« 仁義なき天地人・謀略篇(妻夫木聡)愛染明王煩悩即菩提(長澤まさみ)君のためなら死ねる(相武紗季) | トップページ | そして私たち兄妹は生き残りました(相武紗季)メイちゃんの執事のトライアングルを見たけどな~(谷村美月) »

2009年3月17日 (火)

尊厳死、安楽死、自殺幇助、嘱託殺人的なヴォイス(瑛太)カレーライスと四つの祈り(石原さとみ)

とりあえず「ヴォイス」は不親切なドラマであることは間違いないだろう。この作者は「プロポーズ大作戦」という時間遡行による試行錯誤ものというファンタジーを作ったときに原理は説明しない手法でそこそこ成功をおさめたわけだが、法医学ものにこの論理を持ち込むのはいささか冒険が過ぎると思う。

瑛太の妄想が「真実」なのかどうかをあえて曖昧にすることで何かを表現しようとしているらしいが・・・ものすごく分りづらいのではないでしょうか。

本題に入る前に恒例の週末の視聴率チェック。「ラブシャッフル」↘*7.0%(ガリガリくんガリガリくんガーリガリくん)、「歌のおにいさん」↘10.7%(魔王好きの人ご苦労さまでした)、「RESCUE」↗*8.8%(うんうんこの視聴率は好き)、「銭ゲバ」↗10.5%(惜しい!平均視聴率*9.9%だがやりきった感じ)、「終着駅~殺人同盟」14.5%(大村彩子のスマートなボディよいつまでも)、「上地雄輔ひまわり物語」14.1%(小栗旬か・・・)、「堀北真希と黒木メイサでチャンス」↘*8.2%(成海璃子もドコモも・・・このシリーズって気の抜けた炭酸飲料だよねいつも)、「天地人」↗22.8%(すげえ・・・とドラゴン桜的におだててみる)、「本日も晴れ、異状なし」↗*8.4%(ここに落ち着く話ならもっとファンタジーでよかったのに・・・)、「落日燃ゆ」11.1%(何故早春にこれを?・・・クリスマスにやるべきだろう)・・・以上。

で、『ヴォイス~命なき者の声~第10回』(フジテレビ090316PM9~)脚本・金子茂樹、御出・松山博昭を見た。たとえばはるな愛が昔、松田聖子のものまねで天使のようなかわいさを発揮していたあの大西くんだと気がついた時の驚きや、トークショーなどで「性同一性障害」であることや、中学生時代にいじめにあっていたことなどを知った時のショックはテリー伊藤が麻生総理大臣と同席している映像を見るよりキッドの心を揺さぶる。もちろん、それはすべて過ぎ去った昨日の出来事で現在のキッドの日常とは無縁なのであるにも関らずだ。もしもいじめで「彼/彼女」が自殺とかしていたら・・・ものすごく鬱になっただろうと思うからである。その起きなかった過去への妄想が心を騒がせる。

人の「死」はいかに取り繕っても・・・それなりに衝撃的であるのだな。

このドラマに感じる「違和感」はそのあたりにあるような気がするのである。

何て言うか・・・倫理観のズレのようなもの・・・それが故意なのか偶然なのかも読みきれない。

主人公の加地(瑛太)がやや対人関係において抑制のきかない発達障害を思わせるキャラクターであることを考えると確信犯のようにも思えるが・・・一体、何を確信しているのかも定かではないのである。

あえて・・・簡単に空気を読まないキャラクターと言うことにしてみよう。

今回の話もある意味、空気を読まれなかったために起きた悲劇と言えるからだ。

空気を読まなかった人はたくさんいるのだが、まずゲストとしては死亡した作家(田村亮)の妻・瑠美子(麻生祐未)であろう。

法医学教室ものとしては「作家の死因」が問題になるのである。

「作家の死因」は物語の伸展につれて変化していく。

①「末期ガンによる容態急変の病死」・・・ここがスタートである。

石末(生田斗真)は父・貴之(名高達郎)が「作家のカルテ」を改竄したことを偶然知り、「作家の死因」に疑念を抱く。

そして「容態が急変したのは不自然だ」と直感したのか、ただ単に「夫の急死」を受け入れる気持ちになれないのか・・・不明ながらも「おかしいおかしいおかしい夫が死ぬなんておかしい」と心乱れるいつものホンキートンクな演技がキュートな未亡人・瑠美子に「作家の解剖」を勧めるのだった。

まあ・・・とりあえず・・・この二人が空気を読まないわけである。

さて、ネタバレであるが・・・二人が読まなかった空気とは「作家と貴之の男の友情」だったのである。

その前に・・・やや・・・複雑な問題である「尊厳死」について説明が必要だろう。たとえば緒方拳の遺作となった「風のガーデン」では終末医療のあり方についていくつかの倫理的問題が提出されていた。病院で延命措置をしながら寿命を延ばすのと自宅で家族に看取られながら寿命を縮めるのとではどちらが正しいのか・・・という問題である。

そんなものに正解はないのだが・・・法律というものはそこに正解を求めずにはいられないのである。

医学者と法学者はどちらも知的エリートであると言える。その両者が見解を相違するのがこの「死」の問題であることは間違いない。「法医学」という両者の融合した分野では「死」はさらになんだかわからないものになっている。

たとえば「脳死」の問題がある。法的には脳死こそが「死」であると日本では決着がついている。しかし、実際に「脳死」が「死」であるかどうかは誰にもわからないのだ。それは「死後の世界」の有無ほどに正解のない問題である。

法律はそういう曖昧な問題にも法的決着を着けずにはいられないので・・・とりあえず「脳死」は「死」なのである。

そこにはニュアンスとして「脳死」ならばもはや「個人の意志」が戻ることはないからという暗黙の了解があるわけである。

当然、そこで尊重されるのは「個人の意志」であって「個人の心臓」ではない。だから、「心臓」は「他人」に移植可能である。それが生前の「個人(故人)の意志」だったからということになる。シャレで笑いをとろうとしていません。念のため。

ところが・・・法律では「個人の意志」が尊重されないことはいくらでもある。

たとえば「自殺」は「個人の意志」でも「許されない行為」になっている。

もちろん、「自殺」も「自殺未遂」も犯罪にはならないが、他人が自殺に関与する場合は自殺関与罪、自殺幇助罪が適用される。

「オレが殺してくれって頼んでんだ・・・法律には触れないだろう・・・」というわけにはいかないのである。

一概には言えないが、薬物投与による自殺の場合、薬物を用意すれば「自殺幇助」である。そして、他人が投与すれば相手が望んだ場合でも「(嘱託)殺人罪」が適用される。

尊厳死と安楽死の区別も曖昧であるが・・・延命による苦痛を長引かせないために治療行為を控えることが「尊厳死」・・・苦痛を終らせるために「死」を積極的にもたらすことが「安楽死」と区別するならば、日本では「安楽死」は犯罪となるのである。

なぜ・・・最後に貴明が息子に伴われて警察に出頭するのか・・・分らない幼い視聴者のためにあえて言うと・・・貴明が「人殺し」だから「自首」したのであります。

さて、その最終結論に至る前に・・・法医学と私的捜査により判明した「作家の死因」がある。

②「医療ミスにより不適当な薬物投与による事故死」が疑われるのである。

投与された抗癌剤がカルテから消去されていたことに疑問を持った石末は「作家の前担当医」を訪問し、その薬物が患者にとって危険な薬物であったことを知ってしまう。

息子からこの事実を突きつけられた貴明は先手を売って「医療ミスがあったことを謝罪する記者会見」を開く。

しかし・・・それもまたウソであったことを例によって妄想一筋で東京における長崎県人専用下宿の存在を探知し・・・「貴明と作家の特殊な関係」から加地が真相を暴くのだった。

③「脳に転移したガンによる認知症の発症を察知した作家が愛する妻にボケた自分を見せたくないというダンディズムから安楽死を親友で医師の貴明に懇願し、貴明がそれを了承する。さらに自殺したと妻が知ると傷心するかもしれないので秘密にしてもらいたいと頼むので、殺人を隠し、疑念を抱かれると医療ミスであると言い逃れようとしたのだった。ああ・・・まわりくどいことを・・・。

もちろん・・・そんなことができるのは医師を親友に持つ選ばれた人間であるという傲慢さもチラチラと漂います。

そして・・・結局・・・最高に空気を読まない男(主人公)の追及によって「男の約束」は反故にされ・・・貴明は「作家の未亡人」にすべてを告白するのです。

なぜなら・・・結局、最後は「男と男の約束」より・・・「息子にただの悪人と思われたくない」という父親としての「欲望」が勝利するからです。まあ、それを息子への父親の愛と言ってもいいですけど。

そして・・・真実を知った未亡人は「男と男の友情」に感激して、とりあえず「ありがとうございましゅ・・・」と感謝の言葉を贈るのでした。

まあ・・・そうなる前にもう少し大人として振る舞い、「暗黙の了解」で乗り切ることは可能だったわけですが・・・空気を読まないことが売りのドラマなので暴いて暴いて暴きまくっちゃうのです。

もっとも・・・途中で若い担当医が・・・「男の友情のとばっちり」で謂れのない苦悩を味わっており・・・最後は公的機関に裁かれないとどうにもならん状況だったわけです。

要するにこのドラマは・・・法は万能ではないが・・・非情なので・・・大人はしかるべくあうんの呼吸でグレイ・ゾーンを突破する必要があると言いたいのだと思います。

ま・・・お茶の間はただとまどうばかりかもしれませんが・・・。

まあ、あまりにくどいと久保秋(石原さとみ)があきてしまう可能性があるのでここまでにしておきます。

関連するキッドのブログ『第9話のレビュー

水曜日に見る予定のテレビ『キイナ・不可能犯罪捜査官』(日本テレビ)『相棒最終回スペシャル』(テレビ朝日)ミッチーかよっ・・・『エリートヤンキー三郎』(テレビ東京で深夜に再放送中)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 仁義なき天地人・謀略篇(妻夫木聡)愛染明王煩悩即菩提(長澤まさみ)君のためなら死ねる(相武紗季) | トップページ | そして私たち兄妹は生き残りました(相武紗季)メイちゃんの執事のトライアングルを見たけどな~(谷村美月) »

コメント

そうですね~。
あれは「尊厳死」ではなくて「安楽死」ですね。

「死」を扱うドラマや小説など創作物には
繊細な配慮が必要だと思うのですが、このドラマを
作っている方は、あまりそういう事に考えが
及んでいないような気がしますわ~^^;

投稿: くう | 2009年3月17日 (火) 20時53分

rouge❀❀❀☥❀❀❀~くう様、いらっしゃいませ~❀❀❀☥❀❀❀rouge

尊厳死も安楽死も曖昧なニュアンスを含んだ言葉。
宗教的に自殺を禁じている人々や
法律で自殺を制限する人々にも
その論拠は基本的には生存権が前提になっているのでしょう。

人間には生きる権利がある。

では死ぬ権利はないのか?

この疑問は永遠に問われ続ける事柄です。

法律上では自殺は
「殺人」だけれど「実行者」がすでに
「死亡」しているために責任が消滅する・・・
という考え方をしているようです。

そのために・・・自殺幇助者や
嘱託殺人者として第三者も刑罰の対象となるわけです。

人間は100年程度しか生きない有限の存在ですが
自然が死を与えるまで待てないものが
いるという事実。

死にたい人間と
その人に死んでもらいたくない人間がいることに
この世の不思議がある・・・
とキッドはいつも考えます。

そういう点について・・・
このドラマは・・・ちょっとした
底の浅さがあることは
否めません・・・。

惜しい・・・感じですよね。

投稿: キッド | 2009年3月19日 (木) 03時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/28655455

この記事へのトラックバック一覧です: 尊厳死、安楽死、自殺幇助、嘱託殺人的なヴォイス(瑛太)カレーライスと四つの祈り(石原さとみ):

» 《ヴォイス~命なき者の声~》★10 [まぁ、お茶でも]
亮介は、父を疑うことから目をそむけたかった。 カルテも、手際よく書き換えられていたし、亮介のまだ若い正義感は真相を突き止めたくて、動きだしてしまった。 亡くなった桜井の妻が納得がいかない様子なのを見て、解剖を勧めてしまった。 病院から、法医学研究室にご遺体が運ばれた。 ... [続きを読む]

受信: 2009年3月17日 (火) 08時21分

» ヴォイス〜命なき者の声〜 第10話:最後の大勝負 [あるがまま・・・]
しょうゆう事…(・0・*)ホ,(゚0゚*)ホ--ッッ!!! だけど、やっぱり医者としてはしてはいけない行為だった訳で…{/ase/} 何とも複雑でんな〜{/hiyo_shock2/} 担当したドクターにしてみても、いい迷惑{/kaeru_shock2/} 医者としての自信を無くすとこだったかもしんないぞ〜{/face_cry/} でも、この話が公になった際には、単なる医療ミスよりかはイメージがいいので 病院の経営難は何とか免れるかもネ{/face_tehe/} こうなったらお父さんとしても、あと... [続きを読む]

受信: 2009年3月17日 (火) 10時13分

» ヴォイス 10話 [Simple*Life]
最終回だと思って見ていたら、あまりにもあっさりしていて あれ?まだ最終回じゃなかったのね。とやっと次回予告で 気が付きました。 結局亮介のおとうさんは医療過誤をしたわけではなかった? ということでいいのかな? 亡くなった桜井さんはお父さんの学生時代からの友人で 自分の余命があとわずかでどんどん記憶がなくなっていくのが つらくて、そんな姿を妻に見せるのは忍びなくて それでお父さんに尊厳死を依頼していたと・・ だからまだ新人の医者を担当医としてつけていたんですね。 本当の... [続きを読む]

受信: 2009年3月17日 (火) 10時18分

» ヴォイス 第10話 [エリのささやき]
今から思えば先週薬投与の時、二人は目くばせしてました。意志を確認しあった瞬間だったのね。 [続きを読む]

受信: 2009年3月17日 (火) 13時23分

» ヴォイス~命なき者の声~ voice10「最後の大勝負」 [ぷち丸くんの日常日記]
大己(瑛太)、亮介(生田斗真)たちは、大学の解剖室に運び込まれた 作家・桜井真也(田村亮)の遺体と対面する。 解剖を担当した佐川教授(時任三郎)は、死因とされた腸閉塞は見当たら ないと診断する。 玲子(矢田亜希子)は、病気以外の死因が絡んでいるかもしれないと言... [続きを読む]

受信: 2009年3月17日 (火) 17時32分

» VOICEヴォイス〜命なき者の声〜 第10話 愛する者を悲し... [レベル999のマニアな講義]
『最後の大勝負』内容作家の桜井真也(田村亮)の死に疑問を持った亮介(生田斗真)は、妻・瑠美子(麻生祐未)に、解剖を勧める。すると瑠美子は佐川教授(時任三郎)らに解剖を依頼してくる。解剖から抗がん剤による、強い副作用は分かってくるが。医療ミスを証明する確...... [続きを読む]

受信: 2009年3月17日 (火) 17時53分

» ヴォイス 最後の大勝負 [のほほん便り]
心の片隅。「イイのでしょうか? それで…」と思ってしまったのは私だけ? 解剖すれば真実が明らかになる、と思っていたのが、そうでなかった。たとえ相手が親であれ「真実を知りたい」という若い情熱の行き詰まり。法医学の限界… だけど、医療ミスを疑っていたが、じつは、そうでなかった 病気で、日々、ダメダメになっていく記憶と能力。結婚する前から自分の作品のファンであった妻を悲しませ、失望させたくなくて、学生時代からの親友である友人に尊厳死を依頼した 現在、流行りの「最期のメッセージ」、ミ... [続きを読む]

受信: 2009年3月17日 (火) 17時53分

» 【ヴォイス VOICE〜命なき者の声〜】第10話 [見取り八段・実0段]
解剖をすれば何でも分かると思ってた。解剖して遺体に傷をつけたのに、結局何も解らなかった。桜井の死を不審に感じて遺体を預かった亮介だったが、解剖の結果、病院の過失に繋がる不審な点は見つからなかった。法医学の限界を感じる亮介。櫻井さんに解剖を勧めたあなたの...... [続きを読む]

受信: 2009年3月17日 (火) 20時46分

» ヴォイス (生田斗真さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆生田斗真さん(のつもり)生田斗真さんは、毎週月曜よる9時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『ヴォイス~命なき者の声~』に石末亮介 役で出演しています。昨日は第10話が放送されました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2009年3月17日 (火) 22時09分

» 「ヴォイス〜命なき者の声〜」第10話 [日々“是”精進!]
 第10話亮介の勧めで、急死した桜井の妻、瑠美子が夫の解剖を承諾した。佐川が解剖すると、死因とされた腸閉塞が見られないことが判明。病気以外の死因が絡んでいる可能性が浮上し、大己や亮介、佳奈子らは衝撃を受ける。しかし、医療ミスを立証するには病院側に過失が...... [続きを読む]

受信: 2009年3月18日 (水) 06時56分

» デジャヴか推理か勘なのか?(ヴォイス〜命なき者の声〜#8・9・10) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『ヴォイス VOICE〜命なき者の声〜』第8話。桐畑哲平@D-BOYS遠藤雄弥が、B型肝炎じゃなくて良かったね。第9話。末期の大腸がんだった作家・桜井真也@田村亮の死因に疑問を持つ妻・瑠美子@麻生祐未が、主治医・梅木@福井博章と石末総合病院院長・石末貴....... [続きを読む]

受信: 2009年3月18日 (水) 19時59分

» 「ヴォイス〜命なき者の声〜」法医学ファイル9&10死因の真実を知った先にみた患者の尊厳に対する重み [オールマイティにコメンテート]
「ヴォイス〜命なき者の声〜」第10話は急死した作家の桜井の妻に解剖を勧めた石末だったが、解剖の結果から死因は完全には特定されなかった。そんな中死因が抗がん剤の投与で死亡した可能性が強くなり、その真相を確かめるが、病院長の石末は医療ミスを認め謝罪した。しか...... [続きを読む]

受信: 2009年3月18日 (水) 21時05分

» 「ヴォイス」~10☆ [ドラマでポン!]
『死に別れより生き別れに嫁げ』あくまでも後妻に入る場合の助言ですが、美しい思い出を抱えたまま死に別れた夫より、何かで揉めて(時には憎み合って)別れた生き別れの夫の方が、これからの人生仲良くやっていけるという先人の教えだそうですよ。そんなわけで、”妻が可...... [続きを読む]

受信: 2009年3月23日 (月) 01時08分

« 仁義なき天地人・謀略篇(妻夫木聡)愛染明王煩悩即菩提(長澤まさみ)君のためなら死ねる(相武紗季) | トップページ | そして私たち兄妹は生き残りました(相武紗季)メイちゃんの執事のトライアングルを見たけどな~(谷村美月) »