« ヒロシマ、ナガサキ、そしてフクシマ(キッド) | トップページ | 街は狂気をリンチする(キッド) »

2011年6月 1日 (水)

絶対に壊れてはいけない設備があるらしい(キッド)

人間は知恵を学ぶ動物である。

だからコメントのお返しも済んでいないのにまたもや新規更新をしているキッドを咎めないでください。

人を人間と呼ぶときには社会性を帯びるので、そこには「常識」とか「普遍的な真理」が介在するのである。

だから「人の気持ちがわからない」とか「言われたことができない」とかは最近では「発達障害」のカテゴリーに分類されるのである。

しかし、「個性」が尊重される時代には「発達障害者もまた人間である」という困難な主張もまかり通る。

たとえば、合法的な国家で国民が「原子力安全」を選択していた以上、何が起ころうが「自己責任だ」という主張だってできるのである。

ただ、みんな、そんなことを言ったら「バカ」と言うのだな。

なにしろ、あの小泉元総理でさえ、「歴代自民党政権も原子力政策を推進してきた以上、責を負うべきである」とコメントしているのだ。

それは「初期の処置が適切だったか」どうかを「結果論」であーだこーだと挙げ連ねるということではない。

より「適切な処置」があったにせよ、他の誰かがそれを実行できたかどうか「もしもの世界」を空想しても始まらない。

そして「自分たちが協力しないことで進まない事象」について「進まない責任」を追及したり、「自分たちが罪を問うた刑事被告人」と野合してとりあえず権力を奪取しようする徒党を・・・国民がどう考えるかもその国民の発達程度によるわけである。

とにかく・・・「鈴木先生」がエロいアニメになりそうな素材なのにドラマになって「妄想を正当化する運動」に一役買っていることは喜ばしいことだ・・・それが主題なのか・・・ま、仮記事だからな。

とにかく・・・人間の知恵のひとつに「形あるものは必ず壊れる」ということがある以上・・・「絶対に壊れてはいけない設備を作ろうとする人」にキッドは「バカ」って言う。

|

« ヒロシマ、ナガサキ、そしてフクシマ(キッド) | トップページ | 街は狂気をリンチする(キッド) »

コメント

こんばんは moon3
実際は新月。お月さまでさえ隠れてしまう、暗い世の中。。
   
「絶対」という言葉は、現実世界ではたかが程度の表現、
強調、あるいは説得テクニックにすぎませんよね。
その意味で、「東電は絶対安全だと言ってた」などという批判も、
絶対壊れない設備を作るという発想も、同じく悲劇的=喜劇的なものです。
   
ご存知かも知れませんが、今、「毎日小学生新聞」に
投書された小学6年生の手紙が少し話題になってます。
冒頭は、「突然ですが、僕のお父さんは東電の社員です」。
    
以下、一部引用してみましょう。
   
「原子力発電所を造ったのは誰でしょうか。もちろん、東京電力)です。
では、原子力発電所を造るきっかけをつくったのは誰でしょう。
それは、日本人、いや、世界中の人々です。・・・
  
(中略)・・そう考えていくと、原子力発電所を造ったのは、東電も
含み、みんなであると言え、(中略)みんなも無責任であるのです。」
     
僕はこれから、この件に関して記事を書こうと思ってます。
  
ところで『鈴木先生』、いいドラマでしょ(笑)
あの過激で真摯なエロさで、第6話1.8%は哀し過ぎる。。
河辺がもっとカワイイ女の子virgoなら、2.5%は狙えたのに♪
   
混迷する世界に差しこむ一筋の光のような作品で、
来期のテレビ東京・月10『IS』も楽しみです。
ではまた。。shine

投稿: テンメイ | 2011年6月 1日 (水) 21時35分

キッドさん!久しぶりの更新嬉しいです。原発問題は地震発生後、自分なりに注意深く祈る思いで見ていましたが、事態が好転の兆しをみせるのかと思うと作業段階でさまざまな困難が待ち受けていて、気の遠くなる道筋のように感じていますが、強い気持ちをもって事態収拾に立ち向かっている現場の方の無事を願っています。言った言わない論争や、今回の不信任案、ぎりぎりのところで踏みとどまったでしょうか?政治のことを何もわからないのに、キッドさんの言葉に一字一句うなずいてしまい、ずうずうしくもコメしています。今クールは続編ものをなんとなく見ていますが4話めから見始めた鈴木先生にすべてを持っていかれてしまい、今は鈴木先生、鈴木先生です(笑)落ち着かれたら、ドラマの感想もしていただけると嬉しいです。長文失礼いたしました。

投稿: chiru | 2011年6月 2日 (木) 19時19分

run○-○)))テンメイ様、いらっしゃいませ。○-○)))bicycle

またしてもそちらに
お邪魔する前にコメントをいただいてしまい恐縮です。
なんとなく介護されている心持がいたしますな。

電子の世界では足腰の弱りは無関係なはずなのに・・・。

それはさておき、最近、ごく親しい知人が
「オレの時は政府は何にもしてくれなかったけどな・・・」
とつぶやいていました。

彼の「時」とは太平洋戦争の
東京大空襲の予行空襲で
彼の家が全焼した時の話です。
まあ、そんな65年前と比較されても
なんなのですが
もちろん、当時は仮説住宅もなければ
見舞金もない、炊き出しもない。
ただ、家がなくなってしまい
個人責任でなんとかしなければならない
たまたま生き残った家族がいるだけ。
それと比べたら
今の被災者は贅沢三昧だ・・・
と言う彼を「バカ」となかなか言いがたい。

そもそも人間は大自然と戦争して
増殖してきた生物です。
もちろん、時には共存共栄もする。
大地から作物を
海から大漁を
原子からはエネルギーを得て、
潤うこともある。
ところが、大地は揺れ海が津波を原子は
放射能で先制攻撃してくる事態です。

まさに東日本大自然戦争なのです。

とあるコメンターが
「歴代総理とくらべて
カン氏は育ちがよろしいとはいえないので
往生際が悪い」
ということを言葉を濁しつつ言ってましたが
「総理大臣を辞めさせる法律」が
存在しない以上、
最後までその任を全するのもひとつの選択だと
考えたりもします。

気持ちの悪いくらいに
総務省の言いなりで
全局のコメンテーターが
首相の「否」を唱えるという
この異常な世界に
対応する総理はそのくらいの方が面白い。

自民党の議員は首相に対して
国会で「万死に値する」を連発するわけですが
「一万回死ね」を何回も言う以上、
居座る総理と刺し違える覚悟が
あっての発言と悪魔は邪推するわけですな。

居座る総理を斬殺する場面・・・センセーショナルだなあ。

・・・というような妄想も
「前の彼は乱暴なので痛かった」
と中学生の教え子に訴えられて
赤面する妄想と同じくらいのパンチだと考えます。

「政治」はシステムで言えば
明らかに「複雑系」に属するもの。
あちらをたてればこちらがたたずの
積み重ねです。

その一面を見た子供は
昔からヒリヒリするものなのですな。

かっては爆弾作ったり
山荘に立てこもったり
悪魔の国に逃亡したりする子供たちも
出現したほどですからな。

放射能戦線は一進一退、
犠牲者は今も出るし
半世紀後にも出る。

コストということでは
もっともコストのかかる発電システムだった
ということを日々立証中。

しかし、官僚システムは
明らかにその点をスルーする気満々なのですな。
「薬害エイズ」の二の舞はごめんだ・・・
と誰もが思っている。
だからこその首相おろしなのですな。
なにしろ前科ありだから~。

テンメイ様の
「毎日小学生」と「毎日」と「非毎日」に
対するツッコミの記事も
実に哲学的に興味深く
一昼夜は語りたいのですが
とりとめない邪推の連続でご容赦くださりませ~。

次こそはそちらにお邪魔することを
魔王に誓いつつ・・・本日は・・・typhoon

投稿: キッド | 2011年6月 9日 (木) 16時29分

cherryblossomシンザンモノ↘シッソウニン↗・・・chiru様、いらっしゃいませ・・・大ファンheart04

キッドは「妄想」と「教育」は紙一重と
いつも思っています。

ちなみに紙一重は
この場合、「微かな違いが絶大な違い」のたとえです。

そういう意味でドラマ「鈴木先生」(テレビ東京)は
性の妄想ドラマであり、性の教育ドラマである・・・
と言えるわけです。

世の中には「性教育」そのものが
恥ずかしいと考えるタイプの人がいて
そういう人が赤面している姿を
想像するだけで
なんとなく悪魔としては微笑ましい作品でございます。

なにしろ一部愛好家にとっては
一同爆笑の連続展開ですからな~。
いろいろな意味でモエますからな~。

アナログテレビの終焉を前に
一服の清涼剤ですな。

みんながデシタルに統一されている世界が
気持ち悪い人には最後の砦でございますよね。

せめてテレビ東京くらいは
「オレはアナログと心中する。
みんなはデジタルの世界に行けばいいさ・・・」
と嘯いて従業員一同砂嵐の向うに消えるくらいの
哀愁と根性をみせてほしかったのに・・・。

ま、世界は所詮、
なじめるものとなじめないものの屈託で
おりなされている・・・ということなのですな。

妄想と霊的現象のカクテルが
いい感じなのもすがすがしい。

恋人ヒロイン(臼田あさみ)がオカルト的というよりはオカルティーと
言ったほうがかわいい感じがする
という意味であえて
ちょっぴりオカルティと言いたいドラマですな。

教え子ヒロイン小川さん(土屋太鳳)は「犬飼さんちの犬」(チバテレビなど)ではまじめな万引少女だったのですが
優等生のいたいけなさというのが
感じられてすばらしいと考えます。
まあ、黒木メイサ系なので上詰まってる感じもしますけどね。

そしていかにも「中学生日記」的な
キャストが
あちらではそれほど刺激的なセリフがないことに
腹を立てて
「いいつのる」的な
展開がまた一同爆笑なのですな。

一言一句再録したくなり
危険なので自粛します。

とにかく「犬を飼うということ」のバランスと
「鈴木先生」のアンバランス
今期はこの二つがいい塩梅でございます。

「ぼす」や「じん」は
さておき
アナログ終焉クールはまあまあ・・・
よかったと思う今日この頃でございます。

世の中もドラマほどに
まあまあ・・・だといいのですけれどね。

投稿: キッド | 2011年6月 9日 (木) 18時05分

キッドさんの更新を密かに待ってる一人ですbleah
人間味のある悪魔を咎める者など居りますまい(笑)

私も『鈴木先生』で爆笑したいんですけど、
テンメイさんにオススメされても見ることが出来ません。
『スマスマ』の裏を録画してまで?
いや長谷川さんが苦手?
テレビ東京のドラマがそそらない?
自分でもよく分からないうちに「まぁいいや」で今日に至る。。。

こっそり言うと、
『JIN』も『BOSS』もテンション下がって来てるこの頃。
飽き症かsmile
今思い出しても『Mother』は、
最終回まで楽しませて貰えたドラマでしたね~。
朝ドラを見なかった私も『おひさま』にはハマッてます。
大河を見続けられなかった私は『龍馬伝』が最初で最後かと思ったり。

やっぱりキッドさんとドラマを語り合いたいです。
私がどんなボールを投げても、
しっかり受け止めて下さいますからなーheart02(笑)

投稿: mana | 2011年6月10日 (金) 10時10分

キッドさん、ご無沙汰しております。
私も更新を楽しみにしている読者の一人です。
講演会でもあればぜひ拝聴したいなーと思うくらいファンかと思います(笑)。

原発でドラマどころじゃないだろっという気が
しなくもないですが、今期は朝ドラをよく見ております。
抜群の安定感を誇る井上真央に、やんちゃな娘の満島ひかり、
慈悲深い父親に寺脇康文、、、個人的にかなりツボでございます。

また、先日大森美香脚本の
'05 1月期月9「不機嫌なジーン」をDVDで見ました(まだ半分くらいですが)。
コミカルなお話ながら、ジワーッと感動が来るお話は大森脚本ならではでしょうかね。

キッドさんもお体にご自愛くださいませ。

投稿: inno-can | 2011年6月20日 (月) 23時29分

ご無沙汰しております。
ちょこちょこお邪魔しては、「あ、書いてる!」って
楽しみに読んでいたのですよ。

特に、
・・仮記事だからな。
のフレーズが好き。(笑)

最近、[Twitter] でくうさんとか画伯とつぶやくばかりで
キッドさん以上にブログ更新はご無沙汰って状態で・・
どうしましょうね~ 
「仮記事」で更新したほうがいいかなぁ~

さてさて、当方も結果論をあ~だこ~だ言ってる
議論にも程遠いやりとりには、うんざりしている今日この頃です。
私を鍛え上げた昔の上司なら、議員たちに
「くだらん評論する前に、さっさと動け」と言ってるだろうな。と思うのです。

で、今期のドラマですが~
1位:「鈴木先生」 2位:「名前をなくした女神」 3位:「JIN」 ってところかしら。
なんで「鈴木先生」が低視聴率なのか…。国民レベルが知れるわ。(笑)

もうね、芦田愛菜ちゃんは飽きてきました。フジテレビが使いすぎ。
と、いいつつ、あの笑顔には癒されるんですがーー。

ではでは…。

投稿: シャブリ | 2011年6月22日 (水) 02時07分

hairsalon|||-_||シャンプーブロー~mana様、いらっしゃいませ~トリートメント|||-_||hairsalon

最大余震の襲来を今か今かと待っている今日この頃。

総務省の管轄にあるテレビというマスメディアは
「菅おろし」の笛を吹けども
民は踊らずですな。

バカな子供くらいしか
「カンやめろお」と叫ばない。

市民運動家を怪しく感じる人たちは
もちろんそのものであるカンさんを
うさんくさく感じるわけですが。
悪魔は心からカンさんを
応援したい気持ちですな。

新聞もテレビも
3月11日が来ることを
まったく報道できなかったわけですから
そこから反省して
主任クラスは
全員切腹するべきかと。

昨日は
朝まで生テレビで
ソウイチロウさんが
「やめないから殺せか」
と発言して
不適切な発言をおわびしていましたな。

自民・公明と民主の
話を聞いていると
いっそ、包丁を渡して
「生き残った方の話を聞く」と
言ってみたくなるのですな。

悪魔ですから。

ストロンチウムだの、プルートーだの
冥府のお歴々が
散在する東日本。

メルトダウン、メルトスルーと進んで
やがて海は夜でも青白く輝くように
なるのですな。
それはそれで名物で・・・。
いっそ世界遺産に登録してもらえるといいな。
・・・と思ったりいたします。

ま、悪魔の言うことなので「バカ」って言わないでください。

とにかく・・・海の底には
放射能の大漁旗が翻っているのでございますよ。

名前を忘れたママレンジャーについては
できれば書きたいと思っています。

投稿: キッド | 2011年6月25日 (土) 14時14分

carouselpony♬♬♬のだめデスヨ♬♬♬inno-can 様いらっしゃいませ♬♬♬のだめデスヨ♬♬♬carouselpony

おひさまというタイトルが
某宗教団体を連想させるわけですが
うそっぽい太平洋戦争は
なかなかなごみますな。

満島ひかりは「とんでるオンナ」の
ステレオタイプで
ちょっとものたりない感じです。
やはり「モテキ」が
極め付きの出来あがりだったかもしれません。

ま・・・普通の女の子を
演じさせようというスタッフがいないのが
残念ですな。

ま、どっしりした井上真央を
楽しめる人には
堪能できるドラマなのでございましょうねえ。

岩崎弥太郎の嫁だった人もまた
あれ以上かわいくならないのが不思議ですな。

やはりピークというものは
確実にあるのですな。

山のてっぺんなら
気がつくけれど
ゴマキがしのびやかに消えていくように
人のピークはなかなかなのですなー。

戦い続ける人の心を誰もがわかってるなら
戦い続ける人の心は
あんなには
燃えないだろう・・・なのですな。

投稿: キッド | 2011年6月25日 (土) 14時27分

wine▯▯black rabbit▯▯シャブリ様、いらっしゃいませ▯▯black rabbit▯▯wine

そうですなー。

名前を忘れたママレンジャーは
今期一番見逃せないドラマでしたな。

とにかく・・・マザーからは
つぐみよりもつぐみママですな。
そしてつぐみママ母の妹カナママですな。
エリヤンのカナの復活ママですな。
つぐみはさんまのまんまがピークだったかも~。

っていうか・・・マルモは
ドラマとして三流ですな。
もちろん、生まれるが四流で
高校生レストランは五流です。

あたりさわりのない仁やボスも
そこはかとなく二流ですな。

・・・ふふふ・・・仮記事のコメントだと
思うと容赦ないな。

もちろん・・・「鈴木先生」も見逃せないドラマ。
長いフリだったので
来週はもうもだえるほどのハラハラドキドキですな。

とにかくオガワのダイナマイトなバディーには
胸キュンですな。

このネタやられたら
他のドラマは霞の彼方ですが。
ま・・・あくまで一部愛好家の話ですけれど~。

そういう意味でアスコーマーチは
内容はともかく見ています。

ああ、ああ・・・こうしてアナログは
最後の方向へ・・・無限の軌道で・・・。
あ・・・リバウンドは・・・もういいか。

まとめたいのにまとまらない年頃でございまする。

投稿: キッド | 2011年6月25日 (土) 14時45分

こんにちは、お元気でしたか?
「(壊れたら絶対に危険だから)絶対に安全です」という言葉と「想定外です」って言葉って両立しないのでは?と思ってました。
「我々の想定以上の事態があります」ならば、「絶対に」安全~ということは「無い」からです…
偉い大人っておかしいですね

投稿: りんごあめ | 2011年6月28日 (火) 09時43分

apple◉☮◉Mother~リンゴあめ様、いらっしゃいませ~Mother◉☮◉apple

触らぬ神にたたりなし・・・というのもまた真理です。

電力という金の卵を産む鶏を
手にしたものは
けしてそれを手放さない。
その卵が食べられなくても
金で普通の卵を買えばいいのさ。
そう思っている。
そうしているうちに
鶏は金の卵しか産まなくなってしまう。
オムライスが食べられなくなったら
どうしよう・・・と心配する人は
異端者として火あぶりの刑ですな。

東京電力の株を持っている
議員の皆さんや大企業の皆さんが
株式操作をする間に
メルトダウンは軽くスルー。
その証拠に
東京電力の株が持ち直した日。
ヒステリックに吹いていたカンおろしの風が
一瞬、ピタッとやんだのです。

もちろん・・・吐いた唾は飲めないので
再び理由なきバッシングを再開しているわけです。

その裏には東大でなければ人でなしの風も吹いているし
なにはなくても自民党
はやくほしいよオール電化の広告料も
入っています。

もちろん・・・そういう大人はそこそこ
お金持っていますから
カツアゲ対象としてはねらい目なのです・・・おいおい。

まあ・・・絶対安全剃刀は
切れるの切れないの・・・という話ですよね。

原発事故があるまでは
社会の底辺の人々が
低レベルの被爆環境の中で
汚染処理の奴隷労働をしていたわけです。

その場合は
「ああいう人にならないように」
という教育的指導ができていたのですが
いまや、フクシマにあれば
全員が汚染対象です。

もちろん・・・それでも豊かなくらしのためには
電力はかかせない・・・
と「神」は言うわけですねえ。

神も仏もない以上・・・
その神は悪魔の代名詞なんですけれどね。

投稿: キッド | 2011年6月28日 (火) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/40222293

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対に壊れてはいけない設備があるらしい(キッド):

« ヒロシマ、ナガサキ、そしてフクシマ(キッド) | トップページ | 街は狂気をリンチする(キッド) »