« お龍、刃物をとりてつきつけ覚悟を問えば極道も土下座して謝しぬ(坂本龍馬) | トップページ | 満月の恋人を抱き上げる・・・つかの間の幸せを感じるために(木村拓哉) »

2010年5月31日 (月)

息子を愛した刑事(阿部寛)

うう~ん。久しぶりに短いタイトル。「新参者」も入れたいところである。

上杉刑事を演じる泉谷しげるといえば、以前にも記述したが初対面でプロフィールを確認した時、「古い資料によると青森県出身になってますが・・・」「あ、それ、嘘。イメージ戦略。都会生まれより田舎の出身の方がフォーク・シンガーっぽいだろう・・・だからだよ」というやりとりを今でも思い出す。だからキッドのデータファイルは【泉谷しげる】出身地・青森県/東京都になっている。その後「手塚治虫と赤塚不二夫」どっちが偉いというしょうもない企画で赤塚不二夫を水責めにしてもらったり、元気が出る忠臣蔵で吉良上野介を演じてもらったりしたのでどちらかといえば感謝すべきタレントである。

しかし、単なるお茶の間的感覚で言えばドラマ「ケイゾク」(1999年)で通称「痰壺」こと壺坂刑事を演じていたことを思い出す。十年以上前に定年退職する刑事を演じているのである。だから、上杉刑事・・・まだ現役なのかよっとツッコミたい気持ちはあります。

ただし、泉谷しげる(62)なので「ケイゾク」では老け役を演じていたということである。

ただし・・・出身地で平気でフィクションなので実年齢もフィクションかもしれない。

とにかく・・・低調な「新参者」の中で・・・存在感は抜群でした。

で、『新参者・第7話』(TBSテレビ100530PM9~)原作・東野圭吾、脚本・牧野圭祐(他)、演出・石井康晴を見た。浮かんでは消える容疑者たち。ついに日本橋署(架空)の加賀刑事(阿部)の疑いの眼差しは事件の捜査にあたる警視庁捜査一課のベテラン刑事・上杉に向けられる。関西弁を使うありえへん警視庁(東京都の警察です)捜査一課の上司・小嶋殺人犯主任(木村祐一)の捜査方針に逆らい、被害者遺族に執拗につきまとう上杉刑事に加賀は不審を感じるのだった。もちろん、この不審は例によって事件とは無関係である。

基本的に「複数の容疑者たちをシロにしていけば最後に残ったものがクロ」というのが加賀刑事の捜査方針である・・・もう少し効率的に・・・などとはけして指摘しないでください。

杉山が狙いをつけるのは殺された被害者・三井峯子(原田美枝子)の息子・清瀬弘毅(向井理)だった。しかし、杉山は刑事であることとは別の感情で清瀬に接していたのだ。役者になる夢のために親と軋轢が生じて家を出た弘毅に・・・亡き息子の面影を重ねる杉山だった。杉山の息子は不良少年で三年前、バイク事故で死亡していた。

現場で花を手向ける杉山。そこに「ちなみに」とつぶやきながらやってきた加賀。

加賀「今日は何の日ですか・・・」

杉山「息子の命日だよ・・・」

杉山は被害者の離婚した夫と被害者の間で金銭トラブルが持ち上がりかけていたことを被害者の元夫であり、弘毅の父親でもある清瀬直弘(三浦友和)に問い詰める。しかし、直弘はその疑いを否定するのだった。それを裏付ける証言をする税理士の岸田(笹野高史)・・・もちろん、容疑者の一人である。

岸田は直弘の秘書である宮本(マイコ)をリストラするように苦言を呈していた。

杉山は直弘と宮本が愛人関係にあると疑っている。直弘の女性関係について弘毅に尋ねる杉山。弘毅の脳裏には宮本の姿が浮かぶがそれを口にはしない。無意識に直弘をかばったのか・・・それとも別の理由があるのかは不明である。

それはそれとして劇団員として夢を追いかける弘毅の姿に・・・杉山は密かに萌えを感じるのだった。

もはや、杉山は弘毅の実の父親である直弘に軽い嫉妬を感じるほどになっていた。

それは息子が生きているのに仲良くしない父親に対して苛立ちを生じさせていく。

その異常な心理に疑問を感じる加賀だった。

そんなある日、タウン誌の仕事をやめ、ジャーナリストとして恋人の母親の死の取材を始めた亜美(黒木メイサ)は直弘が上杉を殴る現場を目撃する。

しかし、暴力をふるったのは「上杉刑事だ」という直弘の主張に対し、上杉は反論せず・・・免職されることになる。

上杉は宮本秘書に「水商売あがりの悪女」と暴言を浴びせ、直弘に殴られていたのだった。すべては弘毅と直弘の不仲が直弘と宮本秘書との色恋沙汰によるものだと妄想を膨らませた結果だった。

再び、上杉の息子・和博(早乙女太一)の事故現場で再会する上杉と加賀。

加賀「今日は何の日です」

上杉「息子の命日だよ・・・」

加賀「息子さんは二人いたのですか・・・」

上杉「今日は息子が死んだ日だ・・・この前は・・・オレが息子を殺した日だよ」

加賀「それはどういう意味ですか?」

上杉「息子が無免許運転で逮捕された時・・・オレはそれをもみ消したんだ・・・」

加賀「それは・・・刑事としてですか・・・それとも父親として・・・」

上杉「そんなのわかるかよ・・・ただ、結果として俺が息子を殺したことには変らないだろ・・・俺は刑事失格だし・・・父親も失格なのさ」

加賀「・・・ここに息子さんの中学時代の卒業文集があるんです・・・読んだことありますか・・・」

上杉「なんだ・・・それは」

父親は刑事です。

パッとしない父親だけど誰より正義を愛している。

いつか父親のような刑事になり

一緒に事件を解決したい。

それが自分の夢です。

加賀「もっと早く・・・読んでおくべきでしたね」

涙にくれる上杉を残し・・・加賀は去った。

とにかく・・・またしても事件の解決する気配はないのだった。

まさかと思うが・・・たい焼き屋「銀のあん」の看板娘・奈々(沢木ルカ)が犯人とかじゃないよな・・・。秘伝のレシピを被害者が盗もうとしてあれやこれやで・・・なわけないだろ。

犯人は・・・きっと・・・いや、やめておこう。

関連するキッドのブログ『第6話のレビュー

火曜日に見る予定のテレビ『離婚同居』(NHK総合)『絶対零度・未解決事件特命捜査』『ジェネラル・ルージュの凱旋』(フジテレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« お龍、刃物をとりてつきつけ覚悟を問えば極道も土下座して謝しぬ(坂本龍馬) | トップページ | 満月の恋人を抱き上げる・・・つかの間の幸せを感じるために(木村拓哉) »

コメント

>秘伝のレシピを被害者が盗もうとしてあれやこれやで・・・なわけないだろ。
なわけないか?(≧∇≦)ノ彡バンバン!
鋏屋のオヤジとかどう?

>犯人は・・・きっと・・・いや、やめておこう。
やめないで~。はうん。

キッドさんの妄想にウケたので、
思わず立ち寄ってこんなコメントを。。。
書き逃げ≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ ソレー

投稿: mana | 2010年6月 1日 (火) 00時45分

hairsalon|||-_||シャンプーブロー~mana様、いらっしゃいませ~トリートメント|||-_||hairsalon

キッドの妄想容疑者リスト

①加賀刑事 事件と関係ない捜査ばかりしているのは自分が犯人であることを隠すため

②亜美 猟奇事件を起こし記者として返り咲きを狙う。

③松宮 熟女好き・・・愛憎のもつれ

④岸田 老いらくの恋・・・拒絶されて殺害

⑤時計屋 老いらくの恋・・・プレー中に誤殺

⑥アサミ 金銭関係のトラブル

⑦小倉優子 宇宙人と知られて

⑧うぶけや 長崎が今日も雨だったから

⑨タニショー ふたまた

⑩小嶋主任刑事 顔が凶悪犯。

・・・なわけないだろっ。

ああ・・・妄想が当たったらやだな。
そんなことでいい気になったらもっとやだな。
と揺れる日曜劇場でございます。

投稿: キッド | 2010年6月 1日 (火) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/34978218

この記事へのトラックバック一覧です: 息子を愛した刑事(阿部寛):

» やはりラスボスは三浦友和なのか!?(新参者#5・6・7) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『新参者』三協大都銀行と三協銀行を間違えたから、三井峯子@原田美枝子は息子である清瀬弘毅@向井理の恋人が勤めている店を間違えたのね!!!三井住友はまだわかるとしても、三菱東京UFJなんて、三和と東海の面影もないからねぇ(爆)ということで、カフェ「黒茶屋」でバ...... [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 18時27分

» ドラマ「新参者」第七章 外堀が埋まる一歩... [今日も何かあたらしいこと]
「新参者」には三浦友和・マイコ・笹野高史さんの三人しか容疑者がいないという所で、泉谷しげるさんと息子さんの物語に寄り道して、引き延ばし作戦?じわじわと外堀を埋めていく、... [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 18時45分

» 「新参者」 第7話 刑事の息子 [トリ猫家族]
 秘書の祐理って、愛人じゃなくて娘なんじゃないの? 愛人だったらネックレスじゃなくて指輪を贈るような・・・(o'ω'o) あの指にはめている50円玉(100円玉?どっち?)みたいな指輪は何〜? 財産分与がどうのこうのって言ってたから、祐理とその母親(愛人)にも 遺産が分...... [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 19時05分

» 新参者 第7話 [ドラマハンティングP2G]
親友の吉岡多美子(草刈民代)の話から、捜査本部では峯子(原田美枝子)が離婚の財産分与に不満があり、弁護士の高町静子に相談していたことを突き止めた。息子の弘毅(向井理)に子供が出来ると思ってまとまったお金を必要としていたのだろう。 峯子は、元夫・直弘(三浦..... [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 19時10分

» 新参者 第七章 刑事の過去 [レベル999のマニアな講義]
『刑事の息子“刑事の嘘”内容殺された三井峯子(原田美枝子)の親友・吉岡多美子(草刈民代)の証言から、元夫・清瀬直弘(三浦友和)との離婚時の財産分与で後悔していたと分かる... [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 19時57分

» 新参者 第7回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『刑事の息子』(刑事の嘘) [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 20時29分

» 新参者 第7話 [ぷち丸くんの日常日記]
殺害された峯子(原田美枝子)は生前、夫・清瀬(三浦友和)と秘書・祐理(マイコ) の浮気を疑い、それが原因で離婚した。 上杉(泉谷しげる)は、清瀬が浮気の発覚を恐れて峯子を殺害したと推測。 加賀(阿部寛)たちは、清瀬の旧友で税理士の岸田(笹野高史)たちに、清瀬の... [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 21時12分

» 女帝薫子 第6話 「最終章…母・薫子登場!!ホステス復讐開始」 [電視劇的随便日記]
[続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 21時12分

» 新参者 第7章:刑事の息子 [あるがまま・・・]
友和は次週に持ち越しかぁ…( ´_ゝ`)フーン 税理士の岸田が「結婚すれば・・・」てな感じの事を言ってたけど、やっぱ社長と秘書は そうゆう仲なん? ネックレスなんてーのもプレゼントしてたしなぁ{/presents/} だけど、離婚は峯子が言い出したらしいし、現時点でその当時から浮気してたと バレたとしても、離婚の原因がそうじゃないとしたら、今更ねぇ・・・ 今になって峯子がそれを盾にお金を要求したとしても、殺すほどの事じゃないし{/ase/} 次週には謎が解明されるのかな〜。 だけど、まだ最終回じゃ... [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 21時13分

» 『新参者』 第7話 [美容師は見た…]
何?祐理の小指の指輪は~。100円玉ですか?あれは不便ですよね。薬指に当たって痛いだろうし。ネックレスにしてもいいはずなのに、そこまでして小指にするって…加賀も指輪とネックレスに目を付けてましたね。「(ネックレス)誰かからのプレゼントですか?」って。加賀が、... [続きを読む]

受信: 2010年6月 1日 (火) 00時46分

» ≪新参者≫★07 [まぁ、お茶でも]
弘毅の父直弘と、秘書の祐理の浮気は本当だった。疑っていた峯子は、こんなことならもっと金をもらっておけばよかったと弁護士に相談していた。 上杉刑事が、祐理をつけていた。その後を行く加賀 ... [続きを読む]

受信: 2010年6月 2日 (水) 06時57分

« お龍、刃物をとりてつきつけ覚悟を問えば極道も土下座して謝しぬ(坂本龍馬) | トップページ | 満月の恋人を抱き上げる・・・つかの間の幸せを感じるために(木村拓哉) »