« 私が初恋の女です(広末涼子)私が許婚です(貫地谷しほり)私が妻です(真木よう子) | トップページ | 神は死んだという真実よりも神が生きているという嘘を信じたい時がある(山下智久)だから死者の胸を縫ったのね(新垣結衣) »

2010年1月25日 (月)

あなたがバカがつくほど親切だってことは分りました(堀北真希)毎回自腹覚悟で・・・って今、カバチタレましたね(櫻井翔)

さて・・・土曜日を完全にシカトして・・・「龍馬伝」→「特上カバチ」体制をとっているわけだが・・・①12.9% ②↘*9.9%なのである。

お願いだから敗北を認めて、ドラマに集中できるシステムにしてくれ。失敗してんだから~生電話とか~。変なテロップとか~。

内容ぬるいんだから番組企画もぬるくてもいいだろうに。

ま、土曜日も「ブラマン」*9.5%、「左目々」*8.5%の案の定ドロドロスタートでしたけど・・・「明日はない」↘*5.7%は問題外として・・・う、撃たないで~・・・それが言いたかったのか・・・「咲くやこの花」11.6%にしたくなる・・・レビューがもたないからしないけど・・・。

こ・・・これは「コード・ブルー2」以外、ドラマ全部ヒトケタという悪夢の予感が・・・。まあ、「龍馬伝」と「相棒」は別格として。

とにかく、カバチ、原作もキャストも脚本もまあまあなので演出さえ変えれば大丈夫だから・・・プロデューサー本気出して~。

で、『特上カバチ!!・第2回』(TBSテレビ100124PM9~)原作・田島隆、脚本・西荻弓絵、演出・加藤新を見た。しつこいようだが・・・田村(櫻井)のいる大野(中村雅俊)行政事務所ってヤクザみたい・・・という人がいるのだが・・・みたいでなくてヤクザです。

法律家はすべてヤクザですから・・・いい加減にしておけよ。

田村視点で見ると、友達から借金して返さないでいる人に味方することがすでに善人の限度を越えているわけです。

だから、アイドル・タレントの演ずる役柄としてはかなりオーバー・ワーク。

しかし・・・22才にしてバツイチ・・・しかも元不良の行政書士の住吉(堀北)もアイドル女優としてはかなり一線を越えています。

そのために原作からかなりアレンジが入っていることを考慮してみましょう。

ドラマ版の顧客・上杉(田口浩正)は息子が私立の医大に合格。寄付金や入学金などで早急に400万円が必要となり、元野球部の仲間に貸した金の返済を求める。

原作の上杉は優良物件が出たので賃貸マンションを購入するための頭金として早急に400万円が必要となり、会社の昔の先輩に貸した金の返済を求める。

どちらも家族のためと言いつつ、早急度合がかなり違っています。

取立て屋としての住吉の正当性が強調される展開になっているわけです。

しかし・・・原作のうらぶれた感じの魅力はなくなっています。原作の上杉氏は「家族よりも男の見栄を選んだこと」を妻に責められ、妻は実家に帰ってしまう悲惨な状況に。

こういう状態にはならず・・・妻が「私が相手方に土下座する」とか息子が「来年、国立に合格してみせる」とか言ってくれるドラマ版の上杉氏はもはやそれだけで幸せというものです。

つまり、逆に言えばそういう悲惨な状況にならない相手だからこそ・・・いざとなったら借金を踏み倒すという田村の酷薄さも緩和されるわけです。

まあ・・・お茶の間向けのアレンジとしてこれらは充分に納得できる優れた脚色と言えます。

それだけに・・・追い詰められる度に雷に打たれてビリビリしなくてもいいんじゃないかと思うのです。序盤で大家夫妻にクイズを出すときの編集もちょっと時間軸がずれていたし、田村の焦燥感を出すために通行人を加速させたりしなくても充分、魅力的なタレントが画面に映っていることを演出家は信じることです。

それより、逆光の描写をするときのライティングをもう少し計算するべきなのです。特に、横並びになったときにバックに大窓って意味不明です。あそこは壁を使って光と影で二人の位置関係を示すべきです。

まあ・・・巌流島のロケで押してしまったというならしょうがないですが。そんなことやる時間があるなら演技指導でこの場面の迫真性を煮詰めてもらいたい。

「お金を貸したのはこちらだが返してもらえないのは困る」

「お金を借りたのはこちらだが返済は待ってもらいたい」

お互いに弱みを隠しあってのはったり合戦。子分(田村)がやや有利になったところで親分(大野)が話って入り、これ以上のことは血を見るってことですぜと一匹狼(住吉)を恫喝する。

住吉「そんなヤクザみたいなこと・・・ってヤクザかーっ」

こうして、組織を持たないものは己の無力を感じるという展開です。

そして・・・大野組に草鞋を脱ぐことを住吉は決意するのですから。

ここはしっかりとした演技を見せてもらえば手に汗握る名場面ではないですか。極道ドラマとしてはーっ。

さて、一方の田村の依頼者。

ドラマ版では親から受け継いだ八百屋を経営する中山(吉田栄作)、母親は入院中で店の存続が心の糧という事情がある。上杉に対しては申し訳ない気持ちで一杯だ。

一方、原作では脱サラで始めた酒類販売もするスーパーを経営する中山。家族もなく店を守るために借金を重ね火だるま状態です。街金に手を出すかどうか一人電卓を叩く姿はわびしい限りです。

もう・・・切羽つまり方が違います。

原作とドラマとでは「墓場の鬼太郎」と「ゲゲゲの鬼太郎」くらい違います。・・・意味わからんわ。

まあ、というわけでかなり脚本は工夫しているわけです。

両者の利益を法的に守ろうとする行政書士と行政書士見習い(原作では新米行政書士)の戦いを・・・だから・・・もっと素直な演出でいいんじゃないのかなぁ・・・と思うわけですよ。

とにかくいざとなったら夜逃げを奨めちゃいそうな俺たちの大野はともかくとして・・・重森(遠藤憲一)と栄田(高橋克実)の上司コンビは抜群の存在感なわけですからーっ。ヤクザとしてっ。

住吉のはったり「裁判はしないけれど裁判所に支払いの督促の申し立てをしました。この件を銀行に善意で伝えれば融資の際の契約に従って期限の利益を喪失することになります。つまり、銀行から融資の一括返済を求められる可能性があるということです。私がそうしなくてもいいように借金を返済してください」(しかし、中山に夜逃げされたら困る)

田村のはったり「旧商法では設立に1000万円の資本金が必要でしたが会社法の制定により最低資本金制度は廃止されノーマネーでも株式会社は設立可能ですので中山商店は株式会社(原作では有限会社)になりました。中山個人の借金と中山商店は無関係ですので督促されても平気です」(だからといって借金が消えるわけではない)

ううん、お互いに完全に行政書士ではなくて・・・善意の第三者あるいはヤクザです。

結局、ボスの登場で住吉は泣き寝入り状態に。

それでは・・・恫喝力のあるものが勝つというお茶の間ドラマとしては最低の展開に。

そこで・・・中山は深夜にアルバイトまでしてなんとか200万円を捻出。

そして田村が一声かけると元野球部のナインが集まり、小額を出し合ってさらには15万円も田村が自腹を切るという・・・これまでの戦いはなんだったのかという掟やぶりの展開です。

こうして・・・上杉の手には400万円が渡り、俺たちの友情は永遠に・・・続くのか・・・。

まあ・・・とにかく・・・超がつくほどのお人好しの主人公はともかく、ヒロインは組織対個人の不利を悟り・・・大野組に参加。有資格の後輩と無資格の先輩として・・・コンビが結成されたのである。彼らの戦いはこれからが本番なのだった。

まあ・・・「住吉先生」に「田村」と呼び捨てにされるのは当然だとしても・・・重森と栄田がすでに出勤しているところに「おはようございます」と出社してくる田村はないよな。

まず・・・朝一番でアニキたちが出勤前に社内掃除だろう。舎弟なんだから。田村はっ。

この世界(組織)の基本ですからーっ。まあ、田村に栄田が説教しすぎるとおバカな一部愛好家からカミソリ送られる危険はあるかもですがーっ。

関連するキッドのブログ『第1話のレビュー

火曜日に見る予定のテレビ『泣かないと決めた日』『まっすぐな男』(フジテレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 私が初恋の女です(広末涼子)私が許婚です(貫地谷しほり)私が妻です(真木よう子) | トップページ | 神は死んだという真実よりも神が生きているという嘘を信じたい時がある(山下智久)だから死者の胸を縫ったのね(新垣結衣) »

コメント

>法律家はすべてヤクザですから・・・
暴対法で規制される方が“違法”なヤクザなら、法律家は“合法”なヤクザみたいなもんですもんね。

この作品を見ていると・・・演出過剰で残念な作品になってしまった「猟奇的な彼女」を思い起こします。
基となった韓国映画が、ディレクターズカット版DVDを買うほど好きな私には第1話で継続視聴を断念したほど。。映画にシフトしていた田中麗奈を起用した意欲作だったんでしょうが、無理やり韓国版をリメイク(と言えるのかもビミョーですが)しなくても良いのに・・・と思ったものです。

日曜劇場って時たま凄まじいホームラン(GOOD LUCK!!、仁など)を出すかと思えば、年齢差カップルに固執して“自爆”(織田裕二&上野樹里、さんま&長澤etc.)したり、演出が残念だったり(猟奇的、稲垣&小雪etc.)するなど、これほど視聴率の高低差が激しい枠は無い気がします。

投稿: ys_maro | 2010年1月27日 (水) 19時11分

carouselpony♬♬♬のだめデスヨ♬♬♬ys_maro様いらっしゃいませ♬♬♬のだめデスヨ♬♬♬carouselpony

なにをもってヤクザとするかは
人それぞれですが・・・
キッドは人の弱みにつけこむものは
ヤクザの名に相応しいと思います。

自由というのは失うものが何もないことと
ジャニス・ジョプリンは歌うのですが
結局、人は失いたくないものが
あればあるほど弱くなる。

ヤクザは命知らずだったり
情け知らずだったりして
命や情を大切に思う人につけこむのです。
法や律は命もなければ情もないので
ヤクザなものになりやすいのですな。

まあ・・・そういうものに
血を通わせようとするのが
「カバチ」の世界。
殺伐とした中にこそ生きている実感がある。
そういうドラマをつい期待してしまいます。

大衆的なものというものは
いつだってピンキリなのですが
時々・・・凄いものが生れることがある。
本当はいつも凄いものに出会いたいのですが
それがままならぬのが世界というものなのでしょう。

キッドはたまにでいいから
傑作にめぐりあいたいものだ
と思うことにしています。
少なくともそう信じています。

そうでないと駄作とめぐりあったとき・・・
やりきれなさに耐えられませんので。

投稿: キッド | 2010年1月27日 (水) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/33120589

この記事へのトラックバック一覧です: あなたがバカがつくほど親切だってことは分りました(堀北真希)毎回自腹覚悟で・・・って今、カバチタレましたね(櫻井翔):

» 特上カバチ!! 第2話 絶対不敗の交渉術 [レベル999のマニアな講義]
『絶対不敗の交渉術』内容“依頼人の利益を守るってことは、相手側を地獄に突き落とすこと”大野所長(中村雅俊)に言われても、どうしても納得出来ない田村(櫻井翔)翌日、いつもどおりに大家の柿崎松郎(渡辺いっけい)晴子(田丸麻紀)の悩みを解決し、出社。納得は出...... [続きを読む]

受信: 2010年1月25日 (月) 17時48分

» 特上カバチ!! 第2話:絶対不敗の交渉術 [あるがまま・・・]
そうきたか!((φ( ̄Д ̄ )ホォホォ 途中までは完全に田村が不利な形勢だったけど、さすが大先生{/ee_3/} せこい逆光交渉術“必殺巌流島戦法”ですってよ〜{/face_nika/} で、勝利を収めた田村だったけど、イマイチすっきり出来ないなぁ・・・と思ったら続きがあった{/ee_2/} 200万をどこからかかき集めた中山。親友を失いたくなかったんなら、何でもっと早くに こうしなかったかなぁ{/face_gaan/}自分の店がツブれる事ばっか心配して、 田村にも逆ギレときたもんだ!どうもこいつ... [続きを読む]

受信: 2010年1月25日 (月) 19時40分

» 特上カバチ!! 第2回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『絶対不敗の交渉術』 [続きを読む]

受信: 2010年1月25日 (月) 20時17分

» 特上カバチ!! 2 [ドラマハンティングP2G]
行政書士補助者の 田村 (櫻井翔) は、心やさしき熱血漢。依頼人・中山 (吉田栄作) の借金問題解決に奔走するが非情になりきれず、なかなか相手側の行政書士・美寿々 (堀北真希) に決め手を出せないでいた。 そんな中、またもや美寿々が先手を打ってきた。上杉 (田口浩正 が..... [続きを読む]

受信: 2010年1月25日 (月) 20時18分

» 特上カバチ!! 第2話 「絶対不敗の交渉術」 [しっとう?岩田亜矢那]
法律のプロの先生方は頭をポリポリ掻きながら 苦笑いされている事だろう、 「テレビドラマとはいえ、もーちょっと勉強してもらわんと、、、」 支払督促とはどういう物か御存知であろうか? 申立人がDLしてきた書類に必要事項を記入し 申立て費用(この場合12.500円)+諸経費を揃えて 簡易裁判所の提出しれば、 裁判所が申立人に代わって、支払督促を送達してくれます。 この際、金銭消費貸借書の添付も必要無いし 印鑑も認めで結構、身分証明書の提示も求められません、 書類の不備さえなければ、 内容が本当か嘘か一切... [続きを読む]

受信: 2010年1月25日 (月) 21時48分

» 特上カバチ!! 第2話 「絶対不敗の交渉術」 [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
法律のプロの先生方は頭をポリポリ掻きながら 苦笑いされている事だろう、 「テレビドラマとは言え、もーちょっと勉強してもらわんと、、、」 支払督促とはどういう物か御存知であろうか? 申立人がDLしてきた書類に必要事項を記入し 申立て費用(この場合12.500円)+諸... [続きを読む]

受信: 2010年1月25日 (月) 21時48分

» 特上カバチ!! 第2話 [ブルー・カフェ]
一週間経つのって早いですよね・・・それじゃなくても先週は櫻井さんのヌード満載のエロ本が発売されたり、伝説の名作木更津キャッツアイの再放送が始まったり(なかなかバンビを超えられないよね)ファンも忙しいったらありゃしない!? ・・・ま、正直イマイチな第1話でしたが、とにかく・・・とにかく!櫻井さんがメチャメチャ可愛いんで、死ぬ気で視聴を続けたい特上カバチ!!第2話です! (しかも横浜ロケだしさ・・・道でバッタリ会いたいわ{/heart_pink/}) 【負けて負けっぱなし】 ちょいちょいパロディーが挿... [続きを読む]

受信: 2010年1月25日 (月) 22時29分

» 【特上カバチ!!】第2話 [見取り八段・実0段]
前回に引き続き、ちょ〜簡単感想のみで。。。。。(って言うか、たぶん毎回こうなると思う)意味解りますぅ?要するに10日以内に400万返さないとこのお店潰れますよ、って事です。って感じでベタベタと嫌みったらしく挑戦的に喋る住吉美寿々が大好きです個人的な借金...... [続きを読む]

受信: 2010年1月26日 (火) 01時11分

» 「特上カバチ!!」第2話〜生電話は、またしても・・・。 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
TBS 『特上カバチ!!』第2話  初回は相手と会話が噛みあわずにグダグダだった「生電話」  今回は、ひたすら話し中で、ツー、ツー、ツー・・・。 【 逆ギレ!? 】  美寿々 (堀北真希) の前に部が悪い田村 (櫻井翔) に向かって、中山 (吉田栄作)が「いつも後手後手にまわってるじゃないか!」と大声を出してる。  逆ギレかよ・・・って感じ。  追いつめられて、感情が高まってるんだろうけど、些か感心しない態度でありまして、腹が立ってきた!!  親友である中山と上杉 (田口浩... [続きを読む]

受信: 2010年1月26日 (火) 11時24分

» ホリキッター困惑!ざっくり言って、お話し中なんです(特上カバチ#2) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
駆け抜けるガッキー!山P!(コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-2nd seasonエキストラレポ)チーム・ホリキッター・・・それは、ごく一部で流行っているらしい女優・堀北真希さんの愛称【ホリキッター】を、メジャーな「ホマキ」「まきまき」と並んで、wikipediaに載るく...... [続きを読む]

受信: 2010年1月26日 (火) 22時07分

« 私が初恋の女です(広末涼子)私が許婚です(貫地谷しほり)私が妻です(真木よう子) | トップページ | 神は死んだという真実よりも神が生きているという嘘を信じたい時がある(山下智久)だから死者の胸を縫ったのね(新垣結衣) »