« あなたの背中には悲しい温もりがありました(堀北真希)知っているのに知らんぷりのイノセント・ラヴ(内田有紀) | トップページ | 日中友好マニュアルを日本人が作る理由なのです(観月ありさ)自分を犠牲にしても市民に尽くすのが公僕です(水谷豊) »

2008年12月 3日 (水)

父ちゃんはアフリカに行くんじゃろ!(上戸彩)あたりはずれがあるんだよ(吉田里琴)メッセージはありました(釈由美子)

なんだかなあ・・・の火曜日である。唯一・・・まともなのはバチスタひとつになっているのだが・・・もう一つ気分がのらない。地味なのである。

キャスト的には申し分のない残りの二つはなんだか・・・素人が作ったような作品になっている。

お茶の間は正直だ。火曜日のドラマ対決は①「チーム・バチスタの栄光」↗14.2% ②「セレブと貧乏太郎」↗11.2% ③「オーマイ・ガール!! 」↘*6.3%・・・と順位が固定。

スキャンダルというのは・・・いろいろと微妙な問題がある。たとえば卓球の福原愛の熱愛報道。一体・・・報道する側の報道の根拠はなんなのだろう。お茶の間が知りたがると思うからか。それに対して「すみません・・・遠くまでご苦労様です」と応じた福原である。これに対してニュースキャスターたちは口をそろえて「あやまることは何もないのに・・・」である・・・まず・・・自分たちが恥じるべきではないのか。「でも・・・愛ちゃんがいろんなことやってるかどうかスケベなんで知りたいの」ってことだからな。ま・・・それが仕事だから・・・って言えばそれまでだが・・・女子アナとかは一瞬・・・自分の人間性を疑う気持ちになるはずであり・・・それはそれでなんだかかわいそうである。ま・・・それが現代社会のありのままですが。

そういう意味で・・・母親が大スター・・・父親が事務所の社長ということを秘密にしていた杏(吉田)がスキャンダラスな存在なのかどうかが・・・微妙なのである。しかし・・・それを前提として作るのである。

回想シーンで「ママと女優の約束」をした杏(本人)・・・そのことを社長に報告する杏(子役)という年齢設定の矛盾にあるくらい無理があるのだな・・・やはり現場ではみんな涙目なのか・・・。

で、『セレブと貧乏太郎・第8話』(フジテレビ081202PM9~)脚本・田中一彦、演出・松田秀知を見た。何をしたいのか相変わらずよくわからない真紀子(若村麻由美)の回であるらしい。いわば鬼セレブVS貧乏太郎(上地雄輔)という趣向らしい。でも・・・真紀子のボジションがよくわからないので・・・どこを面白いと思えばいいのか分らない。基本的に美田園ホールディングスは昔なつかしい資産家一族の企業である。その実権を真紀子が握ったと何回言えば気がすむのだ・・・。普通に考えれば後妻である真紀子は財産狙いであり・・・相続権を持つ血のつながらない夫の実子であるアリス(上戸)を排除したいと考えるということは分る。そのためには手段を選ばないというのもありえる。しかし・・・やっていることは義理の娘の気を引きたい継母の策略なのである。よく・・・わからない。

今回は・・・娘のお気に入りである太郎をいじめたくて・・・放火して親子四人を路頭に迷わせ・・・ホームレス小学生をネタ化・・・最後は太郎に子供を残してアフリカに行けと命令である。

「大和は沖縄に行くんじゃろ・・・みんな死ぬんじゃろ」という蒼井優の気分になりました。

お前は・・・理不尽な大本営かっ。ま・・・でも突然ホームレス家族になる時代であるといえばそうなんですけどねーっ。ここでホームレス小学生をいじめる小学生に懲罰なしである。スタッフは心底・・・いじめっこサイドか。

しかも・・・突然・・・放火ではなくて漏電だったと・・・真紀子の行動をフォローするかのようなとってつけた結末である。靴をおなめと言わないでなめさせようとしたり・・・ものすごくちくばくな演出と言わざるをえない。

一方・・・真紀子がラブ・アリスはアリスの自由にはならないと言うのであるが・・・それではアリスはお飾りというか金持ちのパパの援助で道楽事業をやっていることになってしまう。しかし・・・設定としてはアリスは名実を伴うセレブとしての企業経営者のはずである。

こういう矛盾というか何も考えていない状況からアリスはラブ・アリスの社員旅行に同行することになる。そこで社員が楽しみにしているのが・・・クジで召使を選出してみんなでいじめるゲームである。誠に悪魔の下っ端が考えそうな・・・品性下劣ゲームであり・・・いじめによる全国の小学生の自殺者が一割増しになりそうなゲームだ。

よい子のみんな真似をする時はラブアリス召使ゲームと言おうね。とあえて言いたくなる展開である。

この展開が赦されるのは発案者がアリスであること。アリスが社員のガス抜きをするために召使を志願することが前提だろう。そして・・・最初は遠慮していた社員が段々と調子にのってきて・・・ついにはじいやの郡司(風間杜夫)まで・・・無礼講に・・・というのがお約束だろう。・・・ところが・・・アリスがちょっとてんやわんやした後・・・仲居なので入浴シーンをスルーして・・・幸子(国仲涼子)のピンクの縁取りの黒パンツが紛失・・・犯人クマでしたである。

なんじゃそりゃー。

二夜連続パンツか・・・とお嘆きのあなたはコチラへ→お気楽様のセレブと貧乏太郎

アリスの説得でアフリカ行きをやめた太郎が・・・間をとって引き返してくるシーン。

アリスが気がつき・・・子供たちがふりかえると・・・無人である。編集ミスだろう。

そして後藤田(柏原崇)と幸子のとってつけたような接触恋のはじまりフラグ・・・絶句。

擦り傷メイクだけが妙にリアルなのでした。

で、『オー!マイ・ガール!! ・第8話』(日本テレビ081202PM10~)脚本・高橋麻紀、演出・久保田充を見た。ほぼ壊滅状態の日本テレビ秋ドラマ・・・中でも現場の空気が一番荒みそうな数字を確保のこのドラマ・・・。もうたたかれ疲れたか・・・。そういう空気が漂うのである。そこで淡々と・・・興奮と平常の二つのパターンだけで耕太郎(速水もこみち)が演技を続けていく。

親子の関係について・・・子供っぽい普通のカタチでの愛を求める耕太郎に対し・・・芸能界・・・しかも・・・スターの親は特別なんだということを悟らせる杏の実の父(鹿賀丈史)なのだが・・・最後は・・・あくまで親子関係修復の手柄を耕太郎にもたせる・・・わざとらしい展開。スターの親でなくても単身赴任の親は・・・子供と一緒に遊べないって・・・知らないのか。

結局・・・耕太郎は周囲に恨みがましい気持ちを抱く暗い青年でありながら・・・正論を押し付けがましく主張する・・・かなり魅力に乏しいキャラクターになってしまっている。もこみちはこの役には耐えられません。

もうね・・・劇中劇で・・・杏が子供離れした演技力を見せつけ・・・圧倒していく展開でもないと・・・何も盛り上がらない気がします。第一・・・映画なんてアタリハズレがあって当たり前・・・当たらなきゃ借金ボーンで・・・当たれば大儲けなんですから。

ただそれだけなんですからーっ。

本人→子役の時系列の問題とともに・・・ライバル誌の原稿・・・しかもスクープを編集長(古田新太)が無造作に入手しているのは・・・ガネーシャだからなのか。もう・・・腰が抜けたよ。さあ・・・子供を隠していた・・・つまり・・・独身男性のアイドルとして商売をしていたようなアイドル女優の片鱗をこれっぽっちも感じさせない大スター・大空ひなこ(YOU)が帰ってまいりました・・・。最終回・・・なんとかしてくれるのかな・・・。

たとえば・・・「イノ・ラブ」担当の悪魔としてのキッドならこう妄想します。

平凡な家庭で野心に燃える娘(六歳)に囁きかける悪魔。

「父親の命と引き換えに大スターにしてあげるけどどうする?」

「殺して・・・パパを瞬殺で・・・苦しまないようにお願い」

優しい娘である。

CLUB RIKOのレビューはコチラへ→ikasama4様お気楽様シャブリ様

で、『チーム・バチスタの栄光・第8回』(フジテレビ081202PM10~)原作・海堂尊、脚本・後藤法子、演出・星野和成を見た。今回の患者は村本カナ(金澤美穂)である。映画「容疑者Xの献身」で銀幕デビューの1994年生。14歳になりたてである。夏未エレナや小池彩夢や福田麻由子の世代であるが・・・現時点では意外と層が薄い穴場の世代のような気がする。

ナース直美(釈)は謎の死を遂げた原作の犯人(城田優)からの電話は・・・「謝罪の電話だった」と言いつつまた謎を残すのである。

ドラマ・オリジナルの犯人は・・・ある段階まで出演者にも秘密だったそうなのだが演技プランを作るのにはどうかと思う・・・演出手法である。

っていうか・・・それほどあっと言わせる犯人なのかどうか・・・ものすごく不安なんですけど。

今回は五枚もサービスのあるナース大友直美をチェックしたいあなたはコチラへ→お気楽様のチーム・バチスタの栄光

ああ~イライラすると言いつつ毎週見ちゃうあなたはコチラへ→エリお嬢様のチーム・バチスタの栄光

白鳥と黒崎のネクタイの趣味が一緒なのが気になるあなたはコチラへ→まこお嬢様のチーム・バチスタの栄光

関連するキッドのブログ『先週の火曜日のレビュー

木曜日に見る予定のテレビ『七瀬ふたたび』(NHK総合)『夢をかなえるゾウ』(日本テレビ)『風のガーデン』(フジテレビ)『小児救命』(テレビ朝日)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« あなたの背中には悲しい温もりがありました(堀北真希)知っているのに知らんぷりのイノセント・ラヴ(内田有紀) | トップページ | 日中友好マニュアルを日本人が作る理由なのです(観月ありさ)自分を犠牲にしても市民に尽くすのが公僕です(水谷豊) »

コメント

オーマイガール 全9回でしたね。
画伯の予想が的中。ああ・・里琴ちゃん・・

投稿: シャブリ | 2008年12月 3日 (水) 16時57分

日本テレビは中間報告で37年ぶりの赤字

という事で
社員達はこれから先、どうなってしまうのか

気が気でないから

今やってる仕事もウワノソラなんでしょうかね(苦笑)

そんなせいかどうかはともかく今期の日テレは散々ですね。

もこみちさんは基本的に薬味のような感じだから
わさびをメインにするのはきついってこってすかね。


P.S.
頂いた商品は
オイシク料理させて頂きました( ̄▽ ̄)

投稿: ikasama4 | 2008年12月 3日 (水) 20時33分

wine▯▯black rabbit▯▯シャブリ様、いらっしゃいませ▯▯black rabbit▯▯wine

ふふふ・・・愛するがゆえの
全10回予想ですね。
わかります。
キッドとしてはフルシーズンでもいいのに・・・
と思いました。

妖精の雫・キラリの現実発売を
待っています・・・( ´Д`)y──┛~

皆さん・・・教えてください
視聴率が悪いのはスタッフの読みが甘いからですか!

・・・この場面・・・自動的に脳内変換されました。

投稿: キッド | 2008年12月 4日 (木) 05時32分

pencil✥✥✥ピーポ✥✥✥ikasama4様、いらっしゃいませ✥✥✥ピーポ✥✥✥pencil

キッドの現役の頃は
日テレは
巨人戦中継しとけば
大黒字だったのでございます。

それが・・・ヒトケタ・コンテンツに
転落した今・・・
将軍を失った江戸城のような
混乱が巻き起こっていることは
間違いない・・・と妄想いたします。

突然・・・野球延長を再開したり
やっぱりやめたり
今回・・・日本シリーズが
そこそこの視聴率をとったので
またもいろいろと逆流を
主張する譜代が画策を始めたりとか
サザンで一旗あげようとする浪人とか
ビッグ3で花火をあげようとする親藩とか
もういろんな騒動が持ち上がっているような気がします。

まあ・・・面白いといえば面白い。

もこみちは「東京タワー」とか「絶対彼氏」とかで
構築してきたものを一気に崩壊させた感じですね。

「働きマン」のトーンで主役をはられても・・・
と思います。

P.S.ご笑納いただきありがとうございました。
今年もいろいろとお世話になりましたが
来年もよろしくお願い申し上げます(・∀・)

投稿: キッド | 2008年12月 4日 (木) 05時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/25871286

この記事へのトラックバック一覧です: 父ちゃんはアフリカに行くんじゃろ!(上戸彩)あたりはずれがあるんだよ(吉田里琴)メッセージはありました(釈由美子):

» チーム・バチスタの栄光 第8話 [エリのささやき]
ああ〜イライラする。大友の留守電に氷室はなんと言ってたのかはっきりせええ〜〜!!!!! [続きを読む]

受信: 2008年12月 3日 (水) 16時44分

» オー!マイ・ガール!! 第8話 [シャブリの気になったもの]
オー!マイ・ガール!! 第8話 日本テレビ 2008/12/02(火) 22:00~ 「死んでなかったパパ!父になれない男の真意」 ★はじめに   →「オー!マイ・ガール!!」の情報はランキング よりどうぞ。   「桜井杏の不足しがちな水分を一瞬... [続きを読む]

受信: 2008年12月 3日 (水) 16時55分

» オー!マイ・ガール!! 第8話 「死んでなかったパパ!父になれない男の真意」 [テレビお気楽日記]
連日、押し掛けるマスコミ。杏(吉田里琴)はひなこ(YOU)との約束だと無言を貫くのでした。 [続きを読む]

受信: 2008年12月 3日 (水) 17時10分

» セレブと貧乏太郎 第8話 家がなくなる日 [レベル999のマニアな講義]
『さよなら父ちゃん』内容ラブ・アリスの社員旅行の日。家でゆっくりしたかったアリス(上戸彩)であったが、そこに、継母・真紀子(若村麻由美)が現れる。美田園ホールディングスの経営権を手に入れたと宣言全ては、自分の思うがままだと言う。一緒にいたくないアリスは...... [続きを読む]

受信: 2008年12月 3日 (水) 18時36分

» セレブと貧乏太郎 第8回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『さよなら父ちゃん』 [続きを読む]

受信: 2008年12月 3日 (水) 19時36分

» オー!マイ・ガール!! 第8話 [渡る世間は愚痴ばかり]
今回は親の愛の「カタチ」について。 [続きを読む]

受信: 2008年12月 3日 (水) 20時37分

» チームバチスタの栄光 八話 [Simple*Life]
を見た。 ケース27だけは別の犯人の可能性があるとにらんだ白鳥と田口 さっそくまた聞き込みを開始しますが 氷室のことがあったあとだけに黒崎もその他の人間も なかなか協力はしてくれません。 でもその中でも大友が氷室から伝言を受け取ったことを聞きつけた 田口はそれとなく聞き出そうとします。 「氷室さんのことを信じてるんですか?殺人者ですよ?」という大友に 対して 「すべて鵜呑みにはできません。でも彼の言った言葉もまた 無視できない。」という田口 それに大友は心を動かされ... [続きを読む]

受信: 2008年12月 3日 (水) 21時09分

» チーム・バチスタの栄光 第8話:義兄弟の亀裂…オペで異常事態! [あるがまま・・・]
取りあえずオペ成功〜 ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノヤッタゼ!! いやぁ〜、途中で桐生先生の手が止まった時にはどうなる事やらと ヒヤヒヤしましたわ〜{/ase/} 汗かきまくりで目はしょぼしょぼ・・・何がどうなったのか、知ってか知らずか 桐生を見守るスタッフ達。ぐっちーは何も感じてなかったようですが{/face_ase2/} 垣谷先生は雰囲気を変える為に、わざと器具を落としたんでしょうねー。 ナイスフォロー{/good/} それにしても、バチスタチームから殺人者が出て、しかも自殺までしたという... [続きを読む]

受信: 2008年12月 3日 (水) 21時43分

» チーム・バチスタの栄光 (宮川大輔さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆宮川大輔さん(のつもり)宮川大輔さんは、毎週火曜よる10時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『チーム・バチスタの栄光』に鳴海涼 役で出演しています。今週は第8話が放送されました。●あらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2008年12月 5日 (金) 14時23分

« あなたの背中には悲しい温もりがありました(堀北真希)知っているのに知らんぷりのイノセント・ラヴ(内田有紀) | トップページ | 日中友好マニュアルを日本人が作る理由なのです(観月ありさ)自分を犠牲にしても市民に尽くすのが公僕です(水谷豊) »