« 失踪後40時間以上が経過・・・もう死んでいます(森カンナ)簡単に断定するなーっ(沢村一樹) | トップページ | アリバイよりもサプライズ(柴本幸)さすがは諏訪御料人じゃ(阿部寛) »

2010年5月 3日 (月)

丸くても一角あれや人心あまり円きは転び易きぞ(坂本龍馬)

天衣無縫でありたいと願う人々は無縁であるかもしれないが、生まれつき天衣無縫のものは自戒を作る必要を感じる。龍馬はどちらかといえばボケ体質なので自らツッコミを入れることがある。

円満な人間関係を築くためには円やかな人格は必要だが、時にはそれは「八方美人」という罵詈にたどり着く。

人間が徒党を組む生き物である以上、党の中で円やかであっても、党と党の対立が生じれば円やかではすまない。

こういう時、人は「譲れない一点」を持つべきだと龍馬は歌うのである。

もちろん、それは剣士としての兵法原理からも発している。

生死のやりとりにおいて「不戦不敗」は真理である。しかし、「先手必勝」である以上、この「矛盾」に対処しなければならない。それは「己を知り敵を知る」ことにも通じるが、同時に「突破口」にも通じていく。

「動いたら負け」という局面で「動いても勝つ一手」を探すこと。

それが精進というものなのである。

「攘夷一色に染まれば開国」「倒幕一色に染まれば大政奉還」たえず龍馬は一角を突き上げた。

もちろん、角を立てるのは攻撃であり、そこには隙が生じる。結局、人は無敗であり続けることはできない運命なのである。

で、『龍馬伝・第18回』(NHK総合100502PM8~)脚本・福田靖、演出・渡辺貴一を見た。例によってシナリオに沿ったレビューはikasama4様を推奨します。今回は後の元祖鉄オタ・勝塾塾頭・佐藤与之助と「風林火山」のミツの兄河原村伝兵衛の有薗芳記描き下ろしイラスト徹底比較特集、世界で一つだけの花とはこのことです。もちろん、それだけでは萌えられない方々のために幕末のモー子こと大和屋お徳描き下ろしイラストも出血大サービス。鼻血ブーです。とにかくノリノリで爆笑場面連続の最高のこの大河ドラマ。キッドも2回お茶を噴きました。やはり、龍馬、勝、以蔵のトリオはトレビアンですな。まさに絵にかいたような、天才・秀才・おバカさんでございます。滅びつつある幕府にあってなんとか日本を残そうとする勝、それを一を聞いて十を知るスタイルで体得する龍馬・・・そしてただただ時代に翻弄され流されていくかわいい以蔵。もうブルブルと震えがとまりません。なんちゃあないのか・・・救出の手立ては・・・。あの仔犬を拾ってやるタイムマシーンは・・・。・・・でございます。

Ryoma186302 文久三年(1863年)、早春の京には続々と諸大名が集結しつつあった。二百五十年ぶりの将軍上洛に備えるためである。公武合体派の巨頭たち・・・薩摩藩の大殿・島津久光は将軍入京よりわずかに遅れるが入京。土佐藩大殿・山内容堂はすでに入京し、これを迎える。久光の入京の遅れは生麦事件が尾を引いている。突発事故とはいえ、英国と薩摩の中にたった幕府を苦境に追い込んだことは佐幕派と言える久光にとって面目ないことだった。「しかし、英国の礼を糺すことはあながち間違いではない」と宇和島藩大殿・伊達宗城は久光を慰める。「英国の貴族を殺めたわけではなく無礼討ちに賠償などあろうことか」と京都守護職に就いた会津藩主・松平容保に水を向ける。容保は無言だった。安芸広島藩主・浅野長訓は前年より藩制改革を行い危機感を深く抱いている。「この度の義は当方にあれども・・・相手のあることゆえ、予断はなりませぬ」・・・刃傷沙汰には深いトラウマのある一族なのである。筑前福岡藩主・黒田長溥は薩摩藩からの養子である。久光には大叔父にあたる。中州に科学工場を建設するほどの蘭学者でもあった長溥は開国派として生麦事件を困った不始末と感じていたが、久光との軋轢を避け発言を控える。(なに・・・そのうち西郷がなにかやらかすだろう・・・)長溥は島送り処分の西郷を密かに援助している。筑後久留米藩藩主の有馬頼咸は砲術家としては一流だったが遊び人としては超一流だった。すでに財政が傾いている久留米藩であるにも関らず京都滞在にも金に糸目はつけないのだった。

このように大名あるいは大殿が一同に会した京の都は空前の将軍上洛景気に沸いていた。膨大な物流が京に流れ込んだのである。

勝海舟も大坂から京へ入る。将軍から召しだされた場合に備えるためである。しかし、同時に海軍奉行として有力大名への資金・人材の協力要請を続けているために恐ろしく多忙だった。

そんな勝の宿に土佐藩から使いが来た。真夜中である。

すでに以蔵は勝の警護役を命じられ、宿に詰めている。気配に以蔵は跳ね起きたが、勝がそれを制する。勝は以蔵に犬万(犬を手懐けるための忍びの薬物)入りの饅頭を放った。

「大丈夫だ・・・大人しくしてな・・・」

以蔵は鼻をならして饅頭にむしゃぶりついた。そのかわいさに勝は目を細める。若い頃は犬嫌いだった勝だが最近は愛犬に目覚めている。勝の寝所にやってきたのは山内家が使う忍び森下一族のくのいちお幸だった。

信濃から越後に流れた古い海野一族の血を引く勝海舟にとって武田の武将・板垣家の流れを汲む森下一族はあながち無縁とはいえない。また、公儀隠密の土佐における拠点である板垣家は勝にとって一種の同胞である。山内容堂が土佐忍びの頭領となって以来、勝と容堂は盟友関係にある。

肥大化した土佐勤皇党の処理について策を講じたのは勝海舟であった。容堂は建策を受け入れ事態はその計画によって進捗している。

その結果、龍馬の脱藩は許され、海軍塾には土佐藩士が参加し、人斬り以蔵が勝のボディー・ガードになるという予想外の流れが実現しているのである。容堂は京の公家の派閥争いも把握し、土佐勤皇党をそれぞれの公家の派閥に振り分けることにより党の分断にも成功していた。武市半平太を愕然とさせた独裁組織の崩壊が始まっていた。

「殿より・・・奇策成功の御礼を言上せよと申し付けられました」

勝自慢の西洋ランプの灯に照らされてお幸は白い裸身をさらす。

「お・・・こりゃ・・・ありがたいね・・・こっちは祇園にあがる暇もねえからな」

「しぼりとれるだけしぼりとってこいとの御下命でございまする・・・」

言い終わる前にお幸は座した勝の背後に忍んでいる。豊かな乳を勝の背中に押し付けたお幸は左手を勝の首に回し、動きを封じた上で、右手を勝の下半身に伸ばす。

「うん・・・乙だねえ・・・」

あっというまに半裸にされた勝はお幸に後抱きにされたまま、卓越した指先で秘処をまさぐられるのである。

「お・・・」

あまりの快楽に声を漏らした勝にお幸は妖艶な忍び笑いで応えるのだった。

その頃、将軍本陣となった二条城では暗闘が繰り広げられていた。

将軍を守備するのは服部半蔵の影の軍団と篤姫の選んだ大奥くのいち衆である。

襲撃してきたのは妖異の群れだった。

赤い目をした襲撃者たちは黒装束の忍びだったが思わぬ抵抗を受け敗退しつつあった。

「・・・さすがは・・・篤姫様・・・こうなることを読んでいたか・・・」

服部半蔵は負傷者を数えながら、城内を進む。倒れているのは味方ばかりである。

その時、天井から敵が襲い掛かる。不意をつかれた半蔵を押しのけたのは老くのいち幾島である。

「ご油断召されるな」

その手には篤姫お手作りの薩摩十字刀が握られている。

赤い目の忍びは超人的な速度で両手の爪を幾島に突きつける。

しかし、幾島の修練の術が勝っていた。忍びの胸に薩摩十字刀が突き刺さっている。

薩摩十字刀には秘薬・鬼殺しが塗られている。薩摩に古来伝わる吸血鬼用の聖水薬である。おそろく主原料は大蒜と思われる。

吸血鬼細胞はたちまち化学反応を起こし、発熱し、沸騰し、気化する。

赤い目の忍びは灰となって消散した。

「かたじけない・・・」

服部半蔵は幾島を振り返った。

幾島はすでに次の敵に応じていた。

闇の中を巨大な蝙蝠が滑空していく。

それは琵琶湖に浮かぶ屋形船に降り立った。

一瞬後、蝙蝠から人間に変身した裸身の白人男性が舌打をする。

「ムシュー・・・言ったでしょう・・・将軍家は甘くないと・・・」

船に揺られているのは将軍家後見役一橋慶喜にそっくりな男だった。

白人男性は憎しみのこもった目で慶喜を見た。

「ヨシノブ・・・俺は高貴な血を将軍にそそがねばならぬのだ・・・」

「ふふふ・・・キャピタン・フランソワ・ロロノア・ジルベール・ブーランジェ・・・それは我の役目・・・しばらくは時期を待つのです・・・」

吸血海賊ブーランジェは赤い目で慶喜を睨みつける。

それに応じた慶喜の目もまた赤く輝きだすのだった。

「さあ・・・そろそろ棺桶にお戻りなさい・・・朝陽はご老体には毒ですぞ・・・」

ブーランジェは東の空に夜明けの気配を感じてたじろぐ。

忌々しげに鼻をならした大男は屋形へと入っていった。そこには巨大な棺桶が置かれている。

慶喜はそれを見届けると上半身をはだけた。その背中には黒い翼が出現していた。

「ふ・・・日も浴びられぬとは下級な悪鬼め・・・その内・・・灰に換えてくれるわ」

すでに半ば吸血鬼と化した一橋慶喜は京の市内を目指して飛び立った。

関連するキッドのブログ『第17話のレビュー

火曜日に見る予定のテレビ『八日目の蝉』(NHK総合)『絶対零度・未解決事件特命捜査』『ジェネラル・ルージュの凱旋』(フジテレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 失踪後40時間以上が経過・・・もう死んでいます(森カンナ)簡単に断定するなーっ(沢村一樹) | トップページ | アリバイよりもサプライズ(柴本幸)さすがは諏訪御料人じゃ(阿部寛) »

コメント

いやぁ面白かったですねぇ。

龍馬、勝、以蔵
この三人の掛け合いが実に見事でした。

以蔵はもう一人の龍馬というか
自分らが抱いている龍馬像の片割れを
持っているって感じですからねぇ。

かつて三谷さんが手がけられた
「竜馬におまかせ!」が浮かんできました ̄▽ ̄

このテンションはあのノリに近いですね。

一方でドヨ~ンとした京都・土佐藩邸の
雰囲気は対照的でした。

平井収二郎は山内豊資公の後ろ盾を得て
藩政改革をしようとしたとも言われていますが

この作品では容堂公にそそのかされて
その容堂公の後ろ盾を得て藩政改革をしているのが
なかなかに面白いところですねぇ。

そして、お徳は写真で見るよりも全然可愛いです。
もう今度からあのメイクでバンバン出演して欲しいです。

そして
『大和撫子素顔党』
是非とも入党させて頂きます(゚∀゚)

投稿: ikasama4 | 2010年5月 4日 (火) 16時56分

pencil✥✥✥ピーポ✥✥✥ikasama4様、いらっしゃいませ✥✥✥ピーポ✥✥✥pencil

「氷川清話」の「奴は俺を斬りにきた男さ」
が延々と拡大解釈されていく・・・
見事な語り口でございます。
これぞ、脚色ですな。

要するに大人の勝は酸いも甘いもわかっている。
わかっていながら頓着しない。
そういう勝の包容力に
龍馬は抱かれつつ
自力でもなんとかしようと悩む。
そしてもがく。
そして以蔵はどうにもこうにも
難しいことがわからない・・・。

この知力の差が
相互無理解におわらないために
「情」というものがある・・・
ということなのですな。

以蔵にとって
目の前に「情」があれば
理屈を越えて
実力が発揮できる・・・。
そして
「闇討ち」よりも
「専守防衛」の方が気が楽なのですな。
しかし、勝も直参ですから・・・。
以蔵の心の闇までは
結局・・・救い上げられない・・・。
ここが実に痺れるところだと思います。

今回は土佐藩士の悲劇が
行く男、送る女のカタチで
濃厚にネタフリされてますので
これからはうぅんな感じにしあがっていく・・・
ということなのですな~。

龍馬伝は見送って・・・
見送って・・・
そして・・・
という物語なのでしょう。

大和撫子素顔党の
幹事長・お喜勢は
夫と二人・・・主役を見送るのでしょうな・・・。
愛人隊とともに・・・。
乙女、春猪、加尾、さな、お龍、お元・・・
・・・もてもてか・・・死後ももてもてか~
なのでございますなーっ。

投稿: キッド | 2010年5月 4日 (火) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/34503989

この記事へのトラックバック一覧です: 丸くても一角あれや人心あまり円きは転び易きぞ(坂本龍馬):

» 龍馬伝 第18話「海軍を作ろう!」 [渡る世間は愚痴ばかり]
幕府の蒸気船は龍馬と龍馬の夢を乗せて神戸に向かう。 [続きを読む]

受信: 2010年5月 3日 (月) 19時59分

» 龍馬伝 十八話 [Simple*Life ドラマ感]
いよいよ勝先生のもとで本格的に始動しはじめた龍馬です。 まずは勝塾?とやらにいってみんなと一緒に海軍の勉強を となるわけですが、 この塾に来ているものはみんな龍馬と同じ気持ちでは なかったようですね。 みんな攘夷のため!と思っているようで とにかく外国を軍艦で倒すことを目的としてる そう感じた龍馬は勝先生を探して京までやってきます。 そこで勝先生に放っておけばいいと言われるんですよね。 なんといってもあの塾には国というものがない。 そして上下関係がない。そして外国文化を知ることができるって 相手の... [続きを読む]

受信: 2010年5月 3日 (月) 21時51分

» 【龍馬伝】第十八回 [見取り八段・実0段]
どうしたらいいがじゃ。みんな、異国と戦をするために学びよる!龍馬は長次郎と共に、大阪の勝塾へ行く。神戸の海軍操練所が出来るまで、ここで海軍候補生が学んでいるのだった。自... [続きを読む]

受信: 2010年5月 3日 (月) 23時32分

» 【大河ドラマ】龍馬伝第18回:海軍を作ろう! [山南飛龍の徒然日記]
色んな意味で半平太が気の毒になってきました(´・ω・`)【今回の流れ】・勝塾の訓練生を集める為、龍馬と長次郎は大坂に 運良く沢村と再開し、言葉巧みに丸めこんで入塾させる・半... [続きを読む]

受信: 2010年5月 3日 (月) 23時44分

» 「龍馬伝」第18回 [日々“是”精進!]
   第18回「海軍を作ろう!」勝の弟子となった龍馬と長次郎は船で大坂へ向かう。二人は神戸に海軍操練所ができるまで、大坂の専称寺の勝塾で学ぶことになる。勝塾の訓練生を集... [続きを読む]

受信: 2010年5月 4日 (火) 05時26分

» 龍馬伝 第18話「海軍を作ろう!」 [ぷち丸くんの日常日記]
龍馬(福山雅治)と長次郎(大泉洋)は、船で大坂へ向かっていた。 神戸に海軍操練所が出来るまで、大坂の専称寺の勝塾で学ぶことになる。 龍馬と長次郎が、勝塾の訓練生を集めに大坂の町に出ると、龍馬と共に 脱藩した惣之丞(要潤)と出くわす。 龍馬は、一緒に海軍を作ろう... [続きを読む]

受信: 2010年5月 4日 (火) 06時54分

» 龍馬伝 海軍を作ろう! [のほほん便り]
ついに勝先生、地球儀をもって回り、説いた甲斐がありましたね。「これが、日本?!」 盛大にくいついて、驚き、感動する者があらわれました。それが、じつは彼を斬りに訪れた以蔵だったとは! 本来の目的を承知の上で、全然、動じず、そのリアクションの素直さに「気に入ったぁ!」と龍馬と共に飲みに誘うあたり可笑しいです。太っ腹ぁ それにしても… 海軍スカウトが全然、うまくいかず、邪険にされまくり落胆する龍馬。容堂に褒められた感激。いただいたお菓子を落とさぬよう、感激のあまり、帰り廊下で目をまわす武市半平... [続きを読む]

受信: 2010年5月 4日 (火) 07時50分

» 龍馬伝 第18回 海軍を作ろう! [レベル999のマニアな講義]
『海軍を作ろう!』内容文久3年、勝麟太郎(武田鉄矢)とともに、龍馬(福山雅治)長次郎(大泉洋)が乗った蒸気船“順動丸”は、海軍操練所を作る予定の神戸へと向かっていた。大... [続きを読む]

受信: 2010年5月 4日 (火) 08時39分

» 大河ドラマ 龍馬伝 第18回 「海軍を作ろう!」 [くまっこの部屋]
龍馬と一緒に脱藩した沢村惣之丞や土佐勤王党から望月亀弥太、高松太郎、千屋寅之助が [続きを読む]

受信: 2010年5月 4日 (火) 10時50分

» 《龍馬伝》☆18 [まぁ、お茶でも]
<文久3年の元旦に 品川を出発した幕府の蒸気船 順動丸は、太平洋から、瀬戸内海へ入り> 兵庫へと向こうておったがじゃ。> 神戸に海軍を作る。 海軍士官を養成しなくてはならない。 そんな勝の話を使命感を持って大坂へ入った。 饅頭屋改め近藤長次郎と一緒だった ... [続きを読む]

受信: 2010年5月 4日 (火) 12時10分

» 龍馬伝、容堂暗殺!! [函館 Glass Life]
いよいよ前藩主・山内容堂による武市ら土佐勤皇党の粛清 が始まりましたね{/kaeru_shock1/} 元々容堂は公武合体の中心人物、佐幕派の代表なのですか ら攘夷一辺倒の武市とは相いれる筈がありません{/cat_6/} 数百年の間抑圧されてきた下士や郷氏達のエネルギーが尊 王攘夷思想と結びつき勤皇党を結成、藩の実権を握ったか に見えたのもほんの一瞬。 隠居したとはいえ実際に藩政を動かしていた容堂との考え 方の隙間を埋める事は出来なかったのです{/kuri_5/} 容堂暗殺{/ee_2/}を実行出... [続きを読む]

受信: 2010年5月 4日 (火) 13時18分

» 第18回「海軍を作ろう!」 [政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~]
近代民主国家にとって、特に海をもつ国々にとっては海軍という存在はもはや当たり前かもしれない。しかし、それは国際化の波に抗えないがゆえの側面も否定できない。仮に海をもって... [続きを読む]

受信: 2010年5月 4日 (火) 14時06分

» 【龍馬伝】第18回と視聴率「海軍を作ろう... [ショコラの日記帳]
【第18話の視聴率は5/6(木)夕方迄に追加予定】岡田以蔵(佐藤健)が、武市に命じられて勝麟太郎(武田鉄矢)を斬りに行きました。でも、勝の元に龍馬がいて、2人に宥められ、... [続きを読む]

受信: 2010年5月 4日 (火) 14時06分

» 大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者18半平太家茂に攘夷約束を成功させるも容堂の策略で失脚の道を敷かれていた [オールマイティにコメンテート]
2日大河ドラマ「龍馬伝」第18話を視聴した。 今回は江戸から神戸村へ向かった龍馬は神戸村で 海軍学校の人集めに奔走していた。 龍馬は大阪で沢村と再会し沢村を誘うが、 最初こそ理解されなかったものの 次第に理解されるようになり沢村を海軍学校へ入れた。 一方....... [続きを読む]

受信: 2010年5月 4日 (火) 14時30分

» 『龍馬伝』第18回★勝麟太郎の地球儀攻撃炸裂 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON2) 第18回「海軍を作ろう!」  風邪で発熱 & キツイ花粉症 & うつ病の波 の三重苦を背負いながら見たせいか、なんかフワフワした印象の第18回でした。 【 ドッキリ大成功!? 】  前回、「上り坂もここまでじゃ。タ・ケ・チ」と山内容堂(近藤正臣)が予告していましたが、武市半平太(大森南朋)には”ドッキリ企画”が待ち受けていた。  容堂と会見した武市が屋敷に戻ると、そこは「そして誰もいなくなった」状態。  ”土佐勤王党”のメン... [続きを読む]

受信: 2010年5月 4日 (火) 14時53分

» 「龍馬伝」 第18回、海軍を作ろう! [センゴク雑記]
大河ドラマ「龍馬伝」。第18回、海軍を作ろう! 能天気な題名のように、龍馬は充実した日々を過ごす。 一方、武市半平太は・・・ [続きを読む]

受信: 2010年5月 4日 (火) 15時41分

» 龍馬伝 第18話 [paseri部屋]
「龍馬伝」(第18話)を観ました。出演:福山雅治,大森南朋,宮迫博之,大泉洋,要潤,田中哲司,佐藤健,酒井若菜,池内万作,武田鉄矢,夏八木勲,近藤正臣勝麟太郎(武田鉄矢)の... [続きを読む]

受信: 2010年5月 4日 (火) 19時57分

» 龍馬伝「海軍を作ろう!」 気鋭のヒーロー [よかったねノート 感謝の言葉にかえて]
五月皐月、ゴールデンウィークの今日、ニッポン全国ほぼ晴れでした。 五月晴れの空にに泳ぐ鯉のぼりは気持ちよさそうでした。 「龍馬伝~第18話、海軍を作ろう!」 文久3年。 武市半平太:「わたくしに妙案がございます」 勝 麟太郎:「ほっとかれんなら、ほっとい... [続きを読む]

受信: 2010年5月 5日 (水) 11時54分

» 大河ドラマ「竜馬伝」第18回『海軍を作ろ... [徒然”腐”日記]
昨日に引き続き実家更新~ながら観だったので手短一言感想です。ネタバレ記事を含みますが個人的感想のみですのでご了承ください。海軍を作ろう・・・・・・って随分と明るいという... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 09時44分

» 大河ドラマ 龍馬伝 第18回 「海軍を作ろう!」 [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
「海軍を作ろう!」 なんて題名を付けられると まるで龍馬や、海舟が 日本の軍国主義の開祖のように誤解されそうで験くそ悪い。 村田蔵六なんかと一緒にせんといてくれ! 「海軍を作るのは日本を異国からの侵略から守る為」 なんて認識さえ、龍馬には希薄だった... [続きを読む]

受信: 2010年5月 8日 (土) 23時38分

« 失踪後40時間以上が経過・・・もう死んでいます(森カンナ)簡単に断定するなーっ(沢村一樹) | トップページ | アリバイよりもサプライズ(柴本幸)さすがは諏訪御料人じゃ(阿部寛) »