« 娼婦と淑女と蛾と蝶と悪女と令嬢と牝犬と死者と私(安達祐実) | トップページ | オレの弔い方とは違うなあ(内野聖陽)殺された子供の復讐ですけどなにか?(辺見えみり) »

2010年4月 7日 (水)

血まみれ将軍の家来ドクターなのですーっ(加藤あい)パパとはおつきあいできないよ(北乃きい)

こけしとライフが激突である。・・・意味不明すぎるぞ。

まあ、日テレ火10敗退後、フジ(関西テレビ)にNHK総合がチャレンジである。

のほほんとしていたのに・・・うかうかしていられないのだった。

まあ、ドロドロ系とサッパリ系でこけしが一応、掴んだ感じになりました。・・・意味不明もいい加減にしなさい。

帰ってきた火曜日のドラマ対決は・・・。

①「バチスタ2」12.4% ②「八日目の蝉」↘*6.2%

少ないパイの奪い合いは凄まじいな。ちなみに今回のゲスト患者はできちゃった結婚のパイロットに捨てられたキャビン・アテンダント・・・。裏は本妻の子供を誘拐して逃亡中の愛人・・・そこはかとないかぶり方が素敵・・・。

で、『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋・第1回』(フジテレビ100406PM10~)原作・海堂尊、脚本・後藤法子、演出・今井和久を見た。加藤あいがついにドクターである。とりあえず、主人公がだれだかよく分らないドクター探偵シリーズの凸凹コンビがいて、強烈なキャラクターの怪しい医師がいる。これがベースである。

診療内科医のグッチーこと田口(伊藤淳史)と厚生労働省医療過誤死関連中立的第三者機関設置推進準備室室長兼保険局特別監査室室長代理の白鳥(仲村トオル)。この二人がなぜかコンビを組み、やたらと不祥事を起こす東城医大のミステリアスな出来事を解明するのである。

いわゆる素人探偵もの(警察関係者ではないものが捜査する)だが・・・相手が病気がらみの犯罪(不正)なので完全な素人とは言いがたいところが味なのだな。

今回は厚労省が救命救急センターに監査に入るために白鳥が乗り込んでくるのである。

救命センターの部長はジェネラル・ルージュと呼ばれる患者受け入れ大好きなドクター速水(西島秀俊)である。速水と白鳥は医大の同期生だった。

一方、速水の部下のヒロインポジションを占めるのがドクター和泉(加藤あい)なのである。和泉は田口の同期なのである。

世間は狭いのだった。

速水と和泉の関係は明らかではないが・・・救命センターの陣釜さ・・・看護師長・花房(白石美帆)は「速水先生の古女房気取り」らしく、和泉と花房はなんとなく火花を散らせる間柄らしい。

とにかく・・・短い原作を目一杯、水増し請求するドラマなので、いろいろな要素をぶち込んできます。

田口の巣である特別愁訴外来にはナース藤原(名取裕子)も健在です。

まあ、ベーシックに考えると、正統派ヒーローに白鳥、敵が速水、ヒーローの邪魔にならないサイズのアシスタントが田口で、ヒロインが和泉という配置になっています。

これだけでもお腹いっぱいなのにナース栗山(浅見れいな)とかも時々、画面を横切ります。

さらに転落事故で入院中のジャーナリスト目黒(嶋田久作)で目黒夫人(広田レオナ)です。

他に、いつもの高階院長(林隆三)で「救命センターもビジネスなんで採算とれないと困ります」という三船事務局長(利重剛)もいます。

こうなるとデブの副部長(木下隆行)とか不平屋の長谷川ドクター(戸次重幸)とか研修医トリオ(シンケンレッド含む)とかデスクの上のドクターヘリの模型とかはもうどうでもいい感じに・・・。

ここにやってくるのが自殺未遂のために外傷性動脈瘤ができた傷心スチュワーデス(田口談)の杉山(田畑智子)・・・。

そのために失神を繰り返すのですが・・・なかなか病巣が発見できずにドクターたちの頭を悩ませます。まあ・・・聴診器を胸に当てれば最初から明確じゃないか・・・とは言わないのがルールです。

画像診断を下請けに出す時代。検査を受けてもインターネットで資料が海外の低賃金の医師に送られ参考所見で診断が下されたりしている時代・・・患者の首吊り失敗後の痣なんか・・・発見できない医師が増加しているのかもしれません。

とにかく・・・まあ・・・のんびりと見るには最適のドラマと言えるでしょう。

満床なのに一人の患者に医師全員が密着しているように見えるのは気のせいです。

あ・・・怪しい出入りの業者・メディカル・アソートの佐々木(堀部圭亮)を忘れてた。

速水「患者は嘘をつくが・・・病気は正直だ」

白鳥「犯罪者は嘘つきだが不正行為が正直といえるのかどうか・・・微妙だな」

速水「・・・うん」

関連するキッドのブログ『チーム・バチスタの栄光

               『働くゴン!

で、『八日目の蝉・第2回』(NHK総合100406PM10~)原作・角田光代、脚本・浅野妙子、演出・佐々木章光を見た。不倫の関係の果てに堕胎、そして愛人の妻の子を盗み出した狂女・希和子(檀れい)・・・その逃亡の旅は今日も続く。

浮気していたのは夫(津田寛治)であって、子供を盗まれた妻(板谷由夏)には全く罪がなく、希和子の行為は極悪そのものである。しかし、一方的に希和子の逃避行だけを描いていく展開は・・・お茶の間の神経を逆撫ですること間違いなしなのである。

まあ・・・女流原作者・脚本家チームは悪逆非道な夫(男)を責める気持ちが大きいと思うのだが・・・愛人に対する世間の目は冷たいのである。

かって映画「危険な情事」(1987)では愛人のアレックス(グレン・クローズ)がストーカーとなり、夫・ダン(マイケル・ダグラス)の妻・ベス(アン・アーチャー)を襲うのであるが・・・この時、敵役であるアレックスに同情してしまう女友達がいて・・・キッドは危ういものを感じたことがあるわけだが・・・この作品にはその手の危険な臭いがあるのである。

少なくとも・・・幸せな家庭を壊そうとしているのは夫婦ではない誰かなのである。・・・どうしたってそうなるのである。

「だって愛だもの」は言い訳ですからーっ。

まあ・・・そういう風にいくら説教しても止らない人は止らないんですけど。

うっかり、放火もしてしまった希和子は嬰児誘拐で指名手配されている可能性もある。なにしろ、現場には傘だとか下足痕など残しまくっているのである。しかも本人、会社を無断欠勤中なのだ。

過去の名古屋・・・。

薫を抱いて西へ逃げる希和子は老女・とみ子(倍賞美津子)と知り合う。

かって我が子を失った過去を持つとみ子は立ち退きを迫られつつゴミ屋敷に住み着いていた。一宿一飯のお礼に薫を抱かせる希和子。とみ子は「住むところがなくたってあんたには子供がいるんだから・・・それだけで幸せだ・・・あんた・・・困っているならエンジェルさんのところへお行き・・・」と告げるのだった。

自分のような女の集まる場所がある・・・希和子はこの世界の都合の良さに感謝するのだった。

過去の岐阜・・・。

怪しい宗教組織「エンジェルホーム」の勧誘車で怪しい水を販売するユダヤ教の偉大なる預言者・エレミアを名乗る智恵子(西山繭子)と出逢った希和子は同じく、エンジェル・ホームの入信希望者・久美(坂井真紀)と出会う。

久美は離婚後、子供の親権を元夫に取られ「金さえあれば子供と暮らせた」と嘆く女だった。

「愛人の妻が子供を残して家出・・・愛人は夫を施設にあずけようとしたので私が連れ出した・・・」意味不明の嘘八百を並べ立てた希和子だったが、多額の銀行預金があることが幸いしたのかユダヤ人の母の一人であるサライを名乗る敬子(高畑淳子)の審問に合格するのだった。

胸元が残念な感じの女が「お前たちのやってることはすらっとお見通しだ」と叫ぶのだが、教祖のナオミ・エンジェル(藤田弓子)は「行く場所のない女たちを受け入れて、その財産を有効に使ってるんだ・・・なにか文句があるかい」と嘯くのである。

山田奈緒子「くそ・・・上田さんも何かいってくださいよ・・・」

上田次郎(男子禁制の施設に侵入するために女装している上田は無言だったという)

山田奈緒子「探偵左文字進かっ」

エンジェルによって久美は父のライバルをペルシャ王である夫に殺させたユダヤの女エステル、希和子は姑に尽くし夫の弟と結婚したモアブの女ルツをそれぞれ命名されるのだった。

旧約聖書で遊びすぎるのは危険である。

こうして・・・嬰児誘拐犯人は安住の地を見つけたのだった。

そして朝六時には怪しいアポーの体操を踊るのである。

猪木「早起きして散歩したら100円拾いましたよ・・・これがいわゆる早起きは三文の得ですね」

馬場「俺はいつでも16文キックだ」

猪木「・・・」(実話)

未来の東京・・・。

成長した薫(北乃きい)は不倫中である。しかし、不倫相手の妻が出産したことを知り、相手に別れを告げる。

「私は・・・パパと呼ばれる人とは交際できません・・・だってそんなことしたら・・・子供がかわいそうでしょう・・・」

人はあやまちをくりかえし・・・そして生まれ育ち地に満ちるものなのだ。

関連するキッドのブログ『第1話のレビュー

木曜日に見る予定のテレビ『カメンライダー・ドラゴンナイト』(テレビ朝日)『恋とオシャレと男のコ』(TBSテレビ)『プロゴルファー花』(日本テレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 娼婦と淑女と蛾と蝶と悪女と令嬢と牝犬と死者と私(安達祐実) | トップページ | オレの弔い方とは違うなあ(内野聖陽)殺された子供の復讐ですけどなにか?(辺見えみり) »

コメント

やっぱ、あの施設はどう見ても「TRICK」の舞台に
最適な感じですよね~^^;
私も山田と上田が出てくるかと思いました。

ストーリーにはグイグイ引き込まれる物があります。
原作は全く知らないのですが、元なんか無くても
この脚本家が書きそうなドラマですよね~。。。
先がグダグダにならないように祈りながら見続けます。

フジの方は、もういいや、って感じに出来上がってました。
のんびり見る救急救命物って何っっ?って感じで~。。。
もう原作と違うとか言う問題以前の何かが私を拒否させるのでありました(-_-;)

投稿: くう | 2010年4月 7日 (水) 23時45分

rouge❀❀❀☥❀❀❀~くう様、いらっしゃいませ~❀❀❀☥❀❀❀rouge

関東では夜中に「トリック」の再放送を
やっていてシーズン1では
上田・山田のあまりの初々しさに
驚きます。
10年は本当に一昔でございます。

一種のロード・ムービー仕立てなんですよね。
主人公が非道の犯罪者であるということが
忘却され・・・傷つかなくてもいい子が
傷つけられていることを
失念すれば
なんだか・・・夢の世界を旅している
浮遊感はありますな。
この脚本家はいつも
その点が危ういのでございますけれど。

ふふふ・・・まあ、
バチスタとは無関係なのに
チーム・バチスタとかネーミングしている時点で
しょうもない感じはするわけですが
まあ・・・一種の家政婦は見た・・・なんだなあ
と思うともはやツッコミもそこそこになりまする。

ドラマの中で
総合診断を下せる救命みたいな
意味不明の解説をしているくらいなので
「病院で起こる刑事事件の解明」と
「診断の困難なレア・ケースの解明」の
ごった煮を闇鍋感覚で楽しむしかない・・・
と第1回を見たときに感じました。
キャスティングがなんとなく
懐かしい感じもしますしねーっ。

加藤あいなんか・・・いつの間に
旬が過ぎてましたーッ感がありますしーっ。

投稿: キッド | 2010年4月 8日 (木) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/34121697

この記事へのトラックバック一覧です: 血まみれ将軍の家来ドクターなのですーっ(加藤あい)パパとはおつきあいできないよ(北乃きい):

» 帰ってきた厚生労働省医療過誤死関連中立的第三者機関設置推進準備室室長 兼 保険局特別監査室室長代理・白鳥圭輔(ジェネラル・ルージュの凱旋#1) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
2010春ドラマ、何見よう?『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』キャビンアテンダントの杉山沙希@田畑智子が失神で倒れた!!!原因不明のまま、和泉遥@加藤あいの説得に応じず退院し、結婚の約束をしていたにも拘らず他の女を孕ませた元カレの披露宴の2次会...... [続きを読む]

受信: 2010年4月 7日 (水) 23時06分

» 【八日目の蝉】第2話 [見取り八段・実0段]
行くとこないの?ウチ来る?逃げ続けて疲れ果て、公園で休む希和子に女が声を掛けてきた。他に行く所のない希和子は、女の後をついていく。そこはゴミ溜めのような家だった。与えられた部屋には古い母子手帳があり、家の主は「中村」と言う名前である事が解った。そして、...... [続きを読む]

受信: 2010年4月 7日 (水) 23時32分

» チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 第1話 失神 [レベル999のマニアな講義]
『失神』内容男性患者・目黒和男(嶋田久作)の処置をはじめたばかりで、満床状態の東城大学医学部付属病院救命救急センターに、空港で意識を失ったCA杉山沙希(田畑智子)の受け入れ要請が入る。副部長代理の佐藤伸一(木下隆行)は、反対するが、センター部長の速水晃...... [続きを読む]

受信: 2010年4月 7日 (水) 23時40分

» チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 episode 1:失神 [あるがまま・・・]
こんな感じか〜φ('д'*)フムフム 今回はグッチー&白鳥コンビの掛合いよりも、白鳥vs速水のやり取りが面白そ〜{/onpu/} 確か原作では、田口と速水が同期だったような気がするけど、ドラマ版では 白鳥と速水が同期・・・やはりこの作品も初っ端から原作をイジってきたか〜{/ee_3/}{/ase/} だけど、長身のトオルちゃんと西島くんのツーショットがたびたび見られるのかと思えば その設定にも目をつぶろうではあ〜りませんかっ{/face_tehe/} 今まで白鳥は、口では誰にも負けてなかったのに、... [続きを読む]

受信: 2010年4月 8日 (木) 00時09分

» 「ジェネラル・ルージュの凱旋 チーム・バチスタ2」第一回 堺雅... [今日も何かあたらしいこと]
「チーム・バチスタの栄光」に続いてドラマ化された「ジェネラル・ルージュの凱旋」。映画では堺雅人さんがジェネラルの役で、ちょっと危ない天才感がとてよかったけど、今回ドラマでの西島秀俊さんも大好きな俳優さんなので、とても楽しみにしています。2時間で完結の映...... [続きを読む]

受信: 2010年4月 8日 (木) 00時12分

» チーム・バチスタ2〜ジェネラル・ルージュの凱旋 第1話 「失神」 [電視劇的随便日記]
ようやく春の連ドラが始まりました。速水(西島秀俊)「受けろ。」やっぱり堺さんのイメージが・・・。 [続きを読む]

受信: 2010年4月 8日 (木) 00時41分

» 「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」第1話 [fool's aspirin]
いよいよ春ドラマ始まりました〜♪「チーム・バチスタ2」って…バチスタ関係ねーじゃん!と思いつつ、西島くんからは目が離せないっ!田口&白鳥の凸凹コンビが、救急に潜む謎を解明してくれるのか?!... [続きを読む]

受信: 2010年4月 8日 (木) 00時49分

» チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 第1回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『失神』 [続きを読む]

受信: 2010年4月 8日 (木) 01時10分

» 新ドラマ「チーム・バチスタ2ジェネラル・ルージュの凱旋」第1話 [日々“是”精進!]
 あの田口&白鳥コンビに天才救命医が加わり、再び挑む前代未聞の“救急医療ミステリー”ついに登場。海堂尊氏のベストセラーが原作の連続ドラマの第2弾。オリジナルストーリーとミステリーを加えて送る。episode1「失神」重症患者の対応に追われる東城大医学部付属病院...... [続きを読む]

受信: 2010年4月 8日 (木) 05時37分

» 八日目の蝉 第2話 [エリのささやき]
逃げ込んだのは宗教施設!女性の逃げ込むシェルターみたいな雰囲気ですね。宗教色があっても守ってもらえそう。 [続きを読む]

受信: 2010年4月 8日 (木) 07時46分

» 【ジェネラル・ルージュの凱旋】第1話と視聴率「失神」 [ショコラの日記帳]
初回の視聴率は、12.4%でした。(関東地区)前作『まっすぐな男』の初回は10.7%、最高も10.7%でしたので、それよりはいいです♪ただ、前作『チーム・バチスタの栄光』は、初回15.2%、平均視聴率は13.2%でしたので、それらを下回りました。2008年秋に放送された...... [続きを読む]

受信: 2010年4月 8日 (木) 08時57分

» チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 [yanajunのイラスト・まんが道]
2008年秋の連続ドラマ『チーム・バチスタの栄光』、2009年のスペシャルドラマ『ナイチンゲールの沈黙』の続編として、連続ドラマ『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』が毎週火曜よる10時フジテレビ系列にて放送されています。一昨日は第1話が放送されました。●あらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2010年4月 8日 (木) 16時51分

» 《チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋》☆01 [まぁ、お茶でも]
エアターミナル。 キャビンアテンダントの沙希は、友達の美穂に「またちょっと痩せた?」と言われながらも勤務していた。これからブリーフィングが始まる時、前からパイロットの島田が歩いてきた。 「おはようございます」と沙希は笑顔で声をかけた。美穂に先に行ってもらって、少しして、他の同僚が倒れている沙希を見つけた... [続きを読む]

受信: 2010年4月10日 (土) 08時22分

« 娼婦と淑女と蛾と蝶と悪女と令嬢と牝犬と死者と私(安達祐実) | トップページ | オレの弔い方とは違うなあ(内野聖陽)殺された子供の復讐ですけどなにか?(辺見えみり) »