« 妻を助けてくれたまえ!(唐沢寿明)私は軍人の娘ですから人前では泣きません(多部未華子) | トップページ | 男と女の騙しあい(尾野真千子)死んだ原作者に口なしだけれどプリンセス(志田未来) »

2009年12月 5日 (土)

あんたなんか滅びればいい(黒川芽以)平成VS昭和嬢王V?10(原幹恵)

さてと・・・「アンタッチャブル」は「フィギュアスケート・グランプリファイナル2009」で一回休みである。

そして、深夜にはサッカー・ワールドカップの組合せ抽選会が・・・。

和戦の二つのカタチは個人の戦いとチームの戦いにも通じる。チームの和が戦いの鍵を握るのである。

つまり、和をもって敵を倒すということである。

和はつまり戦いの道具なのである。

現在の日本の総理大臣は「和があれば戦いは散じる」と考えているようだが・・・根本的に間違っているのだな。

和を乱すのは個が己の都合に執着する時に起こる。「在日米軍は必要に応じて展開するべきだ」というのが現在の日本の総理大臣の論拠であるという。その方がリーズナブルだからだという。つまり、「危機的状況になったら救援してもらう」という考え方である。「安全保障」としては非常にスリリングな考え方と言えるだろう。この考え方の基本には「武力を放棄すれば戦は生じない」という性善説があると言える。

つまり、「鍵をなくせば泥棒はいなくなる」と言っているのと同じだ。もちろん、そういう考え方もあるだろうが・・・「まったくその通りだ」と同意するのは馬鹿と泥棒だけであると考える。

そろそろ・・・夏の選挙の結果の恐ろしさが・・・人々の心にも浸みこんでほしいものだな。

まあ・・・それもまた日本の歩く道だと言えばそれまでだが。

抽選の結果・・・日本はグループE。組合せはオランダ(2009FIFAランク3位)、カメルーン(11位)、デンマーク(26位)で・・・日本(43位)である。データ上は予選通過は絶望的だが・・・戦いというものはデータ通りにはいかないので希望を失う必要はない。

東アジアで言えば、韓国(52位)、北朝鮮(84位)だが・・・日本がこれらの国にいつも必ず勝つわけではないからだ。しかし、このグループでは実力以上の何かを出さないと勝てないのも確かなことだろう。そしてこの戦いには「危機的状況になっても救援は来ない」のである。

何かを得れば何かを失うのは必然だが・・・失ったものを取り戻すことは得たものを投げ出すだけでは不足することが多い。

そういう心配をママから何億円ももらう宇宙人はしていないとキッドは断言しておく。

まあ・・・自ら選んだ道なので国民はそれを受け止めるしかないわけだが。

クマやドラゴンの前で虎の威を借りていたキツネが独立宣言なんてしたら身の毛がよだつような結果になることは間違いない。

もちろん、キツネがどうしてもそうしたいならそうするしかないのである。

で、『嬢王Virgin・第10回』(テレビ東京091205AM0012~)原作・倉科遼(他)、脚本・梶木美奈子、演出・小山田雅和を見た。舞(原幹恵)の前で体調不良となり、「私は死ぬかもしれない」と突然弱音を吐く優衣華(原紗央莉)・・・。「嘘よ・・・古傷が痛んだだけ・・・」と一度は強がるが失神してしまうのだった。

救急車を呼ぶという発想も浮かばない頭のちょっと弱い子である舞は途方にくれるが通りすがりの雨宮(永田彬)が肩を貸してくれるのだった。

実はすでに優衣華の異母兄・桜木(大口兼悟)に処女をささげた舞だったが・・・キャスティング的な相手役は雨宮である。ここからどんなアクロバットが展開されるのか楽しみである。

舞「優衣華さんを運ぶの手伝ってくれてありがとうございました」

雨宮「お前との賭けが続いていることを忘れるな・・・俺が滅びるか・・・お前が滅びるか」

・・・そんなことより、医者を呼べ。

しかし・・・優衣華の体調よりも朋(黒川)が舞と雨宮のツーショットを目撃して嫉妬の炎を燃やすことの方が大切なドラマである。

ついに開幕する「昭和VS平成チーム対抗売り上げバトル」・・・昭和チームが勝ったら嬢王即刻中止なのである。

昭和チームのエースは小悪魔agehaそのもののキャバ嬢・菜々(桜井莉菜)・・・カメレオンのように客にあわせてキャラを変える魔物である。

大坂代表だけに平成チームの翔子(横山美雪)に「この神戸のヤンキーが関西の面汚しか」と近親憎悪である。

「なんやと」と翔子も臨戦態勢に・・・。

そこへ「おやめあそばせ!」と登場したのが昭和チームの真打ち・・・喪服のキャバ嬢望月メグ(吉沢明歩)であった。今回・・・すべてを持っていきます。

あなたたちのことも葬ってあげてよ・・・ムフフフ」なのである。

第1シリーズのおニャン娘からキャラチェンジしたメグの未亡人よろめき術が炸裂する店内。平成チームはチームワークもバラバラで昭和チームの年季の入った連携プレーにタジタジなのである。

メグ「主人に先立たれて早二年、殿方の温もりが恋しくて悶える夜・・・そんなはしたない私をお許しください」

客「・・・許します」

ノンアルコールの平成組は冷えた飲み物の過剰摂取で体調不良になり・・・ナンバー2の珠里(木口亜矢)も肩を痛める始末。

席をはずすと同じチームの翔子が客を体で奪い取る始末。

翔子「特別な人にしかこういうことしないのよ・・・チュッ」

客「あはん」

昭和組はメグが諸肌脱いでサービスしつつ「主人が磨いてくれたこの体・・・若さなんかにゃ負けないにゃん」なのである。

そんな状況に嬢王グランプリ主催者の雨宮が追い込まれたと考えた朋はキャバ嬢への復帰を匂わす。

「私がお助けしましょうか・・・」

「君には他に頼んでいることがあるはずだ・・・桐島社長の不正の証拠はまだか」

すでにそれを入手済みの朋だが・・・切り札を手放すことを躊躇する。

「もう・・・まもなくです」

一方、実は足が不自由ではないことを朋に脅された香織(かでなれおん)は婚姻届をもって雨宮に迫る。しかしいつものようにはぐらかす雨宮。

その頃・・・追い詰められた舞は桜木のラブレターを見つめる。

君の力を信じてます。

最後まで走り抜いてください。

客を寝取られた珠里は「この自己中の枕女」と翔子に詰め寄るが「もう嬢王グランプリもお終いや・・・なら日銭稼ぐしか他ないんじゃ」と開き直る。

そこへ現れた舞。「あきらめるのは早い・・・珠里さん・・・体が冷えて・・・肩が痛いのでしょう・・・この生姜入り葛湯をどうぞ・・・それから・・・このとうがらしクリームを肩に・・・」

「馬鹿じゃないの」「ドブス」と舞を拒絶する珠里と翔子。

珠里は舞のプレゼントをゴミ箱に捨てる。

しかし、それを拾い上げて優衣華が珠里を追う。珠里の腕をねじ上げる優衣華。

「なにしやがる」

「楽になったでしょう」

「・・・!」

運動不足はダメなのよ・・・それからこれも」

渡された舞のプレゼントには手紙が入っていた。

「おばあちゃんは女の子は体を冷やしちゃダメと言ってました」

翌日・・・来店した客に手紙つきプレゼント攻撃を行う珠里。

珠里「最近、手紙をもらってうれしくて・・・」

客「・・・うふん」

平成チームは手作りプレゼントとお手紙で客のハートを鷲掴みにするのだった。

舞という核を中心に連携プレーさえ見せる平成チーム。(例)翔子から舞へ。「おっぱい星人に乳首ギリギリ攻撃でどうぞ」・・・こうなれば若さの勝利なのだった。

珠里は「おばあちゃんによろしく言ってくれ」と空になったクリームケースを舞に渡すのだった。

敗れたメグは「まるで主人が死んだ時のようなショック」を受けるが・・・最後に舞を相手に決めるのである。

メグ「おもてなし・・・その語源は表裏なし。つまり真心のこと。あなたの真心に負けちゃったにゃん」

舞「にゃん・・・って」

舞もこのドラマ初のツッコミをそつなく決めた。ちなみにもてなしの本当の語源は「実力行使をもって成果をあげること」である。(例)ヤクザの親分が「ちょっともてなしてやれ」

香織の婚姻届を見せて朋にすがる雨宮。「オレを助けてくれ・・・

朋はついに切り札を雨宮に渡してしまう。

朋「これからどうしましょう」

雨宮「お前にはもう用はない

雨宮と偶然に会い「いい気になるなよ・・・お前はまだ裏切りというものを知らない」と悪態をつかれる舞。それを目撃した朋は虚無の炎に焦がされるのだった。

雨宮は「桜木議員と桐島社長の癒着の証拠」を桐島につきつけ婚約指輪を投げ捨て・・・桐島父娘との縁切りを宣言する。

「私は独立します・・・」

その頃・・・舞に忍び寄った朋は舞の喉に鋏を突き付けて・・・。

死ね・・・あんたなんか死んでしまえ・・・

さあ・・・残り二回・・・盛り上がってまいりました。舞にも決め台詞があるといいのに。

関連するキッドのブログ『第9回のレビュー

日曜日に見る予定のテレビ『坂の上の雲』(NHK総合)『JIN・仁』(TBSテレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 妻を助けてくれたまえ!(唐沢寿明)私は軍人の娘ですから人前では泣きません(多部未華子) | トップページ | 男と女の騙しあい(尾野真千子)死んだ原作者に口なしだけれどプリンセス(志田未来) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/32496247

この記事へのトラックバック一覧です: あんたなんか滅びればいい(黒川芽以)平成VS昭和嬢王V?10(原幹恵):

» ドラマ24 嬢王Virgin 第10話 おもてなし [レベル999のマニアな講義]
『濡れ妻(秘)美乳対決!』内容嬢王GPにて、新しいイベントが雨宮(永田彬)から発表された。“昭和生まれのキャストvs平成生まれのキャスト”団体戦だった。朋(黒川芽以)は、平成が負ければGPの意味がないと雨宮に言うのだが。。。。舞(原幹恵)優衣華(原紗央...... [続きを読む]

受信: 2009年12月 8日 (火) 21時07分

» 嬢王 Virgin 第10話 [ドラマハンティングP2G]
朋は、純一の婚約者・香織の秘密を握り、彼女を脅迫して桐島会長の不正の証拠を掴むために暗躍していた。 一方、社長の雨宮は、「嬢王GP」の新たなイベントを宣言する。今回は、「昭和VS平成」のキャストでチームを組み、売り上げを競わせるというもの。 昭和チームは、..... [続きを読む]

受信: 2009年12月 8日 (火) 22時18分

« 妻を助けてくれたまえ!(唐沢寿明)私は軍人の娘ですから人前では泣きません(多部未華子) | トップページ | 男と女の騙しあい(尾野真千子)死んだ原作者に口なしだけれどプリンセス(志田未来) »