« 信者と書いて儲かると読む・・・この世に正義はないのよ・・・しかるべく怨み屋本舗(木下あゆ美) | トップページ | ぐっち(浅見れいな)ミチコマン(中村ゆり)ジョナ(野波麻帆)意地悪ばあさん(市原悦子) »

2009年1月 9日 (金)

テッテケテー?(高橋愛)Q.E.D.かくのごとく示された!(中村蒼)ありふれたトリックだったな(仲間由紀恵)

木曜日はまとまってスタートである。木曜日のドラマは対決としては見ない方針なのだが。

初回の視聴率を見ておくと・・・「証明終了」*6.2%、「特命係長」11.9%、「ありふれた奇跡」12.5%となっている。

「七瀬ふたたび(最終回)」→「証明終了」はプラスマイナスゼロ。「小児救命」→「特命係長」はプラス*4.9%。

「風のガーデン」→「奇跡」はマイナス*5.1%で・・・前ドラマとの対比では①「特命」②「証明」③「奇跡」という順位になっている。

失敗の後は楽だし、成功の後は苦しい。番外地はどこまでも番外地なのである。

で、『Q.E.D.証明終了・第一話』(NHK総合090108PM8~)原作・加藤元治、脚本・藤本有紀、演出・伊勢田雅也を見た。少年向け素人探偵のミステリーが原作でメインとなる事件は第12話の「青の密室」である。

ドラマとしての主人公はおてんばな女子高校生・水原可奈(高橋)であるが、役割は探偵役の同級生・燈馬想(中村)の助手である。ちなみに中村は実年齢17才で現役、高橋は実年齢22才のなんちゃって高校生である。誰のせいというのではなくどことなく姉さん女房の空気が漂っています。

高橋といえば早口で抑揚のない口調がモールス信号のような響きを持っているモーニング娘。の現リーダーである。デビュー当時、「うたばん」で石橋貴明が「何を言ってもテッテケテーと聞こえる」という名言を残している。この口調に萌えを感じるかどうかが賛否の分かれ目であるが・・・キッドは萌えるので絶賛します。

これを基本としてあやや(松浦亜弥)のような舌足らずのハイトーンとミキティー(藤本美貴)のようなドスのきいたロートーン。この三種類の使い分けが演技プランのすべてである。それは見事なほどに機械的なので・・・そこにテクニカルなものを見出せないと「硬い」というイメージが漂うと考えます。

しかし・・・猪突猛進であり、けれど情緒は豊かという主人公を描いていくのであれば充分な技術です。結局・・・ステージばかりやらされているのでそのキャラがお茶の間に馴染んでいないということがネックになるかもなーと思うのですね。

モー娘。関係者の戦略がステージの収益に偏った結果、テレビ的に生存しているのが里田まい(カントリー娘。)だけというおバカな状況になっているのが結構面白いのだな。

ドラマとしては「天下騒乱」(2006年テレビ東京)の徳川和子役、「阿久悠物語」(2008年日本テレビ)の味唯(ピンクレディーのミー)役などもあるが、何れも単発であり、連続ドラマとしてはドラマ愛の歌「ミニモニ。でブレーメンの音楽隊」(2004年NHK教育)まで遡らないとならない。この年齢でこのキャリアじゃ風あたりは強いのである。モー娘。関係者のドラマがほぼ100%失敗するのはこのためである。

まあ・・・そういう厳しい状況だが・・・がんばってもらいたい。跳び箱飛ぶような肩車は素晴らしいお色気がありましたし。・・・そこかよ。

一方、視聴率的には最悪のドラマだった「学校じゃ教えられない」からここの中村蒼(あおい)は・・・チビであることが価値がある少年向けドラマの主人公としてはやや背が高い。プロフィール的には174cmだが・・・成長期だしもっとありそうだ。そのハンディ・キャップを抱えつつ、米国マサチューセッツ工科大学(MIT)を飛び級で卒業した天才少年の天才ゆえの孤独感、異端感をさりげなく演じている。おそらく「失われた青春」を捜しに高校に編入してきたはずで・・・凡人たちからはリンチに遭いかねないポジションなのである。

当然、刑事を父(石黒賢)に持つ可奈とはそこそこ友情と恋情を育むはずであり、そのあたりのサジ加減が・・・「音楽隊」「ちりとてちん」の脚本家の双肩にかかっているのだな。ま・・・視聴率は期待できないけど・・・せめて知る人ぞ知る「名作」は目指してもらいたい。

さて・・・どうしてこの事件を「最初」にもってきたかは謎だが・・・「死体を飛行機でじっとさせておく方法」とか「死体、犯人の順でスカイダイビングしたら犯人に容疑がかかるだろう」とかものすごいネタではある。飛ぶ寸前まで生きていたとして状況的には犯人にしか犯行できないわけだから。警察は何をしていたのだ・・・。

ま・・・子供相手のミステリーにそんなこと言うのは大人げないか。

トリックは名札の裏返しトリック。犯人である魚脇(友井雄了・・・「ちりとてちん」の和田友春)の「UOWAKI」が被害者の野巻の「NOMAKI」と逆さにすると恐ろしい偶然で一致するという話である。

ちなみに魚脇も野巻も珍しい苗字だが実在する。魚脇はかなり珍しいが、野巻は春日氏小野氏横山氏とたどれる由緒正しい姓である。

とりあえず・・・亜流だけれど想と可奈が金田一少年と美雪のような歴代を作る名コンビを見せてくれるかどうかが楽しみです。

で、『特命係長・只野仁(第4シーズン)第一話(通算第32話)』(テレビ朝日090108PM9~)原作・柳沢みきお、脚本・三上幸四郎、演出・秋山純を見た。金曜ナイトドラマ枠からの出世作である。「トリック」以来だな。それより早く「モップガール2」をやって欲しいよ。お茶の間でもげって言いたいよ。「時効警察3」とかも見たいんですけど~。ついでに関係ないけど「富豪刑事3」もね~。「スカイハイ3」でもいいですよーっ。

柳沢みきおと言えばストーリーテラーである。しかし・・・その物語は要約すると「主人公はモテモテ」ということになる。初期の代表作である「月とスッポン」はこれといってとりえのない男の子が幼馴染というだけで美少女に熱愛される話だし、中期のヒット作「翔んだカップル」はさえない男の子がモテモテなのである。で・・・その後もとりあえず主人公がモテモテであることは基本的に変わらない。まあ・・・コミックの読者としてはただそこにいるだけでモテモテ感を味わうことができるのであり・・・そういう職人としては一種の最高峰の作家と言えるだろう。

で、「特命係長」も例外ではない。さえないサラリーマンだが・・・夜になればモテモテなのである。

ま・・・この夢はどこまで行っても「男のロマン」なのでどんなに圧倒的な支持があっても視聴率的には限界があります。

今回は「韓流ドラマ」そのものを男のロマンでおちょくるわけですが・・・ま、レギュラーの櫻井淳子、三浦理恵子はもちろん、ゲストの田中美里にも特命係長(高橋克典)がモテモテであることは言うまでもないでしょう。

で、『ありふれた奇跡・第一話』(フジテレビ090108PM10~)脚本・山田太一、演出・田島大輔を見た。映画では地道にキャリアを積み重ねている加瀬亮だがお茶の間的には高橋愛と同じようなポジションである。キッドのレビュー的にも黒沢清「叫」で・・・主人公の役所広司を赤い服の女に導く船員を演じているのだが触れられないほどだしな。

しかし・・・役者としては自然な演技を見せるわけで・・・主役と脇役が渾然一体となる感じは「風のガーデン」に続いて・・・最近では珍しいドラマにはなっている。

ただし・・・もう一人の仲間由紀恵はいわゆる一つのビッグスターなのだが・・・その個性が災いして・・・ちょっとシリアスを演じようとすると必ずこけるというめぐり合わせになっている。

キッドも①「トリック」の山田②「エリヤン」の謎の占い師③「功名が辻」の山内④「ごくせん」の山口という面白仲間とそれ以外ではまったく別人のような気がするのである。

おそらく「神様、もう少しだけ」でエイズ患者の深キョンのいじめ役だったことが尾をひいているのだろう。マジな顔の仲間はなんとなく・・・悪い感じがするのである。

で・・・今回は相当に微妙で複雑で・・・しかも考えようによってはどうでもいいことを深刻に考えているヒロインの役である。

うわーっ・・・またしくじりそうだーっ。

ただし・・・腐っても山田太一なので・・・そこそこは見せることができるのではないかと想っている。

とにかく・・・お茶の間との妥協点が問題なのだな。祖母(八千草薫)、父(岸部一徳)、母(戸田恵子)という豪華な家族の娘として・・・隠された内面を持つ加奈(仲間)がどれほど女心を満たすことができるかどうかというのがポイントなのである。

一方、脱サラ左官屋の翔太(加瀬)は祖父(井川比佐志)、父(風間杜夫)と家を出た母(キムラ緑子)とそこそこ面倒くさそうな家族なのである。

この二つのホームドラマと・・・火事によって妻子が焼死体となりホームドラマを失った男(陣内孝則)が出会うわけである。

赤の他人の三人が・・・陣内は自殺をしようとして・・・加奈と翔太はそれを止めることで・・・知り合う。

おせっかいな警官(塩見三省)が三人を再会させることにより・・・面倒くさい人間関係の幕が開くのであった。

男「私が死のうとしていたというのが分ったということはあなたたちも死のうとしてたってことじゃないかと・・・いや・・・死のうとしたことがあるっていうか・・・そうじゃないかと」

加奈(目をそらす)翔太(顔をそむける)・・・つづくである。

うわあ・・・自殺問題ですか。自殺問題はな・・・結局鬱だからな。

関連するキッドのブログ『風のガーデン

土曜日に見る予定のテレビ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 新春スペシャル』『赤い糸』(フジテレビ)『イノセンス』(日本テレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 信者と書いて儲かると読む・・・この世に正義はないのよ・・・しかるべく怨み屋本舗(木下あゆ美) | トップページ | ぐっち(浅見れいな)ミチコマン(中村ゆり)ジョナ(野波麻帆)意地悪ばあさん(市原悦子) »

コメント

お茶の間で観られる只野仁を作ったのかと思いきや、やっぱり女子更衣室シーンがあってしまったわけで、このあとベッドシーンがあると困るのでウチではチャンネルを変えました( 谷)。

エロゲーのファミコン移植みたいな配慮は欲しいなと。

あと、相対化してあるとはいえ寒流をもってきたことで、寒流ギライのジジババには開幕草々の作中作の影響で番組自体が寒流ドラマなのだと思えたみたいで、"第一話"でやるにはちょっとなぁと思ったのでした。

投稿: 幻灯機 | 2009年1月10日 (土) 07時03分

movie✪マジックランタン✪~幻灯機様、いらっしゃいませ~✪マジックランタン✪movie

ふふふ・・・今回はベッドシーンはありませんでしたぞ。
ただ更衣室のシーンがちょっと
ムチムチ度が高かったので
お茶の間には警戒警報が発令されたのですな。
昔は「時間ですよ」とか
「大江戸アンタッチャブル」で
脱衣所の裸は自然の前提があったのですが
最近はますますエロに抵抗力がない
お茶の間の模様です。
まあ・・・キッドはシモネタ愛護教会会員ですので
シモネタ嫌いのディレクターととっくみあいも
したことがあり
どんどんやれぇぇぇぇぇぇと
思ったりもします。ヽ(゚∀゚)ノ

まあ・・・ナイトドラマ枠で
大人しくしていればいいのに・・・。
とも思うのでございます。

とくに特命係長の下半身のためにも・・・。

まあ・・・韓流スターが
マフィアの配下とか
KCIAの匂いを感じさせるところなどは
おちょくり方としてはまあまあでしたけど。

投稿: キッド | 2009年1月10日 (土) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/26967015

この記事へのトラックバック一覧です: テッテケテー?(高橋愛)Q.E.D.かくのごとく示された!(中村蒼)ありふれたトリックだったな(仲間由紀恵):

» 「Q.E.D 第1話」と「ありふれた奇跡 第1話」 [エリのささやき]
木曜日は新ドラマが一気に2本のオンエア。どっちも面白かった。 [続きを読む]

受信: 2009年1月 9日 (金) 21時01分

» 特命係長 只野仁シーズン4 第32話(4−1)韓流スターの過去 [レベル999のマニアな講義]
『韓流スター カン・ヨンジンの恋』内容ある日のこと。只野(高橋克典)は、黒川会長(梅宮辰夫)に呼び出される。純愛ドラマの帝王と呼ばれる韓流スター、カン・ヨンジン(高橋克典・二役)が初来日。日本でのプロモーションを電王堂が引き受けることになったという。そ...... [続きを読む]

受信: 2009年1月 9日 (金) 21時14分

» 【Q.E.D.証明終了】第1話 [見取り八段・実0段]
幽霊ですよ。野牧は幽霊に刺されたんです。水原可奈と、転校生・燈馬想が参加したスカイダイビング体験で日本代表チームのメンバーの1人・野牧が殺害された。現場は高度1万フィートの上空。空の密室。野牧は飛ぶ直前までは生きていた事をメンバー全員が確認している。飛...... [続きを読む]

受信: 2009年1月 9日 (金) 21時33分

» Q.E.D. 証明終了 第1回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『青の密室』 [続きを読む]

受信: 2009年1月 9日 (金) 21時39分

» ありふれた奇跡 第1話 [あるがまま・・・]
まったり・…(゚ー゚*)。・:*:・ポワァァン 展開がめまぐるしくて、軽くめまいをおこしそうだった【トライアングル】を 見た後なので、このドラマでの時間の流れが、えらくゆっくりじっくり 感じられたのは気にせい?{/face_ase2/} 業務用厨房機器販売会社に勤める中城加奈は、打ち合わせに向かうため 電車から降りた駅でホームに立つ1人の男性に目を止める。いったんは 出口へ向かいかけた加奈だが、再びホームに戻り静かに男に近づく。 たまたまホームに居合わせ、そんな加奈の行動を見ていた左官をしている... [続きを読む]

受信: 2009年1月 9日 (金) 22時01分

» 『Q.E.D.証明終了』というタイトルの正確な意味 [テンメイのRUN&BIKE]
『Q.E.D.証明終了』という奇妙なタイトルのドラマが今日(09年1月8日)から [続きを読む]

受信: 2009年1月 9日 (金) 23時19分

» 『ありふれた奇跡』 第1話  [美容師は見た…]
ある日、わたしたちは、ひとりじゃなかった。。。そんな言葉と共に救われるドラマですね。駅のホームで飛び降りようとしていた男・藤本誠(陣内孝則)を助けた中城加奈(仲間由紀恵)と田崎翔太(加瀬亮)。全く見ず知らずの二人がこうして出会い、偶然カフェで再会し、メー... [続きを読む]

受信: 2009年1月 9日 (金) 23時25分

» Q.E.D. 証明終了 第1話 [渡る世間は愚痴ばかり]
この作品は天才少年と行き当たりバッタリ少女が 事件を解決する物語って事で 昔、原作を読んだ記憶がありますが (もうすっかり忘れてしまいましたけど(; ̄∀ ̄)ゞ) 結構面白かった記憶があります。... [続きを読む]

受信: 2009年1月 9日 (金) 23時37分

» Q.E.D. 証明終了 (高橋愛さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆モーニング娘。の高橋愛さん(のつもり)高橋愛さんは、毎週木曜よる8時「NHKドラマ8」枠で放送されている連続ドラマ『Q.E.D. 証明終了』に水原可奈 役で出演しています。昨日は第1回「青の密室」が放送されました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2009年1月10日 (土) 00時22分

» 新ドラマ「Q.E.D.証明終了」第1話 [日々“是”精進!]
   Q.E.D.とは、ラテン語で「かく示された」という意味。数学の証明で最後に書かれる略語。元気で健康だけがとりえのヒロイン可奈と、天才少年・燈馬の凸凹コンビが、事件を数学的思考で解決する本格ミステリーエンターテインメント。第1回「青の密室」水原可奈...... [続きを読む]

受信: 2009年1月10日 (土) 06時34分

» 《Q.E.D.証明終了》☆01 [まぁ、お茶でも]
剣道の授業中。男子がどうと倒れた。倒れたのは西丸。クソ!と起き上がり戦うも、水原可奈に面を取られた。可奈は嬉しそうに、そんじゃこれはもらってくからね。と、スカイダイビングのクーポンを手に取った。 ロッカーR-ムで、衿子たちにクーポンがお二人様だけだから、じゃんけんしてというと二人は、普通の女の子だから、ノーサンキューと言ってロッカーが開かないと騒ぐ可奈を尻目に出て行った。 ... [続きを読む]

受信: 2009年1月10日 (土) 06時50分

» ありふれた奇跡 [Simple*Life]
を見た。 ここのところ、年末の疲れのせいか頭が痛くて肩がこって ドラマを集中してみることができないのですけど、 昨日は頑張ってみました。 でも途中で睡魔に襲われて寝てしまいました。 そして今日、昼間に録画を見ていたら同じくらいの場面で またも睡魔に襲われてねてしまいました。 どうやら私とこのドラマは相性が悪いみたいです。 なので初回でリタイア・・・・かも・・・デス。... [続きを読む]

受信: 2009年1月10日 (土) 08時39分

» ありふれた奇跡 第1話 [アンナdiary]
山田太一さん、これを最後にもう連ドラは書かないと言ってたけど。。。 山田太一作品って、実は一度も見たことがないんです。 ふぞろいの林檎たちは有名だけど。。。すみません。。。途中で寝そうになってしまった(汗) ... [続きを読む]

受信: 2009年1月10日 (土) 09時01分

» 特命係長只野仁#32韓流deハセヨ〜 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
只野に瓜二つの韓流スター☆「純愛ドラマの帝王」ことカン・ヨンジン!高橋克典の韓国風味日本語、上手すぎる!!妙に強張った微笑もそれっぽい(ノ∀`)「カン様」のおっかけ淑女達も真に迫りすぎww「宝塚のおっかけは金持ちが多いが、韓流スターのおっかけは貧乏臭いの...... [続きを読む]

受信: 2009年1月10日 (土) 16時46分

» 木曜ドラマ 特命係長 只野仁 (高橋克典さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆高橋克典さん(のつもり)高橋克典さんは、毎週木曜よる9時テレビ朝日系列にて放送されている連続ドラマ『特命係長 只野仁』に只野仁 役で出演しています。2008年12月には映画『特命係長 只野仁 最後の劇場版』が公開。先週3日には『特命係長・只野仁 シーズン4突入スペシャル 有名デザイナーの誘惑…パリ進出の裏に潜む女の執念と復讐!』が放送。そして一昨日にシーズン4がスタートしました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2009年1月10日 (土) 21時02分

« 信者と書いて儲かると読む・・・この世に正義はないのよ・・・しかるべく怨み屋本舗(木下あゆ美) | トップページ | ぐっち(浅見れいな)ミチコマン(中村ゆり)ジョナ(野波麻帆)意地悪ばあさん(市原悦子) »