« ゴッドハンド輝とドジ輝の二重人格です(平岡裕太)なんやかんや早いわ(水川あさみ) | トップページ | エンジェル神様なにするのエゴイスト雪女キック!(吉井怜)ハンチョウ泣き落とし!(佐々木蔵之介) »

2009年4月13日 (月)

仁義なき天地人・越後死闘篇(妻夫木聡)散華供養(相武紗季)ブエナビスタかな(玉山鉄二)

春の彼岸花(狂い咲き)に見送られ、愛妻・華姫(相武)をお姫様抱っこして愛児・道満丸(村山謙太)の待つ冥界へ旅立つ上杉景虎(玉山)・・・キレイにまとまったのか・・・?

それにしても気になるナレーションは「景勝と同盟した武田が北条(ほうじょう)の行く手をはばんだのでございます」・・・だな。いつ、どこで、武田と北条が開戦したのか?

実は武田と後北条氏の開戦は景虎の死後である。ただし、若干の兵は越後・上野国境戦に参加している可能性はある。

このあたりの時系列を脚本家の裁量で前後させるのは大河史上最高の脱力系ドラマにとってお茶の子さいさいであることはいうまでもない。

史実的には景虎と最後をともにし、自害あるいは討ち死にしたと思われる景虎の母の義兄・遠山康光がすべての悪業を背負って関東に脱出していくという奇想天外さも笑って受け入れる度量がお茶の間に求められています。もちろん、遠山康光の娘のお徳の生んだ、道満丸の姉とか、華姫の生んだ道満丸の弟・源桃丸や妹の郷姫が最初から存在しないことになっているのもドラマではよくあることでございますからーっ。

まだまだ高い視聴率↘19.6%は歴史珍説愛好家の力も大きいのである・・・おい。それにしても日本海側の上杉氏に対して太平洋側で勢力を伸ばし、北条氏に対抗、後に秋田に移封される佐竹氏の子孫の佐竹敬久県知事当選のニュース速報炸裂はミラクルでしたーっ。

で、『天地人・第15回』(NHK総合090412PM8~)原作・火坂スーパー雅志、脚本・小松ウルトラ江里子、演出・高橋ミラクル陽一郎を見た。例によってシナリオに沿ったレビューはikasama4様を推奨します。まあ・・・実質二行ですけどーっ。今回は、景虎の哀愁の終焉名演技に卓袱台罵倒は停止。まあ、阪神のアニキも一試合三ホーマーまでですから。こちらでもうひとつの御館の乱の真相も語ったので納得でございますかな。ともかく、美形武将ナンバーワンの呼び声も高い景虎の最期はまあまあ満足されたということでございましょうかぁぁぁぁぁ。越後上野国境争奪戦とか、元関東管領上杉憲政とかどこいったぁぁぁぁぁということはさておきですな。さて今回の特別付録は「武田滅亡原因の解明・後編」です。武田・上杉同盟という・・・いわば戦国最強同盟がなぜ・・・機能しなかったのか・・・まあ・・・すべてはご時勢というものかもしれませんが・・・徹底分析でございます。まあ・・・一部脚本家には画伯の爪の垢でも煎じて飲んでもらいたい今日この頃です。

Tenchijin1579 武田勝頼と上杉景勝の同盟締結のなった天正六年(1578年)秋から・・・御館の乱は跡目相続争いから・・・越後国主・上杉景勝による反乱者・上杉景虎の一味鎮圧へと趣きを変えていく。その最初の転機は晩秋の上田城攻防戦にあった。越後国内の景虎支持勢力を味方につけ、越後に侵入した後北条氏照は荒山城、樺沢城を攻略し、越後国境の要・坂戸城への攻撃を開始します。攻撃側は一万、守備側は一千。ドラマ冒頭で兼続が登る八海山から南西に伸びる山塊の果てが坂戸山、その麓にあるのが坂戸城で上杉謙信が攻めあぐねた(当時の城主・長尾政景と和睦)要塞である。当然、後北条・上杉景虎方連合軍もここで足止めを食らうのである。上田衆と呼ばれる旧・上田長尾家家臣団は鉄壁の結束で連合軍の侵攻を食い止める。景勝政権が外国(武田家)の承認を受けた以上、ことは相続争いではなく・・・後北条氏による越後侵略の意味合いが深まっている。現実の侵略の脅威に対して眠っていた愛国心が呼び覚まされるのは現在過去未来・・・変わらざる心情と言えるだろう。

しかし、領土問題では実効支配が問題となるのは言うまでもない。坂戸城以南までが後北条の支配領域になるかどうかは重要な問題だった。数で上回る後北条勢は坂戸城に猛攻をかける。しかし、上田衆を率いる栗林長門守はしぶとく城を守り抜く。

落ちない城を前にして・・・北条(ほうじょう)氏照は景虎方の北条(きたじょう)輔広(高広の実父)に愚痴をもらした。

「坂戸の城は堅城でごさるな・・・」

中越地方から関東にかけて勢力を広げる北条(きたじょう)の一族を束ねる輔広は無言で頷いた。坂戸城の以北の中越地方と以南の上野国を繋げば、中越の実行支配は完成する。しかし・・・包囲攻城を開始して・・・二ヶ月・・・迫る冬を前に坂戸城は陥落しなかった。

輔広は風向きが変わっていることを肌で感じるゆえに口ごもる。氏照は輔広を眺めながら警護の侍に目配せする。

現れたのは一人の武将であった。

「これは・・・本庄秀綱殿・・・しかし・・・新左殿は御館に在城のはず・・・」

氏照は笑みをもらす。

「このものは・・・相州乱破の手のものでござる・・・」

「すると・・・風魔・・・」

「ふふふ・・・輔広殿の目を欺けるとあれば・・・よかろう・・・このものを和睦の使者となして・・・坂戸に送り込み、城内のかく乱をいたしまする」

変化の術で本庄秀綱に成りすました風魔の夜叉丸は使者として供を連れ、坂戸城へ向かう。その背後には伏勢が続き、火の手とともに坂戸城へ乗り込む手筈だった。

しかし・・・坂戸城からは樋口衆の忍びが北条の陣営に潜入していたのだった。

この情報を持ち帰ったのは樋口おきたであった。お藤亡き後の樋口くのいち衆は泉夫人が仕切っているが・・・おきたも小頭として母親ゆずりの実力を発揮している。

「本編で出番はないけれど活躍しています」とおきたは意味不明なことをつぶやきつつ・・・城方に戻っていった。

やがて・・・夜叉丸は樋口衆に囲まれ惨殺された。伏勢に城方の武将が襲い掛かる。遭遇戦となった坂戸城一の門口は城方が乱戦に引きずり込まれる。

栗林長門守は深追いを諌めるが、城方は結局釣りだされる形になった。

「いかん・・・」と不安に襲われた長門守が爪を噛みはじめた時、後方の浦佐城から景勝方の清水藤左衛門の援軍が到着したのだった。横手を突かれた攻め手はついに敗走を開始した。

「ひけひけ・・・ひくのじゃ・・・」と指示していた栗林は一転して叫んだ。

「攻めろ・・・こうなったら攻めまくれ・・・」

北条勢は壊乱した。

この敗戦により・・・攻守は一転し・・・北条勢は侵略拠点である樺沢城に押し戻されたのである。

やがて、樋口衆を中心とする上田の忍び衆は調略を開始する。景勝側に武田家がついたことはたちまち・・・景虎方の武将に変心を促した。天正六年暮れ・・・景勝と勝頼の妹・菊姫の婚儀が公式発表されると・・・樺沢城に篭る景虎方の長尾景憲は一族とともに脱出・・・坂戸城の戦列に加わった。すでに戦局は変化していた。

天正七年。二月一日。景勝は「謀反者・景虎の追討の陣ぶれ」を発する。

これを受けて坂戸城の景勝勢は樺沢城を急襲、数日で樺沢城の奪還に成功する。これにて越後から後北条氏の勢力は放逐された。

景勝勢は御館を包囲し、兵糧攻めの体勢を整えた。元の関東管領上杉憲政は自分が種をまいたこの乱の行く末を案じ始めていた。

「景虎殿・・・もはや戦機は逃げていったようじゃ・・・ここは降るが肝心よ・・・」

「なんと・・・越後の跡目はそれがしに・・・と仰せたもうたのはご祖父殿(憲政)ではありますまいか・・・」

景虎は故事にある四面楚歌の意味を知った。

嫁いだ娘と三人の孫かわいさに御館で暮らしている仙桃院の元に直江忍びの頭領であるくのいちお船が忍んできたのは孫娘の郷姫のために飾った雛人形をしまっている最中であった。

「お船か・・・戦況はどうじゃ・・・」

「越後国境は北条輔広殿討ち死に。景勝様方が抑えましてございまする。すでに御館の兵糧も尽きせし頃と存知まするが・・・先月には猿毛城から直峰城への兵糧を上野衆が強奪、姉姫様の婿、畠山義春様が軍勢が上条城から北条(きたじょう)城を攻め、北条高広殿は逃亡いたしました。また先ほど、御館の外では北条景広殿が首をあげられました。そしてわが夫信綱は与板城から琵琶島城一帯を制圧いたせしゆえ・・・御館には米一粒も届きはいたしませぬ・・・残るは三条城の神余殿、栃尾城の本庄殿が篭城いたしておりますが・・・」

「もはや・・・これまでじゃな・・・」

「景勝様は・・・華姫様のお命は助けまいる所存です・・・」

「夫を討たれるのは仕方ないこととして・・・わが子の命を奪われて・・・華姫が命永らえることあろうかの・・・」

仙桃院の目に暗がりが広がる。弟と夫が争い・・・夫の死後・・・弟にわが子を預けた仙桃院の心には成り行きが見えていた。

すでに御館の外には景勝の軍勢が満ちていた。一ヶ月におよぶ数度の合戦で越後府中の町は灰塵に帰している。

その中を上杉憲政と少数の家臣団が強奪した道満丸を連れ春日山城に向かっている。

「これやこの・・・命ばかりは助けてたもれ・・・ここに景虎が嫡男を奪ってまかりこした・・・我は元の関東管領・上杉・・・」乱の元凶の居所を聞きつけた樋口衆が殺到する。指揮をとるのは泉小太郎である。上杉憲政は原型を止めないほどに八つ裂きにされた。幼い頃の華姫の面影を残す道満丸が小太郎を見上げる。「与七(小太郎)か・・・わしは腹を召すじょ・・・介錯してたもれ・・・」

道満丸は小太刀を腹に突き当てた。

「痛いの・・・」

「道満丸様・・・御免」

小太郎は幼子の返り血を浴びながら目頭が熱くなった。

総攻めの喧騒の中、すでに幼い次男と長女の喉を掻ききった華姫は懐剣を自分の喉に当てていた。坂戸城から華姫に付き従った侍女が居室に火をかける。華姫は無言で倒れ伏した。

血路を開いて、上杉景虎は鮫ヶ尾城を目指していた。しかし・・・群がる追っ手は無数である。

すでに風魔衆も撤退し・・・周囲に残るは義理立てと帰る所領を失った故の落武者ばかりである。

景虎は満身創痍であった。

「伯父上・・・」と遠山康光に呼びかける。しかし、寸前まで側らにいた康光は草むらに屍をさらしている。

「華よ・・・」景虎は妻の名を呼んだ。ほんの・・・一年前に・・・仲むつまじく暮らした日々が蘇る。「どこで・・・誤ったかの・・・俺は・・・」

景虎は謙信から贈られた小太刀を抜こうとした。そこで暗闇が訪れた。

春日山城で景虎の首を検分した景勝は・・・祓いの所作を終えると口元に笑みを浮かべ・・・そして眦に涙をにじませた。

景虎落命の知らせを受け、武田勝頼は上野への進出を真田衆に命じた。約束の土地を得るためである。やがてそれは北条氏との手切れに発展していく。

「しかし・・・」と勝頼は目を閉じた。「それが戦国の倣いであろう・・・」

関連するキッドのブログ『第14話のレビュー

火曜日に見る予定のテレビ『アタシんちの男子』『白い春』(フジテレビ)・・・堀北→吉高・・・始まるよー。

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« ゴッドハンド輝とドジ輝の二重人格です(平岡裕太)なんやかんや早いわ(水川あさみ) | トップページ | エンジェル神様なにするのエゴイスト雪女キック!(吉井怜)ハンチョウ泣き落とし!(佐々木蔵之介) »

コメント

個人的には、牛に願っ玉イーマ景虎が退場したから今後ちょっとはマシになることを期待します。あとは、いつの間にか景勝の配役が妻夫木で兼継の配役が北村一輝になっていることを期待。

昔むかしは玉鉄と玉木の区別がついていないころが私にもありました(笑)……が、いまでは丑寅な玉鉄と鹿兎な玉木ではもう何者もその溝を埋めることができません(きっぱり)。

投稿: 幻灯機 | 2009年4月13日 (月) 23時35分

こちらの「天地人」はかなり
正統派って感じですね。

それもこれも本編があんな風な出来栄えであったからなんでしょうけど
(; ̄∀ ̄)ゞ

武田が景勝方についた事で
次々と頼みとする諸将が討ち死にし
諸将の寝返りも進み、祖父までもが裏切り
兵糧も尽きかけ四面楚歌になっていく景虎さん。

こちらではドラマ以上に哀愁が漂っていて
たまらん限りでございます(T▽T)

やっぱ辺に兼続とかお船を見せるのではなく
この回での主役は景虎って事でキッチリやれば
死に際に散らす華を咲かせる事が出来たのかもしれんのに

ここまでくると、なんか
このドラマも引き返せないとこまで来ているようです
(; ̄∀ ̄)ゞ

投稿: ikasama4 | 2009年4月14日 (火) 00時35分

movie✪マジックランタン✪~幻灯機様、いらっしゃいませ~✪マジックランタン✪movie

まあ、今回の大河ドラマをつまらなくしているのは
キャストではなくてスタッフだと
考えますが
もちろん、面白いと思う人もいるはずなので
誰も悪くないとも言えます。

景勝は年上で殿様だし
兼続は年下で家来なので
まあ、無難なキャスティングなのでしょう。
もちろん、主役としての格的にも
こうなります。

景勝は実は悪の名君なので
北村は得意の役どころ。
兼続も実は悪の家老なので
ちょい悪やらせたら日本一の妻夫木にはピッタリ。

「木更津キャッツアイ」のリトル山田。
「池袋ウエストゲートパーク」のサル。
「ジョゼと虎と魚たち」の恒夫。

イケメンの持つ罪深さをストレートに表現することに
特徴があります。

だからお船が好きになってモーターも
仕方がないということです。

そのあたりをもう少し上手く描いてもらいたい・・・。

玉鉄と玉木はともに1980年生まれ。
学年は玉鉄の方が一個上。
とある巨大アイドル帝国の一員では
ないので妻夫木同様に下積み長いです。

玉鉄は「百獣戦隊ガオレンジャー」のガオシルバー
「逆境ナイン」の不屈闘志・・・
ようやく「離婚弁護士」の本多大介で
まともな人間になりました。

玉木は「リモート」で深キョンと中々結婚できない上島伸吾で
主役を引き立てています。

みんな貴重なイケメンとして
生き残ってよかったと考えています。

投稿: キッド | 2009年4月14日 (火) 18時06分

pencil✥✥✥ピーポ✥✥✥ikasama4様、いらっしゃいませ✥✥✥ピーポ✥✥✥pencil

本来、妄想レビューはハチャメチャにしたいのですが
本編がかなりハチャメチャなので
作用反作用でございます。

まったく画伯のおっしゃる通りなのでございまする。

まあ・・・しかし・・・玉鉄景虎は
与えられた役割をきっちりこなし
それなりに哀れですし
幸せにしてもらえなかった相武華姫も
それなりにせつなく・・・
この配役なら
もっと涙しぼりとれたよな・・・
という気持ちがあります。

なので精一杯哀愁モードでお届けしました。

基本的には
子供時代に・・・
お船の初恋をもっとねっとりと
描いておけば
問題なかったんですよね。

巧妙が辻とか
利家とまつとかは
その点はそつがなかった。

子役時代を母子ものにしぼってしまったことが
兼続、お船のフィクションを
うす汚いものにしてしまっていると考えます。

もう・・・お船は兼続が好きで好きでたまらない
という少女時代をキッチリやっとけば
全然問題なかったと思います。

兼続はチョイ悪で。

まあ・・・そう考えると
そんなフリオチも構成できない脚本家が
これから対信長戦。
対勝家戦。
対秀吉戦。
対朝鮮戦。
対関ヶ原。
対江戸幕府。
と続く激動の時代を描ききれるのかどうか
暗澹とした気分です。

まあ・・・年末は
「坂の上の雲」になるらしいので
いつもより早めに終るのが
救いといえば救いかも・・・。

「風林火山」「篤姫」と
いいもの見せてもらった後だけに余計なので
ちょっとかわいそうな気持ちもしますけど。

投稿: キッド | 2009年4月14日 (火) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/29107064

この記事へのトラックバック一覧です: 仁義なき天地人・越後死闘篇(妻夫木聡)散華供養(相武紗季)ブエナビスタかな(玉山鉄二):

» 天地人 第15回 御館落城。。。争いの決着 [レベル999のマニアな講義]
『御館(おたて)落城』内容景勝(北村一輝)と武田の姫・菊姫(比嘉愛未)との婚約により、武田との同盟は、より強固なモノとなり、景勝方優位となった。それを受けて、景虎(玉山鉄二)方の兵は逃亡をはじめ、戦いの行方は、ほぼ決まる。景勝の家臣達は、御館への総攻め...... [続きを読む]

受信: 2009年4月13日 (月) 22時51分

» 天地人・第15話 [ブルー・カフェ]
天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー)火坂 雅志,小松 江里子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る ついに『三国一の美将』と誉れの高い上杉景虎の退場です。・・・が、正直イマイチ盛り上がらないんですよね〜(><)色々と企画モンをやろうと思ったんですけどね・・・乗らない(ため息)そんでもって、「まあまあ良いな」と思っていた景虎まで退場・・・しかも来週の今頃は翔さんのドラマも始まるし(ため息)ま、とりあえず天地人第15話です(これあと32回ももつのかな?) 【御館落城】 天正7年(1... [続きを読む]

受信: 2009年4月13日 (月) 23時07分

» 天地人 第15話 「御館落城」 [渡る世間は愚痴ばかり]
今回のあらすじ [続きを読む]

受信: 2009年4月13日 (月) 23時17分

» 大河ドラマ:天地人 第15回「御館落城」 [山南飛龍の徒然日記]
御館編終了。物語的には、前半戦最大の見せ場になるはずだったのですが・・・何故でしょう。全く心が動きませんでした(汗)取り敢えず、今回の流れをざっと書いておきますと、・景勝側、武田との和睦に成功し、形勢逆転・仙桃院と華姫を返すように、景勝が景虎に書状を送...... [続きを読む]

受信: 2009年4月14日 (火) 00時56分

» おやかたの乱!! [函館 Glass Life]
何と!!ネゴシエーターお船の説得により景虎が降伏?? そんな馬鹿な{/cat_5/} ここまで御館の乱にお船が深く関わっていたとは… どうしてもお船をドラマの中心として描きたいのでし ょうか?? かなり無理があるシナリオだと僕は思うのです{/cat_6/} 降伏の証として差し出した道満丸が何者かに殺され怒 り狂う景虎{/cat_7/} こんな設定だったとしたら降伏も何もありません。 戦うしか道はないのです{/v/} 景虎は追い詰められてゆきます{/kaeru_alone/} どうやら道満丸を殺し... [続きを読む]

受信: 2009年4月14日 (火) 06時02分

» 天地人 (15) [Simple*Life]
御舘の乱がやっと終わりました。 御舘の乱というのは、跡目争いなんですよねぇ? でもそれをやたらと綺麗に見せようとしすぎているために (主人公をいい人に見せるため) なんだか話に無理がありすぎる気がして素直に見られないです。 景勝が始めた御舘の乱・・・ 景勝という人物がどんな人だったかは知らないですけど、 あまり見た目もぱっとしなくてうだつがあがらない感じだったと 前に歴史TV番組で見ました。 ということは、きっと周りの家臣が影虎を恐れて始めた ことのように思えるんですよね... [続きを読む]

受信: 2009年4月14日 (火) 16時43分

» 【天地人】第十五回 [見取り八段・実0段]
われ生きすぎたり御館を落ちる時、景虎は仙桃院にそう言ったと言う。劣勢となり、景勝に人質に差し出した跡取り、道満丸を殺され、匿ってくれるはずの味方は敵に寝返っていた。どうしようもない絶望の中でもう、人を信じ抜く力が残っておらぬ。と、景虎は、妻である華姫と...... [続きを読む]

受信: 2009年4月14日 (火) 18時48分

» 天地人 第15回「御館落城」 [淡雪の雄叫び]
前半のハイライトの御館の乱。 今回で終局、んで、感想は一言。 酷い、酷過ぎる。 これに尽きます。 何が酷いかって?? え。。。と。。、まず安っぽい。 何が安っぽいかいうと、鮫ヶ尾城のセット。 景虎の最期なんだから、もうちょい何とかして欲しかった。 セットの予..... [続きを読む]

受信: 2009年4月16日 (木) 14時52分

« ゴッドハンド輝とドジ輝の二重人格です(平岡裕太)なんやかんや早いわ(水川あさみ) | トップページ | エンジェル神様なにするのエゴイスト雪女キック!(吉井怜)ハンチョウ泣き落とし!(佐々木蔵之介) »