« ホオジロカンムリヅルの待つ豪邸へ招かれた男(唐沢寿明) | トップページ | 私が初恋の女です(広末涼子)私が許婚です(貫地谷しほり)私が妻です(真木よう子) »

2010年1月23日 (土)

鬱の鬱による鬱のためのヤマトナデシコ七変化(大政絢)善意のセクハラ(亀梨和也)

う~ん・・・とうなる展開である。

ものすごい問題提起なのだが・・・そこを素通りしていくのである。

つまり、悪意なき性的嫌がらせの問題である。

ドラマの中で・・・ドラマ版の主人公・恭平(亀梨)は無知による思い込みから、「キスをすれば毒キノコの中毒症状が緩和される」と信じてヒロインのスナコ(大政絢)にキスをするのだが・・・スナコはファースト・キスを奪われて落涙なのである。これはあきらかにセクシャル・ハラスメントで悪気はなかったではすまされない行為なのだが・・・。

スルーなのである。

もちろん・・・多くの人間にとって初めての性的なキスというものが合意によるものとは限らない。

そこには至福から激怒までの様々な結果が生まれ・・・恋が始まったり訴訟沙汰になったりするのである。

しかし・・・勇気を出して初めてのキスが・・・勇気を出して初めての告白と前後することは男女間のキスがけして挨拶ではすまない日本的風土とともに波乱の幕開けになるのだ。

それによって鬱になるか爽快になるか・・・人それぞれなのですが。

まあ・・・人は自分の罪は忘却する生き物だからという考え方もあります。

「愛の嵐」「華の嵐」「夏の嵐」でお馴染みの制作会社による「宿命 1969-2010 ~ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京」(テレビ朝日)には有川三奈(真野響子)の若かりし日の姿として水崎綾女が登場。朝もやに消える革命戦士を堂々と演じたのだった・・・ハニー・フラッシュ。

で、『ヤマトナデシコ七変化♥・第2回』(TBSテレビ100122PM10~)原作・はやかわともこ、脚本・篠崎絵里子、演出・石井康晴を見た。前回も軽く触れたが、ドラマ版の主人公・恭平の過去をどう描くかが・・・このドラマの要なのである。素材的には実は「永遠の仔」クラスのヘビーさを持っているのであって・・・それをシリアスではなくコメディ、あるいはラブコメもしくはドタバタで描いてるのが原作の凄みである。当然、エンターティメントとしては難しい要素と言える。ツッコミを入れれば引かれる場合があるし、スルーすれば輝きを失うのである。

初回はかなりスルー気味に行って・・・主人公・恭平の魅力は半減した。自分がもてもてなのが嫌だというキャラ設定は・・・あってもいいが、難解だし、嫌味な感じも生じるからである。

一方で、原作のヒロインで、ドラマ版では相手役としてのヒロイン・スナコ(大政)の過去は丁寧にふられている。初恋の人に「ブス」と言われて失恋しそれ以来引きこもりになったという設定で念入りに今回もふりなおしている。

こちらはよくある話で・・・心理的な問題でもあり、あえていえば心の傷だから軽いと言うこともできる。心の病を認めないたくましい人々からは「そんなことであそこまで異常な性格にはならないだろう」と罵倒されるレベルである。

しかし・・・心的外傷後ストレス障害(PTSD)の原因は個人差がある。単なる外傷でも・・・たとえばバイクがこけてもかすり傷の場合だってあるし、即死する場合もあるわけだ。タイミングによってはどんなささいな心の傷でも本人の死につながったりするのである。

しかし・・・スナコは・・・「華やかな世界を眩しく感じ・・・ホラー的なフィクションに耽溺しチョコレートを渇望しつつひきこもること」でバランスをとっているのである。

そうでないと鬱になるからである。

しかし・・・世界はそれを簡単には許さない。

このドラマではスナコの叔母・中原美音(高島礼子)がスナコの現状を好ましく思わず、「社交界にデビューできる淑女」への変転を企画する。

そのために・・・眉目秀麗・才能兼備な四人の若者たちが教育係として選ばれ、そのうちの一人が恭平なのである。

恭平は「下宿代無料」の利に魅かれ、スナコをレディーにする教育を引き受ける。しかし、最初はスナコ本人には全く興味がないのである。しかし、やがてミイラ取りがミイラになるようにスナコの中に「己」を見出し、ついには「愛」を感じるようになるのが大筋だ。

この「己」の部分が・・・「外見と内面のギャップ」とか「世間との断絶」とかでは弱いことは言うまでもない。

どうするつもりかと思っていると・・・二回目で「お前のおかげで人生がメチャクチャ」という謎の声が聴こえてくる。回想シーンでは「セクサラの度に暴行事件」とか「また誘拐されそうになった」などというセリフを警察関係者が証言する。

つまり・・・様子を見ながらじわじわと小出しにするつもりか・・・。

まあ・・・そういう手もあるのだなぁ。お手並み拝見だなぁ。しかし・・・その話が分る多くのお茶の間はそこに至る前に撤退、その話を始めると残っていたお茶の間が撤退という恐ろしい事態もあるのだな。

恭平がスナコの中に見出す「己」とは心的外傷後ストレス障害(PTSD)だからである。

恭平の場合は薬品で失神させられ拉致され性的暴行を受けたのがその原因である。

日本では強姦罪は男性には適用されないがアメリカでは立派なレイプの被害者なのである。

つまり、スナコが心の傷にまつわる心的外傷をもつのに対し、恭平は心身ともにトラウマ(傷)を持つため複合的な心的外傷後ストレス障害(C-PTSD)を発症しているのである。

スナコが鬱なら、恭平はダブルで鬱なのである。

これが「ヤマトナデシコ七変化」の核心なのである。

だから・・・考えようによっては好きでもないし相手に好かれてもいないのに唇を奪ってしまう酷い行為をする恭平が・・・傲慢なのか哀愁なのか180度、あるいは90度、場合によっては360度変わってくるのだな。

まあ・・・ほとんどの男が「キスぐらい減るもんじゃない」と心の底では考え、ほとんどの女が「狂犬に噛まれた」と思って諦念してきた世界では何ほどのこともないのかもしれませんがーっ。

とにかく・・・そういう心の襞の微妙な問題をドタバタで押し切るというのが本作品の醍醐味だとキッドは考えるので・・・もう一度、繰り返しているのである。

やがて・・・恭平がスナコに愛を意識しはじめ・・・しかし、スナコの心が人体模型のヒロシにあることを知り恭平がヒロシに暗く嫉妬したりするという抱腹絶倒な展開はあくまでその後のお楽しみだからである。

恭平の美しい肉体を求めてAround30のストーカーまり(星野亜季)は今日も恭平の下宿先である中原家豪邸を監視するのだった。

一方、親友・雪女(小林涼子)を救うために己の殻を破ったかにみえたスナコは再び、ホラー映画とオバケのマーチに耽溺する日々を送るのであった。

そんな折、下宿の女主人・美音は「スナコの淑女化具合を確認するために帰国する」と宣言する。

母親の恋愛依存により育児放棄されている美音の息子・タケル(加藤清史郎)は喜ぶが四人にとっては青天の霹靂であった。スナコはちっとも淑女になっていないのである。死活問題なのだった。

そこで恭平は一計を案じ、下宿人の一人織田武長(内博貴)に熱烈に好意を寄せる女子大生・笠原乃依(神戸蘭子・・・27才・・・留年しすぎだ)にスナコの友達になってくれるように依頼する。大政と神戸年の差10才あるぞ・・・。キャスティングに無理ありすぎだろう。どちらかといえばアラサー・グループじゃないか。

しかし、乃依はスナコの作る料理を堪能すると武長にベッタリと張り付き役立たずなのであった。

その頃、まりを中核とするアラサー四人組(奥田恵梨華・伊藤麻実子・鈴木美恵)は中原家から女性を排除するために画策するのだった。これはアニメ版のオリジナル・キャラクターであるゴスロリ・シスターズのいただきなのだろう。

安い食材を求めて喫茶「迷宮入り」のマスター(大杉漣)にうらぶれた商店街を紹介されたスナコは八百屋を装った怪しい格好のまりから「オマケのキノコ」を入手するのだった。

実は毒キノコである・・・まり・・・すでに殺人未遂犯人だ。

一方、美音は帰宅せずに、中原家の忠実な執事・セバスチャン(平泉成)がやってくる。スナコの状態をチェックしようと四人組が苦心していると・・・スナコは母恋しい従弟のタケルを慰めた後で毒キノコを食べて失神してしまう。

しかし・・・毒キノコは「お姫様キノコ」という奇妙なキノコで女性ホルモンを豊富に含みスナコの乙女心を覚醒させたのである。

この説明にお茶の間が潮を引くようにコントローラーに手を伸ばす音が幻聴が聞こえました。

神経毒で記憶障害くらいでよかったんじゃ・・・。

まあ・・・いいか。

とにかく・・・スナコは豹変し・・・一人ファッション・ショーを繰り広げる乙女チックな女の子になったのである。

恭平が「迷宮入り」のマスターにぼやき・・・マスターに「普通ってなんだよ」と一喝される普通の女の子になったスナコ。

しかし・・・この変身に恭平とタケルは違和感を覚えるのだった。

何しろ、毒で神経がおかしくなっているので料理がまずいのである。

恭平は食道楽なのでそのことだけは耐え難いのだった。

「王子様がキスすれば治る」という都市伝説をもとに強引にスナコの唇を奪う恭平。

しかし、スナコはファースト・キスを強奪されて泣き出してしまう。

仲間たちから糾弾される恭平。

「お前は王子じゃないんだよ」

「まだタケルの方が」

「いやヒロシだろ」

「場合によってはセバスチャンだ」

追い詰められた恭平は苦肉の策で「トミーとマツ」をパクルなんてスタッフ何才なんだと悪評高い「ブスナコ作戦」を展開する。でも若者たちは知らないから大丈夫だ。

スナコは反応して「ヤマトナデシコ七変化」モードに。恭平に激しい肉弾戦を挑むのであった。

恭平「やった・・・元にもどったぞ・・・」

セバスチャン「単にキノコの効き目が切れたのでは・・・」

一同「なるほど」

とにかく・・・恭平は自分の古い傷が鬱を招くように・・・スナコも鬱になっているのではないか・・・と考えた形跡がある。そして・・・自分が心の傷に向き合うことができないようにスナコもまたそうであると同情したらしい。

そのためにはまず正気に戻さないと・・・ということでキスしたらしい。

あるいは恭平の奥底で愛に火がついたか・・・性暴力を受けたものは性暴力を与えるという負の連鎖か・・・。とにかくスタッフはまだ曖昧にしておきたいらしく・・・説得力の薄い説教調のセリフが浮くのである。

まあ・・・恭平は単に美味しいごはんを食べたかっただけかもしれませんが・・・。

そういう微妙な段階にさしかかった恭平の気持ちとはまったく別に・・・限度のない色情に狂うまりとアラサー軍団は落とし穴を仕掛け、スナコを誘拐するのだった。

ものすごく面白い部分と・・・ベタすぎてうんざりする部分が交錯するこのドラマ。

スタッフの気持ちは分るけどねー。できればはじけて欲しいよね~。

アニメ版のワタナベシンイチ監督ぐらいにはーっ。

関連するキッドのブログ『第1回のレビュー

あえて見逃しやすい実験中の天使テンメイ様のレビュー

Hcinhawaii0605 ごっこガーデン、ヒロイン凌辱エンジョイセット。エリ嘘ついたら舌ひっこぬきプレー・・・これはちょっとはうぅんでスー。亀梨先輩ロイドは超高性能感度の舌つきなのでスー。ムフフ。もちろん、料理の味を判定するための機能なのでスー。祟り系値引きの術は勉強になるのですyon!・・・値切った上に拝まれるのは素晴らしいことでスー。この方法で来週、買い付けに行くアラブの石油を値切って見ますyon!・・・でもその前に王子様とキスごっこをしなければなりませんの・・・お気楽なんていうか・・・展開が幼稚すぎるっていうか・・・深みがなさすぎなんだよね。ほしのあきは厚着しすぎだし・・・計画を山奥の温泉で練るとかサービスしてもらわないと・・・アクションも見えそうで見えないし・・・ミニスカポリスで勉強すればいいのに・・・まあ・・・今季のドラマはど~んとまとめ売りしたくなるよね・・・

Hcinhawaii0606 ごっこガーデン。おばけのマーチ町商店街セット。まこお気楽社長の評判はさておき・・・スナコかわぇぇぇぇぇぇぇぇでしゅ。そして亀ちゃん先輩のカメラ目線もエリ姉ちゃんに隠れてこっそりひっそり鑑賞しましゅ~。そして白雪姫に毒リンゴを食べさせる魔女のようなスタイルでおばけのマーチを買出しでしゅ。一般に市販されてないのでネットで売り出してお小遣いを稼ぐのでしゅよ~。おっと・・・じいやめ~。セバスチャンロイドを繰り出して来ましたね・・・ひぃぃぃぃと言いつつトンズラするのでしゅーーーmariまこちゃん専用黒マントは冬の外出にはちょうどいいですね~。クッキー専用バスケットはヒーター付でぬくぬくですよ。かわいいものが好きな乙女になると家事がダメダメになる・・・天は二物を与えずですね・・・殺人も平気なストーカーが野放しなんて恐ろしいことです。セバスチャンがいれば安心なのに・・・すぐに奥様の元へ戻っちゃうんでしょうね。とにかく悪役にまりなんてつけるなんて許せないわ~

日曜日に見る予定のテレビ『龍馬伝』(NHK総合)『深・ケロロ軍曹』(テレビ東京)『堀北真希の特上カバチ!! 』(TBSテレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« ホオジロカンムリヅルの待つ豪邸へ招かれた男(唐沢寿明) | トップページ | 私が初恋の女です(広末涼子)私が許婚です(貫地谷しほり)私が妻です(真木よう子) »

コメント

じいやさま、こんにちは。
鬱の日は女の子はピーチジュースを飲むとよいのです。
なぜならひな祭りは桃の節句だから~。
なんてことは関係なく桃サワー出しておくれ~ウハハハ

恭平の生い立ちを聞くとまたもや涙なのです。
ひどい目に遭ったからこそスナコを救済しようとしてるのね。
ウルルの森に迷いそうですわ~。
でも普通に戻ったスナコに「つまらねえ」連発を見ると
案外頭突きの好きなM体質が見えるのデスーっ!
フフフ・・じいや、アレ用意してね~。
スナコちゃんだけじゃなく
恭平もちゃんとするのは初めてでしたという
キスのオチものけぞりましたけど。
どんだけ~の行間を読むと
また涙のスパイラルですので
ここまでにしときますわ。

セバスチャンの執事業も
じいやが厳しく仕込んだだけあって
なかなか見事でしたわよ。
さすがじいやですわね。
ご褒美におせんべい送ってもらったけど
じいや、歯は大丈夫?

投稿: エリ | 2010年1月25日 (月) 15時55分

ribbon✿❀✿❀✿かりん☆スー☆エリ様、いらっしゃいませ✿❀✿❀✿ribbon

お嬢様、じいめは鬱とは無縁なのでございます。
お嬢様のお世話をしている以上、
鬱を感じる暇などは一瞬もないのでございます。
執事たるもの、鬱を一瞬で快感に変換する
心技を持つことが基本中の基本ですから。
鬱すなわち躁のある意味危険な心理特性でございます~。

お嬢様、ピーチ・サワーは20才になってからで
ございます。
桃の節句の甘酒はおかわり自由ですぞ~。

江戸時代は甘酒100円。
ゆでタマゴは500円。
物価は世につれ大変動でございます。
大量生産の勝利ですな。

いじめられるよろこび。
いじめるよろこび。
よろこびがあるからいじめがあるのか
いじめがあるからよろこびがあるのか
一般の皆様には馴染まない
特殊で高尚で繊細な美学・・・。
まあ・・・単に変態とも申しますがーっ。

そういうアレがナニする原作ですので
どうしても期待が高まるのですな。

まあ・・・恭平はやがてスナコに
惚れてメロメロになるのでございます。
少女マンガですからーっ。

これが少年マンガなら
スナコが恭平にメロメロに・・・。
マンガの正体は・・・。
ノーヒット。ノードリーム。
これに尽きますのでーーー。

それが宿命なのですな。

セバスチャンもまた執事の宿命を生きるのです。
おせんべいなども
全自動義歯を装着すれば
バリバリなのでございますーっ。
そうでない場合は
なめてとかして食べるのが
老人の食べる道ーっ。
食いしん坊バンザイ。

投稿: キッド | 2010年1月25日 (月) 17時49分

さぁ、今日のカラオケのテーマソングはもちろんこの歌!
karaokeはじめて~のチュウ、キミにチュウ~note
だけど、正常な状態でなかったスナコちゃんなので、
今回のチュウはノーカウントなのデス。
とかいって、どうせそのうち恭平とイイ仲になって、
結局は彼が初めての人になるんでしょうけどねーdelicious

おばけのマーチは大好評であっちゅーまに売り切れデスsign03
次はお姫様きのこで大儲けすっど~!
どこの山に生えてるですかーーーっsign02

投稿: まこ | 2010年1月26日 (火) 16時09分

cute●no choco●まこ☆ミキ様、いらっしゃいませ●no choco●cute

涙が出ちゃう男のくせに・・・ナリですな。

キテレツ大百科は
平成ロイド工場の科学者たちの愛読書だそうです。

忘年会では
「はじめてのチュウ」の大合唱という
最高にキモい光景が見られるそうですぞ~。

はたして・・・
恭平とスナコの
本物のはじめてのキスが
あるのか・・・ないのか・・・
楽しみでございますねーっ。

お姫様きのこは
平成バイオセンターと
平成農産物研究所で
ただ今、遺伝子加工中でございます。

お嬢様専用火山の森で
栽培できるよう
ピッチをあげておりますぞ~。

しかし・・・危険な目的での
ご使用はお控えくださいませ~。
じいめも宿題の季節に
お嬢様の朝食にこっそりまぜたりは
いたしませんので~。

投稿: キッド | 2010年1月27日 (水) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/33094176

この記事へのトラックバック一覧です: 鬱の鬱による鬱のためのヤマトナデシコ七変化(大政絢)善意のセクハラ(亀梨和也):

» ヤマトナデシコ七変化 第2話:初キス [あるがまま・・・]
カメラ目線!( ̄ ̄ー ̄ ̄)ニヤーーーリッ 初回もそうだったけど、毎回このサービスショットが拝めるのかな?{/hearts_pink/} 亀ちゃんと目があったような気がして、スナコじゃないけど、「まっ・・・まぶしぃ〜{/kirakira/}」って なっちゃいそう{/face2_happy_s/} 今回もスナコちゃんは、まぶしさに耐えながらも、喫茶・迷宮入りにて隠し部屋という 暗くて落ちつくスペースを確保したり、さびれた商店街の存在も知ったしと 何とか頑張って生活してる様子{/good/} そんなス... [続きを読む]

受信: 2010年1月23日 (土) 14時29分

» ヤマトナデシコ七変化 第2話 [ドラマハンティングP2G]
恭平(亀梨和也)たちがスナコ(大政絢)が作った朝ご飯を食べる中、下宿の女性主人、美音(高島礼子)から翌日に帰るとの連絡が入る。スナコがレディーに成長していなかったらインド洋に沈めると脅す美音に恭平たちは大慌て。ホラー少女のままのスナコを何とかしてレディーにしよ..... [続きを読む]

受信: 2010年1月23日 (土) 17時37分

» ヤマトナデシコ七変化 第2話 これって、普通!? [レベル999のマニアな講義]
『初キス』内容大家の美音(高島礼子)から提案された家賃をタダにする条件は、ひきこもりのスナコ(大政絢)をレディにする!?必死になって恭平(亀梨和也)は、スナコに接触を試みるが、どうにもならない。そんな時、美音とが帰国するという連絡が入る。そこで、笠原乃...... [続きを読む]

受信: 2010年1月23日 (土) 17時42分

» ヤマトナデシコ七変化 第2回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『初キス』 [続きを読む]

受信: 2010年1月23日 (土) 20時45分

» まったりした休日、ボーッとつぶやいてみる♪ [テンメイのRUN&BIKE]
ふ~っ、8時間ぐっすり寝たのは、3ヶ月ぶりとか半年ぶりのような気が するな。忙し [続きを読む]

受信: 2010年1月24日 (日) 19時33分

« ホオジロカンムリヅルの待つ豪邸へ招かれた男(唐沢寿明) | トップページ | 私が初恋の女です(広末涼子)私が許婚です(貫地谷しほり)私が妻です(真木よう子) »