« 子役史上最強クラスVSハガネの女(吉瀬美智子)殺された女(加賀美早紀)ヤン(成宮寛貴)メガ(仲里依紗) | トップページ | そしてたい焼きは今日も新参者にとってどうでもいいものらしい(沢木ルカ) »

2010年5月23日 (日)

世に先を読む人とは理を尽くし時を知る人なり小野小町しかり仁田忠常しかり(坂本龍馬)

予言者は科学的知識で大衆を欺くことが多いので自分もやってみたいがそれには用心深くならないといけない・・・と龍馬は仄めかす。

この手紙は六月二十八日の日付であるが、それが文久三年なのか、元治元年なのかは意見が分かれるところである。

龍馬が仁田忠常と新田義貞を混同しているという推察もあるが、仁田忠常が潮時を知って太刀を収めた故事が坂本家には伝来していたのかもしれない。

とにかく・・・そうなれば室町時代より鎌倉時代のが源である。

龍馬は小野小町の雨乞い歌、武人の汐凪の剣、おでき治療法、そして乳母の消息を姉・乙女に語る。

明らかに忍びの密書らしき意味不明の要素がある。

もちろん・・・今となってはこの書にかくされた真意を語ることはフィクションの域を出ないのである。

で、『龍馬伝・第21回』(NHK総合100523PM8~)脚本・福田靖、演出・渡辺一貴を見た。例によってシナリオに沿ったレビューはikasama4様を推奨します。今回はファン待望、銭ゲバもケルベロスも泣いた武市半平太の妻・富子描き下ろしイラスト大公開です。もはや妻にして不幸にしてみたい女優ナンバーワンですな。なぜ・・・不幸にするのだ。薄倖ぐらいにしておけ・・・そういう問題なのか。容堂は武市より二才年上・・・吉田東洋は10才上の師である。武市にとって理解できなかった大攘夷(開国富国)を容堂は簡単に理解し、武市は「土佐の攘夷」を最後まで下克上とは気がつかないフリをしていたが、その本質が謀反であることを容堂は許さなかった。おそらく吉田東洋が存命であれば武市も生きて明治を迎えられたことは間違いなしなのですが・・・済んでしまったことをあれこれいっても始まらないのですな。東洋は暗殺。瑞山は切腹。容堂は二日酔いと歴史は定まっているわけですし。まあ・・・それが土佐藩の限界だったとも言えるでしょう。何しろ死国の屠鎖の絞血でございますからねえ・・・どこの豪州だよ。どんだけ吹き溜まりなんだよ。

Ryoma186305 で、文久三年はかなり長い停滞をはじめています。すでに今宵で五度目・・・やはり、ここは結構歴史の分岐点なのですな。ここまで比較的日付は曖昧にしてきましたが・・・ここで八月十八日の政変が起こる。長州による朝廷支配が挫折したという意味では毛利の変と名付けられるべきクーデター成功だが後に長州が官軍に返り咲くので八月十八日の政変という判り難い名称になっている。ほぼ同じ時期に天誅組の変が進行していて、その流れから言えば天誅の戦と考えることもできる。天誅というテロですべてを変革することができると考えた過激な公家、長州を中心にした攘夷志士たちと穏健なすべての人々との戦である。その中には孝明天皇も含まれる。

天誅軍が敗北するのは穏健派の公家と京都守護の会津藩、薩摩藩が連携し、しかも孝明天皇が穏健軍の旗頭だったからである。

天誅組がいくら「天に変って不義を誅す」と宣言しても今上天皇が「朕は天誅を望まず」と詔すれば拠り所を失ってしまうのである。

孝明天皇はすでに幕府に嫁した和宮から肉親の情報を得ており、京都守護の会津藩主を愛し、そして実力者・薩摩藩の後援を得ていたのだった。

尊王攘夷派が天皇親征を夢見ても、本人が大の戦嫌いである以上・・・実行は不可能だったのである。

三条実美は皇軍総帥を気取っていたが・・・裏では着々と天皇の忍びたちが「天皇の意に染まぬものたちの駆逐のための算段」を遂行していたのである。

少なくとも、江戸の忍びと京都の忍びは文久三年八月十八日(1863年9月30日)にほぼ一体化しており、まさしく公武合体状態だったのである。この日、天皇と将軍の両方に謀反した公家・三条実美と武家・毛利敬親は罪人となったのである。まさに頂点から一挙に奈落の底に落ちた気分だったろう。

毛利一族や三条らの公家は状況判断をして逃亡するが・・・末端の天誅過激派たちはまさに右往左往しつつ滅ぶしかなかったのである。

その賊軍征伐の影の陣頭指揮を取るのは幕府・勝海舟、朝廷・岩倉具視である。

二人は勝が文政六年、岩倉が文政八年と二才違いだが馬があっていた。

二人とも口か悪い。その上、陰謀が大好きなのである。すでに無冠の岩倉は元は正四位下左近衛中将だが、従五位下安房守の勝を海舟先生と呼んでいる。

「海舟先生・・・これで概ね終わりましたな・・・先生が越前から調達した軍資金が効きましたでおじゃる」

海舟は仕方なく・・・剃髪した貴族を法名で呼んでいる。

「友山和尚・・・後は京街道の監視をどうするかってえ問題が」

「そりゃ・・・先生に任せるでおじゃります・・・大和の代官所を襲うかもしれん中山大納言の七男・忠光は・・・皇太子(ひつぎのみこ)の母上の弟君なのでよしなに頼み参る」

「ああ・・・あれは・・・事もあろうに狭山藩に助勢を願ってるんで・・・そのうち・・・解散するしかなくなると思いますが・・・お上も心配してるんで海軍の坂本っていうのを派遣しときました」

「ああ・・・龍馬はんなぁ・・・」

「ご存知で・・・」

「なかなかにいいバクチを打つお方や・・・ふふふ・・・先生のとこに紹介したのはこの友山でおじゃるよ・・・」

その頃、中山忠光を主将とする天誅組は大和国五条の代官所を襲撃していた。槍隊を率いるのは吉村寅太郎、鉄砲隊を率いるのは池内蔵太である。一応の十人組を一番から四番まで持つ先発軍である。ここまで抵抗らしい抵抗もないまま、進軍してきて・・・「ものたりない」と中山主将が言い出したので代官所を襲撃することになった。

「しかし・・・何も相手が大人しゅうしてるのに攻撃せんでも・・・」と実は土佐藩の目付けである池内蔵太は意見した。しかし、中山忠光の世話係として長州での攘夷決行にもお供をした吉村寅太郎は「血気盛んなお方なのだ・・・やるといったら・・・もうやるのだ」と同意を示すのだった。

池鉄砲隊が威嚇射撃の後で・・・吉村槍隊が突撃すると・・・代官所の守備兵たちは抵抗もせずに退却した。逃げ遅れたというよりは事情を尋ねようと待っていた代官は鈴木源内である。

中山忠光は「首をはねよ」と命じた。仕方なく吉村は鈴木の首を刎ねた。

中山忠光は血を見て満足し・・・「今夜は前祝いじゃ・・・ここで酒など振舞う」と命ずる。

その夜、天誅組が酔いつぶれた丑三つ時。

御所には公武合体派の皇族、公家が参代し、今上天皇を尊皇攘夷派から切り離した。

御所周辺には会津・薩摩連合軍が配置され、不意を突かれた長州軍は無抵抗のまま、排除される。急を聞きつけた主力部隊が駆けつけたときには長州軍は御旗を失い、賊軍となっていた。

「こちらは京都守護である。本日をもって尊皇攘夷を唱える不逞の輩は朝敵に指定されました。ただちに解散し、恭順してください」

「ふざけんなー」

「断固反対ー」

「幕府、かえれ、攘夷、決行」

しかし、桂小五郎は薩摩軍の背後に御旗が翻るのを見るや、すでに退散していた。

その頃、天誅組は狭山藩主・北条氏燕の支配する風魔一族の監視下に置かれていた。隣国の高取藩主・植村家保は天誅組の大天狗こと吉田東洋暗殺犯・那須信吾を迎えていた。幕府海軍佐官・坂本龍馬は一人の忍びを連れて高取城を訪れた。京都での政変を伝え、幕命を伝える。

すでに那須信吾は酔いつぶれていた。

那須を酔わせたくのいちは加尾である。

加尾は実行犯である那須の捕縛を命じられていたが殺害でも平井家の家督相続を容堂に約束されていた。龍馬は一瞬で那須の首を切断する。

加尾は用意した壺にその首を詰めた。塩で封印する。

二人は無言で分かれる。龍馬にはかっての同志を殺害し、中山忠光のみを救う使命が残っていた。

その頃、天誅組には従軍慰安婦として楢崎龍が参加していたのである。

龍馬とお龍の運命の出会いが迫っていた。

天誅組50名に対し、公武合体軍は1万5000の藩兵を動員している。しかし、龍馬は穏便に天誅組を壊滅させなければならないのである。

関連するキッドのブログ『第20話のレビュー

月曜日に見る予定のテレビ『月の恋人』(フジテレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 子役史上最強クラスVSハガネの女(吉瀬美智子)殺された女(加賀美早紀)ヤン(成宮寛貴)メガ(仲里依紗) | トップページ | そしてたい焼きは今日も新参者にとってどうでもいいものらしい(沢木ルカ) »

コメント

尾野真千子さんが
「オノマチ」という愛称があるのを知って
なんとなく小野小町と似てると思った今日この頃。

今回はもう奥貫さんに尽きますねぇ。

どんな事態にあっても平静に振舞う。
ただ一言に自分の本音を込めて。

あのシーンはなんとも見せてくれます。

もう幸薄い女性を演じさせるならば
まずこの人が第一人者といても過言ではないですね。

その後を継ぐのが尾野さんでしょうかね。


そして、こちらも方も熾烈を極めておりますねぇ。

龍馬と加尾の暗躍。

そこに西山さんも加わるんでしょうかね。


さて、今回新選組がちょっとだけ登場しましたが
最近は今注目の人・冲方丁の原作「サンクチュアリ」

八卦の一つである「巽」の字を持つ異能の者達の集団・新選組と
朝廷を守る鬼の子孫・八瀬童子や陰陽頭・土御門晴雄そして柳生との戦い

只今、こちらにそそられてます ̄▽ ̄ゞ

投稿: ikasama4 | 2010年5月24日 (月) 23時01分

pencil✥✥✥ピーポ✥✥✥ikasama4様、いらっしゃいませ✥✥✥ピーポ✥✥✥pencil

はかなさとしぶとさ・・・
これも兼備するのが
難しい装備ですが

実は標準装備してないとダメなんですよね。

はかなくあるためには
逆境にある程度耐えねばならない。

拷問されてもしばらくは
生きていないと
美しさが表現できない。

つまり・・・運命などに
いじられて
もてあそばれて
いたぶられて
耐えて・・・耐えて
でも・・・息絶える。

このあたりが「はかない」感じですからな
そういう意味ではもう
「奥貫薫」は達人かっ。

今は
多部未華子と
大後寿々花と
福田麻由子がこの路線に
乗りつつありますが
キッドはダークホースは
末永遥だと思っています。
まず・・・普通に美しいというのが
基本ですからな。

美しいので大衆に疎まれ
主役はできないが
不幸せな美人の役もまた
いつの時代にもありますからーっ。
つまり、武市半平太の妻の役とかーっ。

尾野真千子は
これから結構幸せな役に
なっていくかもーっ。

ある意味、孝明天皇の変とも言える
文久の政変・・・。
しかし、弾圧者が変の名になるのは
いろいろと不都合ですしね。

それにここをあまりつつくと・・・・
明治維新の裏の顔が
恐ろしい感じに
見えてくるので・・・
くわばらくわばらなのでございます。

ふふふ・・・
新鮮組
新選組
新撰組
新仙組
新賎組
様々な怪しい浪人集団が
跋扈する京都周辺。

鬼や陰陽師、妖怪夜行の魔都・・・。

新撰組が本当は何と戦っていたのか・・・
そういうのを妄想しはじめると
本当に夜も眠れないのでございます。(・o・)ゞ

投稿: キッド | 2010年5月25日 (火) 07時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/34833658

この記事へのトラックバック一覧です: 世に先を読む人とは理を尽くし時を知る人なり小野小町しかり仁田忠常しかり(坂本龍馬):

» 第21回「故郷の友よ」 [政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~]
皆で綱引き…これには意味がある。船を操るとは、まさにこのこととも関係がある。日々の充実がまさに語れよう龍馬たち…龍馬のもとに1通の手紙が届く。「なぜ兄上は死なねばならな... [続きを読む]

受信: 2010年5月24日 (月) 11時22分

» 「龍馬伝」第21回 [日々“是”精進!]
   第21回「故郷の友よ」龍馬は土佐で収二郎が切腹させられたと知り、土佐に戻った半平太の身を案じていた。龍馬は再び京にいる勝を訪問。勝は日本の海軍を急いでつくらなけれ... [続きを読む]

受信: 2010年5月24日 (月) 12時22分

» 大河ドラマ「龍馬伝」第21回『故郷の友よ』 [徒然”腐”日記]
個人的感想のみですがネタバレを含みますのでご注意ください。21回目・・・・・・・そろそろ半分な訳ですが・・・・・・・まだこの辺りって・・・・・・後半、大事な場面や歴史的... [続きを読む]

受信: 2010年5月24日 (月) 14時51分

» 勤皇党員でなかった以蔵!! [函館 Glass Life]
ドラマの最後に新撰組が登場しましたね{/ny_kimono_m/} 岡田以蔵を追い詰める近藤勇ら新撰組隊士にかなり 違和感を覚えた僕なのです{/kuri_5/} 新撰組は主に攘夷倒幕派の取り締まりに当たった筈 なのに佐幕派の山内家家臣を取り締まるなど考えら れません{/m_0212/} 龍馬はともかく、殆どの土佐藩士が倒幕を考えてい たとは到底考えられないのです{/m_0212/}{/m_0212/} 土佐藩を実質的に動かしていたのは山内容堂、その 容堂は代表的な佐幕派です{/kuri_1/} 武... [続きを読む]

受信: 2010年5月24日 (月) 15時21分

» 龍馬伝「故郷の友よ」 学舎のヒーロー [よかったねノート 感謝の言葉にかえて]
「龍馬伝」第21話。 故郷の友よ、龍馬の思いは故郷へ。 ささ。いかが相成りますか。 今日も感想文を綴ります。 前回、途中なっているがぜよ。 今日もここから、始めます、よろしゅうたのみます。ayumiyori 第21話 「 故郷の友よ 」   2010年5月23日(日) 総合... [続きを読む]

受信: 2010年5月24日 (月) 16時15分

» 【龍馬伝】第21回と視聴率「故郷の友よ」 [ショコラの日記帳]
第21回の視聴率は、前回の20.4%より少し下がって、20.0%でした。ギリギリ20%台を死守して良かったです♪5/29(土)の「土曜スタパ」に、以蔵役の佐藤健さんが出演す... [続きを読む]

受信: 2010年5月24日 (月) 16時59分

» 龍馬伝 第21話「故郷の友よ」 [ぷち丸くんの日常日記]
龍馬(福山雅治)は、土佐で収二郎(宮迫博之)が切腹させられたと知り、土佐へ 戻った半平太(大森南朋)の身を案じていた。 龍馬は再び京にいる勝(武田鉄矢)を訪ねる。 勝は、急いで日本の海軍をつくらなければならないと龍馬に語る。 そのころ、朝廷では過激な攘夷を叫ぶ... [続きを読む]

受信: 2010年5月24日 (月) 17時43分

» 龍馬伝 第21回 友よ [レベル999のマニアな講義]
『故郷の友よ』内容容堂(近藤正臣)の命により収二郎(宮迫博之)が切腹をしたという知らせを加尾(広末涼子)の文から知った龍馬(福山雅治)。どうにも納得出来ず、京の勝麟太郎... [続きを読む]

受信: 2010年5月24日 (月) 17時51分

» 【龍馬伝】第二十一回 [見取り八段・実0段]
雀じゃ。以蔵は、これを描いていると喜んだがぜよ。どうしちゅうかのう。あいつは。何を描いているのかと妻に訊ねられた武市は、庭に目をやりながら幼馴染みや勤王党の仲間の事を考... [続きを読む]

受信: 2010年5月24日 (月) 18時01分

» 「龍馬伝」 第21回、故郷の友よ [センゴク雑記]
大河ドラマ「龍馬伝」。第21回、故郷の友よ。 平井収二郎が切腹し、勤王党に暗い影が。 龍馬は、土佐にいる武市半平太を心配するが。 [続きを読む]

受信: 2010年5月24日 (月) 21時02分

» 大河ドラマ 龍馬伝 第21回 「故郷の友よ」 [くまっこの部屋]
土佐藩前藩主山内容堂は京都にいる土佐勤王党に土佐への帰国の命を出す。加尾の手紙で [続きを読む]

受信: 2010年5月24日 (月) 23時19分

» 龍馬伝第21話 [paseri部屋]
「龍馬伝」(第21話)を観ました。出演:福山雅治,香川照之,大森南朋,寺島しのぶ,奥貫薫,大泉洋,要潤,谷原章介,島崎和歌子,佐藤健,青木崇高,臼田あさ美,マイコ,前田敦子... [続きを読む]

受信: 2010年5月24日 (月) 23時42分

» ≪竜馬伝≫☆21 [まぁ、お茶でも]
竜馬に加尾から手紙が来た。悪いことしていない兄がなぜ切腹をさせられたのか教えてくれとあった。 <文久3年7月 竜馬は勝麟太郎を訪ねて京に来ちょった。> 日本はついこの前まで、攘夷派が、大変な勢いを持っていたが、攘夷攘夷と言いながら幕府はなにもしない。一体世の中はどうなているのか何が世の中を動かしているのかと聞くと、勝は、京におわす 天子様だなと答えた ... [続きを読む]

受信: 2010年5月26日 (水) 08時05分

» 龍馬伝「故郷の友よ」 [のほほん便り]
急に、攘夷一色から世間の風向きが変わりましたね。収二郎の切腹を知り、せめて、半平太を救いたいと、帰省したいと願う龍馬と、止める勝。白熱のぶつかりあいです。 あいかわらず、マーチを背負ってやってくる弥太郎は女だらけの坂本家で、なんともコミカルな役回り。材木は売れないわ、この汚さ(ひょっとして、また鳥籠、背負いはじめた?)からからは、とても、のちの大成功が (^^;) であります まるで憑きものが落ちたように、家で絵を描きはじめた半平太。妻との平穏な時間が切ないです。「雀は、以蔵が好きだった... [続きを読む]

受信: 2010年5月27日 (木) 08時15分

« 子役史上最強クラスVSハガネの女(吉瀬美智子)殺された女(加賀美早紀)ヤン(成宮寛貴)メガ(仲里依紗) | トップページ | そしてたい焼きは今日も新参者にとってどうでもいいものらしい(沢木ルカ) »