« ふぁたしふぁ、 リカちゃん、お友達になりまひょう、ひぃぃぃぃぃ(長澤まさみ) | トップページ | 悪いことは良いことですか?(小池徹平) »

2010年7月17日 (土)

ああ、痛い、あ~いたい、逢いたい(長瀬智也)送ってくうださい(蒼井優)

永遠の世界で一番普通の女の子(蒼井優)でもよかったのだが、主人公とヒロイン(ゲスト)のタイトルは貴重だからな。

なにしろ・・・この世の基本は会話なのだ。

「逢いたい」と思っているとひょっこりと現れて手を差し出されて「送ってく~ださい」なんて言われたらいつ死んでも悔いはない気持ちになるのである。

先週から今週にかけてつかこうへいが存在しなくなってしまった現世でクドカンはより、その貴重さを高めているのである。

それは寺山修司が消えて野田秀樹が輝きを増したように・・・星々の栄枯盛衰の運命なのである。

惚れて惚れて惚れぬいた女が他人の腕の中に抱かれていることを思い浮かべたときの心の深淵を面白おかしく描く・・・そういうことは誰にでもできるものではないのだ。

キッドなんてそれを考えるだけで目の前真っ暗になって何もできなくなってしまうもん。・・・お前、誰だよっ。

とにかく、うぬぼれ刑事は有料でも見たいドラマの領域に達している。(注意・NHKレベルという意味ではありません・・・単にお金を払ってでもみたいという比喩です)・・・もちろん、有料だったら見るとは限らないが。

だってお金が好きな自分が好きなんだもん・・・だから、お前誰なんだよ。

ああ、とにかく、今、キッドの頭の中は「送ってくぅぅぅぅださい、くぅださい、くぅださい・・・」でいっぱいなのである。

この調子で「振り込んでくぅださい」と言われたら振り込んじゃうもん。・・・お、お前・・・もういいか。

で、『うぬぼれ刑事・癒し系・第2回』(TBSテレビ100716PM10~)脚本・演出・宮藤官九郎を見た。「うぬぼれ刑事・初恋篇」に続いて「うぬぼれ刑事・癒し系」・・・もうすでにこのサブ・タイトルだけでも金を払う価値を感じるわけである・・・それは心にもないだろう。とにかく、金と心がイコールであるという発想がすでにクドカン。いじましいな。心から愛した女・里恵(中島美嘉)は同僚・冴木刑事(荒川良々)の妻となり、身も心も奉げたかった女・恵里子(加藤あい)を殺人犯として泣く泣く逮捕してしまったうぬぼれ刑事(長瀬)は失意と傷心のどん底で背中を丸めて歩いていた。

ふと・・・足を踏み入れたマッサージ店「手には手を」でふたたびうぬぼれの心が燃え上がる。つつましく、控え目で、しとやかなマッサージ屋さんの小沼せつ子(蒼井)の「手」が・・・うぬぼれの冷えた心に着火するのである。

ここからは、しばらく、「タイガー&ドラゴン」でお馴染み、ミイラ取りが連続ミイラになる事件である。100人の男がいたら100人が「好きになっちゃうよ」的魅力の表現である。沢田メグミ(伊東美咲)が魔女っ子メグちゃんなら・・・小沼せつ子は稀代の悪女・癒し系なのである。たちまちマッサージャー小沼さんの虜囚となるうぬぼれ5プラス毒舌筆談ホステス「私は私」のママ玲子(森下)。「チンチ・・・」ではなく「オマ・・・」濡れちゃったのか。・・・おい、いい加減にしとけよ。全員、おそろいのお客様用着衣お持ち帰りである。

しかし・・・栗橋教授(坂東三津五郎)だけは・・・失意の帰還である。裏街道の女ならではの突然の退職で・・・小沼さんは消息を絶ったのだった。

おりしも・・・世田谷通り周辺では惚れた弱みに付け込んだ連続結婚詐欺事件が発生していた。「小顔に見せるためのアゴ前Vサイン」の画像や似顔絵からたちまち浮かび上がる小沼さんそっくりの犯人像・・・しかし、例によってうぬぼれは「その点」からはひたすら目をそむけるのだった。

一方、息子の私生活をネタに元・福島県警本部長の葉造(西田敏行)が書き下ろした「うぬぼれ刑事」はベストセラーとなり、ドラマ化が決定する。例によって死体役の運命(生田斗真)に誘われて撮影現場に遊びにきたうぬぼれ刑事はドラマ版・うぬぼれ刑事(中村梅雀)の差し入れのおむすびに小沼さんの手の温もりを感じるのだった。

そしておむすび店「ゑびすむすび」の店員となっていた小沼さんを刑事犬のように発見するのだった。

さっそく・・・交際を申し込むうぬぼれだが・・・嫌な予感がするために・・・刑事である身分を隠し、件の事件の犯人の偽名にケイジをつけて・・・「みうらけいじ」と名乗ってしまう。

そこで小沼さんはうぬぼれを「ニコラスさん」と呼ぶようになるのである。ニコラス・ケイジの最新作はディズニー映画「魔法使いの弟子」である。

再会を喜ぶ、小沼さんとうぬぼれ5だったが・・・うぬぼれは酔いつぶれた冴木刑事を送って新婚の冴木家にお邪魔する破目になる。

冴木家に漂う・・・むさくるしいほどにアツアツでラブラブな生活臭さ。

お互いのオナラを嗅ぎあうほどにただれた愛欲の日々の気配に胸苦しくなるうぬぼれだが、里恵はお茶を勧めながら舌打するのだった。

しかし、食卓に置かれた「うぬぼれ刑事」の本に・・・ちょっとうぬぼれるうぬぼれだった。

夫の同僚に対するサービスとしてうぬぼれをマッサージする里恵。

しかし・・・そのふれあいはうぬぼれの心をもはや癒さない。

傷口にすりこまれた塩に苦悶するうぬぼれを待ち伏せて天使の微笑みを浮かべる小沼さん。

「送ってくーださい」攻撃炸裂である。

たちまち・・・その気になるうぬぼれ・・・しかし・・・小沼さんの質素なアパートは豪華なシャンデリアの眩い輝きの中で高価な電化製品が満載されている・・・異空間だったのだ。

そして・・・小沼さんは「お金が必要なの・・・」と潤んだ瞳で告げるのである。

捜査線上には保険金殺人疑惑のある行方不明の未亡人・・・が浮かぶが冴木刑事のメモが悪筆なので判読不能である。

持ち合わせに余裕のないうぬぼれは借金を父親に申し込む。

葉造はにこやかに借金を快諾した後で小沼さんに振込先を書き出させる。

そして・・・「この女はお前を幸せにしてくれる女だ・・・この女を逃がすなよ・・・この女を逮捕したらお前の昇進間違いなしだ」とうぬぼれに囁く。

「え・・・」と驚愕するうぬぼれは「彼女は天使なのに・・・」と反論する。

しかし、葉造は「いや、あの女は最高の悪女だ」と断定するのだった。

仕方なく、彼女を大黒埠頭に呼び出すソウルフルでスタイリスティックスでマイケルでサタディー・ナイト・フィーバーなうぬぼれ。

しかし、小沼さんはお約束のくりかえしを許さないのだった。

新たなる犠牲者とともに犬吠埼方面にドライブに向かう小沼さん。

手頃な崖っぷちに停車した車に睡眠導入剤入りのジュースを運ぶ小沼さん。

だが・・・犠牲者はうぬぼれに入れ替わっていた。

小沼さんの制止を振り払いジュースを飲み干したうぬぼれは時々、凄まじい眠気に襲われながら謎解きとプロポーズを進めるのだった。

「あなたの借金申し込みのメモと・・・グーグー・・・ある人の遺言のメモの筆跡が・・・スヤスヤ・・・一致しました」

証拠品A 「・・・をお願がいします」

証拠品B 「・・・をお願がいします」

「しかもお願いの送り仮名の使い方も同じ間違いを犯しています」

「おねががいします・・・って書いたんです」

「なぜ・・・そこだけは見栄を・・・」

「ふっ・・・私はお金が好きなんですよ・・・他人の金でジュースを飲もうが自分の金でジュースを飲もうが・・・ジュースの味はかわらないでしょう・・・」

「いや・・・あなたと一緒に飲むジュースならきっと美味しいのです」

「私は生まれつき心がない女なんです。私にとって男の人は一万円札なんです」

「つまり・・・慶応大学の創始者のような・・・」

「120万円くれたら120万円男ってことですよ」

「私はあなたにお金で買えないものを贈りたい・・・」

「なんですか・・・」

「無罪です・・・」

しかし、小沼さんは婚姻届よりも逮捕状を、指輪より手錠を選ぶのだった。

「なぜです・・・なぜそこまでして・・・私との結婚を拒むのですか?」

「あなたを不幸にはしたくないから・・・」

愛しい女を逮捕して泣き崩れ眠り込むうぬぼれ刑事・・・一部お茶の間悶絶・・・例によって駆けつける刑事たちだった。

「よくやったぞ、うぬぼれ・・・今度新しい無線機買ってやるから」

はたして・・・うぬぼれ刑事は女にこの男とだけは結婚したくないと思われるタイプなのか・・・それとも・・・心のない極悪人をも改心させるほどの名刑事なのか・・・。

様々な謎をはらみつつ、来週は未亡人・ショートカット・元女子アナにうぬぼれは正面からのしかかる模様。

関連するキッドのブログ『第1話のレビュー

日曜日に見る予定のテレビ『龍馬伝』(NHK総合)『多部未華子のGM・踊れドクター』(TBSテレビ)

ところでSPAMコメントが一日50件を越えたのでしばらく、承認制度に移行します。

皆様には不自由とご迷惑をおかけして本当に申し訳アリマセン。

|

« ふぁたしふぁ、 リカちゃん、お友達になりまひょう、ひぃぃぃぃぃ(長澤まさみ) | トップページ | 悪いことは良いことですか?(小池徹平) »

コメント

>「送ってくぅぅぅぅださい」
我が家のダンナも、まさにこのタイミングで
「こりゃ騙されるよな」と言っていました。。。^^;
いや、それだけなんですけどね。

確かにお金払ってでも見たいドラマかも知れませぬ^^

投稿: くう | 2010年7月17日 (土) 19時27分

rouge❀❀❀☥❀❀❀~くう様、いらっしゃいませ~❀❀❀☥❀❀❀rouge

ふふふ、おくってくうださい。
この言葉の中にはくう様がいらっしゃいますからな。
ナイス・コメントと申し上げたいのですな。

聞き逃さない計算高い女の子たちが
翌日、日本全国でくうださいを
連発しているかと
ぞくぞくいたしまする。

おごってくうださい。
買ってくうださい。
ごちそうしてくうださい。
連れてってくうださい。
優しくしてくうださい。
結婚してくうださい。
離婚してくうださい。
・・・何にでも応用できる恐ろしさでございます。

まあ・・・まず
清純そうに見える魔性の女でないと
効果は薄いのかもしれない・・・
と申し上げておきたいのでございますけど。

投稿: キッド | 2010年7月18日 (日) 01時01分

キッドさん、こんにちは。東京は梅雨明け後、猛暑日が続きますね。
うぬぼれ刑事#2見ました。いやもうなんだかやり放題ですよねえ~、筆談ホステス(自局ネタ)、探偵!ナイトスクープ(多局ネタ)、内田裕也のVサイン・・・毎週金曜日は楽しみです!

にしても蒼井優に送ってくうださい♪って言われたら、男は落ちますよね。お金が好きなキャラがなんだか笑えて(龍馬伝見た後だとよりギャップが)。掃除用ロボットルンバまで部屋に用意した小道具さんの配慮に感心しました。

ちなみに「モテキ」初回は野波麻帆が何だかエロくって(劇中森山未來も言ってますがw)、仲里依紗の「日本語―」初回は大胆な翻案作品ながら意外と面白く、「美丘」#2は“吉高由利子かわいいんだから満足だろ!?”というスタッフの叫びが聞こえてきそうな出来でした。。

投稿: inno-can | 2010年7月19日 (月) 12時14分

carouselpony♬♬♬のだめデスヨ♬♬♬inno-can 様いらっしゃいませ♬♬♬のだめデスヨ♬♬♬carouselpony

ものすごく暑いですな。
いよいよ夏本番でございます。
四十度だけは勘弁してもらいたいと
天神さまにお願いしたい日々です。

ふふふ・・・いつものクドカンの視聴率になって
「流星の絆」よりはるかにやりたい放題。
もはや、「うぬぼれ刑事」は別格ですな。
クドカンの特徴は
少女だけでなく熟女もそれなりに
使いこなすところですな。
来週はきっと
アイドル女優の再生者の面目躍如です。

オンエア順に見ると
逆に龍馬伝のお元は
お金が好きな芸妓に見えて
仕方なかったですよーっ。
演出もクドカンですからな。
ルンバの動きまで
緻密に計算されていた気配がありますな。

「モテキ」は鬼才となりつつある大根仁のテイストが
遺憾なく発揮されていますな。
第二話の満島ひかりのコケティッシュ爆発が楽しみです。
なまめかしい・・・とは彼女のためにある言葉ですからな。

まあ・・・「日本語・・・」や「美丘」は
残念ながらレビュー対象からは案の定
除外されそうですが・・・
それなりに楽しんでみています。
ま、作品としてはかなり残念な感じですけれど~。

投稿: キッド | 2010年7月20日 (火) 04時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/35780090

この記事へのトラックバック一覧です: ああ、痛い、あ~いたい、逢いたい(長瀬智也)送ってくうださい(蒼井優):

» うぬぼれ刑事 第2話 [ぷち丸くんの日常日記]
うぬぼれ刑事(長瀬智也)は、マッサージ店の店員・せつ子(蒼井優)に一目惚れする。 ところが、せつ子は店を辞めて姿を消してしまう。 そんな折、警察署に「婚活詐欺」の被害届が出され、うぬぼれは捜査を開始。 最近、他にも似た手口の事件が起きていて、同一犯の可能性が高... [続きを読む]

受信: 2010年7月17日 (土) 06時52分

» うぬぼれ刑事 第2話:癒し系 [あるがまま・・・]
サダメがうぬぼれ刑事!?Σ( ̄ロ ̄|||えっ! 今後このドラマはどうなっていくんだろ{/ase/} 実在のうぬぼれが刑事として活躍する中、うぬぼれの小説がドラマ化って… わけわから〜〜〜ん{/face2_happy_s/} 今回うぬぼれが出会った運命の人は、マッサージ店の店員・小沼せつ子@蒼井優{/hearts_pink/} こんな癒し系の彼女が、お金大好き女だったとは〜{/ee_2/}{/face_sup/} 保険金目当てに夫を殺して逃亡中だというのに、次から次へと詐欺を働いて お金をせしめてや... [続きを読む]

受信: 2010年7月17日 (土) 09時24分

» うぬぼれ刑事 第2話 [渡る世間は愚痴ばかり]
ヘイヘイヘ~イ( ̄∀ ̄)人( ̄∀ ̄)人( ̄∀ ̄)人( ̄∀ ̄) [続きを読む]

受信: 2010年7月17日 (土) 12時42分

» うぬぼれ刑事 第2回 癒し系  [トリ猫家族]
 さて、恵里子(加藤あい)に失恋してしまったうぬぼれ(長瀬智也)は、 「もう恋なんてしない・・」と屋上でエスプレッソを啜りながらつぶやくのでした。  んが・・うら寂しいうぬぼれの心に反して、なにやら身辺がにぎやかに・・ 父の葉造(西田敏行)が書いた『うぬぼ....... [続きを読む]

受信: 2010年7月17日 (土) 15時24分

» 「うぬぼれ刑事」第2話 [fool's aspirin]
今回のマドンナはマイハニー☆蒼井優ちゃんっ♪♪それだけでもうきうきなのに、初回のパターンを見事に踏襲しながら、うぬぼれがまたうぬぼれっぷりを見せてくれましたよ〜。 [続きを読む]

受信: 2010年7月17日 (土) 16時18分

» 【うぬぼれ刑事】第2話 [見取り八段・実0段]
今日は大黒ふ頭じゃなかった。。。ゲストは蒼井優ちゃん。結婚詐欺師。。。だけじゃなくて殺人も犯してた。なのに、ちゃらけた尋問。。。じゃなくて、種明かしを兼ねたプロポーズ貴... [続きを読む]

受信: 2010年7月17日 (土) 19時12分

» うぬぼれ刑事 #02 [ぐ〜たらにっき]
『癒し系』 [続きを読む]

受信: 2010年7月17日 (土) 19時32分

» うぬぼれ刑事 第2話 癒し系 [レベル999のマニアな講義]
『癒し系』内容世田谷通り警察署勤務の通称“うぬぼれ”(長瀬智也)作家の父・葉造(西田敏行)の新刊“うぬぼれ刑事”が出版されたこともあり、なんだか、いつも以上にチヤホヤが... [続きを読む]

受信: 2010年7月17日 (土) 20時08分

» うぬぼれ刑事 第2話 [ドラマハンティングP2G]
「癒し系」 世田谷通り警察署に勤務する刑事、通称 うぬぼれ (長瀬智也)。彼は世界中の女が自分に気があると思い込んでいるうぬぼれ体質。 恵里子 (加藤あい) との恋に破れたうぬぼれは、もう恋なんてしないと誓うが、癒しを求めて入ったマッサージ店の店員・小沼せつ子 (..... [続きを読む]

受信: 2010年7月17日 (土) 20時38分

» うぬぼれ刑事 第2話「癒し系」 [ブルー・カフェ]
先週から始まったうぬぼれ刑事…面白いっすね。 1回見ただけじゃ見落としてしまうような小ネタが満載なんですが…何より、主演の長瀬智也が圧倒的な存在感を発揮して、脚本さえ食っちゃうような迫力ですね!いや〜参ったわ☆公演で暴れるシーンなんか、まるで動物園のゴリラの様だから…顔良いのにね…なんでああなんだろう…謎だ(汗) 【愛を感じる手】 いうものBarで、ドラマ「うぬぼれ刑事」の主演オーディションを受けてきたと、自慢話に花を咲かせる「本城サダメ」(阿部サダヲと被る名前だよね) 「顔がウルサイ」といわれて... [続きを読む]

受信: 2010年7月17日 (土) 23時26分

» モテキ 第1話 「突然のモテ期」 [電視劇的随便日記]
[続きを読む]

受信: 2010年7月17日 (土) 23時34分

» うぬぼれ刑事 癒し系 [のほほん便り]
今回のゲストは、蒼井優が演じる小沼せつ子。稀代の詐欺師でお金大好き人間。そのためなら、結婚はもちろん、その夫を殺めるのだって… です 序盤から、うぬぼれ(長瀬智也)のみならず、常連、“うぬぼれ4”の、運命(生田斗真)征士郎(要潤)貴一(矢作兼)、ゴロー(少路勇介)から、玲子ママ(森下愛子)に至るまで、マッサージ店で、次々に彼女に骨抜きにされてしまうあたり可笑しいこと。 しかも、玲子ママときたら、カラオケで声をつぶし、筆談ママならぬ、「毒舌」筆談ママなのも、あはは… (オゲレツさも、いい味... [続きを読む]

受信: 2010年7月18日 (日) 08時14分

» 『うぬぼれ刑事』 第2話 [美容師は見た…]
蒼井優ちゃんの登場で、『タイガー&ドラゴン』は思い出さずには居られませんでしたね~。うぬぼれ父の葉造が書いた『うぬぼれ刑事』がドラマ化されるわ、そのうぬぼれ役を中村梅雀さんが、まんま中村梅雀で登場するわ、遠いあの日の、まんま”船越英一郎”を思い出す~。結局... [続きを読む]

受信: 2010年7月18日 (日) 09時47分

» ≪うぬぼれ刑事≫☆02 [まぁ、お茶でも]
父葉造の書く『うぬぼれ刑事(デカ)』が好調で、モデルになっている息子うぬぼれも毎日モテモテだった。それなのに、彼の心はむなしい どんなにチヤホヤさえれても。 心に開いた穴は 大きくなるばかり。今の僕に必要なのは・・・ うぬぼれはいつものバー”I am I”の看板の前に出来た看板「癒し系 マッサージ」にひかれて入った。 ... [続きを読む]

受信: 2010年7月18日 (日) 11時58分

» 「うぬぼれ刑事」2 ☆☆☆☆ [ドラマでポン]
出たー筆談ホステス!もとい筆談ママ(笑)常にキレ気味&下ネタでひとつもイイコトなど言わなくてナイスです!今回はマッサージ嬢に惚れるうぬぼれ。顔もまだ見ず、背中のツボ一押し...... [続きを読む]

受信: 2010年7月18日 (日) 20時48分

« ふぁたしふぁ、 リカちゃん、お友達になりまひょう、ひぃぃぃぃぃ(長澤まさみ) | トップページ | 悪いことは良いことですか?(小池徹平) »