« 世界で一番鬱陶しいかもしれない男(櫻井翔)最後のカバチ(堀北真希) | トップページ | 恐怖!人体実験・物忘れの激しい男を愛した女(伊藤歩) »

2010年3月23日 (火)

誰かがその奇跡を待っているコード・ブルー(山下智久)

日本では医術と言う。そこでは古来、仁術と算術が問題になった。

どちらかと言えば日本では仁に善なるものを感じ、算に悪の気配を嗅ぐ。

それは貧富の差と貧困層の拡大が世の常だからだと思う。

しかし、算術を数学と考えると、それは科学のすべての基本であり、医術とは算術そのものであるとも言える。

たとえば、医師は薬を処方するがそれによって用法・用量を厳守することが患者に求められる。

決められた時間に決められた量の薬を投与しなければならないのはそれが毒にも薬にもなるからである。

そういう薬学としての算術とは別に本来のコスト・パフォーマンスの問題も現代に受け継がれている。

医療には金がかかるからである。

3/21に米国の下院議会は医療保険制度改革法案を賛成多数で可決した。賛成219、反対212という僅差の可決である。日本では一応ほぼ達成されている国民皆保険が、米国ではようやく実現に近付いたということである。世界一の国が国民皆保険でないのは意外かもしれないが、逆に言えばそうでないからこそ世界一なのだと言える問題である。

ここでその制度の是非については触れないが、要するに国民皆保険が絶対に正しい制度とは断言できないということを述べておきたい。

全ての経済活動は投資と運用の配分によって行われる。その目指すところが人間の幸福である以上、医術に金をつっこんだらそれに見合う恩恵を得たいのが人情なのである。

しかし、「命」に関するビジネスには限度というものが想定しにくいという側面が強い。

ここまでは費用の許す範囲でここからは費用の許さない範囲と意思決定することがかなり困難なのである。

医術は高度に発展し、発展することによって安価になるものもあるが、最先端ではかなりの浪費を要求される。たとえば昔は臓器移植という技術はなかった。現在はこれがあることによって延命方法が完全に変わってしまった。そして、臓器に需要と供給のバランスというかなり危うい側面さえも見出されている。

つまり、地球のどこかで誰かの心臓が誰かのために売買されている可能性があるわけである。

そこでは「命を救う」ことは「命を奪う」ことと全く同義語なのである。

このドラマではもちろん、それについて語られることは今のところない。もちろん・・・そういう主題を内包していないわけでもない。

本来の救命医療では救えなかったはずの命をドクターヘリ・チームというビジネスで救おうとする設定がそこにはあるからである。

キッドは命を粗末に考えるタイプなのでそこまでして命を救わなくてもいいのではないか・・・とも考えるが実際にドクターヘリの活動によって失うべき命を失わずにすんだ人間にとってはその恩恵ははかりしれないだろう。

コストに見合う性能があればそれは有効な道具であるのだ。

しかし、このドラマは実は、仁術のドラマである。その主題は人材育成だ。優秀な人材を集め、人命を使って訓練する。そういう目的にそって技術を習得していく若者たちの成長物語なのである。

そこには目に見えない大切なものを探る営みがある。

一言で言えばそれはハートである。高い機動性を持った医療スタッフが救命の現場で有効に機能するためのハート。そのハートがいかに得がたいものであるかをドラマは物語る。

つまるところ・・・ハートとは奇跡に他ならないからだ。

コードブルー・シリーズは1st Season、2nd Seasonを通じて「フェロー・ドクター」の専門研修の開始と終了を描ききった。それは当然、序章に過ぎない。

いくつかのシリーズ展開が考えられるのでそれを列挙しておくことにする。

①新たなるフェロー・ドクターの物語・・・新人の投入によって最初からやり直すことが可能である。

②卒業生たちのその後の物語・・・実戦配備されたドクターたちの次のステップを描くことが可能である。

③ドラマ手法の変更・・・たとえば「飛行機事故」の次のステップが考案されない場合、「24」方式も可能である。たとえば「救命病棟24時」ではマンネリ打破のために災害を「大地震一本」に絞るという展開を示したりしている。そういう意味では事故は一回でその発生から終息までの数日を濃密に描いてもドクター・ヘリの物語は描けるのである。

④もちろん、主人公・藍沢を中心とした大河ドラマ化でも問題はない

⑤より社会的な問題の深化・・・コスト・パフォーマンスの問題を追及していくという手は「救命病棟24時」でも試されている。まあ、成否は別として・・・。

・・・とにかくだ・・・続きが見たいのである。なぜなら・・・コード・ブルー・シリーズが好きだからだ。ものすごく好きだ。これのつづきが見られないなら人生は無意味である。

・・・・・・・・・・・おいっ。

忘れてたのだが本題に入る前に恒例の週末の視聴率チェック。「ヤマトナデシコ七変化」↗*7.9%(あげてきたーっ・・・平均*8.2%)、「スパイダーマン3」14.6%(最後が鬱だからな)、「ブラマン2」↘*7.7%(もしも3があるとしたら陰謀の一種だな)、「地下鉄サリン15年目の闘い」*8.8%(もはや風化か・・・)、「100の資格を持つ女3」15.9%(渡辺えりとりすぎ)、「龍馬伝」↘17.7%(ちょっと話が難しくなると・・・)、「特上カバチ」↘*7.4%(悲惨だ・・・)、「呪われた海賊たち」16.7%(カリブの人たち強し・・・)・・・ついでに「ハンチョウ」↘*9.4%、「コードブルー2」↘16.6%・・・以上。

で、『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 2nd Season・最終回』(フジテレビ100322PM9~)脚本・林宏司、演出・西浦正記を見た。かなり控え目な最終回だったと思う。海外ドラマのシリーズ展開とくらべたらしっかりとフリオチがあってすべてに一応の決着がある。そういう意味では実に由緒正しい感じの最終回だった。キッドとしては藍沢がまた査問にかけられそうな捨て身の治療活動中に機体残骸が崩壊して患者もろとも生き埋めになり・・・つづく・・・でもよかったと思うのだが・・・そこまでの過激さは求められないのである。お茶の間がついてこれないからだ。今でもかなり置いてけぼりにしていると陰口が囁かれるくらいだしな。

結局、世界は常に絶望的な状況だ

誰かの命を助けようとするものにとっては

とても満足できる状態ではない

完全な麻酔薬もないし

完全な止血剤もない

心肺はすぐに停止するし

脳死は超高速で訪れる

奇跡はなかった

希望すらなかった

絶望なんてどうでもよかった

でも患者にぴったりの治療法を医者はいつも探す

誰かが誰かにそっと寄り添うように

成田市沼田町の山林に胴体着陸したJEA21便(機体番号JA278J)は衝撃で分解し、満載されたジェット燃料は炎上した。乗客50名と搭乗員の安否が気遣われる。

ドクター・ヘリ・チームは緊急体制で

第一陣 三井(りょう) 藤川(浅利陽介) 冴島(比嘉愛未)

第二陣 橘(椎名桔平) 藍沢(山下) 緋山(戸田恵梨香)

第三陣 白石(新垣結衣) フライトナース2号(男) フライトナース3号(女)

・・・を現地に派遣する。

翔北病院救命センターの指揮をとるのは森本(勝村政信)である。

センター部長の田所(児玉清)は患者として手術中だった。

執刀医の西条(杉本哲太)は低体温下による心肺停止で止血をする循環停止法にチャレンジしていた。

しかし、タイムリミットを過ぎても処置は終らなかった。

西条「・・・さらに体温を下げて延長戦に突入します」

専門医「それでは・・・生還率が・・・」

西条「確かにリスクは高まる・・・しかし・・・ここでやめたら・・・すべてか終るのです」

西条は手術を見守る見学室の黒田(柳葉敏郎)を見た。

かってのライバルは無言で肯いた。

(・・・・・・・・その通りだ)

西条は心の中で答える。

(いつもの通りやるだけだ・・・たとえ初めての試みでも・・・)

田所の命をこの世に繋ぎとめるための作業は再開された。延長時間は20分である。

コミュニケーション・スペシャリストの轟木(遊井亮子)は地域航空管制室と連携する。

轟木「こちら翔北ドクターヘリ・CS・・・状況どうですか」

管制官「そろそろ・・・マスコミのヘリがハケダカのように舞い出している・・・救助活動の幸運を祈る」

轟「感謝します」

梶(寺島進)「こちらドクターヘリ1号機・・・最初の患者を搬送する・・・ドクターなしなので出迎えよろしく」

轟木「飛行ルートを送ります・・・10分で還れるはずよ」

梶「9分で戻る・・・次の患者が30分持たないそうだから」

轟木「了解」

轟木はモニターで天候状況を確認する。視界良好・・・風速微弱。

(・・・不幸中の幸いか・・・)轟木はお天気に感謝の祈りを奉げるのだった。

藍沢は救護本部を離れ、前線に出撃している。

体内にはアドレナリンが放出され、五感は鋭敏になっていた。

藍沢の脳内ではトリアージしたばかりの患者の声が反響している。

(燃え上がる機体に息子を残して・・・俺は・・・俺は逃げてきた・・・父親なのに)

周囲には救急隊員、レスキュー隊員が散開し、懸命の救助活動を続けている。

すでに安全確保がされているが・・・何が起こるか分からない状況である。

先行している橘が搬出できない患者にすでにとりついている。いくつかの破片となった機体の残骸に負傷者と死体がまだ動きを封じられている。橘は冴島を残し、次の目標へ向かう。橘は機首部分の残骸に進んでいる。それを見た藍沢は尾翼のそそりたつ方向へ足を向けた。

橘の指示に従い現場の負傷者に投薬処置をしながら、冴島は藍沢の姿を捉えている。

復活した鬼軍曹にも超感覚が生じ、意識は同時並行的に多機能集中している。

手抜かりなく処置を行いながら、周辺を見通すことができるのだ。

藍沢は単独で危険地帯に前進していくが冴島はそれを見逃さない。

(私の目が届くところにいる限り、藍沢先生を守る)

冴島は鬼軍曹としての魂に着火した。

藍沢は半ば地面に埋もれた後部客室の窓に引き寄せられる。覚醒した視力は獲物の気配を見逃さないのだ。その患者は子供のようだった。

藍沢が何かを発見したのを冴島は見逃さない。手元の患者の処置を終えた冴島は機体に向かって声をかける藍沢に駆け寄る。

冴島「藍沢先生」

藍沢「この窓の向こうに人がいる・・・左手の開口部から呼びかけてみるから・・・反応を観察してくれ」

冴島「わかりました」

藍沢は残骸に沿って回りこみ、匍匐前進で患者にアプローチする。

藍沢「おい、しっかりしろ・・・助けにきたぞ・・・俺は医者だ・・・」

藍沢は呼びかけながら座席番号をチェックするA21・・・それは子供を残してきた父親の持っていたチケットの座席番号と符号した。

(この子が・・・キタムラの子供だ・・・)

藍沢は直感する。

冴島「反応ありました・・・生きています」

藍沢「レスキュー来てくれ・・・ここに入りたい・・・」

レスキュー「残骸は動かせませんが・・・侵入路を確保することは可能です」

藍沢「それでいい・・・とにかく・・・入れれば患者に接触できるスペースはある」

レスキュー「危険ですよ・・・」

藍沢「なんとかしてくれ・・・生存者がいるんだ」

レスキュー「破片を除去して、少し周囲を掘ってみます」

レスキューは無造作に垂れ下がった意味不明のコード類をとりあえずとりのぞいた。

レスキュー「入れますが・・・慎重に願います」

藍沢「・・・ありがとう」

藍沢は患者にたどり着いた。

藍沢「よくがんばったな・・・」

患者「・・・あの・・・父さんは・・・どうなりましたか」

藍沢「キタムラナオキはピンピンしてたぞ・・・」

患者「そうか・・・よかった・・・」

藍沢「さあ・・・手当てするぞ・・・どんな具合だ」

患者「死ぬほど・・・痛いです」

藍沢「それは生きている証拠だ」

藍沢は診察を開始した。

(胸をやられている・・・動けないのはどうしてだ・・・足を何かにはさまれて・・・)

藍沢は背後にいるレスキューに叫んだ。

「このままではアシストを頼めない・・・何か方法は・・・」

「外側から窓を落とすことは可能です」

「それをやってくれ」

「内側にしか落せない構造ですので注意してください」

「わかった・・・」

与圧構造のために飛行機の窓は内側に向かって外れるようになっているのである。落ちてきた窓は藍沢を直撃した。患者を守るためなら何でもする藍沢だった。

(藍沢先生・・・無茶して・・・でも今のお顔を見せてほしかった・・・)

しかし、冴島が愉悦を感じたのは一瞬だった。

「酸素マスク落とします」

冴島は藍沢に手早く器具を手渡した。すぐに投薬準備にとりかかる。

藍沢は苦痛のコントロールの手順を考える。

(とりあえず・・・肺・・・しかし・・・いずれ・・・足を・・・)

後からふりかえれば父親が育児放棄をしたことで苦悩する藍沢に対してこの患者が与えられたことに神の陰謀の匂いを感じるものもいるかもしれない。しかし・・・人間には必ず父親がいるのである。そして死の危険を感じて子供を見捨てる人間は特に珍しくはないのだった。すべてはありふれた出来事なのである。そして出来事をどう感じるかは感受性の問題に過ぎない。

藍沢「君の足は血行障害を起こし、壊死した組織からミオグロビンなどの毒素が放出されるクラッシュ・シンドロームという病状になりかかっている。そうすると君の命は危険だ」

藍沢は患者の肺にたまった空気を抜く処置をしながら病状を説明する。

ユウキ「死ぬ・・・ってことですか」

藍沢「命を助けるために右足を斬る・・・」

ユウキ「うわ・・・もういいです・・・もう充分痛い目にあいました・・・このまま足を切られるくらいなら死んだ方がマシだ・・・もう痛いのはいやなんです・・・」

藍沢「すまない・・・それでも医者は命を優先するのが義務なのだ・・・」

藍沢は冴島に指示を出した。「この子の父親を呼んでくれ」

冴島は藍沢の意図を察した。

事態は同時平行的に進行している。ドクター・ヘリが三人の患者を空輸するのに要する時間はおよそ一時間である。それぞれのドクターの行動はその一時間の中に同時に凝縮されているのだ。

到着してすでに一人の臨終に立ち会った緋山は心を患者に対する恐怖で呪縛されたまま呼吸困難の男子小学生を診察する。

(死ぬ・・・この患者も死ぬ・・・私が殺す)

緋山の心は恐怖の予感に満たされる。

あきらかに元レディースの母親(中村綾)は子供を励ます。

「よかったね・・・先生来てくれたよ・・・」

FN3「緋山先生・・・指示を・・・熱傷でしょうか」

緋山「いや・・・火傷はたいしたことない・・・呼吸器が・・・」

緋山は傷だらけの医者魂を自ら鞭打つ。

(しっかりして・・・あなたは医者でしょ・・・聴診器を・・・使うのよ)

緋山は呼吸困難の原因を探るべく・・・胸の音を聞く。

安堵した元ヤンの母親は緋山に縋る。

「どうですか・・・先生・・・うちの子・・・大丈夫ですか・・・」

「うるさい・・・聴こえないのよ」

「・・・あ・・・すみません」

「・・・いえ・・・こちらこそ・・・すみません・・・ヤキ(リンチ)は勘弁してください」

ヤンママ(元ヤンキーのママ、ヤングなママの略にあらず)は自制した。おそらくヘッド(総長)経験者なのである。

緋山は救援を要請した。

「緋山です・・・患者は呼吸困難ですが・・・原因不明です・・・誰か助けてください」

現場を指揮する橘が答えた。「みんな手が離せない・・・とりあえずエコー(超音波画像診断)だ」

(そんなのイヤ・・・もう患者を殺すのはイヤなの・・・)押し寄せる恐怖心に抵抗しながら緋山は叫んだ。「エコー、エコー持ってきて」

通りすがりの救急隊員がその声を聞いた。助けを求める声は救急隊員には神の声なのである。

緋山はエコーが魔法のように届いたことに戦慄する。

(悪魔が・・・私に・・・患者を殺させようとしている)

緋山の目にはエコーの機械は呪われた魔神のように映っている。

後からふりかえれば子供を失った母親の喪失感のとばっちりを受けて患者と患者の家族対する不信感が生じて苦悩する白石に対してこの患者が与えられたことに神の陰謀の匂いを感じるものもいるかもしれない。しかし・・・人間には必ず母親がいるのである。そして子供を失った母親が我を忘れて世界を呪うことは特に珍しくはないのだった。すべてはありふれた出来事なのである。そして出来事をどう感じるかは感受性の問題に過ぎない。

緋山が医療訴訟未遂の後遺症に苦悶している頃、白石父娘は墜落現場で親子喧嘩を続けていた。

白石「とにかく・・・後方に下がって治療を受けてください」

博文(中原丈雄)「ええい、手を離さぬか、この小娘」

白石「お父さん・・・」

博文「ここで必要なのはけが人じゃなくて医者だろうがっ」

白石「お父さん・・・」

最前線に突出した前進救護所(テント)で救急隊員が声をあげる。

博文「さあ・・・外科医の出番だ・・・私が助手をするよ・・・内科医だって医者は医者だ・・・素人よりも使えるぞ」

白石「お父さん・・・」

博文「娘と一緒に治療できるなんて・・・お父さん、最高にうれしいよ」

親子医師はテントに駆けつけた。

後からふりかえれば余命いくばくもない父親に冷たい言葉を投げかけたことで苦悩する白石に対してこの患者が与えられたことに神の陰謀の匂いを感じるものもいるかもしれない。しかし・・・人間には必ず父親がいるのである。そして年頃の娘が父親を疎ましく感じることは特に珍しくはないのだった。すべてはありふれた出来事なのである。そして出来事をどう感じるかは感受性の問題に過ぎない。

白石「心音が聴こえない・・・とりあえず開腹する」

即決して術医を羽織ろうとする娘に父は言った。

博文「聴診器貸してくれ・・・」

父親は熟練の耳で病因を聞き取る。「これは心臓破裂だ」

白石「空耳じゃないの・・・とにかく開胸してみる・・・」

博文「心破裂による出血が心外膜に貯留しているぞ」

白石は開胸器で胸を開き、心臓にメスをいれた。

白石「心タンポナーデ・・・お父さん大正解・・・すごーい・・・どうしてわかったの」

博文「お前も大きくなればわかるぞ・・・」

白石「冗談はそこまでよ・・・動脈遮断で止血するから術野を確保して・・・」

博文「はい・・・先生」

白石「サテンスキー」

患者の娘「おどー(父)はたずかるんだろが(助かりますか)・・・おら(私)東京さに彼がいて遠距離恋愛しでんのそだわけでおどーと東京さでかけて彼にあわせだら喧嘩になっておらおどーにおめなんか土いじりするしか能ねぇんだとかバガにしでじまっで(私は父親にどん百姓に何がわかるとか悪態をついて)このままおどが死んだらいくら青森県人だば心が痛んでしばれるんだすよ」

白石「お父さん・・・娘さん・・・反省してるみたいですよ・・・お父さんに内緒でお腹に子供もいるみたいですよー・・・お孫さんができたんですよー・・・その顔見ないでどうするんですか・・・がんばってくださーい」

博文「・・・」

白石「いやだ・・・お父さん・・・私は妊娠してないよう・・・」

博文「なんだ・・・ガッカリだな」

白石「これで私も妊娠してたりしたら・・・ドラマとしてやりすぎだもの」

博文「まあ・・・もう充分、シンクロニシティが過ぎると言われそうだがな」

白石「意味のある偶然の一致なんてすべて気のせいなのよ」

教養ある父と娘が救急医療の合間に分析心理学における共時性について雑談している頃、藤川は患者となって戻ってきた救急隊員細井(永岡佑)と対話をしていた。後からふりかえってみれば最終回で描かれる唯一の死に至る患者が細井であることは神の甘さを物語るようであるがそれも気のせいなのである。

人間は常に生と死が五分五分の今を生きているのであり、藤川は患者を一人救うことでもう一人を殺す。実に生にも死にも公平な配分と言えるだろう。

もちろん・・・患者を治療中に自らが感電して仮死状態になったこともある藤川が患者を死に至らしめる確率は他のドクターよりやや高めであることは言うまでもないのだ。

藤川「どうやったら・・・こんなもの・・・こんなところに刺せるんだ」

細井「残骸から患者を引きずりだした時、転んだんだですよ」

藤川「そこにこれがあったの・・・」

細井「患者の影に隠れてたんですよ」

藤川「これ・・・何・・・」

細井「さあ・・・なんかのシャフトじゃないかって言ってました」

藤川「そうか、先端から先は切断したんだ・・・ともかく頚動脈スレスレだから絶対安静だよ」

細井「1ミクロン(0.001ミリ)も動きません」

藤川「あはは・・・それじゃ息もできないよ」

細井「あはは・・・ガクッ」

藤川「ほ、細井くん」

細井「冗談ですよ・・・落ちこぼれ同志、末永くよろしくお願いします」

二人は仲良しだった。これはシンクロニシティではなく「類は友を呼ぶ」で説明できる必然である。

藤川は細井の希望で搬送の順番を変えたように話を合わせる。もちろん・・・そんなことで順番は決まらない。状態の安定している細井にはまだ順番がまわってこないのである。しかし、患者に合わせることに関しては藤川は充分に落ちこぼれではないのだ。

藤川は次の患者に向かっていた。骨盤骨折の患者だった。

橘は自分の患者を診ながら状況を把握している。本部にいる三井はすでにトリアージを終えて治療に入っている。藍沢はおまかせでいい。藤川と緋山を同時にコントロールできるかと言えば・・・少し無理かな。

前進基地の橘「・・・というわけだ」

救命センターの森本「なるほど・・・猫の手も借りたいのか・・・」

森本はナース辻(恒内彩未)を呼んだ。

「黒田先生を呼んできてくれ・・・これが最後の出番かもよ・・・」

辻はきりっとした顔で黒田に伝言を伝えた。

田所部長の手術は延長時間を半分使い、終了していた。

西条の顔に勝利の喜びが浮かんでいる。それを感じながら黒田は慣れ親しんだ手術室を後にする。

黒田「お前の呪いのせいでこんなことになった黒田だ・・・」

藤川「黒田先生・・・」

黒田「どうした・・・」

藤川「左足と右足の変色が・・・凄いことになっているんです」

黒田「バイパスを作って血流を確保しろ・・・何か人工血管の代わりを探せ」

藤川「FFバイパスですね」

黒田「その通りだ」

藤川はもちろん、誰よりもたくさん患者の命を奪っているのでそこそこ使える医者になっているのだった。

黒田「血流を再開させるときに注意しろよ」

藤川「血流増加による血圧低下ですね・・・」

黒田「その通りだ・・・」

藤川「前に同じ症状で二人殺してますから」

黒田「二度あることは三度あるぞ」

FN2「心停止です」

二人「やはり」

藤川の相手を黒田に任せた橘は緋山をフォローする。もちろん藤川より緋山がかわいいからである。

橘「どうなっている」

緋山「今・・・エコーしてます」

橘「どうだ・・・」

緋山「うわっ、なんじゃこりゃ・・・見たこともない白いかたまりが・・・」

橘「おちついて・・・説明しろ」

緋山「なんだかごちゃごちゃまだらになってます」

橘「横隔膜破裂だ」

緋山「ええー」

橘「消化器系内臓が持ち上がって肺臓を圧迫しているんだ」

緋山「そんなー」

橘「お前が開腹手術で内臓をひきさげろ」

緋山「やだー」

橘「かわいいのもほどほどにしておけよ」

緋山は勇気を振り絞ってメスを握る。

しかし、そのメスからは妖気が立ち上る・・・。

(人殺し・・・人殺し・・・お前はまたもや人殺し)

緋山の身は縛られた。

ヤンママ「どうしたんです、先生」

緋山「じぇきましぇん・・・できないのです・・・私に手術なんか無理なのです」

ヤンママ「なんだと、こら」

緋山「私、四週間も独房入りだったのです。だからずーっと手術してないし、下っ端の医者だし、責任とれないし・・・」

ヤンママは唖然とした。それから周囲を見回した。他の医療スタッフは誰一人手が空いていなかった。ヤンママは覚悟を決めた。

ヤンママ「先生、そりゃ、アタシだってアンタじゃない医者にお願いしたい気持ちだよ。だけとぶっちゃけ無理なんだろ・・・ここにはアンタしかいないんだから・・・だけどアタシはね・・・ついてなかったなんて思わないよ・・・喧嘩の勝ち負けなんて最後までわからんもんね。アタシは先生にかけてやるよ・・・その代わり、ガキを殺されたらアンタを殺して私も死ぬ」

緋山「・・・その手をどけな」

緋山の喧嘩魂に火がついた。売られた喧嘩は買う。それが緋山の本質なのである。

緋山「やってやるよ・・・黙ってみときな・・・アタシがマジになったらどんだけかってとこをさ」

ヤンママ「マジっすか」

緋山はドスを抜くと一気に切腹して、内臓を引きおろした。

緋山「で、どうするんです」

橘「タオルでもつめて腹を閉じろ」

緋山「なるほど・・・人間ぬいぐるみか」

ヤンママ「どうなったのよ」

緋山「見ての通り・・・ボンボンのガッツの勝ちですよ」

ヤンママ「先生・・・ありがとうね・・・なんてお礼したらいいか・・・」

緋山「その一言で充分す・・・」

緋山の心は晴れた。長いトンネルの向こうには春の風が吹いていた。

橘「よくやった・・・よくやったぞ・・・緋山」

緋山「私・・・患者がこわくてこわくて・・・でも・・・本当にこわい思いをしているのは患者さんだった。私って医者失格ですね・・・」

橘「人なんて弱くて当たり前だ」

緋山「でも・・・」

橘「でも医者は強さを求められる」

緋山「・・・」

橘「難しいが・・・お前は得意じゃないか・・・心を隠して強がってみせるのが」

緋山「橘先生・・・おっと・・・あぶない、あぶない・・・口説き落とされるかと思いましたよ」

橘「ちっ」

処理の終った三井は橘と合流した。

三井「残念だったわね・・・でも緋山を救ってくれてありがとう・・・」

橘「俺はずっと後悔していたからな・・・」

三井「私を捨てて逃げ出したこと・・・」

橘「弱かったのは・・・俺だ・・・ごめん」

三井「その弱さが・・・あなたの魅力なのよ」

橘「・・・」

緋山「あの・・・無線・・・オンになってますけど・・・」

二人「ええーっ」

冴島は漸くユウキの父親ナオキを発見した。父親は命の危険を感じて息子を置き去りにしたことで自分を責め苛んでいた。

冴島「息子さんは生きています」

ナオキ「ええーっ」

冴島「一緒に来てください」

ナオキ「だけど・・・私には息子に会わせる顔がない・・・行っても何もできないし」

冴島の瞳に鬼軍曹の炎が燃えあがった。

冴島「あなたのことはどうでもいい・・・生きている人間が何もできないなんてことはないのです・・・そばにいて励ましてあげるだけでいいのです」

ナオキは背筋を伸ばした。

藍沢は手術の準備を終えていた。

ナオキを冴島が連行してくる。

冴島「患者の父親を発見しました・・・」

ナオキ「私は・・・私は・・・」

藍沢「親が子供を見捨てたことは褒められたことではありません。しかし、これから足を切断します。人間には命を粗末にするタイプがある。時には苦しんで生きるよりも死んですべてを失いたいと考えることもある。しかし・・・誰かがいればその誰かのために苦しみに耐えようと考えることもある。息子さんは迫り来る死の恐怖の中であなたの身を案じていました。あなたが無事だと知って喜んでいました。どんなに最低の親でもいないよりマシかもしれません・・・少なくともあなたのお子さんはそう考えているみたいだ・・・」

ナオキ「ごめん・・・ごめんユウキ・・・父さん、ここにいるぞ・・・ユウキ・・・許してくれ・・・ユウキ・・・死なないでくれ・・・元気になって・・・父さんと恐山怪奇ツアーに一緒に行こう・・・」

藍沢は微笑んで右足切断を開始した。

長い一日が終わりドクターヘリチームのドクター帰還が始まっていた。

第一陣・・・白石父娘チーム。

病院に戻った父親は蒼白になる。

娘「どうしたの・・・」

父親「アドレナリンが切れた・・・足が痛い・・・」

娘「まーっ、骨折してるわよ・・・お、お父さん・・・担架ーっ。担架持ってきてーっ」

第二陣・・・藍沢・冴島チーム。

ナオキ「あの・・・息子は・・・」

藍沢「損傷が激しくて・・・足の接合は無理です・・・息子さんは右足を失うことになる。どうか・・・支えてやってください」

ナオキ「・・・息子を助けてください」

藍沢「もちろん・・・それが医者の仕事ですから・・・」

ナオキ「ユウキーっ。がんばれーっ。父さんも電車ですぐに行くからなーっ」

冴島「いいお父さんでよかったですね・・・うらやましいですか」

藍沢「・・・別に」

第三陣・・・藤川・細井ペア。

藤川「よくがんばったな・・・」

細井「がんばれ・・・って・・・強くなれって・・・誰かに・・・ガクッ」

藤川「おいおい・・・かぶせるのかよ・・・ん・・・細井・・・細井くん」

FN2「VF(心室細動)です・・・出血が・・・」

藤川「心マ・・・」

時には悲しんだり

時には喜んだり

胸にしまってあった

もやもやがあった

でも誰かを救いたかった

たまらなく君を救いたかった

日没が迫り、ヘリの運用は終了した。

梶は細井が愛機の床に流した血を洗浄している。

冴島が備品の補充に現れた。今日もたくさんの救えなかった患者を見送ったのである。

梶「突然・・・死んでしまうってどんな気分なんだろうな・・・」

冴島「私と彼(ALSで死亡した田沢)は幸せだったのかもしれません。死ぬとわかってから長い長い大切な時を過ごせましたから・・・」

梶「その気持ち・・・ちゃんと胸にしまっておけよ」

冴島「もっていきますね・・・藤川を応援していたのに・・・一番いいところを・・・」

梶「キャリアだよ・・・それにどうせ次のシーズンのお楽しみなんだろう」

冴島は休暇を取った。桜の季節が訪れたからである。田沢との最後の約束を果たすためにお出かけしなければならないのだ。

「・・・桜が咲いたら・・・一緒に・・・お前と・・・(電子音)このメッセージを消去する場合は③を・・・」

冴島は満開を少し過ぎた桜を見上げた。

「迷ってたら・・・もう葉桜になっちゃった・・・でも・・・約束は果たしたよ・・・さようなら・・・あなた」

冴島は③を選択した。田沢の最後の声は永遠の向こうに消え去った。

藤川は黒田に「フライトドクター認定の報告」をした。

黒田「お前が卒業できるなんて・・・思ってもみなかったよ」

藤川「卒業できたらすごくうれしいかと・・・思いましたが・・・卒業したらすごく不安になりましたよ」

黒田「そりゃそうだ・・・フライトドクターなんて汚れ仕事だものな・・・患者を救うより殺すことの方が多いかもしれん」

藤川「でも殺した患者のためにも誰かを助けたいんです」

黒田「その通りだ・・・お前は最低だけどな・・・がんばってせめて五分五分を目指せ」

藤川「せめて・・・生存率を三割にしたいです・・・今、担当患者の死亡率七割超えてるんで」

田所は無事に生還した。

田所「残念でしたね・・・」

緋山「遠回りすることになってしまいました・・・」

田所「私と・・・一緒ですね」

リピート・フェローシップ(留年)を決めた緋山の前に翼の母親・直美が現れた。

直美「私のせいですよね・・・先生が落第したの・・・」

緋山「いえ・・・それだけではないですから」

直美「私は・・・同意書にサインしたかった・・・そうすれば・・・緋山先生を傷つけることはなかったのに・・・」

緋山「私も・・・今ではサインを求めるべきだったと思います・・・そうすれば・・・がるるなお兄さん(松田賢二)の・・・心を乱さないですんだかもしれなかったと・・・でも・・・すべては終ったことですし・・・それでよかったと思うのです・・・なによりも・・・あなたが私をたずねてくださって・・・こうして話せたことが・・・私はとてもうれしいのです」

直美「先生・・・ありがとうございました」

緋山「翼くんのことは・・・一生忘れません・・・」

二人の優等生は肩を並べていた。

白石「ごめんね・・・命日、シフトを替わってあげられなかった・・・」

藍沢「別に墓参りはいつでもいい・・・生きている親にお前が何かをしてあげることの方がずっと大切だろう・・・」

白石「ありがとう・・・それで卒業後の進路はもう決めたの・・・」

藍沢「それを最初に言う相手は決めてある」

白石「ふふふ・・・私もよ」

藍沢は祖母・絹江(島かおり)と二人・・・母の眠る場所へ歩いていた。山の上の墓地は駅から遠い。

藍沢「疲れただろう・・・おんぶしてやるよ・・・昔はこのあたりでよく駄々をこねた・・・疲れた・・・ジュース買ってくれ・・・もう歩けない・・・おんぶしてくれって・・・」

絹江「ごめんよ・・・お前には誰よりも強くなってもらいたかった・・・だから親のいないお前を厳しく育てた・・・どんなにか辛かっただろう・・・」

藍沢「おかげで俺は強くなったと思う・・・それにばあちゃんがいたから淋しくなかったし・・・」

絹江「・・・」

藍沢は小さくなった祖母を背負った。その軽さが藍沢の心を甘くせつなく刺す。

墓には先客がいた。藍沢を捨てた父・誠次(リリー・フランキー)だった。

「来ていたのですか・・・」

「死んだことにしていたので・・・いつも隠れてきていた・・・」

「そうか・・・ばあちゃんがずっとついていたウソって・・・そんなことだったんだ・・・」

「まあ・・・君に会わせる顔のない男ですから・・・フライトドクターになったんだってね」

「・・・」

「そういう優秀なところはお母さんに似たんだね・・・俺に似なくてよかったよ・・・」

「まあ・・・あなたにあってからずっと思っていたことがありますけどね」

「なんだい」

「あなたの手は・・・僕に似てますよ・・・あなたの手が俺の頭を撫でてくれたことを・・・その温もりを俺は今も覚えています・・・」

「・・・」

「来年は命日に来てください・・・お父さん」

父は息子を・・・息子は父を取り戻した。

藍沢は修行のために脳外科を選んだ。西条が学ぶべき技術を持っている最高の医師だからである。

白石の父親の退院の日が来た。

娘「お父さん・・・もう少しゆっくりしていけばいいのに」

父「そうはいかん・・・世界が私を待っているのだ・・・スケジュールぎっしりだぞ・・・使いやすいのかもな・・・ギャラも手頃だし・・・」

娘「私・・・お父さんみたいな・・・治療に夢中で骨折しているのに気がつかず、家族に叱られて凹むような・・・そんな医者になりたいの・・・だから長生きしてください」

父「ああ・・・娘にそんなこと言われたら・・・時間よとまれ・・・って本当に思うよ・・・」

藤川のコントその①

藤川「森本先生と轟木さんが・・・ヨリを戻しました」

梶「キャンセル料が惜しくなったのか・・・でも証拠はあるのか」

藤川「今・・・チューしてましたーっ」

一同「ええーっ」

藤川のコントその②

緋山「なにモタモタしてんのよ・・・フライト・ドクター・・・それでもフライト・ドクターなの」

藤川「ダブリのくせに生意気なんだよ」

緋山「ああ・・・もう見てられない・・・どいてよフライト・ドクター・・・こうやるのよ・・・こう」

藤川「・・・う、上手い」

黒い脳外科医の制服を身につけた藍沢は微笑む。

「まったく・・・あいつらはいつも通りだな」

白石はポーカー・フェイスでつぶやく。

「うらやましいくらいにね・・・」

別に素晴らしい技術がなくてもいい

疲労困憊していて見栄えがしなくてもいい

助けを求める患者はいつも医者を待っている

決して捕まえることの出来ない

花火のような光だとしたって

もう一回 もう一回

彼らはその手を伸ばすのだろう

希望があることはすでに奇跡のようなものだからだ

関連するキッドのブログ『第10話のレビュー

話が終っていないことがちょっぴり不満な天使テンメイ様のレビュー(ピリ辛)

Hcinhawaii0632 ごっこガーデン。ドクターヘリと藍沢と冴島と橘と三井と田所で記念撮影。mari夕陽日没コールド藍沢Pちゃんとしばしの別れなのです。人は一人では命を大切にしないは名言ですね・・・。誰かを許すことは自分を許すことでもあります。完璧ではない人間はそうやって身をよせあって様々な困難に耐えてきたのですねぇ。いつか分かり合える日の来ることを信じて今日を生きる物語なのです・・・最後は黄金のパートナーシップを見せた冴島で決めました~シャブリ例によって終盤、登場人物多すぎでありました~。ただ今、突貫工事中ですーっ・・・本編だって前日まで収録していたすべりこみ最終回、みんな切羽詰るのが好きなのでありましたーっikasama4くどいほどに飽きるほどに重ねて重ねて重ねまくるエピソードの数々、もはやパズルの世界でしたな。ある意味、どこまでがストーリーでどこまでがテーマなのか分別不可能です・・・脚本家・・・ゴミ出し苦手なのかもしれません・・・もちろん・・・噛めば噛むほど味は出る・・・趣味のドラマであることは間違いなしですくう濃密な90分だったわ~。緋山があそこで助けなかったら湘北病院はレディースの集団にきっと囲まれたと思います。藍沢はついにあの父を許すまでの境地に・・・もうどこまで神になっていくのか・・・そして長めのテーマ・ソング・・・いろいろあるだろうけど3rd Seasonもこれだといいなあ。インサートも最初からのを混ぜてどんどん大人になっていく過程を見せていく・・・ゴッド・ハンド・パンチとか・・・もはや大河ドラマだわ~

Hcinhawaii0633  ごっこガーデン。翔北病院で藍沢と白石と緋山と藤川とナース辻と謎のJKで記念撮影。エリ楽しい日々はあっという間でスー。放心状態・・・ですyon!・・・シーズン3が待ち遠しいのでスー。フェロードクターたちの群像劇でありながら・・・あくまで美しい主役がせつないまでに輝く作品なのでスー。はうぅん・・・。脳外科篇がシーズン3・・・心臓外科篇がシーズン4なのかしら・・・それともそれはSPで・・・戻ってきたところでシーズン3なのかな~。みんなビッグになってスケジュール調整大変そうでスー」お気楽そっかー・・・藤川だったのね・・・森本かと思ってたのに・・・チューのサービスはないの・・・制服黒になったらコード・ブラックになるのね・・・ジョーの髪型は鬼太郎みたいにならないといいけど・・・まこむふふ・・・コードブルーの世界にひっそりと潜り込むブラッディ・マンディーの二人・・・次はここで地球再起動計画の陰謀を練るのでしゅ~。その前に食堂で翔北ランチを食べるのでしゅ~。次は謎の月の恋人でしゅか~。アンナちゃんが目覚めるのでしゅね~。月極めの社長の愛人の話だったらびっくりでしゅね~みのむし皆さんお疲れ様でした~、これから冬ドラマの反省会をしますよ~。もう・・・コードブルーは内容的には救命病棟を超えましたね~とか~ぶっちゃけてくださいるるる・・・進藤先生ファンは涙目ですけれど~さよならは別れの言葉じゃなくて再び逢うまでの約束なのですね~。桜の季節に・・・田所先生、白石(父)先生、そして絹江さんの長寿をお祈りします・・・でも白石(父)先生は・・・写真になっているかもです~グスン

水曜日に見る予定のテレビ『シューシャインボーイ』(テレビ東京)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 世界で一番鬱陶しいかもしれない男(櫻井翔)最後のカバチ(堀北真希) | トップページ | 恐怖!人体実験・物忘れの激しい男を愛した女(伊藤歩) »

コメント

こんにちは~
>(仮記事です・・・冬ドラマも終了したので・・・のんびり更新する予定です)
同感でございます!!(笑)
わたしゃ、ウェルかめ25話から見なくちゃ~~
比嘉愛未さんのブログには、次はシーズン3で、みたいな言葉が 動画のなかで言ってました。
http://higamanami.vision-blog.jp/
まあ、冗談なんでしょうけどね。
でもSPならやりそうな予感がします。

投稿: シャブリ | 2010年3月23日 (火) 14時35分

wine▯▯black rabbit▯▯シャブリ様、いらっしゃいませ▯▯black rabbit▯▯wine

まあ、なんだかんだ言って
つまらないドラマなんて基本的にはないのですが
ああ・・・書いておきたいと
思わせるドラマはシーズンに一つか二つ・・・。
そして今季はこれだけなのですな。

もう・・・汲めど尽きぬ井戸の水です。

まあ・・・単にヘリコプターのような
メカが主軸となるドラマは
もうそれだけで貴重ですからねえ。
毎回、ドクター・ヘリがとにかく可愛いのです。

そのコクピットにおさまる
比嘉愛未の好感度はものすごくマックスでございます。

そしてフィナーレを飾る大惨事。

無数に行きかうプロの男たち・・・。

そしてそれを調べるシャブリ様。

哀愁ですな。男たちの哀愁でございまする・・・。

投稿: キッド | 2010年3月24日 (水) 09時59分

キッドさん、こんにちはhappy01

長い長いレビュー、お疲れ様でした。
今回も泣かせていただきましたcrying

月曜日の「めざましテレビ」でクランクアップの映像が流れていましたが、
山下君が「この物語はまだまだ続くと思うので、終わらせないように頑張りたい。
とりあえず、区切りなので」などとおっしゃっておられましたわ。
3rd Seasonも決定のようですね。

藍沢が脳外科に行った時には、そう来るか!と小躍りしました。
藤川にとっては憧れだったフライトドクターも、藍沢にとっては単なる通過点。
心臓外科も経験してスーパードクターになって、帰ってくるのねlovely
その時、元の仲間がどれだけいるのかが、心配でもあり、楽しみでもあります。
(妄想の世界では、他科の女性陣も大変なことになりそうですが)

などと思っていたら、バチスタの予告を見て、びっくり。
救命の世界も食傷気味にならないかと心配です。

もう一つ心配なことは、そんなことしていたら、次はいつですか~ということですね。
アナログテレビが終わっちゃうよ~。
本放送も楽しみですが、キッドさんのレビューも(ある意味本物以上に)楽しみなのに、読めなくなったらどうしよう、とのことです。
このブログも、ぜひ地デジ対応をお願いしますねwink

次々と最終回を迎える冬ドラマですが、私は「咲くやこの花」があるので、
まだ気が抜けないのでした。

来季も、いいドラマに巡り合えるといいですね。
また遊びに伺わせてくださいねhappy02

投稿: mi-nuts | 2010年3月24日 (水) 11時39分

ぎゃぼー!浜辺を歩いてたような気がするのに、
気付けば病院に到着してました~。
Jお兄ちゃんてば、何を考えてるのかさっぱりデスbearing
てか、Jお兄ちゃんのお名前何だっけ???
K☆まこは、まだボケが治ってないみたいなので、
このままこの病院に入院して、藍沢先生に診て貰う事に
しますデスhospital
退屈な入院生活は、賭けオセロで解消なのデス。
もちろんカモは藤川で決まり!彼になら勝てそうだもんnote
てか最悪、脅してわざと負けさせる事も出来るし~smile

投稿: まこ | 2010年3月24日 (水) 17時10分

終わりましたねぇ。
本当にキッドさんのおっしゃるとおり
救命を超えてしまったかもですわ。
っていうか。江口なぜいつも収録の前に
骨折する~。と恨みごとの一つでも
言いたい気分でございます。
まぁ。救命4のほうは脚本家さんも
病気ものの脚本に慣れてなさそうな
感じでしたのでいたしかたないにしても・・・
若いもんにここまでやられて
何も思わないのか?と思ってしまいましたよ。ププ

投稿: みのむし | 2010年3月24日 (水) 18時55分

キッドさん、2010年1月期ドラマレビューお疲れ様でした。
怒涛の最終回だった「コード・ブルー 2nd season」、有終の美を飾りましたね。ボロッボロッ泣いておりました。。泣き所が多すぎで…。

スーパードクター山Pは育て親の祖母に謝意を述べ実父をも受け入れ(どれだけ出来た子なんでしょうconfident)、白石は余命少ない父親に思いの丈をぶつけ、緋山は患者と向き合う勇気を自ら手にし、藤川はいつの間にか機敏な動きになり、そして冴島は軽快なフットワークで今日も現場をガシッと支える――。連続ドラマが力を失ったと言われて久しい昨今、久々に心に沁みたシリーズ全11話でした。

単なるメカ活劇でもない、お涙頂戴ベタドラマでもない、医療テクを次々繰り出し救出奇跡劇を水戸黄門形式にやるわけでもない、、このドラマをなんと表現したら良いのでしょうか。音楽・佐藤直紀も「海猿」「ハゲタカ」「龍馬伝」に続き、良質な音楽を提供していたと思います。

某海外医療ドラマのパクリだとか、死亡フラグが多すぎとか、山Pの演技が駄目とか(まあジャニタレ自体嫌う人がいるので仕方ないですが)、いろいろ悪評も聞かれますが、、製作陣にはこの調子で作って欲しいものです。

ちなみに、殺伐とした医療現場に咲いた一輪の花の如く女性陣が可愛すぎでしょうがないんですがcoldsweats01、個人的にはフライトナース冴島(比嘉愛未)に一票を。
彼女が朝ドラ主演時、「めちゃイケ」で朝ドラ共演者・雛形に「(比嘉を)『ぽっと出の新人がっ!』って思ってんだろ(笑)」と周囲が突っ込みを入れてました…が、その当時新人さんがこんなにも芯が強く、心根が優しい役を好演しているのだと思うと、ちょっとうれしいのですね。

投稿: inno-can | 2010年3月24日 (水) 22時05分

とうとう!終わってしまいました~♪
ラストのエンディングがシリーズ1,2合わせての映像だったので、もう終わりなのかな~って寂しくなりました。

ラスト、まさかの藍沢先生が脳外科に行ったとはビックリ!
でしたが、3話くらいから西条先生との絡みが多くなり
9話で脳外科手術一緒にしてたな~って付箋があったんですね
番外編、脳外科に行った藍沢先生(笑)なんてあったら
面白いのにな~って願望が出ちゃいました。
でも、脳外科行って、心臓外科行って救命に戻ってきたら
本当に最強でしょうね~(ちょっと盲目です(笑))

ちょっと心配ですが、藤川先生もフライトドクターになれましたし、白石先生は、きっと、素晴らしいドクターになれるでしょうね♪
やっぱり、緋山先生はダメでしたが、
ちょっと、緋山先生のシーンではイラッ!としてしまい
チャンネル変えちゃいそうでしたが、良かったです。
なぜ?最終回、視聴率あがらなかったんだろう?
ちょっと、残念ですがシリーズ化されて欲しいな☆

キッドさん、お疲れ様でした!!
春は、阿部ちゃんのドラマを楽しみにしてます♪

投稿: ユキヒョウ | 2010年3月24日 (水) 22時20分

crown✭クイーン・オブ・ザ・ランチ✭mi-nuts様、いらっしゃいませ✭親切百回接吻一回✭parking

泣いていただきありがとうございました。
その後でニヤニヤしてもらえたら最高でございます。

そうですね。もちろん続くと思います。
終らせないようにがんばるとは
真摯な言葉ですね。
心身ともに健康でなければならない。
スキャンダルなどで問題を起してはならない。
スターとして人気を保持しなければならない。
あらゆる意味で
長期シリーズの主役を勤めることは
至難の技なのでございます。
もう・・・私生活でもストイックでないと・・・。

なにしろ・・・主人公のキャラクターが
そのまんま・・・条件にピタリです。

脳外科は最先端でもありますしね。
コード・ブルー外伝として
「脳外科医・藍沢耕作」は
充分成立いたします。

白石・緋山・冴島のライバルは
続々登場ですな。
たとえばグラマーな脳外科医・長澤まさみとか
グラマーな脳外科医・北川景子とか
別シリーズのヒロイン投入とか
ケータイナース堀北真希とか
ダークナース相武紗季とか
藍沢の夜の神話・伝説は次々に・・・。
メロドラマ展開としては
腹違いの妹・大政絢とか・・・。
親友の彼女・鈴木杏とか・・・。
妄想的にはどこまで行くのかっでございます。

まあ、後藤法子には後藤法子の医学ノリがあるので
別モノなので大丈夫でしよう・・・。

救命ものは不滅です。

そうですな~。
再開時期の問題はありますな。
地デジ移行問題もありますが
キッドの寿命問題も・・・。

まあ、その答えはいつだって
風に吹かれてるのでございます。

そこまで心配いただけて
感謝です。

「咲くやこの花」も
クライマックス・・・ラスボスは師匠展開で
盛り上がっておりますな。

松坂慶子VS成海璃子って
組合せだけでも爆笑です。

来期は(月9)(土9)(日9)の九時トリオに
「警部補・矢部謙三」(金)
このあたりが気になるところ。

そうなるとスケのジュール的には
(何時代の表現なんだよ)
(月)月の恋人
(火)↓
(水)
(木)↑
(金)矢部
(土)怪物くん
(日)龍馬伝
(日)新参者

ということになり、春ドラマは
(火)のドラマのレビューが消滅する可能性があります。
(水)は松雪・若菜・倉科の渋い三姉妹に
おなじみ渋い「臨場」
そして韓流としては渋い「アイリス」が激突。
好みの問題はともかく
虐待・殺人・陰謀と
どれも書けそうな素材。

(木)上野樹里と瑛太で北川悦吏子だと
チェックせざるを得ない。

う~む。
上戸彩(火9)と加藤あい(火10)・・・風前の灯です。

また来期もよろしくお願いします。

投稿: キッド | 2010年3月25日 (木) 03時41分

cute●no choco●まこ☆ミキ様、いらっしゃいませ●no choco●cute

まこお嬢様、
Kが安斎真子
Jが神崎潤
ですぞ~。
まさに不毛な兄妹でございますなーっ。

春ドラマはダーリン不足のまこ様に
「怪物ランド」を建設中でございます。
ぼぎゃーんな怪物ハンティングで
楽しめますぞ~。

お供に藤川ロイドをおつけしますので
どうぞ奴隷のように
こきつかってくださりませ~。

怪物ランドはスリル満点ですので・・・
危なくないように
上空にはドクターヘリを常時待機させて
おきまする~。

投稿: キッド | 2010年3月25日 (木) 03時55分

bud*simple*life*みのむし様、いらっしゃいませ*simple*life*bud

ふふふ、「医龍」「救命病棟24時」を越えて
発展中の林宏司ワールド。
進藤先生ファンとしては
どうして・・・「救命」でこのネタを・・・。
という気持ちでしょうが
やはり主演俳優の
自己管理が仇となっているのですな・・・。
まあ・・・長期シリーズのために
若手を多数起用するという戦略が成功するかどうかも
ギャンブルですからな・・・。
歳月は人を変える・・・。
シリーズ物はある意味芸能界ドキュメンタリーなのです。

まあ・・・世代交代に待ったをかける
ベテランの意地も
見せてもらいたいですねえ。

投稿: キッド | 2010年3月25日 (木) 04時01分

carouselpony♬♬♬のだめデスヨ♬♬♬inno-can 様いらっしゃいませ♬♬♬のだめデスヨ♬♬♬carouselpony

慰労のお言葉ありがとうございます。

今回は大河・堀北・コードという三連打の
スケジュールで
身も心もバテバテでした~。

しかも・・・コードは名作の名に恥じない
大ボリュームの攻撃・・・。
まさに怒涛です。

書いていて涙が出るほどの
叙情性はこのドラマの特性と言ってよろしいでしょう。
これだけ無駄を省いて
一種の説明不足のシナリオで
これだけ情感を醸し出す・・・。
このシリーズまでは
セリフに難のあった脚本家ですが
かなり克服できた感じがあります。

そうなるとつい脳内おまかせ部分を
埋めたくなるのですな。
もちろん不要な部分の再生は
ある意味、愚の骨頂ですが
骨折り損の草臥れ儲けにこそ
人間の神髄があるのです。

無駄でいいじゃないかっと自分に言い聞かせます。

とにかく、これぞ
連続ドラマでございます。
登場人物のほとんどの人生に
それぞれの物語があり
一挙一動に意味が生じていく。
これこそが楽しみなのですな。

もちろん・・・毎週見てないと置いていかれますが
そういう楽しみが絶滅寸前なのは
すごく残念なことですからねえ。

その場、その場の快楽しか
楽しめないなんて
もはや知的生物とは言いがたいですし。

藍沢はかっこいい
白石は賢い
緋山はかわいい
冴島は美しい
そして藤川は普通だ

この憧れの世界のヒーローたちの
活躍をハラハラドキドキ楽しむ
エンターティメントの極致でございます。

誰もが医者になれないし
誰もが生死の境界線を彷徨わない
しかし・・・ここにくれば
スリリングな日常があるのです。
そして心を洗うことができるのですな。

万歳です。コード・ブルー・シリーズ万歳なのです。

この面白さがわからないのは
本当に残念な人なのだと考えます。

嫉妬や不平不満なんて
全く気にする必要ないのですな。
根強いファンをガッチリ掴んでいることは
間違いなしですからね。

なにしろ・・・そういう人たちは
面白さは与えられるものではなく
見出すものだという基本がわかっていないのです。

そういう人たち用に作られたドラマが
いかにむなしいものかということを
見抜けないないわけですしね。

とにかく・・・どSナースの復活こそが
最終回の白眉でしたな。
ナオキをしゃんとさせた一言は
藍沢との連携プレーで見事な
コンビネーションを完成させていました。

あそこに白石がいたら
ちょっとムッとするほどの
アツアツぶりだったと思います。

ふふふ・・・比嘉愛未を使いこなせているのは
このシリーズだけ・・・と言ってもいいのですな。
もちろん、白石も緋山も
持ち役としては大切な大切なキャラクターと
言えるでしょう。

みんなに大事に使ってもらいたいと思います。
コード・ブルーに役不足なしなのです。

そこが最高なのでございます。


投稿: キッド | 2010年3月25日 (木) 05時04分

snow絶滅危惧種~ユキヒョウ様、いらっしゃいませ~山下君愛好cat

ふふふ、シリーズを通じてのエンディングは
逆につづきを臭わせるものですぞ~。
2だけでなく1もちゃんと憶えておいて
3もありますから・・・というサインですからね。

もちろん、フェロー・ドクター物語としては
一つの結末を迎えているわけですが
このドラマは「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」
なのでございます。
生と死の境界線を飛ぶドクターヘリの物語は
まだ始まったばかりなのです。

黒田と西条が田所の弟子である以上、
黒田に学んだ後は西条に学ぶのが
エリート・コースなのですな
これはもう絶対に予定通りなのでございます。

シーズン1から西条は常に
藍沢を評価してきたのですから・・・。

そして藍沢も「いつも通り」を
コピーするほどに
西条の教えを忠実に守るのです。

「脳外科医・藍沢耕作」も
「心臓外科医・藍沢耕作」も
絶対にあってしかるべきもの。
後はレギュラーなのか
スペシャルなのか
だけですな。
そしてシニアドクター藍沢の
「コードブルーシーズン3」へ・・・
ということになるでしょう。

その頃には白石と結婚しているかもしれないし
冴島と結婚しているかもしれないし
緋山と結婚しているかもしれないし
子供もいるかもしれません。

まあ、ファンがキャーッと絶叫するような
展開こそが「コード・ブルー」シリーズでございます。

最終回だけ視聴率があがるようなドラマではない・・・
とキッドは思いますがいかがでしょうか。

ずーっと見てないと・・・本当の感動には
達しないドラマだと思うのですよね。

最終回視聴率16.6%で平均視聴率16.6%
これがそれを象徴しているのでございます。

ちなみに関東のこの日の視聴率を見ると

フジテレビでは
「ヘイヘイヘイ」13.5%
「コードブルー2」16.6%
「スマスマ」14.0%
と山の頂点。

時間帯では
「コードブルー2」16.6%
「しゃべくり」15.7%
「雑学王」13.4%
「窓際太郎」12.9%
とものすごいライバルを抑えて山の頂点なのです。

月9前作「東京犬」の最終回14.0%平均15.8%
よりもあげています。

ドラマ冬の時代にこの成績は
ちっとも残念ではないのですな。

まあ・・・ファンはもっと人気があって欲しいと
思うでしょうが
ここまで名作だと
誰にも楽しめるドラマにはならないという法則が
あるのでございます。

もちろん例外はございますが・・・。
キッドはサード・シーズンは
きっとその例外になるだろうと考えています。
ものすごい傑作なのに
ものすごい高視聴率みたいな。

コードブルー1st Season 平均15.6%
コードブルー2nd Season 平均16.6%

ね?

さあ・・・日9の阿部ちゃんはどうかな~。

投稿: キッド | 2010年3月25日 (木) 05時36分

じいやさま、とうとう終わっちゃいました(涙)
ま、すぐにまた会えるとは思うのですが
その時のタイトルが気になりますわねぇ~。
エリ的には黒の脳外科医のユニフォームに萌えますんで
しばらくはそちらがいいかな~。
ドラマの出来としても出演者一同もはずれなし。
成功を約束されてるドラマもそうそうありませんものね。
ま、今週は藍沢先生の「集中しろ」にドキドキでしたので
しばらくこの辺をリピしたいと思ってますの。

じいやさまのガーデンには桜満開ですね。
桜のような恋をしたさくらガールたちもいっぱいですが
あらまこちゃまはJさまとお手手つないでお散歩ですか~。
それにしてもここまで倒れずにやり遂げたじいやさまに拍手です。
どうもありがとうございました。
奇跡のような夜には祝い酒で乾杯よ~♪

投稿: エリ | 2010年3月25日 (木) 12時50分

キッド、じいやさま。
あ~あ、終わってしまって、エリぴょ~んと
抱き合って寂しがりました。
毎回エピ満載で、私は、どうしてもアップが火曜日になっていましたが、それでも楽しいドラマでした。
1stシーズンの藍沢の角が取れて、だんだん丸くなって行くのが、成長だと、喜んでいました。
任せられない藤川が、こんなに技量を上げて、きっと
じいやが泣いて喜んだと思います。

Pちゃまは映画がクランクアップしてからでしょうから、
また待たねばなりませんねsweat02sweat02

投稿: mari@管理人 | 2010年3月25日 (木) 19時22分

ribbon✿❀✿❀✿かりん☆スー☆エリ様、いらっしゃいませ✿❀✿❀✿ribbon

二本立てのシーズン、お疲れ様でした。
クール・ダウンの後は深呼吸で
落ち着かれますように・・・。

「コード・ブルー・脳外科医・藍沢耕作」シリーズですな。
脳の問題は心の問題でもありますから
様々な症例にぶつかって
大人の藍沢が愛に目覚めていく
という展開かもしれませぬ。

白石たちの誰かを選択する前に
脳外科医と恋をして
その誰かを失う「仁」展開もありですな。
その喪失感を埋める本篇第3シリーズとか。

「私たちは黒じゃないの・・・青なのよ」
と誰かが叫んだりしそうです。

まあ、いくらでも妄想が楽しめる
ある意味、夏のスキーヤーの気分ですな。
冬を待つ喜びでございます。

ふふふ・・・医師としては
誰もを慰め奮い立たせるお兄さんポジションですが
夜のプレーは
冴島・・・いじめられプレー用
白石・・・いじめプレー用
・・・と使い分けている藍沢が妄想できます。

花冷えの季節で
急速に気温が下がっていますので
夜桜見物はほどほどになさりますように。

花見で一杯は二十歳になってからですぞ~。
桃の節句の甘酒でご辛抱くださりませ~。
なるほどーっ。
またまたお風邪を召して
PSENPAI様に看病してもらう作戦なのですなーっ。

投稿: キッド | 2010年3月26日 (金) 02時08分

tulip❁~✾~❁~~✾mari様、いらっしゃいませ✾~~❁~✾~❁tulip

応援お疲れ様でございました。

今宵はエリ様とごゆっくり反省会をなさってくださりませ。
妄想の翠様もまもなくご到着かと。

スナック「すれちがい」からおつまみを
配達させますぞ~。

藍沢は救命率高めですが
それでも藤川に語っていたように
「助けられなかった命」を
背負っているのですな。
それを背負いつつ生きているゆえに
まろやかな性格になっていく。

そして「なにもできなかった」白石を
電車の中でなぐさめ
「また救えなかった」藤川を屋上でなぐさめ
「患者におびえる」緋山に簡単な患者を与え
「心に穴があいた」冴島と任務を分かち合う。

藍沢はもはやチームのコントローラーなのでした。

そして・・・ついに
黒田の直伝で救命を成功させる藤川。

直接、腕を切った藍沢や
腕切断の原因を作った白石ではなく
藤川が教えを受けるのがミソですな。

藍沢や白石と黒田のふれあいは
3rd Seasonを待て!
・・・ということでございますねえ。

はたして・・・再開の時はいつか・・・
藤川と冴島の恋は始まるのか・・・
藍沢のお相手は誰になるのか・・・
じいやの寿命はそれまで持つのか・・・
乞うご期待!であります。

投稿: キッド | 2010年3月26日 (金) 02時22分

キッドさん こんにちは(o^-^o)

1月期のドラマレビューお疲れ様でした。

簡単なコメントを打つのにも時間のかかる
私からすれば、キッドさんのレビューは、
本数、字数、内容ともに驚異的ですw(゚o゚)w

最終回のレビューとみなさんのコメントを
読んで、今気持ちがほっこりしています。

最後に、ヘリに乗り込む藍沢先生の姿が
見れなかったのは残念だけど、西条先生との
会話での「また救命です」のセリフとその時の
表情が、1stの初回を思い出させる、
野心家・藍沢耕作の健在ぶりに、はっとさせられました。

でも、以前とはあきらかに違う。
父を許し、自分を受け入れ、やさしく強くなった
藍沢先生のこれからをもっともっと見たいです。

キッドさん、ありがとうございました(*^-^)

投稿: しずく | 2010年3月26日 (金) 12時14分

basketball(o^-^o)ブザビもピー~しずく様いらっしゃいませ~コドブもピー](o^-^o)parking

w(゚o゚)wしていただきありがとうございます。
老骨に針打ってがんばった甲斐がありましたぞ。

コメントをくださる皆様の励ましがカンフル剤でございまする。

そうですな・・・ヘリはないけれど
どアップでしめましたので
山Pファンの皆様は悩殺されたのでは~。

医療を医者が患者を治すゲームと
断言していた藍沢が
仲間を励まし
患者を励まし
患者の家族を励まし
医療の現場に単なるゲーム以上の何かを
見出している・・・
しかし・・・それが何かは謎なのですな。

ひょっとしたらゲームが複雑に
なっただけで
藍沢の本質はそれをエンジョイしているのかも
しれません。

だが、それはまた理想の医師の姿なのかもしれないのですな。

藍沢の次のステージが楽しみなのでございます。
ドクターヘリエンジンスタート・・・
最終回はなかったのでサービスです。

投稿: キッド | 2010年3月26日 (金) 14時24分

またまた書いてしまいました♪
本当に面白かったコード・ブルー2
1話からリピしちゃいましたが、どの回も良いんですよ♪
全ての登場人物が魅力的で皆大好きになっちゃいました☆
情けないリリーパパも、もちろん好きです♪

本当に脳外科医藍沢耕作番外編が見たいです。

でも、盲目でもありますが、不思議なんですけど
山下君の演じる役というかドラマって
終わった後も、今日もオペやってるんだろうなとか
バスケの試合してるんだろうな~とか、
礼ちゃんとケンカしながら、営業マンしてそうとか
続いてる感じがするんですよね~ココが他のと違うかも♪
原作がマンガとかではないから、かもしれませんが!!
今度は、すでに中傷されているジョーの撮影で心から応援します♪
春ドラも楽しみにしています♪

投稿: ユキヒョウ | 2010年3月26日 (金) 19時13分

snow絶滅危惧種~ユキヒョウ様、いらっしゃいませ~山下君愛好cat

ふふふ・・・名残惜しいのですな・・・わかります。

セカンドを最初から見終わったら
ファーストを最初から見て
そしてまたセカンドを見るのですな・・・
脱出しないと・・・大変なことになりますぞ~。

すべてを知った上ですべてを見ることは
快楽そのものですからね。

新作投入しないと身がもたないのですな。

まあ、存在感が抜群ですからね。
池袋でスケッチしているようでもあり、
近未来を漂流しているようでもあり、
田村の弟やっているようでもあります。

・・・それは特に山下君に限ったことでは
ないのでそこが盲目なんですけどな。

「あしたのジョー」はアニメにすると
第一部全79話。(ただし力石篇は52話まで)
第二部全47話。(ただし12話まではカーロス篇)
重複部分を排除して一時間ドラマにざっと換算すると
全五十話くらいのボリュームがあります。

それを映画化するのはものすごく無謀な話ですからね。

まあ、1970年にすでにその無謀は
実行されているわけですが~。

しかし、公開は2011年。
まだ遠い未来の話ですな。
キャスティングも
公式には
矢吹丈と丹下段平(香川照之)が明らかに
なっているだけ。

スタッフも監督が「ピンポン」の曽利文彦というだけ。

情報不足で妄想炸裂間違いなしです。

しかし、監督が「丈役を引き受けた山下智久さんの
勇気に感謝している」と賞賛しているのが
なかなかに含蓄があります。

公式サイト→http://www.ashitano-joe.com/

それほど恐ろしいことへのチャレンジです。

しかし、逆に言えば
ジョーを演じることのできる俳優は
今、山下智久しかいないということも
断言できるのですな。

なにしろ・・・ジョーは
最高に美しいボクサーなのですから。

そして観客席の男性(エキストラ)はまだ募集中。
彼氏のいる女性はぜひ、彼氏を唆してもらいたいと思います。
とにかく1970年版は
白木葉子が力石徹を
「力石さん」と呼んだことで大失笑されていますので
そこだけは
「力石くん」と正しく呼んでもらいたい・・・
とキッドは考えます。

ああ・・・早く、この二人が誰だか知りたいものです。

そして・・・丈が少年なのか・・・青年なのかも。

事務所は否定していますが北川景子の白木葉子は悪くない。

松下奈緒もいいけどな。

加賀美早紀もイメージがある。
綾瀬はるかもギリギリセーフ。

力石は水嶋ヒロ、赤西仁、生田斗真クラス。
間違ってもおっさんキャストはやめてもらいたい。
なにしろ・・・丈と力石はともに
少年院で拳を交える間柄なのですから。

曽利組には適当な若手がいないのも・・・
ちょっと心配かもしれません。

ま・・・あしたはあしたの風が吹くのですけどね。

投稿: キッド | 2010年3月27日 (土) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/33894617

この記事へのトラックバック一覧です: 誰かがその奇跡を待っているコード・ブルー(山下智久):

» 月9『コード・ブルー 2nd season』最終回★来年は、命日に来てください [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
月9『コード・ブルー 2nd season』 最終回「卒業〜奇跡の定義」  番組の最後、「neurosurgery」とプリントされた”脳外科”の黒シャツを身にまとった藍沢耕作(山下智久)。  ひとつ吹っ切れた男の、キリッとした姿がカッコイイ。 【 緋山と、ショウタと母 】  緋山(戸田恵梨香)が診ていたショウタという子供は、思いのほか重症で、横隔膜破裂。  その場で手術して、内臓の位置を戻す必要がある。  しかしメスを握った緋山の手は震えてる。  ショウタの母親に向かって... [続きを読む]

受信: 2010年3月23日 (火) 15時58分

» コード・ブルー2 第11話(最終回) [エリのささやき]
ついに父を許すことができた藍沢でした。次はしこりなしで進めますね。まだ放心状態ですがシーズン3も楽しみ!! [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 10時10分

» 【コード・ブルー2ndSeason】最終回と視聴率「卒業」 [ショコラの日記帳]
最終回の視聴率は、前回の16.8%より少し下がって、16.6%でした。この3連休は、ドラマの視聴率が皆低いです。全11話の平均視聴率は、16.6%でした。1stseasonの平均視聴率は15.9%だったので、それより良かったです♪前半、オリンピックがあったのに、よく健闘しました。...... [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 10時16分

» コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-THE SECOND SEASON 最終話:卒業〜奇跡の定義 [あるがまま・・・]
卒業おめでと〜(*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*) 無事に卒業出来たのは、藍沢・白石・藤川の3名。だけど藍沢は脳外科へ進んだんですねー。 その後は心臓外科にもいくつもりらしい。その優秀さはやはり母譲りなのかっ{/eq_1/} 次々と高い目標を立てて生きる姿は、冴島の彼・田沢と似てるぞ〜{/ee_3/} くれぐれも自分の健康に気をつけて{/ee_2/} てか、主人公である藍沢がフライトドクターの道を進まなかったって事は 続編は無し?そげなぁ〜{/face_gaan/} で、卒業出来なか... [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 10時39分

» 2010年冬ドラマ総括 [Simple*Life ドラマ感]
今年の冬ドラマはリアル生活で いろいろありまして、じっくり腰を据えて テレビに向かうというのが少なくて 翌日、翌々日録画で鑑賞というのが多く、 すっかりみなさんのところへいくのも遠のいてしまい。 もちろん記事を書くのも億劫になってしまいましたが、 まぁ。これから先も多分こんな感じで ワンシーズンに1.2本感想書ければいいほうかな?という 感じになっていきそうです。 さてさて、冬のドラマも最終回を迎えました。 見ていたドラマは次のドラマたち ・コード・ブルーSeason2 ・泣かないと決めた日... [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 18時34分

» コード・ブルー 2nd season 最終回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『卒業〜奇跡の定義』 [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 19時58分

» コード・ブルー 2nd season 最終話 「卒業〜奇跡の定義」 [電視劇的随便日記]
耕作(山下智久)『救命の世界に奇跡はない。そんなことは分かってる。奇跡を願わない医者はいない。それも分かってる。だが世の中には確かにあるのだ。奇跡なんていう言葉が。虚しくなるような絶望的な状況が。』 博文(中原丈雄)と負傷者の治療を始める恵(新垣結衣)。... [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 20時04分

» コード・ブルードクターヘリ緊急救命THE SECOND SE... [レベル999のマニアな講義]
『卒業〜奇跡の定義』内容飛行機の墜落現場という大惨事の中、藍沢(山下智久)は、飛行機に息子を置いてきたと後悔し嘆く父・北村英樹(木下政治)と出会い。その後、他の患者の治療中、偶然にも、、、北村の息子・勇樹を発見し、冴島(比嘉愛未)と治療開始する。白石(...... [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 21時45分

» コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-THE SECOND SEASON最終話 [paseri部屋]
「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-THE SECOND SEASON」(最終話)を観ました。出演:山下智久 新垣結衣 戸田恵梨香 比嘉愛未 浅利陽介 児玉清(特別出演) 勝村政信 寺島進 杉本哲太 りょう 椎名桔平 ほかフェロー修了認定を間近に控えていた藍沢(山下智...... [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 22時45分

» 無風ぽかぽかラン&『コード・ブルー2』最終回 [テンメイのRUN&BIKE]
RUN 10km,51分03秒,心拍143 三連休最終日、春らしい一日だったね♪ [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 23時33分

» 【コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 2ndseason】... [見取り八段・実0段]
救命の世界に奇跡はない。そんな事は解っている。奇跡を願わない医者はいない。だか、世の中には奇跡なんて言葉は存在しない絶望的な状況がある。飛行機事故の現場で、フェローたちはそれぞれ悲惨な状況に立ち会っていた。藍沢が出会った患者はキタムラヒデキ。飛行機の中...... [続きを読む]

受信: 2010年3月25日 (木) 00時17分

» コード・ブルー2 (最終回) [yanajunのイラスト・まんが道]
フジテレビ系列で毎週月曜よる9時から放送されていた連続ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 2nd season』は、今週、最終回(第11話)を迎えました。●あらすじと感想 [続きを読む]

受信: 2010年3月25日 (木) 17時49分

» 《コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命The 2nd season》★最終回 [まぁ、お茶でも]
前回、父誠次に会った耕作。 「ずっと前を歩く、お母さんを引きずり降ろしたかった。 子供を産むことで、俺のそばに戻って来てくれるような 気がしていた。」 「自殺は俺のせいか・・・」 白石に、24日シフトを代わってもらった。 母親の命日だから、今年はちゃんと行きたいと、素直に心情を吐露した。 ... [続きを読む]

受信: 2010年3月25日 (木) 19時27分

» コードブルー 2nd season 第十一話(最終話) [ドラマハンティングP2G]
藍沢耕作(山下智久)は、墜落した飛行機に息子を置いてきたと絶望と悲観にくれる北村(木下政治)を診ていた。死なせてくれとまで言い出す北村を残して、藍沢は飛行機の残骸を調べ始める。すると、北村の座っていた席の近くに人影を発見。それは、北村の息子、勇樹(一井直..... [続きを読む]

受信: 2010年3月25日 (木) 22時40分

» コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 2nd season 最終話 殴り書き [飯綱遣いの部屋]
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 2nd season 最終話 殴り書き 「卒業〜奇跡の定義」 2010年2010年3月22日(月) 21:00〜 フジテレビ (30分拡大) ... [続きを読む]

受信: 2010年4月 2日 (金) 01時27分

« 世界で一番鬱陶しいかもしれない男(櫻井翔)最後のカバチ(堀北真希) | トップページ | 恐怖!人体実験・物忘れの激しい男を愛した女(伊藤歩) »