« 1591年京都の旅(水谷豊)新・相棒の昔の恋人どすえ(檀れい) | トップページ | 永遠の恋人をあなたに(綾瀬はるか)救命病棟ちょい停電(北乃きい) »

2010年1月 3日 (日)

序盤、広末涼子で中盤、貫地谷しほりで仕上げに真木よう子と蒼井優か・・・万遍ないな龍馬伝(及川奈央)

キッドの実の弟が・・・「岡田以蔵は出るの?」と聞くので「仮面ライダー電王だよ」と答えると「・・・モモタロスか」・・・。

う~ん、微妙に間違っている気がする。

タケル~でボバンババンボンだというと・・・ああ・・・あの子か・・・とピンときたようだ。

そんな、今年の大河である。

司馬遼太郎版「竜馬がゆく」だとお田鶴はお姫様モードなのでモデルとされる平井加尾(広末)が龍馬に呼び捨てにされる予告篇も違和感を感じるという。

まあ・・・どの時期にその場面があるのか不明だからなんともいえないが、龍馬は加尾の二つ年上なのに福山(40)で広末(29)だからな・・・結局、今年も実年齢は忘却しなければ楽しめない大河ドラマが始まるのだな。

で、『龍馬伝・第1回』(NHK総合20100103PM8~)脚本・福田靖、演出・大友啓史を見た。大河ドラマは基本的に妄想版レビューなのだが・・・龍馬というのは基本的に妄想的人物なのである。今回はオリジナル脚本なのでしばらくは・・・静観してみる予定である。

Ryoma183601 で、とりあえず、龍馬の家族をマップ化しておく。シナリオにそったレビューは例によってikasama4様を推奨します。今回はとにかく好評です。まさに・・・つかみはOK状態でございます。龍馬の実母のエピソードは龍馬かぶれこと武田鉄矢・原作のコミック「お~い龍馬」の惨い上士による死の延長線上で・・・そうであったかもしれないよなぁ・・・と思わせる曖昧さを保持していて・・・なかなかに心憎い設定でした。龍馬の少年時代を演じる濱田龍臣、加尾の少女時代を演じる八木優希・・・子役サービスもそつなくてよろしいですな。とにかく・・・少年の褌姿に一部愛好家はご満悦でございましょう。最近・・・この局は褌サービスはノルマなのか・・・。

天保六年(1836年)十一月・・・土佐藩の裕福な郷士・坂本家に次男・龍馬(通称)誕生。この年の十二月には篤姫が誕生しており・・・幕末が始まった・・・と考えることができます。事実上、徳川幕府を倒した男は明治を迎えられず・・・大政奉還をした側である篤姫は文明開化を目撃する。・・・歴史は本当にダイナミック。

土佐藩は「功名が辻」でお馴染みの山内一豊が藩祖である。徳川幕府によって滅んだ長宗我部家の土地に山内家が封土されて、山内家家臣が上士となり、旧・長宗我部の家臣たちは下士となったというのが大まかな流れ。

坂本家はその中でも複雑で伝説では明智光秀敗北の後に一族の明智秀満が落ち延び、長宗我部に匿われ土着化した・・・ということになっている。土佐藩では商人として家系を繋ぎ、龍馬の数代前に郷士株を買って士分に返り咲いたのである。

坂本龍馬は土佐藩の下級武士であり、豪商・才谷屋の一族であり・・・そして無論、明智流の忍びである。

上野の不忍池の西側にある旧岩崎邸庭園は明治11年(1878年)に岩崎弥太郎が購入した土地だ。龍馬が郷士株を買った側なら・・・岩崎家は売った側である。郷士株を売れば浪人である。しかし、放浪せずにその土地に居ついたままなら地下浪人と呼ばれる階級になる。

土佐藩の士農工商には士に上士(後藤象二郎、板垣退助ら)、郷士(武市半平太、坂本龍馬ら)、地下浪人(岩崎弥太郎)と大まかな階級差があったのである。もちろん、各身分にもさらに細かい上下があることは言うまでもない。

幕末の倒幕勢力といえば、長州(毛利家)、薩摩(島津家)と土佐がその起爆剤となるわけだが、戦国時代以来の支配勢力である毛利や島津と違い・・・土佐には独特の空気が生じる。それが・・・上士と下士の対立となって現れる。

明治維新後、名を成す土佐の人間は上士階級が中心である。郷士たちは倒幕運動の中で散っていた・・・。しかし・・・最も下層だった弥太郎が立身出世を遂げるのは弥太郎自身が並々ならぬ才能を持っていたこともあるだろうが・・・目付けとして上士に仕えていたことも大きい。弥太郎は正真正銘の忍びだったのである。

幕末の土佐はこの二人の忍びの暗躍によって彩られると言ってもいいだろう。

とにかく・・・龍馬は母・お幸、継母・伊予、兄嫁・千野、千鶴、栄、乙女という三人の姉というくのいち群にしごかれて・・・超絶的な忍びとして成人するのだった。

嘉永五年(1852年)・・・この年、明治天皇となる祐宮が生誕。龍馬は16才。元服の年である。ちなみに加尾は14才である。この二人はギリギリ見えないこともない。

弥太郎は17才。正岡子規にしか見えないぞ。

悪い上士・山本忠兵衛、殺される下士・井上正太郎・・・架空の人物である。

それでも龍馬はささやくのだ。

「憎しみからは何も生れない」・・・と。

もちろん・・・マクレーン刑事(ブルース・ウィルス)は例外である。

そして劇団ひとりとみひろのキスに愛があるのかどうかは不明だ。

一年間・・・岩崎弥太郎で年末になると正岡子規か・・・キャスティングとかフィクションとかにもいろいろ限度があるんじゃないのか・・・。

関連するキッドのブログ『坂の上の雲

                『篤姫

                 『ガリレオ

                  『トライアングル

Hcinhawaii0599 H☆C新年会。富士山の初日の出を拝観記念撮影。メンバーの皆さんのリンクについてはこちらの記事を参照してください。お嬢様方とお友達の皆さん、今年もよろしくお願いします。

H☆Cについての最新情報はお気楽プロダクションで確認できます。内容についてはキッドの妄想が責任を転嫁するのでご了承ください。

月曜日に見る予定のテレビ『輪廻の雨』(フジテレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 1591年京都の旅(水谷豊)新・相棒の昔の恋人どすえ(檀れい) | トップページ | 永遠の恋人をあなたに(綾瀬はるか)救命病棟ちょい停電(北乃きい) »

コメント

じいや、明けましておめでとうございまする。
。。。と、こちらではまだ言っていなかった
気がするのでございます^^;
ので言わせてください。

先日は新年会にお呼び下さり、ありがとうございました。
大変楽しゅうございました♪
今年もよろしくお願い致します~♪

で、「龍馬伝」ですが。。。
くうとしては、掴みはOKな一話目でした。
とにかく、昨年の事を考えますと、映像に力とお金が
掛かっているな~と感じられました。
時間が長い割りにはサラッと、な一話目でしたが、
楽しめたと思います♪
今年の大河には、ちょっと期待出来そうです^^

投稿: くう | 2010年1月 4日 (月) 03時50分

あけましておめでとうございます。

新年会どうもでございます。
まさか、さっちゃんが来るとは ̄▽ ̄

来年は既にバニーちゃんで確定です(; ̄∀ ̄)ゞ


今年の大河は公式HPと共に
全てが一新されたかのような印象があります。

母の死は死として受け止め
自分を守ってくれた母の行動に

母が上士の心を変えたのだから
自分のような者でも、この世の中は変わるかもしれないと

それが今後の龍馬の活躍の原動力の原点に
なっているかのような演出がなかなかに憎いもんですね。


やはり、こちらでは坂本さんは明智系ですね ̄▽ ̄
こちらも楽しみです。


それでは今年もよろしくお願い致します<(_ _)>

投稿: ikasama4 | 2010年1月 4日 (月) 12時16分

じいや。。。遅ればせながら。。。

明けましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします!

えっと・・昨日挨拶しようと思ったけど
どこに書き込めばいいのか迷って一旦帰りました(爆)

龍馬伝・・・・見ました!
面白い!キッドさんのレビューが(^^)
そしてikasama4の解説もさすがTHE!時代劇(^^)
あっ、ikasama4さん作トラ姿の平成キャンディーズ
我が家の玄関に飾りました(笑)魔除けです。

ドラマレビューをさぼり過ぎの私ですが
また1年見捨てないでね♪

投稿: アンナ | 2010年1月 4日 (月) 12時23分

rouge❀❀❀☥❀❀❀~くう様、いらっしゃいませ~❀❀❀☥❀❀❀rouge

あけましておめでとうございます。

じいめもどこでご挨拶したのかしなかったのか
最近記憶にないことがございますので
執事生命のピンチでございます。
執事ロイドに依存しすぎなのかもしれませぬーっ。

今年はお屋敷周辺は晴天に恵まれ
よいお正月会でございましたな。
なお・・・パーティーは10日まで
不眠不休体制で続行しておりますので
よろしければまたお寄りくださいませ~。

龍馬伝はどことなく
おしゃれな感じがいたしましたな。
キッドは坂本家は
きっとやかましかったと想像するので
お千鶴が里帰りして
ものすごくわいわいしている光景がツボでした。

泣いて帰ってきた龍馬を
姉ちゃんたちがよってたかってかまうところも
爆笑でございましたぞ。

母と・・・その後は継母、
兄嫁に・・・姉三人・・・そして妹がわりの姪。

龍馬が女心を知り尽くした男になるのは
もう必然なのでございますな。

弥太郎視点というのは
新鮮でございましたし、
龍馬が明治以後・・・ほとんど無名だった
という事実のふまえ方も素敵でしたな。

今年はこの調子でガンガンいってもらいたいです。
ま・・・去年も最初はいい感じだったわけですが~。
福田脚本なら大丈夫だろうと考えます。

投稿: キッド | 2010年1月 4日 (月) 12時24分

pencil✥✥✥ピーポ✥✥✥ikasama4様、いらっしゃいませ✥✥✥ピーポ✥✥✥pencil

あけましておめでとうございます。

お嬢様たちの虎コスありがとうございました。
黄色と黒のデザインは
なんとなくクレイジーで楽しいですな。

ふふふ、念願のバニーちゃん、楽しみです。

さっちゃんロイドはカラオケ全曲入りの
優れものでございます。

とにかく・・・ドラマとして
快調な滑り出しでしたな。
憎しみからは何も生れないという
現代的な主題が
龍馬のメインテーマでございますからねぇ。

ある意味、
世界は憎しみによって生み出されるわけで
だからこそ・・・龍馬暗殺がある。

その終着点にむけて
さすがのスタートでございました。

母は病で亡くなった・・・。
龍馬の中でバランスをとろうとする
愛と憎しみが
自由と平等
そして戦と和睦という
この世の矛盾する原理を象徴いたします。

龍馬は剣士でもありますから
その腕前も見所ですが
初回としては
なかなかの竹刀さばき。
美しい形を見せてくれました。

以蔵が居合いぽかったり
下段や地擦りの構えを見せたりするのも
なかなかに期待させる感じです。

今回は楽しく一年を過ごせそうな予感ですな。

篤姫に続いて幕末妄想・・・ネタが続くかどうか
やや心配ですが・・・ゆっくりと
スタートしたいと考えます。


投稿: キッド | 2010年1月 4日 (月) 13時31分

snowboard☁Building☁アンナ☆ラン様いらっしゃいませ☁Building☁snowboard

あけましておめでとうございます。

お正月はどの局も見たいものだらけになるので
時間がいくらあってもたりませんな。
デジタルになると
もう溺れそうです。
ゲームについても思うのですが
ソフトが多すぎて今のおタッキーな子供たちは
誘惑に耐えて勉強するのが
本当に大変だなぁ・・・と思うのでございます。

じいやが子供なら100%ひきこもります。

画伯がいらっしゃるおかげで
じいめの時代劇趣味も
大変深まって
楽しゅうございますぞ。

お嬢様もたまにはごらんあれ。
ダーリン様が織田信長などを演じますれば
必見だとは思いますがーッ。

お嬢様方の寅年コスプレ。
大変キュートでございましたーっ。

お嬢様ならではのマイペースで
今年も青春をエンジョイしてくださりますように。

投稿: キッド | 2010年1月 4日 (月) 13時42分

キッドじいや、あけましておめでとうございます!

龍馬伝、なかなか良いスタートでした♪
芯的には、坂本竜馬さんと言う人物は一般常識程度しか分からないのですが、このドラマで親近感が湧きそうです。
龍馬なのか?竜馬なのかも解らす・・・。
そんな感じなので、レビューするような知識を持って居ないというか、龍馬ファンに怒られそうなことをうっかり書いてしまいそうなので、躊躇しています~~。

今年もマイペースで行きますが、よろしくお願いします!!

投稿: 芯 | 2010年1月 5日 (火) 00時20分

fujiあけましておめでとら~fuji
今年もよろしくお願いしますデスheart01

メガ幸子を背負っての富士登山、楽しかったデスnote
おかげでへそ出しルックにもかかわらず、
寒さも吹っ飛びましたデスgood
龍馬伝はまだ未見なのですが、龍馬に関する知識といえば
日本の夜明けは近いぜよと言った人程度のあたしなので
今年はH☆Cメンバーと新年の夜明けを見た事だし、
タイガー・・・じゃなくて大河を見て、歴史のお勉強に
とらイなのデスlovely

あれれ~新年会で飲みすぎて、じいやまで大トラに・・・

投稿: まこ | 2010年1月 5日 (火) 12時05分

heart01♡♡♡♥♥♥(みょうがの)芯様、いらっしゃいませ♡♡♡♥♥♥heart01

あけましておめでとうございます。

坂本龍馬にはたくさんの研究者がいて
ああでもないこうでもないと
大騒ぎなのですが
未だに誰が何のために龍馬を殺したのか
結論が出ていないという
謎を含んでいます。

そういうわけで
龍馬はそれぞれの夢の中で
まったく別の顔になる・・・というのが
面白いのですな。

だから・・・龍馬伝で
今回はこんな龍馬なのかぁ・・・と
はうぅんになるのが一番だと思うのですな。
仁の龍馬も龍馬、
福山龍馬も龍馬、
ケータイのCMかぶれも龍馬、
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」も龍馬です。
龍馬は竜馬でも龍馬でもOKです。
渾名ですからね。
本名は直陰(なおかげ)もしくは直柔(なおなり)です。

では、今年もよろしくおつきあいくださりませ。

投稿: キッド | 2010年1月 5日 (火) 22時56分

cute●no choco●まこ☆ミキ様、いらっしゃいませ●no choco●cute

まこお嬢様、おなかが冷えたら大変なので
虎の毛皮腹巻もご用意しましたぞ~。

メガ幸子は100人乗っても壊れない自動登山機能もついてますぞ。

空も飛びますぞ~。

「うがっ」と叫ぶ機能もついております。

「日本の夜明けは近いぜよ」は
名セリフでございますね~。
「冬休み明けも近いのでそろそろ宿題をば・・・」

おおーっ・・・これは
虎コスをきたまこちゃまロイド・・・。

皆のもの・・・であえ・・・であえ・・・
お嬢様、新年初逃亡ですぞ~。

おお・・・これはお屋敷内に
虎の集団が・・・。
追跡を妨害する気満々ですな。

警備員、麻酔銃を装備せよ・・・。
まこ様をトラえるまえに
虎の餌食になったらシャレになりませんぞ~。

投稿: キッド | 2010年1月 5日 (火) 23時06分

キッドさま~!
H☆C新年会おつかれさまでした。
まさか、メガ幸子を後ろでゆすっていたとはーっ。

「こっちみた~」(まこ)
「なにこれ~」(エリ)
「おもしろ~い!」(アンナ)

お嬢様方にも好評だったようで…。

「龍馬伝」:
子役の使い方が、私好みになって来ましたぜよ~。
「天地人」秀吉・Jr.=ささのくんはいずこ~。

投稿: シャブリ | 2010年1月 9日 (土) 15時19分

wine▯▯black rabbit▯▯シャブリ様、いらっしゃいませ▯▯black rabbit▯▯wine

新年会にご参加いただきありがとうございました。
おみやげは
限定さっちゃんボトル・ワイン2010でございます。

メガ幸子は等身大サイズを
お年始用に貸し出して大好評でございます。
街角でメガ幸子をご覧になられましたか。
なかなかにシュールなお正月でしたな。

メガ幸子本体は水陸両用で
ロケット・アタッチメント装着で
空も飛びますマジンガー方式です。

今年もたくさんの子役が
デビューするのでしょうが・・・
とにかく・・・日本の芸能界は
子役の層が一番厚いのではないかと・・・。

今年もよろしくおつきあいください。

投稿: キッド | 2010年1月 9日 (土) 23時40分

キッドさん 遅くなりましたが 
今年もいろいろご教授よろしくです~^^

「龍馬伝」おもしろかったですわ^^
セリフが無いところでも何を言いたいか感情が伝わり
チビ龍馬くんから はいりこみましたよ(笑)
17・8才の福山龍馬さんと15才ぐらいの健以蔵さん
そしてそのほかの幼馴染さん
ばらばらの実年齢ですが そんな違和感無く見れました^^
このまま 突っ走っていってもらいたいですわ。
数時間後に2話始まりますけども
待ち遠しいです~~☆ 

投稿: ice | 2010年1月10日 (日) 13時03分

barジョーダンジャナイヨオオオ~ice様、いらっしゃいませ~オグリンカワイソスbar

あけましておめでとうございます。

こちらこそよろしくおつきあいくださいませ~。

「龍馬伝」は第2回も面白かったですな。

チビ龍馬から成長した福山龍馬
少年の面影が残っているところがすごい。
加工してあるのかと思いましたぞ。
広末もキー高めで喋っていて
こちらも回転高めの加工なのかと
思ったり
そして弥太郎は嫉妬ーっでめらめらです。

週末は(日)龍馬伝アップ
(月)カバチアップ
(火)コドブ2アップ
というスケジュールを組みたいのですが
早くも第2回で挫折。
嵐めぇぇぇぇぇぇ・・・でございます。

虚実入り混じった龍馬伝。
普通にレビューか・・・
妄想レビューかただ今迷っておるのでございます。

投稿: キッド | 2010年1月10日 (日) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/32842826

この記事へのトラックバック一覧です: 序盤、広末涼子で中盤、貫地谷しほりで仕上げに真木よう子と蒼井優か・・・万遍ないな龍馬伝(及川奈央):

» 【龍馬伝】第一回 [見取り八段・実0段]
おまんは、ただ無難に生きているだけだぜよ。わしには解らんぜよ。坂本龍馬っちゅう人間が。天保14年。岩崎弥太郎は10歳の頃、初めて土佐で坂本龍馬と出会った。龍馬は川に飛び込むのを恐れ、カエルを恐れ、甘やかされて育った弱々しい男子だった。そんな龍馬を弥太郎は...... [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 03時51分

» 《龍馬伝》☆01 [まぁ、お茶でも]
明治15年(1882年) 郵便汽船三菱社長 岩崎弥太郎の視点で描かれる坂本龍馬。 土佐から土陽新聞の記者坂崎紫瀾が取材に来た。 彼は、『坂本竜馬』について弥太郎に聞いた。 [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 04時26分

» 新大河ドラマ「龍馬伝」第1回 [日々“是”精進!]
   新しい日本の形をつくろうと奔走した幕末の英雄、坂本龍馬の姿を、彼が設立した海援隊を金銭面で支えた岩崎弥太郎の視点から描く。第1回「上士と下士」1843年、高知城下で暮らす9歳の龍馬は、学問も剣術も苦手な上に泣き虫。父親の八平や姉の乙女は、龍馬に強...... [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 06時35分

» 【龍馬伝】第1回感想と視聴率 [ショコラの日記帳]
【初回視聴率は、1/5(火)夕方迄に追加予定】「上士と下士」このドラマは、郵便汽船三菱社長・岩崎弥太郎の視点で、坂本龍馬の生涯を描いています。その岩崎弥太郎役が、香川照之さんなので『坂の上の雲』と、だぶってしまいました。香川さん、確かにお上手ですが、別の人...... [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 11時23分

» 福山雅治『龍馬伝』第1回★どうして目くそは目頭から・・・。 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『龍馬伝』第1回:上士と下士  多くの人が同じ思いなのかと思うのですが、『JIN -仁-』におけるエネルギッシュな龍馬=内野聖陽が頭に焼き付いているから、ソフトな福山龍馬が現れてしばらくは、二人の龍馬のギャップで三半規管が揺さぶられたような気分でしたが、えらいもので初回が終わる頃には、福山龍馬がしっくりと馴染み始めました。 【 ざらついた画像が好き 】  映画風のざらついた画像が気に入りました。  クリアな映像とは違って、画面に深みと生命を感じます。  『天地人』の、いかにも「... [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 11時54分

» 龍馬伝 第1話「上士と下士」 [渡る世間は愚痴ばかり]
明治15年 郵便汽船三菱のパーティーが開かれ 郵便汽船三菱社長・岩崎弥太郎が挨拶を行っていた。 [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 12時09分

» 龍馬伝 第1回「上士と下士」 [ブルー・カフェ]
龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)福田 靖 作,NHKドラマ制作班 製作協力日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る みなさまあけましておめでとうございます。本日から新大河ドラマ『龍馬伝』がスタートします。が、正直まだ坂の上の雲が抜けていない状態で・・・しかも三が日からのスタートって早いですよね?『風林火山』が確か8日からだったんで、異常に早く感じますわ。 まあ、そうは言ってもね、主人公は日本人の大好きな「坂本龍馬」!しかも『坂の上の雲』の原作者、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」ではない、と... [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 18時02分

» 龍馬伝 (福山雅治さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆福山雅治さん(のつもり) 福山雅治さんは、昨日から放送開始したNHK大河ドラマ『龍馬伝』に坂本龍馬 役で出演しています。●あらすじと感想 [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 23時36分

» 龍馬伝 第1回 上士と下士 [レベル999のマニアな講義]
『上士と下士』内容時は明治15年郵便汽船三菱社長・岩崎弥太郎(香川照之)のところに土陽新聞の記者・坂崎紫瀾(浜田学)が取材にやってきた。“坂本龍馬とは、どんな人物だったか”と。龍馬を嫌いだという弥太郎は、語り出す。。。天保14年、弥太郎(渡邉甚平)が1...... [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 23時40分

» 龍馬伝 上士と下士 [のほほん便り]
あるいは、大河では初めてかもしれませんね。サリエリ方式(アマデウス)で語られる物語… (むしろ、望むものを持てず、渇望した者の方が、それを持つ者の真価が分かる?!) 幼馴染みで、かなり人間臭い面を強くもち、ある意味、違うタイプの成功をなしとげた岩崎弥太郎に白羽の矢が立ったのは、うまかったかもしれません (サリエリも、いっときは一世風靡の時代の寵児、でしたもん) 龍馬は少年時代から、くりくりの天パーマだったんですね。(また、それも可愛い) 少年時代の彼は、いわゆるヘタレです。弱虫・泣き虫... [続きを読む]

受信: 2010年1月 5日 (火) 08時52分

» NHK大河ドラマ「龍馬伝」第1話 福山雅治さんに胸キュン [今日も何かあたらしいこと]
NHK大河ドラマ「龍馬伝」第1話、子役の男の子が福山雅治さんによく似ていてかわいいと、思ったら、あっという間に大人の福山さんに入れ替わったのでちょっとびっくりです。短い生涯の坂本龍馬を描くのだから、子供時代のエピソードが長いのだろうと思っていたので。でも大...... [続きを読む]

受信: 2010年1月 6日 (水) 11時19分

» 『龍馬伝』 第1話 [美容師は見た…]
目くそはどうして目尻ではなく目頭から出るのか…確かにぃ!さすが目の付け所が違う龍馬(≧∇≦)ノ彡バンバン!脚本の福田靖さんのインタビューを読んで期待してたんですが、想像以上に面白かったですわ~。公式サイトでの大友啓史さんの言葉も良かったです。「演出家として、セット... [続きを読む]

受信: 2010年1月 6日 (水) 12時26分

» 龍馬伝、下士って一領具足の末裔?? [函館 Glass Life]
今年の大河ドラマ「龍馬伝」中々面白かったですね{/kirakira/} 風林火山→篤姫とドラマの感想などをブログに書いてい ましたが、龍馬に関してはあまり本も読んでいないので 書き様が有りません{/kuri_5/} 全く興味の無い人物ではないのですが、あまりにも有名 になり過ぎた感がありますよね{/hamster_2/} 龍馬暗殺の真相にはとても興味が有りますが、大政奉還 も龍馬の献策ではないという意見もあるくらい謎の多い 人物とも言えます{/kaminari/}{/kaminari/} ところで... [続きを読む]

受信: 2010年1月 8日 (金) 00時10分

» 「龍馬伝」 第1話 [ice-coffee]
「上士と下士」 いや〜〜〜よかったです 「龍馬伝」!! 思わず 見入りましたよ^^ 福山龍馬 いいですねぇ〜 これからだんだん男臭くなっていくのを予感させる 第1回でしたわ。 なんといっても 正岡子規=岩崎弥太郎@香川照之さん 「坂の上の雲」で正岡子規を好演されて 1週間しか間が無い「龍馬伝」で どうなるのかしら〜 と、思っておりましたが なんのなんのそんな危惧はいりませんでした。 さすがでした^^ あの恰幅のいい岩崎弥太郎と 汚い岩崎弥太郎みごとでございました。。 ... [続きを読む]

受信: 2010年1月10日 (日) 12時44分

« 1591年京都の旅(水谷豊)新・相棒の昔の恋人どすえ(檀れい) | トップページ | 永遠の恋人をあなたに(綾瀬はるか)救命病棟ちょい停電(北乃きい) »