« えっさえっさえさほいさっさ小田原提灯天地人(妻夫木聡)あのーもう出産してるんですけどぉ(深田恭子) | トップページ | どういうつもりなのかしら・・・(加藤ローサ)わからない(中山優馬)こっちのセリフですよね(桜庭ななみ) »

2009年7月21日 (火)

上手なキスでもげっ無我夢中でバ~カ(北川景子)はじめてのブザービート(山下智久)んー?(相武紗季)

そこそこのキラー・コンテンツ「はじめてのおつかい」15.7%の裏で「ブザー・ビート」↘13.5%である。「TVタックル」が13.5%で「20世紀スポーツ名勝負ライバル伝説」が13.3%・・・実にしのぎを削る月9になっている。だから・・・この数字はよくしのいだと言えるだろう。後は「婚カツ!」で逃げ出したお客さんがどれだけ戻ってくるかの問題だな。

緻密な脚本に・・・キムタクをのぞけば唯一数字が計算できる男性スター山P(松本潤は「スマイル」で脱落)、そして濃密に描写される乙女心。

絶対に負けられない戦いが展開されている。

さて・・・前回に続いて登場する「A DAY IN THE LIFE/THE BEATLES」のピアノ・ソロ。今回は莉子(北川)とヘッド・コーチ(伊藤英明)のデートするピアノ・バーでさりげなく流れて出すという趣向である。しかし・・・それは菜月(相武)を送る直輝(山下)の場面へと流れこんでいく。休日を過ごす二組のカップルの「人生のある日」だからな。そこで菜月は二週連続のキス・シーン。そして今回が交際中の恋人とのキスなのである。そして・・・キスの熱烈さは前回の方が高いのである。すでに黒の天使となった菜月・・・おシャレである。

本当に久しぶりに歯ごたえがあってねっとりとした脚本です。

で、本題に入る前に恒例の週末の視聴率チェック。「コールセンターの恋人」↘*5.6%(ついに電池切れたか・・・手動充電回すか?・・・赤道カイロよどこへ行く)、「不死鳥の騎士団」20.5%(はじめてだものね・・・すごいしね)、「華麗なるスパイ」15.6%(夏休みの勝利かっ)、「踊る大捜査線TM2」16.6%(なんどめだ・・・君塚合計32.2%)、「リミット」↘*5.1%(君塚にお手上げ)、「天地人」↗21.9%(そして遠山はいなくなった)、「官僚たちの夏」↗10.6%(国民全員と全世界が納得する結論なんてないんですよを教えてくれるドラマ・・・吹石は一人英語でしゃべらナイト)、ついでに「ハンチョウ」↗11.6%(奥貫薫と浅野ゆう子で最終回)・・・以上。

で、『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~・第2回』(フジテレビ090720PM9~)脚本・大森美香、演出・永山耕三を見た。たとえば最大の疑問として・・・山Pみたいな容姿に恵まれた人間が崖っぷちに追い込まれることなんかあるのかよっと拗ねてしまう人はドラマなんか見るなよっと言っておきたい。山Pはあくまでものすごい崖っぷちに追い込まれているヒーローであるプロ・バスケットボール・プレイヤー・上矢直輝を演じているのであってもちろん・・・見事に演じきっているのである。

ものすごい崖っぷちにいます。

まず、日本でプロのバスケットボール・プレイヤーであることがすでに崖っぷちなのである。

もちろん・・・スポーツ選手というものはどんな競技だって崖っぷちに立っている。何年、何十年と練習を積み上げ、ライバルを倒し、頂点を目指していても一瞬のミスや場合によってはミスなしでも負傷して・・・そして競技生活を失ってしまうことがあるからだ。

しかし・・・直輝の場合の最大の崖っぷちは自分がそういう立場であることに気がついていないという気配が漂うことである。

なぜなら・・・彼は無我夢中で生きているからだ。

けれど・・・彼は最近そこはかとない不安を感じている。それはプロとなって以来、技術が伸び悩んでいること。プロとしての体格の不利。そして成績不振。さらに契約更新による年棒の下落である。・・・いい加減、自覚しろよ・・・なのである。

しかし・・・彼は小学生の時、ブザー・ビート(試合終了間際のゴール)で勝利を掴んで以来・・・10年以上も夢を追いかけてきたのだ。

しかし・・・そろそろ・・・自分の人生を見据える時が近付いていたのである。

彼は思う。「いつまで夢を追いかけていられるのだろうか?」

疑問を持つことは大切である。

とある休日。直輝は恋人の菜月を自宅に招く。二人の交際は二年以上も続いているらしい。直輝は自分の愛する家族と恋人と過ごすことがとても「よいこと」だと思っている。家族たちも聡明で美しい菜月を好ましく思っている。妹の優里(大政絢)は菜月に会えると思うとうれしくてテンションがあがるほどだし、母親の真希子(真矢みき)は息子が不安定な立場にあることをある程度自覚していて菜月のバックアップに期待してる。できれば菜月を逃がしたくない。

菜月はにこやかに上矢家を訪れ・・・おしゃれなお土産を持参し・・・優里にはバースデイ・プレゼントの花束を用意するなど・・・気を使い愛想をふりまき肩がこるのだった。

直輝にとって素晴らしい家族も菜月にとってはもし直輝と結婚したら姑と小姑になる人間にすぎない。それはどんなに心優しい人間だったとしても時には鬱陶しい存在なのだな。

訪問中に菜月の携帯電話を鳴らすのは直輝のチームの新参者。代々木(金子ノブアキ)だった。菜月は「一度寝たくらいでいい気にならないで・・・あれは遊びよ」と代々木を罵倒するが・・・M気質である代々木は身悶えるのだった。

その夜の菜月の不在がふと話題になり狼狽する菜月。

しかし・・・菜月が優里に贈った花束にはチューベローズが紛れ込んでいた。チューベローズ(月下香)の花言葉は「魅惑的で危険な関係」である。

彼女もまた不安を抱えている。

彼女を送りに出た直輝のキスは・・・情熱を欠いている。

チュー・・・ベロ・・・ウズ・・・ではないのである・・・おいっ。

夜の街で彼女の不安はたちまち不満に姿を変えていくのだった。彼女は鬱屈した気持ちを煙草の煙で紛らわせようとするのだ。

直輝は公私ともにまさに断崖絶壁に立っている。そしてそのことにまだ気がついていないのだ。

一歩足を踏み出せばまっさかさまに堕ちてdesireなのである。

しかし・・・今回は莉子のターンだった。冒頭のあらすじを受けて・・・バスケット・ゴールのある空き地・・・あるいは「愛は力」公園で知り合った直輝と莉子はお互いの名前も知らないままおしゃべりをするようになっていた。

どちらかと言えば大胆で無防備な莉子は直輝の手作りおにぎりをいただいてしまったりしている。

その上・・・「バイオリンなんてならうような裕福な家庭じゃなかったのに・・・小学生の時からバイオリンに惚れこんで公務員の親に無理をさせてきた。大学入試用のヴァイオリン購入のために親は私の結婚費用の積み立てを解約したので私は結婚式のできない女。それほど執着したバイオリンなのに・・・それで生計を立てることができないことに・・・悩んでいる」などとざっと身の上話も打ち明けてしまう。

直輝は莉子の話に相槌を打ちながら・・・「子供の頃からの夢を追いかけているところは似ているが自分は一応それで食べているんだからマシか・・・」などと思っているのに違いないのである。

そして・・・直輝と菜月が家族ぐるみのデートをしている頃、莉子とルームメイトのプロのフルート奏者・麻衣(貫地谷しほり)は期せずして直輝のチームのヘッド・コーチ川崎とチーム・キャプテンの宇都宮(永井大)を相手にダブルデート中である。

ヘッド・コーチは莉子狙い・・・その店は生演奏を聞かせる店でお金を稼ぐバイオリニストを目の前にした莉子は複雑な気持ちになるが・・・ヘッド・コーチは強引に交際申し込みをするのだった。

莉子と麻衣は音楽大学在学中にそれなりの恋愛体験を積んでいるが現在は彼氏がいない。麻衣は「新しい恋」にむかってやる気満々で・・・莉子もまたなんとなく恋をしたい気分になっていく。孤独な菜月と違い・・・莉子は麻衣に癒されて流されるのである。

そして・・・二人と一人は夜の街ですれ違う。

たわいもなくおしゃべりな莉子と麻衣・・・そして押し黙る菜月だった。

もちろん・・・お茶の間には菜月の光と影が強調されるのだが・・・実は・・・莉子もそこそこ暗がりを持っていることがそれとなく暗示されるのである。

麻衣はオーケストラに受かり・・・莉子は不合格だったからだ。

たとえ・・・デートで莉子が麻衣よりも些少もて気味であったとしても莉子の心の中には不満がくすぶるのである。喫煙の習慣のない莉子はその鬱屈を夜空に吐き出す術を持たないのだった。

ここで・・・防水機能のない形態電話をバスルームに持ち込み、菜月からの帰宅メールを律儀に待ち・・・無意味な安堵を得る直輝の入浴サービスがあってようやくタイトルである。

なんと濃密な流れではないか。先週、「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」が流れてからキッドの脳裏には「傘がない/井上陽水」を経て「飾りじゃないのよ涙は/中森明菜」に到達し・・・中森明菜が流れっぱなしである。

そのために・・・まさにじれったい じれったい 何歳にみえても 私 誰でも じれったい じれったい 私は私よ 関係ないわ 特別じゃない どこにもいるわ ワ・タ・シ 少女Aの菜月はもちろん・・・莉子もまた中森明菜的であることが確信として存在する。

・・・頭、大丈夫か。

まあ・・・とにかく、その後はコーチと莉子のはじめての単独デート・・・年齢的に後がなく性急でウソツキで上手で強引なキスにより莉子なんとなくもげっモードに突入、「モップガール」ほどのキャラを「キミ犯人じゃないよね?」で確立できなかった麻衣に「私にはB子がある」とキャラの退行現象を起させたりハゲ新郎の結婚式でフルート吹いたり・・・あれほど菜月と一緒に過ごしたいと迫っていたくせに子供向けバスケットボール教室で直輝が明かした「子供の頃の思い出・・・彼氏の知らなかった一面」に菜月の心が揺れお部屋デートに誘われたもののゲームしたら帰るという直輝のワガママな行動に菜月の下半身立ち往生を経て、菜月の代々木締め出しプレーなどあって・・・菜月、菜月の部下のセーラー・ヴィーナスしおん(小松彩夏)、メールアドレスをさりげなく交換して麻衣とのフラグを立てた秦野(溝端淳平)や麻衣、ヘッド・コーチ、代々木などすでに複雑な関係になっている一同が会す、直輝の母校チームとの練習試合がスタートである。

コートの中に「バスケットが上手でおにぎりもくれた近所の大学生」を発見した莉子は脳内に予期せぬ認知のドーパミンが放出され、軽い興奮状態に・・・「あの子・・・知ってる・・・あの子・・・おにぎりくれた・・・私がファン1号・・・なんで試合に出ないの・・・」

自分のプレーに対する懐疑から自信を喪失し・・・スランプに陥っているとコーチに判断された直輝はスターター(先発)になれずベンチを暖めていたのだった。

コーチはそれによって直輝の魂に火をつけようとしたが・・・失敗である。

コートに送り出した直輝は不甲斐ないプレーを連発するのだった。

「子供からの夢を追いかけている・・・でも不調」という直輝の中に鏡に映った自分を発見する莉子。ああ・・・あれが・・・今の私・・・そんなの許せないである。

やはり・・・莉子もまた中森明菜だったのだ。愚図ね カッコつけてるだけで何もひとりきりじゃできない 過保護すぎたようね 優しさは軟弱さの言い訳なのよ 発破かけたげる さあカタつけてよ やわな生き方を変えられないかぎり 限界なんだわ 坊やイライラするわ!なのである。

「あんたもっとできるでしょ。何こわがってんの。あなたは強いの。もっと上手なの。あんたバカァっ」・・・セーラー・マーズ=惣流・アスカ・ラングレー =真っ赤な女の子・莉子である。

ふと我を取り戻し・・・試合場を自主退場する莉子・・・そのぐらいの野次はプロなら当たり前だけどな。・・・今はそうでもないのか?

しかし・・・ついに目覚めた直輝。ブザー・ビートまで決める大活躍である。相手アマだけどな。試合後・・・莉子を追いかける。

そして二人はお互いの名前をはじめて知るのだった。

菜月→直輝←莉子の由緒正しいひと夏の三角関係スタートである。

まあ・・・もう・・・キッドの目にはみんな中森明菜(初期)の歌の中の人に見えるのですけれどもーっ。

関連するキッドのブログ『第1話のレビュー

Hcinhawaii0572 ごっこガーデン。Love makes me strongな空き地セット。エリ今日も山P先輩は大サービス・・・なんと手作りおむすびプレゼントです。じいや~冷凍保存よろしく~。もうこの夏ナンバーワンドラマ決定でス~。大切にされすぎてスランプに陥っていった直輝。大切にされすぎて欲求不満の菜月。そして心の底では何かを激しく求めている莉子。みんな大人なのに激しく青春なのでしゅね~。女はみんなSで男はみんなM・・・理想ですか・・・それが理想世界なのでしゅか~。すぐに愛を口にするけどそれじゃ何も解決しないのでしゅか~。はうぅんお気楽ドキドキがなくなったら次の人に行きたくなるよね~。タイミングずれるとドロドロになるよね~。はあ・・・そんな青春は・・・菜月の本心はどこにあるの・・・彼氏を大事にしたいけど浮気な心・・・それとも倦怠期で回数減ったのが不安なの・・・難しいお年頃なの?まこまこも歌いましゅ~。Love Is The Mysteryわたしを呼ぶの~愛はミステリィ~不思議な力で~。智哉と呼んでの川崎さんはチュー・・・でも上矢くん、白川くんと呼び合う二人はお似合い・・・青春のニヤニヤざんす~。練習試合はチアなしでしゅか~・・・じゃあ、じいや、プール~アンナぬけがらになった私にはプールにガンダムを浮かべて~スマスマだけが楽しみ~ぴょん山Pシーズン到来!でも更新ナシデス

Hcinhawaii0573 ごっこガーデン。山P先輩三兄弟のいる夜道セット。mariうふふ・・・ハンチョウ・最終回あげてたら遅刻しました~それはともかくはうぅんはしなくてはなりませぬikasama4ふう・・・なんとか山Pロイド09ヴァージョン・アップ終了。ジョーダン・回路はジョークを言う装置ではありません。モゴモゴよりもゲームって・・・ま・・・そういう季節もあるでしょうがー・・・もっとディープなプレ・・・失礼しました。ウソツキなの時々ねはヒットですなくう私には菜月が分らない・・・すごく直輝を愛していて理解していてそれでも不満で近場で浮気って最悪だわ~・・・でもドラマだからな~本当はそこを楽しんでたりして~とにかくオープニングは最高~あんぱんち「クイズは間違えるがキスははずさない男・海猿とのだめの目立たない音大生のその後みたいなムッとしてもかわいいモップガール。かならずヒロインは別の男を経由しなければ山Pにたどりつけないルールなのかしら。ドラマじゃなかったらJCアークス内・・・愛のもつれでチーム崩壊確実(爆)」シャブリついに12%台をたたきだしたつばさにハラハラなので遅刻なのでありましたーっみのむしわお・・・クロスファイア呼んでたら遅刻ルルル・・・まだ上巻なの・・・夏休みはキスばかりじゃなく読書もしようね

テンメイ様はサイドストーリー的に菜月肉食系女子懐疑論を展開。興味のある方はご参照ください。

水曜日に見る予定のテレビ『赤鼻のセンセイ』(日本テレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« えっさえっさえさほいさっさ小田原提灯天地人(妻夫木聡)あのーもう出産してるんですけどぉ(深田恭子) | トップページ | どういうつもりなのかしら・・・(加藤ローサ)わからない(中山優馬)こっちのセリフですよね(桜庭ななみ) »

コメント

『スター誕生』で合格する時観てました。「スローモーション」シングル盤5枚くらい買いました(笑)。近所のスーパーマーケットビルの屋上の握手会にも行きました。東京の大学に進学した裏の理由でもあります(笑)。ああ、ちょっとHなミルキっ娘~。

北川景子の「ぶぅわぁか!」は効きます。でももうちょっとダイエットしてほしい(顎ラインとか)。

投稿: 幻灯機 | 2009年7月21日 (火) 22時25分

movie✪マジックランタン✪~幻灯機様、いらっしゃいませ~✪マジックランタン✪movie

遠い青春の記憶でございますな。

少しでも近くで
同じ空気が吸いたくて
飛んで火に入る夏の虫なのですな。

それが東京の本質でございます。
東京へはもう何度もいきましたねでございます。
生まれも育ちも東京だろうがっ・・・。
まあ、キッドは一人暮らしがしたくて
(自由に女の子と交際したくて)
地方の大学に進学したんですけどーっ。

出逢いはスローモーション
軽いめまい 誘うほどに
出逢いは スローモーション
瞳の中 映るひと

さあて・・・枯れたマッチでも見るかな・・・。

北川のアゴのラインはもう
アレはアレで
いいと思うしかないのではーっ。

投稿: キッド | 2009年7月21日 (火) 22時57分

ブザー・ビート見て相武さきちゃん可愛いかったvirgo
北川けいこサンはなんか意地悪ぽかったdown笑・・・
やっぱ山ピーと相武さきちゃんがドラマの中では結婚してほしいと思ったup

投稿: ニコ | 2009年7月22日 (水) 14時31分

じいやさま、さっきは皆既日食ビールを飲みながら
皆既日食パンを食べてました~~~っ。
こんな神秘な天体ショーを見られるなんて至福ですわ。
瞬間移動で東京に戻ったら曇りで暗くもならなかった。
つまんないわね。

Pちゃまは手作りのおにぎりなんて作ってたんだ!!
最初の方、録画できてなかったのが残念!
おにぎりは何味なのかしら。
エリはね、古典的に梅干とか昆布がいいなあ~。
Pちゃまのおにぎりは細胞の培養で
たくさん量産してね。
もちろんホンモノはエリのモノなのデスーっ!
屈折している菜月にやたら自分を見てしまうようで
この子もきっと少女Aなのね~。

投稿: エリ | 2009年7月22日 (水) 14時43分

parkingheart01カワイイ人ガ~ニコ様、いらっしゃいませ~ハッピー・ウェディングring

おやおや、お嬢ちゃま、どちらからおいでですかな。

なるほど、今回の北川さんは
意地悪な感じでございましたな。
どちらかといえば相武さんは
山Pの前では笑顔、笑顔、笑顔。

はたして山Pがどちらを選ぶのか
ワクワクドキドキでございますね。

言いたいことをスバリと言う北川さんか?
顔で笑って心でプンプンの相武さんか?

キッドはどちらが選ばれてもおかしくないと
思うのです。
二人ともOKできるのならもっといいのですけれどねーっ。

まあ・・・そんなこと言ってると
二人ともに逃げられたりしますけどねーっ。

ニコ様、また、遊びに来てくださいねーっ。

投稿: キッド | 2009年7月22日 (水) 14時58分

ribbon✿❀✿❀✿かりん☆スー☆エリ様、いらっしゃいませ✿❀✿❀✿ribbon

エリお嬢様、お疲れ様でございました。
三時のおやつに月見うどんをご用意しましたぞ。
皆既日食ツアーは結局、
真昼のお月見でございますからなーっ。

ものすごいスピードでグルグルまわってる天体の上で
美味しいものを食べたり恋をしたり
じいやはそういうことを考えますと
クラクラ眩暈を感じるのでございまする。

すべてはマッハのスピードでございますからねぇ。

月見うどんに
さっそく、クローン増殖した
山P先輩おにぎりを
そえさてせていただきました。

具は梅干と昆布にいたしました。
おにぎりは握った人の
ハンド・パワーと
塩加減が決めてですからな。
美味しい成分の出るお方は
いい母、いい父、いい夫婦になれるのでございます。

じいやはしゃけをいただきまする。

手作り料理が食べたいわけじゃないという菜月。
手作りおにぎりを美味しくいただく莉子。
そして菜月が心の底で直輝に言いたいことを
容赦なく叫ぶ莉子。

手に汗握る前哨戦ですな。
結果が分っていると見せて
勝負の行方はまだまだ分らない・・・
こういう手のこんだ脚本・・・
書き手が少なくなってしまったのでしょうか。
ものすごく新鮮でございますなーっ。

我慢に我慢を重ねるストイックな美しさは
直輝と菜月のもの。
夢を追いかけるひたむきさは
直輝と莉子のもの。

はたして・・・直輝にとって
本当に大切なものはどちらなのか・・・。

神様は実にふたつを与えることは
お許しにならないのですなーっ。

もう・・・登場人物全員を
応援したくなっているじいやでございます。

投稿: キッド | 2009年7月22日 (水) 15時27分

あ、おにぎりがあるっ!riceball
あんまりおいしかったんで、全部食べちゃったんだけど
これってもしかして・・・ぎゃぁ~エリねーちゃんに殺されるshock
えっと、どこへ逃げればいいんだ???
まこはこれからカラオケボックスに篭って
ほとぼりが冷めるまで、中森明菜を歌いまくってきますkaraoke
じいや、あとはよろぴく~~~run

投稿: まこ | 2009年7月22日 (水) 16時17分

cute●no choco●まこ☆ミキ様、いらっしゃいませ●no choco●cute

まこお嬢様~。
だからつまみ食いはお控えくだされと
申し上げたではございませんか~。

などと言ってもムダなのはわかっておりますから
このように予備がありますので
大丈夫ですぞ~。

なにしろ、クローン培養しておりますから
いくらでも増殖可能でございます。

まこ様には
竹野内様手作りおにぎり
フジッキー・サンドイッチ
玉木オレ様横文字呪文料理を
ご用意してありますので
マコチャンハウスのカラオケ・ルームから
オーダーできますぞ~。

それよりも今年こそは
夏休みの宿題を早めになさりますようにーっ。
じいや伏してお頼みもうしあげまするーっ。

・・・あっ・・・もういない。
また・・・こんなところに秘密の抜け穴を・・・。
皆のもの~。であえ~。であえ~。

投稿: キッド | 2009年7月22日 (水) 17時14分

どうも、キッドさん。連日コメントすみません。
CX「ブラザー・ビート」、録画しておいた第1話・第2話をまとめて観たのですが…意外と面白くて驚きました(山Pファンの女の子でなくとも面白かった)。秀逸だった「カバチタレ」の脚本の人だったと知って、納得です。話の構成が上手いですよね。ヒロイン2人は考え方は違えど、最近の女性像をきちんと投影していますし。男追うだけでなく自立している…あたりが。

裏の顔も併せ持つ菜月を相武紗季に当ててきたことで、相武紗季は演技の幅が広がる気がします。「いきまっしょい」とか、健気一筋な役多かったですし。

北川景子は・・・私は「食わず嫌い」でしたが、好感もてる演技する女優さんですね。もう少し抑揚があれば更に良い。やがては、事務所の先輩・柴咲コウのポジションを獲っていくのか・・・楽しみです。

投稿: ys_maro | 2009年7月24日 (金) 14時50分

carouselpony♬♬♬のだめデスヨ♬♬♬ys_maro様いらっしゃいませ♬♬♬のだめデスヨ♬♬♬carouselpony

ねえ、結構いけてますよね。

乙女というか・・・女性を含めて
キャラがちゃんと呼吸している感じです。
これだけでも最近では貴重。

ソウルフルなのですよね。

男を好きになる女だけど
その前に人間なんだよ~でございます。

ふふふ・・・「いきまっしょい」の相武が
健気な女の子だったかどうかは意見が分かれるところ
最終的な印象としてはそうですが
鈴木杏とは結構確執のある友達役だったのでございますよ。

キッドは相武としては
「いきまっしょい」→「アテプリ」を経て
女友達のいない相武になったキャラとして
連続性があり注目しています。

いつも友達に好きになった人をもってかれ続けて
こんな性格になりました・・・なのです。

北川景子は「モップガール」視聴者は
文句なくファンなのですが
もげっのヒロイン桃子以外には許せない負の部分があって
今回はそれを克服できるかどうかが
ポイントです。
作戦としては「少しまぜる」で
来ているような気がします。
今回で言えば
「キス」されて有頂天の部分が「桃子」でした。

キッドは北川景子は常盤貴子系狙いだと考えています。

投稿: キッド | 2009年7月24日 (金) 19時44分

遅ればせながら(; ̄∀ ̄)ゞ
えり御嬢様にも気に入って頂けて何よりです。

今期の中では
役者・脚本・演出・ドラマのテンポと
まず一番の出来栄えですね。

なんといっても
莉子&麻衣の意見も性格も正反対のようで
全然合ってる凸凹コンビの掛け合いが
絶妙で私を和ませてくれます≧∇≦b

主人公の二人のアクが少なめな分
脇を固める方々のアクの強さで
丁度いい塩梅となっております≧∇≦b


中森明菜はもうすっかりトシちゃんと
同じくらい懐かしい感じになったようで(; ̄∀ ̄)ゞ
時の流れは移ろい易いものですね。

ちなみに彼女の曲ですぐ思い出すのはdesireです ̄▽ ̄

投稿: ikasama4 | 2009年7月24日 (金) 20時28分

pencil✥✥✥ピーポ✥✥✥ikasama4様、いらっしゃいませ✥✥✥ピーポ✥✥✥pencil

画伯様。いつもお仕事ご苦労様です。

今回の山Pロイドはいつになくかわいい感じがいたします。

山Pといえば美なのですがキュートな感じもあるので
ございますね。

キッドも「怨み屋本舗」を
のぞけば・・・おいっ・・・
今季の中では一番の力作であると考えます。

とにかく・・・
脚本が脚本として成立しています。

結局、筋立てよりも
ハートでございますよね。

少なくともキッドには
女の子たちはかくあるだろうという
感じがいたしまする。

麻衣が菜月に
敵意むき出しなのも
自分と同じ匂いを感じた・・・
という風にもとれるし
友達思いの第六感的でもあって
なかなかに味わい深いです。

人生の夢と恋愛の行方が
まったく不安定・・・これぞ青春です。
そういう味が出てますな。

中森明菜を全く知らない世代はアレですが
キッドには脚本家が
カラオケで明菜を熱唱した後
脚本書いている姿が
ありありと幻視できるのでございます。

夢はそうよ
見る前に醒めてしまったら何にもならない
Get Up,Get Up
Get Up,Get Up
burning love~でございますから。|||-_|||

投稿: キッド | 2009年7月25日 (土) 01時31分

キッドさん、こんにちは。

2話も良かったです。私は菜月ちゃんがけっこう好きで、今回かわいそうでねえ。菜月ちゃんの想いも感じず、莉子ちゃんと仲良くしてる直輝を見てると「バァーカ!」と言いたくなってきてしまいます。

まあね、そんな直輝も好きなんだけど、、、。

「プロ大」の健には感情移入しまくりだったんですけど、直輝には感情移入できないですね。でも、好きだけど、、、。

直輝ってPちゃんとは全く違うしねえ。だからかなあ、薄味だしね。柔らかい草食系とか、好みのはずなんだけどなあ。
がんばってヒーローになって欲しいですね。

視聴率は今回、あまり気になりません。高いに越したことはないんだけど、、、。絶対これから上がるわ、という根拠のない自信もあるしね。私が自信というのも変な言い方ですが。

明菜ちゃんとは、またなつかしいですね。あのころ凄かったものねえ。私は彼女は見ていて、痛々しいというか、ちょっと辛かったです。幸せになって欲しいなあと思うんだけど、、、今、笑って暮らせているのかなあ。
少しでも幸せを感じてくれているとうれしいです。

投稿: youko | 2009年7月25日 (土) 11時32分

ありがとうございます!!
キッドさんのお言葉、嬉しくって涙でました☆

直輝くんのへタレっぷりったら、「あっもう!コラッ!」って
草食男子というより、ダメ男なのかな??
でも、嫌いになれない良い所を演じてるな~って
盲目の目で感心しちゃいました☆
2話目で、出演者全てのキャラに1つづつ納得できる
要素が入ってきて、ドップリ浸かっちゃいそうです☆
しっかりした菜月ちゃんは何処に惚れたのかな?
交際2年ってところもポイントでしょうか??
大森脚本は綿密に計算されていて面白いです☆

今回の上矢家に菜月ちゃん訪問の家族のやり取りが
本当に自然で大好きです。
ちょっと、携帯どうぞの上矢ママにトゲがあったような(笑)
「カバチタレ」でも姉達との鍋囲むシーンがあったし
「ランチの女王」でも必ず、食卓囲むシーンがあって
そして、今回のシーン、山Pの何気ない、日常のシーンが
大好きなんですよ!!

こんなに面白いのに、なんで数字が行かないのか分らない!
何かの陰謀が感じられます(笑)
(すいません!変な事言いました)

投稿: ユキヒョウ | 2009年7月25日 (土) 15時31分

fuji♢♦~山~♦♢youko様、いらっしゃいませ♢♦~P~♦♢♦♢parking

「プロポーズ大作戦」の健と
「コードブルー」の藍沢の中間を演じている感じの
今回の直輝山P。

健はまだ夢さえもみていない未成熟な段階。
藍沢はすでに目標をつかみ発展途上のヒーロー。

その過渡期が今回の直輝のような気がします。
年代は前後するのに演じきるところが
また役者なんですよね。

スポーツの世界に挫折はつきもので
たとえばサッカーなら
毎年どれだけの人間が中村俊輔をめざし
毎年どれだけの人間が夢破れてうつむくか
はかりしれません。
中学までのヒーロー
高校までのヒーローが
次の瞬間には
「もうサッカーは見るのもイヤだ」という時を
迎えてしまうのです。

そういう意味では直輝は
その瀬戸際に立っている男。
明日もヒーローでいるためには
もっと輝く必要があるが
それを成し遂げるガッツが不足中。

菜月も莉子も
それぞれが自立した大人の女ですが
それでもどこかで
男の子を応援したい気持ちを抱いている。
この点は一緒みたいです。

キッドはそこに
自分が大スターなのに
誰かを応援したくなる
中森明菜的なものを
見出したわけです。

これは客観的には
かなり面白い状態ですからねぇ。

常にその先へ。
これはヒーローの絶対条件。
「ファンになってあげる」という莉子に
(ファンぐらいいるさ・・・)と
思った直輝だったわけですが
本当に大切なファンを持っていないことに
気がついてしまった今回。

実は菜月がそうなるべきだったのに
彼女はそうするのが恐ろしかったわけです。

このレースはたまりません。

今回の後半が基本的な流れとすれば
菜月はまさに奔流に飲まれる木の葉状態。
そこでものすごくせつない抵抗をしていく・・・
そこがキッドの期待するところでございます。

視聴率はまあ・・・すべて
魅力のないキャラと
なぜかそのキャラを愛するヒロインという
ありえない月9を展開した「婚カツ」の呪縛から
「ブザビート」がいつ解放されるか
というポイントにかかっていると思います。

来週14~15%に戻せば兆しありです。
占いかっ。


投稿: キッド | 2009年7月25日 (土) 19時02分

snow絶滅危惧種~ユキヒョウ様、いらっしゃいませ~山下君愛好cat

いえいえ・・・キッドはただ思うところを
勝手に書いているだけで
お礼を言われるほどのことは
してませんぞ、ユキヒョウ様・・・と謙遜しておきまする。

菜月と直輝の関係については
皆様二通りの解釈を持っているんですよね。

①結婚までは清い交際でキスまでの間柄

②交際2年でそろそろ菜月に対して淡白になっている

この二つは似て非なるものですからね。

キッドは①だと草食にもほどがあると思うので
②で話を進めています。
②なら普通の男の子でちょっとダメダメということです。

まあ・・・キッドの青春時代にくらべたら
今や、サービスしなけりゃ男じゃない時代なので
おざなりのキスをして
相手にんーっと言われてしまう直輝は
草食というよりサービス精神不足ということです。

しかし・・・基本的に
ストイックでエゴイストなスポーツマン
あのくらいの態度がノーマルという考え方もあります。

代々木が積極的なのはマゾだからみたいですし。

ホームドラマ的に家庭にいる
山Pを見ることは
ファンならではの喜びで
ございますね。

まあ・・・キッドは直輝ママと直輝妹に
深層では敵意を感じつつ
いいフィアンセを演じる菜月の
「しんどさ」が観測ポイントでございますけど。
肩こって帰り道で一服・・・すごくわかります。

そこを通り過ぎていく
未来のライバル・・・爆笑です。

まあ・・・数字はあくまで「婚カツ」で
荒らされた場所をどこまで整地するかですからね。

13%を切らず、尻上がりで平均15%の
20%フィニッシュぐらいになるといいですね。
(まあ・・・すこし楽観的ですが)

投稿: キッド | 2009年7月25日 (土) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/30638921

この記事へのトラックバック一覧です: 上手なキスでもげっ無我夢中でバ~カ(北川景子)はじめてのブザービート(山下智久)んー?(相武紗季):

» ブザー・ビート 第2話 [渡る世間は愚痴ばかり]
今回気になったのは 母子のシーンに流れるBGM [続きを読む]

受信: 2009年7月21日 (火) 19時37分

» ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 第2話「夏の恋が始まる!!」 [Happy☆Lucky]
第2話「夏の恋が始まる!!」 [続きを読む]

受信: 2009年7月21日 (火) 20時04分

» 「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」2話 [ice-coffee]
も〜〜ねぇ〜 山P どんな女優さんも太刀打ちできないお顔ですわ〜^^ [続きを読む]

受信: 2009年7月21日 (火) 20時04分

» ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 第2回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『夏の恋が始まる!!』 [続きを読む]

受信: 2009年7月21日 (火) 20時08分

» ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 第2話 恋の始まり [レベル999のマニアな講義]
『夏の恋が始まる!!』内容直輝(山下智久)は、莉子(北川景子)と、徐々に親しくなっていく。お互いに名前も知らないまま。。。。ただ、偶然に、公園で出会っていると言うだけなのに。莉子のルームメイトの麻衣(貫地谷しほり)は、2人の妙な関係を理解できない。そん...... [続きを読む]

受信: 2009年7月21日 (火) 20時47分

» 【ブザー・ビート】第2話感想と視聴率 [ショコラの日記帳]
『ブザー・ビート』第2話の視聴率は、初回の15.5%より下がって、13.5%でした。昨日は、3連休の最終日で、ドラマを見る気分ではなかったのでしょうか?私は、1話より結構良かったと思ったのですが、残念です。上矢直輝(山下智久)と七海菜月(相武紗希)は、表...... [続きを読む]

受信: 2009年7月21日 (火) 20時55分

» 月9『ブザー・ビート』第2話 [strの気になるドラマ 気になるコト]
山P、昔っからマッチョだったらしいですね。。マッスー(NEWS増田貴久)が、結構マッチョだから。。それで、顔に似合わないってバッシング受けたらしい。。月9ドラマ BUZZERBEAT(ブザー・ビート) 崖っぷちのヒーロー第2話 ◆キャスト◆上矢直輝  … 山下智久白河莉...... [続きを読む]

受信: 2009年7月21日 (火) 21時16分

» 【ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜】第2話 [見取り八段・実0段]
僕も、みんなと同じくらいの年にバスケットを始めたんだ。ある試合でブザー・ビートを決めて・・・その時、思ったんだ。試合は最後の最後の一秒まで絶対にあきらめちゃいけない。そして、プロになろうって決めたんだ。少年バスケットチームの指導に行った直輝は子ども達に...... [続きを読む]

受信: 2009年7月21日 (火) 22時04分

» 鴨南蛮と旅人と太陽!布団で海苔巻きマギー司郎(ブザー・ビート#2) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』結婚資金を解約してバイオリンを習ったが腕は二流な白河莉子@間違えたから私は怒らないサムライ北川景子は、名前も知らない大学生風の男とすっかり意気投合莉子は、ルームシェアをしている海老名麻衣@漢字屋...... [続きを読む]

受信: 2009年7月21日 (火) 22時20分

» ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー 第2話 [ぷち丸くんの日常日記]
上矢直輝(山下智久)と白河莉子(北川景子)は、お互いの名前も知らない まま、親しく話すようになっていた。 ある夜、直輝の家に七海菜月(相武紗季)が遊びにくる。 直輝の母・真希子(真矢みき)や妹の優里(大政絢)は、いつものように 大喜びで菜月を出迎えた。 直輝た... [続きを読む]

受信: 2009年7月21日 (火) 23時23分

» ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 第2話:夏の恋が始まる!! [あるがまま・・・]
上矢くん、白河さん( ̄▼ ̄*)ニヤニヤ 取りあえず、苗字で呼び合うのね{/m_0248/} でも、名前も知らないうちから、莉子ったら家庭の事情まで話しちゃってるし{/ase/} それだけ、直輝には親しみ易さを感じたんだろうけど、そりゃ麻衣だって心配するわな。 パっと見、麻衣の方が自由奔放に見えるけど、試合中に莉子が思わず怒鳴った後に 周囲の人にフォローする辺り、意外としっかり者のよう{/good/} 川崎さんがダブルデートに連れて来た宇都宮さんにポォ〜{/hearts_pink/}っと しちゃってた... [続きを読む]

受信: 2009年7月21日 (火) 23時50分

» 『ブザー・ビート』 第2話 [美容師は見た…]
前回にも増して今回は楽しめましたわぁ(人´∀`)♡何この鷲掴みされた感じは…(笑)直輝の家を訪れる菜月は、手土産と靴を揃えるのは勿論のこと、妹・優里の、過ぎてしまった誕生日への配慮も忘れない。知ってか知らずか、花束に含ませたチューベローズの花言葉が怖いわぁ。【魅... [続きを読む]

受信: 2009年7月22日 (水) 00時47分

» 『ブザー・ビート』の相武紗季(菜月)は肉食女子なのか♪ [テンメイのRUN&BIKE]
ヤバイ・・・今夜は雨が上がる予報だったから、ランニングの記事を書く 予定だったの [続きを読む]

受信: 2009年7月24日 (金) 00時20分

» 「ブザービート」2 ☆☆☆ [ドラマでポン!]
やっとお互いに自己紹介!!それも「グズ」「バーカ!」と公衆の面前で罵られた後ですから(^^;;;) ”出会いは最悪”となっても不思議ではないインパクトなのですが、以降シュートは決まるし試合も勝てた、「君が見てると勝てそう」と感謝されちゃうんだから上手くした...... [続きを読む]

受信: 2009年7月27日 (月) 02時26分

« えっさえっさえさほいさっさ小田原提灯天地人(妻夫木聡)あのーもう出産してるんですけどぉ(深田恭子) | トップページ | どういうつもりなのかしら・・・(加藤ローサ)わからない(中山優馬)こっちのセリフですよね(桜庭ななみ) »