« 極悪にいい気分(杏)はっきりしない男(貫地谷しほり) | トップページ | 今夜は帰ります・・・不毛っ(小雪)はあぁぁ・・・地帯っ(唐沢寿明) »

2010年2月11日 (木)

もしもあの日あなたに逢わなければこの私はどんな女の子になっていたかしら(永作博美)宿無し女?(菅野美穂)

休学して留年して早紀(菅野)と同級生になった旧姓・蓮見璃子は2才サバを読み、それから15年後には嘘のスペシャリストとなっていた。

盗人猛々しいと言うが、罪に人間心理を持ち込めば、法は限りなく曖昧になる。

「悪いと知りつつ罪を犯すこと」は故意犯である。

通称・大きなママこと長部の母(高林由紀子)が「最初から長部家の財産目当てで息子を誘惑した泥棒猫」を「確信犯」と呼ぶのは正確ではない・・・と早紀は言うのだが、その時点で早紀も友達の璃子を「泥棒猫」だと確信しているのである。

それでは璃子は「確信犯」ではないのだろうか。キッドはそんなことはないと思う。

璃子は「人間には幸せになる権利がある。私は人間だ。だから私は幸せになるのが当然だ」という宗教の信者なのである。そして璃子にとって「人間とは自分ただ一人」なのである。その信念に従って「夫は一生璃子に贅沢をさせ、夫の母親は家事雑用を璃子のためにご奉仕し、お腹を傷めた子供は生涯おしゃれなアクセサリーであるべきだ」と璃子は信仰する。そして信念に基づき、わが子を誘拐したのだから立派な確信犯と言えるだろう。

確信犯とは常識の通じない理性的な狂人のことなのであるから。

水曜日のダンスは・・・。

「相棒」15.7%↗17.2%↘17.1%↗17.5%↗17.8%

「検事」*9.4%↘*5.6%↗*6.0%↗*6.4%↘*6.0%

「曲女」15.4%↘11.0%↗13.7%↘13.3%↘13.1%

で、『曲げられない女・第5回』(日本テレビ100210PM10~)脚本・遊川和彦、演出・南雲聖一を見た。十代の頃から年齢詐称をし、自分を偽り続けた璃子は虚構と現実の境界線の見分けがつかなくなり、育児放棄をして一度も食事を作ってやらなかった子供が自分を愛していると信じることができたし、小児喘息の息子を一度も心配したことのない自分を忘れることができた。子供たちが璃子にとってお飾りであるように璃子も子供たちのお飾りの母親であったとしても。

幼くして母親を失い、母の味を知らずに育った藍田警視正(谷原章介)は今は亡き早紀の母親(朝加真由美)に理想の母親像を視た。その忠実な人格転写である早紀は藍田に理想の女性像を想起させるのだった。藍田は36才にして初めて恋に落ちた。

九年間、心ここにあらずの女・早紀に寄り添い、愛を奉げてきた坂本弁護士(塚本高史)の心はついに折れ、もう少し分りやすい女である秘書の横谷(能世あんな)との普通の男女交際を始める。坂本弁護士はよく頑張ったと思う。

死後もなお、支配を続ける母の遺言に従って、「友達を作ること」が至上命題になった早紀は司法試験の願書提出をうっかり忘れるほど友達作りに熱中するのだった。

わかるかしら?

私は、私は知ってか知らずか

知りもせず・・・知ってるの

凄いのよ・・・凄いはずなの

私はもう乱されて

満たされて

はみだしそう

もうたまらない気分なのよ

全部、あなたのせいなのよ

勇気を出して初めての告白をするために酒の力を借りた藍田弁護士はものすごく酒臭かったので熱烈キスを早紀に強烈ビンタで拒絶されるのだった。餃子を食べるときは恋人と一緒に食べましょう。

早紀の怪力無双に失神しかけた藍田の元に夫の浮気を責めたら逆に家を追放された璃子が居場所を求めてやってくる。

恋人がいたことはあるが友達がいたことがない早紀にとって、友達候補の璃子は渡りに船なのである。

二人の利害はすれ違いつつ一致する。

早紀にとって藍田も友達候補だが、璃子は自分の優位性を保持するために「男女の間に友情関係は成立しない」と対立候補をつぶしにかかるのだった。

璃子にとって玩具だった世界は今や怪物となって襲い掛かっている。璃子も必死なのだ。

今夜はドント・ストップなのである。自分が満たされるまではやめられないのだ。そして璃子の虚栄心は底なしなのだ。

璃子「あの人はあなたを愛しているの。私は嘘の女王様だから分る。あの人は嘘をついていない。私でなくてあなたを愛しているなんて馬鹿だと思うけど・・・それは本当のことなのよ。だから、あなたとあの人は友達にはなれないの」

早紀にとってそれは死刑宣告に限りなく近いアドバイスだった。藍田と友達になれないのは早紀にとって死ぬより辛いことなのだ。

しかも・・・璃子はあくまで友達候補であり、まだ友達だとは言ってくれないのである。

「子供たちの自立心を促すためにあえてお泊りをする」という璃子にベッドを占領され、受験勉強をしながら机に向かう早紀だった。

璃子は幻想の夫の自分に対する執着心を信じて夫からの連絡を待つが・・・もちろんそんなものは着信しないのだった。

翌朝、なかしま弁護士事務所に早紀が仕事に出かけると、璃子は自分の手駒であると信じている早紀の元・恋人・坂本弁護士を訪ねる。

璃子「お金と子供を自分のものにしたいの・・・なんとかしてよ」

坂本「お子さんの気持ちはどうなんですか?」

璃子「私を助けたら・・・早紀が惚れ直すかもよ・・・」

坂本は早紀に未練がないわけではない。しかし、早紀は「恋愛より友情を優先する」という頭のネジがこりゃまたバッチリ狂ってる女なのである。

早紀が職を失った事件を振り返ってみよう。

依頼人は坂本の友人だった。早紀は恋人の友人のために全てを優先したのである。それを無償の愛と感じた坂本だったが、早紀が坂本よりも坂本の友人を優先させた時、坂本はわかってしまったのだ。早紀がおそろしく調子がはずれた女であることが。

もちろん・・・そんな女でも好きなことは好きなのだが、常識的な人間である坂本の許容量ははるかにオーバーしているのである。

それでも・・・人間としてできるだけのことをしてやりたいと・・・つい思ってしまうのが坂本の常識人としての限界なのである。

そのころ中島事務所ではパソコンの印刷コマンドに仕事を奪われて青息吐息の町の印刷屋と昔なじみの電気屋がチラシの印刷枚数の発注ミスでもめていた。

電気屋「だから500枚だって言ってるだろう」

印刷屋「いいや・・・俺は5000枚だってこの耳で聞いた」

なかしま(平泉成)「よし、わかった・・・残りの4500枚の料金はオレが払うよ。チラシの裏にウチの事務所の広告をのせる。・・・早紀さん、今はパソコンで簡単にできるでしょ?」

早紀「はい、インク代がかかりますけど」

印刷屋「・・・」

なかしま「そういうことで、もうケンカはやめなさい。友達ってのはどんな時でも友達じゃないといかんじゃないか」

早紀「そうなんですかっ」

早紀は心の友達作成のための道メモにそのことを記述するのだった。

そこへチョコレートを持って現れる藍田。

「最近は男から女へ贈ってもいいっていうから・・・」

・・・と愛の告白をする藍田だったが・・・早紀が想起したのは・・・。

「しまった~、願書出すの忘れてた」

バレンタインデーは早紀にとって願書提出の期限を示す暗号だった。このことは坂本が九年間チョコをもらっていない可能性を暗示するのである。坂本弁護士は本当によく耐えたと思う。

まあ、大人になれば、バレンタインデー、確定申告、ホワイトデーという面倒くさい季節の到来なのである。

だが、今や、父親譲りの司法試験合格と母親の遺志である友達作りが早紀を二重に拘束する。

最後の友達候補である璃子からの「お助けコール」は早紀の命綱なのである。

早紀が自宅に戻ると居候は三人になっていた。璃子が長部家の長男と次男を誘拐してきたのだった。

早紀「子供をだまして連れてきたんですか」

璃子「だってしょうがないじゃない」

子供たち「大きなママ(璃子の姑)のところへ帰りたいよ~」

藍田「ブブブブ、ブブブブ、ブブブブ・・・携帯のバイブ音でちゅよ~・・・おっとーっ、受けた~、泣く子を笑わせたー」

そこへやってくる坂本弁護士。璃子に言われた通りに璃子の離婚訴訟を引き受けようとするが・・・早紀は・・・。

璃子「子供たちが幸せになることを考えるのも弁護士の仕事だと思うので・・・子供たちに嘘は通用しませんから」

早紀は長部家を訪れ、璃子の真実の姿・・・妻としても母親としてもまるで失格を知る。

その事実を友達として璃子につきつける早紀。

しかし、璃子は「友達でもないのに勝手なこと言わないで」と傍若無人をぶちかますのだった。

死刑宣告を受けた早紀の思考は停止するのだった。

追い詰められた璃子はついに全てから逃げ出して駈け去るのだった。

関係のない人の家にわが子を置き去りである。

仕方なく・・・子供たちに食事を与え、礼儀を教え、六法全書で寝かしつける早紀。

そんな早紀の姿に理想の母親を見る藍田はますます早紀に惚れたのだった。

一方、子供たちは「(小さい)ママは一度も料理を作ったことがない」

「(小さい)ママは子供の好き嫌いもしらない」

「(小さい)ママは嘘つきである」

「(小さい)ママは子供の持病も知らない」

と璃子のダメ人間ぶりを告発するのだった。

夜中に喘息の発作で倒れた長男は病院へ走る早紀の腕の中で・・・。

「(大きい)ママ。(大きい)ママ」と喘ぐのである。

その頃、(小さい)ママは夜の街を徘徊しています。

翌朝、警察に捜索願いを出した長部一族を説得しそこない、藍田は一族郎党を引き連れて早紀の部屋へやってくる。

藍田、坂本、早紀、子供たちの四面楚歌に璃子はついに自暴自棄になるのだった。

「なによ・・・なによ・・・私が自由気ままに幸せになろうとしているのに何故みんな意地悪をするの・・・私なんてどうせ妻失格、母親失格、人間失格だわよ・・・いなくていい人間なんだわ」

その言語道断な無軌道ぶりについに早紀の堪忍袋の尾が切れるのだった。

そしてこの間のビンタをお返しするのである。もらったものは返すのが礼儀だからだ。

「何言ってるの・・・あなたは私の最後の希望、あなたが死んだら誰が私の友達になってくれると言うの・・・私はあなたがいなくていいなんて思わない・・・だってあなたは私の友達だと私は思うから・・・それってダメかな・・・」

「私・・・15年ぶりにあなたに会った時、夫の浮気を知って我を失ってた・・・もしあなたに逢わなければどうなっていたか分らない・・・平凡だけど誰かを愛し普通の暮らししてたでしょうか。だからお願い、友達になってよ」

「ともだちに・・・」

「ともだちに・・・」

璃子は偽りの笑顔を浮かべ、子供たちの意志を尊重して、長部家に子供を引き渡すのだった。外交的に言うと、璃子が北朝鮮、早紀が中国、長部家が日本である。

坂本弁護士はとんでもない人々にこれ以上関り続けるのは無理だと改めて早紀から身を引く決意を固めるのだった。

藍田警視正は大人の男として友達から始めることを選択する。惚れた弱みである。

友達を一人確保した早紀は願書提出もギリギリセーフなのである。

早紀は漸く、受験勉強の追い込みにかかる。

やったよ やった

ともだちできた

自分がとてもほこらしい

これが愛の力

ビーム・サーベルの源泉よ

ともだちがいるなんて

なんて素敵なことでしょう

体が芯から熱くなって

トロトロに溶け出しそう

火照る 火照る ともだちのいるこの体

ともだちに尽くすわ

どんなわがままにも応じる覚悟があるの

ともだちをハッピーにするわ

ともだちが満足するまで

この身を捧げるわ

だってともだちはかわいいの

とてもとてもかわいいの

しかし、早紀はふと思う・・・恋人になりたがる友達は困るわね。

なんだか胸が痛くなるの・・・胸が・・・あれ・・・実質的に胸が苦しいかな・・・。

飼い主のピンチにノーフォークテリアのアトムは驚愕するのだった。

メシ・・・俺の・・・明日のメシ・・・。

関連するキッドのブログ『第4話のレビュー

金曜日に見る予定のテレビ『ルパン三世the Last Job』(日本テレビ)『ヤマトナデシコ七変化』(TBSテレビ)『戸田恵梨香の奇跡の動物園2010』(フジテレビ)一難去ってまた一難ものすごいサンドイッチ第2弾キターッ!

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 極悪にいい気分(杏)はっきりしない男(貫地谷しほり) | トップページ | 今夜は帰ります・・・不毛っ(小雪)はあぁぁ・・・地帯っ(唐沢寿明) »

コメント

>面倒くさい季節の到来なのである。
ホントですね~(^▽^;)
はい、cakeどうぞ。
ついでに10年日記もプレゼントしちゃうbook

え?メンドクセーッなんて言わないの~(≧∇≦)ノ彡 バンバン!

今回は「友達」をとことん見せてくれましたよね。
あっちもこっちも「友達」を絡ませて。
こんなに深く考えたことなかったですよ…友達。
友達って何だ?
実は自分がそう思ってただけだったりして~。コワッ
キッドさんは私の友達?
いや師匠です(笑)

投稿: mana | 2010年2月12日 (金) 10時15分

hairsalon|||-_||シャンプーブロー~mana様、いらっしゃいませ~トリートメント|||-_||hairsalon

年をとると
どんどんエンジンのかかりが
悪くなりますからな。
面倒くさいと思うまでが
また面倒くさいと思ったりして。
ようやくその気になると
まだ面倒くさいと思う段階だったりして。

ああーっ、メンドクセーっ。
池袋ウエストゲートパーク万歳!

ケーキご馳走様でございました。

友達尽くしでございましたね。
友達という言葉がある以上
友達は存在する。

それに疑問符がつくのは
裏切りとか
手のひらを返すとか
いいときだけとか
そういうものも存在するからですな。

キッドのマブダチは
「友達が最低な状態の時に
友達でいられるのが
友達だ」
といつも申しておりました。

それが本当かどうか
確かめるために
最低な状態にならないように
努力することも
一つの友情の証ですかね。

友とは人生の師
そしていてもいなくても
いい存在なのでございますよね。

そして・・・本当にいなくなると
ふと淋しくなるようなものなのでしょう。

投稿: キッド | 2010年2月13日 (土) 01時40分

今季連続ドラマが中盤を迎えてきた今日この頃・・・私は
別格な「コード・ブルー2nd」の次点は「曲げられない女」だと思ってます。

親の意向に縛られ続けた司法浪人の娘、
嘘をつき続けることで自分をごまかしてきた女、
正常な人間関係の構築が難しい男。
極端な例ではありますが、多かれ少なかれ誰でも持ち合わせ得る要素が詰まってるのではないかな、と。どっぷりハマる程では無いにせよ、そこそこ楽しませてはくれます(特に三者の掛け合い)。

中、朝、日の外交的な喩え、面白かったです。
元喘息患者としては、常備薬を携帯せずに飛び出した小さいママ=北朝鮮はその時点で落第決定です(^^;。

ちなみに火曜22時の関テレ制作某ドラマ・・・。
深キョン可愛い~!としか感想が浮かばないのは、「学校じゃ教えられない!」以来です(低視聴率で廃枠になっちゃいましたが)。
深キョンの良さに同調してくれる人があんまり居ないのもまた残念。たまにネットのレビューで『深田が大根(役者)なのは既知のこととして~』みたいな記述を見ると、この人分かってないな~と呟いてしまいます。

投稿: inno-can | 2010年2月13日 (土) 17時55分

carouselpony♬♬♬のだめデスヨ♬♬♬inno-can 様いらっしゃいませ♬♬♬のだめデスヨ♬♬♬carouselpony

そうですね。
どちらも知的エリートを扱った作品で
共通点はあるものの
圧倒的な面白さを提示する「コードブルー2」と
どこが面白いのかよく分らないが
なんとなく面白い「曲げられない女」
この両者は今季の双璧と言えるでしょう。

なんといっても
こちらはダメ人間ぞろい・・・。
まあ・・・優しい言い方をすれば
生きるのが下手な人々です。

たやすく夢をかなえられない主人公。
嘘で築いた日常がほころんだ女。
マザコンの自覚なきマザコン。

要するにかっこ悪い人々のおつきあいの話。

まあ・・・緊張しないで見られるドラマとしては
なかなかの秀作といえるでしょう。

しょうがない人たちだなぁ・・・
でもこれくらいが
人間らしいよねぇ・・・という感じ。

憧れの世界と落ち着く世界。

どちらも夢の世界としては
成立するのでございます。

驚くべきことに
このダメ人間たちに感情移入することのできる
方々は意外と多いのですな。

まあ、キッドは特にアトムの気持ちには
なりやすいです。

人間以下だからな。

それには人間も入るけどな。

まあ・・・「まっすぐな男」と
「曲げられない女」には
深くて暗い川があるのですな。

基本的に俳優の演技についてあれこれ言う素人は
自分の無知をさらけだしている
露出狂ですので
ちょっと赤面したり
苦笑するしかないのですよね。

ただし、お客様は神様ですけどね。

でも、どんなにアホな感想でも
それを聞いて
ちょっとイヤな気分になったりするのは・・・
人気稼業の辛いところなんですな。
そういうことがありますなーっ。

投稿: キッド | 2010年2月13日 (土) 22時31分

キャラの面白さに関しては抜群でございます ̄▽ ̄b

菅野さんのヨガの経験がこーゆーとこで発揮されるとは

この枠は役者さんの個性とかを生かすのが
上手いもんです ̄▽ ̄b

今回の璃子はもう傑作でした。

今までつけていた虚勢とハッタリの仮面が
ボロボロと剥がされていき

そうして、璃子が目をそむけていたものと
向かい合っていく。

そうして離婚を決意して
自立した女性を目指していくトコロが
第一話での高橋さんとも繋がっていくんでしょうねぇ。


物語はドタバタながら
キャラの持ち味を生かして、上手い事つながる展開


ふと、今回のルパン三世の脚本は
この方がやったらヨカッタのにと
思ってしまった今日この頃です ̄▽ ̄

投稿: ikasama4 | 2010年2月14日 (日) 15時15分

E:pencil]✥✥✥ピーポ✥✥✥ikasama4様、いらっしゃいませ✥✥✥ピーポ✥✥✥pencil

ナジーム・ハメドのスウェーバックか
荒川静香のレイバックイナバウアーか
菅野美穂ののけぞりか
と言うほどの美技でございましたな。

さすがは画伯。
眼のつけどころがはうぅんです。

菅野といえば映画「エコエコアザラク」では
堕天使ルシファーに自ら望んで
憑依されて消滅する女子高校生という
ものすごい役をやってますからねえ。
キッドはそれ以来、菅野の女優魂は日本一だと
信じています。

一方、永作博美は絵に描いたような小悪魔ですからね。
実写版の「ハクション大魔王」で
アクビ娘を演じていないのが残念です。

璃子は最低の母親ですが
どこか憎めない・・・。
この役を演じることができるのは
永作だけかも・・・。

そういう意味で
峰不二子を演じて
「ごめんね~ルパーン」
と囁いて欲しい気持ちはよく分ります。

そうなると菅野はルパン?
塚本は次元?
谷原は五ェ門?
銭形警部は西岡徳馬か・・・平泉成?

平泉成のもの静かな銭形も面白いな・・・。

「私はね・・ルパン逮捕に・・・
命をかけているんですよ・・・奥さん」みたいなーっ。

ああ、曲げられないルパン三世が
ものすごく見たいです。

まあ・・・とにかく
そこそこのドラマで
そこそこの視聴率・・・
これが今や、今季ナンバー2ドラマというのが
なんともはやですがーっ。

投稿: キッド | 2010年2月15日 (月) 06時54分

キッドさん、こんばんは~♪♪

腰パンは今季のウェアで
とても流行っています。
ヤマトのもちこっと腰パンです。

でも日本代表として腰パンは
いかんともしがたいみたいです。
多くの選手がガッツポーズをキメても
それが相撲の世界だとNGだし。
内舘さんがとっても怒ります。

今回は「母親予備軍」には
「本当にあった怖い話し」的な題材でした。
ああ~そこか~それね~。
自分にもその素質はあるのかな~。
解らないな~育ててみないと~。

と不安に陥るのです。
璃子は璃子だから良いのですが
これが一般女性の問題ですとなんとも陰惨。
ああ~それね~そこね~。
えっと~育児放棄って確か病名あったよね~。
う~んと~ちょっとまだよくわからないけど~。

と妙にうろたえてしどろもどろになります。
自信たっぷりの人は良いとして。

育児・・・未知の領域・・・。
ありえないデジベルの夜泣き。
ありえない街中での泣き声。
ありえない公衆での我侭(確信犯)。
どうなのか。

投稿: ヤマト | 2010年2月15日 (月) 22時33分

shine☆*⋄◊✧◇✧◊⋄*ヤマト様、いらっしゃいませ*⋄◊✧◇✧◊⋄*☆shine

ふふふ、かって長い足にあこがれた人々が
より短足に見せることの
屈折を理解するのはなかなかに難しいのですな。

強ければそれでいいんだ
という若者に
努力が大切だとか
寝言を言う大人は無力ですしな。

公序良俗を乱さないと
革命なんかできないわけですし
しかし
そうなれば流血沙汰になることも
少しは教える社会であるべきです。

「なんていうとこのバカたちは納得するんすかね」
「バ~カって言っちゃいなさいよ」
キッドが団長でなくてよかったと
思う今日この頃です。

まあ、朝青竜とか三バカ兄弟とか
人相の悪い男にも
天分を与えるのが
現実というものですからな。
そして天使の上村愛子には微笑まなかったりして
キッドが神ならメダルをあげたのに・・・。

世の中の普通の人が
普通にできることが
普通にできるのかどうかは
謎ですな。
まったく謎です。
今のところ、確かなのは
男子は出産しない
女子は出産できる
ということくらいでしょうか。

ま・・・大昔から
みんな悩んでるはずです。
キッドが生れた時に
案ずるより生むが易しという言葉が
すでにあったのがその証拠です。

そして人々は子を生み育てるのです。

やがてサイド3はジオン共和国を名乗るのです。

愛されるお母さんになりたいですな。
そして子供を愛せたらいいですな。
それはまた誰もが祈ることなのですな。

投稿: キッド | 2010年2月16日 (火) 03時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/33339928

この記事へのトラックバック一覧です: もしもあの日あなたに逢わなければこの私はどんな女の子になっていたかしら(永作博美)宿無し女?(菅野美穂):

» 曲げられない女 第5話 ともだちが出来た日 [レベル999のマニアな講義]
『殴り返す女!夫と子供は大切に』内容全てを失ったが、、、自分を取り戻し、老弁護士・中島(平泉成)の事務所で働きはじめた早紀(菅野美穂)ようやく“友”の存在にも気付いた。。。そんなとき事件が発生する。夫・善隆(山口馬木也)の浮気をきっかけにして、璃子(永...... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 23時02分

» 曲げられない女第5話 [paseri部屋]
「曲げられない女」(第5話)を観ました。出演:菅野美穂、谷原章介、塚本高史、平泉成、永作博美早紀の家に璃子が転がり込んでくる。その理由を言わない璃子に、何かあると気づいた早紀は璃子の家を訪れる。璃子の姑と子供に会った早紀は彼女の本当の姿を知る。帰宅した...... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 23時08分

» 『曲げられない女』 第5話 [美容師は見た…]
子供達は戻って行ってしまったけど、強くなった璃子が今後どう巻き返してくれるのか、楽しみになって来ましたよ~。「私はウソのエキスパートだから、他の奴のウソを見破る自信だけはあるの」璃子らしい~(≧∇≦)ノ彡バンバン!早紀のことになると鋭い指摘や的確なアドバイスがで... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 23時10分

» 曲げられない女 第5話 [エリのささやき]
親しい知り合い二人が友人へと昇格(?)した早紀@菅野美穂でした。良かったね〜。ちょっとほろっときた。 [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 23時28分

» 曲げられない女 第5話 [渡る世間は愚痴ばかり]
オープニングで思ったこと [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 23時56分

» 曲げられない女 五話 [Simple*Life ドラマ感]
リコの子供たち、ただ単に姑にいろいろと吹き込まれて そちらに行ったわけではなかったんですね。 子供のころリコも必死に子育てしようとした。 でも泣きやまない子供を姑に預けたら 嘘のように泣きやんだ。 このとき、子供と向き合うのをやめてしまったんですねぇ。 だから子供を連れ去って早紀の部屋に来てはみたものの 子供に対して厳しいことも言えない だめなことはだめと叱れない。 子供のいいなりになってしまってる。 子供の体調や子供の好きなものすらわからない。 あげくのはてに子供に泣かれると逃げ出してしまう。... [続きを読む]

受信: 2010年2月12日 (金) 16時28分

» 「曲げられない女」 第5話 [オヨメ千感ヤマト]
女の扱いも上手なら子供の扱いも上手、お料理も上手、トークも笑顔もスマート、良いで [続きを読む]

受信: 2010年2月15日 (月) 21時47分

« 極悪にいい気分(杏)はっきりしない男(貫地谷しほり) | トップページ | 今夜は帰ります・・・不毛っ(小雪)はあぁぁ・・・地帯っ(唐沢寿明) »