« 愛されているとは思いもよらず黒髪乱して父に恋する私(松山ケンイチ) | トップページ | 自己防衛のために疲弊した彼の自我を崩壊させる水蜜桃(木南晴夏) »

2012年1月31日 (火)

氷の天使のような愛おしい骨のある娘(松本潤)

まあ・・・元ネタはキャロル・オコンネルである。このミステリーがすごい!的なベスト10で・・・何故か、冷遇されるマロリー・シリーズ。なにしろ・・・一部愛好家を絶対に許さないヒロインだからな・・・ミステリ界にはかなりの一部愛好家が潜在しているので・・・そういうことかもしれないな。

とにかく・・・2011年の「このミステリーがすごい!」は「愛おしい骨」(キャロル・オコンネル)・・・マロリー・シリーズに非ず・・・でした。

「氷の天使」は幼児虐待・人身売買の被害者でありながら・・・美貌の女刑事となったキャシー・マロリーのデビュー作であることは言うまでもない。

探偵ものには美少女がつきものだが・・・多くの場合は被害者で・・・そうでない場合は「小さな依頼人」となり、探偵がなすすべもなくプラトニックな恋の奴隷となるのはもはやお約束なのである。

で、『ラッキーセブン・第3回』(フジテレビ20120130PM9~)脚本・野木亜紀子、演出・平野眞を見た。犬も歩けば棒にあたるというが・・・愛犬捜索の任にあたっていた駿太郎(松本潤)がたまたま・・・ラッキー探偵社が別件で追っていた結婚詐欺師・岡本紗江(紺野まひる)の娘・弥生(畠山紬)に出会ってしまうのは・・・その他の様々な偶然と同じように・・・東京の街が狭いっていうことだ。けしてご都合主義などを疑ってはいけません。すべては可能性の問題なのだな。

関東大震災の震源地に住んでいるキッドが今度は少しずれるはずだと希望的観測を抱くかの如くである。

この世には「楽しいことしかない」と考えていた駿太郎が・・・「悲しいこともあるんだな」と少し大人になる事件である。

子供は親に似るのが普通で子供っぽい親の子供は子供っぽいのだが・・・世の中というものは常にバランスをとる傾向にあるので・・・時には子供っぽい親の子供が大人びることがある。

そういう場合は「子供の苦労、親知らず」であり、「若い時から子供に従う」親となり、「トンビが鷹を生む」ことわざを生むのである。

基本的に子供は無力であるから・・・大人にならざるをえない子供の困難は想像に難くない。つまり「悲しさ」をもっとも描きやすい題材なのだな。

「ごめん」で済んだら警察はいらないのだが・・・親の犯罪を子供にわびられたらいい大人は許すしかなく・・・そこにつけこんで・・・女詐欺師は無罪放免を勝ち取るのだった。

まあ・・・杉下右京に介入されたら激昂で説教されたあげく確実に立件・起訴されますけどねえ。

北品川警察署の桐原警部補(吹石一恵)は「警察にはできない事件解決ですね」と賛意を表すという・・・これはもうご都合主義という他ありませんがーーーーっ。

母親に「昔住んでいた家の桜が見たい」とせがんだために母親を詐欺行為に走らせてしまったと自責の念に悩む少女・弥生と一日デートした駿太郎は・・・優秀な探偵として事件をうやむやにする。

もちろん・・・一番大人なのが被害者の箕輪(東根作寿英)であることは言うまでもない。

前節はエリカ(栗山千明)に騙されっぱなしだったが・・・今回もやさしくってちょっとバカな男として存在感を醸し出しているよねえ。

なお・・・紗江を演じる畠山紬(はたけやま・つむぎ)は実年齢8歳・・・「夏の恋は虹色に輝く」の桐谷美玲の子役時代を演じた子役であることも言うまでもない。

基本的に子役はみな・・・大人びている。

詐欺師として・・・母親が収監されれば・・・紗江は施設行きである。そこで悪趣味な施設長に凌辱され、転落の人生を歩むことは「白夜行」ほどに確実なので・・・その窮地を救った駿太郎は名探偵の階段を昇ったわけだが・・・それを想像で補完しなければならないお茶の間はまたしても・・・娯楽としてのドラマに奉仕しなければならないのか。

何もかも忘れて楽しい気分にさせてくれる大人の脚本家のドラマをお願いします。

今回の教訓・探偵は依頼者の老若男女を問うてはいけない

関連するキッドのブログ→『第2話のレビュー

|

« 愛されているとは思いもよらず黒髪乱して父に恋する私(松山ケンイチ) | トップページ | 自己防衛のために疲弊した彼の自我を崩壊させる水蜜桃(木南晴夏) »

コメント

1話目は、こいつは勢いのあるドラマが始まったなぁ、と思ってたんですけどねぇ… (´・ω・`)
何か、回を追うごとに私が危惧していたあらぬ事態が…

えー、もう、私としては、娯楽としての月9で構わないのですが、
ありふれたつまらん月9はガッカリなのですわ。
どこかで見たようなネタにはうんざりさせられます。

もう、アクション中心でいいじゃないか、瑛太が主役だっていいじゃないか。
松じゅんファンとして、そこは譲ります。
(いや、瑛太のファンでもあるわけだから両得なわけですが^^;)
カッコいい面白いドラマ目指そうぜ…と、ぶつぶつ言ってしまうのでありました。
頑張れ、月9。

投稿: くう | 2012年1月31日 (火) 11時55分

rouge❀❀❀☥❀❀❀~くう様、いらっしゃいませ~❀❀❀☥❀❀❀rouge

やはり、一回目の佐藤信介と
それ以外のいつもの演出家との間に
明らかに乖離があるのですな。

テレビドラマはこのくらいがちょうどいい・・・的な
ある意味オーソドックスな
ある意味手抜きの演出。

そこに「ハッピーエンド」しか許さないドラマの潮流が
押し寄せて
名もない脚本家は濁流に押し流されていく・・・。

こうして・・・この世に悪事なんてない
ただ悪人だけがいるのだ・・・という
とんでもない結論が残る。
人を憎んで罪を憎まずかよっ・・・でございます。

ショーケンが
「たまらん、たまらん、たまらんぜ~」
と嘆く幼い少女ナツメ(瀬島充貴)の
惨い「死」はなく・・・(「傷だらけの天使・第6話・草原に黒い十字架を」)
「俺っていいことしちゃったぜ」という
松潤の軽薄さだけが後味悪く残る・・・。
まあ・・・それをかっこ悪いと
とらないのが「現代」というものなのかもしれませんがーーーっ。

時代的にずっと洗練された子役・畠山紬に頼るだけって・・・。
大人のスタッフ・・・情けないことこの上なしでございます。

来週の瑛太回での巻き返しを祈る今日この頃です。

くう様も・・・こらえてくだされ~。

投稿: キッド | 2012年1月31日 (火) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/43931461

この記事へのトラックバック一覧です: 氷の天使のような愛おしい骨のある娘(松本潤):

» ラッキーセブン「結婚詐欺師を追え」 [のほほん便り]
ラッキー探偵社に、結婚詐欺疑惑で依頼。でも、なぜか各メンバーは、それなりに任務を与えられて奮闘する中、かぎりなく雑用… 犬の捕獲&子守とを押し付けられた感の駿太郎(松本潤)がキモ部分に行き着いた顛末が「さすが、主人公!」とウケてしまったのでした (^。^*) 今回も、アクションは封印の感で、メンバー全員が、それぞれの個性で見せ場の感でしたね。 なりゆきで、偶然、事務所に連れてきたチビちゃんに毒舌吐かれ、ひとりひとりが大人げなくキレる場面のユーモアに、なぜかキムタクの「HERO」を思い出し... [続きを読む]

受信: 2012年1月31日 (火) 08時45分

» ラッキーセブン (第3話 1/30) 感想 [ディレクターの目線blog@Seesaa]
1/16からフジで始まったドラマ『ラッキーセブン』(公式)の第3話『結婚詐欺師を追え』の感想。 高級建材で、一等地に玄関だけ立派な豪邸を建てるような… ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3368/ ★Seesaaブ…... [続きを読む]

受信: 2012年1月31日 (火) 10時43分

» ラッキーセブン(3) [ドラ☆カフェ]
視聴率は 15.2%・・・前回(16.9)より 結婚詐欺を追え [続きを読む]

受信: 2012年1月31日 (火) 11時08分

» 【ラッキーセブン】第3話 [ドラマ@見取り八段・実0段]
今回の調査対象は水沢紗己子。 結婚詐欺の疑いで素行調査。 わりと普通の人情ものドラマに落ち着いた… 「ラッキーセブン」第3話       ラッキー探偵社に結婚を約束している相手を調...... [続きを読む]

受信: 2012年1月31日 (火) 11時50分

» ラッキーセブン #03 [ぐ〜たらにっき]
『女結婚詐欺師を追え!』 [続きを読む]

受信: 2012年1月31日 (火) 12時21分

» ラッキーセブン 第3話〜紺野まひるの「結婚詐欺」を赦しちゃいました。 [世事熟視〜コソダチP]
月9「ラッキーセブン」第3話 20時台に『ステップファザー・ステップ』を見てしまったので、『ラッキーセブン』が凄く華やかで面白く感じられました。 −◆− 今回は、松潤に比重のかかったエピソードでしたね。 瑛太と松潤を交互にメインに据えるのかな?? 小生は瑛太メインの方が面白いと思うけど、まあ仕方ない。 あと、松嶋菜々子のセリフが徐々に増えてきて《お飾り》状態を脱する方向が見えてきたかなぁ・・・。 −◆− さて、今回は絵に描いたような《結婚詐欺女事件》 新田(瑛太)と旭(... [続きを読む]

受信: 2012年1月31日 (火) 12時35分

» ラッキーセブン 第3話 [ドラマハンティングP2G]
第3話「結婚詐欺師を追え」2012.1.30 MON ON-AIR ラッキー探偵社に、結婚を約束している相手を調査してほしいと箕輪という男性がやってきた。調査対象は水沢紗己子(紺野まひる)、母親が病気だという彼女に金を渡したため、箕輪の母が詐欺を疑っていると言う。その金が5…... [続きを読む]

受信: 2012年1月31日 (火) 16時29分

» ラッキーセブン 第3話 [ぷち丸くんの日常日記]
北品川ラッキー探偵社に、婚約相手を調査してほしいと、箕輪(東根作寿英) がやって来る。 箕輪は、母親が病気だという婚約相手の紗己子(紺野まひる)に500万円もの 大金を渡したために、彼の母親が結婚詐欺を疑っているという。 さらに、箕輪は紗己子の写真も持っておらず... [続きを読む]

受信: 2012年1月31日 (火) 17時12分

» ラッキーセブン 第3話 [レベル999のgoo部屋]
『結婚詐欺師を追え』 「女結婚詐欺師を追え!」 内容 ラッキー探偵社に、結婚相手・水沢紗己子という女性を調査して欲しいと 箕輪和則(東根作寿英)という男が現れる。 結婚はしたいのだが、紗己子の母が病ということで500万を渡しているという。 そのことで、箕...... [続きを読む]

受信: 2012年1月31日 (火) 17時58分

» 『ラッキーセブン』 第3話「女結婚詐欺師を追え」 [英の放電日記]
「私たち(警察)には出来ないことですよね。逮捕者を出さずに、事件そのものを解決するなんてこと」  桐原由貴(吹石一恵)が、ラッキー探偵社を指して言った言葉である。  先ほどの由貴の言葉に対し、後藤刑事(金田明夫)は、「俺たちは犯人を捕まえる。それだけだ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 1日 (水) 23時47分

» 《ラッキーセブン》★03 [まぁ、お茶でも]
朝から淳平が、北品川署の桐原に、デートのお誘いをメールにするかどうしようかと、うじうじ悩んでいた。飛鳥、駿太郎、茅のたちに散々いじられていたが、輝が送信ボタンを押してしまった。 騒いでいるところに、筑紫が依頼人を案内してきた。 調査の対象は水沢紗己子さん。こちらの箕輪さんとは結婚の約束をしていたがご両親は結婚詐欺だと疑っている。 彼女のお母さん、難しい病気なんです。それで500万ほど用立てたと話した。 最後に会ったのは1か月ほど前。顔写真も、無いし、住まいも分からない。 ... [続きを読む]

受信: 2012年2月 2日 (木) 23時11分

» ラッキーセブン mission3:女結婚詐欺師を追え! [あるがまま・・・]
かわいくな〜いo(-ε-o)ブーブー 今回は初めて松潤が主役らしく目立ってたけど、子役ちゃんがかわいさに欠けてたせいで(おいっ!)、 何かイマイチだったなぁ。 だけど、最後に「笑ったらかわいいじゃん」みたいなセリフがあったので、あの可愛い気の無さは 狙いだったんだろう...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 5日 (日) 10時32分

« 愛されているとは思いもよらず黒髪乱して父に恋する私(松山ケンイチ) | トップページ | 自己防衛のために疲弊した彼の自我を崩壊させる水蜜桃(木南晴夏) »