« 呪われた映画と相棒(水谷豊)呪いの少女とキイナ(菅野美穂) | トップページ | スーパーラブシャッフル(玉木宏)あびき(貫地谷しほり)ムカムーン(香里奈)おなかすいた(吉高由里子) »

2009年2月27日 (金)

スイーツ三昧テッテケテー(高橋愛)殺人現場でQ.E.D.(中村蒼)血脈の果てに(仲間由紀恵)

長生きするとひ孫の心配もしなければならないのだな。しかし・・・人類は百万年ドミノを積み上げてきたわけで自分の代でぬアーっ(子孫を残さないで死亡)したってどうってことないと全人類が思ったってなかなか滅びないもんだ。そういう意味でナニをしでかすか分らない善人ぶった人々を笑うことに特化した「ありふれた奇跡」↘*9.8%は異常に面白いのだが・・・その笑いを笑える人はかなり少ないみたい。

ついでに「おみやさん」↘10.9%で「Q.E.D.」↗*5.1%である。やはり15~16%ぐらいがドラマをとりあえず見る人々ってことらしい。

ドラマで20%とることがなんだか・・・夢のように感じられる今日この頃。

ちなみに深夜の四夜連続ドラマ「血液型別オンナが結婚する方法」は

(月 )A型・加藤ローサ13.0%

(火 )B型・釈由美子*9.8%

(水) O型・香椎由宇 13.2%

(木) AB型:水川あさみ12.4%

B型いじめだな。

どうせつまんないだろうけどそのすべてを確認したいあなたはコチラへ→お気楽様の血液型別オンナが結婚する方法

「RESET」*5.5%は黒谷友香主演ではなく黒沢かずこである。なんじゃそりゃ。

で、『Q.E.D.証明終了・第8回』(NHK総合090226PM8~)原作・加藤元浩、脚本・相原かさね、演出・榎戸崇泰を見た。原作47話の「罪と罰」をアレンジ。もちろん、ドストエフスキーの同名小説のパクリである。基本は「自己にとって無益な金が自己にとって有益な金となるのなら手段は選ばないという利己的な精神こそが人間のあるべき姿だ」という真理の追求だが、今回は二重人格オチというプラスアルファをしている。

人格Aは「手段を選ばない」が人格Bは「手段を選ばない、ただし殺人は除外」なのである。

このため、見ようによっては燈馬(中村)が「冤罪者」を作ってしまったような演出になってしまっている。終盤まで演出の素人っぽさが出るドラマになっているのだな。

早い話が、ドラマは人格Bの殺人を犯した人格Aの記憶を封印したままの語りで進行するので最後にお茶の間は騙された気分になるわけである。

時系列によってまとめると・・・。

①経済的に行き詰った大学院生・千田川(北条隆博)がいる。

父親の企業が倒産し、学費援助が打ち切られ、バイト生活である。

それだけでは複数の金融機関から総額100万円の返済通告が送られるはずはないのでなんらかの浪費があると思われる。

そのことに触れないことが人格分裂の証である。

ここで、借財を作った人格をAとする。

人格Bはその借財の原因から責任逃避するために誕生した。

彼は理不尽な借金に追われる自分の人生に怒りを感じる。

その怒りは何不自由なく暮らしているように見える自分以外の人間に向けられる。

そのために彼は近所で連続発生している空き巣事件に注目する。

②空き巣の手口を模倣した彼は練習を兼ねて自宅で狂言を演じる。

被害者として警察に接しておくと都合がいいと考えたのである。

しかし、警察関係者に顔を知られることの不都合を考えないのは彼がすでに正常な人格ではない証なのである。

③次に彼はかねてから目をつけていた資産家の家に押し入る。

しかし・・・外出した主人が帰宅して、彼は目撃されてしまう。

パニックに陥った人格Bに変わり、人格Aが浮上する。

彼は簡単に主人を撲殺する。そして人格Bが再浮上する。

目の前に死体を発見した彼は動転しつつも、現金を盗み、現場を後にする。

④犯行現場に戻り、警察の現場検証を見物。顔見知りである水原刑事に声をかけられ、「犯人は何をしたんですか?」と失言してしまう。

以下はドラマの通りである。途中で、水原刑事の娘である可奈(高橋愛)にスイーツをおごり、容疑を向ける父親にとりなしてもらおうとするなど不可解な言動の目立つ千田川だがすでに人格分裂による狂気に陥っているので仕方ないのだった。

最終的にはこの席で被害者の容姿を正確に語ってしまったことが命とりになる。同席した燈馬が聞き逃さないからである。

その後、人格Bは罪を近所の若者になすりつけるために工作をおこなうのだがすべては徒労だったのである。

未成年の一般市民が現場検証に立ち会うことはドラマだからである。

ただし・・・近所の住民が相手なので被害者のサンタクロースみたいな姿を以前に目撃していたことは充分に可能性がある。

このような可能性を残すのは演出が稚拙だからであるが、今に始まったことではないのでいいだろう。

とにかく、父親から明らかに事件解決のご褒美として預かったお金で燈馬におごらない可奈が相当にがっちりしていることは特筆に値するだろう。

燈馬も彼女の理不尽さに魅かれているようなのだからおそらく変態なのだな。

今週は二重人格強化週間なのか・・・。

関連するキッドのブログ『先週の木曜日のレビュー

土曜日に見る予定のテレビ『赤い糸』(フジテレビ)『銭ゲバ』『妄想姉妹・文學という名のもとに』(日本テレビ)『中谷美紀の白州次郎』(NHK総合)『RESCUE・特別高度救助隊』(TBSテレビ)『THE NEGOTIATOR』(テレビ朝日)今週もすごい攻撃ズラ・・・。

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 呪われた映画と相棒(水谷豊)呪いの少女とキイナ(菅野美穂) | トップページ | スーパーラブシャッフル(玉木宏)あびき(貫地谷しほり)ムカムーン(香里奈)おなかすいた(吉高由里子) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/28391552

この記事へのトラックバック一覧です: スイーツ三昧テッテケテー(高橋愛)殺人現場でQ.E.D.(中村蒼)血脈の果てに(仲間由紀恵):

» Q.E.D. 証明終了 第8回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『罪と罰』 [続きを読む]

受信: 2009年2月27日 (金) 20時08分

» NHKドラマ8 Q.E.D.証明終了 第8回 怪しい被害者 [レベル999のマニアな講義]
『罪と罰』内容今の世の中に、いらだちを覚える大学院生・千田川邦彦(北条隆博)“不公平だ、なぜ、オレが金に困っている”そんななか貧乏暮らしの千田川のアパートに、窃盗事件。ゲソ痕や、侵入の手口から、最近発生している連続窃盗犯による仕業だと水原警部(石黒賢)...... [続きを読む]

受信: 2009年2月27日 (金) 20時55分

» Q.E.D.〜証明終了 第8話:罪と罰 [あるがまま・・・]
千田川が犯人?(*'ω'*)ん? 可奈は期末テストを前にしても勉強する気がのらない。 想に喫茶店でスウィーツを食べようと誘う。 そんな2人を苦々しく見ていたのは大学院生の千田川邦彦。 学費を稼ぐためにバイトに明け暮れても生活に困っている。 「優秀な俺がなんでこんなに金に困っている!?」と不公平感を募らせていた。 近所で連続窃盗事件が起きているのに便乗して、千田川は犯行を試みる。 一方、水原警部は5件目の連続窃盗事件の捜査にあっていた。 被害者は大学院生の千田川のアパート。犯行の手口は連続窃盗犯と同じ... [続きを読む]

受信: 2009年2月27日 (金) 22時23分

» 【Q.E.D.証明終了】第8話 [見取り八段・実0段]
千田川邦彦は大学院生。親が倒れて学費を払えなくなり、日夜バイトに明け暮れて疲れている。世の中は不公平だ。と邦彦は思う。ある日、連続窃盗犯をまねて自分の家に泥棒が入ったように見せかけた。そうやって自分を被害者に仕立ててから、近所の大金持ちの家に忍び込んだ...... [続きを読む]

受信: 2009年2月28日 (土) 00時13分

» 【Q.E.D.証明終了】第8話等プチ感想 [ショコラの日記帳]
「Q.E.D.証明終了」は好きで、毎回、見ています。このドラマ、話の展開のパターンがいろいろあるので、面白いですね♪脚本の藤本有紀さんも演出の伊勢田雅也さんも「ちりとてちん」の方なので、最初の頃は、「ちりとてちん」の名残を感じました。でも、最近、いろい...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 19時25分

« 呪われた映画と相棒(水谷豊)呪いの少女とキイナ(菅野美穂) | トップページ | スーパーラブシャッフル(玉木宏)あびき(貫地谷しほり)ムカムーン(香里奈)おなかすいた(吉高由里子) »