« 戦わないものが愛される・・・それが無能の時代の天地人(妻夫木聡) | トップページ | 神の雫で雪山遭難お兄ちゃん(亀梨和也)トライアングルお兄ちゃん(広末涼子)メイちゃんの執事のお兄ちゃん(谷村美月) »

2009年2月17日 (火)

フィクションとノンフィクションはミュンヒハウゼン男爵が区別した(瑛太)ほらかよっ(石原さとみ)

子供の頃からどうしてもわからないことがいくつかある。なぜウソをつくことが悪いことなのか。そしてなぜウソをつくとドキドキするのか。そしてなぜウソをつくとすぐにバレるのか・・・などである。

少し、大人になったのでいくつかの答えは持っている。「ウソをつくのは犯罪である」というルールがある。ウソをつくのは楽しいし、バレると叱られる場合が多いので、それを思うとと恐ろしい。人間は楽しみに心ときめき、恐ろしさにドキドキするのだ。そして、駄菓子屋での買い食いを禁じられていた少年時代、内緒でかき氷を食べると舌がメロンシロップで緑色に染められる。ママに「あーんしてごらん」と言われるとウソはバレてしまうのだった。そういう場合は走って逃げ、ほとぼりがさめるまで家出をしてしまえばよろしい。そうして何人かは赤痢になったりしたから恐ろしい時代である。

しかし、そのようなウソにまつわる謎は人類100万年の歴史の中で何人かはなんとなく疑問に思ったことであり、最近では「ミュンヒハウゼンのトリレンマ」がそれを説明している。

それは「ウソではないことの根拠は得られない」という提言である。ミュンヒハウゼンは18世紀の実在の男爵で別名を「ほらふき男爵」と言う。彼はドイツとロシアを股にかけた冒険家である。

ある時、男爵は乗馬をして騎行中、底なし沼に遭遇し、馬ごと突入してしまった。男爵はズブズブと馬ごと沈みかける。しかし、ここで男爵はあわてず騒がず、自分の髪をつかみ、自分で自分を馬もろとも沼から引きずりだして事なきを得たのである。

ここで男爵の体験談を聞いていた人々は唖然とするのだが、経験上、自分の髪をつかんで自分を引き上げることができれば人は空を飛べるはずだと考える人がいて「ウソだろう」と叫ぶのである。

しかし、男爵はこう答える。「ウソなものですか・・・私が底なし沼の底でなく、生きてここにいるのが何よりの証拠です」

つまり、何かを証明するためには証明された何かが必要であり、その証明された何かを証明する証明された何かが必要となり、その証明された何かを証明するための・・・という具合に無限に証明が必要となり、人間は相当長生きでないと何も証明できないということなのだ。

そういう屁理屈をこねる人が多いので人は「ルールを作る」のである。「ウソに罪はないがウソついたら針千本飲まされる」のがこの世の掟なのである。

だから・・・このドラマがいかに根拠のない妄想をくりひろげても主役の言うことなのでお茶の間は受け入れるしかないのだな。

本題に入る前に恒例の週末の視聴率チェック。「ラブシャッフル」↘*8.9%(最高に美しい吉高を見逃した人可哀相)、「ホームアローン2」14.3%(さすがだな・・・)、「歌のおにいさん」↘10.2%(転校生にチョコを手渡すカレンダーネタだぜ)、「RESCUE」↗10.7%(毎週が全焼詐欺である)、「銭ゲバ」↘10.1%(猛攻撃に耐えすぎズラ)、「お買い物」10.8%(東京物語かっ)、「本家法医学教室・整形美女」17.2%(さすがだな・・・)、「銀色のシーズン」12.5%(青春映画閑古鳥の季節)、「赤い糸」↗*8.9%(薬物常用者の母に引き裂かれる初恋の二人哀れ)、「天地人」↘23.2%(まだこんなに人気あるのかよっ)、「本日も晴れ。女子中学生と同棲中」↗*7.3%(夏未エレナと松下奈緒の区別が時々つかないわけだが)、「ミッドナイトイーグル」11.8%(工作員上陸しすぎ・・・)・・・ついでに「ヴォイス」↘15.2%・・・以上。

で、『ホラ吹き医学生の冒険・・・ではなくてヴォイス~命なき者の声~第6回』(フジテレビ090216PM9~)脚本・金子茂樹、演出・成田岳を見た。今回はいよいよ死体も登場しない。もちろん、法医学は法学と医学の境界線を彷徨う学問であるから・・・医学的なことで法に抵触すればどんなことにも介入できるのである。容疑者の責任能力の有無を診断する精神鑑定などがその例である。

今回は未成年者に対する虐待の事実が疑われ、その根拠を医療現場が法医学の研究者に求めるというスタイルで進行する。

大腸炎で入退院を繰り返す中学生・朋子(志田未来)その病歴から詐病が疑われ、法医学教室の精密検査により、ペニシリンの投与が病因であることが判明する。

そして両親のいない家庭で親代わりとなり朋子を育てる実の兄で薬科大学の学生・泰人(石田卓也)が定期的な薬物投与により妹に発病させていた事実が発覚するのである。

ここで、妹の発病によって苦しむ姿を見て性的興奮を覚えると立派な犯罪者なのだが、ここでは泰人は「代理ミュンヒハウゼン症候群」の患者として診断される。

詐病のうち、実利をともなわず、病気であることで精神的満足を得る人格障害を虚偽性障害と呼称し、その中でも慢性的で重篤な症状をミュンヒハウゼン症候群と呼び、他人(母親に対する児童など肉親であることが多い)を人為的に病気にしてそれを看護することを目的にしたものを代理ミュンヒハウゼン症候群と診断するのである。つまり、心の病である。

わかりやすく日本語訳すると「代理ほらふき男爵症候群」となり、ちっともわかりやすくならないので横文字まじりで定着している。

もちろん、かわいい妹と性的欲望の旺盛そうな兄の組合せだとさらにいろいろな妄想が広がるわけだが、ドラマ的にはそれは許されないのだ。

精神病の診断基準によれば、「成人の人格および行動の障害」を示すF6群に「ミュンヒハウゼン症候群(F68.1) 」は含まれるわけだが、この群には小児性愛(F65.4) やサディズム・マゾヒズム(F65.5) あるいは性の発達と方向づけに関連した心理および行動の障害(F66) も含まれる。

妹に対する性的欲望の倒錯から薬物を投与して苦悶する姿に性的興奮を覚えていなかったという立証は一度もなされていないにも関わらずだっ・・・そのぐらいにしておけよ。

とにかく・・・そうした精神の病に対する応対は非常にナイーヴなものだが・・・兄のこの行為を容認し、さらには愛を感じている妹はかなり危険な状態であるとも考えられる。しつこいようだがそれにも関わらず精神科医あるいは心療内科医としてなんの資格も実績もない加地(瑛太)が妹の心にズカズカと踏み込み、結果オーライな展開を見せるのは毎度おなじみのことなのであった。

「お兄ちゃん・・・薬物投与なんて・・・カレーの具が大きいことにくらべたらなんでもないよ・・・また帰ってきたら二人きりで気持ちのいい愛の暮らしをしようね」と矯正施設入りする兄を養護施設行きの妹は見送りつつ、涙ながらに語るのだが・・・これって本当にハッピーエンドなのか・・・キッドにはとてもそう思えないのだった。

もちろん・・・本質的には頭のお菓子な人は70億人近くいるという発想もあるのであり、その前提の上でなら何も問題はありませんけどーっ。

とにかく、納豆とマヨネーズとツナと醤油をごはんにかけてまぜて食べるのは小腹のすいた時にはそこそこ美味しいです。

不幸せな病的で癒着的な兄妹に対応して、久保秋(石原)の離れて暮らす弟(冨浦智嗣)が登場。幸せで健康的で自立的な姉弟として描かれる。

どんだけご都合主義な展開なんだよっ。

関連するキッドのブログ『第6話のレビュー

水曜日に見る予定のテレビ『キイナ・不可能犯罪捜査官』(日本テレビ)『相棒』(テレビ朝日)・・・『エリートヤンキー三郎』(テレビ東京で深夜に再放送中)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 戦わないものが愛される・・・それが無能の時代の天地人(妻夫木聡) | トップページ | 神の雫で雪山遭難お兄ちゃん(亀梨和也)トライアングルお兄ちゃん(広末涼子)メイちゃんの執事のお兄ちゃん(谷村美月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/28152076

この記事へのトラックバック一覧です: フィクションとノンフィクションはミュンヒハウゼン男爵が区別した(瑛太)ほらかよっ(石原さとみ):

» 瑛太主演『ヴォイス〜命なき者の声』第6回…志田未来登場!! [子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ]
『ヴォイス〜命なき者の声』第6回 予期された入院患者 【志田未来ちゃん!!】  志田未来ちゃんは、やっぱり凄い。  身体はちっちゃいけど、圧倒的な存在感だわ。  降参!!!  彼女が演じたから、”ミュンヒハウゼン症候群”を巡る今回のエピソードはとてもヨカッタ。  凡庸な子役(?)だったら、盛り上がらなかったかも・・・・。  (しかし、未来ちゃんはトラブルや不幸を背負っている役柄が多いなぁ)。 【21時39分、事件は解決】  普通のドラマだったら事件が解決したら... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 10時48分

» 「ヴォイス〜命なき者の声〜」第6話 [日々“是”精進!]
  第6話大己や佳奈子らは、佐川から生きている患者を診ると聞き驚く。亮介の父親、貴之が経営する病院の入院患者に、ミュンヒハウゼン症候群と疑われる患者がいて、意見書の作成を依頼されたという。ミュンヒハウゼン症候群は、他人の関心を得ようとするあまり、偽の症...... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 11時37分

» ヴォイス 第6話 [エリのささやき]
代理ミュンヒハウゼン症候群・・・愛の表現を一歩間違ったらそっち側に落ちそうな・・・・ [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 12時01分

» ヴォイス ~命なき者の声~ 第6話 [渡る世間は愚痴ばかり]
今回の内容を見て思う [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 12時57分

» ヴォイス〜命なき者の声〜 第6話:予期された入院患者 [あるがまま・・・]
Perfumeネタ、キタ− .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!! 初回に続き、またもやPerfume武道館の話題がっ{/eq_1/}{/face_sup/} こうなったら、ゲスト出演も夢じゃないかも〜{/face2_happy_s/} てか、納豆とツナとマヨネーズと醤油を和えた『姉ちゃん丼』@小島よしおも、 見た目の悪さの割りに美味しかったらしいし、ユウキ@冨浦智嗣に持たせた 弁当も何気にカラフルで美味そうだったじゃん!秋ったら、いつのまに 料理の腕を上げたんだ{/face2_grin_s/} で... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 14時46分

» ヴォイス~命なき者の声~ voice06「予期された入院患者」 [ぷち丸くんの日常日記]
法医学教室のゼミ生・大己(瑛太)、亮介(生田斗真)、佳奈子(石原さとみ)、 哲平(遠藤雄弥)、彰(佐藤智仁)は、佐川教授(時任三郎)から生きている 患者を診ると聞いて驚く。 亮介の父親・貴之(名高達郎)が経営する病院の患者に、他人の関心を得よ うとするあまり、... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 16時37分

» VOICEヴォイス〜命なき者の声〜 第6話 姉弟と兄妹 [レベル999のマニアな講義]
『予期された入院患者』内容亮介(生田斗真)の父・貴之(名高達男)の病院にある患者が運ばれてくる。相馬朋子(志田未来)。。。腸の症状が悪い。。。付添の兄・泰人(石田卓也)その朋子の主治医が、佐川教授(時任三郎)に連絡を入れてきた。『他人の関心や同情を得る...... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 17時45分

» 【ヴォイス VOICE〜命なき者の声〜】第6話 [見取り八段・実0段]
真実を受け止める事でしか前へ進めない。亮介の父の病院に大腸炎で中学生の女の子・朋子が運ばれてきた。朋子は半年前から大腸炎にかかり、度々通院していたが処方された薬を飲んでいるにも関わらず、症状はかえって悪化しているようだった。ミュンヒハウゼン症候群が疑わ...... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 18時06分

» ヴォイス〜命なき者の声〜 第6回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『予期された入院患者』 [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 19時36分

» 瑛太と斗真の「BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!」(ヴォイス〜命なき者の声〜#6) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『ヴォイス VOICE〜命なき者の声〜』法医学部技官・蕪木誠@孫には弱い泉谷しげるも羨んだ「BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!」へ、東凛大学医学部4年・Perfumeファン加地大己@瑛太が連れて行った相手は、年下には積極的で堀井奈津美@はんなり....... [続きを読む]

受信: 2009年2月18日 (水) 01時09分

» ヴォイス (志田未来さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆志田未来さん(のつもり)志田未来さんは、毎週月曜よる9時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『ヴォイス~命なき者の声~』の第6話に相馬朋子 役で出演しました。今週はその第6話が放送されました。●あらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2009年2月19日 (木) 01時17分

« 戦わないものが愛される・・・それが無能の時代の天地人(妻夫木聡) | トップページ | 神の雫で雪山遭難お兄ちゃん(亀梨和也)トライアングルお兄ちゃん(広末涼子)メイちゃんの執事のお兄ちゃん(谷村美月) »