« 伏見船宿寺田屋にて幕府公安と戦争仕り候(坂本龍馬) | トップページ | 浮気されたくなくてもてない奴を選んだとしても首尾よく生きられない罠だったりしてさ(満島ひかり) »

2010年9月 7日 (火)

演技について考えることと演じることの違いが分る男と涙(松本潤)

「頭でっかちだからダメ」というのは何なのかを考えることはある意味、頭でっかちな作業である。

考えようによっては「バカ」が「お利口さん」を蔑んで「頭でっかち」と言う場合がある。

しかし、実は「頭でっかち」とは「バカ」の遠まわしの言い方なのである。

つまり、「間違ったことを憶えている」とか「見当違いの推測をする」とか「的外れな予想をする」とか・・・そういう「バカの話」なのである。

「行動」が「意思の具現化」である以上、それは無数の選択肢の選択を決断していることなのだが、素晴らしい振る舞いには「来た球を打つ」という究極の選択がある。

そうなるとそれはもはや選択を感じさせない見事さなのである。

役者の場合は「来た役を演じる」・・・これ以上のことはないのである。

しかし、それが巧妙であったり、自然であったりすることは「表現力」という謎のシステムに強い影響を受けるのだ。

そもそも・・・誰もが「役者」ではなく、誰もが「演出家」ではないわけで・・・そういう「受け手」に分る「名演技」というのは実に困難なものであるといえる。

一体、人々は役者の何に喜びを感じるのだろうか。

それを考え始めると役者は眠れなくなり、不眠症になり、そして頭でっかちになっていくのだな。

恐ろしいことである。

松本潤はこの役を演じているのか・・・本当に頭でっかちの役者なのか・・・微妙なときがあり、それは凄い演技力なのかもしれない。

竹内結子はかわいい女を演じているが、ちょっといやな感じがすることもあり、そういう演技なのであれば素晴らしいことだと思う。

それとドラマ全体の仕上がりは全く別のことだとも思う。・・・残念なことに。

で、『夏の恋は虹色に輝く』を見た。

関連するキッドのブログ

(仮記事というものは考えるまでもなく仮の存在です)

|

« 伏見船宿寺田屋にて幕府公安と戦争仕り候(坂本龍馬) | トップページ | 浮気されたくなくてもてない奴を選んだとしても首尾よく生きられない罠だったりしてさ(満島ひかり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/36599083

この記事へのトラックバック一覧です: 演技について考えることと演じることの違いが分る男と涙(松本潤):

» ナカジのような兄になれなくて(夏の恋は虹色に輝く#7・8) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
大森美香は『10年先も君に恋して』と掛け持ちなんだ不機嫌な仁(10年先も君に恋して#1)『夏の恋は虹色に輝く(夏虹)』ごめん。今のこと忘れて。なかったことにして・・・楠大雅@松本潤にキスされちゃった北村詩織@竹内結子は、魔が差しただけなの???南熱海から....... [続きを読む]

受信: 2010年9月 7日 (火) 23時54分

« 伏見船宿寺田屋にて幕府公安と戦争仕り候(坂本龍馬) | トップページ | 浮気されたくなくてもてない奴を選んだとしても首尾よく生きられない罠だったりしてさ(満島ひかり) »