« 秘密を愛した社長(阿部寛) | トップページ | 絶対零度の監禁地獄で刑事はバナナの夢を見るか?(上戸彩)あたほたなたんたでたすーっ(加藤あい) »

2010年6月 8日 (火)

立待月の恋人にプロポーズをした・・・返事は待たない(木村拓哉)

他人の目からは奇妙に見えても本人には整合性があるということはある。

たとえば、このブログではキッドは結構、書きたい放題のことを書いている。

人によっては辛辣な文言に不満を感じる場合もあるだろう。

それは別に構わない。それでこそ自由な表現活動というものだ。

ところが、キッドのブログにコメントを投稿してくださる方にはキッドはその自由を認めない。

承認制にしていることを利用して、削除することもあるし、編集して公開することもある。

その理由は様々だが、基本的にはコメント内容が読者を不快にさせるのではないかと危惧した場合が多い。

人によってはそれを矛盾と感じる人もいるだろう。

キッドは読者に不満を感じさせることを否定しない。

しかし、投稿コメントが不満を感じさせることを否定するということであるからだ。

だが、整合性とはそういうことなのである。キッドが他人を不満にさせることは問題ないが、キッドの責任の及ぶ範囲で他人が他人を不満にさせることは認めがたいのである。

キッドのブログでは読者を不快にさせてもいいのはキッドだけなのである。

この一点は譲れないのである。

それを奇妙と感じる人がいれば、キッドはその人にとって奇妙な人ということになるだろう。

それと比較するのは乱暴な話だが、「月の恋人」の主人公は明らかに奇妙な人として描かれている。その奇妙さが多くのお茶の間を惑わしていることは充分に想像がつく。

一体・・・葉月蓮介(木村)という男は何を求めているのか、何を探しているのか、何がしたいのか・・・全くわからないという人はきっといるはずだ。今回はその部分を蓮介が語るのだが・・・それが本心なのかどうかがまたわからない仕掛けになっている。

それがドラマとして成功しているかどうかは別として、少なくとも葉月蓮介が理解しにくい男であることはかなり伝わっているのではないだろうか。もちろん、キッドはそういうドラマが嫌いではない。秘密にされた葉月蓮介という男の正体を見極めたいという欲望が滾るからである。もちろん・・・ここまで神秘のベールで蓋った以上、それなりに凄い正体を脚本家が用意してあることが望ましい。この脚本家はいざとなったら「それはたまたまそうなのです」で逃げるタイプでもあるが・・・今回はそれはほとんど許されない段階に達していると思う。

そういう意味でなかなかにスリリングな月曜日である。

本題に入る前に恒例の週末の視聴率チェック。「失踪人」↘*9.1%(二度目の陥落)、「ヤンメガ」↘*9.5%(弱いレギュラー主役回で二度目の陥落)、「日本VSコートジボワール」14.5%(死んだフリ作戦だったら凄いな)、「十津川刑事の肖像2」12.2%(この二つでレギュラーは陥落)、「ハガネの女」↗12.7%(八木優希とったな)、「タンブリング」↗*7.4%(ものすごい即席奇跡の連打万歳)、「怪物くん」↗14.1%(キャンプファイヤーとったな)、「トラブルマン」↘*0.8%(片桐はいりと犬山犬子は最高)、「龍馬伝」↘19.2%(新選組素敵だけどな)、「新参者」↘12.7%(五十円玉の指輪だけはイヤだ)、「観月版鬼龍院花子の生涯」13.9%(なめたらいかんぜよ)、「女帝薫子」↗*9.6%(もう一息だべ)・・・ついでに「月の恋人」↗17.4%・・・以上。

で、『月の恋人~Moon Lovers~・第5回』(フジテレビ100607PM9~)原作・道尾秀介、脚本・浅野妙子、演出・平野眞を見た。演出家も人の子である。この演出家は前作の「不毛地帯」で唯一の視聴率ヒトケタ回である*9.9%を叩きだしている。その傷は結構深いはずで「月の恋人」の第2~3回もかなり低調な感じがした。しかも作品は共に失敗を許されないタイプなのである。さらにいえば前作は原作の持つ重厚さが足枷となっていてこちらはラブ・ロマンスがネックになっている。非情に苦しい気配がするのである。そういう意味では今回は第2~3回に比較すると少し肩の力が抜けたような気がする。それでもまだ重厚なラブ・ロマンスという重苦しさを感じる局面だと思う。それが狙いだと言われればそれまでだが、エンターティメントとしては問題あるだろうと考える。いや、もちろん、こちらの期待値が凄く高レベルの話なのであまり気にしないでください。

さて、賢明な視聴者はお気づきかと思うが、わかりにくい主人公に対して、ヒロインの一人である・・・ここまでは二番手・・・二宮真絵美(篠原涼子)はものすごくわかりやすいキャラクターになっている。

クリエーターとしては有能だが恋愛沙汰にはひどく臆病で主人公に学生時代からずっと片思いしているという奥手の35才である。主人公に告白して気まずくなるのが嫌で親友を演じて十数年・・・どれだけ腰が引けているのか計り知れないという女性である。

しかし、人生には限りがあり、二宮の仮面にも綻びが生じている。葉月蓮介を時にはインテリア・デザイナーとして時にはアート・ディレクターとして・・・さらにはプランナーとして仕事上の支えとなっているだけではいられなくなっている。

二宮という親友の仮面から真絵美という女の素顔が情欲とともに覗きはじめているのである。逆に言えばもはや葉月の親友でいることに耐えがたくなっているとも言える。

そうでありながら、葉月への恋愛を告白する勇気は持てず、できれば奇跡が起こり、相手がその気になってくれることを祈る日々なのである。それはもう狂おしいほどに祈っているのだ。自業自得なのだが蛇の生殺しは勘弁してくれよという気分なのだった。

その祈りが天に通じたのか・・・二人の関係は新局面を迎える。しかし、それが真絵美の願いとはまったく逆であることに真絵美はうろたえる。

それが真実かどうかは別として・・・なにしろ真絵美と違って葉月はまったく心が読めない男なのである・・・少なくとも真絵美にとっては葉月が恋に落ちたことが察せられる。恐ろしいことにその相手は自分ではないのである。

葉月がこれまで女性関係がなかったとは断言しない真絵美が我を失うほどの恋仇が出現したのだった。

それが劉秀美(林志玲)であることは言うまでもない。

秀美がたとえば直前までの噂の相手である大貫柚月(北川景子)とは別格であるとある意味では葉月のストーカーである真絵美にははっきりわかるのである。このドラマの困ったところは真絵美を通じてしか・・・葉月の心がわからないという点にあるのだが・・・そこはもう真絵美を信用するしかないのである。

キッドは恋のレースを楽しむドラマとして見るならこのドラマは秀作になっていると思う。

本命である真絵美に感情移入していて大丈夫なのか・・・とお茶の間の女性陣がかなり不安を覚える展開だからである。勇気を持って対抗であるシュウメイに乗った人はそのままそのままと呪文を唱える展開であり、穴馬である柚月に賭けるものは半ば勝負を投げつつ二人が結婚したら「葉月柚月」かよ・・・などと嘯いて空を見上げる情勢だ。

一方、キッドはこの男・・・結局、誰もえらばないんじゃないの・・・と疑いつつ大穴の笠原(中村ゆり)とかリナ(満島ひかり)の出番チェックに勤しむわけである。

つまり・・・結末が全く読めないのである。本当にラブ・ロマンスなのかと叫びたいくらいだ。

そういうレースを求めない視聴者にとってはこれほど歯がゆいドラマはないのではないかとも推測します。それはつまり・・・真絵美の気分そのものなのである。真絵美は心のどこかで親友が王子様に突然変身する夢を捨てがたい女だからだ。もしも、そうでなかったらやってられないのである。そして恐ろしいことにこのドラマは明らかに普通ではない方向に向かっているように見える。少なくともキッドにはそう見えます。

とにかく、今回はヒロインたちが葉月の愛の姿を確認することに勤しむのだった。

シュウメイにとっては自分と葉月の愛であり、真絵美と柚月にとってはシュウメイと葉月の愛ということになっている。真絵美と柚月にとっては目の前が真っ暗になる検証であることは言うまでもない。

シュウメイと書くべきか、秀美と書くべき迷ったが・・・今回はシュウメイと書くことにする。

Johnをジョンと書くようなものである。中国人名は漢字で表記されるがそれをカタカナで書くのはなんだか礼儀に反するような気がするのだが、発音表記と考えるとフリガナ的ということになるのかもしれない。ブログのルビ表記は困難さにも一因はあるのだな。ついでに言っておくと韓国人名を裵勇俊と書くのもまた微妙な問題である。かって朝鮮半島の国家は大陸国家の属国扱いだったので文字は漢字である。そのために大陸国家の崇拝の念は強い。文字による支配力というものがあるからである。それを克服するために作られたのがハングル文字である。そのために半島国家は漢字を捨てた形になっている。国粋主義者でさえなんとなく漢字を使う列島国家とは一味違うのである。そういう事情を考えるとぺ・ヨンジュンとカタカナ表記することは順当とも言える。ハングル表記では日本人に意味不明な場合が多いしな。第一、打ち方がわからない。文字化けするんだろうし。

さて・・・なぜ、そんなことを言うかと言えば、このドラマでは「言葉の壁」が問題だからである。それが一つの障壁となっているわけだが、お茶の間的には伝わりにくいネタに属すると思う。それは6月13日に太陽系小惑星探査を終えて地球に帰還する探査機はやぶさの軌道を計算する主題のドラマと同じようなものだからである。数学と同じくらい外国語の苦手な人は多いのである。そして言葉が不自由なことで感じる困惑というものをほとんどのお茶の間の皆様は旅先でしか感じない。

以前も書いたがかってキッドは某巨大テーマ・パークのアトラクションの構築に携わったことがあり、そこで米国人との通訳を介したミッションにほとほと困ったことがあります。細かいニュアンスなんか伝わらないからである。間とかとっても意味ないし。だじゃれも不可なのだ。そりゃそうだ。まして愛なんて伝わらない気がしたものだ。

しかし、一方で「愛には言葉なんかいらない」という神話もある。

人によっては生まれつき無口なのであまりしゃべらないという場合もある。

その上、シュウメイは向学心に燃えて日本語を勉強しているので片言を喋るという煙幕もあるのである。

それはシュウメイが外国で孤独に暮らしていることを様々に隠蔽しているのである。

この点について脚本家は様々な工夫をこらしているのことが判る。父親が日本にいたから日本語を学んだという設定もそうだし、ひらがなが読めないシュウメイはジャポニカ学習帳で書き取りをする。セリフもいたるところに「言葉の通じない不自由さ」の説明が入っているのだが・・・お茶の間の多くはそういうことを一瞬で忘れる可能性があるのだな。

たとえば、冒頭・・・日本からシュウメイの父親を追い出した蓮介が実は中国でシュウメイの父母の関係修復に助力していたことを知り、シュウメイが蓮介の心に眠る「暖かさ」に触れたと感じたあとで・・・二人で月見をするシーンがある。

ちなみに立待月とは月齢17日。満月から欠け始めたほぼ満月である。立って待っているとたちまち登ってくるのでその名がある。

そこで初めてシュウメイは疑問を口にする。

「レゴリスってどういう意味?」

月の砂のことさ。あの月は世界中どこにいっても見れるだろう・・・自分の会社の家具も世界中で使われるように願いをこめてつけたんだ

「それなら月屋(和名)とかムーン・インテリア(英語)、ルナ(ラテン語)、チャンドラ(インド語)とかにすればよかったのに・・・」

とはシュウメイはつっこまない。ただ「世界・・・」とつぶやくだけである。

シュウメイが懸命に蓮介の言葉の意味を掴もうとしている努力を蓮介は意識しない。自分の言葉が伝わって当然だという態度にも見える。しかし、言葉の障壁は確実に存在するのである。

たとえば世界という言葉ひとつをとってもニュアンスは違う。日本人が世界と言う場合は外国、あるいは自国を含めた国際関係を示している場合が多い。しかし、中華思想の中国人にとっては世界といえば中国のことであり、日本を含む外国は世界の外にある異世界なのである。本当かよっ。

しかし、賢明なシュウメイは蓮介の言葉に蓮介の志向性を読み取る。

(わんすけ(蓮介)は・・・この世を支配したいと願っているのだ・・・)・・・と。

それに対してシュウメイは自分の願いを口にする。

「私の夢は・・・故郷で両親と一緒に暮らすことです」

アメンボのいる村でか・・・

「そう・・・そこで好きな人と暮らす・・・」

この時、蓮介は口を噤むがその顔には好意的な微笑が浮かんでいる。

ここに蓮介の危うさを読み取ることができるだろう。

自社の家具による世界征服を目論む蓮介は果てしない闘争の日々に疲れ・・・壊れかかっているのである。

つまり・・・すべてを投げ出してのんびりとひっそりと心穏やかな日々を過ごすことの憧れ。それが蓮介がシュウメイに執着する大きな理由なのである。

さて、前回、キッドは前段部分でこのドラマの原型を「竹取物語」に置き、蓮介=かぐや姫論を提示したが・・・もう少し、通俗的な解釈ではシュウメイ=かぐや姫論も当然成立する。なにしろシュウメイは耳にタコができるほど「わたし上海帰る」を連発しているのだ。上海=中国=日本人にとっての別世界と連想すればいつか上海に帰るシュウメイはまさにかぐや姫ということになるだろう。その場合は、蓮介はとりのこされて仕方なく真絵美(女官)あたりでお茶を濁すミカド(かぐや姫にふられた天皇)のポジションになるので・・・それはどうかと思うわけだが・・・。真絵美応援団万歳の展開とも言えるのだな。

一方で「何もかも捨てて中国の貧村でそれなりに幸せになるわんすけ」という結末もどうかと思うわけであります。

まあ、第二章が始まったばかりであまり先走るのもなんなので・・・やめておきますが。

とにかく・・・蓮介が壊れかけた男であることは留意しておきたい。

次に、蓮介の心がシュウメイにあることを悟った真絵美は絶望のあまり、涙を流しつつ、そっと差し伸ばされた蔡風見(松田翔太)の腕にすがりつく。蔡の場合は日本育ちの中国人なのでツァイではなく蔡で充分だろう。王貞治は選手時代は王(ワン)ちゃんと長嶋茂雄に呼ばれていたわけだが、ワン監督とは誰も呼ばないからな。

蔡は蓮介とは違う意味でわかり辛い男である。その意味は「裏切るのか裏切らないのか」まだ読めないという一点に帰するからである。蓮介の忠実な下僕を通すのか、臥薪嘗胆をしている野心家として出現するのか・・・ある意味、単純な男なのであった。

とにかく、その単純な正体を隠しつつ、蔡は真絵美を伴い、蓮介のテリトリーである高級フレンチの店へ侵入し、蓮介とシュウメイの仲睦まじい夕餉を霍乱する。

我を失った真絵美は親友の仮面を頭に乗せて全身針鼠と化し、楽しい一時に毒を撒き散らして台無しにするのであった。

「シュウメイの今後の展開ですってこんなところで仕事の話って無粋じゃないのああそう仕事しかできない私に気を使って話題を選んでくれたわけそりゃ私は舌平目のムニエルとかフォフグラとかテリーヌとかシャトーブリアンとかとは無縁の目玉焼きで結構な女ですとも結構毛だらけ猫灰だらけケツのまわりはクソだらけですともウエイターさんギャルソンさん今日はこちらのシャチョさんのおごりメニューをハジから全部持ってきてくだしゃんせーシャンソンシャンゼリゼー」とまくしたてる真絵美。

呆気にとられる蓮介だったが、今日は虫の居所が悪いらしいと素っ気無く応じる。

そこで・・・シュウメイの言葉に不自由な障害が提示される。

「マエミさん・・・何言ってるかワカリマセン・・・もう少しゆっくりお願い」

気にするな・・・戯言だから・・・

「もしかして・・・料理の話ですか?」

まあ・・・そうだな

「それなら、今朝はおいしいトーストを食べました。半熟卵が銀のエッグスタンドに乗っていてまるで夢のようなモーニングです」

ホテル暮らしをしていながらルーム・サービスを知らない貧しいシュウメイにとって蓮介のオーダーした「お部屋での朝食セット」はまさにお姫様メニューだったのである。

蓮介はちょっと照れて千切ったパンをシュウメイの口に放り込む。

しかし、シュウメイの一句一言は真絵美の脳みそを半分ほど爆破炎上させたのであった。蓮介の一挙一動は残った脳みそを沸騰させたのである。

「あっそう・・・朝食をお部屋で一緒にね・・・夜明けのコーヒー二人でお飲みになられたと・・・あーそーですか」

真絵美は機能停止した。

「わ、私・・・ちょっとお化粧なおしてくる」再起動しつつ真絵美はよろめきつつ席を立つのだった。

シュウメイは真絵美の体調を心配し、蓮介は幽かに怪訝に感じ、蔡はほくそ笑んだ。

とにかく・・・シュウメイが言葉のあまり通じない世界に住んでいることを人々は忘れがちなのである。

こういう場合のたとえとしてキッドはいつも近所の主婦の会話を思いだす。

「あの人・・・愛想ないわよね」

「挨拶しても挨拶返したことないよ」

「あの人・・・聾唖者ですよ」

「・・・・・・・あ・・・・・・そうなんだ」

不自由なことが伝わりにくい不自由さというものがあります。

シュウメイのもう一人の恋のライバルである柚月は若さゆえにもう少しストレートである。週刊誌でシュウメイと葉月の密会場面を見た柚月はシュウメイの下宿先「田鶏(食用かえる)」を襲撃する。店の主人・時田(温水洋一)と常連客の丸鉄(竹中直人)を「似たようなハゲ二人」の一言で瞬殺した柚月はシュウメイに腕相撲勝負を挑むのだった。

しかし、肉体労働者だったシュウメイはお嬢様の腕自慢だった柚月をあっさりと打破するのだった。

二重の敗北感に苛まれつつ柚月は敵に哀れを乞うのだった。

「何なの・・・あなたにあって私にないものって何なのよ・・・蓮介はあなたのどこが気にいったの・・・」

しどろもどろに言う柚月の言葉をシュウメイは無視したわけではありません。何を言っているか聞き取れなかったのです。しかし、柚月が何かで悩んでいることを察知したシュウメイは「元気出して・・・」と励ますのです。

「もげっ・・・」ハゲの自慢の炒飯の香りに包まれて脱力する柚月、かわいいよ柚月なのである。

柚月は自分以上の天真爛漫さをシュウメイに感じ自分の巣に帰っていく。そこにいるのは父親であり恋する蓮介の商売仇の大貫照源であった。

そうはしないと思うが、蓮介の母親が恋多き女であるという真絵美の解説がある以上・・・蓮介の父親が照源である可能性はなきにしもあらずである。蓮介の照源に対する態度が何か異様なものであるのも僅かにそれを臭わしている。蓮介が柚月に指一本触れない理由も二人が異母兄妹ならば納得である。そうでなければ北川景子と一晩過ごして何もしないなんてありえないだろー。お前はなー。

照源と柚月の会話は二夜にまたがるが・・・一括しておく。

「パパ・・・私、家を出ようかな・・・家が敵同士って・・・当主の息子と当主の娘ならロミジュリになるけど、当主と当主の娘だと成立しにくいみたい。私にとって金持ちの娘であることは障害にしかならないみたいなの・・・裸一貫でやり直したいのよ」という第一夜。

「パパ・・・商売で押されてるからって相手のことスパイしたり、いやらしい写真でおとしめたりとか・・・あまりにも姑息で見苦しいわ・・・手段を選ばないとか言い訳してないで娘に恥ずかしくないビジネス展開してちょうだい・・・パパは私のパパなんだから」という第二夜。

北川景子にこんなこと言われて反省しない父親がどこにいると言うのだ。お前はなーっ。

一方、蓮介の心は断崖絶壁に追い込まれていく。

ここまでかぐや姫からの連想だけで家具屋をチョイスしてしまったのではないと疑われ、ビジネス部分の展開が弱いこのドラマ。

具体的な家具も「水馬椅子(アメンボ・スツール)しか登場していないのが残念な感じ。

店舗を拡大するとか・・・インドに工場を展開して生産量を確保するとかとってつけたような経営戦略を口にする蓮介には「家具屋」の顔が見えてこない。

これを補強するために辞表を胸に創業当時を忍ぶ雉畑(渡辺いっけい)・・・そこに蔡が現れる。

「昔は・・・使い捨ての家具ではなくて・・・100年愛される家具を作りたいとか・・・レンスケは言ってたのにな・・・」

「社長が変ることはできないかもしれませんが・・・会社は変るかもしれません」

意味深なことを言う蔡だった。

社内のミーティングでは消極的な社員を常に鼓舞する姿勢の蓮介である。

立ち止まることは死ぬということです」と泳ぎ続けないと呼吸困難になる鮫のようなことを言い募る蓮介なのである。

そのくせ・・・広告のアイディアは盗まれ、モデルとの密会は暴露され、社員に対する説明責任は一切果たさない。明らかに経営者として失格のムードが濃厚になっていく。

「レゴリスの家具で時空間(100年持つし世界中いっぱい)を満たす」という執念に狂った異常者のようである。

蓮介をそこまで追い詰めているのは何なのか・・・ここが最大の謎であると言えるだろう。

そして、その真逆にあるのが「シュンメイとの小さな幸せ」であることも間違いないだろう。

親友としての二宮とストーカーとしての真絵美の分裂に悩む女はわかりきっていることをもう一度たずねるのである。

「シュウメイをどうするつもりなの・・・シュウメイとどうなりたいの」

シュウメイを側におきたい・・・ずっと一緒にいたいんだ

心臓が凍りつく真絵美だった。昼間から線香花火をして現実逃避するしかないのである。

一方、中国から不法入国するミン(阿部力)・・・。日本の出入国管理はまさに無防備なのか。

ミンはレゴリスの上海工場での横暴を日本で告発するためにやってきたらしい。そんなことをしてミンに何の得があるかは不明である。そもそもミンは蓮介の手先だったはずなのだが・・・ここでは言葉の壁を示す道具となっている。

わかりにくいのはミンがマジ(同性愛者)なのかノンケ(職業上の女装者で異性愛者)なのか曖昧だと言うことである。部外者である丸鉄はミンを男として考え、シュンメイの恋人と誤解し、蓮介の嫉妬を煽る言動をする。

しかし、字幕では「あたし、あなたしか頼る人がいないの、ケガしちゃってノルマきつくて大変なのよ・・・でも社長を信じちゃダメよ」とかお姉言葉を連発してシュンメイの妹分に徹しているのである。

ここで乗り込んできた蓮介の行動は「ビジネスのためにモデルから犯罪者を排除する経営者」と「自分の女に手を出された男のむき出しの嫉妬」に分裂する。

この辺の心理描写がうまく処理できないので・・・丸鉄が「恋人同士は言葉が通じ合うのが大切なのよね」と恥ずかしい感じの説明をしたりするのである。

もう・・・脚本と演出がいろいろと上手くできていない感じが漂います。

いや・・・やりたいことは推測できるけどお茶の間はついてこれないぞ、きっと。

「約束したでしょ・・・中国のトモダチを助けて・・・あなたは優しいからデキル」

精一杯の言葉で蓮介に訴えるシュウメイ。

世界中の貧困を撲滅することは手に余る」と一瞬、正気に戻る蓮介。

しかし、口から出る言葉は「ふざけるな・・・トモダチみんなは助けられないよ

その言葉を「トモダチは助けない」と解するシュウメイ。

基本的に言葉の障壁による誤解なのである。それが上手く伝わっていないことに脚本・演出ともに消化不良感が残るのです。

一方、例によって日本における唯一の女友達である真絵美に相談したシュウメイは「もう・・・私はダメみたい・・・後はシュウメイにまかせるわ」という一言でようやく、真絵美の蓮介への恋情を理解するのである。今頃かよっという人は言葉の障壁というものへの理解が・・・もういいか。

冷静になって問題を整理したシュウメイは「蓮介が暖かい人になることは蓮介のためになることだから工場の人々を楽にさせるべきだ」と結論に達する。しかし、出てくる言葉は「蓮介が工場を救済しなければ、私、仕事ヤメル・・・上海カエル」になってしまう。

蓮介はそれを理解しているのか、その裏までを理解しているのかは不明である。

不明なまま・・・蓮介は妖しくも疑わしい本音を吐き出すのである。

仕事をやめるには条件がある・・・オレと結婚しろ・・・結婚してくれよ

一体、蓮介は「シュウメイにとにかく仕事を続けさせる方便」として求婚しているのか。それとも「あのね。もう仕事とかどうでもいいの。一緒にいたいの。シュウメイとずっとずっと一緒にいたいの。ただそれだけなの」という幼児的なプロポーズなのか・・・どちらともとれる態度でどこへ向かっていくんだよという感じなのである。

その証拠に蓮介はシュウメイの返事を待たないのである。

だからこそ・・・蓮介は追い詰められ、壊れかかっているという推測が成り立つのである。

「世界征服を狙うビジネスマン」と「何もかも捨てて幸せな子供に戻る男」・・・この二つの間で蓮介は揺れる。もちろん、前者に徹しても後者に徹してもその間で揺れようとも蓮介が発狂しかかっているのは間違いない。

蓮介の帰る月世界の扉は心の中で開きかけているのである。

それをさりげなく暗示するのが戦術的撤退を決意した柚月の言葉である。

「今・・・あなた・・・ピンチよ・・・内外敵ばっかりだし・・・でも私には何もできない・・・だけどせめて何かの役に立ちたくてそれだけは伝えたいの」

蓮介が知っている情報ばかりだが・・・柚月の行動は蓮介の心を優しく揺らす。

もういっちゃうのか」ってそれはあまりにも淋しがりやのアニキのセリフだろう・・・。

情報交換の場に残された割り勘のコインは蓮介の幸福の象徴であるアメンボを示す四枚の銀貨。それは真絵美・シュウメイ・柚月が蓮介にとっては同格であることを暗示しているとも言える。・・・当然、蓮介にはもう一人別格の第四の女がいるのである。

それはおそらく蓮介の幼い日の第四の女とアメンボをめぐる記憶が存在することを提示しているのだろう。

そこで唐突に挿入される中国で実際にあった椅子爆発事件のフィクション化。レゴリスのイスガス爆発である。

そのニュースを聞いたとき・・・蓮介の張り詰めた緊張の糸は切れかかる。

あぁーっ

蓮介の人格崩壊が始まった如くに。・・・しかし、そのスイッチであるだろう持ち上げられたイスは放出される一歩手前で留まった。もうしばらく、ここと向こうの狭間の世界で蓮介は生きていく模様である。

もう一度、繰り返しておきます。この物語の主人公は・・・狂気の一歩手前でアイドリングをしているということです。凄い話だぞ・・・。ともかくキッドの妄想上では・・・。

関連するキッドのブログ『第四話のレビュー

シュンメイ=かぐや姫説を唱えるなら天使テンメイ様のレビュー。

Hcinhawaii0646 ごっこガーデン。いつでもお月見3Dプラネタリウム・セット。アンナすごくいい女とダメダメな女は背中あわせなのぴょん。こわがりほど恐ろしいことをしでかすものなのぴょん。真絵美を応援したい気持ちは山々なれど~。ごっこはシュンメイでゴーなのぴょ~ん。しょれが乙女心というものだからおいしいトコ取りでサクサクいくのでしゅ~。ダーリンはきっとシュンメイのカタコトに萌えているのでしゅぴょん。じいやお月見団子もヨロシクね~。こっそり見学組にもお配りしてくだしゃい~。アンナのお友達の皆さんにも月見酒をお出ししてね~。お月様はもう少し明るくしてもいいかもぴょ~ん。アンナはごっこガーデンをやり遂げましゅからーっあんぱんち後姿でバッチリ決めましたのよ~。変装シュンメイの蓮介用明太子購買シーンを通り過ぎたのは私です。今回も共演を決めたのですわ~。月の砂を目視できるって蓮介は超サンコンさん視力を持っているのかしら~シャブリはい、今週は遅刻なのでありました~、じいや今週は早めなのでありますね~でもってお月見団子は草団子でヨロシク~mariう~ん、全員が辞表を忍ばせている会社って・・・困りましたね~。翔太ロイドがあまっているので真絵美モードで遊べると言われても・・・こ、困りましたね~heart01ミマムわ~い、遅刻したっしょ~。東京はすっかり夏なのでボーっとするっしょ~・・・冷たいお団子うまいっしょ~・・・でも季節は完全に違うっしょ~・・・アンナちゃん・・・帰国子女設定だからか・・・

Hcinhawaii0647 ごっこガーデン。密室のプロポーズ祭り会場。まこぎゃぼ~。せっかくのプロポーズ祭りなのにムカデに咬まれたお手手がモンスターエンジンなことに~。じゃけんどまこロイドを総動員してアンナちゃんを応援するどーっ。結婚申し込まれたのにオーイエースと返事するシーンがないのが残念無念でごじゃりましゅ~。寸止めプレーでしゅかしら~。花男ファン待望はF2キター・・・二人そろって中国人設定なのがおかしいわ~。蓮介のプロポーズは本気ですか嘘ですか~。謎でしゅ~ミステリーでしゅ~はうぅんお気楽恒例のあんぱんちさんチェックゥゥゥゥっ。オマケあるよ。おやおや、篠原さんの事務所、キスNGじゃなかったの・・・ウチもそろそろ解禁しようかなーってもうみんなごっこガーデンでしまくってるじゃん!・・・ま、いいかikasama4ふふふ・・・ついに完成アメンボロイド・・・リアルなので本物そっくりです。大量生産したら世界中の本物が・・・いかんいかん・・・アメンボを絶滅危惧種にしてどうする。ナンバーワンを狙うレゴリスは実は風前の灯なんですね。このドラマ、蓮介の中のナンバーワンとオンリーワンをめぐる心理的内部抗争としてみることが可能ですな。そして風見は薔薇のない花屋ふたたびでございますなーっアンナとにかく、このプロポーズだけは・・・心がこもっていようがいまいがリピなのです。いやん・・・またダーリンに結婚申し込まれちゃったぴょ~ん。さあ、このガッツで来週もやりとげますぴょんぴょんぴょん

水曜日に見る予定のテレビ『臨場』(テレビ朝日)『ERⅩⅢ』(NHK総合)『Mother』(日本テレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« 秘密を愛した社長(阿部寛) | トップページ | 絶対零度の監禁地獄で刑事はバナナの夢を見るか?(上戸彩)あたほたなたんたでたすーっ(加藤あい) »

コメント

おはようございます。
前回の記事同様、興味深い内容でした。私も連介のキャラが掴みどころがないことは、好印象です。おっしゃるように、最後にあっと驚く展開を期待させるものがあると当時に、ええーというようなショボい展開になりそうな気配もあり、まーいろんな意味でスリリングという表現が当てはまります。私はリン・チーリンの綺麗なお姿が見れればいいので、ストーリーは玩具菓子に申し訳程度に着くガムぐらいにしか思っていませんが、美味しいと得した気分です。
また、遊びに来ます。

投稿: haru | 2010年6月 8日 (火) 07時04分

rvcarV36☁☁☁haru様、いらっしゃいませ☁☁☁V36rvcar

まあ、この脚本家のギリギリぶりは
今に始まったことではないので
本当はちっとも驚いてないのですが
木村拓哉主演ドラマで
それをやってのけることに
ただものじゃない感じもいたしますです。

とにかく・・・キッドの妄想では
主人公が精神崩壊する一歩手前で
踏みとどまっている危ういドラマ。
わかりにくい・・・とかそういうレベルの
ものではなく
向こう側へ行きかかっている
そういう話だと思うのです。
いわゆるひとつのボーダーラインなのです。
それを精神的不安定とは
縁がなさそうに見える
こわもての企業経営者で
やっているところにインパクトがあるのかも
しれません。
まあ・・・しつこいようですが
あくまでキッドの妄想上では・・・です。
今回はリン・チーリンの
モデルのお仕事場面がなくて
残念でしたな。
ま、キッドはその分、北川景子が
爆発していたので満足です。

投稿: キッド | 2010年6月 8日 (火) 21時03分

ドラマをみて癒されるはずが・・・・ストレスが爆発寸前・・・で キッドさんの解説に癒されています。。。

本当はもう何も言う気力が無いほど 落ちている木村ファン。。。フジテレビ許さん。。。責任者出て来い!(古い)

キッドさんが脚本書いてください!!!
後3回 もうこうなったら見届けるしかないけれど、マジ耐えられるかなぁ。
どうか最後まで 暖かい目で解説お願いいたします!
見捨てないで!!!

投稿: 壊れかかっている 木村君ファン | 2010年6月 8日 (火) 22時57分

moon3レゴリスシンドローム↘↗壊れかかっている 木村君ファン様、いらっしゃいませ↘↗moon3

お気を確かに・・・。
お気持ちはわかりますが
ハンドルネームもう少し短いと助かります。

それから癒しておいてなんですが
キッドはこのドラマ・・・
かなり楽しんでおりますぞ。
もう、月曜日を結構待ちかねるほどですし・・・。
ただ・・・まあ・・・一般受けは
悪いかもなあ・・・と思うだけですし。
それでも今回は視聴率も持ち直したし
明るい展望がございますな。
結局、ドラマでもあり
木村拓哉というスターのイベントでもある
特殊な番組なのだというところが
物議をかもす・・・のかもしれません。

まあ、フジテレビをあまり責めないでください。
結構、がんばるときはがんばってますしね。

キッドが脚本を書くのは
残念ながら畑違いすぎて無理なのですな。
ま、なによりすでにポンコツですしーっ。
高みの見物で妄想するのが精一杯でございます。

キッドはギリギリシブがき隊までです。
それも私物のカバンに爆弾しかけて
びっくりさせる方の担当ですし。

まあ・・・ファンの皆様は
ドキドキヒヤヒヤかもしれませんが
きっと最終回を迎え
すべての仕掛けが明らかになれば
それまでのすべての流れも納得がいく・・・
そういう作りになっている!
といいなあ・・・と思っております。

こちらこそ、かような拙いブログに
おつきあいいただきありがとうございます。
最終章に向けて
息詰まる展開になると思いますが
どうかお楽しみになられますように。

また遊びにいらっしゃってくださいね。

投稿: キッド | 2010年6月 8日 (火) 23時31分

見てるだけじゃつまらないから、出るしかない(爆)

貝でも食べながら、美女を見てうっとり目の保養をするしか使い道のないドラマw
キムタクもいいかげん今後を考えた方が・・・

投稿: あんぱんち | 2010年6月 9日 (水) 00時09分

こんばんはキッドさんnight
こっそり見学組の私にもお月見団子をありがとうございます。

私、アンナちゃんちで「シュウメイが好き」などと言ってる
空気の読めない奴です。
でも好きだけど蓮介とくっついて欲しい訳でもなく・・・

「蓮介ブログ」なるものがありまして、キッドさんはご存知でしょうか?
ドラマで満たされない乙女達はそのブログで愛を確認して
「ホッ」とするのです。

「壊れかかっている 木村君ファン」て誰だろう?
と思いを巡らせたりしています。
文体からすると思い当たる人がいまして(笑)
でも夜も遅いので確認作業は朝になってからにいたします。

「ごっこガーデン」今回も楽しいナァconfident
今回は特にアンナちゃんと蓮介さんの顔がバッチリ画面に
合わさっていたですねheart

ではあと3回、何卒よろしくお願いいたしますcherry

投稿: まり | 2010年6月 9日 (水) 00時21分

こんばんは、キッドさん。
個人敵には「やっと着火点に火が点いた~」って感じです。それと関係あるわけがないのでしょうが、視聴率もやや持ち直し↑。

キムタクがすごいと思うのは、最後の自壊シーンだと思います。
HEROでも「あんたが殺したようなもんだろうがぁ!」と希薄の怒り演技を見せていましたが、
さらにパワーアップした感じ。
あの壊れかけた・・・やるせなくて危うい感じがグッときました、私は♂ですが^^;。
緊迫感漂う音楽と相まって、最後ガーッと盛り上がってきた感じでした。

この作品、音楽が秀逸だと思うのでサントラは是非レンタルしたいところです。
あと、この作品は全8話(6月30日終了?)なのですかね。

ところで、関係ないですが後藤真希復帰しましたね。
ファンとしてはがんばって欲しいところですが・・・セミヌードはちょっとなぁ・・・。
せっかくなら、ドラマでの活躍をもう一度みたいです。

投稿: inno-can | 2010年6月 9日 (水) 00時41分

basketball|∇ ̄●)οあんぱんち様、いらっしゃいませ|∇ ̄●)οbasketball

ご出演ご苦労様でございました。
ムール貝のクリームソースをご賞味くださいませ。
本日、赤貝のいいのが入荷しましたので
後ほどお刺し身と
ヒモキューもお持ちいたしまする。

ふふふ、キッドは結構
妄想が膨らんで楽しんでおりますぞ。
なんといっても
出演者が隅々まで豪華ですからな。
満島ひかるが
ただのかわいい女の子役って・・・
どんだけ贅沢なキャスティングなんだか・・・
眩暈がいたします。

まあ・・・比較対象がなかなか難しいのですが
田村正和氏を考えると
まだまだずーっと出来るという考え方も
ございますぞ~。

投稿: キッド | 2010年6月 9日 (水) 01時38分

fullmoon☥☥✰☽✰☥☥まり様、いらっしゃいませ☥☥✰☽✰☥☥fullmoon

和菓子の他にもフレンチのデザート・ワゴンも
ご用意しましたので
お召し上がりください。
今夜はいちごのムースがお奨めでございまする。

いえいえ、シュウメイ様も
なかなかに魅力的ですからな。
それぞれ自己投影できるイメージの
パターンもございますしね。
真絵美、柚月、彩り豊かで結構なことです。

アンナお嬢様がご覧になるものは
執事たるものすべてチェックいたしますぞ~。
お目に触れてはならないものが
あったら大変でございますから~。
執事チーム全員で全ての
コメントを毎秒単位でチェックいたします。

今回のドラマの場合は
かなり過激な展開ですので
蓮介様ブログが連動していて
よろしかったとキッドは感じる次第でございます。
ファンの皆様の憩いの場と化しておりますからな~。

ツイッターでなくブログでよかったとも思います。
ツイッターだと世界の一部が
止る恐れがございますからな~。
お子様のいる家庭などでは
朝食が作られなかったりして~。

ふふふ、アンナ様のお友達も
たくさんいらっしゃいますからな。
皆さん、結構恥ずかしがり屋さんで
まさに類は友を呼ぶ状態ですな。
アンナ様はご幼少の砌から
大層な恥ずかしがりやさんでございましたから~。
(じいや遠くを見る目)

ごっこガーデンはアンナ様専用セット
以外にも複数ございますので
どうかご堪能くだされませ~。
ダーロイドは常時百体体制で
運営しておりまする。

アンナ様がお楽しみになられる限り
キッドも地獄の果てなりと
お供いたす覚悟でございます。(・o・)ゞ

投稿: キッド | 2010年6月 9日 (水) 01時58分

carouselpony♬♬♬のだめデスヨ♬♬♬inno-can 様いらっしゃいませ♬♬♬のだめデスヨ♬♬♬carouselpony

視聴率が回復しましたので
皆様、安堵の空気が流れておりますな。
しかし、もう少し上がってしかるべきとも考えます。

そうですな。
最後は歌舞伎の見得を連想させる見せ場を
作っておいででしたね。

これができるから並のスターとは
一線を画すのですね。

普通のキャラでも
そういう場面を作るのですが
今回の場合はやや病的な人格を
かなり念頭にイメージしていると
キッドは推察しているのですが
はたしてどうなりますか。

どう考えても
バランスのとれた人格ではないような気がします。
優しい人間が冷酷なフリをしているのとも違う
どこかルナティック(狂熱的)な感じを
演じているのではないでしょうか。

逆に点々と正気に戻るときがある・・・
という感じです。

音楽的にも構図的にも
ややばらつきがあって
中々、初回を越えていないところがあるのですが
今回はまずまずでしたな。

全話数に関してはそれほど
意識しないことにしています。
かなり複雑な話が織り込まれているので
どこで終ってもやや唐突になることでしょう。

キッドはハッピーエンドでない可能性も
少しありだと考えています。

後続番組が七月スタートなので7~9話で
完結すると思われます。
まあ、とにかく次回はサッカー・ワールドカップの
初戦・・・日本戦は時間ずれますけど
いろいろと予断できませんな~。

後藤真希は結局、女優としては
未完の大器のまま・・・。
時代は変りましたが
裸になって勝負をかけるというのは
まだまだ手としてはあります。
女性誌で・・・というのが
中途半端といえば半端ですけれど。
最近は同タイプとして篠田麻里子(AKB48)が出現しています。
同じ24才なので巻き返してもらいたいですな。
そしてキッドの妄想上のライバルである
上戸彩と再び火花を散らしてもらいたいものです。
このままではもったいないもの・・・。

投稿: キッド | 2010年6月 9日 (水) 02時27分

じいや。。。私は嬉しいのです。

だって、ごっこガーデンで主役のヒロインになってるんだもーんhappy01
それだけで、それだけで嬉しい今クール(笑)
毎日すごいレビューで忙しいのに、ごっこガーデン作成まで
ホントすごいです。
じいやの健康が心配です。
無理はしないでガンバッテ(どっちやねん)

ファンからは大ブーイングのドラマですが
今だかつてないドラマになると信じて疑わない健気な私(爆)
お友達達は。。。
キッドさんのレビューがかけこみ寺になってる模様。

御礼に。。。鎌倉あきもとの竹の子のお漬物どーぞ。

投稿: アンナ | 2010年6月 9日 (水) 10時12分

snowboard☁Building☁アンナ☆ラン様いらっしゃいませ☁Building☁snowboard

お嬢様の喜びこそ、じいめの生きる糧でございます。
お嬢様がごっこガーデンを
お楽しみくださることが至福のいたりでございますぞ~。

まして、じいめの健康まで
お気遣いくださるとは
もったいなくもかしこくも
感謝感激雨霰でございまする~。

執事一同奮励努力いたしまする~。

ファンの皆様が我を失うほど
右往左往する
それこそがアンナ様のダーリン様の
大魔力そのものでございますなーっ。

じいめの言いたい放題のブログが
お役に立つとは
望外の悦びでございます。

じいめの大好物を
さしいれていただき、さっそくお昼に
執事一同おいしくいただきましたぞ~。
竹の子万歳でございますーっ。

投稿: キッド | 2010年6月 9日 (水) 17時16分

竹の子のお漬物頂きっ!
でも漬物だけじゃ物足りないから、ぬっくん炒飯
大盛りで持って来て~~~!
あと、いっけいさんが食べてた餃子もネ♪
さて、腹ごしらえも出来た事だし、魔法のマコちゃんに
変身して、アンナぴょんに魔法をかけに行ってきま~す。
その後はゴッドハンドで、蓮介を陥れようとしてる
闇の組織と戦ってくるから、帰りは遅くなるけんねーっ!

投稿: まこ | 2010年6月10日 (木) 11時47分

cute●no choco●まこ☆ミキ様、いらっしゃいませ●no choco●cute

は、ただ今、ぬっくんチャーハン大盛りで。
まこ様、ムカデ被害回復記念特大盛でございます。

チャーシュー増量、特選エビ・チャーハン
特選カニ・チャーハンもございますぞ~。

いっけいさん餃子もニラ・黒豚・野菜をご用意しました~。

お嬢様、魔法応援も大切ですし
悪の組織撲滅も大切ですが
そろそろ試験の季節ですぞ~。
中間試験のアヒルさん連発を
克服するために白鳥家庭教師ロイドを導入しますぞ~。
っともういないのですなーっ。

お約束でございますなーっ。

投稿: キッド | 2010年6月10日 (木) 18時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/35132344

この記事へのトラックバック一覧です: 立待月の恋人にプロポーズをした・・・返事は待たない(木村拓哉):

» 月9『月の恋人 Moon Lovers』#5★情の無い人じゃないんだけど [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
月9『月の恋人 Moon Lovers』#5  視聴率が下降して、「キムタク神話崩壊」ともいわれているようだけど、小生はキムタクというブランド力があるから、今の視聴率を維持出来ているんだと思います。  この程度の内容で、平均18%は凄い・・・キムタク恐るべしです。 【 葉月蓮介 】  レゴリスの幹部会議で、インド進出について今はその時期じゃないとする雉畑(渡辺いっけい)らの意見に耳を貸さず、押し切ってしまう葉月(木村拓哉)  場面は変わって、雉畑が一杯やりながら「情の無い人じゃ... [続きを読む]

受信: 2010年6月 8日 (火) 15時24分

» 「月の恋人~MoonLovers~」第5話 [日々“是”精進!]
  5葉月は、風見と『レゴリス』の新戦略を発表。シュウメイをフィーチャーしたキャンペーンで伸びた売り上げの力を背景に、業界No.1の『マストポール』の追い落としにかかるのが... [続きを読む]

受信: 2010年6月 8日 (火) 20時09分

» 月の恋人〜Moon Lovers〜 第5回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『好きと言えたらいいのに』 [続きを読む]

受信: 2010年6月 8日 (火) 20時40分

» 月の恋人 5話 [アンナdiary]
期待していなかった5話。 これがね〜〜〜今までの中で私は一番良かったな〜って思った。 [続きを読む]

受信: 2010年6月 8日 (火) 20時49分

» 月の恋人~Moon Lovers~ 第5... [レベル999のマニアな講義]
『好きと言えたらいいのに』内容シュウメイ(リン・チーリン)を使ったキャンペーンが当たり、売り上げが向上。蓮介(木村拓哉)は、次の方針を発表する。業界ナンバーワンの“マス... [続きを読む]

受信: 2010年6月 8日 (火) 20時55分

» 軽~く5日連続ラン&『月の恋人』第5話(早くも最終章か・・) [テンメイのRUN&BIKE]
RUN 10km,47分49秒,心拍147 暑い、眠い、忙しい。。今日も、月曜日 [続きを読む]

受信: 2010年6月 8日 (火) 21時17分

» 月の恋人〜Moon Lovers〜 第5話:好きと言えたらいいのに [あるがまま・・・]
これって・・・(¬¬)疑いの目 風見が裏で何か画策したの??? それとも、わんすけの経費削減計画ゆえに起こった事故??? どっちにしろ、レゴリスピ〜〜〜ンチ{/ee_3/} それでいえば、上海工場での現地の工員の扱いも、表沙汰になったら 相当ヤバいんじゃないのかなー{/face2_lose_s/} もしもこの件が公になった場合、いくら不法入国といえどもミンに同情が集まりそう・・・ と、仕事の面では窮地に立たされてるわんすけだけど、けっ結婚て{/eq_2/} マジですかぁぁぁ〜〜〜{/face2_... [続きを読む]

受信: 2010年6月 8日 (火) 21時17分

» 月の恋人 第5話 [渡る世間は愚痴ばかり]
このドラマの真の主人公を描いてみたところで [続きを読む]

受信: 2010年6月 8日 (火) 23時28分

» Sanctuary〜淋しいだけじゃない、うれしいんだ〜祝ゲツコイ出演!(月の恋人〜Moon Lovers〜#5) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
1シーンの撮影じゃ物足りない〜台湾第一名模・林志玲(月の恋人〜Moon Lovers〜#4・エキストラレポート)の答え合わせ的なもの。『月の恋人〜Moon Lovers〜』 葉月蓮介ブログ月は世界中の誰でも見られるけど、Regolith=月の砂は、なかなか見れないぞ(爆....... [続きを読む]

受信: 2010年6月 9日 (水) 00時05分

» ≪月の恋人~Moon Lovers≫☆05 [まぁ、お茶でも]
たまには、泣いた顔を見せてくださいよと、真絵美にキスしようとした風見は、 「ごめんね。ほんとごめんね」とそれを避けて帰っていく真絵美に、 「蓮さんですか?」 「そういうんじゃないっていうか。ほんとにごめんね」 風見は、会社の蓮介のデスクに座って、物思いに沈んだ。 ソファで寝てしまったシュウメイのバスローブを直す蓮介 ... [続きを読む]

受信: 2010年6月 9日 (水) 05時37分

» 『月の恋人』 第5話 [美容師は見た…]
前回ラスト、「あすなろ抱き」ならぬ、「月恋抱き」を狙ってそうな、あのシーン。シュウメイを抱き上げる蓮介でしたが…あの笑顔に安心したのも束の間。感情の起伏が激しすぎてついていけません。/(-_-)\ コマッター孤独。。。それも自分でそうしちゃってますよね。情が深いはず... [続きを読む]

受信: 2010年6月 9日 (水) 16時13分

« 秘密を愛した社長(阿部寛) | トップページ | 絶対零度の監禁地獄で刑事はバナナの夢を見るか?(上戸彩)あたほたなたんたでたすーっ(加藤あい) »