« 天ならば在るがままに地ならば為るがままに人ならば思うがままに(妻夫木聡) | トップページ | 気ままにすごしたいの(広末涼子)モンマルトルトライアングルインタポール(相武紗季) »

2009年1月 6日 (火)

きょえぇぇぇぇぇぇぇぇっ。(小西真奈美)きょえーっ。(葉月里緒奈)ぎょっ。(オダギリジョー)

特殊なジャンルというか・・・味わいでは黒沢清監督・・・追随を許さないな・・・。

年末年始では結局これが一番印象深かった。

本題に入る前に恒例の週末の視聴率チェック。「新垣結衣の恋空」10.4%(ドラマ版がなかったらもう少しとれたかもね)、「必殺仕事人2009」18.6%(水川あさみの哀愁集大成・・・セクスィー部長との斬殺リンクが素晴らしかったなあ)、「相棒・ノアの方舟」17.4%(ほどよい相棒とったなレーティングである)、「福家警部補の挨拶・オッカムの剃刀」*7.4%(味噌をのせた馬を知らんか~馬の田楽なんぞ知らんがな)、「おんな太閤記・決戦関ヶ原」*6.9%(山内一豊の妻と寧々は微妙に違うんだよなあ)、「映画・HERO」22.6%(すごくいい出来なのにみんな映画画質になじめなかったのか30%に届かず・・・ハードル高すぎだろう)、「特命係長スペシャル」*9.3%(深夜にやっていればいいものを)、「はじめてのおつかい」15.2%(さすがだ)、「天地人」24.7%(こんなところには来たくなかったのだっちゃ)、「稲垣吾郎の悪魔の手毬唄」11.3%(ちょっと萌え要素不足)、「左文字進13」15.7%(水谷豊人気すごいな・・・一部の男が萌えなのかやはり)・・・以上。

で、『(さけび)』(2006年公開)(TBSテレビ090102AM0105~)脚本・監督・黒沢清。もう始まった瞬間から・・・滅びつつある世界に引きずりこまれるのである。

埋立地の水溜りに赤い服の女の顔をつけ溺死させる男。そして不気味な地震。現場は液状化して泥沼となる。

事件現場にかけつけた吉岡刑事(役所広司)は・・・不吉な思いにとらわれる。

現場に残されたボタンは自分のコートのボタンのようだし・・・実際にコートのボタンはとれている。そして女からは吉岡刑事の指紋が発見される。そして女を拘束するのに使われたコードは黄色だ。吉岡刑事の住居にもむき出しの黄色い配線コードがある。

しかも・・・その夜から吉岡刑事は赤い服の女(葉月)の幽霊につきまとわれるのである。

同僚の宮地刑事(伊原剛志)は不審の目を吉岡にむける。

カウンセラー(オダギリジョー)は吉岡に告げる。

「幽霊なんてものは・・・心の真実の叫びなんですよ」

「しかし・・・間違って幽霊がつくことは・・・ないですか・・・」

「いや・・・それはないでしょう」

やがて・・・事件は連続殺人の様相を見せ始める。

医師の佐久間(中村育二)が息子(佐藤貴広)を溺死させたのである。

佐久間が罠を仕掛けたのではないかと疑う吉岡は佐久間を追及するが・・・事件に深みはない。

ここで黒沢清ならではの墜落シーン。身投げであるが・・・落下した佐久間はほとんど不死身である。

どこか・・・病んでいる登場人物たち。そう見えるのには意味がある。

最初の死体もヒモのような男に殺された吉岡の見知らぬ女だったことが判明する。

そんな暗澹とした世界で吉岡は恋人・春江(小西)にだけ安らぎを見出す。

続いて・・・妻と別れてて愛人の美由紀(奥貫薫)と暮らそうする男(野村宏伸)は美由紀によって溺死させられる。

容疑者となった美由紀を発見した吉岡は美由紀を溺死させようとしている自分に気がつき愕然とするがついに真相を悟る。

赤い服の女が「相手を選ばず溺死させようとする呪い」をかけているのだった。

ここでついに赤い服の女が白昼、吉岡の前に出現する。黒沢清ならではのひらひらと宙を彷徨う幽霊である。不気味さと滑稽さに凍りつくぞ。

春江の身に危険を感じた吉岡は彼女を旅行に送り出し・・・呪いの原点に向かう。

そこは湾岸地域の再開発から置き去りにされた黒い建物。脳病院の廃墟だった。

水上バスから見える廃墟の窓辺には赤い服の女がいた。

乗客たちは彼女を見ていたが・・・その窮地を見逃していたために怨まれていたのである。吉岡もその一人だったのだ。

しかし吉岡はついに女を発見する。それは哀れな赤い服に包まれた白骨死体だった。障害を抱えたまま・・・女は見捨てられ死んだ・・・そして誰もそれに気がつかなかったのだ。

その時・・・赤い服の女が出現し・・・囁くのだった。

「あなただけは許してあげる・・・」

そして・・・正気に返った吉岡はすでに自分が最初から呪縛の中にいたこと知る。

吉岡の家には・・・白骨化した春江の死体が残されていた。

苦悶の叫びをあげる吉岡に春江の幽霊は囁く。「仕方なかったのよ・・・それじゃ・・・私はもう行くわ・・・」

吉岡の差し伸べる手もむなしく・・・春江は虚空に消える。

どこかへ旅立った吉岡の部屋を訪ねる宮地刑事。残されたどす黒い液体に満ちた洗面器を覗き込む・・・と・・・天井から赤い服の女が現れ・・・宮地は洗面器に全身を引きずりこまれるのだった。

あの人を何故追いかける?

あの人を何故追いかける?

その理由(わけ)に気付いた途端に

あの人が風になる

(風になる/中村中)

関連するキッドのブログ『サイレントヒル

              『回路

              『この胸いっぱいの愛を

水曜日に見る予定のテレビ『怨み屋本舗スペシャル・マインドコントロールの罠』(テレビ東京)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 天ならば在るがままに地ならば為るがままに人ならば思うがままに(妻夫木聡) | トップページ | 気ままにすごしたいの(広末涼子)モンマルトルトライアングルインタポール(相武紗季) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/26870654

この記事へのトラックバック一覧です: きょえぇぇぇぇぇぇぇぇっ。(小西真奈美)きょえーっ。(葉月里緒奈)ぎょっ。(オダギリジョー):

« 天ならば在るがままに地ならば為るがままに人ならば思うがままに(妻夫木聡) | トップページ | 気ままにすごしたいの(広末涼子)モンマルトルトライアングルインタポール(相武紗季) »