないのですかと疑問を持つあなたはコチラへ→エリお嬢様のチーム・バチスタの栄光

関連するキッドのブログ『先週の火曜日のレビュー

木曜日に見る予定のテレビ『夢をかなえるゾウ』『セイヴィア』(日本テレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 天使のように冷酷に悪魔のような情熱で一瞬を愛します(堀北真希)イノセント・ラヴ的着地点(内田有紀) | トップページ | 悲惨な戦争を避けられないなんてバカみたいという愚かさ(ビートたけし) »

コメント

あはは・・いい話だったじゃない・・
読んでいて全く白鳥トオルの声に聞こえてきたら
やっぱり白鳥が言ってたのね。
さすがじいやさまだわ~。
手術が発生した時点でもう運を天に任せるしかないのね。
だいたいこの世は偶然ですら必然の運命だからしょうがない。
せっかくの出演者、全員犯人にしとけば一石六鳥ぐらいの
節約はできました~。コレデイイノダ~~・・ぷぷぷ。
長い長い前フリでしたけど終わりました。
田口が泣きすぎて気持ち悪かったけど仲村トオルの新発見したからそれでいいです。

じいやさま、今年もごっこガーデンでたくさんたくさん遊んでくれてありがとうなのです。。
まだこれから大晦日とお正月の一大イベントがくるのですが
じいや様、腰は大丈夫ですか~?

投稿: エリ | 2008年12月25日 (木) 14時59分

ribbon✿❀✿❀✿かりん☆スー☆エリ様、いらっしゃいませ✿❀✿❀✿ribbon

最近、お嬢様が『バチスタ』をごらんになるので
白鳥トオルがよく
厨房でただメシをたべて
お帰りになられるのでございます。
元をただせば「ビー・バップ・ハイスクール」
の不良生徒でございますので
遠慮知らずで食欲旺盛なのですな。
シェフなどは残飯が整理されてよいと
喜んでおりましたぞ。
奥様のいさ子夫人はちゃんとごはんを与えているのでしょうか。
「K-20」では明智小五郎なのに
次の映画が「おっぱいバレー」・・・。
まあ、おっぱいの人が綾瀬はるかなので
ちょっと納得です。
http://wwws.warnerbros.co.jp/opv/
トオル「ナイスおっぱい・・・うんうん」
アホです。

お嬢様方が毎日を楽しくすごされること
これがじいめの最上の喜びでございますれば~。
それではこれよりクリスマスケーキに
押しつぶされた聖地・沖縄ドームの修復工事を
チェックしに参りますので失礼をばいたします。

投稿: キッド | 2008年12月26日 (金) 01時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/26465843

この記事へのトラックバック一覧です: ちゅどーんか?・・・ちゅどーんっだったのか!(上戸彩)・・・ですよね。(釈由美子):

» 【チーム・バチスタの栄光】第11話 最終回と統括感想(簡単) [見取り八段・実0段]
ある人物があなたの目を利用してミスを誘発した可能性があります。犯人は、あそこにいますよ。バチスタ・ケース35の手術を観覧席から見守る、桐生。そして、白鳥、田口、黒崎。執刀医は、垣谷だった。ケース27では心臓は必要以上に吊り上げられ、必要以上に回転してい...... [続きを読む]

受信: 2008年12月25日 (木) 01時43分

» 「チーム・バチスタの栄光」最終回 [日々“是”精進!]
  最終話「わずか3秒の完全犯罪!!今、最も危険なオペが始まる」桐生は「ケース27」の術死は、自分の医療ミスによるものだと認め、容態の急変により急遽行われることになった次のバチスタ手術は、垣谷が初執刀することになる。しかし、オペ直前で垣谷が失踪、騒然とな...... [続きを読む]

受信: 2008年12月25日 (木) 07時01分

» チーム・バチスタの栄光 最終話:わずか3秒の完全犯罪!!今、最も危険なオペが始まる [あるがまま・・・]
思てたのと違うぅ〜!by笑い飯 ジタバタ (((o(> [続きを読む]

受信: 2008年12月25日 (木) 11時50分

» チーム・バチスタの栄光 第11話 [エリのささやき]
怪文書は垣谷じゃなくて白鳥の自作自演だって><考えそうなやつだわ〜(笑 [続きを読む]

受信: 2008年12月25日 (木) 13時54分

» チーム・バチスタの栄光 第11話(最終回)真相 [レベル999のマニアな講義]
『真犯人は誰だ!?最も危険なオペが今、始まる』内容case27の術死桐生(伊原剛志)の目の異常による医療ミス、、、そう断定された。だが、白鳥(仲村トオル)は、、、桐生の資料を読みあることに気付く。一方、田口(伊藤淳史)は、一枚の写真を見つけるのだった。...... [続きを読む]

受信: 2008年12月25日 (木) 17時39分

» セレブと貧乏太郎 最終話 「最終回拡大SP!!さよなら太郎・衝撃と感動の聖夜!!」 [TVお気楽日誌]
偽のウラジミール・コレクションのオークションを開き後藤田(柏原崇)に一泡吹かせようと提案するアリス(上戸彩)。 [続きを読む]

受信: 2008年12月25日 (木) 17時56分

» チーム・バチスタの栄光 最終回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『真犯人は誰だ!?最も危険なオペが今、始まる』 [続きを読む]

受信: 2008年12月25日 (木) 19時56分

» 「チーム・バチスタの栄光」第11話(最終回) [fool's aspirin]
真犯人が今夜明かされる! …って、もう怪しい人はみんなわかっちゃってるので、 あとはどう見せるか、動機は?という最終回だよね。 ラスト1分!の煽りで何があるのかと思ったら、 なんとそんなオチでしたか〜。 チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫) 海堂 尊 JUGEMテーマ:エンターテイメント... [続きを読む]

受信: 2008年12月27日 (土) 01時44分

» チームバチスタの栄光 その11 [酔生夢死]
チームバチスタ最終回前回医療ミスということで解決したかに見えたケース27が再度火を噴くヒントは桐生のサザンクロス病院時代の戦歴とサザンクロス病院に入院していた少女の写真入院していた少女は予想どおり垣谷の娘手術は成功したものの拒絶反応により死亡していたケー...... [続きを読む]

受信: 2008年12月27日 (土) 23時52分

» 《チーム・バチスタの栄光》最終回 [まぁ、お茶でも]
<拡張型心筋症の治療に有効なバチスタ手術。 この難易度の高い心臓手術を次々とせいこうさせてきた 7人のエリート集団。チーム・バチスタ しかし、突然患者が相次いでで死亡すると言う 原因不明の事態が起こった。 ... [続きを読む]

受信: 2008年12月28日 (日) 09時54分

» チーム・バチスタの栄光 最終回 (鶴見辰吾さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆鶴見辰吾さん(のつもり)鶴見辰吾さんは、毎週火曜よる10時フジテレビ系列にて放送されていた連続ドラマ『チーム・バチスタの栄光』に垣谷雄次 役で出演しました。先週は最終回(第11話)が放送されました。●あらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2008年12月29日 (月) 21時51分

« 天使のように冷酷に悪魔のような情熱で一瞬を愛します(堀北真希)イノセント・ラヴ的着地点(内田有紀) | トップページ | 悲惨な戦争を避けられないなんてバカみたいという愚かさ(ビートたけし) »