« 死者の魂はあるべき場所に帰しリカちゃんごっこでそんなあ(長澤まさみ) | トップページ | 一線を越えている私たち(栗山千明)大体一線を越えましたよ(オダギリジョー) »

2010年8月28日 (土)

愛した数だけ傷つけて(中島美嘉)未来が過去に嫉妬する世界(長瀬智也)

ついに前フリの文字サイズがこれに・・・。

開き直っているな・・・あくまで仮記事です。

しかし、三日連続で本文更新しないのは・・・もうその気がないようでもある。

もうしばらく、ご容赦ください。

愛機に情が移っているので・・・生きている間は・・・しかし、膨大に蓄積されたデータの移行の問題もあるよな。

さて、「大物感」ということでゲスト・三田佳子なのであるが、同時に西田敏行である。そのためにあおられたのが要潤である。「雑魚が言いこと言った」まで言われて一同爆笑だったな。

今回は人間箱入りトリックである。

前回のゲストは「小泉今日子」なのであるが、小泉今日子といえば、ドラマ「セーラー服と機関銃」で蓮っ葉な役だった。星泉は長澤まさみである。ほんの数年前なのに・・・なんだかずっと昔のような気がする。そして「長澤まさみ」といえば「プロポーズ大作戦」で原史奈と共演していた。「原史奈」といえば「鉄甲機ミカヅキ」である。「ミカヅキ」では奈良沙緒理と共演していたわけだが・・・奈良沙緒理と言えば「HEART BEAT」である。その中で女子高生にカバンに詰め込まれて運ばれるのが趣味の男たちが登場した。

まあ・・・良質なエンターティメントとは言い難い「HEART BEAT」がいつまでも心に残るのは変態だからだと思う。

で、「一番綺麗だった私」抱いた元彼が・・・今の彼氏に激しく嫉妬される話である。

もう何が幸福で何が不幸か分らない話だが・・・そういうところが変態の醍醐味なのだな。

そういう愛と縁があって・・・この物語がぐっとくる人はそれなりに幸福できっと同時に不幸なのだろう・・・と考える。

で、『うぬぼれ刑事』を見た。

関連するキッドのブログ

(あくまで仮記事です)

|

« 死者の魂はあるべき場所に帰しリカちゃんごっこでそんなあ(長澤まさみ) | トップページ | 一線を越えている私たち(栗山千明)大体一線を越えましたよ(オダギリジョー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/36409926

この記事へのトラックバック一覧です: 愛した数だけ傷つけて(中島美嘉)未来が過去に嫉妬する世界(長瀬智也):

« 死者の魂はあるべき場所に帰しリカちゃんごっこでそんなあ(長澤まさみ) | トップページ | 一線を越えている私たち(栗山千明)大体一線を越えましたよ(オダギリジョー) »