« ジュース、ありがとう(黒澤宏貴) | トップページ | 夢が現実となって心の整理がつきません(ばんどうさくぞう) »

2011年7月15日 (金)

なでしこの花が咲きました。(満島ひかり)

いや・・・咲いたのはひなげしだろう・・・っていうか、女子サッカーと「それでも、生きていく」をシェイクするなよ。

本当はね、優勝したら使おうと思っていたのグレープのパクリだけどね。

さだまさしっていった方がわかりやすいかもな。

でもね・・・諸悪の根源・東京電力の社員だった鮫島がフクシマという十字架を背負いながら、しゃなりしゃなりともっともなでしこな感じでドリブル突破して痛烈なパスをゴール前にそれを安藤がおとして澤がヘディングで決勝ゴールっていうのは、もう、とにかくとにかくとにかく・・・シュテキーっとしか言いようがあるまい。

だから・・・家族に殺人犯がいる家族だってのほほんと生きているやつもいるが・・・たとえば東電の社員は実質そうでも実際そういう自覚はなかったりして・・・普通に心あれば・・・もうどうしようもなくいたたまれなく・・・生と死、存在と非存在の狭間をさすらうような人格形成になっちゃうわけで・・・それはもう・・・あの妹もまた・・・なでしこジャパンだと。

いつか・・・オーッて言えたら良いよね。そうだよね。

で、『それでも、生きていく・第2回』を見た。(仮記事ですが疑いようもなく再度更新は個人的見解としてはあるともないとも申し上げることはできない)

関連するキッドのブログ→第1回のレビュー

まこお嬢様のレビューはコチラへ。

|

« ジュース、ありがとう(黒澤宏貴) | トップページ | 夢が現実となって心の整理がつきません(ばんどうさくぞう) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/40822971

この記事へのトラックバック一覧です: なでしこの花が咲きました。(満島ひかり):

« ジュース、ありがとう(黒澤宏貴) | トップページ | 夢が現実となって心の整理がつきません(ばんどうさくぞう) »