« 天下の時勢切迫致し候、文久辛酉の年日本海海戦(坂本龍馬) | トップページ | 誰かがその奇跡を待っているコード・ブルー(山下智久) »

2010年3月22日 (月)

世界で一番鬱陶しいかもしれない男(櫻井翔)最後のカバチ(堀北真希)

母と自分を捨てた父親を心の底から憎む男・田村(無自覚らしい)を演じる櫻井翔。父への憎しみから我を失ってるようにしか見えない展開から一転・・・「相談者の利益を守るためには憎悪する父親に土下座もする冷静さ」を見せる。

いわゆるひとつのどんでん返しである。

実に基本通りの展開なのだが・・・今回はシリーズの最初から少し、役作りが過ぎていたように思う。

力みかえっている設定なのだが・・・どうも毎回便秘に悩んでいるように見えて仕方のない感じなのである。

あるいは便意を我慢しているようなという下品なたとえがピッタリくるような・・・。

もう少し、ラフで肩の力を抜いた演技でよかった気がする。

実は原作の田村はこういうキャラクターなのである。しかし、その顔はうりざね顔で三白眼で半島的である。

丸顔のバンビには似合わないのだな。

もちろん、それはかなり主観的な意見であるが・・・当たらずとも遠からずだと考える。

「木更津キャッツアイ」のバンビの呪いが未だにかかっていてそれが負担になっているとは思うが、それもまた財産だ。今回はその延長線ではなくて真逆のアプローチがよかった気がします。

過ぎたるは及ばざるが如しという言葉を奉げたい。

一方、美寿々を演じる堀北真希は手抜きかと思われるほどの自然体である。

それが美寿々のクールさに実にマッチしていた。役得と言えばそれまでだが、お通じがあってホッとした感が漂うのである。

・・・他にたとえようがないのかっ。

まあ・・・とにかく・・・弁護士みたいなことがしたいなら・・・弁護士のドラマにすればいいのに・・・と最初に思います。最初から最後までほとんどボランティアの主人公なんて悪魔としてはちょっと気持ち悪いので・・・。

で、『特上カバチ!!・最終回』(TBSテレビ100321PM9~)原作・田島隆(他)、脚本・西荻弓絵、演出・加藤新を見た。前回、せっかく追い詰めたマルチ商法による詐欺師グループを悪徳弁護士の介入で無罪放免にされて口惜しさをにじませる田村(櫻井翔)だったわけだが・・・その悪徳弁護士は田村の実の父親の鷲塚(竜雷太)だったのである。

「父親は母親の祖父が法曹界の大物だったことを利用して検事として出世、祖父が引退すると母親と離婚して、今度は政治家の娘と結婚、悪徳弁護士となった出世欲の権化のような男なのです・・・怨まずにはいられないのです」

そんな一人サンダーバード田村の前に「多重債務者救済センター詐欺」の犠牲者・水野(中村靖日)がやってくる。

居酒屋の経営者だが病気のために借金をして返済に追われるところへ妻がガンを発病。「救済センター」を頼ったところ、借金が減るどころか増える結果になったという。

その裏には弁護士の肩書きを盾に私腹を肥やす犬神弁護士(坂口憲二)がいた。前世はドーベルマンである。しかも、犬神は鷲塚の子分なのだった。

返済に苦しむような借金をしてしまうのは人としては困った存在だが、それぞれに事情がある。田村はそういう残念な人々を見捨てずにはいられない博愛精神の持ち主なのである。

借金を一本化するという口実で弁護料金を搾取する犬神の横暴ぶりを告発するために弁護士事務所に殴りこみをかけた田村は例によって業務妨害の罪で警察のご厄介になるのである。

あんなに反省した先週の教訓を一切身につけない男・・・それが田村なのである。

そんな田村に何故か惚れこんでいる美寿々は同行して一部始終を記録、田村を救助する。の・・・バカな子ほどかわいいという理なのである。

もちろん、脚本家がの・・・のくせに・・・とかあんた、バ・・・とか「ドラ」とか「エヴァ」が好きという譲れない一線があるのも確かである。そこにこだわりすぎるから伸び悩むという側面があります。まあ・・・好きなものはしょうがないけど。

結局、行政書士見習いでしかない田村は法律違反の弁護士行為をあくまでボランティアでやり、法律違反ギリギリのビジネスを展開する鷲塚と全面戦争に突入する。

それは巨大組織の鷲塚連合と弱小組織の大野組との抗争に発展するのである。

相談者の水野は和解したいと言っているのに「吐いたツバは飲めない」とごねまくる田村。

大野(中村雅俊)らはそんな田村のやんちゃぶりがかわいくて仕方ないので命を捨てる覚悟を決めるのである。・・・ギャグではなくてそういう筋書きなのである。

「こっちは吹けば飛ぶようなちんけな組だが・・・看板背負っている以上、五分と五分。刺し違える覚悟があれば・・・失うものの多いあんたの損得考えれば勝算はある」

言っていることが極道そのものです。

「ふふふ・・・そこまで言われちゃ・・・こっちの負けだ・・・手打ちにしようや」と鷲塚は金持ち喧嘩せずで和解金を支払うのだった。億単位で稼いだので二、三百万円の出費はどうということないのである。

助っ人として駆けつけた魔王弁護士(大野智)も1シーンで済んだので楽だったと窓から汚れた都会の空を眺めるのだった。

結局、ずっとただ働きを続けるだけの田村の前に検備沢の女神(浅野ゆう子)が現れる。

「あなたが落としたのはどの資格ですか・・・この金の弁護士の資格ですか・・・それとも銀の行政書士の資格ですか・・・それともただの王様ゲームの王様の資格ですか」

田村は迷わず「王様の資格」を選択する。

スナック「女郎蜘蛛」にて。

「は~い、一番の人は王様にキスすること~」

一番の美寿々「田村のくせに生意気よ~」と言いつつ頬を染める。

大野事務所の平和な日々は性懲りもなく続いていくのだった。

関連するキッドのブログ『第9話のレビュー

火曜日に見る予定のテレビ『荻野目慶子と杉本彩と賀来千賀子と手塚理美と大場久美子と野川由美子と岡本麗と・・・どんだけ悪女を集めれば書道教授・・・火サスかっ』(日本テレビ)『伊藤歩の記憶の海』(TBSテレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 天下の時勢切迫致し候、文久辛酉の年日本海海戦(坂本龍馬) | トップページ | 誰かがその奇跡を待っているコード・ブルー(山下智久) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/33883374

この記事へのトラックバック一覧です: 世界で一番鬱陶しいかもしれない男(櫻井翔)最後のカバチ(堀北真希):

» 特上カバチ!! 最終回 [ぷち丸くんの日常日記]
田村(櫻井翔)と美寿々(堀北真希)が告発した詐欺グループが、起訴猶予となった。 田村の父親で「闇社会の救世主」と呼ばれる敏腕弁護士・鷲塚(竜雷太)が、詐欺 グループに着いたのだ。 ある日、田村は多重債務に苦しむ居酒屋店主・水野(中村靖日)から依頼を受ける。 水... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 16時47分

» 特上カバチ最終回感想 [NelsonTouchBlog]
田村(櫻井翔)は事務所のみんなに迷惑をかけたと辞表を出し事務所を辞める。だが!彼の心の中はやはり法律家だったのだ。悪徳商法に引っかかった知人達を、ひとりで助けることに決め勝負する田村。今は事務所の仲間も肩書きもない、しかし田村には日々学んだ経験と知識があった!... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 16時52分

» 特上カバチ!! 最終話:最後の敵!それは父!! [あるがまま・・・]
熱いよ、田村(ヾ; ̄▽ ̄)ヾアチチ 今回ばかりは田村の熱血も通用しないかと思われたけど、やったネ{/good/} その割にはキスシーンはクールに決めちゃってからに〜このこの{/face_nika/} 鷲塚@竜雷太と犬神@坂口憲二、ほんと嫌な奴だったわ〜{/face_gaan/} 熱血すぎて少々ウザい部分もある田村だけど、法律に関わる人間には やっぱ正義感は必要だと思えるお話でしたわー。 てか、こんな悪い坂口くん、初めて見たかも〜〜〜{/face_sup/} そうゆう意味では、事務所がなくなるかも... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 19時25分

» 特上カバチ!! 最終回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『最後の敵!それは父!!』 [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 20時30分

» 特上カバチ! 第10話(最終回) [エリのささやき]
信頼できる法律家だと思うって美寿々に認められたね!この上は早く資格をとってね〜。 [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 20時33分

» ツァーリボンバー爆発!エアキスに喜ぶツンデレホリキッター(特上カバチ#9・10最終回) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
チーム・ホリキッター・・・それは、ごく一部で流行っているらしい女優・堀北真希さんの愛称【ホリキッター】を、メジャーな「ホマキ」「まきまき」と並んで、wikipediaに載るくらいまで普及させることを目的として活動。単に語呂が好きなだけなので、そこまで堀北ファンとい...... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 23時25分

» 恋は魔術師 act.11-1 [ブルー・カフェ]
はじめに 恋は魔術師 act.10の続きです。 act.10が終わった時点で、スグIntermissionを書いて、そのままact.11に取りかかろうと思っていたのですが、物理的、精神的にちょっと辛くて随分間が開いてしまいました。 正直一時は「ブルー・カフェ」自体も休館にしようかと考えたこともあったんですが・・・なんとか持ち堪えられそうなので、引き続きお付き合い頂ければ幸いです。 何しろこの物語を完結させないことには気持ちが悪いし、最終章の最終回は書き上がっているので、ラストを目指して、既に出... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 23時52分

» 特上カバチ!! 第10話(最終回)敵は父! [レベル999のマニアな講義]
『最後の敵!それは父!!』内容田村(櫻井翔)が奮闘し解決したはずの大河内(江波杏子)の詐欺集団が不起訴処分となった。弁護士の鷲塚勝一郎(竜雷太)が示談をまとめきったらしく、全て終わった。検備沢弁護士(浅野ゆう子)から説明を受けても納得出来ない田村。だが...... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 23時53分

» 特上カバチ!! 最終話 「最後の敵!それは父!!」 [しっとう?岩田亜矢那]
裏社会に絶大なる影響力をもった、ヤメ検弁護士としては 田中森一受刑者がいるが このくらいの大悪党となると 部下が提携弁護士にみたいなセコイ事をさせていない というか、そんな所から足がついたら元も子もないしね。 しかし、「過払い金請求」 いったいどんな名目で依頼を受けたんだろう? これぞ、弁護士と司法書士の専任事項、 「This is 非弁行為」ですな。 確かに行政書士は身近な「街の法律屋さん」で 大阪府行政書士会にも「法務部会」なる専門部会は存在するが やはり、ドラマの主人公達のやっている行為は... [続きを読む]

受信: 2010年3月23日 (火) 00時06分

» 特上カバチ!! 最終話 「最後の敵!それは父!!」 [電視劇的随便日記]
どんなにすごい親子対決なのかと思ったら・・・。 [続きを読む]

受信: 2010年3月23日 (火) 01時43分

» 特上カバチ!! 最終回 (堀北真希さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆堀北真希さん(のつもり) 堀北真希さんは、TBS系列で毎週日曜よる9時から放送されていた日曜劇場『特上カバチ!!』に住吉美寿々 役で出演しました。一昨日は第10話(最終回)が放送されました。●あらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 00時22分

» 特上カバチ!! 最終話 [paseri部屋]
「特上カバチ!!」(最終話)を観ました。出演:櫻井翔堀北真希遠藤憲一渡辺いっけい田丸麻紀菊里ひかり浅野ゆう子(特別出演)上里亮太伊郷アクン高橋克実中村雅俊ほか坂口憲二中村靖日大野智(友情出演)竜雷太(特別出演)ほか田村は多重債務にあえぐ居酒屋の店主・水野(中村...... [続きを読む]

受信: 2010年3月25日 (木) 00時11分

« 天下の時勢切迫致し候、文久辛酉の年日本海海戦(坂本龍馬) | トップページ | 誰かがその奇跡を待っているコード・ブルー(山下智久) »