« なりたい者になれるよヤンキー君(仲里依紗)ずっと一緒さメガネちゃん(成宮寛貴) | トップページ | たい焼きも満足に買えない新参者が刑事って・・・(沢木ルカ)ほっとけっ(阿部寛) »

2010年6月13日 (日)

剣を用いてもてるものは銃を用いてもてるものにおよばず(坂本龍馬)

京都周辺には春を売って口を養う女たちが屯していた。

女とそれを商う者たちにとって上客は金払いのいい客だった。

幕末の動乱・・・次から次へと金回りのいい男たちが現れた。

尊皇攘夷の人斬りたち。

御所護衛の人斬りたち。

腕が自慢の男たちは敵を斬り恩賞に与かり、その金で女を買った。

後に維新の元勲となったものには芸妓を妻にしたものもあるし、新選組の隊士の中には水茶屋の娘に子を生ませ、その子が売れっ子芸妓になったため老後を養ってもらったものもいる。

敵も味方もなく、景気がいいときにはもて、不景気になればもてない・・・今も昔も色街では不変の真理である。

しかし、時には泥中に人情の蓮の花は開くのである。

で、『龍馬伝・第24回』(NHK総合100613PM8~)脚本・福田靖、演出・梶原登城を見た。例によってシナリオに沿ったレビューはikasama4様を推奨します。今回は龍馬の義母である坂本伊與と生母・幸のそっくりさん寺田屋お登勢の二大ビッグ・マザー描き下ろしイラスト大公開で圧巻でございます。夏の香りがする幕末の転換点・・・池田屋その後で・・・奢る平家は久しからず和をもって貴しを成すを忘れる権力者たち。粛清の反作用で起きた尊王攘夷の炎に油を注ぐ大粛清へ・・・。やられたらやりかえす・・・古き良き燃える男たちのロマンが進捗中です。結局はフランスに操られた幕府の代理戦争なのでございますけれどね。これを見た大英帝国はニヤリでございますな。幕末から日清日露の戦役までイギリスがどれだけ儲けたか・・・気が遠くなる勢いです。しかし、もはやそれは遠い昔。世界に出なければ「サッカーを敵陣に爆弾を運ぶ戦いであること」に気がつかない我が国のあり方・・・はたしてワールド・カップはどうなることでしょう。パスしているだけでは勝てないという簡単な真理は憲法九条がある限りなかなかに気がつかれにくいもの。大体・・・目標がベスト4というのが情けない。優勝を目指さないゲームになんの意味があるのか・・・。まあ・・・勝てば官軍なので・・・こういう愚痴が虚しいものになることを祈るばかりでございます。陽射し増す六月の好天・・・超早い暑中お見舞い申し上げます。

Ryoma186402 で、元治元年夏、池田屋事変で暴力革命を目指したテロリスト集団を撲滅した京都守護職会津公と戦闘集団・新選組・・・。京都市中取締りは不浄の仕事であるために武士にはできない・・・という法の矛盾を突いて下層階級中心の浪士集団「新撰組」は歴史の舞台に名乗りを上げます。尊王攘夷系の過激派浪士の狼藉に手を焼いていた京都市民は喝采をあげ、新撰組には官からも民からも潤沢な資金が流れ込む。人を殺して報奨金をもらえる構図は基本的に土佐勤皇党武市瑞山と岡田以蔵の関係と相似しているところがミソなのである。市民も新撰組を芝居の赤穂浪士になぞらえてもてはやす。そうなればたちまち増長するのが人の性なのであった。祇園精舎の鐘の音はなかなか耳に届かないものなのだ。

土佐の高知では岡田以蔵が鉄の鎖に縛られていた。しかも両手両足を広げたうつ伏せである。

「以蔵よ・・・いかなるあやしのものといえども鉄のいましめは解けまい・・・その鉄鎖には銀も溶かしてあるからの・・・」

牢獄の中には土佐郷忍びの頭となった岩崎弥太郎が立っていた。

「忍び仲間のお前を責め問いするのは辛いが・・・これも役目じゃ・・・上のものには思惑ちゅうのがあるからの・・・大殿様が関心あるのは・・・幕府への面目というものでの・・・不逞の輩がおこした罪ということで勤皇党の行いを正したいのじゃ・・・ま・・・お前にそんなことを言っても無駄だがな・・・なにしろ・・・お前は何一つ・・・知らんのだからな・・・見ろ・・・ここに訴状がある。お前の知らないことが・・・色々と書いてある。森下衆の隠し目付けはいたるところに張っておるからの・・・すべては筒抜けじゃ・・・そしてこの訴状はお前の自白に基づいて書かれたことになっておるのじゃ・・・驚くじゃろう・・・何一つ知らんお前がいろいろと白状しちゅうわけじゃから・・・だから・・・かわいそうじゃが・・・ちいと泣いてもらわにゃならん・・・拷問に耐えかねて白状したという体裁を整えるためにな・・・」

岩崎は真っ赤に焼けた鉄火箸を取り出した。それを以蔵のむき出しの尻に近づける。

薬のために寝ぼけたような眼差しだった以蔵の目が見開かれる。

「あああああああ」

焦げた臭いが漂いだす牢獄で弥太郎は目を細めた。

「武市先生のかわいがっていたここが・・・こんな風にされて・・・あの方もさぞや・・・お心が傷むだろうて・・・すまんな・・・以蔵・・・しかし・・・もっと泣いてもらわんと・・・」

弥太郎はゆっくりと火箸を以蔵の肛門に差し込んでいく。

「あーっ!」

以蔵の悲痛な叫びは牢獄中に響き渡った。

その頃、伏見寺田屋工兵隊は壬生での屯所増築に出張していた。

忍び大工などで構成された部隊は豊臣秀吉の一夜城を築いた川波衆の流れを組んでいる。前線で戦う兵のための陣地構築がその秘伝であった。

寺田屋お登勢は徳川の安泰で忘れられた技能の伝承者だった。にわかに元亀戦国の香りが強まった幕末においてお登勢は忍び大工を養成し、日本初の工兵隊を組織していたのである。

坂本龍馬は勝海舟の命令で海軍代表としてその作業ぶりを見学に来ていたのだった。

応対したのは新撰組副長の土方歳三だった。

川舟で荷揚げされた資材はすでに処理されて組み立てが迅速に行われる。

その模様を龍馬は関心して眺めていた。

「凄いもんですな・・・小屋が見る見る間に建っちょる・・・」

「ふふふ・・・そうでしょう・・・」かすかに上州なまりのある土方は坂本龍馬の素直な感想に笑顔で応じた。

「あたしらも・・・最初に寺田屋さんの仕事ぶりを見たときにはたまげましたよ・・・ほら・・・あそこに道場があるでしょ・・・あれなんざ・・・半日でできちまった・・・」

「ほう・・・そりゃ・・・たいしたもんじゃの・・・」

龍馬は池田屋に放っていたくのいちから・・・望月亀弥太を斬ったのが・・・この土方歳三であることの報告は受けていた。しかし・・・望月が土佐藩の密偵であることは・・・新撰組の与かり知らぬことである。過激派浪士に化けていて過激派浪士として殺される。それもまた忍びの宿命だった。

そのために龍馬は土方に含むところはない。今はただ忍び大工の手際に魅了されるばかりである。

「なるほどの・・・大砲相手の戦には陣地構築が大切だと言うが・・・このような工兵隊があったら便利じゃのう・・・」

「坂本様も・・・そう思われますか・・・兵を展開するには兵糧の確保が大切ですが、武器弾薬を野ざらしにするわけにはいかない・・・この工兵隊があれば・・・進軍がたやすくなるということです」

「なるほど・・・倉庫も作れば、穴も掘る・・・それに橋なども作れるの・・・」

「さすがは・・・海軍きっての兵法者と噂の高い、坂本様じゃ・・・話が早いねえ」

「おう・・・そう言えばお玉池が池の千葉道場にいた藤堂くんがケガしたそうじゃが・・・大丈夫かの・・・」

「顔をやられましたが・・・命はとりとめました・・・さすがは伊賀の忍びの血を引く奴だと評判ですよ・・・」

「そういえば・・・土方様は軍医だとか・・・」

「ははは・・・見よう見まねですよ・・・薬活の法の真似事で・・・まあ・・・軍医は数が足りないので衛生兵というものを養成したいと思ってます」

「衛生兵とな・・・」

「まあ・・・応急処置ですな・・・とりあえず血止めなどの手当てをして後は医者にまかせるという寸法で・・・」

「なるほど・・・手当ての早い遅いは命にかかわると言いますきにの・・・」

「そういえば坂本様は京都で医者の娘とつきあっているとか・・・」

「いや・・・なんだ・・・妙な縁での・・・ははは」

「ふふふ・・・坂本様も・・・新しい忍び戦の工夫をいろいろとなされていると聞きました」

「おう・・・それじゃ・・・幕府はの・・・西洋列強に対抗するために海軍を作っちょるわけだが・・・それにあわせて江戸では洋式歩兵の養成も始めたそうじゃ・・・いわば陸軍じゃ」

「噂は聞いたことがあります・・・」

「しかしの・・・わしはそれでは不十分じゃち・・・思うておる・・・」

「ほう?」

「海軍はいわば・・・軍艦の軍じゃ・・・しかし、敵地を占領するためには歩兵もいなければならん・・・これが陸軍というわけじゃ。時には海軍は陸軍を運ばねば海の外での戦はできんわけじゃ・・・」

「その通りですな」

「しかし、陸軍が海に慣れておらんとせっかく運んでやっても即座に戦ができんということが想定されるじゃろ?」

「確かに・・・そうですな」

「そこで・・・わしはの・・・外国には海兵隊というものがあると知ったんじゃ・・・」

「ほほう・・・つまり海軍の中の陸軍ということですか」

「そうぜよ・・・土方さんはわかりが早いの・・・」

「いや・・・死んだ芹沢がそのようなことを申していました。新撰組も黒船と戦うときには舟戦も知る必要があるとか・・・」

「ほほう・・・そりゃ・・・なかなかじゃの・・・。酒乱じゃと聞いていたが先見の明はあったんじゃの・・・」

「ああ・・・本当に酒は身を滅ぼすとはあの人のためにあるような言葉でさ」

「そこでじゃ・・・末は・・・海軍とたとえば新撰組が合同で訓練して・・・海兵隊の養成が出来ぬものかと勝先生が言うのじゃが・・・」

土方は龍馬の言葉に新鮮なものを感じた。

「そりゃ・・・なんとも・・・凄い話ですな・・・」

「ええじゃろう・・・来る西洋列強との戦では・・・この戦法は絶対に不可欠じゃと思う。早い話・・・わしが操船する海軍の軍艦に新撰組を載せて・・・まずは敵地を艦砲射撃・・・すかさず新撰組が上陸して急襲をかけるという段取りじゃ・・・」

「こりゃあ・・・胸のすく話だねえ・・・」

「まあ・・・わしには恐ろしい話のようにも思えるがの・・・」

「しかし・・・そうしなければ攘夷なんてできませんでしょうな」

「その通りじゃ・・・」

「あっしはね・・・龍馬様・・・今は都の治安を守るためにきったはったをしていますが・・・いつかはそんなことをしている場合じゃなくなると思うんですよ・・・今の夢のような話を聞いていると・・・なんだか胸のつかえがとれるような気分です」

しかし、お互いが観相術者である龍馬と土方は・・・その未来が幽かな可能性でしかないことがわかっていた。

龍馬は思う・・・新撰組がわが艦に乗ることはないだろう・・・と。

土方は思う・・・龍馬の船に新撰組が乗り込むことはないだろうと・・・と。

しかし・・・二人は知らない。龍馬が艦長になる可能性があった船に土方が乗船することを。しかし、土方はその船に敗残兵として乗り込み・・・龍馬はその頃、陸地で非業の死を遂げるのである。

二人がそれぞれの未来予想に思いをはせる間に、新撰組の隊員の急増にともない増築された隊士舎は池田屋工兵隊によって完成していた。

二人は微笑み、笑顔で別れの挨拶を交わした。

元治元年の夏の陽射しが降り注いでいた。

関連するキッドのブログ『第23話のレビュー

月曜日に見る予定のテレビ『月の恋人』(フジテレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« なりたい者になれるよヤンキー君(仲里依紗)ずっと一緒さメガネちゃん(成宮寛貴) | トップページ | たい焼きも満足に買えない新参者が刑事って・・・(沢木ルカ)ほっとけっ(阿部寛) »

コメント

今回は龍馬の継母・伊與と
龍馬の亡くなった母・幸を描いてみやした。

来週はお登勢を公開するつもりですが
出来としては我ながらイマイチです(; ̄∀ ̄)ゞ

でもって、これからやってくるであろう
長崎編で登場する人物も描こうとしてるんですが

いきなりドーンと増えてくるのでこれもこれで
困りもんです(; ̄∀ ̄)


でもって今回は
以蔵の拷問シーンをじっくり描いたのが印象的でした。

ここ10年くらい時代劇ではこういうのを描いたのって
見た事がなかったもんで

自分らが小学生の頃
友達と「鞭・縄・ロウソク・三角木馬」と
どれだけ拷問の道具を言えるのか争い

それで日本や世界の拷問の道具などを調べていたもんです
(遠い目)

ですが、ここでの以蔵の拷問は
確実に自主規制が入ること間違いなしですね ̄▽ ̄

投稿: ikasama4 | 2010年6月14日 (月) 23時30分

pencil✥✥✥ピーポ✥✥✥ikasama4様、いらっしゃいませ✥✥✥ピーポ✥✥✥pencil

なるほど・・・病床の幸様だったのですね。
今回のドラマ的にマップ上では
行水で髪を洗っているお登勢様であると
妄想していましたーっ。

ああ・・・長崎編の
お元が待ち遠しい・・・。
萌えまする・・・。

今回は渋い脇役登場も
よろしいですな。
家族あわせの楽しさもありますな。
坂本一家揃いで百点とか。

千葉一家もそろっていてうれしいですなーっ。
土佐ものオールスターで三百点とかもできますなーっ。
・・・どんなゲームなのか・・・。

最近では「必殺仕事人」で
責め問いシーンがあったような気がします。
まあ、あれが時代劇と言えるのならばですが・・・。

前も書きましたが
子供は拷問大好きですからな・・・。
小学生の頃は絵の上手い子は
みんな女子に
磔にされた男の絵を描かされていましたぞ。
その絵に女子は槍を突き刺したり
口元に血のしたたりをかきくわえたり・・・
どんな猟奇的な学級だったんだ・・・。

SとかMとかは
変態ではなく
人間の本質なのかもしれないと
感じることがございます。

まあ・・・以蔵を責める
弥太郎は・・・妄想的には
大変態ですけれども~。 (*´Д`)

投稿: キッド | 2010年6月15日 (火) 03時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/35242235

この記事へのトラックバック一覧です: 剣を用いてもてるものは銃を用いてもてるものにおよばず(坂本龍馬):

» 「龍馬伝」第24回 [日々“是”精進!]
   第24回「愛の蛍」京の池田屋に向かった龍馬は、亀弥太の死を目の当たりにする。池田屋を襲撃したのは新選組だった。怒りに震える龍馬は新選組に挑もうとするが、居合わせた... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 05時04分

» 【龍馬伝】第24回と視聴率「愛の蛍」 [ショコラの日記帳]
【第24回の視聴率は6/14(月)に追加予定】布の中に、蛍を入れて、押し潰されないでしょうか?(^^;)今回は、武市と冨の夫婦愛と、龍馬とお龍の関係が深まるお話でした♪これ... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 11時03分

» 『龍馬伝』第24回★謎の男・深山宗林の茶は美味い。 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON2) 第24回「愛の蛍」  吉田東洋闇討ち事件の尋問で、以蔵(佐藤健)が厳しい拷問を受けていますが、武市半平太(大森南朋)は牢屋の中から「スマン、スマン」と呟くばかり・・・。  武市は、未だ真相を語らず粘り続けます・・・。  ちょっと武市ひっぱりすぎの感もあるかなぁ・・・。 【 弥太郎と冨さん 】  武市の妻・冨(奥貫薫)が町に出ていると、”愛妻弁当”をうまそ言うに食べる弥太郎(香川照之)と出会う。  弥太郎に娘が生まれた話題になり... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 12時19分

» 龍馬伝 第24回 そこまでして、龍馬を登... [レベル999のマニアな講義]
『愛の蛍』内容幼なじみの亀弥太(音尾琢真)を亡くし、ショックを受ける龍馬(福山雅治)“新選組”が、池田屋を襲撃したことが原因と知り、刃を向けようとする龍馬であったが、桂... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 17時50分

» 【大河ドラマ】龍馬伝第24回:愛の蛍 [山南飛龍の徒然日記]
OPが池田屋での斬り合いでした(`・ω・´)【今回の流れ】・亀弥太を失った怒りから、新選組に挑みかかろうとする龍馬 居合わせた桂に引きとめられ、夜までお龍宅で身を隠すことに・土... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 18時11分

» 龍馬伝 第24話「愛の蛍」 [渡る世間は愚痴ばかり]
6月5日 池田屋にいた攘夷派の志士達は 突如乗り込んできた新選組が襲い掛かった [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 19時59分

» 龍馬伝 第24話「愛の蛍」 [ぷち丸くんの日常日記]
京の池田屋に向かった龍馬(福山雅治)は、亀弥太(音尾琢真)の死を目の当たりに する。 池田屋を襲撃したのは、新撰組だった。 怒りに震える龍馬は、引き揚げて行く新撰組に挑もうとするが、居合わせた桂小五郎 (谷原章介)に止められる。 桂は池田屋で殺された者たちの無... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 21時06分

» 大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者24池田屋事件で新撰組に追われる身に・・・龍馬は龍の気の強さにお金より心を通わせるように教えるのだった [オールマイティにコメンテート]
13日大河ドラマ「龍馬伝」第24話を視聴した。 今回は池田屋に向かった龍馬だったが、 亀弥太を救おうと向かったが助けられなかった。 怒りに満ちた龍馬は新撰組に立ち向かおうとするが、 桂が止めに入って踏み止まった。 その一件で勝は海軍操練所に池田屋事件に含....... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 21時58分

» 第24回「愛の蛍」 [政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~]
いつの間にやら、時は文久4(1864)年…いや、この年は改元されて元治元年になった年でもあった。パチンコ屋、のち居酒屋となって再び池田屋の浪漫に馳せる場所へと店内を演出した地、... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 22時15分

» 【龍馬伝】第二十四回 [見取り八段・実0段]
池田屋事件の夜、京の町で近藤に近付こうとする龍馬を止めたのは桂小五郎だった。幕府は薩摩と結託して自分の良いようにしようと考えちょる。だが、長州は決して屈せん。攘夷派の残... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 22時37分

» 龍馬伝 二十四話 [Simple*Life ドラマ感]
今日の龍馬さんも何をするわけでもなく ただ、お龍に説教を垂れてましたよ~。 いやいやいや。そんなことはわかってるから~。 ってきっとお龍さんも思っているに違いない! それにしても半平太さんですよ。 いつまでたっても誰も口を割らないから 業を煮やした、象二郎さんってば、幸せいっぱいの 弥太郎まで捕まえてきて お前、ちょっと前まで俺の下で働いていただろ? だったら今度もちっくと頼まれてくれないか? と半平太に口を割らせる役を頼みます。 半平太がどうしようがこうしようが関係ないと思ってた 弥太郎ですが... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 22時43分

» 龍馬伝24 「愛の火垂る」 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
「里芋もウマいいや~ウマいの~」ウマいウマいと、うるさい弥太郎に出会った冨は、弁当自慢、嫁自慢のあと娘自慢を聞かされるハメに「も~すくすくすく 可愛いゆうもん じゃない... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 23時00分

» 「龍馬伝」 第24回、愛の蛍 [センゴク雑記]
大河ドラマ「龍馬伝」。第24回、愛の蛍。 ん~・・・・・・とりあえず視聴して何を感想にすればいいか迷った。 それぐらい話は進みませんでした。 これからのネタ振りみたいなことだけが少しあったかな~っという感じです。 ...... [続きを読む]

受信: 2010年6月15日 (火) 00時57分

» 龍馬伝、切腹した亀弥太!! [函館 Glass Life]
愛の蛍、何か演歌の題名のようなタイトルでしたね{/m_0057/} 友人に対する愛、恋人に対する愛、妻に対する愛、全ての 人間に対する愛、色々考えるとタイトルには深い意味があ るのかも知れません{/kuri_5/} 何れにしても池田屋事件に加わっていた望月亀弥太の事が 勝海舟の操練所存続にはかなりの痛手になったようです{/cat_6/} 操練所はこの後一時閉鎖となりますが、何も亀弥太一人の 責任のでは… 幕府の中の保守的考えを持った役人にとって海軍という今 まで見た事も聞いた事も無い物を存続させ... [続きを読む]

受信: 2010年6月15日 (火) 10時44分

» 龍馬伝「愛の蛍」 夕闇のヒーロー [よかったねノート 感謝の言葉にかえて]
サッカーワールドカップ南アフリカ大会: 2010 FIFAワールドカップ(英: 2010 FIFA World Cup South Africa)、 2010年6月11日から7月11日にかけて、第19回FIFAワールドカップ、始まりましたね。 「龍馬伝」の視聴率のライバル、ちょうど放映時間が被りますね、れれれ。 蛍... [続きを読む]

受信: 2010年6月15日 (火) 11時38分

» 大河ドラマ「龍馬伝」第24回『愛の蛍』 [徒然”腐”日記]
一言感想です。ネタバレ&突っ込みも多々ありますので苦手な方はご注意を愛の蛍・・・・・・・・タイトル読んで昭和の恋愛映画のタイトル??と思ったてんぽ~ですぶっちゃけ、話の... [続きを読む]

受信: 2010年6月15日 (火) 17時19分

» ≪竜馬伝≫☆24 [まぁ、お茶でも]
元治元年(1864年)6月5日 京の宿屋 池田屋に集まり 孝明天皇奪還計画を密談しちょった 攘夷派の志士たちは、突如乗り込んできた 新選組によって惨殺された。 新選組とは幕府の命を受け、会津藩に雇われて 都の治安を守っちょった 浪士組じゃった。 これが後に言う池田屋事件ぜよ。(岩崎弥太郎) ... [続きを読む]

受信: 2010年6月15日 (火) 22時17分

» 『龍馬伝』第24話 [もう…何がなんだか日記]
第24話『愛の蛍』先回は龍馬視点で最後の方だけサラッと描かれた池田屋事件。今回は別視点で新撰組が乗り込んでくるシーンからスタート。逆に先回は意気揚々と帰っていく新撰組の連... [続きを読む]

受信: 2010年6月17日 (木) 21時09分

« なりたい者になれるよヤンキー君(仲里依紗)ずっと一緒さメガネちゃん(成宮寛貴) | トップページ | たい焼きも満足に買えない新参者が刑事って・・・(沢木ルカ)ほっとけっ(阿部寛) »