« 死ぬほどがんばってその通りにくたばったなんてそんなあ(長澤まさみ) | トップページ | 大体わかったことと薄々感じていることは同じですよ(オダギリジョー) »

2010年9月 4日 (土)

ストライクゾーンがサッカーのゴールなら有利なのはうぬぼれ刑事(長瀬智也)

ストライクゾーンが広いというのは打てるポイントが拡大しているということでバッターの話であるが、実際にストライク・ゾーンを広く設定して、ベンチあたりまでストライクだとするとピッチャーはどんどんベンチに投げ込んで全員三振なのである。これを打つバッターはジャンプして空中を滑空してヒッティングした後で空中遊泳したままバッターボックスに着地しなければならず・・・もういいか。

まあ、野球を知らない人に「ストライク・ゾーン」のたとえは一種の楽屋オチなのである。

で、とにかく、恐竜が生息した頃に家が近所なので一緒にタクシーで帰ったことのある女性について言うのもアレなのだが、うぬぼれ刑事のストライクゾーンはもう限度外であると言えるのである。

まあ、光浦がストライクならフォアボールなんてないも同然だよね。

とにかく・・・薬師丸ひろ子や小泉今日子はともかく、三田佳子まで年齢上限を拡げたらもはや・・・光浦の方向に行くのか・・・その・・・なんていうか・・・やりたい放題だな。

こうなると最後の相手はサダメ(生田斗真)だってありだよな。

で、『うぬぼれ刑事』を見た。

関連するキッドのブログ

(えーと、仮記事です)

|

« 死ぬほどがんばってその通りにくたばったなんてそんなあ(長澤まさみ) | トップページ | 大体わかったことと薄々感じていることは同じですよ(オダギリジョー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/36536276

この記事へのトラックバック一覧です: ストライクゾーンがサッカーのゴールなら有利なのはうぬぼれ刑事(長瀬智也):

» うぬぼれ刑事 第9話:強火 [あるがまま・・・]
ええ話や〜(ノ_・、) うるうる 葉造さん、いやに隠してるもんだから退職金をろくでもない事に無駄遣いしちゃったんだろうな〜と 思ったのに、そんな善行を・・・ 照れくさくて言えなかったんだろうけど、千鶴子@竹下景子もあんな特徴ある声を聞いても 気付かないって・・・{/hiyo_shock2/} ちょっこし調べてみたら、信号機って 「最低でも一基あたり約130万円はかかるらしいです。 中には200万円以上かかるケースもあるらしいです。」 との事なので、横断歩道を挟んで右と左に二基設置してるし、おまけに... [続きを読む]

受信: 2010年9月 5日 (日) 13時55分

« 死ぬほどがんばってその通りにくたばったなんてそんなあ(長澤まさみ) | トップページ | 大体わかったことと薄々感じていることは同じですよ(オダギリジョー) »